なんとかデータベースラーメンカレーチャーハンぎょうざうどんそば
 

とまそん@ラーメン食べて詠います

男性 - 東京都

自分のラーメンライフを振り返ってみました・・・https://hikakujoho.com/manekai/entry/20180712

平均点 83.192点
最終レビュー日 2019年4月23日
3,695 2,352 13 21,895
レビュー 店舗 スキ いいね

「チャーシュー麺」@中華そば 竹千代の写真とまそんのブログ: https://www.ramentabete.com/entry/2019/04/22/000000
とまそんのYouTube: https://youtu.be/2GKQ_DxWjjo

<ラーメン活動ベストシーズン到来!皆さんもそのようで〜・・・>
 
 有名店でもなかろうと余裕かまして訪問したら・・・・超行列だった!。皆さん考えること同じなようでー。これから行列過ごすも気持ち良い時節。いい店はさらに混み始めるねー。ここの行列は、店の横に同じ建物の出入り口が奥まっているんだが、そこに入り込んで並ぶ格好。さらに行列が伸びると、その奥から折り曲がり道路側へ。さらに伸びると歩道に溢れるしかない。
 
 
 
 
<全体&スープ> こだわり素材のオンパレード!どれもが優しく!素材の喜び感満載の旨味!
 
 おおお!肉の迫力があるものの何だか全体的に優しい姿。素朴な豚バラチャーシューが放射線状に大輪の花を咲かせている様です。肉断層がきっぱりしており、スープは優しい透明感。中央の青ネギが鮮やかで、春らしい麺顔と言えばそんな感じも受ける。実に今食いたいと思ってた姿に感動。
  
 さてまずはスープなんだが、これが一口目から意外な印象を与えて面白い。一瞬「アニマルオフか!」と感じるほどあっさりした味わい。これだけ麺顔が肉肉しいのに、ギャップ感がたまらん。スープの表層には確かに油分が漂っているのに・・・まるで「お出汁」をいただいている様な雰囲気なのだー。店のウンチクによると、利尻昆布と干し椎茸が紹介されており、それは確かに一番に感じたもの。グルタミン酸とイノシン酸の旨さは確かに沁みるのです。これは肉から出たエキスなのか・・・。鶏系の味の引きは今回はないね。
  
 醤油がこだわりとのこと。これがあるからこの一杯が成立する様な意気込みがすげー。京都の蔵らしいがそんな有名な醸造所があったとは、京都人としても知らなんだ。自然醸造を尽くしているご様子で、生揚げタイプの醤油みたいだが、そこまで明言してない。しかしこの円やかな塩気と、醤油ならではの風合いを味わうと、柔らかさと、旨味のしっかりさが伝わってくる。後味に残る淡い酸味すら上品で泡の様にささっと消える。
  
 最初薄味と思って食い始めたら、いやいやちょど良い塩梅。後半になると塩気をしっかりと感じ取れるほど。塩は粟国ブランドでよくなじみのある崇高な海塩。醤油と塩だけでここまでナチュラルに、そしてピッチリとしたカエシのニュアンスが出るのかな?。ウンチクでは白胡椒が紹介されていて、カウンターにもそれが備わっていたけど、ちょっとデフォルトでこれ入ってないか?と疑ったりして(爆)。
 
 
 
 
<麺>  小林製麺所:汁の吸い込みが心地よし!まとまりと汁持ち上げもよく滑らかな食感!
 
 麺がまた上品。群馬県の製麺所らしく、素材はもちろん国内産小麦の上物を使用。茹で上げ時間まで、ウンチク書には55秒と記載されて、A型人間丸出しの様な細かさだよ。それにしても短いなと思ってたら、実にスリムなストレート細麺で加水は高め。そして汁の吸い込みが進むタイプな上に、汁の持ち上げまで良い性質だと認識しました。
 
 ともかく軽やかな麺。スープが穏やか系なので、あまり強い風味を押し出さない計算ですね。すでに汁と一体化した様な滑らかな滑りでチュルチュルとライトに啜りあげられる。そして箸で持ち上げるとすぐに綺麗にまとまろうとするから、見た目に美しいです。歯ごたえはスパスパと安易にリズミカルにちぎれる。表面はツルツルで汁を吸って膨張しているからか・・・まるで丸麺の様な舌触りの滑らかさ。シルキー!と心の中で叫んでしまいそう。もうこれは途中から意識が飛んでしまうほど、夢中になって一気に啜り食ってしまった。とてもライトに感じる麺だから、フツーに大盛り食えるのでオススメです。
 
 
 
 
<チャーシュー> 脂のスッキリさ!トロトロしててももたれない甘みが芳醇な豚肉!
 
 豚肉の「脂」が綺麗。よくある白い脂色なんだけど、どことなく透明感がある様で白さに安心感すら思える。そこから染み出す脂も透明感丸出しでスッキリ。そして脂特有の甘さもしっかりあって美味い。醤油ダレと表面の焦げの部分がまた優しい味わい。赤身と脂身を一緒に潰して食うと、本音としてはビールが欲しくなるが、これはいい米で一緒に食いたくなる逸品と映ります。
  
 群馬県産の「ほそやのまる豚」というブランドらしい。生産効率より味わい優先というから、きっと豚舎大きめで、ゆったり環境で育てたんでしょうな。ストレスを与えると味が落ちるということか。なら・・・きっとオレはストレスの塊人生だったから、食うとまずい人間。食えねぇ奴だとよく言われる所以であります。
 
 
 
 
 総じまして「複雑なこだわりとシンプルな旨さ!素材の喜び溢れる質実素朴な崇高中華そば!」という素直な感想。これは実に大切にしたい店って感じで、思わず心から応援したくなるね。尾久ってエリアがちょっと縁がなさすぎて遠いのが残念ですが、再訪問は確実。他のメニュー出さないんだろうかという心配もあるが、この素材へのこだわり方だったら、そうすんなりとメニュー追加するとは思えませんね。次回も同じものを大盛りで食うだろう。そんなこだわり尽くし倒しの一杯オススメでございます。今回は気持ちよく応援気分で、とっとと最後に詠って、いつもの様に締めたいと思います!。
 
 
 
   陽も高く
   明るく躑躅
   咲き誇る
 
 
 
   明るい麺顔
   チャーシュー満開
 
 
 
 お粗末!と言うことで家族にも感謝しながら合掌!!今日も本当にごちそうさまでした!!!

投稿(更新) | コメント (11) | このお店へのレビュー: 1件

「濃厚煮干そば」@鶏そば 煮干そば 花山の写真とまそんのブログ: https://www.ramentabete.com/entry/2019/04/21/092745
とまそんのYouTube: https://youtu.be/Vu3xHoXlXO8

<鈴蘭系の味わい広く楽しめる店>
 
 何が食いたかったのかというと、煮干が仄かに着実に効いた中華そば。ところが曖昧さを欠いてふらっと「鶏そば 煮干そば 花山」の前を通りすがったら「煮干」というワードで反応してしまいました。この看板・・・・着実にニボシストを店内に引き込む射程圏に置かれてます。まるで亀のスタンドに吸い込まれる様に「花山」に入店してしまいました。
 
  
 
 
<全体&スープ> 見た目ハードなのにグビグビ飲ませるライト感!ちょっと驚きな煮干魔力!
 
 おおお!これは実に見慣れた・・・濃厚煮干フォーマット。濃厚さを感じさせる少しモスグリーンな色合い。表層には煮干成分と脂が結びついて浮遊している。泡立ちもそこそこ目立ち、丼の内側には、煮干の泡と粉が少し貼りつく。微かに覗く麺はストレート細麺で、今風な半レアなチャーシューが中央に配置される。それは煮干感覚とコントラストを形成する肉感覚で、全体的に味イメージのフィールドを広めてゆく様です。
 
 まあ、そこそこ関東で煮干食ってると自負するなら予想しながら味わうよ。そんな余裕ぶっこいた出だしで、まずはスープから味わい始めます。なるほど・・・予想通りの煮干の香りだかさ。鈴蘭系列は、やはり煮干イメージなブランドだけあって、煮干の扱いは流石という感覚。ニボニボとあまり強く印象付けないものの、軽やかさと香ばしさの中に、はっきりしたニボニボ感がスーッと抜けいくよう・・・エグ味など皆無。
  
 3クチめ辺りから、味わいをしっかり意識しだします。煮干エグ味抑えめなら、煮干の旨味を塩気で引き出す様な事がない。実にナチュラルに旨味を感じるのでだんだん驚きながら味わい、レンゲが止まらなくなる。そうか!アニマルオフでないならば、これはベーススープのポテンシャルが素晴らしいのだきっと。「鶏そば煮干そば 花山」という屋号から察するに、鶏出汁が潜んでいる様な感覚。妙に煮干がスッキリすると思うから、きっと鶏ベースを引き継いでいるのかと感じました。
 
 ベトベトしない。クチ周りも貼り付かない。このことからベースにあるのは、清湯系だと感じます。濃密な煮干感覚のベースが清湯風とは少し矛盾も感じますが、ハードさと優しさが一つに共存する・・・ドッピオ煮干と申せましょうか?。この旨さ・・・・早くボスに知らせねば。
 
 
 
 
<麺> 菅野製麺所:煮干にチューニング合わせた王道のパツパツ系細麺!しなやかさもナイス!
 
