なんとかデータベースラーメンカレーチャーハンぎょうざうどんそば
 

とまそん@ラーメン食べて詠います

男性 - 東京都

自分のラーメンライフを振り返ってみました・・・https://hikakujoho.com/manekai/entry/20180712

平均点 83.154点
最終レビュー日 2019年2月19日
3,610 2,309 13 21,203
レビュー 店舗 スキ いいね

「汁なし+ヤサイ•ニンニク•フライドオニオン•マヨネーズ」@麺屋 味方の写真とまそんのブログ: https://www.ramentabete.com/entry/2019/02/06/000000
とまそんのYouTube: https://youtu.be/y4ZmDmRE4No

<憂さ晴らしにガッツリ系汁なし!ストレス発散してきましたわ!!>
 
 本当は午後の予定を考えて御成門方面で一杯食うつもりだったんですが、途中で「麺屋 味方」の前を通ったら・・・なんと空席があるようだった。なぬーーーーー以前行列の回転が遅くて諦めて帰った記憶あり。これで心が完全に揺れた・・・・。決定的だったのは、先日「手打ち中華酒田@平間」へ訪問の際に準備したストロング・ブレスケアがまだ手元に残ってたこと。これが一気に後押しとなり、速攻で乱入気分で入店しました~。
 
 
 
 
<全体> 写真では縮尺が伝わらんが・・・じつはデカい丼で圧迫感それなりのジャンク系なのである!
 
 実はこちらは初訪問ではありません。昨年一度、朝の始業前の時間帯に訪問し朝営業を体験済。こちらは、朝にラーメンではなくサンドイッチを提供しておられます。そのサンドの肉が二郎系の肉という・・・なんともミスマッチな感覚なのですが、これが実に旨い!。店内で食べても行けますがテイクアウトの可能で、どちらかと言うとこちらの方が多かったかも。参考までに・・・リンクを貼っておきます。
 
 < 番外編:まかないサンド ~二郎系の店が朝限定でサンドイッチ提供!>
  https://www.ramentabete.com/entry/2018/08/31/173049

 そんな記憶も交錯しつつ、待ち受けた一杯はこんな麺顔で登場しました。
 
 
 おおお!。麺量フツーにと申しましたが、この器のデカさがなんぞや!。本格的ジロリアンに向けたサイズ感となっており、200g少々の麺だと写真では少なく見えるかも?。しかし実際には迫力満点で、ヤサイの盛りもかなりいい感じ。更に豚のボリューム感がデフォルトでこの規格かよ!とおもう分厚さとゴロゴロ感覚です。「汁なし」とは言っても実は、汁がそれなりに滲みます。野菜から滲みだすものと思われますが、天地返しなどをしているうちに全体が攪拌されてゆき、濃厚豚骨醤油味と豚脂、そしてマヨネーズが溶けだして、なんだかミルクチョコレートのような汁が底にたまります。これが実は旨くて・・・醤油の香ばしさと豚エキスの濃密さが抜群!。さらにニンニクがバリバリと刺激を与え、マヨのまったり感で幕を引くという段取りとなっとります。
 
 
 
 
<薬味> かなり広がる自由度!ヤサイ+ニンニク+フライドオニオン+マヨネーズでこってり洋風に!
 
 この他にもいろいろ選べます。カラメ・アブラは当然として、「柚子胡椒」「ごま油」があるのが面白いですね。他のメニューには設定がなく、汁なし専門の薬味です。これも投入すると、味の厚化粧が過ぎると思われるため、今回は洋風イメージに「マヨネーズ」「フライドオニオン」にとどめておきました。

 野菜はキャベツの甘味を感じとれるほどの、ややクタっとした感覚がいい感じ。フツーにマヨネーズで美味しく食える温野菜感覚。もやしもマヨネーズにこんなに合うとは知らなんだ。やはり旨いと思ったのは、「卵黄」と「刻みニンニク」が混じってソース状態になり、そこに「フライドオニオン」が混じる味わい。醤油ダレがこれで各段に肉厚な旨みに変貌してしまう。何を絡めても旨く感じてしまうタレ感なのです・・・オレだけの好みの味だったりするかもだが。
 
 
 
 
 
<麺> 自家製麺:キッパリとしたストレート!豚骨醤油がガッツリと浸透し深い褐色で迫るクッシリ極太麺!
 
