なんとかデータベースラーメンカレーチャーハンぎょうざうどんそば
 

アカンな~同好会

女性 - 千葉県 (2002年生まれ)

バイラルメディア"Spotlight"プラチナライター RDB'09-'11,'13-'14玉者 '14アメブロラーメンブロガー玉者

平均点 73.571点
最終レビュー日 2018年3月11日
1,828 1,055 0 27,371
レビュー 店舗 スキ いいね

「こく塩…800円」@鶏こく中華 すず喜の写真毎度~

いつものように、芦毛の怪物ゴールドピッケの散歩をしとったら、これまたいつものように店先でんこ様してもうたんで謝罪と賠償を申し出ると、強面のご主人が「こく塩、食うていきんさい」と仰ってくれたんでゴールドピッケを店先につなぎ暖簾をくぐる。

入店後、6分69秒069で、熱々のラーメンがご主人自らの手により、わちきのもとへとどけられスープを一口、「うますーさんいぉぉぉおおおお~~~」ぉぉぉおおおお~~~

スープは、鶏清濁湯魚介塩。
鶏感ベースに、先行する節感と追従する煮干感が心地よく、丼内で舞を舞うような印象。

麺は、三河屋製麺製特注麺とのこと。
スープがループにプールする、スープール絡み三段活用上級認定。

具は、炙りのはいった低温鶏チャーシューがメインに、味玉と薬味系。
スープや麺にマッチした印象で、うまみっぴぃな鶏チャーシューは4枚入りと嬉しい悲鳴。

あっ!という間に完食完飲。

【味】95【CP】+2【スープール】+1【マッスル不在減点】-1【祝新店】+1

総評。芳醇な鶏の舞台を節が軽やかに舞を舞う印象のラーメンで、わちきが経験したラーメンではありそうであまりない味わいが新鮮でウマシングでうまみっぴぃなラーメンやね。

投稿(更新) | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件

「チャーシュー芳醇中華そば塩…980円」@麺屋 龍壽の写真麺屋 龍壽@静岡県浜松市

チャーシュー芳醇中華そば 塩…980円

国内屈指の行列店『麺屋一燈』からの独立店

開店時40人超の行列ができ、浜松ラオタの関心の高さを垣間見る。

清湯ながら重厚な鶏出汁にポルチーニを加えた鶏油が芳醇に香り牡蠣煮干の塩ダレが後味に残るスープに、しっかり気味にあげられた自家製中細ストレートが絡み、真空低温調理を施した豚鶏が映えるうまみっぴぃ*(^o^)/*

お世辞抜きに、ラーメンを69万杯以上食べたわたくしの五本指に入る出来栄えでした

かわいこおくさまと二人三脚で歩む龍壽伝説が始まる!

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件

「鴨そば 730円+うぃんたま」@濃麺 海月の写真毎度~

鴨爺というあだ名の上役と対立気味なんで、鴨食ったろか~な気分でお邪魔しましたぉ~
つうか、開店以来69万人目のお客とのことで、うぃんたまサービスを施されるw

平日、到着時(18時45分)先客5人、退店時(19時05分)材料切れ終了。
詳細
http://ameblo.jp/jose-r-b/entry-11945133637.html
全景
http://ameblo.jp/jose-r-b/image-11945133637-13112016417.html


スープは、熱々シャバな鴨清湯煮干塩で、
鴨主体のライトな動物系ベースに、鰯煮干主体のライトな魚介系なチューニングで、あぶら適量で塩分濃度そこそこなスタイル。
鴨>魚介な感じのバランスで、中盤から終盤にかけての鴨(鶏っぽ)の丸鶏感が増幅されるね~
すなわち、浮きのあぶらよりも出汁感に鴨の味わいが反映されとるんやろうね。

麺は、村上朝日製麺製中細ストレート、麺量150gくらい。
茹で加減若干硬めで、個人的に好みの仕上がり。
スープがループにプールする、スープール絡み3段活用中級認定も狙えそうやね。

