なんとかデータベースラーメンカレーチャーハンぎょうざうどんそば
 

アカンな~同好会

女性 - 千葉県 (2002年生まれ)

バイラルメディア"Spotlight"プラチナライター RDB'09-'11,'13-'14玉者 '14アメブロラーメンブロガー玉者

平均点 73.571点
最終レビュー日 2018年3月11日
1,828 1,055 0 27,371
レビュー 店舗 スキ いいね

「アゴ煮干し 800円+うぃんたま」@いのうえの写真毎度~

地球の中華そばで、http://ameblo.jp/jose-r-b/entry-11943873734.htmlを食べた後、うぃんたまな予感がしたんでお邪魔しましたぉ~
予感的中で、開店以来69万人目の客とのことで、うぃんたまサービスを施されたw
休日、到着時(12時50分)外待ち3人、退店時(13時25分)外待ち4人。
詳細
http://ameblo.jp/jose-r-b/entry-11946105345.html
全景
http://ameblo.jp/jose-r-b/image-11946105345-13114263516.html


スープは、熱々ライトドロンジョなアゴ煮干醤油で、
鶏豚主体のライトな動物系ベースに、アゴ煮干主体のヘビーな煮干系なチューニングで、あぶら適量で塩分濃度かなり高げなスタイル。
アゴ煮干>>動物な感じのバランスで、エグみを纏った煮干の醸しだしがニボやんには心地ええよね~
塩分濃度はかなり高げで、脳血管69万本をぶった切る様は、宗男さめが作るニボやんを彷彿とさせるねw

麺は、菅野製麺製細麺ストレート、麺量150gくらい。
茹で加減若干硬めで、個人的に好みの仕上がり。
スープがループにプールする、スープール絡み3段活用中級認定は余裕やろうけどね。

具は、うぃんたまがメインに、メンマ,バラ海苔といった構成。
どの具材も、うぃんたまあわせて芸術的に機能しとる印象やね。

【味】85【CP】-【ショッパー減点】-3【かわいこ加点】+1【連食査定】+3【うぃんたま芸術性加点】+1

最近、おおぜきさんに目覚めたご主人
http://ameblo.jp/jose-r-b/image-11946105345-13114267093.html

総評。アゴ煮干が激しくカホる醤油ラーメンやね。
中華ソバ 伊吹さんに匹敵する味の濃さと塩分の強さが、アゴ煮干の旨みと相乗され鼻孔と脳血管に響き渡るメニューやね~
食べ手は選ぶんやろうけど、常習性もハンパないラーメンやと思いましたわ~
つうか、デフォのスープが安定してきたとのことで試飲させてもろうたけど、アゴ煮干しが強すぎて味がさっぱり分らんかったw

ちなみに、「うぃんたま」はピケットに現金690円を添え「うぃんたまで!!」と告げると、うぃんたまになるとかならんとか

知らんがなwww

投稿 | コメント (29) | このお店へのレビュー: 4件
このレビューは移転前のものです。

「小ラーメン(あぶら少なめ)650円+うぃんたま」@豚星。の写真毎度~

「2014アカンな~同好会年間表彰」の取材がてらお邪魔しましたぉ~
偶然にも、開店以来69万人目の客とのことで、うぃんたまサービスを施されるw

詳細
http://ameblo.jp/jose-r-b/entry-11945288509.html
標高
http://ameblo.jp/jose-r-b/image-11945288509-13112390105.html
全景
http://ameblo.jp/jose-r-b/image-11945288509-13112390107.html


スープは、熱々シャバな二郎インスパ系、非乳化タイプで
豚主体のヘビーな動物系ベースに、背脂&煮豚エキス&化調なチューニングで、液状あぶら多げで塩分濃度高げなスタイル。
カエシ>動物な感じのバランスで、キレのあるカエシ感と土台となる動物感とあぶらの甘味のコラボが心地ええね。

