なんとかデータベースラーメンカレーチャーハンぎょうざうどんそば
 

べんちゃん

男性 - 茨城県

ラーメンとアリス十番の「桜のどか」をこよなく愛する独身オサーン!点数はOMD(ヲタク満足度)なので、あんまアテにしないでください。RDBは普通60点としてますが、私的に普通75点くらいで付けてます。 画像等はブログにアップしてます。 http://ameblo.jp/benchan-kame/

平均点 78.365点
最終レビュー日 2019年8月16日
636 354 1 677
レビュー 店舗 スキ いいね

「あんかけ焼きそば¥900」@らーめんや うめえってばの写真今月9日に訪問。
前レビから1日空けての訪問だったんで、店主さんと思しき男性と話が盛り上がりますw

蒸麺を中華鍋で揚げて、麺を取り出したところで具材を炒めて作る本格的オペレーション!

カリッと焼きあげされた麺と、蒸された麺とのアクセントが、カリカリとホクホクモッチリ、何というか、別にオーダーした紹興酒に合うねw
餡はクソ熱いからヤケド必至だけど、寒かったから嬉しい負傷でしたw

野菜もシャキッと食べ応えあり。
キクラゲも入ってて嬉しいっすよ!

おなかも満足の量で、チープ感もなくよかった(^^

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 2件

「担々麺¥1000」@らーめんや うめえってばの写真界隈で飲んでからの訪問。22時すぎでお客さんはナシ。
お店の人は店主かな?1人だけ。
ちょっとベタつくカウンター席に座り、表記を口頭注文。
10分くらいで提供されました。

醤油ベースのスープは以外としょっぱく、飲みのしめにピッタリかと思います。
サラッと流れてきて、見た目以上に食べやすいですね!
辛さも程よくゴマ感も感じられ、具材も豊富。後半は化調味かなと(^^;

麺は中細で、バツンと噛み切れる食感。以外と固めでしっかりした印象。スルスル食べやすかった。
酔っていたせいもあるかもだけど、予想を覆される旨さw

しかし、1000円は高いな。
手作り感は感じた。

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 2件

「鶏白湯塩¥750」@麺屋 菜々兵衛の写真北海道遠征最終のラーメン屋さんはコチラ!
今月19日に訪問。
駅から徒歩10分とのことですが、競歩みたいな歩き方すれば10分かもって感じでリアル15分すね(≧▽≦)信号とか大通りとかあるんで・・・
営業が心配だったんで電話確認したら、20:50LOでスープ切れ早じまいとのこと。住宅街を歩いて到着したのは19時半くらいでしたかね。
お店に入るとカウンター席に案内されたので、夜の部限定と迷ったのですが、ここは看板メニューっぽそうな表記を電話応対してくれたと思しきオネエさんに注文v(^-^)v
口頭注文後払い制です。
お客さんは8割くらいかな?住宅街でひっそりと佇むお店なんすけど、店内は活気ありましたよ(^_^)v
作りは居酒屋居抜きと思われます。テーブル席はなく、カウンターと小上がり、そして個室。
待つこと高速の3分弱で到着です(・ω・)/

ビジュアル的に違和感が無く、関東でもよく見るスタンダードな白湯。
麺は細くてコキコキとした食感(*^o^*)
ブチンとした歯ごたえ、ザラリとした麺肌、関東でもスタンダードな細麺で、北海道でも業界流行りなのでしょうか?
とても馴染みやすい麺で、後半もだらけません( ´艸`)
スープはシャバだけど、クリーミーで塩分もちょーどよく、旨み先行じゃないので無課長かと思ってしまうほど優しい白湯。
油も少ないし、この仕上がりは丁寧なスープ作りが思い浮かぶ、ホッとする鶏白湯ですよо(ж>▽<)y ☆
スープもカッツリ持ち上げるので、細麺との相性もバッチリ(^-^)/
チャーシューはペラペラで悲しいね(* ̄Oノ ̄*)
メンマは穂先(^-^)/柔らかくて薄味で美味しいo(^▽^)o
ネギも青ネギなんで、優しいスープとケンカすることなく主張しない一体感が良かった(^O^)このスープに白ネギは合わないから。
スルスルと完食し、スープも少しいただいてごちそうさん(^O^)

