なんとかデータベースラーメンカレーチャーハンぎょうざうどんそば
 

じゃい(停滞中)

男性 - 千葉県

主に東葛エリア中心に食べに行きます。今回の大震災に対し、犠牲者の方には心よりご冥福を申し上げます。被災者の方々にもお見舞い申し上げます。しばらくの間更新ならびにコメント返信が遅くなることがありますのでご了承ください。

平均点 76.263点
最終レビュー日 2017年11月19日
2,278 1,171 6 11,336
レビュー 店舗 スキ いいね

「(限定)『ごまあつ』+ライス」@麺屋 龍壽の写真(すでにこれは終了しているので悪しからず)

10/13、もういっちょ!

夏季限定冷し麺『ごまひや』ですが、そして最近は少し気温も下がってきた為、『ごまひや』のあつもりバージョン『ごまあつ』も提供させて頂くことになりました!!!
あつもりで食べると麺の食感やスパイス系の香りかたも少し変わったり、ラー油とごまだれの一体感が増したりとけっこう面白いと思いますので、是非お試しください。

注文方法は『ごまひや』の食券を購入して頂き、スタッフに渡す際に「あつもりで」と優しくお伝えください。


ということで、ここまできて1つで終わらせることは出来ないので、表題も頂くことに~
タイミングよく店主が作りあげて頂いたので、それほど待つことなく再び店主より降臨o(^o^)o

[御飯に] http://photozou.jp/photo/show/1771915/251631499

トッピングは先ほどと同様。暖かい分最初から風味など全開という感じでびしばし旨味などが伝わってくる!!

スープはこれもあつだから香り方が段違い!!最初からガツンときてそれだけでも悩殺されそう~。そして旨味の伝わり方も冷やしとは段違い!冷やしは甘味がきて旨味だったが、あつは旨味先行でお肉などの旨味の伝わり方もなかなかいい!ラー油の効果も心地よいというもの!

麺は冷やしとは当然違う口当たりで、しかしながらコシはだれることなく良いもの!のど越しもスムーズ!絡み吸い付きもあつだからかより一層しっかりしている感じ!風味も引き立ち方が冷やしよりも上という印象。

麺完食後におすすめの汁をライスに適量入れて雑炊風にすると、これはドストライク!!あの方も仰っておられたが、あつのスープで頂くものは旨さも格別!これはやって正解であった!!

冷やしも旨かったが、あつにするだけでこうまでも印象が変わってくるものかと驚き!比較ができたのも良かったが、同じものを同じようにしてきていない店主の力作であったということに賛辞を贈りたい!
久しぶりにこちらで頂いたが、日々頑張っているからこそというのが随所に感じられた。また新しい限定が始まったので、いつになるかはわからないが、タイミングが合い次第頂きに参りたい!!

投稿 | コメント (2) | このお店へのレビュー: 5件

「(夏季限定)『ごまひや』」@麺屋 龍壽の写真(すでにこの限定は終了しているので悪しからず)

10/13、シャッターズ!
約1年ぶりにこちらに突撃ヽ(`Д´#)ノ

夏期限定冷やし麺『ごまひや』
『毎日でも食べたくなるような冷やし麺』というものをコンセプトに作りました。
甘めでピリ辛の鶏そぼろ、数種類の乾物からとった出汁をベースに仕上げた胡麻ダレ、四川唐辛子・陳皮・ナッツ類を使った特製ラー油、
麺屋龍壽の夏の定番となれるようなメニューをと思い、何度も何度も試作を重ね完成いたしました。

残ったタレをご飯にかけて締めて頂くのもオススメです。

提供期間:6月22日(木)〜
価格:850円
数量:一日20食限定
麺量:150㌘(大盛不可です)