 トゥールルルルル!チュールルルルルル!チュールルルルルル!。麺を音を立てて啜りあげながら、そして周囲には気味悪く感じられながら、自分を忘れて麺を啜りあげます。これは、パツ麺!。煮干そばとくれば定番のそれです。特に濃厚煮干しには、濃密スープにぶつけてゆくる様に、加水低めな麺を合わせるのがもはや定則。個人的に「菅野製麺所」とくればこのタイプの麺を連想してしまうので、イメージにぴったりです。地肌は漆喰の様に清らかできめ細かい。それが綺麗に揃った麺の流れとなっており整然とした規則正しい美しさあり。そこに不規則に煮干成分が貼りつくのが偶然の妙で旨そうに感じさせます。
 
 前歯で千切った瞬間も、奥歯で束になったのを一気に潰す刹那も、乾いた様な妄想に似た粉の風合いが広がる。それが煮干の香りとぶつかればスパークした様に旨味が一気に口の中で広がる。噛めば噛むほど、麺のグルテンとなった部分が解けた様に柔らかくなり、煮干の旨味と結合されて糖化の一途へと辿るね・・・・この瞬間が旨し! だよ!!
 
 
 
 
<メンマ> 塩っぱくなくて香り高く食感もナイス!濃厚煮干に合う味だね!
 
 おいおい・・・金出すからもっとくれよと言いたくなったのがメンマ。醤油に染まった深さを感じる褐色がいい感じ。これは決して昔の関西では出会えない風合いです。京都育ちなオレは、就職で上京してからメンマの旨さを知ったのです。だって・・・・京都ラーメンにメンマは不在かマイナー。後に関西転勤になってから、熊五郎系列のラーメン店でメンマ取り放題でハマったクチ。一番安いラーメン頼んで、しこたま取り放題の「キムチ」「メンマ」を小皿に盛り込んで食ったセコイ野郎で、東京本社に呼び戻されるまで・・・・メンマの素晴らしさを知らなかった(・・・関西転勤時代に、穂先メンマを知ってハマったのは別)。
 
 小ぶりな材木メンマ。醤油の深みなる浸透にしては、塩気を感じさせず醤油の香りだけ残すという感覚。見た目は濃ゆく塩気がありそうなのに、実は味はあっさりしている。お前!この二つの事が矛盾しているぞ・・・・そんなドッピオメンマ。この旨さ・・・早くボスに知らせねば。
 
 
 
 
<チャーシュー> 薄味仕立ての半レア感覚!熟成感じる香りと淡い塩気が酒に合うはず!
 
 箸でチャーシューを引き上げる。見事な赤身と脂のバランスと、半レア状態のピンク色です。旨そう・・・・と感じた瞬間に、10秒後の自分がそれを食って悦に浸って半笑いしている光景が脳裏に浮かびます。それを先回りする様にとっとと口へ放り込み、慌てて旨味を味わい尽くしてやりました。肉の旨味は実に豊か・・・脂身以上に赤身が柔らかいイメージで、脂身がすでに溶けて染み込んでいるかの様でした。
 
 またあまり煮干スープに浸すこともしない。あえて煮干の香りが移る射程から外しました。そして残りを深く味わうと、実に熟成を感じる様な肉の旨味と香りが溢れる。これはエチルアルコールを欲してしまうね・・・・。やがて食らった肉は、オレの血となり血液中の鉄分を補強してくれることを願います。
 
 
 
 
 総じまして「食べやすさ秀逸!ニボニボ&スッキリ鶏出汁香る濃厚煮干!」と言う感想。ふらっと立ち寄って食ったにしては、申し訳ないほどにハマった一杯で、腹パンになりながらもスープ完飲。煮干の鉄分完全補給で最強状態。来週から業務のあらゆる攻撃にも耐えられそうです。そんな満足感に浸りながら、とっとと最後に詠って、いつものように締めたいと思います!。
 
 
 
   濃厚で
   セメント色の
   煮干そば
 
 
 
   旨さ鮮やか
   鰮の薫風
 
 
 
 お粗末!と言うことで家族にも感謝しながら合掌!!今日も本当にごちそうさまでした!!!

投稿(更新) | コメント (5) | このお店へのレビュー: 2件

「味玉らーめん 塩」@麺屋 信醸の写真とまそんのブログ: https://www.ramentabete.com/entry/2019/04/21/000000
とまそんのYouTube; https://youtu.be/XHVPsZHZJTs

<「シンジョー」は九州宮崎に移転してたのだった・・・気を取直して初訪問>
 
 「牛王」の右隣。なにも隣同士でラーメン店並ぶことないのにと思うけど(汗)、牛王の方は何となく人も入っているようだし、ラーメン系SNS露出も多いからそうなるよね。ランチタイムだというのに少し心配になりながら 、先客ゼロの「麺屋 信醸」へ入店しました。
 
  とても物静かそうで真面目そうなご店主の一人オペ。ほぼ居ぬきのまま。勝手したる初訪問ってな感じで、券売機メニューを眺めます。BGMは確かラテンっぽい明るい曲ですが、店自体がこれから動くって感じ、妙に静かに感じますな。純朴そうな方に食券を手渡しました。何となく塩気分だったので、今回は様子見で「味玉らーめん 塩」。お熱いですからと・・・とても丁寧に厨房からカウンター越しに乗り出して配膳してくれました。それはこんな麺顔でありました!。
 
 
 

<全体&スープ> 実に質実あっさり感!香ばしいザラツキと節系エキスが素朴な旨さ!
  
 おおお!これはまたオッサン的には好みな日常的な風貌。ハッキリ言って当たり!って感じさせるいい雰囲気です。今風の煌びやかなライトベージュでなく、春霞のような微妙な濁りのある塩だれの半透明感。そして丼の内側に貼りつくエキスの欠片が、なにかしら旨みのヒントを与える感じ。全体的には素朴!質実!そんなほっこりした雰囲気がむしろ旨さにつながるみたい。
  
 実際に味わうと、差し障りある言い方だったらフツー。そうじゃないちゃんとした言い方だと、偉大なるフツーというか、毎日食えるようなアッサリ感。それにやや燻製のような香りがつけたようなイメージです。これは後から入れた香味油の余韻なのか、ベースのタレなのか不明だが、ザラツキを少し感じるものが足されている。よく見ると黒く小さな粒が広がっているのだが、それが香りの主犯格のようです。これはイメージの話だが、「タレを燻製にした」ような雰囲気があって、それが独特。単にフツーな中華そばじゃないとアピール感じる部分です。液体に燻製の香りを移す・・・・て何事か?。小田急線百合ヶ丘のとある店が参考になりましょうが、それよりもっと素朴な香り。
  
 香り高いエキスは、豚系かな?。ラードのようなギトギト感はないから、一層分からんが、本体は鶏ベースのアッサリさがイメージを占めますが、天邪鬼なワタクシは動物系では豚が好き。豚清湯エキスにどうしても期待してしまいます。またあっさり感には、薬味の柚子皮が塩ラーメンとしての主張を感じ、これまた風流な清涼感を漂わせる。塩気もマイルドで、昆布等の乾物系の旨みや、香味野菜のさっぱり甘さも含んでいると妄想に妄想を重ねます。ただ個人的には「節系」。この節のエキスが濃ゆいと感じてしまい、食っている途中から魚介系何だかミックス系なんだか、分からなくなってしまいました。塩気はあっさりと申しましたが、その塩気を突き詰めると後味が節っぽい旨みに行き着くところがある。そして、それがオレの頭の中では全体の出汁イメージとつながる。フツーにあっさりしてるけど、よく味わうと実に面白い一杯。香りと塩気が実は独特だった。
 
 
 
 
<麺> 極細寄りなストレート麺!角があっても丸みを覚えるような〜しなやかさ抜群!
 
 麺の選択が勝利!。このスープ感にはすごくマッチしていると思います。第一印象から口当たりの良さに、快感を覚えました。加水は中程度で、極細にかなり寄ったストレート細麺。アルデンテを丁度超えた感じで、プツプツとリズミカルに歯切れが良いです。また麺の密度感もあまり意識させないので、腰つきがしなやか。そのため汁との交じり合いが素晴らしい。引き上げるだけで綺麗に揃い、毛細管現象のように汁の持ち上げがとてもよろしい。表層の滑らかさも言わずもがなで、ズボボボボボボっとすすり上げた後の、舌ざわり・・・・のど越しのシルエットが滑らか極まるです。
  
 そう・・・妙に滑らかにすべるシルエットが気持ち良いのです。見た目は明らかに切断された角がある角麺なのですが、啜り食っている間の感覚では、「まん丸な丸麺」のようなイメージ。まるで滑らかさは「冷麦・そうめん」に匹敵するほどの感覚です。これが少しスープに混じったザラツキエキスも着実にキャッチし、奥歯で噛むときの旨みとの一体感がたまらん!。これなら大盛カモン!って感じです。
 
 
 
 
<チャーシュー> これは燻しの効いたもち豚感覚!噛めば噛むほどエキス染み出すぜ!
 
