なんとかデータベースラーメンカレーチャーハンぎょうざうどんそば
 

東京筋肉サラリーマン

男性 - 東京都 (1981年生まれ)

旧:世田谷B-BOYサラリーマンです。久しぶりにRDBに帰ってきました!ラーメン大好き★年間食杯数390食。仕事にならい約十年前の新橋から食べ歩き始め、新橋エリア→世田谷エリア→池袋・北区エリアを攻めています。行った先々のエリアでラーメン開拓中。育ちは福岡【豚骨】育ち。今はジャンル問わず、オールジャンル食べ歩きます!

平均点 79.010点
最終レビュー日 2019年5月18日
98 77 4 60
レビュー 店舗 スキ いいね

「担々つけ麺」@風神 品川店の写真こだわってラーメンを食べ歩いてる人間としてはあまり書くべく記事ではないのだが、久しぶりにひどいと感じたので投稿しておく。いちお店の名誉を守る意味では偏見ではなく、RDB方式に則って評価しているのでご理解の上参考に見てくだされば幸いである。

品川駅前から徒歩1、2分。確かここは数年前まで違う屋号で不味いラーメン屋があったイメージ。たまたまこの時間にこの近辺にいてラーメンを探してしまったために、止む無く期待せずこの店へ入店。店の表には謎に最初から全粒粉麺に自信を覗かせる看板イメージもり、店内に入ると担々系メニューがオススメ、とある。ここまでに良く考え、良く見ておけばよかった話ではあるのだか…頼んでしばらくして見て気づいたのだが、全粒粉麺は希望した方限定で日に50食程度の限定で提供とのこと。場所柄飲み後の需要も多い土地、オーダー時のアナウンスも何もなく、食券時に自己申告制としながらあの店構えの謳い文句はやや詐欺かと思った。

さて、味はというとやる気のないレポで申し訳ないが、何の味のこだわりも質も感じないマタオマ中華系な、酸味先行型の担々麺つけ麺バージョン。下手したら○高屋でも頑張れば出せそうなレベル。挽き肉とちょっとシャキッとしたもやし野菜のレベルなど麺の失望を補うには程遠いレベル。まずくはない、白ストレート小麦中太麺も期待を超えることはない。総じて並みか、それ以下のレベル。

東京の北エリアに雷神を名乗るラーメン屋がある。中国人の方が資本、経営するお店。風神の名を見た時にもしや…と思ったが、関連があるかはわからないが中国人の方達メインで回している店だとオーダー時、厨房の様子でわかった。誰が作ってもいいのだが、お店としてちゃんとしたコンセプトや注文方法・接客がどきることが日本文化レベルで高レベルのラーメン屋だと信じている。その上での味含めのこの評価。

再訪はないと思うが、良くなることを期待してのこの点と参考までの投稿としたい。

投稿(更新) | コメント (1) | このお店へのレビュー: 1件

「二代目つけめん」@つじ田 神田御茶ノ水店の写真3月5日(木)夜7時くらいに来訪。
こちら2回目の訪問&レビューになります。
ラー好きの友人親子にうまいつけ麺を食わせてやる、と約束してたのでこちらの店を思い出し小川町で待ち合わせ。駅から近いのがまたいいですね^^
待ちは先客3名(子供を見てる間に一人横入りで抜かしやがった。怒)で3組目。
友人は“つじ田”には行ったことがあったらしいが二代目は初だそう。逆に俺はまだ初代には行ったことないがw
食券はもちろんつけ麺チョイスで『二代目つけめん』を購入。友人はつけ麺紹介で来たのに何故か二代目らーめんを注文していた・・・何故?www

この日は並びも少なく回転が良かったので外待ち5分程度で中へ。
デフォで300gあると言われ連食を考えていたので少なめにできるか聞いてみたが少なめにはできないとのコト。。
まぁうまいから食えるだろうと覚悟を決めるw
普段ならつけ麺300gなんてぺロリだが連食だと後がきつくなるからな~・・・やや不安^^;

以前は10分以上待たされた気がしたがこの日は着席5、6分でご対麺となりました!
出てきて・・・ん?すぐ気付きました。つけ汁の色が違う!何か変えたようですねぇ。
前行った時(去年の夏くらい)は木場の“吉左右”みたいにやや白めだったと思うが今回は醤油色、やや茶色がかった感じ。
さっそく麺をくぐらせ一口・・・む、相変わらずうまい!!
濃厚なWスープで動物系が強いのは変わってなく、後から魚介が来る感じ。
やや変わったと思われたのは動物がさらに強くなったというのと、塩梅の違いか。
粘度が前より多少増えた気が・・・そして味が濃くなった気がする。醤油系の味の尖りもうっすら感じる。
とは言うものの、味的には劇的な変化ではないと思われ個人的には全然許容範囲、相変わらずおいしくいただけます☆濃味好きだけにOKなのかもですがw
友人は濃味嫌いですが少しつけ麺食わせてやったらめちゃめちゃうまい、ラーメンより明らかにうまいと大絶賛!代わりに俺はラーを少しいただいたんですが、こちらは動物系と魚介系のバランスがほぼ1:1な感じ、これもまぁなかなか悪くないですが俺もつけ麺の方が好みです!というのもラーのスープの味はここのスープ割りの味に近いので
つけの方が2度おいしいワケです^^

