なんとかデータベースラーメンカレーチャーハンぎょうざうどんそば
 

タイソン

平均点 78.391点
最終レビュー日 2019年5月18日
3,174 1,325 0 2,683
レビュー 店舗 スキ いいね

 無理矢理粘度を上げず、超が付くほどの臭みもない。それでいて、豚骨の旨味が詰まったスープ。九州豚骨の王道だと思う。チャーシューがセコイのも、九州の王道。
久々に豚骨を堪能。
 
 ただ値段が……。替え玉込みで750円くらいが妥当か。価格だけは九州の王道ではないと思う。その分、1点減点。

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件

 久々の駅。やっぱり旨い。味噌なら東京周辺で間違いなくベスト3に入る。純連なんか、遠く及ばない。気分を変えてチャーシューメンにしたが、チャーシューは意外と普通。200円プラスは、連食を考えると微妙。

 純連では味噌より、醤油とチャーハンが好きなので、今度は醤油を食べてみようかな。

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 2件

 駅との連食だったが、ほとんど互角。素晴らしさを再確認。

 前回は、辛味噌を楽しんだけれど、今度は、できるだけ辛味噌が溶けないようにオリジナルのスープを確認。ダシが利いているし、うまい醤油のようだし、塩のようでもあるし、辛味噌がなくても十分うまい。これをベースにタンメンなんか作ったら、なかなかだろうな。

 今度は、辛味噌の誘惑に負けなければ、醤油も食べてみたい。

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 2件

 純連みたいに、味噌を邪魔するようなスパイシーじゃない。味噌の旨さが満開、でも、あまり。しょっぱくない。関東で食べられる味噌では、屈指。ぜひ、卒業後には、都内に出店して欲しい。純連があるので、馬場や新宿は無理としても、東京駅周辺や池袋、上野、渋谷、どこか交通の便が良いところに開店して欲しい。純連との交換も歓迎します。

 ただ、油の多さと、値段はマイナス。札幌みたいに寒くないので、少し油を控えめにした方が、味噌がストレートに味わえると思う。

 小さな欠点はあるけれど、全体的には大満足。ラー博行ったら、迷わず再訪だ。

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 2件

 普通のラーメンでした。

 麺は柔らかく、相当普通。トッピングは、薄いチャーシューで寂しい。スープは、もう少し濃い方が好み。まともな街のラーメン屋さんという感想。

 はっきっり言って、ソースカツ丼の方がうまい。肉は固いが、ボリュームは「ミニ」という割には、十分ある。カツ丼を食べながらなら、薄く感じたラーメンのスープもマッチするから不思議。ここは、普通のカツ丼とミニラーメンのセットがあれば、もっと魅力的だ。もし、再訪するなら、ラーメンじゃなくカツ丼を食べよう。

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件

 コシがあって、甘みがあって、香りがあって。麺が秀逸。3倍くらい、ぺろりと食べられそう。せっかく薬味があるのだから、倍盛りくらい用意してほしい。ラーメン風のつけ麺では、大喜、与ろゐ屋より、ワンランク上。

 ついでに、むかし竹の子(200円)もトッピング。量は、本当に少ないけれど、やはり歯ごたえが素晴らしい。

 スープ割りもあり、もちろん満足したが、やっぱり不満は値段。仕方ないけれど。

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 3件

 私は初代店主の最晩年のあたりが、春木屋初訪問だったので、この味は知らない。30年以上前なのでしょうか、などと考えながら食べた。

 今とは麺も違うし、スープも醤油味が強い。今感じる鰹節のような味も、たいして舌に残らない。変わらないと思っていた春木屋も進化しているんだと考えさせられた。いつの味だか不明だが、3,40年前にこの味を出していたのなら大したものだ。現在の水準でも、十分評価できる。

 一応、盛りが少ないとはいえ、ミニラーメンではない一杯が600円というのは、意外に良心的。値段に関して春木屋を初めてほめてあげたい。

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件

 あっさりクリーミーなスープ。なんか豚骨を食べている満足感がない。個人的には、一味足らない。麺もトッピングも並。

 たぶん、熊本ラーメンに関しては、舌が、なんつッ亭に毒されているのでしょう。食べている最中、ずっとマー油が恋しかった。

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件

 意外とやさしい味噌スープ、麺は少し柔らかいなんて思って食べていたら、カラ味噌が溶けだしたら、様相が一変。辛旨を堪能しながら、気がついたら完食。

 麺は素晴らしいとは思わなかったし、チャーシューもメンマも中の上。でも、カラ味噌の魅力がみんな包み込んでしまう。全く不思議で、個性的な一杯。簡単にまねできそうですが、意外と難しいんでしょうね。再訪は必至だと思います。

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 2件

 見た瞬間、旨そうだと思いました。醤油の甘さ、しょっぱさ、飲み干す頃に感じる鶏の旨さ。もちろん、スープも麺も合格。三枚肉風のチャーシューは絶品ではないが、上の部類。メンマが素晴らしい。限定塩の穂先メンマも絶品だったが、こちらの歯ごたえは、それ以上。名前通りのたけのこラーメンでした。

 また、少しのっているネギが良かった。歯ごたえも、甘味も、苦味も感じられ、他の店のラーメンにある申し訳程度のネギとは、まったく別物。王子の伊藤は、ある意味で到達点と考えていましたが、伊藤が、このネギを使ってくれれば、もう一ランク上がるんではないかと思えるほどでした。

 文句があるとすれば、950円という値段。まあ、この味なら、納得するしかありません。ただ、一緒に頼んだ白式部には、がっかりしてしまいました。パサパサした感じで、肉汁など全く味わえませんでした。これで350円は、大変疑問です。

 

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 3件