 麺がここまで旨いとは知らなんだ・・・。二郎系のワシワシっと啜り噛みちぎるボソボソ感もイメージしたけど、こちらはもっとビシッと筋が通ったような凛々しさが印象的。二郎系・インスパイア系でよくある捩れやボコボコ感がとても少なく、極太なれどストレートさが印象付けられるフォルム。そして密度感もほのかに感じるし、麺の風合いも感じます。
 
 歯切れがヌツヌツとして茹で立つ中に、麺の旨みを伝えてるみたい。地肌はしっかりと醤油ダレが絡みついており、その風貌たるや伊勢うどんに匹敵ですが、歯応えは真逆のクシクシ感がいいよね。もっとマヨネーズにべっとりと絡みつくかと思いきや、サラサラと汁に馴染んで以外と啜りやすい滑りです。個人的には温かいヤサイと一緒にかみ潰すのが実に痛快。しっかりとカエシがまとわりついた極太麺と、ヤサイのほっこりする優しい甘味が、実にコントラストが明確で咀嚼のたびに一体化して、全く別の旨みに変化してゆくのが面白かったです。 
 
 
 

<豚> おおお!神豚が舞い降りたか!と思えるほどのデカさ・質感・柔らかさの三拍子!
 
 ハッキリ言って・・・ここ一年辺り食った豚ではトップクラス。驚愕の旨さです。しっかりとタレに漬かったばら肉ロールチャーシュー。器がでかいから分かりにくいが、実物は相当に大きいです。箸でリフトしたとたんに・・・端っこが自重で崩れおちてしまう。そして部分的に脂身と肉身がフレーク状に解れてゆき、これが汁なし系として麺を含め全体に絡んでゆくから、なんとも機能的であります。また脂身が大きく、醤油ダレの味浸透もしているため、トロトロで美味しい。非常に美味し過ぎて、麺を食うのを忘れてしまいそうになるほど。肉身の部分にも脂のエキスが浸透しきっており、タレの塩気と脂の甘味と肉本来の味が折り重なる優れものです。正しく・・・神豚が舞い降りたか!と思えるほどのデカさ・質感・柔らかさの三拍子!
 
 
 
 
 総じまして「我らの味方!ラヲタの味方!魂発散の麺屋味方!」・・・と言う個人的な思いを込め過ぎてすみません。ストレス発散気味だったのもあり興奮気味ですが、これは痛快なる旨さ!。今後気分的に落ち込んだらここで食って発散いたしたいと思います。それにしても、サクッと入店できてこれは神の救いか、神豚の思し召しか・・・。また来ます。多少気が楽になったところで、とっとと最後に詠って、いつものように締めたいと思います!。
 
 
 
   雲重く
   責任重く
   気が重く
 
 
 
   誰が味方か
   ガッツリJ系
 
 
 
 お粗末!と言うことで家族にも感謝しながら合掌!!今日も本当にごちそうさまでした!!!

投稿(更新) | コメント (8) | このお店へのレビュー: 1件

「麻婆混ぜ油そば+半ライス(サービス)」@蒲田ラーメン K家 蒲田本店の写真とまそんのブログ: https://www.ramentabete.com/entry/2019/01/12/000000
とまそんのYouTube: https://youtu.be/5TsyNPSEoW8

<蒲田はラーメン的には懐が非常に深いのだ・・・飽きないねぇ~>
 
 なんでこの店気にしてたか?と言いうと、家系なのに麻婆ラーメン・汁なし担担麺・麻婆まぜ油そばなどがあるということ。実際に店前に来てみると、家系豚骨よりも、一見は「麻婆」と「魚介」を推しているようにも思えます。実は私・・・「麻婆ラーメン」「汁なし麻婆」には少しこだわっておりまして、東京では一時期毎日食い歩いていたジャンル。もしもご興味ありましたら、下記リンクをご参考まで。
 
【厳選】東京23区でバシッと「汁なし麻婆麺」を食うならここ!そんな6選!
 https://www.ramentabete.com/entry/2018/01/08/185057
 
 
<全体&スープ> なかなか本格的な麻婆じゃないか!しかも味わいを楽しめる余裕ある痺辛旨さが炸裂!
 
 おおお!ほぼ完璧の麻婆餡じゃないですか!。家系ラーメンの派生で何となく寄せてみました~と言うなんちゃって麻婆じゃないよ!。挽肉多めで粒ぞろいでしかも大きめ。豆腐のフルフルした雰囲気が食欲誘い、葱が白と青で具材と薬味で役割分担したかのように多めで鮮やか!。辣油と糸唐辛子の深いレッドが如何にも本格て指向性を高めてゆきます。薬味がいい感じでして、家系ならではの「にんにく・生姜・豆板醤」は言うに及ばず、自家製辣油が旨そうで、普通の家系ラーメン食ってる人もこれを活用したりして、独特の味変化をされてます。
 
 本格的に楽しめますが見た目より実はマイルド。四川系の花椒でジリジリと痺れさせる責め立ててはあまりなく、辣油のシャープさも常識レベルな痛快さに止まる感じ。それゆえにドM級に痺れと辛さで責められたい方は、薬味で好きなだけ御調整いただきたいレベル感です。私個人的には、デフォルトで丁度良いと思われ、痺れも辛さもあるけれど、余裕をもってそれぞれの旨さを楽しめると思っております。
 
 
 
 
<麺> 家系スペックの中太ストレート麺は汁なし系でも面白いようにクシクシとして旨し!
 