麺は三河屋製麺の極太麺。もっちりしっかり歯応えは食感も大変すばらしくつけ汁との絡みもバッチリ☆つけ麺はやっぱ麺のうまさが命なのでこの麺を使ってるというだけで高評価です(笑)

具はのチャーシュー、味玉、メンマ、白ねぎ。
チャーシューは相変わらずどっさり入ってます。燻製ぽい味でトロミは少ないタイプ。味玉は味がなく半熟ではあるものの特筆すべき点はなし。
メンマは歯応えがあり味もそんなにないが逆にここの濃厚スープにはこれくらいが丁度良さそうだ。

具は特に変わってないんだと思うが今回は特に良い印象もなかったのが正直なところ。
ただ、やはり抜群だったのはすだち☆☆☆
前回かなり気に入ったので今回はかなり早い段階で麺に振りかけたのだが、これがまたさっぱりで良い!酸味の主張はそんなに激しくないのだが適度につけ汁に刺激を与えてくれて口に広がる。
このすだち使用というのもここのつけ麺を高く評価してしまう要素の一つだったりw

最後はお約束のスープ割を。ガッツリ魚介系だけを入れてくれるのでスープのバランスがかなり変わり、だいぶあっさりマイルドなWスープに変化する。熱々で返してくれるのも嬉しい^^
連食予定のため完飲は避けたが、麺も300gと感じないほどあっという間に食えて、スープもレンゲが止まらないほどよく進んだ。やっぱりうまいね☆ごちそうさま!!


評価としては・・・ほぼ前回と変わらずの評価です!
そこまでの違いはなかったものの、ヒトによってはこの微妙な変化が気になる方もいるのかも。
この店のマイナス点を挙げるなら、やはりCPの悪さか^^;
でもトッピングの量を考えると、二代目って意外とお得なのかもw
またそのうち再訪はあるでしょう♪人気に適ったレベルの高いお店です!

投稿(更新) | コメント (4) | このお店へのレビュー: 2件

「ゆずつけ+チャーシュー丼(期間限定半額¥425+¥140)」@ゆずつけ 一蓮の写真3月9日(月)12時過ぎに来訪。
午前中外出仕事で歩いている時に前に【らーめん太太】があったところを通ってみると・・・
なんと新店が!しかも今日オープンというじゃないですか!!
これは行かないワケがない(笑)
仕事を終えて昼休みになってすぐ直行・・・すでに行列ができてました^^;
先客は6名で、7名目にすぐさま接続。
店の周りではお店の関係者の方々がDMを配ってました。
並んでたらキレイなお姉さんがDMを持ってきてくれました♪
しかし今日オープンしたばかりとあって、まだ慌しそうですね。

お店の外観、内装は以前あった“らーめん太太”と同じ黒がベースですが、全く関係なく別のお店とのこと。このお店のカラーは黒と黄色がトレードマーク。新規オープンなので看板もピカピカ、お店もキレイになってます。ベースが変わってない、というのは席数や厨房のスロット・・・太太の頃と同じ6席で相変わらず席がやや狭く、食券機がないのでやや回転の悪さが気になるところですが、食後に外にいた関係者の方と少しだけお話ができたので今後うまく改善していってもらえるといいですね^^

外待ち約30分で店内へ。
メニューは【ゆずつけ】と【チャーシュー丼】、あとはトッピングのみ。
オープンしたばかりなので、こちらも今後メニューが増えたり変わっていくかもしれないですね。
期間限定で半額!、というコトで『ゆずつけ』、と『チャーシュー丼』、どちらも頼んでみました。

待つこと7分ほどでチャーシュー丼が先に来たのでさっそくこちらからいただきました。
自家製のチャーシューにタレ、油を多少かけた感じなのかな?めちゃめちゃおいしいです☆
チャーシューは肉感もありトロトロな脂もありで塩味もほのかにあり実にうまいです!
バーナーで炙ってるようで香ばしく、塩梅も良し。ねぎの食感もシャキシャキで香り豊かでごはんとの相性抜群。
卓上の柚子ごしょうをちょっとつけてもかなりうまかったですよ♪
茶碗1杯しか入ってないのが残念なくらい・・・うまくてあっという間に食っちゃいました!

