なんとかデータベースラーメンカレーチャーハンぎょうざうどんそば
 

レッサーパンダのかかと落とし

平均点 74.388点
最終レビュー日 2009年5月30日
49 48 0 9
レビュー 店舗 スキ いいね

「大黒麺 (300g)」@大黒屋本舗 千葉中央店の写真2009.5.9訪問
何年ぶりだろうか、久しぶりに木更津で仕事。
この日の夕食は千葉市内とすでに決めてあったので、終わり次第市内へ移動。
でも、店前に着いたのは16時30分。
開店まで、まだ30分もあります。
待ちの間、なんか雲行きが怪しくなってきて、いつでも降りそうな感じだったので、雨宿りできそうな場所へ避難。

結局、雨に降られたので、入店時間は17時20分。
先客はうっすらとカラダが濡れているアベックが1組。

食券を買って、待つ事7分くらいで登場の大黒麺300gです。
デフォルトで200gなんですが、ちょっと少ないかなと思いまして。
野菜の盛りは結構ありますね。
キャベツ率がかなり高く、3割以上はありました。
チャーシューはそれほどの厚みはなく、味もごく普通な感じで、それほど印象に残らなかったです。

まずは野菜からやっつけましょう。
食べてみると・・・、もやしが生?
全く茹でた感じがしないです。
これがここでは普通なんですかね。
いくらなんでも、これはダメです。

急いで天地返しで野菜をスープに埋めて、せめて温めるだけでもと。

麺はボキボキ系と言うほどではなく、若干柔めですね。
脂の影響か、スープが若干甘めになっているので、胡椒が必要かな。

量的には十分なのですが、脂が完全にダメ。
口の中でドロッとした感触が、個人的にはNGです。

もやしが生だし、脂もダメ。
残念ながら、これを食べることはもう無いでしょうね。

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件

「つけ麺大盛り」@麺屋 きわみの写真2008.11中旬

久しぶりに秋葉原を闊歩(かっぽ)しちゃいました。
それにしても昔の市場のあたりはずいぶんと様変わりしましたね。って言っても、秋葉原の青果市場って知らない人の方が多いかも。
青果市場跡地にあるのが秋葉原ダイビルやUDXなんですよ。
平成元年に太田に移転したから、もう20年かぁ。そんな市場のお兄さんたちの胃袋を満たしていたかもしれない場所へ。
この店は市場のあった頃にあったかどうかは知りませんが、このあたりは昔からあったので雰囲気が違いますね。

券売機は店外にあり、他にお客さんがいなければ長考できますね。
店内は細長い店で、ほとんどがカウンター席です。
卓上アイテムに紅ショウガがあり、その入れ物が吉野家と同じだったのには笑っちゃいました。

待つこと5分くらいで登場しました、つけ麺大盛り。
こんもりと盛られた麺は黄色がかった麺です。そして縮れ系の細麺ですね。

食べてみると、かすかにですがニンニクの風味がしますね。
そして、とんこつラーメンそのままっていう感じです。
つけ麺にする必要あるのでしょうか?という印象です。

個人的な意見ですが、細麺にするとどうしてもラーメンの別盛りという印象を持ちます。そしてつけ汁がラーメンよりも濃い分、麺が負けてしまう感じがします。
それでもラーメンの方がおいしいかもと思ってしまいます。
こちらもきっとラーメンの方が人気あると思いますよ。

投稿(更新) | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件

「正油らーめん」@らーめん てつや 南7条本店の写真2008.11上旬
とある夕方、1本の電話が入り、急に札幌に行くことになった。
それも翌朝7時の便で羽田~新千歳という強行、しかも日帰り。
急いで帰宅して準備をしているとまたしても電話が。
なんと、3泊して現場を手伝ってくれと。
・・・てなわけで札幌シリーズです。

現場で特に何もすることなく時間が過ぎて夜。
さて、夜はなに食べようということでRDBで調べてみたら、ホテルから遠くないところにおいしい店があるではないですか。
早速移動です。

昼は暖かな札幌でも夜になるとかなり冷え込みます。
そんな中、15分ほど歩きようやく到着です。
事前情報では、行列が出来ることが多いとなっていましたが、気温は一桁、すでに22時を回っています。
そんな時に行列が出来るわけもなく、店内も比較的空いてます。
それでもガラガラでないところは人気店なのでしょう。

正油らーめんを口頭で注文。
待つこと4分くらいでやってきました。
スープは豚骨醤油で、コッテリ系かと思って口にすると意外とアッサリとしてます。
麺は縮れ系の細麺、シコシコとコシがありほどよい縮れ具合でスープをよく絡みます。

実はシフトマネージャーの名札をした人が作っていて、その方がラーメンを出す直前にスープの味見をし、小さい声でしたが力強く「よしっ」と言ったのが聞こえました。
最近の人気店では、1杯1杯の味見などしないところが多いですよね。
でも基本を大切にするその姿勢に心を鷲掴みされました。

そんな店のラーメンがおいしくないわけがありません。
冷え切った体に温かなラーメンが体と心を優しく包んでくれます。

完食して店を出る時に、店員全員からありがとうございましたとあいさつ。
そして、ドアを開ける頃、若い店員が外まで見送りしてくれました。
最初から最後まで気持ちのいい店でした。

