なんとかデータベースラーメンカレーチャーハンぎょうざうどんそば
 

麺のすゝめ

東京都

正直なところ、お店の評価は苦手です。やや甘口のコメントかも。

平均点 82.886点
最終レビュー日 2019年8月22日
351 143 3 362
レビュー 店舗 スキ いいね

「肉の日限定/無水鶏汁冷和え麺×鶏汁白湯つけ麺+〆のサルサご飯」@五ノ神精肉店の写真今回訪問:2019/7/29

後半戦に合わせ、16:45着 誰も並んでいません。久しぶりのPPです。
ちなみに後客は6人、夕方になっても気温が下がらないから皆さん外出るのが嫌なんでしょうな・・・

◎肉の日限定メニュー
「無水鶏汁冷和え麺×鶏汁白湯つけ麺」 1000
「味玉入り」100
「大盛り」100
「〆のサルサご飯」150

今月はつけ麺なので、久々大盛りにOKが出ました。


◆限定/無水鶏汁冷和え麺×鶏汁白湯つけ麺+大盛り+味玉

和え麺スタイルの麺丼には、無加水で仕込んだジュレ状の鶏汁をタレとしてたっぷりかけてあります。旨味濃厚って感じではないけれど、優しい塩気でねっとりした涼しげで不思議な感覚です。
さらにトッピングで茹でた鶏モモが1枚ドンっと。あえて味を入れていないようで、鶏の味がよくわかります。

冷たい和え麺だから、チュルチュルと最後までイケちゃいそうですけど、ただコイツの正体はつけ麺なので一気食いも味変的なこともガマンガマン。

つけ汁は、ややライト気味の鶏白湯仕立て。こちらも鶏の旨味を引き立てるため、塩気を抑えた感じになっていました。

和え麺スタイルはそこそこにして鶏ジュレを纏った麺を汁に潜らせると、鶏油のぽってりさが加わり旨味が倍化。さっきまでの塩味の物足りなさは、重ねた旨味で一切感じなくなりました。美味い!

つけ汁の中には、大振りの骨付き鶏が2つ・三角メンマ・ネギ・唐辛子がトッピング。
ギュって締まった肉感が、かぶりつく度に本気で美味い!


◆〆のサルサご飯

トマト・タマネギ・キュウリの小さな角切りと粉チーズがたっぷり入ったサラダ的なヘルシーどんぶりです。
メルマガに残ったジュレをかけて食べるようご指南がありましたが、大盛りにしたせいでかチョットしか残っていない。
この量だと、最初の一口が勝負でしょうか。
「お好みで」と出されたTABASCOを少しかけいただくと、鶏ジュレの旨味はTABASCOとチーズの味でぶっ飛びました・・・
シャキシャキで食味よく、イメージ通りさっぱり出来る〆の一杯です。


鶏の余韻に浸ることは出来ませんでしたが、堪能させて頂きました。


★詳細は、blog「麺のすゝめ」にてご確認下さい!
http://www.mennosusume.net/archives/38058083.html

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 21件

「つけ麺+麺増し+麺増し+アブライス」@らーめん男盛の写真今回訪問:2019/7/11

11:25入店 先客6(後客2)昼時のピーク前になんとか間に合ったようです
前回のときとメニューに若干の変更があります。そこには魅惑の飯もののボタンも・・・

「つけ麺」900
「麺増し」100 ×2
「アブライス」150

券売機には大盛りのボタンが無いので、食券を渡す際に現金200円添えて麺増しの申請をします。ちなみに、100円/100㌘で上限は聞かなかったので不明です。
それと、つけ麺は太麺と平打ち麺から選択出来るとのことで太麺を、無料トッピングは脂増しを。


◆つけ麺500㌘(並300+追加200㌘)

トッピングは、茹で野菜・味玉・チャーシュー・てりってりの背脂がつけ汁側に、海苔だけが麺側に。
普通で十分そうですけど、これを野菜増しにしたらどのぐらい盛られちゃうのか気になるところです・・・