一度はあきらめていたこちらの限定が延長となり、やっと終わりかけに行けることになったので、一念発起でイッちゃった~
途中一燈グループ常連の方にこの地で出会ったことには驚き((((゜д゜;))))。ご一緒させて頂き、お店まで~。ポールを譲って頂き、定刻までしばし歓談~
定刻になり、店主が暖簾をかけて開店~。まずは券売機に向かい、連食が可能か確認して今回は大丈夫とのことだったので、限定二丁食いを敢行~。限定券を購入してちょっと一年前とは雰囲気の変わった奥様に食券をお渡しして案内された席に独禁子~
お隣の方と歓談しながら店主の調理のお姿を拝見しながら待っていたところに店主より降臨\(^o^)/

[案内] http://photozou.jp/photo/show/1771915/251631479

トッピングはシンプルに万能ねぎ、白髪ねぎ、鶏そぼろ。ネギはしっかり薬味としての効果は発揮している!鶏そぼろは謳い文句通りのもので、旨さの引き出しが半端ない!ウマシング!!

スープはこれまた謳い文句通りのもので、しっかり冷やされたものは単純ではないごまだれの効果は旨さの響き方が違う!胡麻の風味が際立つもので、辛さは抑えてある分頂きやすくて、ピリ辛が心地よいアクセントという印象。この響かせ方と旨さにはちょっと響き!

麺は普段の物を使用しているか。しっかり冷水で〆られて出されたものはコシはしっかりしていてよし!のど越しはするりといけてよし!絡み吸い付きも良好。麺量は適切。風味は間違いないというもので美味!

この時はこの地ではちょっと汗ばむくらいの暑さがあった分冷やしは心地よく頂けるもので良かった!!また、食べ進んでいくうちに味変となっていく楽しみもまた良かった!!こりゃ嵌まるわな~という感じ。大変美味しく頂けました!!
完汁完食の後に奥様にもう1つの物をお願いするのであった!!(続く!?)

投稿 | コメント (2) | このお店へのレビュー: 5件

「[塚田共同組合]とびっキジ醤油らーめん」@僕家のらーめん おえかきの写真※お断り
先のレポ同様性質上こちらにてレポさせて頂きますので悪しからず!!

3月21日、第二部突撃!
【2017 らの道MAX5夢境/静岡西部組】コラボの醤油も頂きたく、一つ目を頂いてからちょっと休んだ後に第二部始まり前にこちらに舞い戻り〜
並びは少ないものの、絶えず並んでいる列に接続。第一部を終え、一旦暖簾をしまっていたが、定刻と同時にかけられ、第二部も始まりは若干朝とは違うメンバーで挨拶があった〜。そして幕開け!今回は一巡目で入れたので、待つことなく店内へ〜。先に買った整理券を提示して、今回は卵のゲットに成功!その分の現金を置き、かわゆい女史に願い出るm(__)m
先ほど同様眺めながら待っていたところお届け\(^o^)/

[挨拶] https://youtu.be/yAz9CcmTqk4
[卓上] http://photozou.jp/photo/show/1771915/246296565
[卵] http://photozou.jp/photo/show/1771915/246296617

トッピングは先ほどとほぼ同様なので割愛。相変わらず雉のお肉の素晴らしさを堪能できる!菜の花の彩などもよし!今回チーズが異なっていて、醤油にはパルメザンチーズが使用されているとのこと。このチーズは今回少量ながらも、塩の時とは全く表情が異なり、なんでこんなにも合うのだろう?というくらい不思議と、そしてしみじみする味わいへの効果があってびっくり!そして、追加した各部先着10名しかいただくことのできないキジの卵(500円)!殻の色にもびっくりだが、それ以上に中身もびっくり!普通の卵は濃くてもオレンジ色だが、雉はクリーム色をしているといっていいか。そして、黄身をいただいた時の濃厚さにさらに驚かされる!この旨味の凝縮度は半端ない!なかなかいただけない物だけに大いに価値はあったかなと!

