なんとかデータベースラーメンカレーチャーハンぎょうざうどんそば
 

タイソン

平均点 78.393点
最終レビュー日 2019年5月25日
3,179 1,325 0 2,687
レビュー 店舗 スキ いいね

「味噌らーめん」@らーめん酒場 麺屋 龍月の写真個性的な味噌。うま味噌ラーメンとでも表現しようか。個人的には、食べたことのないテイストだ。
 味噌の甘みがよく出ている。ちょっとタイプが違うが江戸甘が頭に浮かんできた。タレ、ダシが1対1という感じで、合わせ技一本のうま味味噌。ダシは野菜の甘み旨み、それと鶏だろうか。ダシ、タレとも甘みが中心で、あまり塩が立っていないところが特徴か。味噌ラーメンも提供する店の一杯としては非常にレベルが高い。しろ八、さいころ、大喜(限定)には負けると思うが、ほとんどの味噌専門店に勝るという印象。
 麺は細く低加水。丸形でスルスルといに入ってしまう。チャーシューは大きめなのが1枚。キャベツ、水菜、コーンなど野菜も大量ではないが、十分な量で楽しめる。
 ただ、この店の接客は不思議な感じ。食券をカウンターに置いても無反応。忘れられたのか、と心配したが、ちゃんとラーメンが出てきた。その時が、店の人との初めての会話。別に接客が悪いという意味ではないが、多少の反応があればと思う。

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件
このレビューは移転前のものです。

「つけそば+ワカメ」@松戸中華そば 富田食堂の写真ラーメンがなかなか良かったので、本日はつけ。
 この細麺はレベルが高い。インパクト系の富田が、これだけの細麺が作れることは、やっぱり凄い。全粒粉の香り歯ごたえ、そしてのど越しは、つけの細麺でトップレベル。連食なので並みにしたが、ここだけなら迷わず大盛りだ。
 スープは、ちょっと甘め。醤油の香りより、鰹節や煮干しなどの魚介が強いだろうか。ただ麺がいいので、ややスープが負けている感じ。煮干しを強めるか、醤油がもっとはっきりすする方が好み。
 それと、ここのワカメは上等だ。ラーメンに入っているワカメでは、迷わずA級だろう。なんといっても歯ごたえが最高。正直、酒のつまみになるレベルだ。

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 2件

「全部乗せ油そば(大盛)」@兎に角 松戸店の写真ここの油そばは、燦燦斗の次にうまいと思う。支店もできたということだが、ちょっと味は落ちたろうか。それでもハイレベルには違いない。
 いつも400円足して全部増しにするかどうか悩むが、やっぱりトッピングは上等だ。スモーキーなチャーシューと味玉。メンマも大量に入り、少し柔らかいところが、油そばとよく合う。最後に濃厚な豚骨魚介のスープを投入。鰹節がぐっと強くなり、はっきりとした味変になる。個人的には、ネギなど薬味系が少ないところが欠点だろうか。
 1250円は少し高いが、味、量とも本日も満足。

投稿 | コメント (2) | このお店へのレビュー: 5件
このレビューは移転前のものです。

「特製中華そば」@松戸中華そば 富田食堂の写真麵がいい。あの富田が、こんな細麺もできるということに驚き。しっかりとした歯ごたえ、のど越しも文句ない。小麦感も十分で、大盛りにしたほうがよかったと後悔。これなら、この細麺でつけを食べても旨いだろう。
 スープは煮干しが利いている。えぐみはなく、意外と上品。それと少し甘い。煮干しは塩味で臭みを退治している店が多い中、甘さを感じるのは個性的。麵、スープともシンプルな風貌なので、いくらでも胃の中に入りそう。
 チャーシューは3枚肉系でジューシー。メンマは歯ごたえがある。そして意外に活躍しているのが、多めに入っているワカメとネギ。普通は量が少ないのに、これだけ入れてくれると、うれしくなる。ワカメ、ネギにも煮干しがしみこみ、それだけ食べても、なかなかイケル。
 富田、兎に角、そして富田食堂。松戸のレベルは都内の超激戦区とも引けを取らない。