チャーシュー丼から3、4分して付け合わせの梅鰹、つけ汁、麺の順に運ばれてきました。
らーめん屋なのでこっちが本命です(笑)
さっそく一口・・・む、あっさり薄味か?・・・と思ったら後からゆずの香りと塩系の味が追ってきます!
つけ汁をかき混ぜてもう一口・・・うん、かなりいい塩梅です^^
けっして濃すぎず、でも柚子も香るし口の中で程良いコクが広がります!
バランスがいいですね。あっさりだけどコクがある和風、おもしろい味です!!
鶏ベースというコトでしたが主張は強くなく、魚介系は全然感じませんでした。
ゆず塩みたいな感覚ですが、上品な白醤油の味わいが醤油のきつさを感じさせないからなんでしょうね☆

麺は加水率やや高めの中太麺。麦を感じさせる、というよりは玉子麺に近い感じですかね。
しかしツルツルとしてて適度な歯応え、悪くないです♪

具はつけ汁に刻みチャーシュー・柚子皮・青しそ・たっぷりの白ねぎ、麺の上に半味玉・白髪ねぎ・メンマ。
刻みチャーシューはもちろん『チャーシュー丼』と同じもの、こちらは炙ってはないものの肉感や塩梅は変わらずうまいですね。柚子皮と青じそが個人的にはとても良かった・・・量はそんなに入ってないけど、たまに麺と一緒に口に運ぶと柚子の香りや青じそのさっぱりした味わいがすごくマッチします。白ねぎにしても麺の上の白髪ねぎにしても、シャキシャキ感があって口当たりに刺激やさっぱりな食感を与えてくれてよく合ってます。
半味玉もなかなかお目にかからないようなオレンジ色の黄身、なかなかよくできてます。
しっかりと味も付いてて甘みもあって、これまたつけ汁とも合ってます。
メンマにも味が付いてて、あの独特のメンマの味(表現が難しいんですけど中華料理や永谷園のメンマのイメージですw)・・・なんだか懐かしさもあってホッとしたり。あ、これもこのメニューとのバランスが崩さず合ってるかと・・・つまり具にも味付けがありながら、つけ汁とのバランスも壊さず不思議と全部がマッチして、和風に仕上がっているというコトなんですねぇ。

そういえばつけ汁の前に来た“梅鰹”、この付け合わせも良かったです^^
最終的につけ汁に残り全部入れて溶かしてみましたが、個人的には麺にチョチョンとつけていただくのが好きでした。これまた和を感じさせる要素、しかも梅の酸味が不思議とマッチ!なかなか良いサービスじゃないかと思います☆

麺の量がやや少なかった(恐らく150~200の間くらいでしょう)上に、昼休みの時間もだいぶなくなってきたので急ぎめに食ったらあっという間になくなっちゃいました^^;
大盛はできたんだろうか・・・と今に思えば気付かなかったんですが、もしかしたらまだないかもしれませんね。
聞かれなかったし、大盛に関することはどこにも書いてなかったので・・・
ちなみに『チャーシュー丼』は俺の後客2名後くらいでもう売り切れてました^^;
オープン初日だから材料や仕込みの量は少なめだったんでしょう。
昼休みほぼ全部使っちゃってジャンプの立ち読みの時間がなくなっちゃったけど(笑)、なかなかに大満足の1杯でした。。ごちそうさまでした!!


評価としては・・・なかなかおもしろい1杯です!!
なんだか近所の“和麺屋 長介”を初めて食った時のコトを思い出しました・・・つまり【和風】なんです。
独特な味だと思いますが、個人的にはけっこう好きな味かもしれません。
濃厚、濃味、こってり、ガツン系が好きな方には合うかわかりませんが不思議な魅力のある味かな、とは思いますので個人的にはオススメできるお店です☆
あとは『つけ麺で勝負』の店ですから、麺にもう一工夫orチョイスがあるとより良いかな、と。

採点はオープンしたばかりというコトと、回転の悪さ、オペレーションの部分、そして今後へのいい意味での期待を込めて・・・味だけならもう少し点はあがってたかもですが今回はあえてこの評価にしました☆

実はこの春から転職するので新橋のサラリーマンでなくなる可能性が高く(配属先がまだ決まってない)、この近隣のラーメンから離れるのがやや残念なんですが、これからも応援していきたいお店ですね。頑張ってください!またおじゃまします^^

投稿(更新) | コメント (2) | このお店へのレビュー: 1件

「砂町つけめん」@砂町らーめんの写真2月7日(土)昼1時過ぎに初来訪。
東陽町の某店を目当てに行くも何故か営業しておらず・・・もしやつぶれてる?^^;
チャリだったので木場・東陽町・砂町エリアで考えた結果、この店を思い出す。さっそくチャリをこいで砂町銀座(明治通り側入り口)へ!
この店、実は以前既に場所はリサーチ済み(飲み帰りに終電逃して亀戸から歩いてたw)だったのですんなり行ける・・・と思ってたら土曜の砂町銀座はすごい人!(苦笑)こんなに人が集まるようなとこか!、とツッコミ入れたくなるくらいの人混みをかき分け細路地を入りようやく到着。。。