スープは先ほど同様に雉の良さが伝わってくるもの!かえしもなかなか落ち着きはあるものの存在感を放っているもので響いてくる!油の効果も然り!そして先ほどのパルメザンチーズの味変というか、効果が素晴らしいもの!醤油に対してよく考え付いたなあと感心!!好みもあるが、このチーズの効果で塩と変わらないうまさが全く性質は異なるもののあるなあと思った!

麺は先ほどとはうって変わって平たい縮れ麺。手もみされているのだろうか?ちょいと厚みのある麺はコシはしっかりしていてよし!のど越しはするりといけて良好!絡み吸い付きは当然のごとく嵌っている!麺量は130gくらいか。ちょうど良い量といえよう。風味は醤油に負けず劣らずという印象。ここで差を出してきているのも工夫されているなあと感心!

醤油も素晴らしいもので、これも来た甲斐があったというもの!!そして、無事に2杯頂けてことは本当に良かった!!一時は冷や冷やしたが、この時間でいただくことができたのはいろんな意味で大きかった!今回これに携わったすべての皆様ご苦労様でしたm(__)m

投稿 | コメント (2) | このお店へのレビュー: 2件

「[塚田共同組合]とびっキジ塩らーめん」@僕家のらーめん おえかきの写真※お断り
本来であればコラボ店名にて出すべきところではありますが、1日限りということとこのお店での開催なので、こちらにてレポさせて頂きますので悪しからず!!

3月21日、突撃!
【2017 らの道MAX5夢境/静岡西部組】にあの方が出ると聞いて、運よく休めたのでイッちゃった~~~
遠方からでかつ前日から券を販売していて、数があるとはいえ残数が如実になくなっていく状況に移動しながら不安を抱えていたところで開催地に着くと、暗い状況にもかかわらず沢山の方々が早くから来ていたのにはびっくり(@ ̄□ ̄@;)!!
まずはチケットを買いに店内へ。皆様にご挨拶m(._.)m。そしたら1日以上寝ていないというあの方も特効服を着て、お待ちしていました!!と、まるで私が間違いなくくるかの返答にこれまたビックリ(○_○)!!
今回は3部制営業となっていて、かつ一部につき1人一枚のみとなっている。幸いなことにまだチケットが一部からあったので、早いチケットを確保\(^o^)/。もちろん連食しなきゃここまできた意味ないでしょ!!購入後すでに並んでいる列に接続~。時間までひたすら待機~
時間になり、皆様登場!そしてご挨拶~。ジュンジュンに店内へ~。私もかなり待ったが、雨と風に耐え店内へ~。なお、店内にて追加トッピングなどを承っていて、味玉はなくなってしまっていたのでそれ以外をすべてお願いした!
皆様のお姿などを拝見しながら待っていたところお届け\(^o^)/

[案内①] http://photozou.jp/photo/show/1771915/246296386
[挨拶] https://youtu.be/3WohxWEIb8w
[案内②] http://photozou.jp/photo/show/1771915/246296412
[御肉] http://photozou.jp/photo/show/1771915/246296447
[御飯] http://photozou.jp/photo/show/1771915/246296475

トッピングは基本は丼には板状の高級と言っているチーズと菜の花。別皿で調理法の異なるキジ肉3種。もう一つの別皿の追加トッピングである桃太郎チャーシュートッピングは低温の鶏と2種の豚。キジ肉は弾力があり、部位によって歯ごたえは変わるが、しっかりキジらしさを出しているもので旨し!追加トッピングのお肉はどれも柔らかく、各々の特徴を生かしたもので旨し!菜の花は彩りなど効果的。モッツァレラチーズがとろけるものではなかったが、不思議とマッチしてぜんぜん嫌悪感なく頂けるもので納得!

スープは浜松の山の中【きじの里】で大切に大切に育てられたキジの良さを100%引き出したラーメンとのこと。一口啜ればもうキジの豊かな風味が鼻腔をつついてくるというもの!塩分濃度は低めという感じ。その分ダイレクトにキジを味わえるかなと。そして先述したチーズが大胆ではないがこのスープを引き立ててくれている!この旨さはいいね!