麺は、自家製中太平微ちぢれ系、麺量250gくらい。
150gでオーダーしたんやけど…んまぁ、いつものことw
茹で加減しっかりで、個人的に好みの仕上がり。
スープがループにプールする、スープール絡み3段活用中級認定も狙えそうやね。

具は、ブタとヤサイとうぃんたま。
どの具材も、彩りあわせて相応に機能しとる印象やね。

【味】80【CP】+5【ブタ】+1【うぃんたま加点】+1【杏奈不在減点】-1【マッスル不在減点】-1

壁ドンに続く乙女の憧れ顎クイ
http://ameblo.jp/jose-r-b/image-11945288509-12995515461.html

総評。非乳化な二郎インスパやね。
個人的に、直系,亜流含めて、非乳化タイプでは最強やと思うわ~

つうか、うぃんたまに全くといってええほど芸術性を求めず直球勝負してきたんはあっ晴れやねw

ちなみに、「うぃんたま」はチケットに現金690円を添え「うぃんたまで!!」と告げると、うぃんたまになるとかならんとかw

知らんがなwww

投稿(更新) | コメント (30) | このお店へのレビュー: 14件
このレビューは移転前のものです。

「台湾ラーメン 価格失念」@豚星。の写真毎度~

なんかを食べとる途中、「ラーメン助手日本代表候補」のIKDさんが、「辛味に弱いわちきでも全然辛くなかったぉ~」と言うんで食べてみましたぉ~

詳細
http://ameblo.jp/jose-r-b/entry-11944400378.html
全景
http://ameblo.jp/jose-r-b/image-11944400378-13110316143.html
標高
http://ameblo.jp/jose-r-b/image-11944400378-13110316141.html


スープは、熱々シャバな台湾リスペク系ラー油豚骨醤油で、
辛いから全く分らんのやけど、豚主体のヘビーな動物系ベースに、背脂+煮豚エキス+化調+ラー油なチューニングで、あぶら多げなスタイル。
ラー油>>>動物な感じの味わいで、ラー油の辛味に肉味噌の辛味も相乗され、辛味耐性皆無のわちきにはムリシング!!

麺は、自家製中太平微ちぢれ系、麺量250gくらい。
麺は、150gでオーダーしたはずなんやけど…んまぁ、いつものことw
茹で加減若干硬めで、個人的に好みの仕上がり。
スープがループにプールする、スープール絡み3段活用中級認定も狙えそうやね。

具は、肉味噌,ニラ,ニンニク,ネギとヤサイ。
どの具材も、彩りあわせて相応に機能しとる印象やね。

【味】69【辛い】-10【辛味に弱過ぎる加点】+10【杏奈不在減点】-1【マッスル不在減点】-1【連食査定】+3

眼鏡を失くした
http://ameblo.jp/jose-r-b/image-11944400378-13110318452.html

総評。カラシング!!
んでも、普通の人からすると全然辛くないらしいwww

投稿 | コメント (29) | このお店へのレビュー: 14件

「地球の塩そば 780円」@地球の中華そばの写真毎度~

杏奈の彼氏の店で取材を終えた後、ストマック雲丹シティはフルマン状態やってんけど、地球レベルの新店にお邪魔しましたぉ~

休日、到着時(11時17分)シャッターズ8人、開店時(11時33分)シャッターズ16人、退店時(12時17分)外待ち4人。
詳細
http://ameblo.jp/jose-r-b/entry-11943873734.html
麺リフト
http://ameblo.jp/jose-r-b/image-11943873734-13108985460.html


スープは、超熱々シャバな鶏清湯魚貝塩で、
鶏主体のライトな動物系ベースに、和出汁+貝系塩ダレinなチューニングで、あぶらやや多げで塩分濃度そこそこなスタイル。
魚貝≧動物≧和出汁な感じの味わいで、どの素材も突出せずバランスよく融合しとる印象やね。