 随分と脂身の面積が大き目な肩ロース(別の部位か?)。薄いピンク色した切り口で、オーブンなのか炙りが効いた感じが伝わってくる肉です。これがまた個人的にはハマった!。これも実に燻製が効いたような薫り高さがあって、半生イメージすらあるピンク色の肉が、まるで熟成ハムのような旨さを運ぶのです。
  
 オーバーに言うと噛めば噛むほど味が滲むようで、チャーハンに入れると旨かろうなタイプ。見た目フツーで、ちょっと香りは他とは違うかも。チャーシューメンにすれば、チャーシューからじわじわと出汁が取れそうだね(笑)。帰り際に知ったが・・・限定で肉増しメニューがちゃんとあるじゃないか!。サイドメニューのご飯ものが限定だと思い込んでたオレ。また限定麺を食わねばという宿題を抱えてしまいましたよ・・・。
 
 
 
 
<味玉にハズレなし> 塩ダレっぽいフレッシュ感!緩めの卵黄が口の中で滑らか広がる!
 
 これは好みが割れそうですが、味玉は緩いタイプ。口を当てただけでプルンと揺れるほどですから、卵黄は緩いと直感でわかります。ゆっくり歯をあてて潰すと、ドロリッチ~ってな感じですぐ垂れる。スープに溶けてしまいそうですね。味わい的にはフレッシュ感ある塩ダレ系に近いという感覚。出汁を含んで熟成し、濃密な甘みを全面的に粘りつかせるタイプとは別物。玉子本来味を大切にした味わいという感覚で、塩ラーメンにはとても合うタイプですな。こういうのも好き。嗚呼、やっぱり今回も味玉にハズレなし!。
 
 
 
 
 総じまして「偉大なる馴染み深さ!素朴と質実と真面目さ沁みる良質中華そば!」と言う感想。ちょっとこれまで訪問まで距離をおいてしまいましたが、機会損失であったと自覚。早速、肉たくさん入った醤油系を食べたくなってきました。それにして、たまたまだったのかもう少し人が入っても良いはず。と思ってたら、また近くに新しい店がオープンするようで・・・武蔵新城も競争激しいですな。何気に応援気分です。そんなエールを送る気分で、とっとと最後に詠って、いつものように締めたいと思います!。
 
 
 
   陽が注ぎ
   薫風流る
   爽やかさ
 
 
 
   食らう昼メシ
   麺もさやけき
 
 
 
 お粗末!と言うことで家族にも感謝しながら合掌!!今日も本当にごちそうさまでした!!!

投稿 | コメント (1) | このお店へのレビュー: 1件

「鶏醤油らぁ麺+煮卵」@らぁ麺とうひち 新宿高島屋京都美味コレクションの写真とまそんのブログ: https://www.ramentabete.com/entry/2019/04/20/060000
とまそんのYouTube: https://youtu.be/3TUOB8Jg8s0

<京都人として応援気分で催事に参戦>
 
 本来なら実家京都に帰省するところなんだが、事情があって東京にとどまることにします。なんだかなー・・・・って思ってたところに情報キャッチ。「新宿高島屋京都美味コレクション」なるものがあって、そこで「らぁ麺とうひち」が特別営業。ナヌーーーー、いま京都で気鋭の店が新宿に来るのか!。本来、催事ラーメンは避けてるオレでも、今回だけは無視できず、金曜日は定時退社で行ってまいりました。京都人として応援気分で催事に参戦。新宿高島屋11階イベントフロアー。ははは・・・・イメージ通りの風景が広がりますな。今回オレはラーメンですが、実は「鯖寿司」が京都名物。誰も客が入ってなかったが、実にもったいない。
 
 
 
 
<全体&スープ①> 磨きかかったような鶏エキスの透明感と深み!
 
 おおお!さすが百貨店なりの丁寧な配膳もさることながら・・・やっぱり雅やかな醤油清湯を感じます。そして全面的に明るい!。醤油ブラウンがまるで発光ダイオードかと思うほど、表面の香味油がキラキラと感じられる。とは言っても電飾掲示板の様な派手さとは真逆の端正な雰囲気がありあり。嗚呼・・・ここまで見ると、湯河原の名店とか、神奈川県内に点在する有名醤油そばに、思いを馳せそうになってくる。
 
 まず、鶏エキスが「芳醇」で「端正」であり「くどさがない」のが印象的です。「芳醇」は一番わかりやすい。味わうと一面に鶏の旨味が溢れているからね。鶏そばと言い切ってしまいたいぐらい明確に思えるのは、その存在感。豊かな味わいです。鶏って「ガラ」の旨味が一番イメージしやすい。鶏ガラは昔とても安く肉屋で並んでて、実家の京都では良くそれを買い込んでお袋がスープを作ったものです。これは簡単に煮出せるし、失敗が少ない。よく台所にストックしておりましたが、時間が経つとこれまた風味が増すので面白い。
 
 そして「端正」。「私は間違っている」んだと思うけど、実は丸鶏の煮出汁はスッキリしてるというのが本音・・・。皮の脂が一番ダイレクトに煮だされるとイメージすれば、真逆な発想なんだけど・・・肉全体の旨味を感じるのか、あまり脂ってイメージは持ってない。単に味阿呆なだけかもしれんけど。最後に「くどくない」こと。鶏油系であのまったり濃密なバターの様なコクの深さ。あれがない。あれはズルい旨さで、いつも気持ちよく騙される気分なんだが、それがここには一切ない。それがむしろ正解で、薄化粧で十分美人な女性に、厚いファンデーションと長い睫毛は不要と言うことだね。これで十分だ。
 
 
 
 
<全体&スープ②> 生揚げ醤油の膨よかな熟成感と円やかさ!催事の一杯とは思えぬ気品!
 
 この一杯は「醤油感」がいいね。京都で一番勢いがあるラーメンなんだが、実はこれは関東フォーマットな醤油イメージ。数年前、京都帰省で初めてこの実店舗を訪問し、わざわざ関西に来て関東流を味わうとは皮肉と思ったかも。しかし、いささか新福菜館のブラック醤油で慣れきって、醤油味自体に退屈していた京都市民には・・・・この透明感あふれる醤油味は、新鮮に思えたのだわぁ〜。
 
 「生揚げ醤油」。稚ブログではくどいですが、火入れせず・濾過しない・・・醤油。一番ナチュラルである分、リスクもあり、日々の天候バランスに影響を受けるんだろうね。現代では保冷技術が進歩してかなり心配は軽減されてますが、この手の醤油を扱うこと自体、ラーメン店としては勇気が必要?。パッションとしては、料理屋とそう変わりますまい。醤油がうまい。ピキーーーーーーン!と張り詰める神経質なバランス感が、自然体なカエシの風味に肩の力が抜ける思い。安心したところで、鶏エキスと結合した旨味がしみじみと響きわたります。そこに三つ葉薬味の清涼感がなぜなんだが響いて、いやはや痛快なり!
 
 
 
 
<麺> 既に汁を吸い込んだかのような滑らか一体感!醤油の香りと出汁の旨味にちゃんと残るグルテンの風合い映える!
 
 こちらは「自家製麺」がウリのはず。ところが情報によると今回は「麺屋 棣鄂」のものらしいんですよ・・。複雑な思いにさせるなーー。別に西のカリスマ製麺所だから文句はあろうはずなしなんだが。そんな個人的な葛藤を思いつつも味わうと、これが笑うほど旨し。葛藤が一気にほぐれる気持ち。実にお気楽に感じさせながら、忘れてた素朴な旨味が溢れます。
 
 すでに汁を吸っているのか!・・・まずそんな気分。加水高めなんだけど、粉感と風合いはしっかりキープで、粒仕込みはあまり感じないタイプ。なので汁の吸い込みがいいのか、持ち上げがいいのか不明だが、実にスープの味わいを麺に蓄えようとしている!。最初の一口目から、汁とグルテンが一体化した糖化旨味を感じるほどです。まるで、後追いで唾液が吹き出すかの様にね。しかし麺は麺で、しっかりと風味を残していた。いつもの様に、ズボボボボボボボーーーーーっと気持ちよく啜り上げが後、鶏醤油スープの香りが抜けれると、グルテンの湿った匂いが紛れている。これは好印象!
 
 
 
 
<チャーシュー> 薄味浸透の大判豚肩ロース!淡白に酸味が少し香る鶏胸肉のコンフィ!
 
 京都で仕込んでから、商用バンにしこたま載せてやって来たんでしょうか。野外BBQに一時期のめり込んでたことがあって、当時の前夜の仕込みが楽しかったのを思い出します。とっても崇高な肉なんですが、今の東京では、フツーにいい肉では目立たない存在になっているのは確か。この10年で麺も汁も進化したけど、チャーシューの変貌ぶりはすごいよ。フツーに高級なオードブルにも通用する肉が、何気にフツーに・・・数百円アップでラーメンに乗ってるから。そんな穿った目で見てしまったけど、これも実に欠点がないよ!。
 
 豚肉は大判なサイズ。歯ざわり。赤身と脂身のバランス。柔らかさ。出汁の旨さ。どれも合格。薄味がむしろ好印象で、崇高な醤油スープを吸いこんで旨さをさらに高めてしまう。そんな考えは、一層鶏胸肉のコンフィには当てはまり、思わずもっと汁吸い込め〜〜〜吸い込め〜〜〜ってあえて沈めたりしてね。肉って旨味はわかりやすいが、こんな汁吸い込みの旨さが面白い。
 
 
 
 
<味玉にハズレなし!> ギュギュっと旨味を封じ込めたようなハード系円やか味玉深し!
 