先客は3名で若い客と砂町銀座に買い物に来たと思われる夫婦。
入り口に食券機があり購入。せっかく砂町銀座に来たので“砂町”の名のつく『砂町つけめん』にした(笑)
あつもりもできるというコトだったのであつもりでオーダーした。
後客は2組4名の夫婦(カップル?)でいずれも近隣もしくは砂町銀座への買い物客な感じだったが、ラーメンについて語ってたり携帯を見て話をしてた様子を見ると調べて来た感じでした。

着席、食券を出してから待つこと10分少々でご対麺。
む・・・細麺ですねー。。。太麺好きの俺としてはこの時点でやや不安に^^;
しかしつけ汁からはほのかに魚介の香りが立ってて食欲をそそります。
さっそく麺をくぐらせ一口・・・ん?うまい?・・・おーなかなかうまいじゃないすか♪
不思議な味です。つけ汁はやや濃い目の味付けながら尖りのない塩味、その中に醤油のコクのような味もあり、どっちがベースなのかわからない感覚です(笑)魚介の香りもほんのりですが感じられます、動物系は鶏の方がメインかな?豚骨はほとんど感じず、かなりあっさり和風に仕上げられてる印象ですね。

麺・・・これがやはりいただけない要素でしたね★
つけ汁がさっぱりライトなので合わないワケではないんですが、麺のうまさは全然感じられませんでした。のどごしはいいんですが、このつけ汁ともっとしっかり絡む麺(個人的にはやや中太のちぢれ麺なんかどうかな?と思いました)に変えるか、チョイスできるようにバリエーションを増やしてほしいなと思いました。
(結局後客もいてバタバタしてたので店主とは全然話せませんでしたが^^;)

具はつけ汁の中に細切りチャーシュー、ごま、青ねぎ。麺の上に茹でたキャベツ、エリンギの甘辛煮、味玉。
チャーシューは肉感しっかりしつつも脂身のとろけの良いもの。
たっぷりのごまは風味が良く、あっさり和風テイストのこのつけ汁には青ねぎも良く合ってます☆
麺の上の茹でたキャベツも食感があっていいですね^^
エリンギの甘辛煮は本当によく味が染み込んでおりたまに若干のピリ辛さもある、おもしろいです!
味玉は味はほとんどなく半熟、卵の甘みを先立たせたもの・・・まぁ普通です。
具はどれも冷たいのでつけ汁に少しずつ入れて温めていただきましたが、やはりつけ汁の温度の低下が気になりました。

麺を完食した後は店主にスープ割をオーダー。
鶏系とかつお系の酸味のある、あっさり系で割ってくれたようです。
するっと飲めたのでスープまで完飲してしまいました(笑)ごちそうさまでした♪


評価としては・・・スープの質はなかなかのものだと思います☆
ただ、やはり麺が残念。。。これが一番のマイナスポイントですね^^;
もうちょっとおいしい麺を使えば同じエリアの『とうかんや』のように地元でも愛される人気店になれるんじゃないかと思いました。去年オープンしたばかりということなので、今後に期待したいところですね!麺を変えて、もう少し店の位置をわかりやすく宣伝すれば来年くらいには化けるお店なのかも!!(笑)

投稿(更新) | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件

「つけソバ(塩)」@我流旨味ソバ 地雷源の写真2月16日(月)夜9時過ぎに来訪。
蒙古タンメン中本新宿店からの連食です★
めったに来ることのない土地だが、最近友人が引っ越して寂しいというので晩メシに誘う&近所開拓させる目的でこちらのお店へ連れてくことに(笑)

店は方南町の駅から徒歩6、7分ほどのところ。あたりは環七の一本裏の閑静な住宅街で飲食店もあまりない。この辺か?やや不安になりつつも前方にポツンとそれらしい場所を発見!外見からはラーメン屋の雰囲気でしたがちゃんと外に看板メニューの“旨みソバ”の文字が書いてありました。

店の中をへ着くと先客が7名ほど。こんな静かな場所にあるのにびっくりするくらい賑わってるじゃないすか^^;
中本でラーメン食った後なのもあり、趣向を変えてつけ麺にすることに。
何やらメニューがたくさんありますな・・・お、塩つけがあるんですね!迷わずこれに♪
連れは定番の“我流旨みソバ”にしておりました。

ちょうど先客2名と入れ替わるような感じで着席し、店主に食券を渡す。
麺の量を聞くとつけはデフォで300gあるらしいので、連食できつかったのもあり麺少なめ200gでお願いした。
めったにラー店では飲まないんですが友人がビールを飲みたかったらしく乾杯w
ビール(生ではなく中瓶です)は席後ろの冷蔵庫から自分で出すセリフ式。
友人が間違ってビールの食券を2枚買ってしまったのだが、強面の店主はあっさり優しく