具は、チャーシューがメインに、バラ海苔,刻みタマネギといった構成。
どの具材も、彩りあわせて相応に機能しとる印象やね。

【味】80【CP】+1【ブタ】+1【中盤以降の醸しだし】+1【伸びしろ期待】+1【うぃんたま加点】+1

具材
http://ameblo.jp/jose-r-b/image-11945133637-13112020659.html

総評。鴨がカホるうぃんたまやね。
アホ舌なんで、言われんと“鴨”って分らんのやけど、鶏フレーバーに魚介がほんのりカホる優しい味わいの塩ラーメンでづわ~
ご主人、清湯は苦手と仰っとったわりに出色の出来なんで、今後の伸びしろもかなり期待できそうでづね~

ちなみに、「うぃんたま」はピケットに現金690円を添え「うぃんたまで!!」と告げると、うぃんたまになるとかならんとかw

知らんがなwww

投稿(更新) | コメント (28) | このお店へのレビュー: 6件

「地球の塩そば 780円」@地球の中華そばの写真毎度~

杏奈の彼氏の店で取材を終えた後、ストマック雲丹シティはフルマン状態やってんけど、地球レベルの新店にお邪魔しましたぉ~

休日、到着時(11時17分)シャッターズ8人、開店時(11時33分)シャッターズ16人、退店時(12時17分)外待ち4人。
詳細
http://ameblo.jp/jose-r-b/entry-11943873734.html
麺リフト
http://ameblo.jp/jose-r-b/image-11943873734-13108985460.html


スープは、超熱々シャバな鶏清湯魚貝塩で、
鶏主体のライトな動物系ベースに、和出汁+貝系塩ダレinなチューニングで、あぶらやや多げで塩分濃度そこそこなスタイル。
魚貝≧動物≧和出汁な感じの味わいで、どの素材も突出せずバランスよく融合しとる印象やね。

麺は、自家製中細ストレート、麺量140gとのこと。
つうかこの麺、まちゃまちゃウマシング!!
熱々のスープでも、全くダレんがな~
茹で加減若干硬めで、個人的に好みの仕上がり。
スープがループにプールする、スープール絡み3段活用中級認定も狙えそうやね。

具は、2種のチャーシューがメインに、メンマ,カイワレ,ネギ,揚げネギ,あられといった構成。
どの具材も、彩りあわせて相応に機能しとる印象やね。

比較対象類似メニューは、http://ameblo.jp/jose-r-b/entry-11531133976.html

【味】80【CP】-1【麺】+3【開店遅れ】-1【連食査定】+1【祝新店】+1

内観
http://ameblo.jp/jose-r-b/image-11943873734-13108987255.html
製麺機
http://ameblo.jp/jose-r-b/image-11943873734-13108989441.html

総評。鶏と魚貝がカホる塩ラーメンやね。
個人的にかなり好みのタイプの麺が、高次元でバランス良くまとまった感じのスープに絡んでくるんよな~
この手のタイプって、スープへの想いが先行するんやけど、麺が先に来る感じは初体験物語かも~

具材とビジュアルが固まれば、ラオタの中のラオタ雲丹、老若男女はるな愛、どなたにでも好まれるメニューになるやろうね~

投稿 | コメント (29) | このお店へのレビュー: 1件

「ズワイガニ塩ラーメン 750円」@麺屋 玲の写真毎度~

一堂玲が「今度はズワイガニ限定やるよ~」と雲丹ッターにてツイっとったんでお邪魔しましたぉ~

平日、到着時(17時55分)シャッターズ1人、開店時(18時00分)シャッターズ3人、退店時(18時25分)後客1人。
詳細
http://ameblo.jp/jose-r-b/entry-11933977713.html
全景
http://ameblo.jp/jose-r-b/image-11933977713-13086444802.html


スープは、熱々シャバなズワイガニ清湯塩で、
本ズワイガニ主体の甲殻系ゆで汁メインに、鶏油あわせなチューニングで、あぶら適量で塩分濃度そこそこなスタイル。
んまぁ、普通にカニの味がする出汁やけど、ワタリガニよりもくせが強いね。

