なんとかデータベースラーメンカレーチャーハンぎょうざうどんそば
 

べんちゃん

男性 - 茨城県

ラーメンとアリス十番の「桜のどか」をこよなく愛する独身オサーン!点数はOMD(ヲタク満足度)なので、あんまアテにしないでください。RDBは普通60点としてますが、私的に普通75点くらいで付けてます。 画像等はブログにアップしてます。 http://ameblo.jp/benchan-kame/

平均点 78.365点
最終レビュー日 2019年8月16日
636 354 1 677
レビュー 店舗 スキ いいね

「【限定】鶏トマトつけめん¥920」@活龍 期間限定麺処 みつきの写真今月9日に訪問、この日までの限定メニューです。

麺が沈まないほど超濃厚テロンテロンつけ汁は、トマトの酸味もあって見た目よりサッパリしてました。
チーズも相まって、かなり洋風な仕上がりですね、BPがよく合いますね。

麺は平打ち太ストレート。
小麦感もよく、モッチモチでバインバインな食感。

活龍系は麺が美味しいですねぇ(^^

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 4件

「鶏白湯塩らーめん¥890」@らーめん酒房 GOCHIの写真今月2日、近くで無線従事者の国家試験があり、ランチで訪問。
東京ビッグサイトのオフィスビル、TFT内にあるラーメン居酒屋さん。
平日の昼時はどこも混んでますね。

予想以上に鶏のカホリが強いスープは、シャバ系白湯だけど旨みはしっかりしてました。

麺は中太縮れで、表面がモソボサとした肌で、ちょっと柔らかめ。
スープとは合ってないかなぁ、量は多く感じました。

お肉も鶏、しっとり美味しかったです。

ちょっと割高なのは所場代でしょうか。

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件

「塩つけ麺¥820」@麺屋 炙りの写真3月31日に訪問。

サバ中心の魚介感と動物のつけ汁は、サラッとしててバランスのとれたマタオマ感w

麺は中太の丸麺で、ツルシコパツンな感じ。
つけ汁との絡みは悪く、麺がずいぶん主張してきました。

つけ汁単体だとキリッとした塩気が感じられるが、麺との相性はイマイチですね(^^;

店内暗く写真ブレブレでブロガー泣かせw

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件

「【平日限定】カラシビら~めん¥830」@中華そば かずしのの写真3月22日に訪問。

これを食べるのは2回目だけど、こんなに辛かったっけー?
って、あとで確認したら、辛さは以前よりチューニングしてるとのこと。

トロッと鶏白湯スープに唐辛子系の辛さがビシバシきますねぇ。
ブラペが程よくアクセントとなって、白湯をグッと引き立てます。

中細麺はザラッとした肌で、スープもよく絡みます。
ネギはマストですね(^^

お肉も旨かったです。

ビールによく合う一杯でした。

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 3件

「辛らーめん¥800」@めん屋 みやびの写真投稿が前後してしまいますが、2月11日の訪問分。

鶏白湯に魚介を効かせ、さらに辛味をプラスしたスープは、動物、魚介、辛味のバランスが良く、あらま!
旨いっ(^^
濃厚って感じじゃないけど、これは全然アリなヤツですよ。

麺は黄色い中細モミモミ系。ブチブチとした固めで好み。

チャーシューはバラ巻で、脂が苦手なタイプでした(汗)

もうちょっとヒネリが加わると、印象はグッと上がりそうですね。

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 2件

「【限定】濃厚鶏パイタンまぜSOBA¥850」@龍神麺の写真2月3日に訪問。

動物はしっかりしてるんですが塩分がちょっぴり弱いかなぁ、クリーミーでシチューみたいw
粉チーズやら卵黄やらで濃厚カルボナーラ風、コショウがよく合いますね。

麺はプリモッチな中太、コシもありウネウネがタレをよく絡めます。
ホカホカで、湯気にいい香りが乗ってきますねぇ。

追い飯ありきなのか、麺量は少なく感じました(^^;

天辺グループは、何食べても無難に旨いっすね。

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 8件

「ぎをん鶏白湯 鶏そば+九条ネギ¥100」@ふくしまラーメンショー2019の写真京都祇園 らぁ~めん京のブース

白湯の割りには粘度はなく、アッサリ系のスープ。
癖もなく上品な味わいですね。

麺は細ストレートで、固めでポキポキと食感も良かった。
フェスアルアルの茹で湯の疲れ具合も感じませんでした。

チャーシューは小降りながら3枚、筍も2種類とデフォのTPも贅沢。
九条ネギはカサカサで美味しくなかったw

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 8件

「イズムのつけ麺¥900(醤油)」@麺堂イズムの写真先月の晦日、30日に訪問。11時40分くらいに着いて、近くの駐車場は半分くらいあいてたかな?
お店に入ると、左側に券売機があり、表記をポチッとし待ち構えてたスタッフさんい券を渡し「醤油で」と伝え、空いていたL字カウンターの角っこに案内されたおw

10分くらいで提供されました。つけ麺は写メが困るねw

つけ汁は鶏が圧倒的に支配したドロドロなもので、鶏からの蛤っちゃってる旨味重視のやつ。
修行元も鶏なんで、想像に難しさはなかったけど、さらに鶏を主張したテイストかも・・・
シャリシャリと、時折絡んでくる刻みタマネギがいいアクセントで、濃厚ながら終始飽きは感じません。