ありそうでないような、アッサリ派の鶏白湯。濃厚鶏白湯に慣れた関東のヲタは、ある意味新鮮に感じるんじゃないかな?
夜に食べる優しい鶏白湯塩!美味しかった。。。

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件

「オリジナル醤油¥780」@麺屋 潤焚 札幌店の写真今月18日に訪問。市電は地元民にとっては便利だが、とっても遅い乗り物で加速減速があるからお金持ちの観光客はタクシーを利用すべし、と熟々思いながら中島公園通駅を降りたら雨がポツポツ。
中島公園通駅から徒歩30秒くらいでお店に到着(^O^)/16時ちょいまえ、通し営業が多い札幌は助かります(・∀・)
お店に入ると、テーブル席に案内されました。口頭注文後払いなのでメニューを観察してると、お冷やを持ってきてくれたスタフが、そのまま居座り注文を聞こうとしてる(・・;)
一見さんには辛いプレッシャーを感じつつ、ちょっとイヤな接客なんでそのまま1時間くらい悩んであげようかと思ったけど、太麺気分だったので目に入った太麺メニューから表記をオーダー(^O^)/
店内はテーブル席がかなり多く配置されてて、家族連れやカップルでも全然平気ですね(^O^)
先客は3名、後客はゼロでした。
スタッフさんは2名で、ここもやっぱ有名人のサインがいっぱい貼ってありました。
そんなこんなでマツコと5分ほどでデラックスなオリジナルが運ばれてきましたo(^▽^)o

なかなか濃厚そうなビジュアルで、好きです(^-^)/メンマや魚粉や岩のり、センターにはなんか赤いヤツが鎮座(^O^)/
スープは香り魚介系ですけど豚骨ベースでトロッして、魚介は煮干し主体と思われます(・∀・)
かなり濃厚で好みなタイプо(ж>▽<)y ☆
表面はかなり分厚い液体アブラに覆われてるのですが、それほどくさも感じないしバランスがいい感じ( ´艸`)

麺は、中太でウネウネが強く黄色(・∀・)
ブチンバキンな歯ごたえで食べ応えも十分、濃厚スープに負けじと力強さを感じますo(^▽^)o
ツルツルですけど、ウネウネとドロドロが相まって、スープとの絡みはエロいくらいいい感じ( ̄▽+ ̄*)

岩のりは最近時々目にするがというか口にするが、やっぱ風味が豊かで濃厚スープには最適なアイテム(^O^)
センターの赤いのは、なんと!カリカリ梅(≧▽≦)岩のりに追い打ちをかけるかのような清涼感をもたらせてくれて、これは意外なトッピング(`∀´)

途中で魚粉を溶かし込むと、動物が魚介にシフトして、すごく楽しめるね(*^o^*)
麺もパツンで後半までダレることなく、美味しくいただくことができました(*^o^*)

スープは当然残しました。
油だけちょっといただいたけど、うんーなんだろーなぁ・・・
会計を済ませると、来月からイベントがるみたいでスタンプカードくれましたが、茨城に帰っちゃうからと断ったけど、せっかくなんで記念にどーぞと、いただいてきました(^_^)v

画像などはブログで
http://ameblo.jp/benchan-kame/entry-11855281391.html

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件

「味噌¥750」@RAMEN IORIの写真今月15日に訪問。千歳駅からバス。スマホで入念に調べ、最寄りの東郊バス停で下車し徒歩3分。19時ちょっと過ぎに到着。千歳川のすぐそば。
入るとオネエさんがステキな笑顔で迎えてくれて、1人だったけどカウンター満席によりテーブル席に案内されましたラッキー('-^*)/
口頭注文後払いなので、卓上にあったラミネートメニューから表記をセレクト、パッと見、混んでて遅そうだったのでついでに瓶ビール¥450とおつまみメンマ¥300もオーダーо(ж>▽<)y ☆
ビールとメンマは3分くらいで出てきました。値段からどんなメンマが出てくるのかと思ってましたが、てんこ盛りヽ(;´ω`)ノこりゃー喰いきれない(・・;)
夕飯時とあって店内はほぼ満席で、ギリギリ待ちが発生しないという状況を維持してました。お客さんはほとんどがファミリーとカップルで、独りなのはオレ他1人かな。カウンター席のほかテーブル席も6卓くらいありました(^O^)/
店内は白基調で照明も明るく、新店なんで当然キレイ。ラーメン屋という感じではありません。デートケーオツっす(^O^)
ホールの女性は笑顔がステキで動きもテキパキ、素晴らしいオペです(≧▽≦)
そんなこんなでマツコと3分ほどでデラックスな美空が運ばれてきました( ̄Д ̄;;
予想に反して早すぎ!

