なんとかデータベースラーメンカレーチャーハンぎょうざうどんそば
 

麺のすゝめ

東京都

正直なところ、お店の評価は苦手です。やや甘口のコメントかも。

平均点 82.886点
最終レビュー日 2019年8月22日
351 143 3 362
レビュー 店舗 スキ いいね

「支那そばチャーハンセット+瓶ビール」@ラーメンショップ(マルキ) 拝島店の写真※点数は、「支那そば」だけのものです。

今回訪問:2019/8/20

21:45入店 先客0後客2
実は昨夜の今よりちょっと早い時間(21:00頃)に行ったのですが、なんと店は満席フィーバー中で諦めることに。恐らく皆さん企みは同じようで、一杯やってこのゲリラ豪雨をやり過ごそうとしているのでしょう。
だから今宵はリベンジ訪問。いつもの状態に戻っててよかったよ。

「チャーハンセット」1100
「瓶ビール」550

食券購入前にセットの「ラーメン」を「支那そば」に変更出来るかマダムに聞いたところ、快くOKいただきましたのでじゃぁそれでと!


◆本日のビールのあて

ネギとキュウリとチャーシューのナムルかな?豆板醤チョイ足しで昇華させます↑↑↑


◆支那そば

ラーショでの清湯系(濁ってるけど)は初体験。ココでは見たことにない、如何にもなラーメンどんぶりとレンゲで登場しました。

トッピングは、チャーシュー・メンマ・ネギ・ナルト・ワカメ・ゆで卵。
スープは、出汁感がちょっと薄いような気もしますが、鶏ガラベースでどことなくノスタルジックな味がします。
麺は、いつもの豚骨と同じややちぢれ。これはこれでスープにマッチしてるんじゃないのかな。

ラーショらしくはないけど、想像以上に美味しかった!


◆チャーハン

小さな片手中華鍋で、煽るわけでもなくチリチリとチャーハンを炒めていました。正直この作り方を見れば、プロでなくても大体の味の見当は付きますよ。

やはり・・・
過去様々な店で食べたチャーハンの中で、最も『ソフト&ウェット』なものでした。飯の水分と卵でべっちゃりして、もしや失敗作なのでは?と思わせる食感。

一応、チャーシュー・ネギ・ナルト・卵が具材。化調と胡椒でハッキリした味付け。
リピートは絶対ない。


ある意味、ビックリするチャーハンセットでした。


★詳細は、blog「麺のすゝめ」にてご確認下さい!
http://www.mennosusume.net/archives/38322177.html

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 8件

「肉の日限定/無水鶏汁冷和え麺×鶏汁白湯つけ麺+〆のサルサご飯」@五ノ神精肉店の写真今回訪問:2019/7/29

後半戦に合わせ、16:45着 誰も並んでいません。久しぶりのPPです。
ちなみに後客は6人、夕方になっても気温が下がらないから皆さん外出るのが嫌なんでしょうな・・・

◎肉の日限定メニュー
「無水鶏汁冷和え麺×鶏汁白湯つけ麺」 1000
「味玉入り」100
「大盛り」100
「〆のサルサご飯」150

今月はつけ麺なので、久々大盛りにOKが出ました。


◆限定/無水鶏汁冷和え麺×鶏汁白湯つけ麺+大盛り+味玉

和え麺スタイルの麺丼には、無加水で仕込んだジュレ状の鶏汁をタレとしてたっぷりかけてあります。旨味濃厚って感じではないけれど、優しい塩気でねっとりした涼しげで不思議な感覚です。
さらにトッピングで茹でた鶏モモが1枚ドンっと。あえて味を入れていないようで、鶏の味がよくわかります。

冷たい和え麺だから、チュルチュルと最後までイケちゃいそうですけど、ただコイツの正体はつけ麺なので一気食いも味変的なこともガマンガマン。

つけ汁は、ややライト気味の鶏白湯仕立て。こちらも鶏の旨味を引き立てるため、塩気を抑えた感じになっていました。

和え麺スタイルはそこそこにして鶏ジュレを纏った麺を汁に潜らせると、鶏油のぽってりさが加わり旨味が倍化。さっきまでの塩味の物足りなさは、重ねた旨味で一切感じなくなりました。美味い!

つけ汁の中には、大振りの骨付き鶏が2つ・三角メンマ・ネギ・唐辛子がトッピング。
ギュって締まった肉感が、かぶりつく度に本気で美味い!