モヤシは想像以上にクタクタの茹で上がりで、ザクザク感は些かもありません。でもこれには重要な役割があるので、先に全部食べないよう注意です。

スープは基本的にラーメンと同じでしょうか。やや酸味があるようにも思えるけど、油層が厚く塩味酸味ともにまろくなって、つけ汁としては弱く感じてしまう。
当然ニンニクと辛味をたっぷり入れて、あとタレもちょっぴり足して頂きます。

選択した太麺はラーメンの時と同じ麺でした。水締めしているから、ギュッとブルンっとした弾力があり、風味良くより一層美味しく感じられます。
ただ、スープと麺の絡みは良くないので、背脂とスープをたっぷり纏わせたモヤシを媒介させると、絡みの悪さは解消されいろいろナイスな塩梅に!

スープ割りもあったのかもしれませんが、そのままゴクリといっちゃいました。背脂とニンニクで満たされる至福のひと飲みです。
麺を純粋に楽しむなら、つけ麺がイイですね。


◆アブライス

塩っぱいほぐしチャーシューと背脂をライスにドバッとかけちゃって、オタク性の高い危険な食べ物だけど背脂崇拝者にはたまらない逸品です。
味の方向性は醤油ラーメンと同じだから、味噌や激辛なんかと合わせた方が違いを感じてイイかも。

@150のCPはかなり高い!


★詳細は、blog「麺のすゝめ」にてご確認下さい!
http://www.mennosusume.net/archives/37934599.html

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 2件

「つけそば特盛り+野菜+チャーシュー丼並+餃子」@つけそば 麺吉の写真今回訪問:2019/6/25

11:30PP入店 先客1(後客6くらい)
ちょっと辺鄙なところ(←おい失礼だろ)にありますが、お客さんが次々にやって来るなかなかの人気店です。

メニュー構成が「つけそば」の一択っちゅう潔さ!
現在は夏季限定の「冷やし中華」と「ジャンボ餃子」なんてのも追加されています。

「つけそば特盛り」900
「野菜」100
「チャーシュー丼並」500
「餃子」400

注文時に「酸味や辛味は大丈夫ですかぁ~」と調整を確認されますが、初めてなのでとりあえずデフォで。


◆特つけそば特盛り+野菜+チャーシュー丼並+餃子

受注ミスがあり「つけそば」が「特つけそば」にアップグレードしちゃいました!連れの注文と、ゴッチャになってしまったようです。こちらとしてはラッキーでしたけど・・・

口コミ通りの醤油シャバシャバ系のノスタルジックスタイル。麺とモヤシが白っぽいので、つけ汁が際立って黒っぽく見えます。
つけ汁の中には、刻んだチャーシュー・ナルト・メンマ・ネギ、さらに追加のモヤシ・キャベツがギュウギュウに入っているので、麺を浸けるスペースを作るためそれらを少しやっつけないとなりません。

お味はなるほどの甘辛酸。俺が俺がと突出しておらず、皆さん控え目で優し~い口当り。でも個人的にはメリハリのある酸っぱ塩っぱ辛いほうが好きなんで、酢と唐辛子をしっかり投入して頂いちゃいます。

麺自体が淡白な味でそれがつけ汁や具材とのバランスを良くし、特盛りの520㌘(実際には連れの大盛り半分も食べたので、実際には700㌘くらいかな)なんてズババっと無くなってしまうくらい食べやすい。歯触りとのど越しが、抜群に良い麺でした。

麺を食べ終わる頃を見計らって、店員からスープ割りを勧められます。
特に味変するって感じでもないんだけど、熱くなるし如何にもな中華スープみたいになって、マヨチャーでこってりした口にはちょうど良い。

夏はこうゆうつけそばが一番旨い!