表面は多めの油で覆われてますが、層になってないので純連ほどではないですねヽ(;´ω`)ノ
チャーシューの上にはショウガがちょこっと。
麺は自家製の中太ウネウネ。ツルンとした麺肌ですけど、ウネウネがスープをよく持ち上げますо(ж>▽<)y ☆
プリッとした食感に固めのゆで加減で、オレは好きなタイプでしたよ('-^*)/
でも、もう少し小麦感があってもいいかなぁ・・・

スープは味噌らしいマイルドなもの(^O^)
ブレンドしてるのか、ラードに負けない味噌らしさも十分('-^*)/
塩分もそれほどしょっぱくなく、比較的スープを多めに持ち上げる麺との相性も良かったと思います。
でも、ちょっとキニナルのが焦げ臭(°д°;)中華鍋から伝染してしまってるのかな?
動物は弱めで、ラードがコッテリ感を出してます。
ショウガは量が少ないせいか、若干風味が感じる程度の変化ですね( ̄_ ̄ i)
野菜は炒めたモヤシとネギ。シャキシャキとした炒め具合で、ラードを使ってるので当然激高温ヽ(;´ω`)ノ
残念なのが、ダイブ前に炒めたと思われるクタクタというか溶けそうなモヤシが混在してたことかな。意図的?印象が悪くなりますね。
チャーシューはスライスと角切りが乗ってましたが、印象はフツーですね(^_^;)

途中で卓上の一味でカスタマイズして、さらに余ったおつまみメンマを投入!
それでも、お腹いっぱいになりメンマは残してしまいました(^o^;)

味噌なんで間違いなく美味しいんだけど、ちょくちょく欠点が見え隠れする一杯かな(><;)

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件

「鶏出汁のしょうゆ¥750」@麺屋 すずらんの写真今月14日に訪問、20時半くらいに到着。
券売機で表記を発券、ついでに¥100トッピングとグラスビールもポチポチっとして、空いていたカウンター席に着席し、店主と思しき男性に食券を渡し「トッピングはメンマで別盛り先出しで」とお願いしました。よくよく券売機を見ると、Wスープの豚魚もあり、そっちにすればよかったかな?と思ってしまった( ̄▽ ̄)=3
スタッフさんは1人で店主と思われます。店内は多少ぼろいところありますが、まぁ清掃は行き届いていて問題なしですね(・ω・)b
マツコと6分ほどで着丼♪

清湯スープにキラキラと油が輝くビジュアルは、札幌らしからぬ風貌(・∀・)/
そして、一際目を引くのはお麩( ̄▽ ̄)=3
北海道のラーメンはお麩を載せるお店がたまにあるみたいですけど、これは新鮮なトッピング('-^*)/
スープは鶏ベースに豚も使ってますかね?酔ってるからか、魚介は感じません。
清湯らしい優しい口当たりで、醤油の風味が心地よいです。そして、多めの油がコッテリ感を助長する仕上がり( ´艸`)

麺は中くらいのストレート。
すすり心地がいいんですけど、少しヤワメかな?と思いました(^_^;)
でも、スープがほんわり柔らかなんで、相性はいいかなと・・・
この麺とスープの感、茨城は石岡のお店の端麗にすごく似てますね(^o^;)
って、北海道のヲタはわからんけど・・・( ̄Д ̄;;
なにを?と言われても答えが出ないけど、バランス重視の優れた一杯かなぁと思います(^_^;)