麺は、自家製中細ストレート、麺量140gとのこと。
つうかこの麺、まちゃまちゃウマシング!!
熱々のスープでも、全くダレんがな~
茹で加減若干硬めで、個人的に好みの仕上がり。
スープがループにプールする、スープール絡み3段活用中級認定も狙えそうやね。

具は、2種のチャーシューがメインに、メンマ,カイワレ,ネギ,揚げネギ,あられといった構成。
どの具材も、彩りあわせて相応に機能しとる印象やね。

比較対象類似メニューは、http://ameblo.jp/jose-r-b/entry-11531133976.html

【味】80【CP】-1【麺】+3【開店遅れ】-1【連食査定】+1【祝新店】+1

内観
http://ameblo.jp/jose-r-b/image-11943873734-13108987255.html
製麺機
http://ameblo.jp/jose-r-b/image-11943873734-13108989441.html

総評。鶏と魚貝がカホる塩ラーメンやね。
個人的にかなり好みのタイプの麺が、高次元でバランス良くまとまった感じのスープに絡んでくるんよな~
この手のタイプって、スープへの想いが先行するんやけど、麺が先に来る感じは初体験物語かも~

具材とビジュアルが固まれば、ラオタの中のラオタ雲丹、老若男女はるな愛、どなたにでも好まれるメニューになるやろうね~

投稿 | コメント (29) | このお店へのレビュー: 1件

「特製ラーメン(塩)800円」@いのうえの写真毎度~

麺屋 一燈 ラゾーナ川崎店で、http://ameblo.jp/jose-r-b/entry-11897761582.htmlをピッコロった後、井上尚弥のWBC世界L・フライ級奪取祝いがてらお邪魔しましたぉ~

休日、到着時(10時48分)シャッターズ5人、開店時(10時52分)シャッターズ8人、退店時(11時22分)外待ち5人。
詳細
http://ameblo.jp/jose-r-b/entry-11898699152.html
全景
http://ameblo.jp/jose-r-b/image-11898699152-13012058978.html


スープは、ジュニアライトトロンジョな濃厚鶏煮干塩で、
豚鶏主体のミドルな動物系ベースに、鰯煮干主体のミドルな魚介系なチューニングで、あぶら適量で塩分濃度そこそこなスタイル。
煮干>豚>鶏な感じの味わいで、煮干が先行しつつ動物の土台感もええ感じで主張しとるね。

麺は、細麺ストレート、麺量150gくらい。
以前の麺とは違う感じやけど、訊くの忘れたw
茹で加減若干硬めで、個人的に好みの仕上がり。
スープがループにプールする、スープール絡み3段活用中級認定も狙えそうやね。

具は、チャーシューがメインに、味玉,メンマ,水菜,刻みタマネギ,ミョウガ,海苔といった構成。
どの具材も、彩りあわせて相応に機能しとる印象やね。

この日は、先着69人に酢イカが振舞われフィニッシュ!!
http://ameblo.jp/jose-r-b/image-11898699152-13012068516.html
すり鉢
http://ameblo.jp/jose-r-b/image-11898699152-13012065296.html
石黒彩さんのサイン
http://ameblo.jp/jose-r-b/image-11898699152-13012066676.html

【味】80【CP】+3【具材の充実度】+1【塩分濃度】-3【すり鉢オブジェ減点】-1【suica加点】+1【早開け加点】+1【連食査定】+1

エドはるみの物真似を披露するご主人
http://ameblo.jp/jose-r-b/image-11898699152-13012068517.html

総評。煮干がカホる濃厚な塩ラーメンやね。
煮干感が先行する味わいやけど動物感も申し分ないね~
欲をいえば、やや塩分不足で味の輪郭がボヤけ気味な感も無きにしもアラブ首長国連邦やったかな~
あくまでも、高い次元での話やけどね~w

冷し中華、タベタイング!!