◆チャーシュー丼並

つけ汁に入っていたやつと同じ刻みチャーシューが、これでもかとたっぷり乗せられています。さらにこの肉の下にはタレとマヨネーズがあり、こってりまったり魅惑のお味です。

量的には並盛と言っても然程のもので、一般的な牛丼チェーン店の並盛と比較するならその60%くらいの量でしょうか。


◆餃子

皮は厚めでモチっとした食感、餡は必要以上に味を入れていなくすこぶるジューシー。酢醤油にチョン付けしたり、つけ汁に潜らせたり、サッパリして普通に旨い。
8cmくらいの大判で、ボリュームもまずまず。@80円の値段だけを見ると高い感じで躊躇しますが、家庭的なホッとする餃子で満足感は十分味わえます。


自分の活動エリアとしてはちょっと遠いのがネックだなぁ・・・


★詳細は、blog「麺のすゝめ」にてご確認下さい!
http://www.mennosusume.net/archives/36924751.html

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件

「つけ麺+大盛り+豚豚+炙りチーズ麻婆丼+生ビール」@火の豚 立川ラーメンスクエア店の写真今回訪問:2019/5/10

今夜はラースクのイベント日だったようで、ラーメンじゃない的な方達がうじゃうじゃと・・・
19:45入店 先客10(後客6くらい)知名度がある割に、いつも並ばずサックと入れるのはラースクならではです。

「つけ麺」850
「大盛り」100
「豚増し×2」100×2
「ミニ炙りチーズ麻婆丼」500
「生ビール」500

無料トッピングは、野菜マシ・アブラマシマシ・ニンニクマシマシ。
注文後に気付いちゃったんだけど、増量ジョッキのPOPが店内に貼ってありました。券売機に550円のビール券が無いんだから、外に貼らなきゃ駄目じゃないのか。


◆つけ麺+大盛り+豚豚

立川店のつけ麺は、麺丼側に野菜等が乗っかるタイプのようです。どっちがイイと言うわけではありませんが、こっちの方が確かにインパクトは感じられます。

マシでも野菜はかなりのボリューム。不用意にマシマシコールすると食べ切れないかも。それとアブラがすこぶるイイ感じ!大塊は無かったけど、中塊のぶるぶるがたっぷり。

野菜をやっつけるのに豚×3が少々邪魔なので麻婆丼の上に一時避難させ、大体食べたところで火の豚自慢の麺を引き上げます。それを直喰いしてみると、コレがすこぶる旨い。キンキンに冷水で締められた感じではないんだけど、それでもギュッと引締まった弾力があり、噛むたびに感じる風味が抜群にイイ!

つけ汁は、トッピング諸々が麺丼にあるので至ってシンプルなビジュアル。って言うか、汁以外なにも入っていません。
麺を浸して啜ってみると、濃厚じゃないし、シャバシャバだし、かなり塩っぱいし、もっとドロッとした豚骨醤油かと勝手に想像してただけにギャップにショック。
ただ、背脂とニンニクを全部入れたことでジャンクさが爆発し、ど真ん中な味に寄ってきます。

避難させていた豚もつけ汁にサッと潜らせてからいただくと、これがフワフワでめっちゃ最高でした!


◆ミニ炙りチーズ麻婆丼

今日の麻婆がやたら辛く感じます。前回よりも豆腐がいっぱい入っていたので、イッテコイな感じではあるけどやっぱなんか辛い気がする・・・

飯に火の豚のトッピングを全部乗せした感じは、もはやミニにカテゴって良い量じゃありませんので注意が必要です。


そして最後にスープ割りをしてみると、なんと!食べる前に勝手にイメージしていたスープがコレでした。口にねっとり纏りつくような濃厚な豚骨感と適度な塩気、最初っからコレを出してくれていたら・・・