お肉は鶏チャー。しかも、茨城県西地区で家庭でも食べられてる感じの味付けで、これは旨かった!!!
お麩は・・・車麩を煮て豚角煮風にする料理もあるけど、これは麩ですねいらねヽ(;´ω`)ノ

お酒のあとなんでスルスルと美味しく固形物をいただきごちそうさん。

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件

「ベジポタ塩¥850」@しずるの写真昨日12日訪問。
仕事をサクッと終わらせて、せっかくなんでラーメンを食べに行きました\(^_^)/
鈍行で平和駅へ向かったのですが、平日なんで日曜定休のお店に予定変更。
RDBをポチポチと探して向かったのは大通公園近くの「ハレルヤ」さん。駄菓子菓子!行ってビックリ!夜はラーメン屋じゃなかった(^_^;)居酒屋。
仕方ないので、徒歩で行けるしずるさんへ。時計は21時を少し回ったところ。
あら?電気はついてないし、お客さんはいないし・・・
隣のひるがおは夜顔なのに結構繁盛してるんだが・・・
入って中途半端な位置に券売機があったので、基本の味噌と迷ったのですが、ベジポタなるものを見つけたので未レビみたいだし表記をポチりんこ(σ・∀・)σ

店内はカウンター席のみで、意外と席数は多いかな。
BGMはJPOP。
スタフさんは、男性1人で店主と思われるが、どことなく負のオーラが出てますね( ̄Д ̄;;
オペみてても湯切りとかなんとなーく不安がよぎるし・・・いはんいかん、見た目じゃない、うまけりゃいいのさ(^-^)/
そうこうしてるとフライヤーの音が・・・( ̄Д ̄;;
揚げ系トッピング?
千奈美に待ち席は店内に固定式でありまして、昼間はそれなりの集客なんでしょうかね。
駄菓子菓子!先にも後にも客はオレだけで、待ち席にはさがみ屋の麺箱が置かれてました。

提供までは10分くらいですかね?
白湯スープに緑やら紫の野菜色が実に美しいо(ж>▽<)y ☆
トッピングの野菜はブロッコリー、蓮根、オクラ、ムラキャベ、ネギ、肉は鶏。揚げてる音はきっと蓮根とオクラとブロッコリーですね。

スープはサラサラまではいかない鶏白湯(・∀・)/
鶏の下支えがあって、そこに野菜の旨み、ブイヨンがプラスされてるって感じ。
お酒飲んだ後だったせいか、塩分もしっかり作用し、なかなか美味しい塩鶏白湯ベジスープо(ж>▽<)y ☆
ただ、関東にあるようなポタージュを冠するラーメンほど粘度はありませんよ( ´艸`)

麺はエッジの立った中細ウネウネ。
小麦感は弱いものの、固めのゆで加減でボソ感もある珍しい中細麺かな(・∀・)
表面ザラついてるのでスープもよく持ち上げてくれるし、すすり心地も気持ちがいいですよо(ж>▽<)y
そこまで細くないんで、白湯スープとの相性もよろしーかと(^O^)

野菜類は軽く火が通った程度で、シャキシャキして体に良さそうなのは嬉しいね('-^*)/
特に蓮根は美味しかった(^O^)
お肉は鶏o(^▽^)o鶏感があり、しっかりした噛み応えで旨みもいっぱいで鶏肉好きには嬉しいですо(ж>▽<)y ☆

ほぼ固形物がなくなったところで、野菜ペーストの存在に気づきました( ̄▽+ ̄*)
白湯スープでペーストも白、しかも沈んじゃってたから分からないよ(≧▽≦)
単体で食べると、旨みが濃縮されたクリーミーなペースト(*^o^*)
これでリゾットとか作ったらウマイんだろーなと思いつつ全部スープに溶かしたけど、そんなにかわんねぇ(;´Д`)ノ

卓上にバジルオイルなるものがあったので5杯程度入れてみたけど、バジルのカホリが一気に広がって、すさまじい味変!
バジルは好きなんでいいんですけど、入れすぎ注意ですね(・_・;)
ほぼバジルラーメンになってしまったwww

