なんとかデータベースラーメンカレーチャーハンぎょうざうどんそば
 

じゃい(停滞中)

男性 - 千葉県

主に東葛エリア中心に食べに行きます。今回の大震災に対し、犠牲者の方には心よりご冥福を申し上げます。被災者の方々にもお見舞い申し上げます。しばらくの間更新ならびにコメント返信が遅くなることがありますのでご了承ください。

平均点 76.281点
最終レビュー日 2017年11月25日
2,281 1,172 6 11,344
レビュー 店舗 スキ いいね

「つけ麺(濃厚昆布鰹出汁かけ) 1000円」@らぁ麺屋 飯田商店の写真9/6、2杯目!
塩ワンタンチャーシュー麺で納得の後にスタッフの方によってお盆などをお取り換えの後に表題の配膳(*´∀`*)ノ

[指南書] http://photozou.jp/photo/show/1771915/250761227

細かいことは先人の方々が書かれている通り~
トッピングはシンプル。三つ葉は彩り良し。お肉は豚、鶏共に美味!

汁は薫り高い醤油が良い響き方。そこに油が良い仕事をしている!そして、一口頂いた時の旨さは久しぶりに衝撃的(≧◇≦)。なんちゅう旨さだと驚きを隠せなかった!途中柑橘果汁を少々入れて味変を試みれば落ち着きながらも奥深い味わいがまたいい!これも昆布水と合わさることで奏でられる響きというものだろう!

麺は昆布水に浸されている。デュルンデュルンのキンキンに冷えた昆布水は濃いね!コシはしっかりと〆られている分良し。喉越しはするりといけて良好。絡み吸いつきはしっかりと乗ってきて良し。麺量は適切。風味はこれもいいね!で、最初指南通りに別皿の塩をつけて数本頂いてみれば、これだけでも滅茶苦茶旨い!そして海苔と合わせて頂いても美味!これだけでも料理して成立してしまいそう~

麺完食後に指南通りに昆布水を投入してスープ割。このマッチングがまたいいもので、旨味成分が凝縮したかのようなもので奥深い味わいが個人的にはたまらない!専用のスープ割がないが、これならそれも納得というもの。

個人的には塩以上にこちらのインパクトが衝撃的で旨すぎた!こちらのつけ麺はお初で念願だったこともあって余計にそういう感じがしたのかもしれない!この淡麗つけ麺は最強でしょ!

ということで今回はこれで終了。さらにレベルアップしたものはさすがだなぁと思い知らされた!また湯河原まで来た際には是非ともお邪魔したい!

投稿 | コメント (4) | このお店へのレビュー: 4件

「わんたん入り塩チャーシュー麺 1450円」@らぁ麺屋 飯田商店の写真9/6、12時頃接続。
ボス様と共に湯河原へ~となればここに行かないわけにはいかんでしょ!!ということで、久しぶりにこちらへ~
平日でももちろん変わらずの人気で行列が出来ていた!一旦最後尾に並んで先客が食券購入を終えてから店内へ。そして入って左手にある券売機に向かい、メニューを閲覧。連食可か確認して大丈夫とのことだったので、当然のごとく二つ購入。購入後列に舞い戻り、スタッフが出てきたところで食券回収。しばし待つ。
回転が良く、そんなに待たずして店内昇格。入口付近のカウンター席に案内され腰おろし~。目の前には店主がしかと調理している光景を拝める!
店主を含めてスタッフの動きなどを見回していたところに店主より光臨\(^o^)/

[こだわり①] http://photozou.jp/photo/show/1771915/250761211
[こだわり②] http://photozou.jp/photo/show/1771915/250761218

細かいことはすでにたくさんの方が書かれている通り~
トッピングは白髪ネギ、三つ葉は適量で彩りなど効果的。お肉は豚、鶏共に柔らかで旨味がしっかりとしていて良い!ワンタンも鶏、豚共に旨味が凝縮されており美味!量もまずまずあって良い!油の効果もしかり。

スープは輝きを放っていて、そこから放たれる旨味は至高のもの!こだわりの食材があっての旨さもあるが、この絶妙なさじ加減を奏でられるのはやはり店主の力量というもの。塩もある意味なめらかという感じでとがりはなく、ブレンドしたからこそなし得る奥行きという感じで良い!