 無念・・・、画像データが潰れて再生不可。多くを語るまい・・・。実はとっても深く出汁がしみ込んでいながら、固茹でハードな卵黄。それがしっとり目でパサつき、マチュアな甘みを醸し出す一品であった・・・。悔しいから、もう一度画像に収めるために、再訪問するかもしれません。
 
 
 
 
 総じまして「京の雅さ映える出汁!どこか関東フォーマットな崇高醤油感!良いところ取りでずるい一杯!」と言う感想。従来の京都ラーメンのイメージで食うとより、関東淡麗醤油の京都なりの発展形として味わってほしいと思う次第。しかし別に単なる関東コピーじゃないので誤解なき様。そういう意味では問題作かも。まずは京都に来たら、ちょっと不便過ぎるけど一度本物を食うことを激しくオススメしたいです。意見交換したいっすねー。そんな妄想めいた楽しみ抱えつつ・・・、とっとと最後に詠って、いつもの様に締めたいと思います!。
 
 
 
   週末の
   春の宵時
   陽が映えて
 
 
 
   都のそばに
   醤油が映える
 
 
 
 お粗末!と言うことで家族にも感謝しながら合掌!!今日も本当にごちそうさまでした!!!

投稿 | コメント (5) | このお店へのレビュー: 1件

「ラーメン+替玉+サービスライス小」@博多禿鷹の写真とまそのブログ: https://www.ramentabete.com/entry/2019/04/20/000000
とまそのYouTube: https://www.youtube.com/watch?v=Tf57K-65fGs

<気温が高くなってくると何だか気分が盛り上がる・・・・豚骨気分!>
 
 今回は、武蔵小杉。博多禿鷹の2号店が開店ということで、少し歩くけど突撃してみました。ところが・・・・今はオープンしているが、私は開店日を一日前倒しで間違って覚えていたらしく閉まってた(ヒザガク)。おいおいおい・・・・この近辺でも「526」はないぜ。ほぼラーメン砂漠エリアだったので、わざわざ武蔵小杉駅まで引き返し。頭と口の中がすっかり禿鷹一色だったので、わざわざ本店まで戻り訪問してしまいました。
 
 
 
 
<全体&スープ> 豚骨臭みが殆どないほど抵抗感ないサラサラ感!芳醇旨みと生ニンニクでゴクゴク飲み干せる!
 
 おおお!これはまたあっという間の配膳!ライスも同時配膳とは時間限られたリーマンには響きます。博多豚骨と言えば大衆的ないい意味の雑多さがありますが、こちらはどこか綺麗というかどことなく質感すら思わせる。店内の清潔感もそれを物語っている感じです。豚骨の白濁感すら、春色のカーディガンを思わせるようなほのぼの感とシルキーな装いとすら覚えます。
  
 まずはスープから頂くが・・・・やはり旨い。サラサラ感の中に微妙にコラーゲンがあって、髄の溶け具合と攪拌を感じますが、きめ細かさがありトロトロシャバヤバトロシャバ感。こってり重く思わせない豚骨感がええ感じです。塩気が低めで、それでも嫌味がないストレスの軽さ。まだ薬味を一切入れてませんでしたが、正直デフォルトのままで十分食えそうです。
  
 ここで一気に生ニンニクをクラッシャーかけて入れてみます。フレッシュニンニクですから、擦り下ろし感ある酸化
がない。本当にフレッシュに水に少し付けられているので、辛味が少ないです。しかしやっぱり、豚骨とニンニクパワーの相性は別格です。眠っていた魂が復活したかのように、ジリジリと塩気に風味を注入し、疲れたリーマンオヤジの私をシャキッとさせる旨さに変貌です。下手にドリンク剤のんで元気だすより、絶対こっちの方が真のパワーが出てくると思う。そして一通り、満喫したあと・・・・次の薬味投入へ拍車を掛けます。
 
 
 
 
<薬味> 紅生姜&高菜漬け:薬味の質感が高いのでついそのままでも食べてしまう
 
 定番の「紅生姜」と「高菜漬け」ですが、これが実に旨そう。なんとなく鮮度すら感じる仕上がり感で、どのカウンターにも定位置で置かれています。紅生姜がピンク色。自然な風合いがキープされているよにも思え、シソの赤身染色が薄くてナチュラル感覚が高まってます。まずは紅生姜。シャリシャリ歯応えが麺の隙間に挟まり、ときどきザクザクと感じますが、痺れ感とかヒリヒリ感が極度に少ない。本当に甘酢の旨さと生姜の本来味をナチュラルに楽しめるものです。出来がいいやつ!と確認できたら一気に投入してゆきます。少しばかり多くても赤くそまったりしない。
  
 そして「高菜漬け」これもフツーに旨そう。自然な辛子の刺激と香りの高さ、そして白ごまやら唐辛子の刺激等を倒し見ますが、思わずライスを欲してしまう味わいです。なので麺顔にも入れますが、ライスの上にも、トッピングを重ねてしまう。キクラゲのザクザク歯応えと非常によくシンクロするので楽しい味わい。
 
 
 
 
<麺> 言わずと知れた極細低加水ストレート麺!熟成感もあり生でも食えそう!?最初はバリカタで!
 
 博多麺だけは、食レポが難しい。だってスペック的にそんなに差があるとは思えないから。かん水だって低めと思われ、中には質感高くてそのまま食えるのもあり。一杯目は「バリカタ」と自分では決めているので今回もその通りに。汁の浸透が早いタイプだから、大雑把に手早く写真メモを終えて、まずは一口。
 
  口に入れた瞬間から、麺の風味高さを感じ、粉感を楽しむ雰囲気。そこにゆっくりとコラーゲン系なスープが浸透してゆき、咀嚼続けていくと脂と糖のうまみが結合します。しかし、割と早めに飲み込んで次へ次へと麺を早く回してゆうきたい気分・・・。パツパツクツクツっと前歯で千切ったあとは、奥歯へ送り込んでクシクシ・・・・ごっくん。そんな感じ。これは落ち着いて食うより、多少あわてた感じで食ったほうが旨く感じるのはオレだけなのだろうか・・・・。一気に食いだすスイッチは入ると、もう1玉めが半分程度なのに、次の替え玉をお願いしてしまうオレです。
 
 
 
 
<替玉> 結局食ってしまう・・・止められない豚骨替玉!今度は「ふつう」で頂く
 
 替え玉は、少し固さを下げてコール。バリカタじゃなくて、ちょいカタくらいとややこしい注文をつけてしまいます。快く受け止めてくれて、配膳完了。ラーメンのタレを少し回しかけてから一気に投入。ここでは更に紅生姜と高菜漬け・・・そして生ニンニクを投入してクサクサ度合いを高めてゆきます。
  
 もうこうなるとスープの最初の色なんて残っておらず、また覚えてもおらず。複雑な個性集合体の味わいを、ゆっくり豚コラーゲンの風味が包み込んでゆきます。惜しむらくは・・・ここにキクラゲがもう少し残っていれば尚旨しなはず。
 
 
 
<チャーシューとライス>  ランチタイムはライスが小中大サービス!
 
 替え玉があればライスなくとも良かったんだが、ライスが小中大とサービスと言うから思わず乗ってしまいました。替え玉をしてなかったら間違いなく大。このライスは、ラーメンの上に乗ってた豚バラ肉と海苔を外して、まず白飯の上にのせます。そしてその上に高菜漬けをわさっと乗せていただく。店の人に見つかったら注意されるかな???。それはラーメン用ですとか・・・こんど聞いてみようかしらん。
 
 
 
 総じまして「腹ペコ状態も短時間で一気に腹パン!多忙サラメシなら豚骨替玉でココ!」という感覚。一時期は飯食えずどうなるかと思ってしまいましたが、何とか午後の仕事も事なきを得ました。ごちそうさま。今度こそは間違いなく2号店へ行って食ってきます。武蔵小杉で九州豚骨は貴重ですから今後も定点観測。そんな応援気分のまま、とっとと最後に詠って、いつものように締めたいと思います!。
 
 
   陽が強く
   暑さ感じる
   春の風
 
 
   豚骨漂い
   替玉気分
 
 
 
 お粗末!と言うことで家族にも感謝しながら合掌!!今日も本当にごちそうさまでした!!!

投稿 | コメント (2) | このお店へのレビュー: 2件

「小ラーメン ニンニクアブラカラメ」@ラーメン二郎 越谷店の写真とまそんのブログ: https://www.ramentabete.com/entry/2019/04/19/000000
とまそんのYouTube: https://youtu.be/41PShnsb0Gs

<有休の使い道・・・直系二郎攻めにあてる!関東平野再制覇!>
 
 桜が散ってサツキが花開こうとするころ・・・、ようやく一年の中で一番ゆとり持てるようになります。今回は、わざとスケジュールを入れないようにして、有給休暇をいただきました。で、何にそれを当てようかというと・・・へへへ、言わずもがなラーメン活動。しかも遠征に当てようと考えて、やってきたのが「埼玉県越谷市」です。越谷と言えば・・・・一番新しい二郎!「ラーメン二郎 越谷店」。平日にシャッター狙ってみました。だって・・・二郎全国制覇は無理にしても、せめて関東平野制覇は意地ってもんですから・・・・。
 
 
 
 
<全体&スープ> クリアーさすら感じる非乳化系醤二郎!ニンニクが冴えるぜ!
 