◆〆のサルサご飯

トマト・タマネギ・キュウリの小さな角切りと粉チーズがたっぷり入ったサラダ的なヘルシーどんぶりです。
メルマガに残ったジュレをかけて食べるようご指南がありましたが、大盛りにしたせいでかチョットしか残っていない。
この量だと、最初の一口が勝負でしょうか。
「お好みで」と出されたTABASCOを少しかけいただくと、鶏ジュレの旨味はTABASCOとチーズの味でぶっ飛びました・・・
シャキシャキで食味よく、イメージ通りさっぱり出来る〆の一杯です。


鶏の余韻に浸ることは出来ませんでしたが、堪能させて頂きました。


★詳細は、blog「麺のすゝめ」にてご確認下さい!
http://www.mennosusume.net/archives/38058083.html

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 21件

「赤いとき卵SPラーメン+中盛り+ネギめし」@ラーメン 大山家 昭島店の写真今回訪問:2019/7/22

21:43入店 先客3(後客3)
おっとビックリ!今夜は久々の店長オペレーションでした (`・ω・´)bドモドモ

店前の告知にもありましたが、この夏はレギュラーの「赤いとき卵ラーメン」と「とき卵つけ麺」の2品推しで行くそうです。特に季節限定はやらないとのことで、ってことは、 つまり「冷し鶏そば」は・・・  と言うことです。残念!

「赤いとき卵SPラーメン」1100
「中盛り」100
「ネギめし」200

調整は油多め・ライス大盛り。そして辛さ調整が出来るようになったので、「一番辛く」と答えてしまって、正直なところ何段階あるのか不明のままです・・・


◆赤いとき卵SPラーメン+中盛り

トッピングは、SPなのでチャーシュー・キャベツ・ネギ・味玉・ホウレン草・海苔・とき卵・唐辛子・海老辛醤的なナニカ。唐辛子以外は、通常のSPトッピングと何も変わりません。
キャベツ等の緑の野菜が、逆に唐辛子の赤を際立たせている感じでしょうか・・・
SPトッピングは200円増しだけど、かなりお得なので是非とも増すべきです。

大山家自慢の濃厚な豚骨スープはそのままに、焼海老っぽい香りがする辛味がたっぷり乗せられてこの旨みある刺激がめっちゃ美味いスープです!辛さ調整が一番上と言っても然程のもので、油多めにしたからかもしれませんが辛味よりも旨味の方が強いような感じがします。

麺は久しぶりだったから普通にしましたが、相変わらずモッチモチで美味しい。なんとなく中盛りにしちゃいましたが、大盛りも出来たのだろうか?
チャーシューの下に隠れていたとき卵を絡めながら啜ると、コクが足されまた違った感じが楽しめます。

大山家の濃厚豚骨には、ニンニクよりも生姜の方が絶対似合うと自分は思っている。
ただ、この赤ラーメンに関してはニンニクがイイ!辛さの中に強烈なジャンク感が足されると、急にスタミナラーメン的な雰囲気になって最高だ!

醤油・塩共に美味しいけど、赤はまた違ったベクトルで楽しむことが出来ます。


◆ネギめし

2種類のネギにタレがかかっただけのものなんだけど、なんでこんなに美味いんだろ!
海苔で巻いて良し!肉で巻いても良し!もちろんそのままで良し!ニンニクも合う!豆板醤もイイ!

飯がすこぶる美味いことは以前にも紹介しましたが、これは味のバランスがちょうど良く、サイドメニューとして最終形態になっているんじゃなかろうか。これ以上のイメージが沸いてきません。


★詳細は、blog「麺のすゝめ」にてご確認下さい!
http://www.mennosusume.net/archives/38050476.html

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 22件

「限定/スタミナ冷やし中華+ローストビーフ丼+生大」@火の豚 立川ラーメンスクエア店の写真今回訪問:2019/7/19

立川ラーメンスクエアにて夏の限定第2弾が昨日7/16より開始されました。テーマはスタミナ!暑い日に有難い冷製ラーメンや、夏バテ予防的なラーメンなど、どれも一工夫あって美味しそうだ。

17:45入店 先客3(後客3)人気店でもアイドルタイムはさすがに空いています。

「限定/スタミナ冷やし中華」880
「ローストビーフ丼」350
「生ビール大ジョッキ」550

調整は、野菜・ニンニク・辛あげ玉の全増しと、同額で麺量を小100/中200/大300㌘と選べるので大300㌘を。


◆限定/スタミナ冷やし中華+大盛り

トッピングに麻婆や脂がない代わり、辛あげ玉・キムチ・刻み海苔がトッピングされています。
モヤシを見るとゴマドレッシングみたいなものがかかっているのがわかります。恐らくこれが今回のベースの味噌マヨダレと思われます。
増したはずの辛あげ玉は想像以上にチョロっとな感じ。ただ直喰いするとけっこう辛い。


とりあえずモヤシを半分くらいやっつけようとしたら・・・

モヤシ、温かいじゃないか公式ツイートには『冷した二郎系野菜』って書いてあるのに、たった2日での仕様変更したのか、単なるオペミスなのか? 