麺は真っ白で平たいもの。この感じはとみ田での10周年の時のものを思い起こさせる!その麺はコシは絶妙なバランス!喉越しは滑らか。絡み吸いつきはこれまた絶妙!麺量は適切。風味の良さはもはや言うまでもないだろう!この麺だからこそ奏でられる響きという印象。

これぞ宝石箱というような輝きを放った感じのものはさすが飯田商店!というべきもので満足!改装してさらに磨きがかかったという印象さえする!これはたまらないね!
そしてタイミング良く次なるものがやってくるのであった!(続く!)

投稿 | コメント (4) | このお店へのレビュー: 4件

「[セアブラノ神]背油煮干ラーメン」@ラーメン女子博 2017の写真3/16,3杯目!
万葉倶楽部で休息後、もういっぱいいっておこうかなと思いまたイッテしまった~
今回は前売り券を持っていなかったので、当日券を買いに行くと、何やらいろいろついてきた。ブレスケアに夜だったためかハッピーアワーなるものでドリンク一杯分無料になるチケットがもらえたのはラッキーだったかも?その恩恵にとある方もなっていたが~~~
あえて回転を遅らせていたのか思いのほか進みが悪く、相当待たされて店先についてチケットを渡したのちにこちらも二つあったので、まぜはやばいかなと判断して表題をチョイス!
受け取ったのちに今回は諸事情により立ちながら記念撮影~

[店頭] http://photozou.jp/photo/show/1771915/246136065
[案内] http://photozou.jp/photo/show/1771915/246136051

トッピングは海苔、ネギ、メンマ、紫玉ねぎ、背油、チャーシュー。どれも適量かつ効果的というべきか。ただ、背油は恐れていたほど量は入っていなくて安心~。そしていいものなので変にきつさはなくてよい!

スープはやさしい煮干しと醤油という感じか。動物系も入っているのかも?さらりとしていてコクがあってよいうまさがあってよかったかなと。重なるが、背油の効果がいいものでこれがいい仕事をしている。

麺は微ウェーブの平たい太麺というべきか。こしはしっかりしていてよし!のど越しはするりと行けて良し!絡み吸いつきも良好。麺量は130gくらいか。器とのバランスが取れていたのでこれぐらいか。風味はいい小麦感があってよかったかなと。

ちょっと警戒していたところはあったが、適量でおいしくいただけたのが何より!これならいくらでも行けるね!

ということで今回はこれにて終了~。よくぞこれだけのお店を集結させることができたかなと。それもプロデューサーの力か。男子だけとガッツり系は敬遠しがちな私なので、清湯系はそこそこあってほしいなあという風に思ったりして。
まだ頂きにいっていない方々はお時間があるならば行って損はないかも?特にラーメン女子とそれに会いたい方は特に!

投稿 | コメント (2) | このお店へのレビュー: 3件

「[久留米ラーメン清陽軒 本店]すっぴんラーメン」@ラーメン女子博 2017の写真3/16、2杯目!
1杯で終わっても良かったが、せっかくなのでもう一ちょいってみることに~
列に並んで店頭にてチケット回収となり、こちらは二つ出されていたので、限定100杯の方は辛さがあるとの事だったので、へたれな私は表題の方をチョイス!トッピングは無しでと伝える。
受け取ったのちに場所を確保して記念撮影~

[店頭] http://photozou.jp/photo/show/1771915/246135882
[案内] http://photozou.jp/photo/show/1771915/246135858
[底] http://photozou.jp/photo/show/1771915/246135810