 おおお!久しぶりのデフォルトの小ボリューム350g!。今日は体調が良さそうだからビビらないですんだ!。写真にしてしまうと迫力が削がれるが、コニーデ型火山を思わせるヤサイの盛りは熱々で湯気だち、所々、中腹に雲がかかったようにアブラがまとわりつく。今回はカラメにしてカネシを垂らしてもらったが、裾に見え隠れするスープはやけに眩しく醤油ブラウンのクリアーさが印象的。ニンニクは今日も頼もしい黄色を発しているね・・・。
 
 さてスープだが、最近ご無沙汰なのもあって斬新に感じます。やけに透明感が深い醤油色じゃないか!。表面にはラードの層が立ち込めているが、コーティングを超えてポリッシュ!というようなイキイキした印象。これは明らかに非乳化系と目に映り、そしてブラウン色の深さから、通称で言う「醤二郎」に思えてなりません。なのでカラメは今回余計だったのかもしれない。そんなプチ反省をしながら食らいつくと、スゲー食べやすく胃に負担のすくないスープ感。トップクラスのジロリアンな方々にはズドンと来る重さが好みなのでしょうが、アブラを足したこともあって、私にはとても似合うパンチ感。パンチというよりシャープさと言った方が近いのかもしれない。と言うのもニンニクがとてもクリアーな醤二郎にはフィット感があって、ニンニク特有のジリジリ感がとても伸びる!響く!馴染む!!。
  
 後半から終盤に近付くにつれ、やはりヤサイの汁が深く混じりだし、そして麺の風合いも随分と溶けてゆくのを感じます。この時点ではカラメで補強した塩気はマイルドになり切り、ここでカウンターに備え付けの一味唐辛子と塩コショウを振りかけてパンチアップしてゆきます。ふわふわだった脂も攪拌や天地返しして時間が経つとオイル化した感じ。ラード感もアップして旨みカオスなマイルド感とオイリー感がせめぎ合い。なかなか好みでした。それにしても今回は胃袋が元気だった。汁まで飲み干せそうだ。こんな事ならヤサイマシマシか、小豚にしておくべきであったが・・・、健康管理もあって、半分程度飲んで、今回はフィニッシュとしました。
 
 
 
 
<麺> たおやかさすら覚えるワシワシもちもち感覚!汁吸い込んで旨しでんがな!
 
 久しぶりの日清製粉オーションの褐色麺。嬉しい!。全体的には、中太感がしっかり出ていて肉厚感を感じるフォルム。ではワイルドかと言えば、ウネリや少なくほぼストレートな部分が多く、ややモチモチとした感覚もあってマイルドな麺と映りました。比較的汁を吸いやすくも感じたため、フツーに麺が旨い!いやフツー以上に麺が旨し!!。デフォルト350gということでしたが、オレ的には丁度腹パンで死亡遊戯しながら食うような感じになならなかった。とても味わえる麺です。
  
 そんな感じだからワイルドではなく「たおやか」と感じる。そんなことで油断をしてしまったのか、ワシワシと食いつぶす食べ方の他に、ズボボボボボーーーっと少し調子にのってすすり上げる。いかんねー、手痛いしっぺ返し。やっぱりワイルドに跳ね回り、汁と浮かぶニンニク欠片を巻き上げる。オレのワイシャツに飛びまくる!!!。もう、ここからは反省してカレーうどんを食うように、麺顔に極力クチを近づけて食い続けるました・・・・。
 
 
 
 
<ヤサイ> ほぼ定番のモヤシメイン!後半放置した分クタっと変化始まる〜
 
 ヤサイは大人しめな印象。茹で上げはシャキシャキがすこし峠を越えたばかり・・・といった印象で、クタっとした部分が微妙に感じられる程度。モヤシ90%以上といった配分で、麺と絡めてくうとシャキシャキ感がかなりマスキング受ける程度です。おそらく今回割とすんなりと食えたのはヤサイの圧迫感が少なかったからかと。後半になると汁に混じって一気にクタっとしてゆくようにも思えます。それがスープを一層マイルドにさせ、またヤサイも食べやすくクタるかと。と言う感じでこちらのヤサイは食べやすし!と言う印象なので、ビギナーで冒険試したいなら、ここでマシの挑戦してもよろしいかと思います!。
 
 
 
 
<豚> しっかり脂身ありありアピールで歯応えあるワイルド感!本来っぽい風合い!
 
 最近、あまり直系を回らなくなったけど・・・、たまたま当たりがいいのか、ずいぶんと豚が旨くなったなという印象です。本当に柔らかくて脂身なんかトロトロ感すら覚えるのが増えてきた。神豚表現を連発してしまうオレでして、なんか節操がないような気分。そんな中、こちらの豚はしっかりとワイルド感があって、個人的には回帰したようなイメージ。良いイメージ。決して神豚から遠ざかったネガティブは評価ではありません。
 
 肉は肉ってな感じでしっかりと噛み応えがあり、噛み締めて味わう楽しさがあった。繊維が風雑になってる部位があり、そうそうこういう感じで、ゴロっと入ってて味わい深かったのが、昔は新鮮な気持ちで味わってました。脂身はトロッとしたイメージとは逆で、やや引き締まったようなイメージ。これを奥歯でガジるようにして潰すと、急に安心したかのように、脂の甘味と染みこんでいた塩気が溶けだす。これをヤサイと共に食らうとナイスな味わい。肉を課題じゃなく、素材として味わう余裕があったのが、今回の自分なりの勝因だったと思われます。
 
 
 
 
 総じまして「スマートなる汁!ナチュラルマイルドな麺!ワイルド感キープの豚!期待の直系二郎!!」と言う応援気分!。今一番新しい直系二郎。当面は、週末になると混雑が予想されますが、一時期の過熱ぶりは落ち着いておりますし、今からがじわじわとこの店らしさが生まれるところ。頻繁には来れるエリアではありませんが、直系の中でも上を目指して頑張ってほしいと思います。そんな応援気分のまま、とっとと最後に詠って、いつものように締めたいと思います!。
 
 
   街角の
   豚骨香る
   薫風に
 
 
   長閑かき消す
   痛快ニンニク
 
 
 お粗末!と言うことで家族にも感謝しながら合掌!!今日も本当にごちそうさまでした!!!

投稿 | コメント (4) | このお店へのレビュー: 1件

「特製醤油そば+玉子かけご飯」@中華そば 和渦 TOKYOの写真とまそんのブログ: https://www.ramentabete.com/entry/2019/04/18/000000
とまそんのYouTube: https://youtu.be/QSMp2InIP84

<移転後雰囲気一変!こりゃ流行るわぁ〜^_^>

 「大井町 和渦」から、「和渦 TOKYO」へ変身しての移転。北品川ってあまりイメージがなかったんだけど、御殿山のすぐそばだから、ちょっと華やかな空気感も垂れ込めるのね。大井町時代の薄暗い感覚を引きずって訪問したら、曇り空だったと言うのにあまりもの明るさで驚いた。階段を上って2階の入口とびら。入るとJR各線と新幹線の線路がドドンと窓一面に広がってる!。線路の向かい側にはマリオットホテルと教会。そして散ったばかりの桜など木々が風流。スゲー!スゲー!!大井町時代からは想像がつかないほど洗練!!

 そしてスタフが増えてる。しかも手慣れた心地よい対応。おいおい・・・フロア係の女性がキレイじゃないか!。ここは本当にあの「和渦」なのか???。




<全体&スープ> ブレンドの生揚げ醤油のカエシが 鶏出汁&和出汁で磨かれたような明るさ!円やかさ!

 居心地が良くなったどころではない。100倍良くなってる。以前なら、奥の席を立ち出てゆく客に気を使い、椅子引いたりしてたが、あの一体感も捨てがたしだったね。だが、女性スタフを始めとする対応の良さと、環境の広さと明るさは、まさに別格。そして気持ちよく目の前を走る電車を眺められる。ラーメンデートでもできそうだが、おれのようなジジイにとってもったいない程の環境であります。今回は大人しく定番の「特製醤油」とさせていただきました。それはこんな麺顔でやってきた!。

 おおお!これはまた薄暗い大井町での印象も良かったが、御殿山を背景に拝むと一段とあか抜け感が伺える!。元々ポテンシャルの高さは承知してたが、表舞台に立ったような崇高な醤油ブラウンの透明感が、一段と美味そうに見える!。スープだけでなく肉も玉子もその他トッピングたちも!


