なんとかデータベースラーメンカレーチャーハンぎょうざうどんそば
 

レッサーパンダのかかと落とし

平均点 74.388点
最終レビュー日 2009年5月30日
49 48 0 9
レビュー 店舗 スキ いいね

「味玉つけ麺 大盛り」@麺道 GENTENの写真2009.5月上旬
国道6号を走っていると、昼を過ぎたのでどこかで昼食を。
場所は松戸、有名店がしのぎを削る激戦区。行列で1時間も列んでいる事はできないので、そちらはパス。
鞄の中を見てみると、宿題店のメモがあったのでそちらへ移動です。

コインPにクルマを停めて、周囲を見てみると・・・、ここは学生時代からの友人の実家がある近く。学生時代は、昼夜を問わずよく来たんですよねぇ。
当然、そのころは麺道 GENTENは無かったんですけど。

入店時間は13時過ぎくらいで、空き席がカウンター2席のみ。

タイミングが悪く、ちょっと時間がかかりましたが、味玉つけ麺 大盛りの到着です。
大盛りだと300gですが、それほどの圧力はないですね。
味玉は固めの半熟くらいといった感じですね。でも、味玉と言うよりはゆで卵って感じです。これがつけ汁に入れて食べると、いい塩梅になります。

麺はモチっとした食感で、小麦感がかなりありますね。麺だけでも充分おいしく感じます。
「お好みでレモンをかけてください」と言われましたが、最初からはかけないで食べます。そうでないと、せっかくおいしい麺がレモン味になっちゃうので。

つけ汁はサラッとした感じだったので、薄いのかなという印象。でも、決して薄い味ではないです。というより、パンチ力抜群で麺のおいしさに負けないですね。
最近にトロ系の豚骨魚介といった感じではなく、醤油を前面に出してきて、それでも魚介を感じさせるものです。
これは一口舐めただけで、おいしいと感じるものです。

もう300gという麺の量は、あっと言う間に無くなってしまいます。残り1/4でレモンの存在に気づき、数滴垂らしてみると、それまでのパンチ力がサッとさわやか系に変身。また、ほんのりとレモンの香りが鼻をくすぐってきます。
入れすぎるのは問題ですが、少しだけならアリですね。

最後はブーメラン方式でスープ割りをいただきました。
ここでも、ほんのりとレモンの香りがしていい感じでした。

昼のピーク時は、きっと行列があるでしょうけど、ちょっとだけずらせば、待ち時間も少なくて済みそうです。
近くに寄った際は、また行きたい店となりました。

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件

「辛つけ麺 大盛り」@つけ麺 さとうの写真お茶の水に行き、スキー用品を見て楽しんだ後、前々からチェックしていた店に行ってきました。
豊洲のつけ麺 さとう 豊洲店と店名が一緒っていうことは、チェーン店なのでしょうか。

入口右手にある券売機で食券を買い、1塁側カウンターへ。
この食券に、並・大と書いてありますので、食券を店員に渡す時、並か大盛りを告げるというシステムです。
言わなくても、店員さんから聞かれますけどね。
大盛り(500g)も同一料金なのがうれしいですが、500gというのは茹で上げ後の量ですからね。

お盆で提供された辛つけ麺大盛りは、生麺だと250g~300gくらいでしょうか。
よほど少食でない限り、大盛りを頼んだ方がいいですよ。
麺は加水率が高いのか、ツルツルとした感じがいいですね。
つけ汁は豚骨魚介ベースらしいのですが、唐辛子が立ちすぎてわかりません。

実際に食べてみると、やっぱり豊洲のつけ麺 さとう 豊洲店と全く同じなので、きっとチェーン展開しているのでしょう。
でも、店名に○○店っていうのがないのが不思議です。

この辺には有名店がたくさんあるだけに大変でしょうね。
それでも頑張っているのは、一定のレベルがあるからだと思います。
平日が遅くまでやっているのは、ポイント高いと思います。