トッピングは海苔、青ネギ、きくらげ、半味玉、チャーシュー。どれも定番という感じで、適量かつ効果的。紅しょうがは店先でセルフサービスとなっており、お好みでとれるようになっている。もちろんその効果も当たり前のごとく王道のものというべきか。

スープは10,000mgの豊富なコラーゲンを含有し、ラードを一切使用しないヘルシーなスープとのこと。口当たりはやさしいものだが、決して薄いわけではなく、しっかり濃さが出ているものかなと。ラードを使用していない分きつさを感じさせず、すいすいと行けてしまう豚骨。特有の臭さはあまり感じられなかった。それでありながらこの美味しさは結構考えてきたのかなと。

麺はこれも定番のストレートで低加水の細麺。ぽきぽきタイプで、こしはしっかりしていてよい。のど越しはするりと行けて良し!絡み吸いつきも良い!麺量は120gくらいか。器とのバランスはとれているのでこれくらいかも?風味はしっかり小麦を感じられてよい!

呼び戻しはしていないのかなというもので、臭さを抑えている分女子にもうけるものではないかなと。特にコラーゲンっぷりだとお肌もプルんプルンと来るわけだから、女子は必須でしょ!これは食べておいてよかった!

お昼はこの後デザートをいただいて終了~。今回もレベルはいいものがあったと思う。出店しだいでまた来年も行ってみたいかも?

投稿 | コメント (2) | このお店へのレビュー: 3件

「[煮干し中華そば一燈]あさり塩煮干しラーメン」@ラーメン女子博 2017の写真3/16、シャッターズ!
今年もやってきました!ラーメン女子の祭典!
男でも入れるのであればやはり行かないとね!!!
またあの前でいろいろどうなんだろうと思いつつ待っていたところで開始の合図!次々にお客が思い思うのところにSUSURU…。じゃなかった!進んでいく~
で、もちろん私はこちらに行くわけで~
この時は店主もいて、皆様にご挨拶の後にチケットを差し出して願い出るm(__)m
なお、その際に全部乗せの追加トッピング(300円)もお願いした!
ちょっと待って器をいただいたのちに場所を確保して記念撮影~

[店頭] http://photozou.jp/photo/show/1771915/246135772
[スタッフ] http://photozou.jp/photo/show/1771915/246135720

トッピングは追加分も含めてネギ、パクチー、ミニトマト、アサリ、味玉、鶏チャーシュー、ワンタン。ネギは適量で効果的。パクチーは写真では結構盛られているが、普通はちょっとで、独特の風味が心地よさを感じさせる。ミニトマトは彩りの良さを考えてか。アサリは存在感が薄れがちではあるが、適度には楽しめるもの。味玉は濃厚で旨し!お肉はいい柔らかさと鶏らしさのある旨さがあって良い!ワンタンは
皮がピンク色をしているのが特徴で、もちもち感はあって、餡も適量でよいお肉の旨さが出ているもの!

スープはあっさりクリアな煮干し×浅利のマリア―ジュ。さらにスパイスを混ぜるとアジアンテイストに味変とのこと。謳い文句通りというもので、アサリはやさしめだがじんわり効いてきて心地よさはある。パクチーが入っているので感じにくいところはあるが、このパクチーとペースト状のスパイスがポイントで、まさしく溶かせばロシアン・・・。じゃなかった!アジアン的になり面白さがあるというもの!これをやるとアサリ一辺倒ではないがうまさ、特にいい味変になっているのは確か!個人的にはアリだと思う!

麺はちゃんと自家製麺を使っているとのこと!ストレートの中細麺はコシはしっかりしていてよし!喉越しの良さは健在!絡み吸いつきも良い!麺量は器とのバランスは取れているので適量かなと。風味の良さもちゃんと出ていて申し分ない!

催事ながらも社長の目があるからではないが、良いものをしっかり出してきているなあというもの!女子向けという観点も男子的感覚では出ているかなと。おいしく頂けました!
そしてせっかくなのでもう一つ頂きに行ってみるのであった!(続く?)