『セルフなんでまず1本にしては?2本目飲めなかったら返金しますよ^^』

と親切に対応してくれました☆見た目のイカツさとは裏腹に優しい方のようです^^;

俺達が来た少し後にまた2名客が来て、結局その人達のオーダーと一緒に作ったらしく出てくるのは多少遅かったすね。待つこと15分ほどしてようやくのご対麺です★
お~麺は見た目にも加水率高めでツヤツヤ^^
さっそく麺をくぐらせ一口・・・うまいっすね!!
つけ汁は程良い塩加減、濃い目の味付けのようですがスープとのバランスがいいのか口当たりにきつさがまったくなくあっさり!かなりほんのりと魚介の香りがしますね。魚介は鰹節や昆布のあっさり系を使ってるようで、気のせいかホタテも使ってる気がしました。
動物系は鶏がメインで豚骨系はほとんど感じません。やや酸味もあり、柑橘系をわずかに入れてるのかな?
黒こしょうや唐辛子をブレンドした自家製スパイスのようなものが入っておりパンチもあります!

麺は前述の通り加水率高めの中太麺。断面は四角ながらツルツルで食感も良くうまいです☆
ラーメンの方は細麺なので、つけは別の麺を使っているんですね。

具はつけ汁に細切れチャーシュー、メンマ、水菜、岩のり、白ねぎ、麺の上に海苔1枚。
チャーシューは脂身だけでなく身も柔らかくて口当たりが滑らかな肉感です。
メンマはラーメンの方は穂先竹ですが、つけは細身のメンマ。コリコリとした食感があって◎です。
水菜、白ねぎは普通ですが、この塩つけ汁には合ってますね!
岩のりは変り種ながら風味も良く、普通の海苔に比べてベタッとしないのでいいアクセントです☆

麺を少なめにしたのもあってペロッと完食しちゃいました^^
スープ割を頼むと加熱してた寸胴から温かいスープを足してくれました。
ベースは鶏?鰹節&昆布??
どっちか読めなかったがやや酸味のある、さっぱりしたスープになりうまかったです♪


評価としては、塩としてはなかなかレベルの高い1杯かと☆
友人に少しもらった『我流旨みソバ』(醤油)はけっこう普通な中華そばテイストだっただけに個人的には塩の方がうまいお店なのかな?と思いました^^;
深夜営業だと夜限定のブランド店に変身、味噌を提供しているとのコトで個人的には味噌が気になるところ。
金曜限定ブランド店との味の違いも気になりますねぇ。
そういえば帰り間際に店主と後客の会話を聞いていたら、どうも常連さんだったみたいで親しく客についての話をしていました。近所のリピーターも多いお店なのかもしれませんね。
あと、飲まなかったビールの食券分も丁寧に返金してくれて

『また今度飲みに来てくださいね^^』

と言ってくれました。接客は他のレビューで指摘されていたような感じの悪さはなく、とても好印象でしたよ♪
また機会があれば再訪してみたいと思います。ごちそうさまでした!!

投稿(更新) | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件

「特製盛りそば(中盛)¥930」@新橋 おらがの写真昨日2月12日(木)ランチ時に来訪。
・・・といっても週1くらいで食いに行ってますが^^;(笑)
昨日も外待ち10人目。昼時の行列は面倒だ。。。

着席まで25分少々。ただ座ってからはすぐ出てくるのでまぁ良しとしましょう!すでに5回も採点しているワケだが・・・最近は“あつもり”でしか頼んでなかったので久々に冷でお願いしました♪それに加えて久々に【特製】でオーダー。最近ランチはCP的な部分でケチってたのでw

着席から4分ほどで特製盛りそばが到着。
お~久々に特製にするとゴージャス感が^^
しかも冷、麺はしっかりとシメてありますね!
さっそく一口・・・ん~相変わらずんまい☆

が・・・食って思ったのはあつもりの方がうまいんじゃないかってコト。
つけ汁の温度が麺半分と食わないうちに失われてしまう。
つけ汁の温度が下がるとここの濃厚つけ汁はややダレてしまう感があるなと。
それに加えて旨みがあつもりよりやや弱めに感じた。

この店のあつもりは麺を熱々で出すだけでなく、提供前に動物系のスープを少しかけてるんですよね。それによって麺がダマになるのを抑えたり熱さをキープするようにしてるのだが、それに加えてつけ汁につけた時に旨みが増すと個人的には分析している。

うまいはうまいのだが、いつもあつもりを食ってるとこういう変化にも気付く。
まぁ・・・ひやもりとあつもりでこれだけ味の差があるのも変わった要素かなとは思うが^^;