投稿(更新) | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件

「つけ麺大盛り」@つじ田 神田御茶ノ水店の写真2008.11下旬

土曜の朝から用事があり外出。
とは言っても、10時過ぎに早々と終わり時間を持てあましてしまった。
どうせならこのまま帰るのではなくて、今まで敬遠していた行列店にトライしてみることにした。
到着時は10時30分、まだ客はいませんでした。
開店前だと食券を買ってから並ぶようなので、買うことにします。
と、遠くから猛ダッシュで女性が券売機の前へと来て、息を切らせながら「一番!」と叫んでとても満足げ。
そんなことに執着する必要がどこにあるのかちょっと疑問。
これから食べ終わるまでこの女性には悩まされました。

11時になって店員さんの指示で席に座り、待つこと3分くらいでつけ麺大盛りが登場。
外で待っている間に、店員さんが食券を回収に来たので、つけ麺が出てくるまでの時間はそれほど長くないです。
麺は中太麺で、そのまま食べても十分おいしいです。
麺の上にはすだちがのっていますが、これは途中で麺にかけるようです。
店内においしい食べ方がありますので、それを参考にしてください。
つけ汁は豚骨魚介系ですが、そんなにクセがないですね。それだけにちょっと物足りなさがあるかもです。
食べてみると、おいしいんだけど行列するほどかなぁという疑問が。
期待が高過ぎというわけではないですが、ちょっと肩すかしかも。

それ以上に隣で店やつけ麺のうんちくを連れに語っているのが気になります。
あの一番を取った女性です。
『もうちょっとボリュームを下げて欲しいんですけど』と心の声。
並んでいる時から出て行くまでず~と話し続けてましたね。

1/3ほど食べたら、先ほどのすだちを麺にかけて食べます。
これもどうでしょうかね。
柑橘系があまり好きでないので余計に疑問に思います。

残り1/3になったら、黒胡椒を麺にかけて食します。
これはありですね。
最初からこれで行った方が個人的には好きです。

最後にスープ割りをお願いして飲んでみると、ちょっと何かが足りない。
そこで先ほどの黒胡椒を入れてみると・・・、おぉ、イケるではないですが。

全体的に女性が好む感じの味ですね。
なんとなくまとまりすぎて決め手がない感じです。
もう少し、荒々しい感じでもいいかなと思いました。
って言っても、全体的にレベルは圧倒的に高いですよ。

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件

「つけ麺大盛り」@麺屋 きわみの写真2008.11中旬

久しぶりに秋葉原を闊歩(かっぽ)しちゃいました。
それにしても昔の市場のあたりはずいぶんと様変わりしましたね。って言っても、秋葉原の青果市場って知らない人の方が多いかも。
青果市場跡地にあるのが秋葉原ダイビルやUDXなんですよ。
平成元年に太田に移転したから、もう20年かぁ。そんな市場のお兄さんたちの胃袋を満たしていたかもしれない場所へ。
この店は市場のあった頃にあったかどうかは知りませんが、このあたりは昔からあったので雰囲気が違いますね。

券売機は店外にあり、他にお客さんがいなければ長考できますね。
店内は細長い店で、ほとんどがカウンター席です。
卓上アイテムに紅ショウガがあり、その入れ物が吉野家と同じだったのには笑っちゃいました。

待つこと5分くらいで登場しました、つけ麺大盛り。
こんもりと盛られた麺は黄色がかった麺です。そして縮れ系の細麺ですね。

食べてみると、かすかにですがニンニクの風味がしますね。
そして、とんこつラーメンそのままっていう感じです。
つけ麺にする必要あるのでしょうか?という印象です。

個人的な意見ですが、細麺にするとどうしてもラーメンの別盛りという印象を持ちます。そしてつけ汁がラーメンよりも濃い分、麺が負けてしまう感じがします。
それでもラーメンの方がおいしいかもと思ってしまいます。
こちらもきっとラーメンの方が人気あると思いますよ。