投稿(更新) | コメント (6) | このお店へのレビュー: 3件

「えび塩拉麺(800円)」@らうめん梵の写真2/7、2軒目。
あの店主に再開を誓った後に隣駅の間とはいえ便を考えてバスで移動~。
ある意味こちらが私にとっては本命で、店舗近くの停留所で下車。ちょっと変えられてはいるものの、あの懐かしき店舗に光が灯っている!!嬉しさを抑えて店内へ~
スタッフは店主と奥様?の二名体制の模様。製麺室がありそうで、ちょっと奥ながのカウンター席に厨房は手直しされている様子。お客は結構常連客が多いようで、会話が弾んでいた~。入って奥の方に券売機が設置されていたので、そちらに向かいメニューを閲覧(;¬_¬)ジー
どうも開店当初よりはメニューが変わっているようで、好みでこれかなと思って表題を購入~。チケットをお渡しして空いていた席に腰おろし~
もう何年越しかわからないくらいの時を経て味わえるというワクワク感と、店主の行動やその人柄を垣間見ていたところで店主よりお届け\(^o^)/

[目印] http://photozou.jp/photo/show/1771915/245274157
[駐車案内] http://photozou.jp/photo/show/1771915/245274094
[卓上] http://photozou.jp/photo/show/1771915/245274131

トッピングは白髪ねぎは適量で効果的。桜エビはエビ感を出すのに一役買っている。紫蘇は個人的にはありだと思う。この香りがエビとの相性にはぴったりだと思ったので。メンマはぶっといが、いいこりこり感と風味でよい!バラロールなチャーシューはいいお肉のうまみがあるというもの!

スープはエビだけではないものの、しっかりエビが香ってくるもの!動物系の良さもあってなかなかうまい!塩分濃度は尖りもなくて適切という感じ。油の効果もしかり。エビ感がいっぱいほしい方にはどうかなと思うところはあるかもしれないが、個人的にはこれは好き!

麺はストレートの細麺。こしはしっかりしていてよし。のど越しはするりと行けてよし!絡み吸い付きは良いもの!それも目の前でしっかり湯きりをしているのをみていれば当然ということ。麺量は140gくらいか。適量というもの。風味は小麦の香りが心地よいというもの!

すごく派手さがあるというものではないが、安定感のあるうまさが出ているかなという印象。これがブランクのある方ができるものかと思うとちょっと驚き。しっかりいろんなことをやってきていたんだなあと思わせた。これはまたあのお店に行くときにこちらも寄らなければという思いになった!復活していただきありがとうございます!

投稿 | コメント (6) | このお店へのレビュー: 1件

「醤油(750円)」@麺屋BISQの写真2/7、2杯目。
本当はしおと焼売だけで終わらせるつもりだったが、後のお客に出された醤油が気になったのと時間もあったので、勢いで連食してしまった~
快く引き受けて頂いた店主に礼を述べ、色々語っていたところに再び店主よりお届け\(^o^)/

[駐車案内] http://photozou.jp/photo/show/1771915/245279327
[焼売] http://photozou.jp/photo/show/1771915/245279300

これも先人の方々が書かれているのとこだわりをご覧あれ~
トッピングはシンプルなれど効果的。青ネギは気持ち少ない気はするが、効果的。メンマは先ほどと同様にブットイが、いい食感と味わい。お肉はこれも先ほどと同様でよし!

スープはベースのスープは一緒だが、いろんな醤油工場に行って勉強してきた成果は出ているかなというもので、きつすぎず、適度な強さは出ていて香りの良いものという印象。醤油好きは納得できるかも?

麺は先ほどと一緒ということだが、個人的には同じはずなのにちょっと雰囲気が違うように見えてしまった(^^;。もちろんコシはよし!のど越しもよし!絡み吸い付きもよし!麺量は適切。風味はいいもの!!醤油とのマッチングは納得というもの!!