残ったスープも半分ほどいただいてごちそうさん(^_^)v
まろやか鶏白湯野菜ラーメン、美味しかったですよ(*^o^*)
美味しいしお店もキレイなのに、お客さんがいないのはやっぱ負のオーラが原因なのか・・・
界隈にはラーメン屋が乱立してるので、是非とも自信をもってがんばっていただきたいものです(^O^)/


写メなどはブログで
http://ameblo.jp/benchan-kame/entry-11848770094.html

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件
このレビューは移転前のものです。

「しょうゆラーメン¥700」@喜来登の写真エビの後はお口直し(^O^)今月11日、前店からの連食。
11時半過ぎに到着し先客2、後客3といった老舗らしい出だしのお店。入ると50代くらいのオネエさんが元気に迎えてくれて、テキトーに座りお冷やをを持ってきてくれたタイミングで表記を注文。
昼下がりではないけど、そう感じさせるマッタリとした雰囲気でマツコと15分ほどで、デラックスなおしょうゆが運ばれてきました。
着丼と同時に、オネエさんがパパーッと早業で割り箸ケースを前に置いてふたを開け、調味料をササッと添えるのはスバラシイ動きで圧巻!!

ネギ山盛りのビジュアルに、しょうゆらしい大豆のカヲリがいいですね。
すごくネギっぽいのかなと思いきや、水さらしがしっかりしてるので、辛みとかネギ臭はほぼありません('-^*)/
タレがかかってるので、Gみたいにそのままでも美味しくいただけるのが嬉しいです。

スープは醤油が強めで、甘辛くてちょっとショウガとニンニクが効いてて、かなりサッパリ。
表面は鶏油でしょうか??キラキラと輝きを放ってますが、スッキリした味わいはさすが醤油ですね( ̄▽+ ̄*)
動物は鶏ですね。
コクがあり、野菜とかもとかも使ってるのでしょうかね( ´艸`)

麺は札幌らしい黄色いプリッとした中太縮れ麺(・∀・)森住製麺だと思いますが未確認!(´Д`;)
スルスルと食べやすく、濃厚な醤油スープとの相性も良好です(^O^)
食べ進めていくと、みりん系の甘みが感じ始めます。

チャーシューは脂身が少なく味付けが薄めですが、これにもタレがかってるのでキリッとした味わいで、なんとなく日本酒が欲しくなる一品(^_^)v
ネギ以外に野菜はモヤシ。
これも札幌定番ですけど、シャキシャキした火の通り具合で、安っぽちさも感じませんでした(≧▽≦)

連食2杯目ですが、濃いめのカエシがグングン食を進め、アッというまに固形物完食:*:・( ̄∀ ̄)・:*:
シンプルな醤油ラーメンを札幌仕様にした感じの一杯。でも、奥深い味わいはやみつきになりそうですねv(^-^)v

後払いなんでオネエさんに精算を済ませると、手をキュッと握ってお釣りと共に「キャンディーね♪」だって(`∀´)
一見さんへのささやかなサービスもリピーターが増える要因なんでしょう。

今回はもう来ないけど、次回の北海道出張時は必ず訪問します!


写メなどはブログで
http://ameblo.jp/benchan-kame/entry-11847371251.html

投稿(更新) | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件

「あじわいえびしお¥780」@えびそば一幻 総本店の写真今月11日に訪問。
地下鉄と市電の割引乗車券で290円で東本願寺駅へ。そこから徒歩5分ほど、ちょっぴり早めの10時50分に到着してしまい、時間調整で近くのコンビニに行って再度到着した開店3分前には待ち11人:*:・( ̄∀ ̄)・:*:
11時1分に開店したときには待ち25人くらい。人気ですね!(´Д`;)
順序よく座っていき、口頭注文後払い制なので「あじわいをしおで」とコール。スープは「そのまま」「ほどほど」「あじわい」が選べて、味は「みそ」「しょうゆ」「しお」から選択するシステムになってます。
約15分ほどでデラックスな蝦ちゃんの登場です(^-^)/