投稿(更新) | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件

「辛つけそば(大盛り) 850円」@麺彩房 西日暮里店の写真久しぶりに降りた西日暮里。
ちょっとだけ用事を済ませてから食事です。
さてと、どこに行こうかなと思っていたら、もう何ヶ月の行っていなかったところを思い出しました。
店外にあるメニューを見たら新メニューでしょうか、なにやら知らないメニューがあります。
それではということで、新メニュー目当てで入店です。

こちらの自販機はちょっとボタンの押し方が違います。
先にお金を入れるのは一緒ですが、次に並か大盛りを選択です。
その次にメニューの選択をします。
今回は新メニューの辛つけそば(大盛り)にしました。

しばし待っていると、「辛つけそばお待ちっ」の声と共に登場です。
先に出てきた麺を見ると、パッと見た感じ、スパゲッティナポリタン?って思っちゃいました。
中太麺の上にあるには何でしょうかね。
麺全体にも絡めています。
つけ汁自体は、以前と全く変わっていないようです。

麺だけを食べてみると、痛いような辛味ではないですね。
でも、辛いことは辛いですよ。

つけ汁につけて食べてみると、最初はほどよいピリ辛でいいですが、
半分も食べているうちに、つけ汁が赤く染まってきて結構辛いです。
麺自体は辛いし、つけ汁も辛くなってきた。
逃げ場は、もうどこにもありません。
食べ終わった時にはすでにつけ汁は真っ赤です。
最後はセルフでスープ割りをして完飲です。
これもそんなに突き刺さるような辛さではないです。

麺にちょっとだけある滑り感が気になりますが、極端に毛嫌いするような感じではなかったですね。

それにしても、辛つけそばにはビックリしました。
本当にスパゲッティが出てきたと思いましたから。

寒い日にはおいしくて辛いものがいいですね。

投稿(更新) | コメント (0) | このお店へのレビュー: 2件

「つけラーメン大盛り 野菜多め」@ラーメン大 堀切店の写真2008.12初旬

なんか、この日はメチャクチャ腹減ってたなぁ。
どこで食べようかと迷っていたら、先日の勝流ラーメン 麺徳を思い出した。
さすがに同じ店に行くのはおもしろくないので、二郎系が家の近くにないか、ちょっとRDBで検索してみました。
そうすると1軒あるではないですか。
と言うことで、速攻行ってきました。

時間はまだ16時過ぎなのに、雨だったからもう真っ暗。
おかげで寒いのなんのって。

入店し、左手にある券売機で食券・・・、っていうか、プラスティックの札を買って高台に置きます。
野菜マシとかのコールは麺が茹で上がってかららしいのでしばし待ちです。
先客が2名ほどいたので、コールの仕方を勉強させてもらいました。
10分位すると、店主から合図が出てから野菜多めをコール。

そうして出てきたのが、つけラーメン大盛り 野菜多めです。
本当はカレーつけ麺にしたかったのですが、残念ながら売り切れでした。
出てきたのを見て、麺を大盛りにしなければよかったかと後悔です。

麺に添えられている肉は結構厚いです。
それにしても、野菜多めとあわせて麺がよく見えません。

豚骨魚介のつけ汁ですが、今まで食べてきたのとは一線を画します。
背脂と魚粉が立っていてまさにジャンキーな感じですね。

まずはどうしてくれようかと思案するものの、野菜を少し片付けないと肝心の麺にありつけません。
ということで、野菜をつけ汁に浸しつつ食べていくことにしました。

ようやく見えた麺は、中太麺くらいかな?
ボキボキと硬いものではなく、硬めの麺に茹で上がっていますね。
汁の中に入ってないので、その辺を考慮してくれたのでしょうかね。

麺と野菜を織り交ぜながら食べているうちに、箸を持つ手が辛くなってきました。
今までラーメンを食べていて、こんなことは初めてです。
それくらい量が多いということなのでしょう。

すべてを完食してスープ割りをお願いすると、ご主人が大きなヒシャクでダイレクトに入れに来ました。
おぉ、何とも漢っぽいですね。

こちらのご主人は見た目が強面の方なので、入った時に正直言ってビビりました。
その上、黙々と仕事をしているから怖さ倍増です。
わけもわからず謝ってしまいそうでした。