個人的には塩よりもこの醤油の方が納得というものであった!これも経験が生きたというべきか。よろしゅうございました~
ということで焼売も頂き、店主に再度の訪問を誓ってお店をあとにした。とにかく店主には簡単に折れずに末長く地元だからこそ生き抜いていって欲しい!

投稿 | コメント (8) | このお店へのレビュー: 2件

「特製しお(980円)」@麺屋BISQの写真2/7、シャッターズ!
はるばる茅ヶ崎へ~
目的はこちらのお店~
南口は住宅街ながらもお店までの道のりは商店街といった感じで、色とりどりのお店が軒を連ねていて、ラーメン屋さんも結構あって意外に激戦区なんだなあというところ。そんな閑静な印象のところにある。
定刻よりちょっと遅れて店主が登場して開店~。入って右手にある券売機に向かい、メニューを閲覧(;¬_¬)ジー
基本を頂いておこうと思い、表題を購入~。カウンター席に腰おろし~そしてチケットを提示して願い出るm(__)m
スタッフは店主ともう少しで独立するという助手、ホールおばちゃんの3名体制。お客の入りは緩やかで、年齢層は高め。その分色々苦労しているようで(^^;
そんなこんなしていたところで店主よりお届け\(^o^)/

[目印] http://photozou.jp/photo/show/1771915/245279229
[卓上] http://photozou.jp/photo/show/1771915/245279271
[拘り] http://photozou.jp/photo/show/1771915/245279249

細かいことは先人の方々が書かれているのとこだわりをご覧あれ~
トッピングは大判な海苔は海苔巻~。アオサはイメージを出すのにはピッタリ~。メンマは太いが、いいこりこり感と風味。茸は細いのがいくつか連ねていて、食べるのはなんだかなあというのはあるが、いい風味だしとはなっているか。味玉はいい半熟具合と味わい。お肉は豚、鶏ともいい柔らかさと味わい!

スープはほんのり鶏と貝などが香ってくるもの。おとなしくて塩分濃度は低めなものだが、海をイメージしたという、磯の感じはあってよかったかなと。無化調で来ているのも評価できるか。変なしつこさはなくていただきやすいものにはなっていると思う。

麺はストレートの細麺。修行先での経験が生きたというべきもので、コシの良さは間違いなし!のど越しもすんなりいけて良し!絡み吸い付きも良好!麺量は適切。風味はなかなか香って良し!

店主のイメージ通りのものでよかったかなと。正直なところものすきからすれば弱いという印象はぬぐえないと思う。ただ、そこはあくまで地元に愛されるお店を目指すということで、ターゲットも我々みたいな好きものではなくて一般客を取り囲もうとしているのだから納得はいく。でも、これからブラッシュアップは図ってはいくということで、いろいろ切磋琢磨はしていくとのこと。苦労は絶えないとは思うが、しっかり地元民に愛されるお店として日々精進していってほしい!

投稿 | コメント (8) | このお店へのレビュー: 2件

「[元祖タンメン屋] 岐阜タンメン」@ラーメン女子博2016の写真3/20、2杯目!
続いてはプロデューサー由縁のこちら!
やはりこういうイベントではめったに行けないところのものを味わっておきたいというのもあるので~
並びはそこそこ。イベント慣れはしていない感じで、回転は速いというものではない。店先まで来たところでチケットを渡す。追加は横浜ウォーカーでの味玉のみ。また、辛味餡はどうしますかとの事だったので、これを入れなきゃこのソールフードの醍醐味が味わいえないでしょ!ということでもちろん入れる!
器を受け取ったのちに落ち着けるところまで移動してから記念撮影~

[案内①] http://photozou.jp/photo/show/1771915/234565578
[案内②] http://photozou.jp/photo/show/1771915/234565379
[店先] http://photozou.jp/photo/show/1771915/234565375

トッピングはキャベツ、白菜、豚バラ、追加の味玉。野菜は程よい柔らかさで、味のしみ込みの良い物!お肉はしっかりらしさを出しているという感じ。味玉はいい半熟感で、黄身などのうまさが納得というもの。

スープは動物系の味わいと野菜の甘みなどがうまく合わさった塩という印象。意外としっかりした味わいで、これはプロデューサーがうなるのも納得というもの。辛味餡と合わさればこれがまたちょうど良い刺激と味わいになって、いろんな美味しさを味わえるというもの!辛さは控えめなので、私でもへんにつぼに入らなければいけるというもの!餡はやはり必須でしょ!