味噌マヨダレが温野菜のドレッシングみたいになって普通にザクザク食べれますけど、冷たければサラダやナムルみたいな感じだったんだろうなと思うと残念です。

え? もしかして麺も温かいってことは・・・

ひゃっ、麺は大丈夫でした。つけ麺の時みたいに水締めされているから、ガシガシした食感でこいつは凄くイイ。ここの麺は冷し系の方が自分好みのようです。麺には予めマヨダレが絡められて、サラスパを思わせる感じで違和感なくズズっと口に入っていきます。


でもこれってやっぱ混ぜますよね・・・
ああ、ヌルイ冷やし中華になっちゃいました。もはや冷やし中華と言うよりは、ヌルイまぜそばって感じです。
常温ちょいプラスってな温度で、とても『冷やし』を冠しちゃいけないレベルの代物です。

ただ・・・旨いけど!
よくよく考えてみれば、味噌+マヨネーズ+キムチ+ニンニクと禁断の食材ばかりだだしね。


◆ローストビーフ丼

今回は注文時に味を聞かれなかったので、タレは1択になってしまったようです。
エッジ付近までかなりピンク色ですが、プロが火入れしているんですから信じましょうってことで。

ホワホワっとした柔らかい食感で、前回食べたものより格段に歯切れの良い肉になっていました。醤油系の味だから恐らく以前食べたニンニクバター醤油だと思うんだけど、冷やし中華の神ダレで味がイマイチわからない。

それならば、残ったタレをかけちゃうと・・・グフフ


思うことはあったけど終わってみればいつも通り旨かったんで、まーいっかちゅうことにしときます。


★詳細は、blog「麺のすゝめ」にてご確認下さい!
http://www.mennosusume.net/archives/37990313.html

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 5件

「つけ麺+麺増し+麺増し+アブライス」@らーめん男盛の写真今回訪問:2019/7/11

11:25入店 先客6(後客2)昼時のピーク前になんとか間に合ったようです
前回のときとメニューに若干の変更があります。そこには魅惑の飯もののボタンも・・・

「つけ麺」900
「麺増し」100 ×2
「アブライス」150

券売機には大盛りのボタンが無いので、食券を渡す際に現金200円添えて麺増しの申請をします。ちなみに、100円/100㌘で上限は聞かなかったので不明です。
それと、つけ麺は太麺と平打ち麺から選択出来るとのことで太麺を、無料トッピングは脂増しを。


◆つけ麺500㌘(並300+追加200㌘)

トッピングは、茹で野菜・味玉・チャーシュー・てりってりの背脂がつけ汁側に、海苔だけが麺側に。
普通で十分そうですけど、これを野菜増しにしたらどのぐらい盛られちゃうのか気になるところです・・・

モヤシは想像以上にクタクタの茹で上がりで、ザクザク感は些かもありません。でもこれには重要な役割があるので、先に全部食べないよう注意です。

スープは基本的にラーメンと同じでしょうか。やや酸味があるようにも思えるけど、油層が厚く塩味酸味ともにまろくなって、つけ汁としては弱く感じてしまう。
当然ニンニクと辛味をたっぷり入れて、あとタレもちょっぴり足して頂きます。

選択した太麺はラーメンの時と同じ麺でした。水締めしているから、ギュッとブルンっとした弾力があり、風味良くより一層美味しく感じられます。
ただ、スープと麺の絡みは良くないので、背脂とスープをたっぷり纏わせたモヤシを媒介させると、絡みの悪さは解消されいろいろナイスな塩梅に!

スープ割りもあったのかもしれませんが、そのままゴクリといっちゃいました。背脂とニンニクで満たされる至福のひと飲みです。
麺を純粋に楽しむなら、つけ麺がイイですね。


◆アブライス

塩っぱいほぐしチャーシューと背脂をライスにドバッとかけちゃって、オタク性の高い危険な食べ物だけど背脂崇拝者にはたまらない逸品です。
味の方向性は醤油ラーメンと同じだから、味噌や激辛なんかと合わせた方が違いを感じてイイかも。

@150のCPはかなり高い!