麺は全粒粉ぽいようなストレートの中太麺というべきか。あの方曰くみんなで打った麺はコシはしっかりしていてよし!喉越しはちょっと独特な感じはあるが、するりといけて良好!絡み吸いつきは良い!麺量は130gか。ちょうど良い量。風味は小麦などがしっかり薫ってくるものでよし!

思いきって来たが、その甲斐があったというもの!!個人的にはあれを思い起こさせてくれるものであったかなと!頂けたことに感謝m(__)m
そして次なるものを時間までなんとかして待つのであった!!(続く!?)

投稿(更新) | コメント (8) | このお店へのレビュー: 2件

「特製芳醇中華そば(醤油)950円」@麺屋 龍壽の写真10/14、13:30訪問。
ボス様と共に浜松へ~
その昼食に久しぶりにこちらへ~
入口を開ければあのべっぴんな奥様のお出迎え!そして店主にもご挨拶m(._.)m。その後券売機に向かい、表題と豚チャーシュー丼を購入~。チケットを奥様に渡して、案内された席に腰おろし~
お客の足は途絶えず来る様子に安心して見ていたところにお待ちかねのものが奥様によってお届け\(^o^)/


基本的にビジュアル面では変化なし。
トッピングは白髪ねぎは適量で効果的!小松菜、エリンギもいい食感と味わい!味玉はトロリとしていて美味!お肉は鶏豚ともにいい食感と味付けでうまし!

スープは開店当初よりは仕様を変えているとのことで、貝だしを減らして動物系を多くしてバランスを整えているとのこと。以前よりはインパクトは落ちたものの、よいバランスでうまさは出ているかなと。いつも食べるのであればこれでいいのかもしれない。

麺はしっかり自家製でやっているのはやはりすごい!コシの良さはもちろん、のど越しの良さ、絡み吸い付きも良いし、風味の良さも健在!麺量もちょうどよし!こだわった粉と強さがしっかり堅持できているのは素晴らしい!

仕様が変わったものは安定感のあるうまさという感じでよかったとは思う。前述のとおりいつも食べるという観点でいけばこれで地元の方も納得というものであろう。ただ・・・。一見さんからすればこれだと納得はしても感動まではいかないというものになってしまっているかなと。かなり贅沢で厳しい注文ではあるが、個人的には可能であるならば数量限定で開店当初のものも用意できると一軒さんも満足できるのではないかと。実力があるところだけに、またあの感動を味わいたいという思いもあり、せっかく浜松まで来た甲斐があるものをという思いもあるので、あえて言わせていただく。好みの問題とはいえ、名店になってほしいが故の思いを込めて!

投稿 | コメント (8) | このお店へのレビュー: 5件

「浜松餃子と濃厚つけ麺のセット(1026円)」@五味八珍 メイワン店の写真衝撃的なものをいただいて満足して帰路についたところで、せっかく浜松に来たのだから餃子もいただいておきたいと思い、時間的な都合からこちらへ〜
広々とした店内にお客は時間など関係なしにきている様子。スタッフがどこでもどうぞというので、外の景色が眺められるカウンター席に腰おろし〜。そして、置かれてあったメニュー表をくまなく閲覧(◎-◎;)
餃子だけという気分にはなれなかったので、表題と杏仁豆腐(税別190円)を注文。なお、暑かったので夏季限定の冷製の方を願い出た。
景色を見ながらいろんな余韻に浸っていたところにお待ちかねのものの登場〜

[卓上] http://photozou.jp/photo/show/1771915/237740867
[杏仁豆腐] http://photozou.jp/photo/show/1771915/237740904
[餃子] http://gyouzadb.supleks.jp/review/996255.html