 一度も二度も味わった味なんだが・・・心が小躍りしているせいか、妙に明るく感じる今回の実食。生揚げ醤油を使ったコダワリのカエシは、実に風味よく円やかさと熟成感ある甘味を伝えてくれます。普通の市販醤油が「生醤油(キジョウユ)」。これに対して火入れをしないのが「生醤油(ナマショウユ)」。字は同じでややこしい。そしてナマショウユに対して、「無濾過」なのが一番自然に近い醤油。「生揚げ醤油」はこれに当たるのかと推察。更に木桶仕込みというから、木桶の風合いやら、そこから醸し出されるものも濾過せず含んでいるという理解だね。なので尖りが全くなく、カエシは塩気のはずなのに、どこか円やか。そして醸造感をそのまま残すから、発酵と熟成で生まれる酸味が、後味としてふわっと感じる。もはや醤油ダレではなく、出汁そのものってイメージすらしてしまいそうです。


 そしてレンゲで透かしてみれば、動物系エキスもふんだんなのが分かります。この煌びやかさは間違いなく鶏系。そして神奈川淡麗系とは違い、鶏油によるバターのような分厚いコクを増すようなことが一切ありません。醤油ダレがナチュラルで煌びやかだったのに対して、とっても滋味深くて穏やかな鶏出汁の展開。ストレス感が一切なく、手間と時間をかけてクツクツと丸鶏からエキスを煮出したのが伺えるというものです。

 すばらしいのはここから。全体的に華やかなれど、淡麗系の落ち着き感も深い。これはいつも個人的には「落ち着き感」と言えば、和出汁を想像してしまう。メニューラインナップ等から、和出汁の主役は間違いなく「昆布」と思われます。しかしそれだけでないのは明らかで、次に感じるのは節系の分厚さ。醤油カエシと一番結びついているのは、個人的には節系の旨みだと勝手に感じ取ってます。また煮干系もニボニボさせなければ、自然に落ち着く甘味も吐き出すと思われ、それも全体貢献しているとは思います。




<麺> 風味も感じる多加水ストレート細麺!汁吸い込んで丸みを感じるタッチが上品!

 スープが旨いと麺もプレッシャーですね。調和させるように麺を合わせるのか?。はたまたコントラストを形成しギャップで旨さを引き立て合わせるのか?。こちらは明らかに前者です。因みに後者の代表格は、極濃公煮干ドロドロスープと、パツパツ歯応え麺のコンビ。真逆例を出すとイメージが膨らむかと思いました。

 加水的には中から多へ傾いたようなイメージ。芯は明らかになく、とても全体的にしなやか物腰が印象的です。汁を吸うのに優れていると思われ、箸で引き上げると寄り添い合う。そしてスープの持ち上げもよろしく、レンゲをあまり駆使しなくても汁との一体感を味わえるものです。表面がつーるつる。なので口当たりライト。ズボボボボボボボって小気味よくかつ豪快に啜り食える逸品です。

 これも国内小麦100%使用の香り高いもの。印象的なのは、すすり上げたタッチが丸みを感じるというもの。滑らかさが極まると角麺でも丸い地肌と感じるものなのか?。なのであっという間に啜りが気持ち良いので、全部食い切ってしまいました。大盛100円はリーズナブル。ご飯のサイドメニューは割とプチ丼みたいなので、コミコミで麺大盛にするのをおススメいたします。




<チャーシュー> 三元豚!肩ロースとバラ肉の共演!肉本来味と塩気薄味仕立てで芳醇なる旨味の渦

 特製だからか肉は3枚。3種部位かと思ったら、肩ロース2枚、バラ1枚でした。これは丁寧に自家製オーブンで仕上げた感ある肉。告知では三元豚というブランドらしい。3枚ともサイズ感と厚さに文句なし。噛み締める肉も弾力を楽しめる余裕を感じます。少しスープの上で放置する時間が長かったためか、少し熱が通った色に変化してますが、基本的には薄いピンク色。薄味で、塩気すら低めですが、脂身が旨い肉でして、それだけでグイグイと魔力的に食わせてゆきます。

 肩ロースは、肉繊維もろとも奥歯でガジルように食う。淡い弾力の上を更に奥歯を使って力をかけてゆきましょう。じわじわとスポンジのように吐き出された肉汁に、鶏と和出汁のダブルエキスの醤油スープが入り混じり、トリプルの旨さで完全昇華ですよ・・・。またバラ肉も面白い!。肩ロースは赤身と脂身の調和がとれた味である一方、バラ肉は脂身がメインな展開。赤身させ脂身に染まってるイメージで、醤油スープに脂の甘味を足しこむような味展開です。これがまた重くなくパクパクと食える感じで、箸が止まりません。結構ボリューミィーな肉の展開が、その旨さゆえに、あっと言う間に胃袋の中に全部収まる。




<ワンタン> 鶏と豚の挽肉の違いを味わいたい!チュルンとした滑らかさも格別!
 
 すこし感触が違うと思ったら、鶏と豚の二種ワンタンだとのこと。皮のサイズが違うとこうも印象が変わるのかと思ってたら、あとで蘊蓄メモをみて納得。どちらも挽肉の歯応え感は粗さの中に柔らかさを含むのでナイスな印象。そしてやっぱり鶏のほうが淡泊な味の広がりと思え、スープの浸透をより反映してますね。皮がまた大きめだったのでちゅりゅんと、クチのなかへ流し入れるように食うのが快感。それに対して豚は、概ね鶏とにている食感と滑らかさですが、肉の塩味感がシンプルなようでジューシーさが一枚上手のような印象です。薬味の三つ葉は、豚のワンタンと一緒に食らったものだから、よりよく楽しめた記憶。




<味玉にハズレなし!> 確か・・・奥久慈卵?濃密な旨味で味付けが不要なのだ!

 大井町時代から鶏と玉子にはこだわってた記憶。比内地鶏だったか、奥久慈卵だったか・・・(忘れた)。だが卵黄の質感でただものではないのが分かるね。出汁が旨いので、染みた玉子は崇高に熟成したような厚みある味。それがねっとりと舌の上をまとわりつき、微妙な甘みと汁の塩気が混じります。特製だったらホールで1個欲しいかもと思ったが・・・いえいえ、ほかの爆裂なるコスパメニューとトータルで考えれば納得の質感。嗚呼、やっぱり今回も味玉にハズレなし!。




<玉子かけご飯> 驚愕の50円!これは別腹で食えるハズなので必食!

 「和渦」は、サイドメニューもウリです。小さなご飯ですが50円で提供です。それがいろいろ食欲そそる構成で、種類もある。この日は4種類に限ってましたが、「鶏タルタル丼 50円」とあるのが信じられないくらい。今回私は「玉子かけご飯 50円」をチョイスさせていただきました。

 何せコダワリの奥久慈卵ですよ。そして鶏そぼろがすこしだけ乗る。味付けはない。テーブルセットもなく、言えば出してくれるそう。完全な状態で出しているので、あとから味変化の必要を考えていないのだ。そんな意識高い中で、自信をもって出してくる生卵。これは旨かった。

 ぐじゃくじゃにかき回す。ご飯やや少なめだから、卵黄がご飯全体を覆い尽くす。完全に白身とも混じってない状態で食らうのがいい!。これは日本人のソウルフードだが、それ以上に高級感すら芽生える濃密な旨さであった!。50円とは思えぬ幸せ・・。これは、腹パンであっても必ず食うべしですよ。激しくおススメ!。




 総じまして「この春のラーメン的事件!一気に脱皮して更に大きい羽ばたき感じる崇高醤油そば!」と言う感想。ちょっと度肝を抜かれたような、お店の進化に驚きを隠せません。もともと美味い店だったので中身はあった。そして今回の移転で外の箱も十分に備わった。「大井町」から「東京」へ意識拡大ってのも頷けますし、今後は大いに応援したい!。今後ともよろしくです。そんなエールを込めて、とっとと最後に詠って、いつものように締めたいと思います!。



   脈動と
   春の気溢る
   景色哉



   気鋭の醤そば
   旨さ溢れる



 お粗末!と言うことで家族にも感謝しながら合掌!!今日も本当にごちそうさまでした!!!

