なんとかデータベースラーメンカレーチャーハンぎょうざうどんそば
 

べんちゃん

男性 - 茨城県

ラーメンとアリス十番の「桜のどか」をこよなく愛する独身オサーン!点数はOMD(ヲタク満足度)なので、あんまアテにしないでください。RDBは普通60点としてますが、私的に普通75点くらいで付けてます。 画像等はブログにアップしてます。 http://ameblo.jp/benchan-kame/

平均点 78.365点
最終レビュー日 2019年8月16日
636 354 1 677
レビュー 店舗 スキ いいね

「【夏季限定】冷やしつけ麺¥850」@手打ちらーめん ぎおんの写真先月28日に訪問

うどんのような色白の手延べ麺は、小麦の風味がよく硬めのところとモチッとしたところがあって美味しい。

つけ汁はほんのり甘いゴマ味噌、冷たくてサッパリしてますが、単調で飽きますwww
ラー油味変しました。

冷や奴と漬物は、このメニュー限定ですね。

しかし麺量が多いw

この麺なら、塩ラーメンとか美味しそうですなぁ。

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件

「【期間限定】地獄の激辛ラーメン¥870」@山岡家 石岡店の写真今月4日、大雨のなか11時頃に訪問。
スープまで完食すると先着で缶バッジがもらえるってことで、店員さんに缶バッジがまだあるか確認してから表記を発券し、ガラガラだったのでボックス席に座らせてもらいました。
限定はお好みチューニングできないこともあるんですが、これはできたので「少なめ」コールしました。

チェーン店の激辛なんて、所詮、ファミリー向けの域を超えてないだろうと、余裕ぶっこいて待つこと8分くらいで「スープまで飲みきると缶バッジ差し上げますからねぇ」と、年配のオニイさんより提供されました。

一応ビビリながらスープを一口。
うん、ちょっとだけ酸味を感じる唐辛子由来の辛さです。喉がチクチクしてくすぐったいw
しばらくするとヒリヒリと辛い。
辛味は味覚ではなく痛覚。痛覚も人それぞれだとは思いますが、中本ブラックのカップ麺よりは辛いと感じました。
しばらく食べ進めると辛さに慣れてきて、ベースの豚骨の旨みも感じられますね。
タレは味噌みたいなんですが、辛くて味噌は感じませんw
そして熱いです。
すごく暑いです。

麺は普通でしたけど、スープを飲んでたらちょっと柔らかくなってしまいました。
でも、ギュッとした小麦感があって、安定の美味しさですね。

終盤は辛さより量がつらかったですね。
普段、スープを飲みきることはまずないので・・・

無事、缶バッジGETできました。
これより3倍辛い、地獄のウルトラ激辛ラーメンがあるのですが、やめとこ(^^;

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件

「【限定】チョコレートらーめん¥561」@幸楽苑 新石岡店の写真2月13日に訪問、バレンタイン限定の商品です。

カカオオイル使用ってことで、香りはチョコなんだが、スープは醤油清湯でしょっぱい、てかウメーっすね。
カカオのコクがいい感じ。さすがに板チョコのとこは甘いですよ(汗)

麺はツルプリモチの幸楽麺で、固めで好み。
チョコが付着したメンマは甘くてゲキマズでしたw

ハードルをグッと下げておいたので、この点数ですwww

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件

「【限定】汁なし麻婆めん¥750」@ひかり食堂の写真1月5日に訪問。

甘辛なマーボー餡に、モチワシゴワ食感のツルンとした太麺。
最強に旨いっすね(^^
辛さも刺激的ながら、豆腐がうまい具合に中和してくれて、レンゲが止まらなくなります。
醤油主体の味付けも濃く、最後まで飽きずに食べれる。

町食堂とは思えない至極の汁なし。

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 2件

「ジャージャー麺¥750」@さくら食堂の写真今月9日、12時ちょっと前に訪問。場所は、笠間市役所のすぐ裏、通りから1本入った路地で、閑静な住宅街といったところでしょうかね。友部駅から徒歩10分もかからない距離。この日は閉庁日だからいいけど、平日であれば市役所の職員で混みそうな立地っす。

ガラガラと引き戸を開けると「いらっしゃい」と長身のおじさんが迎えてくれて、テキトーなカウンター席に座りました。
「はいどーぞ」とすぐにお冷やが出されたので、そーっと横に移動させメニューをおっぴろげます。
街中華メニューがいっぱい。もちろん麺類を頼むんすけど、今回はまったく決めてなかったので迷います。
迷うこと3時間くらいかなぁ?いや1分くらいだったかな?
おじさんを呼んで「ジャージャー麺ください、あとビールももらえます?」とお願いすると、厨房に注文を伝え「ビールは瓶でいい?」と確認されました。
どーやら生ビールもあるみたい。でも、メニューにはビール¥600としかないし・・・
まぁこーいうところのビールは瓶のがうまいから瓶でお願いすると「はいコップね」と家庭にありそうな花柄の昭和レトロなコップが出され、すぐにビールも出されました。なんて素敵な雰囲気なんだこと。