トッピングは麺の上には刻みのりのみ。汁の方はネギ、白胡麻のみ。これって、つまりはざる中華ってことですかな?まあそこはかとなく機能はしているが…。

汁は和風しょうゆ味とのこと。それってまさしく…。まあ味は濃いですわな~。しっかりお魚さんと醤油などの感じはするもので悪くはないと。ただ、濃厚と表現するにはちょっといかがなものかなと。

麺は気持ち丸みを帯びたストレートの中細麺というべきか。コシは〆られている分よい。のど越しはするりつるりといけて悪くない。絡み吸い付きは適度か。麺量は150gくらいか。まあこれぐらいでよいのかも?風味は…。その辺で売っているものと同じような?

スープ割もせず、そのまま飲んじゃって終了~。メニュー名に疑問は残ってしまうが、暑いときにはこういうものはほしくなるのでありかなと。適度にはいただけるし。

投稿 | コメント (8) | このお店へのレビュー: 1件

「芳醇中華そば 醤油」@麺屋 龍壽の写真あまりにも衝撃的だったので、一旦退出して並び直しの上、無理をお願いして思わず醤油もいただいてしまった~~~
少々待ったのちに店主よりまた凄いものの降臨!

[券売機] http://photozou.jp/photo/show/1771915/237741264
[卓上] http://photozou.jp/photo/show/1771915/237741269

トッピングの構成は変わらず。塩の時同様にしっかり機能していてうまし!!!

スープは塩の時とはやはり表情が違うというもので、こちらの方がより貝を感じやすくなっている。醤油の香り高さなども良く、個人的には塩の時ほどのファーストインパクトはなかったものの、やはりいろんなのが効いていて、こちらもハイパーウマシング!!!これもたまりませんって!!!

麺は先ほどと同様に良さはしっかりしているもの!ただ、醤油にはこちらの麺があっているという印象。最後まで飽きずにいただける!

個人的には好みで塩に軍配は上がるが、この醤油もかなりハイレベルというもので、本当に750円で採算は合うのだろうかと心配になるくらいうまさなどがあるというもの!!!こちらの方が地元の方には好まれるのかも?
なので、ラーメン好きな方は塩、一般の方は醤油からいただくのが良いのかもしれない。まずはいただいて衝撃を受けてほしい!!!

[満面の笑みを浮かべるご夫婦] http://photozou.jp/photo/show/1771915/237741345

投稿 | コメント (18) | このお店へのレビュー: 5件

「芳醇中華そば 塩」@麺屋 龍壽の写真ついにやってきたこちらのオープン!
さっそく行ってしまった~~~
いろんなお店と一緒になっている中、どこかで見たようなデザインが見えてくる!
中にはいればあの懐かしい店主とあまりにも美しい奥さまが二人で切磋琢磨している!
入って左手に券売機があるので、そちらと睨めっこ~
当分はメニューが絞られるので、表題と鶏チャーシュー丼を選択。
厨房が見やすいカウンター席に腰おろし~
いつものように挙動不審のごとくいろいろ見回していたところに店主より神の降臨!

[御言葉] http://photozou.jp/photo/show/1771915/237741255
[御飯] http://photozou.jp/photo/show/1771915/237741281
[取説①] http://photozou.jp/photo/show/1771915/237741322

トッピングは白髪ねぎ、エリンギ、小松菜?、鶏チャーシュー、豚チャーシュー。白髪ねぎは適量で効果的!エリンギは適度に割かれていて、ちょいと細工がされていてうまし!なお、エリンギになったのはメンマじゃ面白くないでしょ!という店主の意向。青菜は見た目などの効果良し!チャーシューは両方とも真空低温調理されたもの。ただ、それだけでなく、そこにいろいろ手を施されて提供となっている。両方ともやわらかで噛み切りやすく、味付けの仕方がすごい分ウマシング!!!これはたまらん!!!