★詳細は、blog「麺のすゝめ」にてご確認下さい!
http://www.mennosusume.net/archives/37934599.html

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 2件

「限定/海鮮3種と野菜の具だくさん太平燕+他」@バーミヤン 玉川上水店の写真今回訪問:2019/7/8

19:40頃入店 先客チョロ(後客不明?)
隣のガストもそうですけど、平日のディナータイムにこんな客入りで大丈夫なんでしょうか

メニューを見ると『中華甲子園』と言ったフェアを実施中。わざわざ遠くに行かずとも、ご当地グルメが食べれちゃうイベントって大好きです。

「限定/海鮮3種と野菜の具だくさん太平燕」799(以下税抜き)
「焼餃子」239
「ザンギの甘辛ダレ(小)」299
「キリン一番搾り生ビール」450

餃子に唐揚げとなると、誰だって飲んじゃいます・・・


◆生ビール+焼餃子+ザンギの甘辛ダレ(小)

生ビールの一杯目が450円、二杯目以降は399円、14:00~18:00のハッピーアワーなら200円となんとも良心的な価格設定です。

@50円を下回る中華屋はたくさんあれど、CPを踏まえた満足度からして@44.5円のバーミ以外に勝る店が思いつかない。

また、もう一方のザンギは小振りなものが3~4個。カリッと熱々の揚げ物に、スイートチリソース的なタレが絡み美味しい。

この2皿だけで無限ビールに突入出来そう。ヘタな居酒屋に行くより、よっぽど楽しめます。


◆限定/海鮮3種と野菜の具だくさん太平燕

海鮮3種とは、海老・帆立・イカのことようだ。それが1個ずつと、モヤシ・白菜?・ニンジン・キクラゲ・味玉?がトッピング。

スープは、海鮮食材が入っているけどエキスは然程なもんだったから、タンメンとチャンポンの中間的な味ってところでしょうか。

麺が春雨、しかもギッチリたっぷり入ってます。啜り心地がドゥルドゥルのブニュブニュ、なんじゃこりゃが最初の印象ですが、でもすぐ慣れたから大丈夫!

啜ったとき多量のスープを持ち上げてくるので物足りなさは感じないけど、春雨自体に風味が無いのでスープを食べてるって感じかな。

これはこれでご当地麺として面白いけど、やっぱラーメンとは別物です。
最近ローカロリー食ってのも流行っているらしいから、そうゆう人達にはイイかもしれませんね。


★詳細は、blog「麺のすゝめ」にてご確認下さい!
http://www.mennosusume.net/archives/37902899.html

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件

「九条ネギラーメン+焼きめし定食+麺飯大盛り」@ラーメン魁力屋 武蔵村山店の写真今回訪問:2019/7/6

17:40入店 先客0(後客3)
駐車場には入りやすいんだけど、やっぱ立地が微妙なのかも。なぜかいつも通り過ぎちゃって、なかなか再訪する機会が得られません。

久しぶりに来てみるとメニューの冊子が変わっていましたが、定食系がちゃんと残っているようなのでひとまずは安心です。

「九条ネギラーメン」830
「麺大盛り」100
「焼きめし定食」230
「焼めし大盛り」100

調整は、背脂超多め。背脂に【超】の設定が出来ました!わかってらっしゃる!


◆九条ネギラーメン+大盛り

いきなり映える盛りっぷりです。九条ネギを粗目の白髪状にカットしたものが、ふんわりどっさり。顔のデカい人がアフロヘア—にすると小顔に見えるってやつと同じ効果で、大盛りにしたのに全然ボリュームがあるように見えません。

九条ネギを生でじっくり味わうのって実は初めて。馴染み深い長ネギ(白ネギ)で比べると、辛味もエグさも癖もないから何かものたりなく感じるのはこの九条ネギ特有のものなのかな。
申し訳ないけど、味のしない草を喰ってるみたい。おいおい・・・

背脂のコッテリした感じを持たせつつ、後味をスッキリさせた旨味の強い醤油スープ。塩気がちょうど良く卓上のニンニクとの相性が最高によろしい。

麺は低加水の細ストレート。九条ネギがこの麺にこれでもかってくらい絡んできて、食感がザクザクパツパツで慌ただしい食感だこと。ただ、麺だけじゃ持ち上げきれない背脂とスープを、ネギがたっぷり絡み上げていてその効果は上々のようです。