しかし久々に具をよく味わって食ってみたのだが・・・昔よりレベル上がってますね!
ブロックチャーシューの旨みも増してるし、味玉も昔は無味に近かったが最近は甘みとほんのり味が出てて、具に関しては確実にレベルが上がったと断言して良いかと☆

スープ割を半分飲んで完食。
やっぱりうまいね☆ごちそうさまでした。
最近はいろんな雑誌やメディア媒体で取り上げられているようですね~。
ただ、最近は客も多いから難しいかもだが・・・そろそろ新メニューや新トッピングも検討してほしいかも!バリエーションや店独自のメニューがあれば今後もっともっと評価されるお店でしょう^^

投稿(更新) | コメント (2) | このお店へのレビュー: 6件

「つけめん(大盛)」@風雲児の写真1月24日(土)夜の部一番で来訪。
この店はスパコンオススメ店でもずっと出ていたのでかなり前から気になって注目していた。友人に今度うまいつけ麺をおごってやる、と公言していたので友人を連れてこちらのお店へ。
夜の部開店30分くらい前に店前に到着・・・ラッキー♪一番乗りでした^^
待っていると開店10分前にはぞろぞろと行列ができ始め・・・
開店して着席して外を見たら長蛇の列!!しかも店内席後ろにも人がびっしり・・・事前に調べて、早めに来て並んどいてよかった(汗)

メニューは友人と『つけめん』を1杯ずつ、プラス2人で1杯で限定の『かまたまーめん』を注文。
(かまたまーめんは別レポで書きます)
つけめんは【あつもり】でお願いした。案の定、友人のひやもりより来るのは早かったw

待つこと10分少々でつけめん到着。お~~~~いい香りです♪
見るからに濃厚な気配、この時点で好みであろうと確信。
さっそくつけ汁にたっぷりくぐらせ一口・・・なるほど・・・ う ま い !
濃厚なスープには一口でわかるほど鶏白湯のまったりとした味わい、若干の酸味が広がり、その中にガツンとした魚介が泳いでる、といった印象。どちらの味も濃厚なのにしつこくなく、どっちの旨さもじゃませず口の中で抜群にマッチしている。コイツは久々にヒットです☆

麺はやや中太のストレート麺。加水率はやや高めでツルツル、歯応え、喉ごしが良い♪
つけ汁が濃厚なのでこのモチモチツルツル麺にバッチリ絡んで相性抜群☆
ただ個人的には太麺が好みなので、もうちょっと太かったらなお良かったなぁと思いますね。

具はつけ汁の中にチャーシュー、メンマ、白ねぎ、のりが1枚。
チャーシューは柔らかくほどけるほどで肉味がしっかりするもの。うまいです。
メンマは歯応えが良く甘みの少ないもの。チャーシュー、メンマはけっこうたっぷりでいいですね☆
白ねぎ、のりは普通ですが味の変化、箸休めにはいい材料です。

最初につけ汁に盛られてた魚粉も少しずつ溶け出していき味の深みも増していくので変化もあって飽きがこないですね!半分以上食ったところで混ぜて全部溶かし込んで一気にすすっていきます。ん~コクもしっかり出てうまいです♪

かまたまーめんと食いながらだったので腹の分量を気にしながらも、大盛300gを先に一気に完食^^
スープ割をカウンターポットから注いでいただき、かまたまーめんの口休めスープにします。
スープ割を注ぐと・・・お~あっさりめのポタージュスープみたいになりました!
鶏の酸味が立ってさっぱりします。旨みもあって良いお味です☆

結局かまたまーめんトドメになったのでスープは全部はいきませんでしたがw
つけめん、非常においしくいただきました☆ごちそうさまでした!!


評価としては・・・先人達の高評価もうなずける、レベルの高い1杯でした^^
鶏白湯の良さをうまく活かしてますね。偏りない魚介とのバランスが秀逸でした☆
あつもりでしっかり温かくいただけたのもよかったですね。
ただ大盛300gでも後半はやはり熱が著しくなくなったので、特盛だと後半ややつけ汁がダレる可能性あるかな、と思いました。冷め切っちゃうとつけ汁が重くベタになってやや殺されちゃう可能性があるかも・・・大盛まででスピーディーにがつっといただく方がおいしくいただけるかもですね!
普通に太鼓判押せるおいしさなので、また機会があれば是非再訪したいです。

投稿(更新) | コメント (2) | このお店へのレビュー: 2件

「特製つけそば」@らぁめん友蔵 南行徳店の写真2月1日(日)夜9時過ぎに来訪。
この日はせっかく車があったので帰り途中にこちらのお店へ。

チェーン店というコトでやや不安はあったのだが・・・
近所の『』は豚骨ラーメン・・・豚骨の気分ではなかったのでやむなし^^;
先客は5名ほど。
お腹も減ってたので具だくさんでたっぷりいただこうと“特製つけそば”と大盛の食券を購入して着席。