麺は、藤代製麺製中太平微ちぢれ系、麺量150gくらい。
茹で加減若干硬めで、個人的に好みの仕上がり。
スープがループにプールする、スープール絡み3段活用準中級認定は余裕やろうね。

具は、ズワイガニ一杯とネギ。
ガンつけとるwww

【味】70【CP】+5【インパクト】+1【食べ難い】-1【レクチャー】+1【蟹の目つきが悪い】-1

渡辺美里
http://ameblo.jp/jose-r-b/image-11933977713-13039185260.html

総評。ズワイガニがカホる塩ラーメンやね。
つうか、ラーメンよりもズワイガニが主役なメニューかもね~w

投稿 | コメント (22) | このお店へのレビュー: 35件

「塩らーめん 750円」@らーめん 羊と狼の写真毎度~

どっかで何かを食べた後、わちきのインディアンネームが「羊の皮をかぶったちこん」なんでお邪魔しましたぉ~
休日、到着時(12時10分)先客2人、退店時(12時24分)後客0。
詳細
http://ameblo.jp/jose-r-b/entry-11933468815.html
全景
http://ameblo.jp/jose-r-b/image-11933468815-13085345591.html
麺リフト
http://ameblo.jp/jose-r-b/image-11933468815-13085346473.html


スープは、熱々シャバな鶏清湯魚介塩で、
鶏主体のライトな動物系ベースに、カツヲ主体のミドルな魚介系+香味野菜+貝系塩ダレなチューニングで、カツヲ鶏油っぽなあぶら多げで塩分濃度やや高げなスタイル。
魚介>動物な感じのバランスで、やや甘めオイリーながら節系の先行感と動物系の土台感が心地ええね。

麺は、中細ストレート、麺量140gくらい。
茹で加減若干硬めで、個人的に好みの仕上がり。
スープがループにプールする、スープール絡み3段活用準中級認定は余裕やろうね。

具は、2種のチャーシューメインに、メンマ,ネギ,海苔といった構成。
どの具材も、彩りあわせて相応に機能しとる印象やね。

【味】75【CP】-【連食査定】+3【祝新店】+1

券売機
http://ameblo.jp/jose-r-b/image-11933468815-13085346476.html
内観
http://ameblo.jp/jose-r-b/image-11933468815-13085346475.html

総評。魚介がカホる塩ラーメンやね。
野菜由来っぽなやや甘めなラーメンやけど、魚介感や動物感も申し分なく、見た目含めて美味しくいただけるメニューやと思いますわ~

投稿 | コメント (23) | このお店へのレビュー: 1件

「鶏白湯らーめん塩 700円」@大葉の写真毎度~

永遠のチャンピオン大場政夫リスペクトなんで、同姓同名のこちらへお邪魔しましたぉ~
平日、到着時(18時02分)先客1人、退店時(18時15分)後客2人。
詳細
http://ameblo.jp/jose-r-b/entry-11933010949.html
全景
http://ameblo.jp/jose-r-b/image-11933010949-13084314870.html
麺リフト
http://ameblo.jp/jose-r-b/image-11933010949-13084320547.html


スープは、熱々シャバな鶏白湯塩で、
鶏主体のミドルな動物系ベースに、香味野菜なチューニングで、あぶらやや多げで塩分濃度やや高げなスタイル。
完全な白湯ではないけど鶏の旨みが程よく抽出されとって、レモン付近のスープが味チェンになっとるね~

麺は、中太細微ちぢれ系、麺量150gくらい。
茹で加減若干硬めで、個人的に好みの仕上がり。
スープがループにプールする、スープール絡み3段活用準中級認定は余裕やろうね。

具は、チャーシューがメインに、ほうれん草,刻みタマネギ,白髪ネギ,万能ネギ,糸唐辛子,レモンといった構成。
どの具材も、彩りあわせて相応に機能しとる印象やね。

【味】75【CP】±0【レモン付近スープが味チェン】+1【祝新店】+1

メニュー
http://ameblo.jp/jose-r-b/image-11933010949-13084317311.html
内観
http://ameblo.jp/jose-r-b/image-11933010949-13084317312.html