麺は加水率が低めに見える細麺。こしは適度なもの。のど越しはするりと行けて良好。絡みすいつきはまずまず。麺量は120gくらいか。これも器などの関係を考えればこれくらいで、かつ適量というものだろう。ただ、この麺でタンメンというのが個人的には意外な感じだった~

関東でのタンメンとは違った、なかなかしっかりとしていたものでよかった!もうちょっと野菜があると嬉しかったが、そこはぜいたくというものだろう。これは関東でも出せば流行りそうな予感。今後注目かも?

ということで今回は時間などの都合でこれにて終了~。まだイベントとしてはいろいろ改善しなければいけないところが多々あるという印象。しかし、らーめん以外でのお楽しみがあるなど、そういうものがあるは嬉しい!女子率もなかなか高かったように見えるし。もし次回があるなら、都合さえ合えば行ってみようかなと思うイベントであった~

投稿(更新) | コメント (20) | このお店へのレビュー: 2件

「[麺屋 翔] 香彩鶏だし塩ラーメン」@ラーメン女子博2016の写真3/20、15:30頃到着〜
ボス様を引き連れてラーメン女子に会いにこちらへ~
残念ながらこのときプロデューサーは不在で残念宗男~~~
そしてさらにここまで来るのにかなり時間を要してしまったためにボス様のご機嫌もかなり斜め・・・。
まずはチケット買っていなかったのでチケット売場へ~。流れはスムーズといった感じでさ程待つことなく購入~。
そして最初に向かったのは、19,20日限定で並びがさほどなかったこちら。
人気がないからではなく、人海戦術でじゃなり回転が早い!そこはもういろんなところで経験しているからこその強みという感じ!もちろん店主もしっかり活躍していた!
ということでぶん回している分そんなに待たずして受け取りとなって、落ち着けるところに移動したのちに記念撮影~

[案内図] http://photozou.jp/photo/show/1771915/234565237
[チケット売場] http://photozou.jp/photo/show/1771915/234565853
[案内] http://photozou.jp/photo/show/1771915/234565839
[店先] http://photozou.jp/photo/show/1771915/234565831

トッピングは白髪ねぎ、糸唐辛子、メンマ、チャーシュー。ねぎは適量で効果的~。糸唐辛子はいいアクセント。細切りメンマは程よい食感と味わいか。チャーシューは適度な厚みで、豚の存在感をしかと出しているという印象。

スープはしっかりアツアツとしたもの!この手のイベントだと器の関係から冷えやすいが、最後までしっかり良い温度であったのはちょっと驚き~。鶏のうまみを極限まで引き出したというスープはなかなかのもの!塩分濃度もちょうどよいといった感じ!油の効果も適度!ただ、環境的なことから感じ方がびしっと伝わってこなかったのは仕方ないところか。

麺は角ばった、平たい中細麺というべきか。こしはなかなかいいもの。のど越しはするりと行けて良し。絡みすいつきは悪くはないが、ちょっと個人的には違和感を感じた。麺量は120gくらいか。イベントということを考えればこれくらいだろうし、適度という印象。風味はまずまずという感じ。

ちょっと引っかかるところはあったが、イベントでこれだけ出せれば良しというものであろう!普段なかなか行けないところでもあるので、このレベルが味わえるというのはありがたいというもの!しっかりやっているというものですな~
早々に食べ終えて次のところに向かうのであった!(続く!)

投稿 | コメント (4) | このお店へのレビュー: 2件