でも味は最高です。
いい仕事してますね、ご主人。

二郎系はこれで2回目ですが、味に関してはおいしいですね。
あとはビジュアル的にどうかと言うことだけです。
個人的には、若干ハマりつつある感じがしますので、きっと何回かは行くでしょう。

投稿(更新) | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件

「あらとんつけ麺」@あら焚き豚骨 あらとん 本店の写真札幌シリーズ最終章。

この日は午後の便で東京へ帰る日でしたが、まだ名残惜しくて、早い時間からやっている店を検索。
すると、ホテルからタクシーで10分強くらいのところにありました。

現場に到着が9時10分ころでしたが、観光バスが数台駐車していて、なにやら賑わっていますね。
早速店内に入ると、すでに空席が6席のみ。
座席が15席あるので9名が開店直後に来たと言うことですね。
これは期待大です。

入口左にある券売機で食券を購入して着席。
するとすぐに5名が入店し、あっという間に満席です。

先客の配膳を見ていると、大半の人が味噌ラーメンを選んでます。
やはり北海道と言えば味噌ラーメンなんでしょうね。

そんなこんなで先客の配膳が終わり、早い人なら食べ終わろうとしている頃、ようやくご対麺です。

麺は中太麺でツヤツヤしてます。
大盛りはさらにあら盛という食券を買うのですが、3玉らしく、その量がわからなかったのでここはノーマルで。
でも、この3倍の量ってことは無いでしょうがね。
麺だけを1本食べてみるとメチャクチャ冷たいです。
11月上旬とはいえ、北海道の水はもう真冬なんですね。

豚骨魚介のつけ汁は見た目通りどろどろ系の濃厚抜群です。
ひとくち口に含むと、魚介エキスたっぷりとしているのがわかります。
生臭さは全くなく、まろやかな感じさえします。

麺をつけて食べてみると、麺がつけ汁によく絡んでおいしいです。
ただ、つけ汁がドンドン冷めてしまいましたけど、仕方がないですね。
それに量もちょっと少なく感じましたね。
これなら少々ムリしてでもあら盛にしておけばよかったと後悔。

最後にスープ割りですが、ブーメラン方式でやってきました。
熱々になったスープからは魚介の風味が復活です。
これから寒い中を帰るのに体を温めてくれるホッと出来る時です。

今回の札幌遠征は突然の出来事でしたが、最後は後ろ髪引かれる思いで東京への帰路につきました。

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件

「つけ麺味玉入り(大盛り)」@麺屋 えん寺の写真去年の新店オープンの時に情報入手していて、行ってみたいと思っていた店にようやく行くことが出来ました。
地図で予習していて、わかりづらいところかなと思っていましたが、意外なほど簡単に見つけることが出来ました。

入るとすぐに正面に券売機がありますので、お金を入れてから、先に麺の量を選択するようです。大盛り1.5玉のボタンが点滅していますので、これがお奨めなのでしょう。
あとはつけ麺か中華そばの選択。
つけ麺を食べにきたので、自分的にはつけ麺以外の選択肢はありませんでした。

水は完全セルフですが、ポットではないところが「えん寺」ワールドの始まりなのでしょう。
座った場所だけなのかわかりませんでしたが、目の前に間違い探しの本があったので それで待ち時間を過ごしていました。
他にも胚芽麺の説明板があるので、そちらを読んでも待ち時間を過ごせますね。

そんなことをしていたら、つけ麺味玉入り(大盛り)が到着しました。
でも、高台に麺の器をのせられた時、麺の器の大きさにビックリしてしまいました。
器が大きい理由は、食べ終わりにわかったのですけどね。
太麺でコシがあって、これだけでもおいしいです。

つけ汁はかなり粘度があります。
麺を浸しまくったら、つけ汁が無くなること必至です。
つけ汁に入っている味玉が絶品です。
トロトロの半熟で、かじると黄身がトロッとこぼれそうでした。
チャーシューはレンガの形をしたのが数個あります。
これもなかなかいい味しています。