ホテルまでの帰路は、寒空のはずの15分がとても暖かで幸せな気分で帰ることが出来ました。
いずれまた札幌に行く機会があれば、絶対に行きたいと思う店です。

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件

「ぶた入りラーメン 野菜マシ」@大二郎の写真秋葉原に二郎系の新店が出来たって聞いたので行ってみました。

表に営業時間が書かれているボードがあり、日曜日は17時で終わるんですね。
秋葉原時間なのでしょうか。

入口はいると右手に券売機があり、食券を買って席へ。
入店時間が18時30分でしたが、先客1名。
席に着こうとすると、すでに水を置かれていて決められているようです。
なら、こちらへどうぞとか声をかけて欲しいです。
黙ったまま水を置かれても気づきませんよ。

着席後、7分くらいで来ましたぶた入りラーメン 野菜マシはたまたまなのか、キャベツ率が高くて半分はキャベツでしたね。
ただ、これが茹でてあるだけだったので、卓上アイテム総動員です。

豚はあまりパサツキ感は感じなく、いい塩加減です。
ただ、個人的に豚のアブラが完全にダメで、このアブラのせいでちょっと気持ち悪くなってしまいました。

麺は硬めと言う感じではなく、ちょっと茹ですぎ感があります。

スープは豚骨系なのですが、ちょっと薄いのかな?
全体的にパンチ力が無く、ボンヤリとした印象ですね。
土地柄、女性の集客を狙って優しい感じにまとめた感がありますね。
今後に期待と思いたいですが、この路線は変わらないでしょうね。

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件

「小ラーメン(太麺)豚入り 野菜マシ」@らーめん豚喜の写真2008.12中旬
RDBを見て、気になっていたので訪問。
簡単なチェックで行ったため、リリオ弐番館を地下にあると思わずにしばしうろつくハメに。
亀有駅には17時に着いたのに、店に入ったのは17時30分過ぎ。

店に入って券売機を探すと無く、ホール担当の20歳代の女の子に席へと促せるまま着席。
口頭注文~料金後払いの店だったようですね。
この女性がテキパキと切り盛りしていて頼もしいです。

7~8分で小ラーメン(太麺)豚入り 野菜マシが到着。
野菜の盛りはよく、若干クタっている感じがするものの、歯応えがあります。
豚は厚みがありますが、柔らかい上、いい塩加減です。
スープは豚骨魚介系で、結構アッサリしたスープですね。
麺は太麺だけあって食べ応え充分。でもボキボキとした硬い感じではなく、ほどよい歯応えです。

そういえば、食べている途中で他の客が野菜のおかわりしていました。
おかわりってありなの?
って言うか、おかわりするその胃袋がすごい。

残り半分くらいになると、スープが薄く感じてきました。
野菜の水分なのでしょうかね。
そこで魚粉を軽く1杯入れて味の強化です。
そうすると、魚介の風味が増していい感じです。

スープまで飲み干すとさすがにきついですが、最後までおいしかったです。

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件

「ラーメン豚入り(野菜大盛り)」@勝流ラーメン 麺徳の写真以前、国際通りを三ノ輪方面に車で行くと見つけて気になっていた店。
この日はちょっと気になっていた店に行ってみました。

店内に入り、すぐ右にある券売機で食券を購入。
夜の部始まったばかりだったので先客はなし。
食券を渡して、店にある張り紙を見ると「野菜は大盛りと言わないと普通盛りになっちゃうよ」とあります。大盛りにしてみようかと思い、野菜大盛りでとコール。

食券を渡してから10分でようやく出てきました。
って、やっちゃいました、ここは二郎系のお店だったみたいです。
実は二郎系の店は、ビジュアル的に好きではなかったのです。
なんか食事と言うよりエサ的なものに見えてしまうから、
極力避けてきたのですが、ここに来て捕まってしまいました。
でもこちらの盛り方はとても美しい感じですね。

それにしてもこの豚肉の厚さったら何ですか。
そして野菜と言っても9割がもやしのような気がします。
これだけのもやしの量を食べきるのには、必然的に多くのアイテムが必要だったのですね。それにあやかり、醤油カエシやコショウを途中から投入です。

それにしても豚肉が柔らかくてメチャおいしいです。
今はこのまま食べていますが、スープに浸して食べると最高です。
格闘開始から10弱でようやく麺が見えてきました。
おぉ太麺だぁ。
なんかこれでもかっ!っていうくらいの追い打ちです。
でも、これだけのもやしを食べきるのには
この太麺でないとのびてしまうからこれも必然なのですね。
麺はしっかりとした歯ごたえがあり、スープをうまく絡み合ってかなりおしいいですが、この時点で結構お腹いっぱいになっています。

格闘開始から30分でようやく試合終了。
その量のすごさで、スープは完飲できませんでした。

鍛え直して、必ずリベンジをします。

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件

「ヨシベーラーメン醤油」@ラーメン ヨシベー 錦糸町店の写真RDBで見つけて、行ってみたいお店になってました。
実際に行ってみると、時代から取り残されたのような店構えに軽く引いてしまいそうな感じでした。

店外にある古さを演出した券売機で食券を買い店内へ。
そこはまさにプチテーマパークと化してました。
店内を見渡していると、いつのまにか一番奥のカウンターへと足を運んでしまいます。

食券を渡すと、細麺か太麺かの選択を聞かれますが、ここは昭和の雰囲気を味わいたいので細麺を選択し、しばし待つことに。
この待ち時間も店内のオブジェに見とれて、過ぎゆく時間さえも忘れてしまいます。

出てきたものは、堅めの麺で小さい頃に食べたラーメンに似ている。
どうせだったら、豚骨醤油にしないで中華そばの醤油にすれば、本当に子どもの頃を思い出させてくれるかもと思うと、少し後悔しました。

ラーメンだけでは70点くらいですが、徹底した昭和の演出がすばらしい調味料となり、これが+10点となりました。

ここは小さな子どもやデートの話題作りなどにも使える店ですね。

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件