投稿(更新) | コメント (7) | このお店へのレビュー: 1件

「特製醤油 大盛」@くじら食堂 nonowa東小金井店の写真とまそんのブログ: https://www.ramentabete.com/entry/2019/04/17/000000
とまそんのYouTube: https://youtu.be/G9bwS8_oFvU

<とにかく「ほっこり」したいなら・・・やっぱり手揉み麺だよな〜>
 
 昨年末から今年の春にかけての大仕事は、ひとまず一段落を迎え、抜け殻状態のオレです。もう何も悩みたくない、考えたくない。単に優しいラーメンが食えればイイ。そんな感じで素直に「醤油」をチョイス。酒はこの後どこかへ移動して飲もうと言うことで、ここで酒を控える代わりに「特製」とさせてもらいましょう。今回は、初訪問者の気分になって超定番の「特製醤油」を心していただきました。
 
 
 
 
<全体&スープ> 麺が主役のように見えても・・・やっぱり優しく沁みる素朴な醤油味にはメロメロ気分
 
 おおお!一見小ぶりに映る丼ですが、深さがある上に大盛として麺がみっちりと入ってるから、ありがたい重みを感じるね。特製にして少し豪華にしてみたものの、やはり全体から感じるオーラは素朴さそのものでした。端からのぞく麺の縮れが、これほどまでにアピールしてくくる。また肉は流行の低温調理タイプではなく、昔ながらのオーブン系で飾りの焦げが見てて嬉しい。また味玉は麺に倣うかのようにこれまた素朴だ。
  
 どうしてもスープの感覚は後回しになってしまうが、落ち着いてレンゲで掬いまずは一口。うう・・・めちゃくちゃ優しい!。何の抵抗感もなく沁み入るっていうイメージ。これこそ老若男女誰でも好きになるのではなかろうか・・・。醤油のキレとかカエシしみたいなものは、ずっと奥に潜んでいて、出汁は円やか極まるイメージ。豚ガラの煮出し?。鶏油のような濃密な色気じゃなく、もっとかなりアッサリとした動物感が印象的。きっと香味油もラードを使っていると思うが、相当軽やかなコクで嫌味が一切ありません。
  
 このあっさり感は、昆布とか椎茸などの乾物系も含まれていると思うけど、さらに上をいく。野菜の煮出しも相当効いていると勝手に妄想しているだが、ともあれアッサリ味がこうもしっかりしていると、全然薄味とは感じられなくなるから不思議。例えば、固形物を全部平らげた後に残ったスープ。それを飲み干す時にやっと醤油の醸造感にある酸味やカエシのかけらを見つけるほどですから。またこのスープには絶対に麺のエキスが浸透していると思う。後半以降は思った以上にスープの透明度が霞んで行きますが、これは麺から吐き出される炭水化物との攪拌だと察してます。これがまた旨味を新たに構成し、さらに小麦風味を獲得するようです。
 
 
 
 
<麺> 自家製麺:とにかくピロピロ捩れ縮れる素朴麺!休む暇なし体力使う麺だね・・・脱帽!
 
 並・大盛・特盛・・・同じ料金は嬉しい!。これは自家製麺ならではの心意気ですね。加工費はの量でも変化ほとんどなく、差があるとしたら材料費だけ。その材料費も自家製麺ならさほど気にならない差額でしょうから。顧客還元度合いが大きい割に原価インパクトが少ないと思わせます。さらに人気店となると作る量が増えるから、回転率も良いはず。素晴らしいの一言。

 ご存知、多加水平打ち太縮れ麺。ラヲタ(ラーメンヲタク)の中ではピロピロ麺と呼ばれたタイプ。そのランダムに押し潰れたシワや捩れが、見事にボコボコと折り重なった風貌。しかも、モチモチとしていて、表面は意外とツルツルしてるから、プラスチック箸では滑りやすいね。前歯のあたりはとてもライトで、押しつぶした割には麺には密度の高さを感じません。クチリと安易に潰れこむのが快感で、奥歯で噛んでは溢れ出る唾液で旨味として糖化さえてゆきます。これだけ太いと普通はワシワシとすすり喰いになるところですが、妙にライトな全体感で、ズボボボボボボボーーーっと啜り上げることもまた容易。私はもう慣れっこですから、隣客の不思議な目線も気にせず、後半は啜りあげまくり!。太麺をチュルチュルすすると、捩れでボコついた感触が口の中や、喉越しにも快感を与える・・・。ああ、だからこういう素朴な麺が好きなのだった!。
 
 
 
 
<チャーシュー> 食らう前からわかる安堵の味わい!あっさりした脂の旨味に焦げ香ばしさが沁みる!
 
 大きく2枚のバラ肉。そして欠片程度の肩部分?な肉が付きます。最近の流行には背を向けて、馴染み深い炙りのタイプのチャーシュー。軽く表面だけハンドバーナーで焦げ目をつけており、そこからも周囲からも香ばしい風味を醸し出します。
  
 見た目は下味がしっかりと付いていそうですが、すごく淡白な味わい。あっさりな醤油スープを吸い込ませてから、食う方がオススメです。脂身はすでに引き締まったトロトロ感で寿司、また赤身の部分は汁を吸い込みやすいスポンジタイプ。折り曲げると細かく繊維が割れて、汁吸い込みのスペースが見て取れます。これはご飯よりもお酒に合いそうなタイプですね。昼間じゃなかったら飲むところです。
 
 
 
 
<味玉にハズレなし!> 最近としてはマイナーとなった固茹でに近いタイプ!しっとり感深く甘みもより深く!
 
 半熟、トロトロ、ジェル、ゼリー・・・味玉の卵黄には色々と例えられ方がありましょうが、最近の中では珍しく、やや固茹でタイプです。トロトロさは失せてしっとりと湿ったのが残された感じ。これはお弁当などでよく昔は見かけた卵ですね。そんな郷愁も重なったか・・・妙に素朴さを感じてうまく思えてしまった。味わいとしては王道の熟成タイプで、タレが相当に卵黄深くまで浸透して、熟成したような濃密さあり。やっぱり例に漏れず少し熟れた甘みを感じさせる。個人的には、熱々ご飯の上に乗せてグチャグチャにして食いたいと思いました。
 
 
 
 
 総じまして「素朴さに広がる優しい味わい!小麦風味をしっかり伝える王道手揉み麺!」という感動。七彩の系譜で一時期とても注目集めた流れですが、今はどこか到達感すら覚える完成度を感じる次第。この素朴な味わいと、少し今風センスを取り入れたような風合いは、これからも広く愛されることでしょう。また必ず食べたくなると思う。また安らぎを求めて・・・。そんな優しさ詰まった旨さを思い出しながら、とっとと最後に詠って、いつものように締めたいと思います!。
 
 
 
   休日の
   空腹うめる
   手揉み麺
 
 
 
   優しい味に
   安堵を深め
 
 
 
 お粗末!と言うことで家族にも感謝しながら合掌!!今日も本当にごちそうさまでした!!!

投稿 | コメント (3) | このお店へのレビュー: 4件

「花びらチャーシューメン 塩・こってり」@ソラノイロ食堂の写真とまそんのブログ: https://www.ramentabete.com/entry/2019/04/16/000000
とまそんのYouTube: https://youtu.be/RTj4YDOLJbE

<いろいろあった一週間!自分に褒美の憂さ晴らラーメン!>
 
 実に久しぶりに一段と現場に近いことをやったから、心身ともに疲労困憊。新たに狙いを定めたのが、こちら「ソラノイロ食堂@池袋」さんです。随分と方向転換したものだが、こちらに、肉まみれな一杯があると知ったので。それなら大塚駅界隈のあの店でも良いはずなのだがね。実は、食べログとラーメンデータベースの新規訪問店舗数を増やしたいという・・・セコイ考えが働きました(爆)。
 
 
 
 
<全体&スープ> 豚清湯のしっかりした旨味!あっさりした旨味が濃ゆい感覚ってわかる?
 
 おおお!これですこれです!!この肉肉しい麺顔に会いにきたのだ!!!。おそらく一般庶民の贅沢を絵に描くならこんな感じ。かけ離れた夢のような贅沢を追い求めるとむしろ侘しくなる。例えば週に一度くらい普段のラーメンの肉が溢れるというのは現実的で良い。手が届く贅沢・・・。実感あった方が、やさぐれ気分を癒すには説得力があると思うよ。
  
 さてこの一杯は「豚清湯」がテーマだそうです。いわゆる「あっさり味」。沸騰させたり骨の髄液が攪拌されたりするとすぐ白濁してしまいそうなところを、丁寧に沸騰させないように煮込むのだと推測します。浦和で独身時代によくやったんですが、雪平鍋に挽肉でゆっくり煮出すと豚の旨味がよく出ます。それがこれと似た味に思える。しかしやっぱり大鍋で大量の骨でやった方が、この「あっさりの迫力」が違う。当たり前か・・。やはりプロの仕事と感じる、「深みのあるあっさり」が如実に出ています。
  
 そして塩気は薄くありません。和出汁だったらバランス崩すところですが、ラーメンスープでの塩気は、旨味エキスのレベルを「固着化」させる妄想部分があるかな?。例えば、私の稚ブログで「ピントが合ったような味」「ぴっちりとした感覚」と頻繁に使うのはこういったところは、塩気が役割を果たすといつも感じて食べてます。乾物系の旨味も含まれての塩気でしょうが、実にゆったりと分厚い感覚がいいです。
 
 
 
 
<薬味> 溶ける大量背脂が桜吹雪の様に舞う!
 
 麺をすすったりしてると背脂は全体に攪拌されてゆく。そして背脂が飲むゼリーを砕いたかのようにスルスルと胃に収まる。チャーシューを食い続けると、上蓋が除かれたように一気に背脂が浮き出てくる。見る見るうちに麺顔表面は背脂だらけになってゆく。それはまるで桜吹雪のように・・・・・。「あっさり&こってり」の旨味が丼の中いっぱいに漂いまくります。
  
 あっさりと思ってた味に、優しいこってり感が乗っかり、やがて一体化・・・・。塩気に混じると背脂はまるで甘みを増したかのように旨味が生き生きとしてきます。まるでスイカに塩を振ったかのように、塩と甘みの不思議な関係をここでも感じます。
 
 
 
 
<麺> 汁の吸込みとしなやかに汁を持ち上げる加水高めのストレート細麺!グルテンの旨味を知る!
 