[取説②] http://photozou.jp/photo/show/1771915/237741332

スープは鶏ベースに魚介系などが加えられたもの。そしてかえしが牡蠣煮干しを加えられている。また、香味油は鶏油にポルチーニ茸、帆立の貝柱が加えられたものになっている。もういただく前から香り方が半端ない、まさしく芳醇さを醸し出している!そしていただいてみれば…。ガツンとカウンターパンチを食らったかの如くのすごいインパクトのある味わい!!!うまいのはもちろん、その余韻がずっと響いてくるもの!!!何より驚いたのは、食べていくにつれて冷えていくスープがまた違った様子を見せてうまさを継続させているということ!!!そこまで計算尽くされているものになっていたことに驚愕!!!こりゃ私にハイパーウマシング!!!

[取説③] http://photozou.jp/photo/show/1771915/237741317

麺は自家製麺のストレートの細麺といったところか。0.1ミリ単位まで細かく考えたという麺はコシはしっかりしていてよし!のど越しはするりといけて良し!絡み吸い付きもよし!麺量は135gとのことで、多すぎず少なすぎずと配慮されただけあって適量というもの!風味はしっかり厳選された小麦を使用されただけあって香り高くていい!粉が高いとこぼしているぐらいのものを使用しているのだから間違いはないだろう!

こんなうまくて色々すごいものを750円でやっているのだからもう大丈夫なのかとさえ思うくらいのもの!いろんな条件が重なっているからこそ実現できたというものは個人的には非の打ちどころがない、ほぼ完ぺきなもの!!!もう参りました!とさえ言いたくなるくらいうますぎ!!!それはご飯も同様!これがデフォなんて普通じゃありえんですな!これがずっといただける地元の方たちはうらやましい~。しばらくは大変な日々が続くと思うが、負けずに乗り切ってほしい!!!これがいただけたことに大いに感謝!!!



※余談
遠方から行く方(電車使用の場合)への行き方アドバイス
①浜松駅からバスがあるので、北口方面のバス乗り場へむかう。その際一回階段を下りる格好となる。そして10番乗り場を目指す。案内板がわかりずらいので、不明な時は案内所があるのでそちらでいくのもあり。乗り場の目印はこれ⇒http://photozou.jp/photo/show/1771915/237740209
②基本的には75番系統のバスが間違いないので、そちらに乗り込む。その際に乗車整理券を忘れずに取る。こちらのバスでは地元のカード以外(pasmo・suicaなど)は使用できないので、現金精算となる。
③最寄りのバス停はJA長上支店が便利であるかなと。乗車賃は浜松駅から320円。目印はこれ⇒http://photozou.jp/photo/show/1771915/237741044
そしてでかい看板(http://photozou.jp/photo/show/1771915/237741440)があるのでそれを目印に歩いていく。そうすると店舗が集合しているところが見えてくるはず。

なお、帰りは古着屋(http://photozou.jp/photo/show/1771915/237741058)付近にバス停があるのでそちらか、近くにタクシー会社があるので、そちらでタクシーに乗って帰るということもできる。

投稿 | コメント (22) | このお店へのレビュー: 5件

「富士山特盛りつけ麺(1000円)」@麺屋 道神の写真8/25,12:20ごろ訪問。
この日は連れに連行され沼津へ日帰り温泉めぐりへ。
その昼食に新東名の駿河湾沼津SAへ約1年ぶりにやってキター!
さてどこで食べようかなと考えるも、どこもいまいち惹かれるものがなかったので結局こちらで再びいただくことに(汗)
すると、富士山世界遺産登録フェアみたいなのがやっていたので、じゃあこれ食わなきゃ富士山に失礼だろうと思って、並んだ後に券売機にて富士山特盛りつけ麺(1000円)のボタンをポチットナ!そして受付に提示。レイのブツをどこかに忍ばせてひたすら待つ。
そして、あいつがどこかに刺激を与えたので受け取りへ~。その際につけ汁おかわりできますといわれ、お盆をもって席に舞い戻り記念撮影~