ここはラーメン推しかと思っていたけど、つけ麺の方がいいかも。


★詳細は、blog「麺のすゝめ」にてご確認下さい!
http://www.mennosusume.net/archives/37327701.html

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 5件

「GW限定/黒ごま坦々つけ麺ゴールド+焼きチャーシュー飯黄身の」@ラーメン 大山家 昭島店の写真今回訪問:2019/5/2

令和の最初は大山家から!ちなみに今年の最初もここでした。
18:55入店 先客1後客いっぱい。5/6までGW期間限定メニューが提供されています。さらに豚めしも1杯サービスってもんだから、改元早々景気の良い話です。

「GW限定/黒ごま坦々つけ麺ゴールド」980
「大盛り」200
「SPトッピング」無料 ※スタンプカード使用
「限定/焼きチャーシュー飯黄身のせ」350

サービスの豚めしはおかわり不可だし限定飯も食べたいしってなると、何度も食べたことのある豚めしは諦めて期間限定を最優先するっきゃないでしょうね。


◆GW限定/黒ごま坦々つけ麺ゴールド+大盛り+SPトッピング

この限定は9年ぶりなんだそうです。限定でもSP追加は可能か確認したらOKとのことで、豪華な盛り付けにしてもらいました。

トッピングは、キャベツ・ミンチ・ほうれん草・味玉・海苔・チャーシュー。SPはチャーシュー・海苔・味玉・キャベツ少々なので、デフォはそうゆうことかと・・・

気になるのアイテムはここ最近よく御目見えするミンチ。しかしいつものジューシーな粗挽き豚ミンチじゃないようですよ。少々パサってモソッとした感じはするけど、ギュッと噛むとコク深い旨味があるような・・・牛なのか?

つけ汁は、濃厚な豚骨スープはそのままで、甘味噌っぽいタレと擦った黒ごまで纏められています。ただ夫々が主張し過ぎて、良いところ打消し合ってる感が否めないような・・・

麺は、レギュラーと同じもののようです。相変わらずモギュモギュして、濃厚なつけ汁とのマッチングはかなり良いですね。


坦々という先入観をもって食べると物足りなさもあるけど、つけ麺としては十分に美味しく仕上がっています。
強いて言えば、痺れか辛味が欲しかったかも。


◆限定/焼きチャーシュー飯黄身のせ

これも5/6で終わる限定飯!黄身乗せした飯物を大山家で見たことが無いのでレア飯です。
プルンっとしたチャーシューにねっとり黄身が絡みついて・・・
言わずもがな、旨いに決まってます!


限定&限定、なかなか満足出来ました。次はまた9年後なのか???


★詳細は、blog「麺のすゝめ」にてご確認下さい!
http://www.mennosusume.net/archives/37192102.html

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 22件

「肉つけめん+特盛り+野菜+レモンチャーシュー丼」@八王子 麺屋土竜の写真今回訪問:2019/4/9

八王子ってそれほど来ないので、どうせならインパクトの強い店をと思い検索していると、野菜と肉がやたらと美味そうなこの店を見つけちゃいました。

11:35入店 先客1(後客満席)随分と賑やかなエリアに店を構えています。
券売機を見ると限定メニューやサービスメニューのようなものもあるので、レギュラーコンプしたあともチョイチョイ楽しめそうな感じです。

「肉つけめん」1100
「特盛り」150
「野菜(つけ麺専用)」120
「レモンチャーシュー丼」250

野菜も食べたい肉も食べたい麺も食べたいとなると、いつもながらこうゆうオーダーになっちゃうわけで・・・


◆肉つけめん+特盛り+野菜

まるでSNS映えを狙っているかのような盛りっぷりです。

トッピングは、炙りチャーシュー・角煮・炒め野菜(ニンジン・カボチャ・キャベツ・タマネギなど)・茹で野菜(モヤシ・青菜・紫キャベツなど)・レモン。

特に炒め野菜がホクホクシャリシャリで、八王子の地産なのでしょうか甘くて凄く美味しい!季節によって野菜も変わるだろうし、なるほど絶対注文するべきかもしれませんね。
それとこの角煮が絶品過ぎてす。他のチャーシューの立場がさ・・・

つけ汁は、所謂魚介豚骨系の甘味がちょっと強めのやつで、濃厚って感じではないけどゼラチン質的なものがたっぷりと溶け込んだペタペタする口当りは満足度が高い。味的にはオーソドックスながらも、個人的には好きなやつ!!!

