なんとかデータベースラーメンカレーチャーハンぎょうざうどんそば
 

KM

男性 - 東京都 (1952年生まれ)

〜町田のご隠居の食楽記・番外編〜『美味い不味いは紙一重』------ヒメアカタテハ『空気読まない』『遠くの100点より近くの80点』http://99080442.at.webry.info/

平均点 88.809点
最終レビュー日 2017年6月24日
773 385 0 4,070
レビュー 店舗 スキ いいね
〜町田のご隠居の食楽記・番外編〜『美味い不味いは紙一重』
~いかに食を楽しむか、がテーマ。採点数は無視することを希望
~ご隠居の価値観丸出し。一般性、妥当性、などはハナから無し
~味覚とその嗜好傾向は個体に固有の問題で、優劣はない。『バカ舌』は舌に問題があるとは思えない
◆旨さにも色々種類がある。ラーメンの持つ旨さは、丼の数だけある
◆変化を続けるラーメン。今のうちに食べておかないと
-------------------------------------
ある意味では、ラーメンは美味い不味いではないと思う。
どれだけ食べたいかが、ラーメンに対する純粋な気持ちだ。
日本一のラーメンは案外近くにあるのかもしれない。

優等生なラーメンは、確かに美味いのであるが、また食べたいと思う気持ちの高まりがない。
人は完璧さには惹かれないのである。
服飾でもそうだ。
洗練された野暮ったさが、男らしくてよい。
地味で目立たない女性が、時おりハッとさせる表情をみせる。
完璧な美人より惹かれるものがある。
-------------------------------------
ラーメンは残念ながら驚くほど旨いものではない。もっと旨いものはいくらでもある。
それでもラーメンは国民食として、カレーと同じように愛されている。
日本国民総ラーメン評論家だ。
そんななかで10万を超えるユーザーを抱えるRDBに、アラタメテ、妥当性の高い、
誰でも納得できる評価を書くのは、私の役目ではない気がする。
なぜならば、自分にはラーメンを評価する能力も、その資格もないからだ。
それでもラーメンとその周辺を愛することに関しては、同じだ。

採点基準に関しては、人様の採点をまったく参考にしない。
まわりの採点の様子を伺う、というような洒落たことはしない。
人生において大事な基準はすべて自分で決めることにしている。

ラーメンを食べてどのように感じるかは、まったく個人の自由であろう。
しかし何をどのよう書くか、どのように採点するかは、100%人格の問題だ。
大事なことは、ラーメンより大事なことが沢山ある、ということではないだろうか。