[券売機] http://photozou.jp/photo/show/1771915/186072514
[ベル] http://photozou.jp/photo/show/1771915/186072509

麺の方に刻みのりが盛られ、つけ汁には葱、メンマ、チャーシューが入っていたと思う。ネギは適量で程よい。メンマはでかくて柔らかく、存在感は発揮している感じ。チャーシューはほどほどという感じ。

つけ汁はシャバ系の醤油といったところか。魚が程よく薫るものに優しいかえしの醤油はあっさりめでしつこすぎないもの。ただ、淡麗という言葉は当てはまらない気がするものだと思う。それなりに濃さはある気がしたので(・o・;)

麺は微ウェーブの太麺といったところか。コシはしめられている分悪くない。のど越しはするりといけて悪くない。絡みは適度といったところ。麺量は450gくらいだろうか。通常の三倍と書かれてあったが、食べきれる量だったことを考えるとこの辺な気がする。風味は悪くなくて、変な飽きは来ない感じ。

麺を半分ほど食べたところで汁がソコをツキそうだったので、汁のおかわりをもらいに受け口へ。再び入れてもらったものにはネギが加えられていた!受け取った後に飽きが来そうだったので、じゃこふりかけと一味、ニンニクを別の器に少々投入。また、割りスープも別の器に入れて再び席へ。まずは、一口つけて確認後に薬味を投入。やはり大蒜パワーはすごいものでこれで食が進むというもの。そして一二のピリ辛さとじゃこも程よく効いて納得のもの。
そのおかげで何とか麺を完食することに盛行~。その後に割りスープを投入。この割りスープは鶏がベースか。程よい感じの風味が楽しめて納得のもの。

つけ汁の御変りがあるのと薬味系を思う存分投入できる点、割りスープがある分程よく楽しめるかなというもの。それがないとちょっと厳しい~~~。量を食べたい方にはいいだろうが、味を考えるなら…。

投稿 | コメント (36) | このお店へのレビュー: 2件

「桜海老塩ラーメン(1000円)」@らーめん華菜楼の写真9/9、15:10訪問。
引き続き拉致され清水パーキングエリアへ。
ここでは小休止で食べないつもりでいたが、連れらの目線による脅しで半強制的に食べることに(>_<)
それでこちらのを食べることに。
店先の券売機まで行き、メニューを閲覧。
何やら清水名物という文字が飛び込んできたので、これでいいやと思い、桜海老塩ラーメン(1000円)を購入。そのまま受付へ。チケットを差し出し、ベルを受け取って近くの席で待機。
約3分ほどでベルが唸ったので受け取りへ。そして、先ほどの席に戻って記念撮影。

[券売機] http://photozou.jp/photo/show/1771915/153246651
[ベル] http://photozou.jp/photo/show/1771915/153246645

ネギ、海苔、メンマ、チャーシュー、桜海老のトッピング。ネギは量はあるが、効果はいまいち。メンマは極太であるが柔らかい。風味はぼちぼち。チャーシューはあまり厚みはなく、ほどほどの風味といったところ。桜海老は半生といったところで、量がある分味があるという気がする。

スープは清水の塩を使ったもの。あっさりしていて、特に何の変鉄もない、普通の塩ラーメンという感じのスープ。油は控えめ。鶏などを使っているとは思うが、何か味気ないという気がしてならなかった。

麺はストレートの細麺。角がたった麺はコシは適度。のど越しはぼちぼち。絡みは適度といったもの。麺量は130gぐらいだろうか。気持ち少なめという気がする。

正直これで1000円もとるのかというもの。納得できるのは桜海老だけ。あとは全く妥協できないもの。場所柄というのもあるが、ちょっとこれはないよと思う。これが半額なら妥協しようもあるが。残念の一言に尽きる(T-T)

投稿 | コメント (12) | このお店へのレビュー: 1件