なんと着席、オーダーからものの5分と経たないうちに来た。早っ!
見た目からボリューム満点^^;
さっそく麺をくぐらせ一口・・・なかなかうまい!
豚骨魚介が売り、というだけあってちゃんと豚骨魚介です、魚と鶏メインの合わせのようで、あっさりした味わい。強いて言うならパンチがない、良く言えば優等生。
最近よくあるありきたりな豚骨魚介といった印象。

麺は細ストレート麺。これまたインパクトがない。
食べ口も軽いのでスープと合わないコトもないのだが、麺としての食感や味もあまり感じられるタイプではない。チェーン店の性か。。。

具は麺の上に“これでもか”というくらいガッツリ盛り付けられた特大大判チャーシューとメンマ、白ねぎ、味玉。つけ汁の中にも角切りチャーシューが入っており、あとは水菜、白ねぎ入り。
バカデカいチャーシュー・・・全く味がなく、まるでハムのような味。大量に入っているがこれは飽きてしまいますね★つけ汁のチャーシューは別物なのか、つけ汁のそれの方が柔らかさがあっておいしく感じた。メンマも全くの味なし、食感はプラスされるが特質すべきところもなく、味玉も無味。このへんはあまり仕事ぶりを感じられませんね。。。

茹で前で250gあるという麺、大盛にするとかなりの量。
それにも関わらずつけ汁が始めからるぬるかったので、途中からかなり冷たいつけ麺になってしまった(苦笑)始めからあつもりにしとけばよかった^^;
トータルで途中から飽きが来やすい設定ですね。

最後にスープ割をオーダーすると鶏白湯系の割り下が提供された。
不思議とこれはなかなか良い。
スープにも同じベースが使われてるなら、この鶏白湯をもっと活かした方がいいようにも思えた。


評価としては・・・普通です。可もなく不可もなく(汗)
取り立てていいポイントがないのがもったいない。
具はもうちょっと丁寧にやった方がスープが活きますね。麺も変えた方が良さそう。
スープももう少し改良すればもっと良くなるのでは?
チェーン店だけに底上げが期待できるかは怪しいですが^^;

再訪はないかと思いますが、普通に麺を食いたいだけならナシではないと思います。
ただ値段を見ての通り・・・CPが異常に悪い。。。
このCPに見合うモノを作るか、値下げをしないと長続きはしないかもしれませんね。
頑張ってほしいものです。ごちそうさまでした!

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件

「燻玉つけ麺」@麺や 璃宮の写真昨年12月の夜に来訪。
江東区の動物魚介系では数少ない高得点評価のお店なので興味あってラー好きの友人とその子供を連れて訪れてみた。夜8時過ぎだったか、幸いにもその日は並びは0、店内にちょうど3席空いていたのですんなり着席。
燻玉?ちょっと変わったのがありますね~。
はじめからつけ麺オーダーを決めていたので『燻玉つけ麺』をオーダー。

友人の子供の遊びに付き合いながら待つこと10分とかからず麺が到着!
店内もそうだが、つけ汁の丼からも魚介の香りががっつりしますなw
のりの上に魚粉が盛ってあるがこれは混ぜずにまずはデフォで。
さっそく麺をくぐらせ一口・・・うおっ、かなり魚介!!
動物魚介というコトだが魚介がかなり先行。
げんこつ、鶏ガラ使用、と店の貼り紙に書いてあったが、動物系の味はかなり抑え目。そのせいか、やや薄味に感じた。魚介系には節系がかなり使われてるとみえる。
つけ汁には黒こしょう?ですでにスパイスが施されてあり時折ピリッとした刺激もある。
見た目の濃厚さとは裏腹に、あっさりさっぱり和風なつけ汁だ。

麺は噂通り、浅草開花楼の中太麺でやや縮れている。開花楼の中では細めな方か?
特有のコシの強さ、瑞々しさ、シコシコ感があってうまい☆
縮れがいい感じにつけ汁を持ち上げてくれる。つけ汁との相性はバッチリっすな^^

具はチャーシュー、メンマ、白ネギと燻玉。
チャーシューはバラロールと思われる大ぶりのもの、味は薄めでやや肉感のある感じで。
メンマは固すぎず柔らかすぎずな感じで歯応えがいいです。
そして、売りと思われる燻玉・・・おや?予想してたほど燻製な感じじゃないですね^^;
ただ半熟具合や黄身の甘みなどなかなり良くなかなかの味玉です☆

半分手前まで食ってのりの上の魚粉を全部まぜ、たっぷりくぐらせ一口!
・・・お、だいぶつけ汁の深みが増して、いい味になりましたねぇ☆
とゆーかこの味・・・木場の『○心厨房』の中華そば、つけ麺の動物魚介にかなり近い!
魚粉全まぜの方が俄然好みです^^

友人親子の亀さん食い(ノロいw)をよそに、あっという間にたいらげちゃいました!
大盛にしといてもよかったかな?つけ汁もあっさり目だし、重さがなかったのもあって普通だとちょいとボリュームが少なめな気がしました。

最後はスープ割。鶏系?と思われる味が加わりいいお味♪
手鍋で温めたのを入れてくれたのか、けっこう熱々で返ってきました!
個人的には魚粉なしデフォのつけ汁よりスープ割の方がうまい気がしました(笑)
食後しばらくしてジムに行くことになってたので完飲はせずでしたが、トータルでおいしかったなと☆
ごちそうさまでした!!