白湯スープにエビのカホリが満載(^O^)
エビを揚げてすり潰した桜色の粉がキレイ。これを溶かし込むとエビのパンチがガツンときますね( ´艸`)
ベースは豚っぽいですけど、甘エビらしい円やかなエビの旨みが全面を支配してる感覚( ̄▽+ ̄*)
トロッとしてて動物も強いんでしょうけどね。塩分濃度もほどほどで、すごく飲みやすいスープです。

麺は森住の中太。細麺か太麺が選べたので、太麺をコールしました( ´艸`)
表面かなりザラザラで、モサッとした食感('-^*)/
スープの持ち上げも良く、ツルシコの黄色い麺とはまた違った味わいで、森住のクオリティの高さは脱帽物о(ж>▽<)y ☆

トッピングはフツーですが、チャーシューがフツーすぎてというか汎用市販チックで寂しいね(T▽T;)

全体的にまとまったフラットな食べやすいエビラー(^O^)
万人受け納得の一杯でしたよ(-^□^-)

わざわざ札幌で食べなくても、東京新宿にも支店があるので、興味のある方は是非どーぞ(・∀・)
スープは全残しですけど、食後ケミカル感が少し気になりました!(´Д`;)

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件

「つけBUTO(並)¥800」@men-eiji HIRAGISHI BASEの写真昨日10日連食、純連でオイルを摂取した後、せっかくなんで近場の上位店へo(^▽^)o
歩いても行けそうなんでテクテクと歩きましたが、住宅街というか団地( ´艸`)
純連から徒歩15分くらい。13時半過ぎに到着。待ちかなと思ったけど、お店入ったら8割り程度。
しかし、後続は待ちとなってましたので、やっぱ最近の人気店みたい('-^*)/
券売機を見たらまぜ麺(台湾風らしい)があったので迷ったけど、初志貫徹、当店人気No.2のポップが目を引く標記を発券しオネエさんに渡して空いていたカウンター席に通されました(・∀・)

こちらのお店もシャレオツで、お客さんはカップルも多いけど近くの学生も多い感じ。
スタフさんは5名と大勢で、店主以外は女性(*´Д`)=з
みんな先客するときは笑顔で、見てるとすごく気持ちいいですねヾ( ´ー`)
マツコと12分で、美味しそうなつけBUTOが運ばれてきました\(^_^)/

麺は1.5玉とありましたが、うん、ちと少ない気が・・・200gくらいかな?まぁ連食なんでありがたいけどヽ(;´ω`)ノ
つけ汁は、超濃厚な豚魚で時々鶏テイスト。関東でもあまりないドロ度は、強制的に麺を沈めないと沈まないほど!(´Д`;)
カホリは全面魚で、煮干しや節を使ってますね。
あと、一瞬だけ柚子っぽな感じがしたが、気のせいか?(^o^;)
塩っぽいトゲがある塩分もかなり高げで、全部くぐらせるとショパーになります(;´Д`)ノ

麺は中太微ウェーブ。
水切りしっかり目でチュルンとしてて、小麦の風味もよかったですо(ж>▽<)y ☆
でも残念なことにボイルオーバーでかなりヤワメ(x_x;)もったいない!
モチモチ感も無くなってしまうほどで、もしかして水の中で放置プレーされたかな?と思えるほど(゚ーÅ)
つけ汁が濃厚なんで麺との絡みもいいのですが、逆に麺が弱く感じてしまうのが惜しいです(´□`。)

具は麺側に海苔、つけ汁インでお肉、メンマ。
特筆するところはないけど、お肉はサイコロ状のが2つくらいで寂しいかなぁo(TωT )

スープ割りは卓上ポット。カツヲの風味が強かったですが、やっぱりぬるいのがこの手のお決まりY(>_<、)Y
ともあれ、食べ慣れた豚魚つけ麺。
フツーに美味しく固形物完食したし、札幌でもこのスタイルが味わえるのは嬉しいですね(^O^)
麺がもうちょい強力なら嬉しかった(・∀・)

最寄り駅は平岸となってますが、南平岸のが近いような・・・徒歩5分ほどでした(^-^)/


写メなどはブログで
http://ameblo.jp/benchan-kame/entry-11846967766.html

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件