 言わずと知れた家系用の中太麺。すこし黄色味がかって艶々とした加水高めの麺。しかし全体的には、かん水の影響か反応があって、柔らかくしたあとの引き締まりがあるような気がします。プツプツと意識して千切る前歯の感触。そしてクシクシとした奥歯ですり潰す歯応えなどが印象的で、いかにも「カタメ」指定の家系ラーメンの麺というイメージに似ています。家系の麺が、こんなにも麻婆系のコッテリ&トロトロ餡に合うとは想定外! 餡のトロミと豆腐のフワフワ感を寄せ付けないハードな腰?と思っていたけど、逆にこれが歯応えのみならず、味わい全体でコントラストとなっており、寧ろ餡も麺も裏腹で一体かしているのでは?と思う楽しさあり!。しかも家系の中太ならではの特性として熱ダレがしにくいので、最後まで明確なクシクシとした感触がキープされているではないか!。
 
 
 
 
<サービス> 半ライス:プチ麻婆丼にして食らうか? それとも追い飯風にぶち込むか?あなたはどっち派?
 
 ランチタイムサービスで「半ライス」が付きます。これが「半」とは名ばかりでしっかりとお茶碗一杯分以上のボリュームがありますのでかなりお得。おススメは、配膳された直後あたりから、白飯のほうに麻婆餡を乗せ換えておきましょう。麻婆麺は、汁系に限らず汁なしでも、後半になると豆腐の汁が吐き出されて餡が極端に緩くなるのです。なので後から気が付いて白飯へ移転させようとしても、シャブシャブな状態になってしまいますからー。またこのような傾向から、「追い飯」にしようとしても、結果的に「雑炊」風になってしまうので、ここは要注意かもしれません。
 
 
 
 
 総じまして「家系の新たな新境地拓くか!?蒲田発進化形家系ラーメン痛快なり!」・・・と言うのが正直な感想かかと!。家系なら「飛粋」、麻婆麺なら「赤ずきん」と個性的な店を抱えるここ蒲田。その中間でもないけどいろいろな別の引き出しも多そうだし、ここは使える店だね。昼飯難民になりそうだったら・・・ここを激しくおススメいたします(今日は私自身救われたし)。そんな感謝を思いつつ、とっとと最後に詠って、いつものように締めたいと思います!。
 
 
 
   年明けて
   徐々に多忙な
   追込み期
 
 
 
   明日知るもなく
   今日は汁なし
 
 
 
 お粗末!と言うことで家族にも感謝しながら合掌!!今日も本当にごちそうさまでした!!!

投稿(更新) | コメント (7) | このお店へのレビュー: 1件

「ハイボール→特製まぜそば」@麺や そめいよしの 西荻窪店の写真写真付きコメントフルバージョンなら・・・
https://www.ramentabete.com/entry/2018/12/27/175110
YouTubeにまとめたよ!
https://youtu.be/UoKsT8b4fDo

<おいおい!この店はなかなか「使える」店じゃないか!?>
 
 実はちょっとチェーン店のようなイメージがあって避けてた店。すぐそばに日高屋があってかぶるんじゃないかと。しかし・・・誤解でした!イメージ一変!ここは使える店だぜ!。王道の醤油ラーメンとか、塩ラーメンがなかなか旨そうなのだ!。客層が見事にばらけているのはいいとして、ポツポツと女性客とオヤジ客が、塩らーめん、しょうゆらーめんのデフォルト一点で食いに集まってるのだった。しかも常連風な慣れた手つきと雰囲気。そして、タイムサービスもなかなかで、この日はサイドメニューのハヤシライスが100円。餃子も100円で、それも安っぽくなさそう。おいおい・・・結構使える店だったのか!。これまでの機会損失を嘆く。
 
 
 
 
<一日の最後にお疲れ様のハイボール!氷少なくても冷えている!>
 
 小腹に何か食い物を詰めてから飲むはずが・・・食う前に飲むオレ(汗)。それでもプリン体を計算してハイボールを頼みます。500円ですが、缶ハイボールだったら凹むし、グラスだったらもっと凹む。不安ななかで持ってこられたのが、ジョッキに入ったハイボールです。このタイプあまり好きじゃないんだが、今日は気に入った。「氷が少な目」でその割に「冷えが強く」て「薄くない」。おおお!居酒屋でもそうそうないかもよ。
 
 
 