トッピングは、九条ネギの下にチャーシュー・メンマが。ノーマルラーメンと同じ量なんだろうけど、そこは九条ネギに圧され存在感はありません。

せっかくなので、卓上のネギを乗せてみます。
大きな声じゃ言えませんけど、こっちのネギの方が自分の口には合っていました。


◆焼めし+大盛り

久しぶりのパラっと仕立てのドーム型で、卵・ネギ・チャーシューを具材としたシンプルプラン。化調風味全開ってわけじゃないけど塩気がしっかり効いており、如何にもラーメン屋のチャーハンっぽく単品でも全然美味しく頂けそうなやつです。

毎度のことながら黒胡椒をガッツリかけて、さらにたくあんも一緒に食べてみると・・・


結論!
九条ネギは生より熱の入ったものの方が、風味深くて絶対イイと思います。


★詳細は、blog「麺のすゝめ」にてご確認下さい!
http://www.mennosusume.net/archives/37893200.html

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 2件

「限定/地獄の激辛ラーメン+中盛り+チャーシュー2枚+海苔+他」@山岡家 瑞穂店の写真今回訪問:2019/7/3

バッジが無くなる前にと思い、前回食べた下位モデルを食べに行ってきました。

11:20入店 先客5割くらい。
ウルトラの方が100円高いけど、味玉付き+唐辛子が多いから実はちょっぴりお得なんです。
まあ完食完飲出来ればの話ですけどね・・・

「限定/地獄の激辛ラーメン」870
「中盛り」120
「チャーシュー2枚」無料※クーポン使用
「海苔」110
「ライス」170

ウルトラのときにも書きましたが味の濃さと辛さは調整出来ませんので、調整は麺硬めのみ。油多めは、辛味をぼやかしかねないので今回は止めました。





◆限定/地獄の激辛ラーメン+中盛り+豚2+海苔

ウルトラより追がけされた唐辛子が少ないから、赤色のインパクトに欠けるような気がするかな。

トッピングは、ネギ・チャーシュー・ニラ・海苔(追加分)。辛さに自信のない人は、これにバターや味玉や薬味ネギなんかでぼやかすのもアリかもしれませんね。

スープは・・・辛っ。
これだけ唐辛子が入ってれば、そりゃ辛いです。危険な感じは一切しないけれど、ジャンルとしては激辛ラーメンに入れていいレベルです。やっぱ辛味噌のそれとは違う刺激があり、コレはコレでめっちゃ旨~い!

麺は一気に啜ると、やっぱ噎せます・・・グフッフフフ・・・


当然完食完飲です!
両方食べた結論として、豚骨をちゃんと感じられるウルトラじゃない方が山岡家っぽくてイイと思いました。

バッジ目的の人は両方いかんとね!


★詳細は、blog「麺のすゝめ」にてご確認下さい!
http://www.mennosusume.net/archives/37847503.html

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 22件

「肉の日限定/五ノ神的カリオストロ麺+味玉入り+他」@五ノ神精肉店の写真今回訪問:2019/6/29

月末恒例になった、肉の日の限定をいただきに。
11:30着 想定外の外待ち17番目に接続。待つこと約20分くらいで自分が先頭になったとき、後ろをチラッと振り返ると更なる長蛇の列が・・・

今回の限定は『ルパン三世 カリオストロの城』の1シーンにちなんだものなんだそうですが、ぶっちゃけこの作品に思い入れがなくメニューを見てもグッとくるものがないわけで・・・

「限定/五ノ神的カリオストロ麺」950
「味玉入り」100
「限定/〆のタコライス」250

大盛り・肉増しは不可ですと・・・


◆肉の日限定/五ノ神的カリオストロ麺+味玉

今回パスタ的な感じでくるのかと思いましたが、見た目はもろまぜそばです。

トッピングには、ミートボール・ボロネーゼソース・レタス・三角メンマ・味玉(追加分)・ディルみたいな草。
ひき肉のソースがたっぷり!トマトの感じは然程もなく、肉の旨味がしっかり引き出されたボロネーゼスタイルです。ミートソースじゃなく、ボロネーゼソースってのが洒落てます。
これにチーズやタバスコやオリーブオイルなんかをONすれば、それこそイタリアンだと言い切れるかもしれない。