投稿(更新) | コメント (34) | このお店へのレビュー: 4件

「サクマ式 牡蠣の塩油そば(限定)680円」@麺屋 一燈 ラゾーナ川崎店の写真毎度~

ピッコロ善の「瞳を閉じて」が見たくなったんで、赤ペンコンビと一緒にお邪魔しましたぉ~
休日、到着時(9時55分)シャッターズ5人、開店時(10時00分)シャッターズ8人、退店時(10時25分)後客20人超。
詳細
http://ameblo.jp/jose-r-b/entry-11897761582.html
全景
http://ameblo.jp/jose-r-b/image-11897761582-13010188977.html
麺リフト
http://ameblo.jp/jose-r-b/image-11897761582-13010188980.html


タレは、ネチョりドロンジョな牡蠣煮干あぶら+牡蠣煮干塩ダレで、
塩分>>>貝系な味わいで、牡蠣感はそれほど強くなく、イメージ的にはええ意味で「塩焼きそば」に近い感じかな~

麺は、自家製中太ストレート、麺量200gくらい。
茹で加減しっかりで、個人的に十分に許容範囲内な仕上がり。
スープがループにプールする、スープール絡み3段活用上級認定も狙えそうやね。

具は、2種のチャーシューがメインに、メンマ,カイワレ,ネギ,レモンといった構成。
どの具材も、彩りあわせて相応に機能しとる印象やね。

「牡蠣の炊き込みご飯…200円(139点)」は牡蠣の存在感が強く出色の出来映えやったね。
http://ameblo.jp/jose-r-b/image-11897761582-13010202252.html

【味】75【CP】+2【サイドメニュー加点】+1【かわいこ加点】+1【瞳を閉じて加点】+1

瞳を閉じすぎたピッコロ善
http://ameblo.jp/jose-r-b/image-11897761582-13010202254.html

総評。牡蠣がカホる塩あぶらそばやね。
牡蠣の素材感はそれほど強くないけど、塩ダレとあぶらの相性が抜群にええメニューやと思いますわ~
これと、「牡蠣の炊き込みご飯…200円」を一緒に食べることで、牡蠣の風味を存分に味わいつつフィニッシュ出来るよ~

投稿 | コメント (32) | このお店へのレビュー: 4件

「つけめん 850円」@自家製麺 麺屋 利八の写真毎度~

BumBunBlauCafe with BeeHiveで、http://ameblo.jp/jose-r-b/entry-11887826389.htmlを食べた後、以前くもたんが舌鼓を打った葉月里緒奈似のこちらへお邪魔しましたぉ~
休日、到着時(12時15分)外待ち2人、退店時(12時48分)店内ほぼ満席。
詳細
http://ameblo.jp/jose-r-b/entry-11888476104.html
全景
http://ameblo.jp/jose-r-b/image-11888476104-12992520775.html

http://ameblo.jp/jose-r-b/image-11888476104-12992520778.html


つけ汁は、ジュニアライトドロンジョな濃厚豚骨魚介で、
鶏豚主体のミドルな動物系ベースに、鯖節&鰯煮干主体のライトな魚介系なチューニングで、魚系っぽなあぶら多げなスタイル。
鶏>豚≧魚介な感じの味わいで、味つけ含めて絶妙なバランス型やけど、粘度系のモミジや野菜はそれほど多用してへん印象やね。隠しで牛骨とか使っとるかもな感じ?
塩分濃度はやや高げで、甘辛酸は甘>酸な自然な感じのバランス。

麺は、自家製太麺ストレート、麺量300gとのこと。
茹で加減若干硬めながら、個人的に許容範囲内な仕上がり。
〆は完璧ながら、水切りは狙って雑な感じ。
スープがループにプールする、スープール絡み3段活用準中級認定は余裕やろうけど。

具は、麺上にチャーシュー,メンマ,水菜。
つけ汁内に、ネギ,刻みレモン皮といった構成。
どの具材も、彩りあわせて高機能しとる印象やね。

あっ!という間に完食!
動物系のスープ割りを加えフィニッシュ!!