おじさんもエプロン姿で口調がとても優しく、すごく気持ちのいい接客です。
厨房には若い男性が1人、接客のおじさんの息子かなぁ?にしては年が離れてるし、孫?
店員さんはこの2名です。

店内は明るく広く、テーブル席メインだけど、カウンター席や座敷もあり、平日昼時はやっぱ混むのかねぇ?
カウンター席の上にはお酒のボトルもあったので、夜は居酒屋形態にもなるのかも・・・
まぁ街中華アルアルですね。

ちなみに、帰るまでお客さんがくることはありませんでした。

ビールを飲みながらテレビやケータイを見つつ待っていると、奥から中華鍋のカンカンという鍋振り音が軽快に聞こえてきました。
期待が高ぶりますね、待つこと8分くらいで「はい、おまちどーさま」と笑顔で提供されました。

わお!
思ってたのとビジュアルが違う、けど美味しそうw
タップリの庵がかけられてて、麺が見えません。

箸を突っ込んで麺を持ち上げると、粘度が凄まじい餡で、麺と餡が完全分離状態(汗)
重たいんで、かますのも大変。割り箸がおっちょれそうになりましたw

そんなドロドロすぎる餡は、醤油ベースの鶏ガラ出汁ですね。甜麺醤も使ってるのかな?
甘辛さもあり、挽き肉からの旨味もしっかり出てて、美味しいですねぇ。
しょっぱいんで、麺抜きで餡アテでビールいけるわ。

麺は、太いウネウネ麺。これが拍子抜けしたわぁ。
街中華つったら中太のデロデロ麺を連想するでしょ?
この麺は、モチッとした食感でしっかりコシもあり、アツモリなんでホクホクしてて美味しいんですよぉ!
太いんで、甘じょっぱい餡との相性もとてもいい、ヘタすりゃラーメン専門店の麺よりうまいかもw

汁なしなんでビールのアテ感覚でゆっくり食べても、そんなに伸びることもなく、ゆっくり食べれるのもまた店の雰囲気とマッチして、最高の時間が流れ過ぎていきます。

途中で卓上のラー油をかけて辛くしてみたけど、ラー油が古ぼけたラー油の味がして、こりゃー美味しくないラー油ですから気を付けてくださいw

麺を食べ終えると、けっこうな餡が残ってしまいました。
でも、ビールも電車までの時間もありません。

迷った挙げ句、ビールをもう1本注文することに、電車も30分感間隔だから、1本遅らせればいいしね。
ステキな空間、これ独り占めしていいのか!?いや、独りだからこその雰囲気なんでしょうね。
ちかくにあれば通いそうなお店でした。

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件

「台湾らーめん¥780+鶏チャーシュー¥100」@三代目 むじゃきの写真今月8日、12時ちょい過ぎにお店に到着。最近は行列もなく落ち着いてるなぁと思ってたところだけど、休日はそーでもねーなぁw
10分くらい外で待って、食券を買ってくださいとレイな女子に促され、タッチパネルのハイテク券売機で表記をポチっとし発券ボタンもポチっと。
さらに待つこと10分でカウンター席に通されて、事前に注文していたからすぐに来るなと予想していたけど、それから待つこと30分w

ここの台湾らーめんは、実は過去に食べてますね(汗)
台湾つけめんは食べてないから、そっちにすべきだったんだろーけど、二日酔いだと、どーしても汁っけが干すからwww
マッカンチッカンのスープは見た目ほど辛くなく、最初にホワッと甘さを感じる醤油ベースのチンタンですね。

醤油と動物の旨味から辛さがやってきて、さらに奥から乾物系のマイルドな味わいも感じる、さすがむじゃきって感じのスープっす。
複雑かなと感じるけど、そこは辛さがうまくまとめてました。でも、ほんとにピリ辛で、女子でも平気で食べれるスープですかんね。
二日酔いだとさらに旨いw

麺は細いストレート。
ザラコキパツな食感で、風味もいい自家製麺。
お手本のようなゆで加減で、低加水なんで終盤にかけて麺の変化も楽しみながら啜れました。
特徴はない、現代的な麺です。