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 2件

「全部乗せ油そば+大盛」@兎に角 松戸店の写真東十条・燦燦斗と並ぶ油そばの秀作。はまるスープ、油そばを楽しめる麵の力強さは燦燦斗、トッピングは兎に角だろうか。
 ちょっと甘めのスープは、しっかりと麵に絡む。油は少し多め。麵はもちもち、のど越しも文句ない。迷わずいい麵の店といえるので、麵の旨い油そばの店が、まずいはずはない。スープ割は粘度のある豚骨魚介。魚介は十分利いているし、臓物も隠し味に巧みに使っているので、そのままレンゲで飲んでも、なかなか。スープ割すると、つけ麺の最後をかき込んでいるようで、味わい食感は一変する。
 麵、スープも上等だが、この油そばの素晴らしさはトッピング。チャーシューは柔らかく、そしてスモーキー。まるで旨いハムのような上物だ。メンマは柔らかで量も多い。味玉は燻製で個性的。ただ、燻製の度合いは薄い感じ。正直、全部盛りにすると、つまみの別皿を頼んだように量が多い。トッピングをつまみにして麵を食べないとトッピングが余ってしまうほどだ。
 久しぶりの兎に角だったが、やっぱり満足。迷わず、ここは千葉の名店だ。

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 5件
76

 辛さに身構えていったが、意外と辛くない。逆にスープは甘め。何度も唐辛子を投入した。
 唐揚げは食べ応え十分。十分すぎて残してしまった。相当のボリュームだと思う。それとナスがいい。ラーメンにナスが入っているのは珍しいし、これが、相当魅力をアップしている。
 店の名前から蒙古タンメンを想像していったので、辛さについては、少し肩すかしという印象だった。

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件

 スープがいい。評判通りの塩ポタージュ。それでいて、甘くはない。コーンのような野菜の感じが後味に残る。後半は、ニンニクを搾って投入したが、これはこれでスープと合っている。ニンニクのキツイ感じが、なぜかスープに旨く溶け込み、違和感がない。意外と奥深いスープだと思う。

 チャーシューも厚くて大きめ。味も染みていて、なかかな良い。ただ、麵は明らかにスープに負けている。これだけが、大きなマイナス。
 1回限りでなく醤油も、味噌も、そして濃度の増した塩が出てくるという夜の部にもお邪魔したい。

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件

 これまで食べそこねたラーメンに挑戦。

 つけ麵を食べていたら想像できる範囲。おいしかったけれど、感動はなかった。ただ、もちもちの麵は、つけよりラーメンの方が良いかもしれない。ここの店は、油そば、つけ麵、ラーメンの順だと思う。今度は、また日本一の油そばを食べに行きます。

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 5件

 正直、豚骨魚介・インパクト系は趣味ではない。ただ、この店ほど、それを突き詰めると脱帽しるしかない。

 節系の香るスープは、少し強すぎるが、この麺を受け止めるのには、このくらいの濃度は仕方がない。力強い麺は、食べていて楽しい。やっぱり、この麺はラーメンより、つけ麺のほうが合う

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 2件

 これまで、油そばに感心したことはなかったが、初めて脱帽する一杯に出会った。

 つけ麵にも通じるスープがいい。濃すぎず、薄うすぎず最後まで麵に絡む。ラー油や酢を入れることが邪道だということを、ハッキリと悟らされた。トッピングも十分で、余りの完成度のため、どのタイミングで割りスープを入れたらいいか迷った。細かいことは忘れ、美味しかったことだけが記憶に残った一杯。

 正直、近くの大行列店・とみ田より、ここの方が、ずっと好みだ。一つ気に入らないところは、松戸にあるので、なかなか行けないということ。是非、都内に2号店を出してくれないだろうか。

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 5件