麺は、中くらいのウネウネ。つけ麺にしちゃー細いぶるいだけど、ガシッとした食感があり美味しいです。
小麦の風味も感じつつ、最後までしっかりした麺でした。

お肉は低温のやつが美味しかった。
車なのが悔やまれる。お肉の食券3枚くらい買って、ビールとか飲みたくなるねw

美味しいけど、マタオマからのハマグリ的な想像しやすい味ですかね。

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件

「濃厚醤油ラーメン¥750+ネギ¥110」@麺屋 くろまるの写真今月13日、13時ちょっと前に訪問。真岡は近いっすw
店内に入ると「いらっしゃいませー、お名前書いてお待ちください」と真岡マダムに案内されて、記帳ノートに名前を書いて待つことに。
目の前にウォーターサーバーがあり、その下にメニューがかかってたので、メニューを見ながら5分ほどまって「1名様のサクラさま、どーぞー」と案内されてカウンターに着席。ちなみに、サクラではないよw
一緒に案内されたファミリー3人に次いで注文を取りに来たので、真岡マダムに表記をオーダー。

お客さんは、お盆中ということもあってか、ほぼグループ客。ボックス席もあり、子連れファミリーも多かったから帰省客かなぁ?
駐車場の車も都心ナンバーが目立ってたし・・・
丁寧な接客で、オペレーションもテキパキしてました。

提供までは8分ほど。先に注文した3人より先に提供されて恐縮ですが、メニューによって前後するのはラーメン屋では一般的です。

粉っぽいのはニンニクチップを砕いたやつですね。注文時に言えば外せるのだが、気づいたときにはもう遅かった(汗)

スープは白湯で、動物は鶏ベースっすね。サラリと粘度は高くないけど、濃厚な旨みが出てて、初動で感じる醤油ダレの風味もよかった。
ライトな白湯なんで、クセもほとんどなく、かといって物足りなさも感じられず美味しいスープですねぇ(^^
魚介感はありませんが、昆布系の乾物を使ってるかと思われます。

でだよ!麺だよ!
自家製麺は、細麺か中太麺から選べる(汁麺のみ)んで中太麺でお願いしたけど、手もみされててウネウネしてて、ネトッとした食感からのガシッとした反発を感じ、とっても好み(^^
噛めば噛むほど甘みも増してくる!
白湯なのに、そこまで濃厚じゃなかったのは、きっと麺の良さを堪能してもらいたいっていう店主の計らいなのかも・・・しっかり堪能したw

増したネギは、食べ応えある切り方で、水さらしもされててシャキシャキうまかった。白湯にネギは必須っすねぇ。
お肉は肩ロースで、こちらも美味しい。
懸念されてたニンニクですが、インパクトありつつも浮くことが無く絶妙にマッチしてました。
ニンニクのピリ辛感も食欲をそそり立ててくれます。

美味しいものは無くなると寂しくなるものです。
固形物を完食し、スープも半分くらいいただいてごちそうさん。

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件

「炙り鶏まぜそば¥850」@支那そば やそじの写真今月14日は「やそじ」に行ってきましたよ。
車で15分の下館駅南口にあるお店なんすけど、バスと電車で向かいましたから、1時間くらいかかって13時ちょっと過ぎに到着w
券売機で表記とビールを発券し、今回は案内があったのでオネエさんに券を渡して指定されたカウンター席に着席。
店内あぢーなぁ。エアコン効いてるけど、それより調理の火力が勝ってる感じがする、あのラーメン屋独特の室内環境っす(^^;;;;
目の前は、麺茹で器。

店主のオネエさんとチラチラ目が合うが、オレのこと惚れてるのかな?
いや、きっと「ヒゲ濃いなぁ」って見てるだけだわwww
すぐにビールが運ばれてきて、突き出しはチャンジャでした。

お客さんは、地元の人が多いっすねぇ。常に満員をキープする感じです。
女性同士のオペレーション会話を聞いてると、ラーメン屋にも黄色い声が聞こえる時代なんだなぁと実感します。男女共同参画w
怒ってるんだろーけど、声がカワイイからイヤな感じはしませんね(^^;

ビンビールを現金で追加し待つこと23分で、稲葉貴子風のダンス踊ったらキレッキレだろー風な女性より提供されました。
やっちまったなぁ。すんげーボリューム!茶色。さすが850円すわぁ(^^

トピングは、味玉、紅ショウガ、鶏皮揚げ、青葱、長ネギ、メンマ、鶏モモ、貝割れ、ゴマ
鶏肉には辛子主体と思われる黄色いソースがかかってて、下館らしい演出もしっかり感じます。

よーく、かまして食べると、麺は中太のウネウネで、汁麺と一緒かな?
滑らかな舌触りに、ネットリと鶏脂主体の濃厚なタレが絡みつきます。
塩分は優しげなのは女性らしいチューニングかと思いますが、鶏脂が濃厚なんで、麺が負けちゃってる気がしないでもない。
美味しいのに、ちょっともったいないかなぁと感じますね。

タレはドロッドロでかなり油ってます(汗)
前述の通り塩分は控えめで、濃い口なのにナトリウムが少ないとか、オレを意識して作ってくれたのか?と勘違いも甚だしい感じで美味しいw

鶏皮は前日に揚げたでしょ?っちう食感で、脂っぽい感じが全面に出てくる。
そこに紅ショウガのサッパリ感がうまく調和して、紅ショウガ?っておもたが、これ重要なファクターっすね。
味玉は1コぶった切り。美味しいわぁ、黄身の感じも好みだわぁ。

ダラダラと脂系の旨みが押し寄せる中、うまく作用してくれるのがやっぱ葱っすよねぇ
青ネギ、長ネギと2種類。

しかし、麺が多い。さすがに途中で脂がいやになって、卓上の辣油で味変。脂に油なのに、辛味がまた最強過ぎるね(^^
すんげー旨かった。

ごそーさーんとカウンター高台にドンブリを置くと「良かったらかき氷もどーぞーぉ」と、無料のテイクアウトかき氷(セルフ)も薦められたが、かわいいからいいですw

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 4件