鶏チャーシューは、県西地区に広く親しまれてるアレとは違い、低温調理の鶏むね肉。

そのほかの具材も至ってフツーだけど、ニンニクがないぶんニラのパンチはよく機能してました。

サクッと固形物完食し、スープもうまうまなんで半分くらい飲んじゃったごめんお血圧さんw

個人的には、もっと深みのある辛さが好きだけど、それぢゃ台湾ではなく四川になっちまーな。

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件

「(限定)夏体験物語¥850」@麺や 蒼 AOIの写真先月28日、13時ちょっと過ぎに到着し、待ち8番目。
券売機で「限定」¥850をポチッとして、女性店員さんに食券を渡し待機。
休日より回転はよかったかな、10分くらいで入り口イチバン近いカウンター席に案内されました。
着席から5分くらいで提供されましたけど、限定はかなり順番を飛び越して提供されますから、周囲の目線がちょっと突き刺さりますw

相変わらず美しいビジュアルに胸が高鳴ります。おっと、心臓に悪いな(;・∀・)
(メディカルセンターで心エコー検査の帰りです)

深呼吸をしてスープをいただくと、バジルやオレガノが効いた、野菜ベースのスープで、トマトジュレは程よい酸味があってさっぱり美味しい(^^)
スープも麺も、もちろん冷たい。
からの、魚介の旨味も感じつつ、少し和風な感じもしますね。
白いのは・・・生クリームベースのホワイトソースで、溶かし込むと動物系の旨味と甘みが加わり、さらに味が豊かになります!

冷たいのに、しっかりとコクもあり、これは女子ウケしそうですね。

麺は平打ちのストレート。うどんみたいな見た目だけど、パプリカが練り込んであって、噛めば噛むほどじわっと旨味(甘み)を感じる自家製麺(^-^)v
しっかり水で締められてて、エッジが立っててツルゴワシコな食感!

お肉は鶏。しっとりと低温で調理され、ハーブに漬け込まれてこれも美味しいな。しかも3枚も。

水菜は生。ちょっと違和感がある存在で、貝割れとかのがいいのかなぁ・・・
若しくは量を飾り程度にするとか・・・
冷やしだから、生物に熱は通りませんから。

別皿のアイテムは、マッシュポテトと辛肉ミンチ。
マッシュポテトはバターも使ってるのか、マッタリとした味わいで、そのまま食べても美味しいし、スープに溶かすとトマトの酸味がマイルドに変化していいますね。

歯ごたえが強い麺なんで、よく噛みながら食べてごちそうさん。
美味しいですね。
冷やしなんでサッパリしつつも、物足りなさは一切感じさせないところが、さすがでした。

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 10件

「花がつおマーボー麺¥860」@中華そば 華丸の写真本日28日12時半ごろに到着し、天候が悪いせいか街はなしラッキー。
お店には入ると「カウンター席どーぞー」と奥さまからアナウンスがあったので、製麺室横の一番奥に座り、後ろを振り向いて壁のメニューから表記を奥さまにオーダー。
待つこと15分くらいで、奥さまより高台経由で提供されました。

花鰹がドッサリトッピングされてて、鼻息が荒い人は要注意なルックス。
熱で踊ってますねぇ、美味しそすぎます\(^o^)/

スープの表面は、多目のラー油で覆われていて、湯気は断ち切られ一見してぬるそうですが、そんなことはありませんからヤケドに注意してくださいねw
混ざる前にベースのスープをいただくと、ちょっと甘めにチューニングされた醤油スープで、なんかホッコリする旨さ。
じんわりと体に染み渡ります。
スープの上にはドロッとしたマーボー餡がかかってて、中華系の香りのよい味付けにピリ辛。
挽き肉からの旨味もしっかり出てて、スープと融合すると絶妙なハーモニーへとシフトしていきます。
さすがっすわぁ(^^)
うめーっすわぁ(^^)

鰹節を浸してスープに馴染ませると、今度は和風の雰囲気が見え隠れするようになり、これもまた面白いっす!
1杯で3度も楽しめちゃいます!

麺は自家製の中太丸ストレート。
濃厚で高温のスープにも負けない、密度の高い麺で、ブチンとした歯応えがいいですねぇ。
最後までダレることなく、しっかり主張してくる麺でした。

熱いし辛いしで、途中から汗が・・・
卓上に山椒もあったので入れてみると、香りがよくシビレも適度にあって、マーボーには山椒はよく合うなと再認識できますよ(ok)

麺を食べ終えると、残るのは豆腐と餡とスープ。
みんなライスをオーダーしてたけど、これをはライスとよく合うでしょうねぇ。

美味しかったです。
マーボー麺の経験値はそれほどでもないけれど、佳子一番ですねぇ(*^^*)
駅からも近いし、ビール飲みながら食べてみたいけど、かなり満腹感があるので、それはやめておくか(´・ω・`)

