なんとかデータベースラーメンカレーチャーハンぎょうざうどんそば
 

一兵

男性 - 東京都 (1979年生まれ)

辛いもの好きの薄口好き。アンビバレンツです。
タイ料理も四川料理も大好きです。

平均点 74.200点
最終レビュー日 2015年6月7日
40 38 0 6
レビュー 店舗 スキ いいね

「ラーメン」@無鉄砲 東京中野店の写真美味いが限界が・・・

この一言です。
福岡で久留米ラーメンや魁龍を等を食べていた私としては
普通盛りは軽く食べれちゃいました。

どうやら麺が福岡系の細麺があるようなので、替え玉お願いしたのですが、
残念ながら途中で限界がきました。人が1日に摂取できる豚骨量をオーバーしてしまい、
頭痛がしてきたのでゴメンなさいさせていただきました。

2種類の麺を食べ比べてみたところ、細麺の方がこういう系としては好きだったので、最初から細麺で頼む事を個人的にはお勧めしますが、スープに粘度があるので細麺だと、もしかしたら豚骨をひっぱりすぎる可能性もあります。

まぁ体調、量は気をつけるべきですが、美味いです。
こんどはあっさり細麺を食べてみたいかも。

投稿(更新) | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件

「ラーメン チャーハン定食」@ラーメン魁力屋 五反田店の写真ふと京都のラーメンが食べたくなって、「そうだ京都に行こう!」とGW中に行ってきました。五反田店に。

魁力屋さんは醤油、背脂、ネギ、ストレート麺といった特徴でまぁ欲しい物は手に入った感覚にはなりました。が、京都で一乗寺あたりで食べたことがある身としては、もうちょっとコクが欲しいところ。

思いの外、チャーハンが美味しかったのが嬉しかったです。

投稿(更新) | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件
62

「ラーメン」@麺処 うち田の写真僕にとっては味がハッキリしないラーメンでした。
二郎系というのでしょうか?
そういうゴッツさを目指しているのかもしれませんが
ライバル店が多いこの地域の中ではあまりそんなパワーも感じず、
さて・・・というような気持ちになりました。

今後の味と方向性の収斂に期待です。

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件

「ラーメン 680円」@麺達 うま家 水道橋店の写真なかなか長続きしない回転の速いエリアの神保町〜水道橋にまた新たなラーメン屋ができました。
家系がこちらのお店ともう一軒(多分、あの増殖中のチェーン店)同じ通りに出来たようです。
とりあえず、こちらのお店に入ってみたのですが・・・
うーん。普通。その一言でした。

不味くはないのですが、特徴がないというのが、正直な所でしょう。
近隣には特徴的なお店が多いだけに、もっと豚骨にパンチを持たせるor具材に特徴といった
差別化の工夫がないと、大きなお世話ですがこのエリアでは生き残りが難しいのでは無いでしょうか?

多様性のあるラーメン文化をこの界隈に花開けば嬉しい限りです。

投稿(更新) | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件

と言うわけで、何度目かの蟻塚。色々なメニューを転々としてみた結果、塩ラーメンか味噌つけ麺という結論に至りました。芳醇行くなら塩ラーメン。つけ麺行くなら野菜が麺に乗った味噌。そして、唐揚げは文句なしに美味い!ランチセットの唐揚げ、ライス、各種ラーメンで830円はお得という結論。まぁ賛否両論あるかもしれませんが、個人的には嫌いになれないお店です

投稿(更新) | コメント (0) | このお店へのレビュー: 2件

「塩つけ麺 濃厚 固め」@らーめん蟻塚の写真濃厚塩のラーメンとつけ麺を食べてきました。
先に食べたラーメンの方は白濁したスープでコクがありました。バランスも良く飲み干しましたがもうちょっと強さが欲しい気も。と言うわけで改めて、つけ麺を食べてみましたが太い麺がとても香り豊かで旨かったです。

このお店の問題は、メニューがあり過ぎて何を食べて欲しいのかが、券売機から全くわからない事。お客さんも悩んでしまう状態に加えて、店員さんが中から出て、待って頂けるのがお客に取っては選びきれない状況であせらせてしまい逆効果。券売機以外に路上に写真付きの小さいカフェ看板でも置くか、券売機をシンプルにするかした方が、より多くの方に美味しいラーメンがお届けできるのではないかと思いました。

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 2件
70

「せいろ」@銀座 いし井の写真特段、何かを書いて誰かに伝えたいって思いが湧かない普通っぷり。つじ田そっくりの店内に味付けにサービスにと何がしたいのかがよくわからないです。個人的には麺があんま好きじゃなかったです。でも、普段からあまりこだわったラーメンとかを食べてない方にとっての一軒目って意味合いであれば凄く満足いくのではないでしょうか?

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件

帰省からの帰りに中本補充するかと、品川に寄った所、
箱根駅伝の応援客でごった返す中、行列に並び始める。

いつも通りの冷やし味噌をカタメで頼んだところ、コールから3分もたたずに、ご提供。
いやな予感がしたのですが、恐る恐る麺だけ食すと、完全に伸びた麺。。。
店員さんにお伝えしたら、作り直すとの事で再提供していただいたのですが
さっきの麺を氷水でしただけじゃね?と勘ぐりたくなるようなやわさ。
もちろん中本さんがそんな事をする訳は無いでしょうが新春早々残念なスタートでした。

投稿(更新) | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件

まぁ見た感じ、つじ田のような雰囲気でブランディングをしたいんだなぁと分かる空間。
つけめんは200g 300g 400gから選べるそうです。
カボスが乗っててますますつじ田感が満載。
麺は最近のつけ麺にしてはちょっと細め。麺だけ食すとツルツルシコシコで美味しいです。
で、浸けて食べてみると・・・うーんつじ田の簡易版?
ってな感じで、感動がないかなぁって思ってたのですが、
カボスをぶっかけてみると、評価が一転。
鶏本来の香ばしさ・甘さが一気に浮かび上がり、コレは美味い!

意外にも高評価です。

投稿(更新) | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件
97

東京最高峰のつけ麺。
RDBでも不動の一位を爆走中ですが、新小岩が生活圏に全く被っていない+行列が嫌いのため
なかなか足が向きませんでした。が、結論としては、「訪問する価値有り、並ぶ価値有り」です。
個人的にはアテネオリンピックの時に食べたとみ田の感動を味わえました。(4年に一杯の味)

都心の繁華街で商売してるお店やラーメンストリートでつけ麺を頂く機会が多いのですが
次元が一つ違います。
味の工夫と言う面だけでなく、美味いものを提供するという意思において完全に別の次元です。
夏場に気の緩みがちな冷水での麺の〆も真冬の冷水で〆た様な完璧なコシと固さ加減。
麺とは対照的に、器も具もつけ汁も持てない程の熱々にしてトレイにて提供。
コストも手間もかかってますが、「美味しい一杯を安定して大量のお客様に提供する」という事に
忠実なんだと思います。東京駅の声だけ大きい某有名店の雑な仕事っぷりとは全く違います。

味はかなりしっかりとした味ですが、ツミレの清涼感としっかり冷水で〆た麺のおかげで
その実、アッサリと食べさせてくれます。
味も工夫も美味いラーメンを提供しようという姿勢で作られておらず、
感動できる食事を提供しようというお店だと感じました。

都心部の商売っけたっぷりな店に疲れた方にお薦めです。
「あぁ、ラーメンってこんなに気持ちいいモノだったなぁ」

投稿 | コメント (1) | このお店へのレビュー: 1件