なんとかデータベースラーメンカレーチャーハンぎょうざうどんそば
 

タイソン

平均点 78.393点
最終レビュー日 2019年5月25日
3,179 1,325 0 2,688
レビュー 店舗 スキ いいね

旭川駅近くの天金が改装休業など、駅周辺の期待の店に取りこぼしがあったけれど、今回訪問した5店の中では、迷わずトップ。

 スープはまろやかな醤油がしっかりと感じられ、そこに魚介系を中心としたダシもしっかりとしていて、重層的。楽しみながらゴクゴク飲める。

 麺はシコシコで旨みが楽しめる。東京の大至のつけ麺の麺に近い感想。非常にレベルが高く、しかもスープにあった麺だと思う。

 チャーシューは大きいのが1枚。値段も750円と、周辺の800円より安く、これも好印象。
正直、旨い旭川ラーメンを食べたというより、旨い醤油ラーメンを旭川で食べたという感想。
 さすがにラー博OBは実力がある。

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件

こってりといっても、あまり、こってりさは感じられない。あっさりなら淡麗になるのだろうか。

 スープはダシを余り感じさせず、旭川っぽくない。醤油が主体で、デフォでコショウが入っているのか、少しスパイシー。旨みは意外にあり、カップラーメンの濃くウマ系を少し力強くした感じ。麺は少し粉っぽい。

 悪くはないと思うが、旭川という感じは薄く、観光客には少し肩すかし。

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件

期待の店。ただ、ちょと期待からは遠かった。

 スープは魚介より獣系を感じる。ダシが主役でタレは脇役といった感じ。表面を覆う油でアツアツという趣向は○で、力強いスープだけれど、旨みは少ない。獣系が強うテーストなら蜂屋の方が個性を感じる。

 麺は固めでいいのだが、少し粉っぽい。チャーシューは普通。メンマは水っぽいか。新宿ルミネに出店していた時食べた味噌の方が好みだった。

 いってみれば典型的な旭川ラーメンだけれど、デフォで800円、チャーシュー麵が1000円。この出来ならコスパが悪い。もし東京で食べても、個人的には再訪は難しいと思う。

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件

飛行機まで時間があったので、青葉に続き訪問。

 フグとかいろんな創作ラーメンが並んでいるが、オススメを選択。結論は、私には苦手と言うこと。

 スープが甘い。ダシとかタレを押しのけて甘さが支配している印象。麺は少し粉っぽく、歯切れも軟らかい。麺とスープがあっていない印象。

 トッピングは丼を覆うネギ、そしてニラが特徴。ただ、これもスープの甘さが災いして一体感がない。大阪・神座のラーメンを悪い方にアレンジした印象。正直、旭川という味は感じられなかった。

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件

青葉が休みだったので、山頭火へ。ここも9時半から営業しているようだ。角にひっそりある印象で、一大チェーンの本店とは、ちょっと信じられない。

 20年以上まで、東京に山頭火の店がないころ、北海道で塩ラーメンを食べて、味もさることながら、クリーミーな塩の斬新さに衝撃を受けた。しかし、今では支店がたくさんあり、正直、全国で食べられる。なので、どうしても点数は低めになってします。

 支店との違いはというと、スープにややコクがあり、ニンニクが少し目立つというくらい。自慢のチャーシューは少し軟らかいという印象か。正直、支店との差はわずか。逆にいえば、全国で、本店とほぼ同じ味を提供していると言うことになる。これは、これですごいことだ。
 ただ、今の山頭火なら、この店で修行した新宿・風来居の限定塩の方がうまいと思う。

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件
このレビューは移転前のものです。

 塩味の強い普通の塩ラーメン。麺も柔らかく趣味じゃない。それに、ダマになっていた。これなら、わざわざ函館に行く必要ない。

 出張の最後を、ここで締めようと思っていただけに、少しガッカリ。

 

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件

 塩ラーメンというより、旨いラーメンの塩味。ただ、麺から水が出ているんだろうか、終盤戦というより、後半戦で、すでにスープが水っぽくなった。

 チャーシューは、なくてもいいかなと思った。チャーシュー麺でないほうが、スープの味を純粋に楽しめた。

 スープも良かったが、一番気に入ったのは接客。武蔵みたいな体育会系ではなく、なんとなく飲み屋の接客に似ている。気持ちよく、ラーメンが楽しめた。函館に行く機会は、なかなかないので、ぜひ東京に支店を出してほしい。

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件