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 3件

「冷やし味噌ラーメン¥800」@蒙古タンメン 中本 大宮店の写真先月30日に訪問。大宮の中本に行ってきたぉw
ちょっと並んだが、すぐに大陸系女子に食券を買うように案内されて、ヒヤミをポチッとし、オネエさんに食券を渡してカウンター席に着席。
提供までは5分ほどだったかな。

ヒヤミは御徒町で食べて、二度と食うもんか!と思ったくらい辛かったつけ麺です(´・ω・`)
また来ちゃったw

麺線がとてもキレイっすね。
つけ汁は真っ赤っか!
中本のレギュラーメニューで一番辛いと称される。
美味しそうな麺を、恐る恐るつけ汁につけてズビーッと・・・あら?

辛くないな。いや、それはウソです。
ピリッと辛くて口の周りがボワーンと熱くなる感じで、辛さよりしょっぱさが強い印象ですね。
しかも、旨みがあまり感じられず、化学的なマッタリとした後味が残ります。

これは拍子抜けっすねぇ(。>д<)
御徒町のヒヤミは、ちょっとでもつけ汁に触れるものなら、ベロがちぎれそうなくらい辛いのに・・・
味噌ベースが中本の特長なんすけど、味噌の感じもしないし、醤油が強かったっすね。

麺は中太の丸いやつ。
硬めのザラボソ食感で、小麦感も良く美味しかったですよ。
でもなぁ、辛さが足らないから、ジャバジャバつけ汁につけてもヒヤミって感じがしないんだよなぁ。

食べ進めると、酸味も少し感じます。

つけ汁には豚バラスライスが入ってます。
甘くて美味しかった。

あと、麺の上にはボイルモヤシ。
辛すぎるときの箸休めになるモヤシだけど、全然辛くないから箸休める必要もありませんw
全部つけ汁に入れてやったわい┗(-_-;)┛


隣の人は悪戦苦闘していて、ほぼほぼ残して退店していったけど、サラリと完食しごちそうさん。

辛くないし、そもそもベースが好みとは違った(´・ω・`)

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件

「(限定)冷し豆乳ラーメン¥800」@手打ちラーメンひろや食堂の写真今月1日、山形プチ遠征2軒目は、ケンチャンラーメンを訪問。
しかし、第1日曜は定休でした(。>д<)
今回の遠征の本命だっただけに残念┗(-_-;)┛
ってことで、ひろやさんへ。駅西口から直近ですね。

食堂という割には、外観は茶屋みたいな小洒落た風貌っすね。

お店に入ると、女性スタフさんが迎えてくれて、カウンター席に着席。
お客さんはいなかったんで、テーブル席でおよかったかなぁ?

メニューを眺めると、なんともカワイらしい字だこと(*^^*)
もしかして、さっきの女性は店主なのかな?
もしくは奥様?

迷ったんすけど、表記をお願いしたよ。
あとおビールも\(^o^)/
すぐにビールが運ばれてきて、グビッと火照った体に染み渡るうめーっ(^^)

店内はずいぶんキレイですね。
カウンターも高くて、短足なオレは足着かずの椅子。オシャレーw
お客さんは後もゼロで、まったりしてしまう雰囲気です。

5分くらいで、さっきのオネエさんが運んできてくれました。

スープは野菜系の旨みが中心で、乾物で補佐してるようなあっさりテイスト。
サラリとしてて、油も皆無。
豆乳を使うことによって、動物感を補う仕上がりですね。
これは女性ウケしそうな冷やしラーメンだわ

麺は自家製手打ちみたい。
青竹で打ってるんでしょうかね。卓上に麺が出来るまで的な蘊蓄が置いてあったけど、打ってる人が、さっきの女性だったから、やっぱ店主なんすかねぇー。

平打ち中太で、強烈に縮れてます!
水で締められているのでコシが強く、エッジはモチッとしながら歯ごたえはブチン!
スープも当然よく絡み、こんな麺は初体験?

アッサリ豆乳スープだから小麦の風味も風味もストレートに伝わってきて、自家製麺の良さを極限まで引き出した一杯かと思います。

お肉はありませんが、トマトがすんげー甘かった(^-^)v
見た目はフツーの野菜トマトだけど、フルーツトマトよりよっぽど甘いね。

ワカメはいらないねw

途中でブラペをかけてカスタマイズしたけど、豆乳にブラペは最強かよw
美味しかった。

特徴ある麺で、スープやトッピングにも工夫があり、これ代官山あたりで出したら、マジで女性にウケそうですw

2杯目だけど、サラッと食べれたし、スープもほぼほぼ飲んじゃった。

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件