麺は菅野製麺所の殻入りの角太麺。キンキンに冷えているってわけじゃなかったが、ギュッと締まった麺の弾力と鼻に抜ける香りは悪くない。つけ汁を纏うと麺の風味がグンッと良くなりますね。

大盛り・特盛りはつけ汁のおかわりが1杯無料(並・中盛りは+50円)とのことなので、頃合いをみておかわりを申請すると、新たな器で追配膳されます。当然熱々なつけ汁が出てくるし、後々のことを考えると有料でもおかわりはした方が良いと思います。


◆レモンチャーシュー丼

レモンチャーシューってネーミングに魅かれて注文しましたが、まんま『レモン』と『チャーシュー』でした。つけ麺に同じものが乗っているので、組合せ的にミスチョイスだったかも。


〆の割スープが凄んげ~美味しい!爽やかな風味が広がり、グビグビいけちゃいます。あんまり美味いんで、2倍に割っては半分飲んで、さらに2倍に割っては半分飲んで・・・一生飲めますね!



★詳細は、blog「麺のすゝめ」にてご確認下さい!
http://www.mennosusume.net/archives/36986029.html

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件

「肉の日限定/下田さん家の豚で肉汁つけ麺+下田さん家の豚で煮豚」@五ノ神精肉店の写真今回訪問:2019/3/29

昨夜のメルマガによると、今月のテーマは「酸味・辛味・甘味・豚・炭水化物」とのこと。超理解出来ます!

16:00現着 外待ちはなし。そりゃそうです、まさかの中休み。
イベントデーだから、てっきり通し営業かと思ってました・・・

17:05出直しPP入店(後客3)
今日のメインは、ブランド豚である『下田さん家の豚』。正直なところ知らない豚だったんですけど、限定でリピートするくらいだから、よっぽど良いお豚様なんでしょうね。

「限定/下田さん家の豚で肉汁つけ麺」1000
「大盛り」100
「限定/下田さん家の豚で煮豚丼」350

寒の戻りで今日も寒いから、あつもりで申請しておきました。


◆肉の日限定/下田さん家の豚で肉汁つけ麺+大盛り

つけ汁の中に沈んでいる豚がいっぱいあるのは想像つきますが、それが配膳時に立体的に見えてないちゅうのは肉の日限定らしからぬ演出でしたね。ぶっちゃけ、目からくる肉力はイマイチだったかな。

トッピングは、麺丼側に肩ロースのチャーシュー・海苔、つけ汁側に角切りチャーシュー・メンマ・ネギ・昆布が。
肩ロースのチャーシューは、しっとり焼かれた手のひらサイズの大振りなものが2枚も。肉を喰ってますって感じが美味いです。つけ汁にチョン付けで頂きます。
角切りチャーシューは脂身多いもの、やや繊維的な感じのもの、食感は色々で1個1個がデカい!
このブランド豚、風味が濃くなかなか美味しいもんでした。

つけ汁は、甘辛酸の醤油汁。懐かしい感じの塩っぱい濃味、脂による動物的なドッシリ感、黒胡椒がガチに効いた辛味。どちらかと言うとアッサリ系だけど、十分な満足感があって美味しい!