総評。鶏がカホる塩ラーメンやね。
やや分離気味やってんけど、動物系の旨みがよう出た美味しいラーメンやね。
仕事帰りの寄り道としては微妙に遠いんやけど、また別のメニューをいただきにお邪魔したいでづわ~

投稿 | コメント (27) | このお店へのレビュー: 1件

「塩ラーメン 750円」@米屋の写真毎度~

らーめん専門 うしおととりで、http://ameblo.jp/jose-r-b/entry-11929290643.htmlを食べた後、元叶美香さんの三毎月が「おいしいおむすびが食べたいんだな~」と言うんで米屋にお邪魔しましたぉ~

平日、到着時(12時30分)先客0、退店時(12時42分)後客0。
詳細
http://ameblo.jp/jose-r-b/entry-11929770562.html
全景
http://ameblo.jp/jose-r-b/image-11929770562-13077282363.html


スープは、熱々ライトドロンジョなワイルド鶏清濁湯(油)塩で、
鶏主体のヘビーな動物系ベースに、節っぽなチューニングで、あぶらまちゃまちゃ多げで塩分濃度かなり高げなスタイル。
後入れの精製した鶏油やなくて、あえて処理してへん感じの出汁由来っぽな鶏あぶらが、スープと分離しながらも上層下層ところ構わず化学反応しきれてへん感じなんは衝撃的やね~

麺は、中細ストレート、麺量150gくらい。
茹で加減しっかりで、「硬めコール」の恩恵を受けてへん仕上がり。
スープがループにプールする、スープール絡み3段活用準中級認定は余裕やろうね。

具は、チャーシューがメインに、メンマ,ネギ,海苔といった構成。
どの具材も、彩りあわせて相応に機能しとる印象やね。

メニュー
http://ameblo.jp/jose-r-b/image-11929770562-13077283624.html

【味】65【CP】-5【オイリー】-10【店内のカホり】-10【衛生】-3【連食査定】+3

外観
http://ameblo.jp/jose-r-b/image-11929770562-13077283623.html
内観
http://ameblo.jp/jose-r-b/image-11929770562-13077283622.html

総評。衝撃的なラーメンやね。

ふむ

投稿(更新) | コメント (31) | このお店へのレビュー: 1件

「鶏しおらーめん 690円」@らーめん専門 うしおととりの写真毎度~

らーめん芝浜で、http://ameblo.jp/jose-r-b/entry-11928774425.htmlを食べた後、元プリキュア、キュアハッピーの三毎月が「犬オナコさんに…会いたいでづ…」と言うので、オナコ出没スポットのこちらへお邪魔しましたぉ~
平日、到着時(11時15分)シャッターズお尻を出した子一等賞、開店時(11時25分)シャッターズ4人、退店時(11時40分)後客5人。
詳細
http://ameblo.jp/jose-r-b/entry-11929290643.html
全景
http://ameblo.jp/jose-r-b/image-11929290643-13076194246.html


スープは、熱々シャバな鶏清湯塩で、
鶏主体のライトな動物系ベースに、香味野菜+和出汁+貝系in塩ダレな感じの味わいで、あぶらやや多げで塩分濃度そこそこなスタイル。
和出汁≧野菜≧動物な感じのバランスで、魚介感と野菜の甘味が先行しつつ、あぶら含めた動物系も土台感に徹しつつ良さげに機能しとる印象やね~

麺は、中細ストレート、麺量140gくらい。
茹で加減硬めで、個人的には若干硬めくらいが好み。
スープがループにプールする、スープール絡み3段活用準中級認定は余裕やろうね。

具は、チャーシュー2種がメインに、メンマ,三つ葉,白髪ネギ,ネギ,海苔といった構成。
どの具材も、彩りあわせて高機能しとる印象やね。

麺リフト
http://ameblo.jp/jose-r-b/image-11929290643-13076194245.html
チャーシュー
http://ameblo.jp/jose-r-b/image-11929290643-13076195702.html