 麺が一番にオーディナリーな立ち位置。フツーな幸せを表現していたようです。スープやトッピングはすごくエキセントリックなのに、そんな中でフツーでいることがすごいように。加水感は中からやや多目の程度。潰しこみによる密度の高さはありません。ストレスなく汁を吸い込むタイプ。そして後半以降はしなやかになって行きます。
 
 そうなると背脂まみれになるね!全体が。もうかなり熱で溶けてしまってるけど、出汁を吸い込みつつ、表面はコーティング気分。ここからが吸い込むのが早い。ズボボボボボボボボボボボボ!オレのスタンドが必殺技で連続攻撃してる時の効果音みたいじゃ。そんな遊ぶ部分もあって口の中へと収めてからは、安寧を生む旨さに変わる。奥歯で潰される度に唾液が糖化を加速して、そこに油の旨味が加わってカオスな気分!。淡いグルテンの風味も感じとれる中、脂ギッシュな旨味も素晴らしい。あとは喉元を過ぎるだけで、気持ちよく飲み込むだけです。
 
 
 
 
<チャーシュー> 怒涛の豚肩ロース肉が2ダース並びに咲く大輪の花!桜散っても丼花満開!
 
 さーーーーーて肉です。一面に肉。悔しいほどに肉。だから枚数を数えきってやろう!と思って食い始めましたが、旨すぎて途中で意識が途切れた。12枚はあると思うチャーシュー。まさに怒涛のごとく綺麗に並べられて、くるりと一周して渦巻くような飾り。家庭の一般的なフライパンで餃子を焼くときに、よくこのようなスタイルで巻き状態にしますが、そんな並びです。
  
 周囲には薄い食紅を感じますが、これは本格的な吊るし焼きのチャーシューじゃないですか!。煮豚で大量に作られたものじゃない。香ばしさが違うのだった。
  
 また肉質もいい感じ。肩ロースは脂のサシと赤身のバランスが良いから好き。そしてスープも吸い込んでいるから、旨味がさらに深まっている。燻焼き肉と汁のひたひた感が融合した旨味を、伝える言葉を知りません。案と・・・これだけのチャーシュー量を無意識で食らったら、先にチャーシューを食い尽くしてしまった(笑)。一度食ったら箸が止まらない性格ですから悪しからず。最後はフツーの塩ラーメン風に食いきってフィニッシュ。
 
 
 
 
 総じまして「春満開!・・・背脂は春の海!肉は桜の花吹雪!週末ハッピーラーメン!」・・・と言う感覚。やはり肉食ったという達成感と、ラヲタゆえのラーメン食った満足感・・・それら両方がある。今回は一気に重い気分を払拭してくれたと思います。今後どうしようもないストレス抱えた時は、チャーシュー麺食います。沈んだ気分もこれ食ったら行きに元気!そして気分はハッピー。池袋の昼時にはこちらオススメでございます。そんな応援をしたところで、とっとと最後に詠って、いつものように締めたいと思います!。
 
 
 
   花金に
   憂さ晴ら気分
   救う哉
 
 
 
   花びら焼豚
   ふわふわ背脂
 
 
 
 お粗末!と言うことで家族にも感謝しながら合掌!!今日も本当にごちそうさまでした!!!

投稿 | コメント (6) | このお店へのレビュー: 1件

「薬味ラーメン」@中華そば専門店 味幸 新宿御苑店の写真とまそんのブログ: https://www.ramentabete.com/entry/2019/04/15/000000
とまそんのYouTube: https://youtu.be/3_FDDL47bc4

<アイム・ソーリー・・・ヒゲソーリー・・・アベソーリー!>
 
 それにしても、周辺やけに警察関係が多いのはビビるぜ。別にやましいことはないのだが、どうしても紺色の制服を見ると威圧的なものを感じてしまう。たとえそれがガードマンであっても、駅ホームの誘導係であっても。きっと彼らも濃紺の制服を着ることで、社会的権力に守られてる感が絶対あると思うねオレは。なのに婦人警官の制服は可愛いと思うのだが、それはオレが単に変態だからか・・・。
 
 原因は安倍総理だった・・・。なんだ来てたのか新宿御苑に。オレも参加したかった。どうせなら警察の制服を濃紺から黄色にしてくれと伝えたかった。パタリロやこち亀の中川みたいに・・・。
 
 
 
 
<全体&スープ> まさしくクラシカル醤油!今風に寄せず!玉葱がもはや出汁と化し飽きない感じ!
 
 おおお!期待通りの玉葱の海〜。思いっきり八王子体験!住みたい街2位の迫力!ラーメンだけなら三多摩の首都たる威厳を感じますな(立川の人に怒られるか・・・ジョーダンジョーダン)。玉葱まみれって、玉葱放題、もはや一週間分の玉葱摂取を一度に摂る勢いです。
 
 この玉葱の汁が絶対にスープにも浸透しておるわけで、味わい的にはとても淡麗な醤油味の風景となってます。香味油として薄くラードが幕を張っているが、色気を感じるほどアピール感はない。むしろ醤油のまろやかさのバックアップに徹した存在で、香りも低い。つまり塩気がちと低めなのが、グビグビと飲み干しても罪深く感じさせないイメージです。
 
 玉葱がもはや出汁とかしている。スープをレンゲで味わうと必ず玉葱が雪崩れ込んでくるので、いつもどのタイミングでもシャリシャリと歯で潰しながら汁を味わう。人によってはここを水っぽく感じるかもで、評価が割れるところでしょうか。もっともフツーに中華そばにして「薬味」のせなければいいだけの話だけど・・・。豚ガラの清湯もすごく丁寧で控えめはほどに雑味がないです。醤油の風味を全くマスキングしない動物エキス。こちらにも玉葱のさっぱり感が浸透して、ガッツリとはあまり感じない。しかし麺から滲み出る風合いは、はっきりと汁の中に移し取られて、後半になれば少し風味深くなる感じもありなむか?。
 
 
 
 
<麺> クッチリ密度感ある中加水のストレート細麺!汁の持ち上げもよく滑らか気分!
 
 麺がうまい。はっきり言って好きなタイプ。むか〜し京都に住んでた頃によく食ったのと似ているかも。加水は中程度と思いますが、あまりモチモチし過ぎず、密度感が少しあってクチクチと歯切れが良いタイプ。粉の風味というより、グルテンの旨味が得意そうな感じがして、汁と絡めて食うのが実にいいです。
 
 スープの持ち上げが意外といいね。てっきり玉葱が絡んで汁持ち上げをもっと邪魔すると思ったんだけど、玉葱がボロボロと抜ける分が大きい。とは言えたまに絡んでシャリシャリとした歯ごたえとヌチヌチとした奥歯の潰しが混じるが、それもまた一興といったところ?。汁の浸透はゆっくり進む方だと感じて、ちょっとゆっくりめに食ってましたが、流石に最後になると汁が充満したように柔らかくなりました。そこからは一気に啜りあげて固形物はフィニッシュ!。
 
 
 
 
<チャーシュー> 馴染みぶかい昔のご馳走感覚・・・豚バラロールチャーシュー!
 
 豚バラ肉のロールタイプ。それを薄切りに大判にスライスした一枚肉。いかにもクラシカルなスタイルです。スープ生成にも貢献しているその豚肉。なので余計な脂が抜けているさっぱり味。王道の煮豚タイプのチャーシュー。香ばしさよりも食感に親近感を持ちます。馴染みぶかい昔のご馳走感覚って感じですな。
 
 薄味です。醤油だれの浸透も感じますが、その醤油がシンプルあっさりタイプなので、あっさり味い淡白さが加わった風味。これはご飯に合うと言うより、そのまま麺に巻きつけて食うった方がシンプルで旨そうです。両隣の他客はバラチャーシュー麺だったのですが、やっぱり羨ましかった。チャーシュー麺に薬味を散らして見たかった・・・。
 
 
 
<具材> 細切りメンマが妙に快感でハマる!次回はメンマラーメンに決定!!
 
 特筆するまでもないけど、極細かくカットされたメンマが美味かった。実は恥ずかしい話だが、これだけ毎日ラーメン食ってて、このタイプのメンマに出逢ったことは初めてかもしれません。最初はフカヒレが入っているわけもなく、えのき茸でもなし、メンマの味がするけどこれは何者?と考え込んでしまいました。玉葱との相性も良かった。これは実に楽しい食感!。次回は絶対にメンマラーメンにする!これは決定事項!!。
 
 
 
 
 総じまして「シンプルさがむしろ斬新!受け継がれる八王子系スタンダード!」という感覚。クラシカルなラーメンを若い世代が受け継いでるのも見ていて嬉しいし安心もする。今風の尖りに疲れたら、こう言う一杯がむしろ新しく思うかもしれない。新宿は個人的に便利でもあるし、また近いうちに来るかも。そんな期待と応援を寄せながら、とっとと最後に詠って、いつものように締めたいと思います!。
 
 
 
   咲き誇る
   御苑桜も
   散りぬるを
 
 
   昼メシ拉麺
   玉葱散らして
 
 
 
 お粗末!と言うことで家族にも感謝しながら合掌!!今日も本当にごちそうさまでした!!!

投稿 | コメント (5) | このお店へのレビュー: 1件