麺は、ムニっとした色白の太ストレート。そのまま食べてみると、柔らかめで風味もあまり感じられなかった。ソフト麺に似ていると言えばそうかもしれない。
つけ汁との相性は凄くイイですね。この淡白な感じが、強い塩気の汁とちょうどイイのかも。


◆肉の日限定/下田さん家の豚で煮豚丼

つけ麺と同じブランド豚の煮豚を乗せたもの。脂身が多く、部位は全部バラかな。
脂のしつこさなんて皆無です!自分の知っている煮豚とは何かが違う。豚が良いのか、調理のウデが良いのか、その両方か。ブルンブルンした脂身が、想像をはるかに超えた美味しさでした!


スープ割りをお願いすると、沸騰させた激熱スープが足され節の香りがぶわ~っと。
美味い美味い飲んでると、辛味がだんだん強くなる・・・?ラストは大量の黒胡椒とゴックン。


終わってみればさすが肉の日!たっぷりと『下田さん家の豚』を堪能させていただきました・・・


★詳細は、blog「麺のすゝめ」にてご確認下さい
http://www.mennosusume.net/archives/36873618.html

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 21件

「海老つけ麺肉増し+大盛り+チーズご飯」@らーめん いつ樹 本店の写真今回訪問:2019/3/12

まったく予定になかった、ぶっこみ訪問です。
11:45現着 外に誰もいないのでラッキーと思いきや、ちょうど満席になっちゃったようで外待ち先頭です・・・

「海老つけ麺肉増し」980
「大盛り」100
「チーズご飯」200

熱もり申請をして食券を渡し外で待ち始めると、ちょうど昼時なので後続がどんどんと。
花粉症に外待ちは地獄です。。。。


◆海老つけ麺肉増し+大盛り

麺は、このモソモソってした独特な食感と強い小麦の風味があって、如何にも[いつ樹]って感じで好きです。

つけ汁は、焼いた海老の香りとぽってりした重さがたまらない濃厚な海老感!身体の内側から、海老汁でどっぷりコーティングされたような感じになれます。濃いんだけど塩っぱくはなく、ただただ美味しい!

トッピングは、チャーシュー・メンマ・ネギ。
今回の豚は脂身よろしく、やわやわとろ~んな食感で実に美味しい。いつぞやの肉増しとは大違いでした。これが毎回なら必須でもイイんだけど。


◆チーズご飯

つけ麺から遅れること5分で配膳。出来れば同時配膳が好ましいんだけど、ココ系はそれが何故か出来ない???
上っ面1/3くらい食べたところに、濃厚海老のつけ汁をぶっかけちゃいます。チーズと海老汁の相性がとても良く、高カロリーっぽいけどメチャ美味しです!


レギュラーメニューは安定の美味しさです。


★詳細は、blog「麺のすゝめ」にてご確認下さい!
http://www.mennosusume.net/archives/36722824.html

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 4件
このレビューは移転前のものです。

「極辛つけ麺+小ブタ+特盛り+野菜」@角ふじ 心麺の写真今回訪問:2018/12/27

20:00入店 先客3(後客1)

ん?
所狭しと貼ってあった定食等の飯メニューのピラピラが1枚もありません。リニューアル後に始めた新メニューを、全部止めちゃったのでしょうか?
まぁ、昔のメニュー構成に戻ったわけですが・・・

「極辛つけ麺」870
「小ブタ」150
「特盛り」150
「つけ麺用野菜」100

当該メニューは辛さ(1辛~5辛)調整が出来るようになったので、食券を渡す際に5辛をコール。
そもそも今までの「極辛つけ麺」が、これの何辛に相当するのか聞いてからコールすればよかったんだけど、そうゆう空気じゃなかったんだな。


特にすることも無いので調理工程を見ていると、過去の手際とチョット違うことに気付きます。
詳しくはblogを見て下さい。http://www.mennosusume.net/archives/35318547.html


◆極辛つけ麺+小ブタ+特盛り+野菜

見た目はいつものと変わらないビジュアルに見えますが、つけ汁をよ~く見ると赤濁の濃さがなんかより赤いような。

つけ汁は、他の味がよく分からないくらいの強い辛さです。でもジョロやキャロ的じゃないので、痛みの様な辛さではなく普通に啜れます。
以前(調整が無かったころ)の極辛つけ麺の辛さは、恐らく3辛以下(もしかすると1辛かも)と思われます。