いざ食べようと、つけ汁の器に触るとかなり熱いです。
この熱さは最後まで変わりがないですよ。
濃厚なつけ汁と胚芽麺の相性は抜群で、どっちかが強いという感じでなく双方とも強さがあるのでワシワシと食べる感じでした。
つけ汁に粘度があるので、結局、麺を食べ終わる頃にはつけ汁が半分以下になってしまいました。

最後に高台にあるポットからスープ割りです。
ちょっと多めに入れていただくと、丁度いいくらいですね。
そして、水菜のシャキシャキ感がいい具合で楽しませてくれます。

麺の器が大きかった理由がザルを入れることによって、麺の水でつけ汁が薄まらない配慮です。
細かいことですが、食べる側にとってはうれしいことです。
こういうのは、是非他店でもマネして欲しいですね。

麺、つけ汁、店、店主、その他すべてが気持ちよかったです。
家から近い距離ではないですが、何度も足を運びたいです。

投稿(更新) | コメント (2) | このお店へのレビュー: 1件

「つけめん(750円)+大盛り(100円)」@めん屋 いなば‏ 御徒町店の写真最近、秋葉原に行くと決まった店しか行かなくなっている。
そこで新規開拓をかねて周辺を散策することにした。

秋葉原地区ではあまりないだろうと思い、御徒町との中間のところへ足を向けることにした。
土曜の夕方で、秋葉原からはずれた場所は意外と人が少ないですね。
そんな時、蔵前橋通りと昭和通りの交差点近くに店を発見。
早速入店し、入口右手にある券売機でメニューを選び、席へと着く。

水は完全セルフですので、卓上ポットからどうぞ。
店内は時間制禁煙ですが、それ以外の時間は分煙化されていました。
でも、ラーメン食べる時間くらい、タバコ吸うのガマンできるでしょ。オレは絶対吸いません。

オーダーはつけめん(750円)+大盛り(100円)です。
つけ汁にポッカリと魚粉が浮かんでいます。
濃厚な印象ですが、実はあっさりとしてます。
ちょっと薄いかもと思えるくらいですね。

食べてみると、角張った麺につけ汁がよく絡んでおいしいですし、具のチャーシューがトロトロの豚バラで、かなりおいしいです。
でも、キャベツが中に入っているのにはビックリです。
このキャベツが、葉の方ではなく芯の方を多めに使っているので、歯ごたえが楽しめて、ちょっとした箸休めにもなりますね。

卓上アイテムのにんにくチップを途中で入れようと思ったのですが、その存在を忘れてしまいました。
ノーマルで十分おいしかったんだから仕方ない。
と、自分にいいわけ。
最後にスープ割りをお願いして完飲です。
中休みがなく年中無休なので、いい店の発掘でした。

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件

「つけ麺大盛り(440g)720円」@つけ麺屋 利平の写真RDBで見つけて、興味があったので行った店。

こちらは最初にちょっとした難関がありますね。
店内に入るとすぐにあろうと思われる券売機が見つからないこと。
店の中程まで行かないと券売機がないというのには気づかず、ちょっとキョロキョロしちゃいました。

券売機でつけ麺大盛りを押し、しばし待つことに。

それにしてもメニューや卓上アイテムがつけ麺屋 やすべえ 水道橋店つけ麺屋 ごんろく 両国店と同じなのは経営者が一緒とか、姉妹店とかなのでしょうかね。
出てきたつけ麺も同じかな。

つけ汁は甘いです。卓上にある魚粉で味の強化しないと甘すぎる感じがします。
ただ全体的に比較的個性が強くないので、つけ麺の第一歩としてはいい感じだと思います。
甘めのつけ汁が嫌いな方は辛味つけ麺の方がお奨めでしょう。

昼は置いてある玉ねぎが、夜の部では言わないと出てこないのにはマイナスポイントです。
でも、深夜まで営業しているのは助かります。

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件