麺リフト
http://ameblo.jp/jose-r-b/image-11888476104-12992520777.html

【味】85【CP】-2【OP】-1【具材のレベル】+3【麺量等価格設定】-1【連食査定】+1【祝新店】+1

看板
http://ameblo.jp/jose-r-b/image-11888476104-12992521659.html
内観
http://ameblo.jp/jose-r-b/image-11888476104-12992521658.html

総評。濃厚豚魚なつけ麺やね。
またおま系なんやけど、ハイバランスのまたおまなんで、新店らしからぬ完成度やと思いますわ~
ちょいつけ汁の粘度が弱い感を受けてんけど、つけ麺のトレンドがヘビー・ミドルドロンジョからライトドロンジョにシフトしとる感も無きにしもアラブ首長国連邦なんで、あえて麺の良さを活かすためにそうしとるんかも知れんね~
今回、デフォでオーダーしてんけど、一緒に行った2ちょんねらーの赤髪さんがオーダーした“特製”をお勧めしますわ~
お得感もそうなんやけど、具材の旨さがハンパなかったからね~

投稿(更新) | コメント (23) | このお店へのレビュー: 1件

「支那そば(しお味)700円」@流星軒の写真毎度~

ラーメン二郎 中山駅前店で、http://ameblo.jp/jose-r-b/entry-11884620870.htmlを食べた後、名馬マチカネピケノカミが「よーるを肥えーてゆーくーのさぁー♪りゅうせいのーさーとーしでー♪」と、くぼ田利伸の「流星のサドル」を口ずさんだんでお邪魔しましたぉ~

休日、到着時(13時35分)先客3人、退店時(13時48分)後客0。
詳細
http://ameblo.jp/jose-r-b/entry-11885255430.html
全景
http://ameblo.jp/jose-r-b/image-11885255430-12986299386.html


スープは、超熱々シャバな鶏清湯魚介塩で、
鶏主体のライトな動物系ベースに、宗田節主体のミドルな魚介系+塩ダレ貝系なチューニングで、あぶら多げで塩分濃度そこそこなスタイル。
節>動物な感じの味わいで、神奈川淡麗に違わぬ高貴なバランスやね。

麺は、三河屋製麺製細麺ストレート、麺量140gくらい。
茹で加減若干硬めで、個人的に好みの仕上がり。
スープがループにプールする、スープール絡み3段活用準中級認定は余裕やろうね。

具は、チャーシューがメインに、メンマ,九条ネギ,ネギ,海苔といった構成。
どの具材も、彩りあわせて相応に機能しとる印象やね。

麺リフト
http://ameblo.jp/jose-r-b/image-11885255430-12986299388.html

【味】75【CP】+1【ビジュアル】+1【連食査定】+1

外観
http://ameblo.jp/jose-r-b/image-11885255430-12986300440.html
内観
http://ameblo.jp/jose-r-b/image-11885255430-12986300443.html

総評。節がカホる塩ラーメンやね。
出汁感しっかりの味わいで、ラオタの中のラオタ雲丹はもとより、老若男女はるな愛、どなたにでも美味しくいただけるメニューやと思いますわ~

投稿 | コメント (20) | このお店へのレビュー: 1件

「小ラーメン豚入(麺少なめ)ニンニクあぶら 790円」@ラーメン二郎 中山駅前店の写真毎度~

旦那の辻仁成がおねえになってしまった中山美穂の無念を晴らしがてらお邪魔しましたぉ~
休日、到着時(11時56分)中外15人、退店時(12時29分)中外10人待ち。
詳細
http://ameblo.jp/jose-r-b/entry-11884620870.html
標高
http://ameblo.jp/jose-r-b/image-11884620870-12985160119.html
全景
http://ameblo.jp/jose-r-b/image-11884620870-12985160117.html