【味】80【CP】+3【ビジュアル】+1【チャーシュー】+1【メンマの味つけ】-1【連食査定】+1

外観
http://ameblo.jp/jose-r-b/image-11929290643-13076195705.html
内観
http://ameblo.jp/jose-r-b/image-11929290643-13076195704.html

総評。鶏と魚介がカホる塩ラーメンやね。
無化調とのことやけど、無化調ラーメンに有りがちの高塩分な仕様ではなく、出汁,あぶら,塩ダレの渾然一体感で訴えかけるメニューやね~
ちょい麺の仕上がりが嗜好から時外れかけのレディオやったけど、見た目が美しいものは間違いなく美味しいんよな~

投稿 | コメント (33) | このお店へのレビュー: 1件

「小麦三昧 未開の地グソマーより感謝を込めて 1296円」@らーめん芝浜の写真毎度~

元CCBの三毎月が「未開の地グンマーからの感謝を受けとめに行こうぜ!!」と言うんで、ライジング製麺社長所有のボイング069エコノミークラスに乗ってお邪魔しましたぉ~

平日、到着時(9時30分)シャッターズ1人、小麦三昧開店時(9時40分)シャッターズ7人、退店時(10時20分)外待ち11人。
詳細
http://ameblo.jp/jose-r-b/entry-11928774425.html
内観
http://ameblo.jp/jose-r-b/image-11928774425-13075007821.html


①低加水麺のまぜそば…80点
http://ameblo.jp/jose-r-b/image-11928774425-13074996793.html
ホタテとエビがカホるカエシと鶏あぶらを、天上天下唯我独尊天地真理撹拌を実施し、中細ストレート100gくらいの低加水麺と絡みあげ、具材の解しブタやら刻みタマネギやらネギやらも、タレやあぶらとの蝶番効果含めて高機能しとるウマシングやね~

②鰤節つけ汁のつけめん…75点
http://ameblo.jp/jose-r-b/image-11928774425-13074996794.html
カエシと味醂に鰤節をあわせたあぶら感のない和風のタレに、自家製全粒粉入り中細ストレート麺100gくらいをお蕎麦のように浸し麺の風味をも味わえる「ソバスタイル」なつけめんやけど、節の風味は感じ取れるがアホ舌故に鰤感はよう分らんかったがウマシングやね~

③らーめん(塩)…85点
http://ameblo.jp/jose-r-b/image-11928774425-13074996795.html
宗田節と和出汁が先行する鶏ベースのスープはやや塩分過多気味な印象やけど、自家製中細ストレート麺100gくらいを絡みあげ食べ進むうちにちょうどええ塩梅になり、具材の薄で豚バラタイプ,厚でな鶏むね低温調理タイプに白髪ネギ,ネギが視覚効果含めて高機能する神奈川淡麗系に似た味わいのウマシングやね~

セットチャーハン…280円(税別)
http://ameblo.jp/jose-r-b/image-11928774425-13075002418.html
那須高原豚コンフィ…250円(税別)
http://ameblo.jp/jose-r-b/image-11928774425-13075002417.html
お抹茶ティラミス…280円(税別)
http://ameblo.jp/jose-r-b/image-11928774425-13075002416.html

ちなみに、わちき的妥当価格は税込み1400円。
元祖なスタイルなんやから、それくらいの価格設定でもわちき的にはおげ。
なんかしらのデザート含めて、税込みで1500円が理想やけどw

【味】80【CP】+5【斬新なスタイル+満足度加点】+5【外税表記】-1【早開け】+1【祝新店】+1

笑顔が眩しいご主人
http://ameblo.jp/jose-r-b/image-11928774425-13075001673.html

総評。小麦三昧なまぜつけらーなコース料理やね。
まぜそば,つけめん,らーめんともに一品一品の完成度高いんやけど、一品一品で評価するよりも三品を食べての満足度が評価の基準になる感じの新しいスタイルやね。

店自体は陽の入りも良く、ご主人を中心としたスタッフぅの応対も丁寧なんで、遠方からでもリピーターが多いんやないかな~

わちきもリピートしたい一人でづわ~w

投稿(更新) | コメント (35) | このお店へのレビュー: 1件