ただちょっと、つけ汁の温度が低いような・・・

麺は、ギュッと引締まったブリンブリンの太麺。久しぶりに食べてもやっぱ美味い!
茹で前の450gなんて、シュシュって無くなっちゃいますわ。

トッピングは、チャーシュー・ネギ・海苔。
バラチャーシューは、しっとり柔らかく食味が凄くいい。ただ超絶薄味仕立てになったようで、辛いつけ汁に浸けてしまうと食感の違いだけで全部同じ味になっちゃうのが残念。肉が小振りになったのと、温かくないのが超マイナスポイントですね。

つけ麺用野菜は、所謂モヤシとキャベツをサッと茹でたもの。食感と補水のために極辛つけ麺には必須の追加アイテムかと。


〆にスープ割りをお願いしたら、超ぬるい状態で帰ってきました・・・
今までこんなこと無かったのにどうしたんだ?


★詳細は、blog「麺のすゝめ」にてご確認下さい!
http://www.mennosusume.net/archives/35318547.html

投稿(更新) | コメント (0) | このお店へのレビュー: 31件

「特製つけめん+大盛り+玉子かけちゃーしゅー丼+餃子」@中華そば 田家 本店の写真今回訪問:2018/12/18

毎月ここの近くまで来ているのに、ついつい近場の便利なところで済ませてしまう悪い癖が出てしまい、超久しぶり3年ぶりでの訪問になっちゃいました・・・

12:00入店 先客3割くらい(後客3~4組)
駐車場も広いし、待たずに入れるのは有難いもんですね。

入って左側に見慣れぬ券売機が・・・!
3年ぶりだと言うのに、メニュー構成も価格も変わっていませんでした。
スゴイですね。

「特製つけめん」1030
「大盛り」100
「玉子かけちゃーしゅー丼」280
「餃子」350
 
調整:あつもり


◆特製つけめん+大盛り

つけ汁は、鶏と魚介がベースとなりキリッと醤油を効かせたシャバシャバ仕立て。どちらかと言うと鶏の方が旨味が強く印象的で、あとにフワッと魚介風味が追抜けていく感じ。過去2回とも塩分が尋常じゃなかったけど、今日のはとてもど好みな塩梅でした。

麺は、モチモチのストレートな太麺。粒々が見えるから、少しだけ全粒粉を混ぜているのかな。ルーチンになりつつある直喰いをすると、表面がベタッとした感じだけど甘味があってなかなか美味しい。
汁が汁だけにあまり絡みが良くないが、たっぷり浸すと風味を纏ってチュルチュル美味しい。

トッピングは、豚レアチャーシュー・鶏チャーシュー・メンマ・味玉・ミツバ。汁丼にはネギのみ。
レアチャは厚みがあって、肉肉しい食感と染み出る旨みでかなりの優れモノ。目立たないミツバが実はキーアイテムで和の雰囲気をグッと上げてくれています。

焼餃子は、7cm位の中型が5個。焼き面がパリッとしていて皮が水っぽい感じではなさそうですし、1個1個が離れているのも取りやすくていい。
不味くありませんが、普通の餃子かな・・・大きさを考慮して、@70円をどう思うかですね。

玉子かけちゃーしゅー丼は、レアチャの角切り・生卵・ネギにタレをかけたもの。
やはりレアチャが美味い。厚みが増したことで、生ハムを食べているみたいな食感。奥久慈卵との相性もイイ感じです。


過去尋常じゃ無く感じた塩気がおさえられたので、食後の余韻が抜群に良くなりました。これなら美味い!


★詳細は、blog「麺のすゝめ」にてご確認下さい!
http://www.mennosusume.net/archives/35427682.html

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 2件