感想で言えば・・・前述の通り、デフォだと個人的には弱いですね、味が薄い。。。
魚粉合体だと家からより近い『○心厨房』に行った方がいいかな~っていう(汗)
あと、スープの底に魚粉末の他に、大量の黒こしょうが。・・・これは客に聞いてからさじ加減した方がいいのでは?
主張強くないとはいえ、こしょうダメな人はおそらくここのつけ麺はアウトでしょう^^;
店主と従業員の会話では六厘舎の話してました。いちお研究はよくしてるみたいっすね☆
普通にけっこうおいしいレベルですけど、わざわざ再訪はないかなぁと。
もしまた近所に来る機会があればラーメン試してみようかな。
(それより新規開拓選んじゃいそうですが^^;)

投稿(更新) | コメント (4) | このお店へのレビュー: 1件

「特製もりそば+味玉」@新橋 大勝軒の写真1月16日(金)、11時25分、開店前に来訪。
数日前の帰宅途中にオープンしたのに気付き出先の仕事帰り、オープン時間にちょうどいいなと思い寄ってみると・・・なんとオープン前から店内満席、10人待ち^^;
しかも店内はオープン時間からでないと作らないようで座り待ち。。。
席数が14,5人くらいに見受けられたので20数人待ち(苦笑)
しかしここで離れたら新橋のランチタイムではありつけない可能性が・・・と思い並んで待つことに。
女性客がいなかったのは幸いだった。
(申し訳ないが女性は食うのが遅いので前にいられると回転が悪くなる。。。)
待つこと約20分、ようやく店内へ。
店前のメニューで味噌を発見し喜んだのもつかの間・・・食券機では味噌が売り切れ^^;
なんでもオープンしたばかりで、しばらくの間は販売できないんだとか・・・残念。
しょうがないのでスタンダードに『特製もりそば』の食券を購入し席へ。
麺はやはり大勝軒、無料で盛りを選べるので中盛でお願いした。
味玉の味も気になったので待ち途中で追加オーダー!

待つこと5分ほどで到着!思ったより配膳は早くて安心(笑)
さっそく一口・・・む、ザ・大勝軒!!!!!!!!!!!!!!!!!!!
本店の味に近い、かなりスタンダードな大勝軒の味だ。
魚介を匂わせながら動物系(鶏強い感じ)でコクを出したもの。
やはり砂糖も入れてるか・・・甘さもあるがケチがつくほどの甘さではなく抑え目。
パンチがなくやや薄めな印象だが、バランスの取れた、あっさりな動物魚介である。

麺はこれまた大勝軒の定番の中太麺。
よくシメてありツルツル、歯応え、喉ごしは上々!茹で加減も問題ない。

具はチャーシュー、メンマ、白ねぎ、のり、なると、そして味玉。
チャーシューは柔らかめで肉味がするもの、悪くないです!
メンマ、白ねぎ、のりは特筆するものはないものの定番のアクセント、こちらもよし。
味玉は味はあまりつけてないタイプながら、黄身の半熟具合は良好でなかなかうまいですね。

半分手前まで食ったところで卓の魚粉投入・・・が、出ない。
思いっきり傾けてみたらハプニング!ドサーと軽く山になるくらい出てきた。。。
新店なんだから魚粉やこしょうは出やすくしといてよ~^^;
魚粉好きだからさして問題になるほど深刻ではなかったんでセーフでしたが(苦笑)
大量の魚粉効果か、コクがグンとアップし、残り麺を一気に運ぶ・・・あっという間に完食!

最後のスープ割りはカウンター上のポットからセルフで。
割り下だけ飲んでみたが、かなり薄めの節系ですかね。お湯と間違うくらい、とにかく薄いw
半分ほど飲んで終了しました。ごちそうさまでした!


感想としては・・・大勝軒本店に近い味をいただけるのでアリかな、と。
ただ今後並んでまで食いたいかというとそれはそれで微妙^^;
並んで食うほどうまいってほどのモノはまぁないかなぁ。。
ただ職場から近いんで、並んでなかったり帰りに空いてればあれば再訪しようかなと。
まだ味噌も出てないし、大勝軒の味噌ってのもかなり興味あるし♪
また様子を見て近いうちに味噌、チャレンジに行きます!

投稿(更新) | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件