ボロネーゼソースと丼底に敷かれたタレを合わせると、醤油とか味醂的な雰囲気が加わり安心感が格別上がり旨くなる!
麺は低加水っぽい感じで、コシがあり、ムチッとして、パツンとした力強い食感で好きなタイプ。
この麺が生パスタ(いや、パスタフレスカ)かと聞かれたらそうでもないような感じもするけど、ソース次第でどちらにでも化けられる気がします。
それと麺量が300㌘くらいで、ミートボールと合わせると総量600㌘超。デフォにしてはなかなかのボリューム感でした。

メインディッシュであるミートボールは、大玉7個で300㌘オーバーとこれまたボリューミー。ギュッとしているので、粗挽きハンバーグにでもかぶりついているようなそんな食感。 なにやら香辛料がたっぷり使われた感じもするんだけど、ザックリ言っちゃうとウスターソースの味がします。

全体的な味のバランスにメリハリがでて、何気にこれメッチャ旨~い!


◆限定飯/〆のタコライス

ミンチは入っていないから、残った(残した)ボロネーゼソースとミートボールを入れて完成させます。
普通チックなサルサソースがかけられており、フレッシュトマトとキュウリのカリカリが爽やかで確かに〆にピッタリ!


★詳細は、blog「麺のすゝめ」にてご確認下さい!
http://www.mennosusume.net/archives/37780653.html

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 21件

「つけそば特盛り+野菜+チャーシュー丼並+餃子」@つけそば 麺吉の写真今回訪問:2019/6/25

11:30PP入店 先客1(後客6くらい)
ちょっと辺鄙なところ(←おい失礼だろ)にありますが、お客さんが次々にやって来るなかなかの人気店です。

メニュー構成が「つけそば」の一択っちゅう潔さ!
現在は夏季限定の「冷やし中華」と「ジャンボ餃子」なんてのも追加されています。

「つけそば特盛り」900
「野菜」100
「チャーシュー丼並」500
「餃子」400

注文時に「酸味や辛味は大丈夫ですかぁ~」と調整を確認されますが、初めてなのでとりあえずデフォで。


◆特つけそば特盛り+野菜+チャーシュー丼並+餃子

受注ミスがあり「つけそば」が「特つけそば」にアップグレードしちゃいました!連れの注文と、ゴッチャになってしまったようです。こちらとしてはラッキーでしたけど・・・

口コミ通りの醤油シャバシャバ系のノスタルジックスタイル。麺とモヤシが白っぽいので、つけ汁が際立って黒っぽく見えます。
つけ汁の中には、刻んだチャーシュー・ナルト・メンマ・ネギ、さらに追加のモヤシ・キャベツがギュウギュウに入っているので、麺を浸けるスペースを作るためそれらを少しやっつけないとなりません。

お味はなるほどの甘辛酸。俺が俺がと突出しておらず、皆さん控え目で優し~い口当り。でも個人的にはメリハリのある酸っぱ塩っぱ辛いほうが好きなんで、酢と唐辛子をしっかり投入して頂いちゃいます。

麺自体が淡白な味でそれがつけ汁や具材とのバランスを良くし、特盛りの520㌘(実際には連れの大盛り半分も食べたので、実際には700㌘くらいかな)なんてズババっと無くなってしまうくらい食べやすい。歯触りとのど越しが、抜群に良い麺でした。

麺を食べ終わる頃を見計らって、店員からスープ割りを勧められます。
特に味変するって感じでもないんだけど、熱くなるし如何にもな中華スープみたいになって、マヨチャーでこってりした口にはちょうど良い。

夏はこうゆうつけそばが一番旨い!


◆チャーシュー丼並

つけ汁に入っていたやつと同じ刻みチャーシューが、これでもかとたっぷり乗せられています。さらにこの肉の下にはタレとマヨネーズがあり、こってりまったり魅惑のお味です。

量的には並盛と言っても然程のもので、一般的な牛丼チェーン店の並盛と比較するならその60%くらいの量でしょうか。


◆餃子

皮は厚めでモチっとした食感、餡は必要以上に味を入れていなくすこぶるジューシー。酢醤油にチョン付けしたり、つけ汁に潜らせたり、サッパリして普通に旨い。
8cmくらいの大判で、ボリュームもまずまず。@80円の値段だけを見ると高い感じで躊躇しますが、家庭的なホッとする餃子で満足感は十分味わえます。


自分の活動エリアとしてはちょっと遠いのがネックだなぁ・・・


★詳細は、blog「麺のすゝめ」にてご確認下さい!
http://www.mennosusume.net/archives/36924751.html

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件