スープは、熱々シャバな直系二郎、非乳化タイプで、
豚主体のライトな動物系ベースに、背脂&煮豚エキス&化調なチューニングで、背脂少なげ液状あぶら多げで塩分濃度高げなスタイル。
カエシ>動物な感じの味わいで、カエシが先行するタイプながら動物感もほどほどに主張するバランスやね。

麺は、自家製中太平ストレート、麺量「少なめ」で200gくらい。
茹で加減しっかりで、ちょいデロくん気味な仕上がり。
スープがループにプールする、スープール絡み3段活用準中級認定は余裕やろうね。

具は、ブタとヤサイ。
ブタは、味つけライトな小ぶり厚でなタイプが6枚でなかなかのウマ~
ヤサイは、「デフォ」でBカップ杏奈級。
キャベ率38.9%のハイコスト仕様で、茹で具合はシャキシニョ混在系。
ニンニクは刻みで、効きはミドルな感じ。

麺リフト
http://ameblo.jp/jose-r-b/image-11884620870-12985160120.html
ブタ
http://ameblo.jp/jose-r-b/image-11884620870-12985161137.html

【味】75【CP】+2【ブタ】+1【キャベ率】+1【塩分濃度&あぶらっぽ】-3

内観
http://ameblo.jp/jose-r-b/image-11884620870-12985160973.html

総評。非乳化の直系二郎やね。
カエシが先行するお馴染みのタイプやけど、非乳化系の中では一二を争う好みのタイプかも~

投稿 | コメント (21) | このお店へのレビュー: 1件

「強烈煮干しらーめん(ハードテイストVer.)700円」@いのうえの写真毎度~

ラーメン星印で、http://ameblo.jp/jose-r-b/entry-11868773725.htmlを食べた後、先週食べたニボやんがウマシングやったんで再度、お邪魔しましたぉ~
休日、到着時(11時45分)外待ち12人、退店時(12時45分)外待ち4人。
詳細
http://ameblo.jp/jose-r-b/entry-11868942102.html
全景
http://ameblo.jp/jose-r-b/image-11868942102-12961214731.html
麺リフト
http://ameblo.jp/jose-r-b/image-11868942102-12961214733.html


スープは、ジュニアライトトロンジョな濃厚鶏煮干醤油で、
鶏豚主体のミドルな動物系ベースに、鰯煮干主体のミドルな煮干系なチューニングで、あぶら適量で塩分濃度高げなスタイル。
煮干≧動物な感じの味わいで、エグみを纏った煮干系が先行しつつも、動物感も相応に主張するバランスやね~

麺は、中太細微ちぢれ系、麺量150gくらい。
茹で加減若干硬めで、個人的に好みの仕上がり。
スープがループにプールする、スープール絡み3段活用準中級認定は余裕やろうけどね~

具は、チャーシュー3種がメインに、メンマ,水菜,オニスラ,茗荷といった構成。
どの具材も、彩りあわせて高機能しとる印象やね。

【味】75【CP】+4【麺】-1【連食査定】+3

カリー・アントワネット
http://ameblo.jp/jose-r-b/image-11868942102-12952824003.html

総評。煮干がカホる濃厚鶏醤油ラーメンやね。
前回食べたメニューが、個人的にかなり好印象の鶏ニボやってんけど、今回は動物系濃度もあがっとる感じなところへ煮干の大量投入らしきチューニングで、煮干の旨みが動物系の陰に隠れて特有のエグみが前面に出てもうた印象かな~
エグみ含めた部分も、ニボやん的には旨いっちゃ旨いんやけどね。

んでも、コスパ含めた仕上がりの良さは素晴しいと思うんで、千葉からはかなり遠いんやけどまたお邪魔したいと思いましわ~

投稿 | コメント (19) | このお店へのレビュー: 4件