なんとかデータベースラーメンカレーチャーハンぎょうざうどんそば
 

レッサーパンダのかかと落とし

平均点 74.388点
最終レビュー日 2009年5月30日
49 48 0 9
レビュー 店舗 スキ いいね

「味玉つけ麺 大盛り」@麺道 GENTENの写真2009.5月上旬
国道6号を走っていると、昼を過ぎたのでどこかで昼食を。
場所は松戸、有名店がしのぎを削る激戦区。行列で1時間も列んでいる事はできないので、そちらはパス。
鞄の中を見てみると、宿題店のメモがあったのでそちらへ移動です。

コインPにクルマを停めて、周囲を見てみると・・・、ここは学生時代からの友人の実家がある近く。学生時代は、昼夜を問わずよく来たんですよねぇ。
当然、そのころは麺道 GENTENは無かったんですけど。

入店時間は13時過ぎくらいで、空き席がカウンター2席のみ。

タイミングが悪く、ちょっと時間がかかりましたが、味玉つけ麺 大盛りの到着です。
大盛りだと300gですが、それほどの圧力はないですね。
味玉は固めの半熟くらいといった感じですね。でも、味玉と言うよりはゆで卵って感じです。これがつけ汁に入れて食べると、いい塩梅になります。

麺はモチっとした食感で、小麦感がかなりありますね。麺だけでも充分おいしく感じます。
「お好みでレモンをかけてください」と言われましたが、最初からはかけないで食べます。そうでないと、せっかくおいしい麺がレモン味になっちゃうので。

つけ汁はサラッとした感じだったので、薄いのかなという印象。でも、決して薄い味ではないです。というより、パンチ力抜群で麺のおいしさに負けないですね。
最近にトロ系の豚骨魚介といった感じではなく、醤油を前面に出してきて、それでも魚介を感じさせるものです。
これは一口舐めただけで、おいしいと感じるものです。

もう300gという麺の量は、あっと言う間に無くなってしまいます。残り1/4でレモンの存在に気づき、数滴垂らしてみると、それまでのパンチ力がサッとさわやか系に変身。また、ほんのりとレモンの香りが鼻をくすぐってきます。
入れすぎるのは問題ですが、少しだけならアリですね。

最後はブーメラン方式でスープ割りをいただきました。
ここでも、ほんのりとレモンの香りがしていい感じでした。

昼のピーク時は、きっと行列があるでしょうけど、ちょっとだけずらせば、待ち時間も少なくて済みそうです。
近くに寄った際は、また行きたい店となりました。

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件

「大黒麺 (300g)」@大黒屋本舗 千葉中央店の写真2009.5.9訪問
何年ぶりだろうか、久しぶりに木更津で仕事。
この日の夕食は千葉市内とすでに決めてあったので、終わり次第市内へ移動。
でも、店前に着いたのは16時30分。
開店まで、まだ30分もあります。
待ちの間、なんか雲行きが怪しくなってきて、いつでも降りそうな感じだったので、雨宿りできそうな場所へ避難。

結局、雨に降られたので、入店時間は17時20分。
先客はうっすらとカラダが濡れているアベックが1組。

食券を買って、待つ事7分くらいで登場の大黒麺300gです。
デフォルトで200gなんですが、ちょっと少ないかなと思いまして。
野菜の盛りは結構ありますね。
キャベツ率がかなり高く、3割以上はありました。
チャーシューはそれほどの厚みはなく、味もごく普通な感じで、それほど印象に残らなかったです。

まずは野菜からやっつけましょう。
食べてみると・・・、もやしが生?
全く茹でた感じがしないです。
これがここでは普通なんですかね。
いくらなんでも、これはダメです。

急いで天地返しで野菜をスープに埋めて、せめて温めるだけでもと。

麺はボキボキ系と言うほどではなく、若干柔めですね。
脂の影響か、スープが若干甘めになっているので、胡椒が必要かな。

量的には十分なのですが、脂が完全にダメ。
口の中でドロッとした感触が、個人的にはNGです。

もやしが生だし、脂もダメ。
残念ながら、これを食べることはもう無いでしょうね。

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件

「房州らーめん+半ライス 1,080円+170円」@房州らーめんの写真約1ヶ月ぶりに館山に来ました。
今度もまた仕事ですが、前回と違うのは午前中で仕事が終わること。
もちろん、前回行けなかった千倉へダッシュです。
こちらは館山駅からクルマで30分くらいで着きます。
でも、途中でちょっと道を間違えてしまい、予定より1時間オーバー。
着いたのは14時過ぎ。
入店すると、ゴルフ帰りなのかおじさんたちが7名もいました。

メニューを見て、店員のお姉さんに「房州らーめん」の有無を確認。
いくら1日30食限定とはいえ、値段的に地元の人はあまり食べないだろうと予想はつきましたが、遅くなった上、おじさんたちの人数を見て一抹の不安に苛まれましたが、「大丈夫です」と笑顔で答えてくれて、ホッとしました。

でもおじさんたちの分が先だったので、出てくるまで15分位かかりましたね。
そして目の前に来た房州らーめん(通称はまぐりラーメン)を見て、もう来られないかと半分諦めていたのでうれしさ倍増です。

小振りのはまぐりが所狭しとあります。
これがプリプリしておいしいんですよ。
スープを一口すすると、はまぐりの出汁が口いっぱいに広がります。
塩のスープと言うより、本当に「はまぐりだけ」っていう感じです。
麺はストレート系の細麺で、よくスープに絡んでイケますよ。
また茹で加減も、少し硬めだったので完全に好みです。

でもちょっとスープの塩分が強めですかね。
そこでメニューに書いてあったように半ライスを追加でオーダー。
ライスinです。
こうすると塩分強めのスープが和らぎ、まさに「はまぐり茶漬け」です。

1,080円と安くない値段ですが、来た時には是非ものの一品です。

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件

「らーめん」@らーめん頑頭(GUNS)の写真仕事で館山に行ってきました。
いや~、東京からだと遠いこと遠いこと。

朝一に出てきて、午前中に仕事を終えて昼食を。
RDBで調べてきた場所へ移動ですが、徒歩だとちょっと遠すぎ。
そこで仕事先のクルマで移動しました。

地元では人気店らしく、開店前ですでに4名ほどいましたね。
こちらは券売機制度ではなく、直接注文~後会計です。
注文して12分くらいで「らーめん」がやってきました。
店主ひとりで作っていますので、前に客がいると遅くなりますね。
作り始めたら、3分くらいで出てきましたけどね。

具はいたってシンプルで、メンマとチャーシュー。
ただこのチャーシューがでかいこと。
丼の半分近い大きさがあります。
決して丼が小さいわけでは無いです。

麺は少しウェーブのあるストレート系の中太麺。
しっかりとした歯応えが粘度のある豚骨魚介スープにあってます。
スープは見た感じは濃そうに見えますが、そんなに濃い感じはしません。
魚介の出汁がしっかりとしているので、そう見えるのでしょうね。

次から次へと客が来るので、ゆっくりとしていると迷惑になりますね。
この辺は人気店の昼時の宿命なのでしょう。

館山は滅多に来られる場所ではないので、ゆっくりとしたかったのですが、この後、千倉に移動しなければならず、館山観光は一切なしでした。

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件