 
<王道の勝負の仕方!豚骨魚介にも感じる醤油ダレと香味油!そして魚介風味の甘さがストライク!>
 
 おおお!具材が豊富すぎて・・・まるで生け花かアートフラワーのような詰め込み方が嬉しい。肉がはみ出て、温泉玉子がゆらめくのは、演出とサービス精神の現れ。ただ勢い余ったのか、薬味が結構いい感じを越えて嬉しすぎるのです。白髪ねぎ、三つ葉、玉ねぎが相当の量。しかもメンマもそれに寄り添ってる・・・。トッピングだけで酒が飲めるとはこのこと!。一体何味のまぜそば?やっぱ醤油??と思って丼の底を覗いてみましたが、見事に麺の絡まってて、溜りがありません。これほど全くにタレの溜りがないとは。そこで麺を早速味わうしかないんだが、これが私個的には王道中の王道で泣けるほど旨い。

 
 
  
<薬味の多さと温泉玉子の効果がいいのだ!>
 
 なぜこれほどに、汁なしなのか・・・・汁やタレが堪らないのは。薬味多さと温泉玉子。これらが余分に溜ってしまう汁を吸い込んでいるようです。三つ葉と白髪ねぎだけで相当吸着しましょう。そこに温泉玉子が混じって、麺と絡み合わせてしまおうと働くのか・・・。勿論、配膳前に麺とタレを撹拌させながら混ぜているのですが、魚粉も絡ませる働きを後押ししているかもしれません。追い飯など必要ないほどに、後に残らないんです。
 
 
 
 
<豊華食品:クッシリ感じる風味とモチモチ感が印象的!汁なし系でも後半には汁浸透の余韻が旨し!>
 
 初めて聞いた「豊華食品」。厨房の麺箱をチェックしてしまうなどラヲタの証明です。ところがそれが美味かったから、製麺所の奥は深いと再認識しました。濃厚タレ系の汁なしとくれば、それ相応の太麺。そしてモッチリなどの「歯ごたえ」と「風味の強さ」を期待したい。そんなファーストインプレッションは軽々と超えてゆきます。本当に全体的にねっとりと、タレが麺に絡み付いてますが、一度噛み千切るとその風合いの良さ!そしてすぐさまにタレと融合する旨味と甘味の表現はさすがです。湿っているようで全体的には乾いた風味を指す・・・。そんな絶妙なる味わいに、ただただ感服。
 
 
 
 
<さすが特製!賑やかなる薬味の展開に「レモスコ」でとどめ刺す!>
 
 正直言って、汁なし系なら、辣油と酢で締める前に、これをやっとくべきです。辣油と酢を入れ出すと、一気に味が同じになってしまいますしね。豚骨の出汁に酢を入れるとまろやかになる方程式の通り、酸味イメージよりは甘味が広がる!。通常の酢だけなら風味が足らないので、辣油を入れるしかない、ところがレモスコなら、レモンの風味がすでに乗っているし、「青唐辛子エキス」も混じってるから辛味もすでに補填済み。なんと計算高いのか!。もし日本でヒットしたら、これは一気に広島農家が喜ぶストーリー。瀬戸内広島レモンが、一気にブランド化しそうです。
 
 
 
 
<飯にも酒にも合いそうな大判肩ロース肉!肉身のスポンジ部分がタレ沁みまくりでうまし!>
 
 さすが特製!それをアピールするには、何と言っても肉ですよ!。それを見事に果たしているとはこのこと。大判な肉は肉身と脂身の配分が理想的な、肩ロース肉。厚さはそこそこ申し分なし。一枚で茶碗一杯程度のチャーシュー丼ができそうです。食いごたえ間違いなし。また大判なゆえに、箸で噛み付こうとすると、筋とか切れ目から解れてしまいそうです。タレ自体も軽く甘味を感じる醤油系で、それが薄く満遍なく浸透してる感じ。その過程で余計な水分が、肉身から抜けた感が少しあって、スポンジ的な部分も多少ですが見受けます。しかしそれは長所でして、タレを見事に吸い込もうとして、味わい高い。
 
 
 
 
 総じまして「王道の味わいにブレなし!手抜きなし!若さあり!の痛快なる汁なし!」・・・と言う感覚でして、これはメニュー制覇もしたくなる!。とにかく醤油・塩・つけ麺・汁なし・限定麺(複数)と既にバリエーションも豊富ですから、家族で行ったって喧嘩しない店。非常にハードルが低い上に、満足度が高いですから是非!。そしてもしここに日本酒ラインアップが加わったら快感!そんなメッセージが店主に届くのは無理として応援気分。だからとっとと詠って、いつもの様に締めたいと思います!。
 
 
 
   よろよろと
   年末多忙に
   やさぐれて
 
 
 
   誰も知るなし
   汁なし旨し
 
 
 
 
 お粗末!と言うことで家族にも感謝しながら合掌!!今日も本当にごちそうさまでした!!!

投稿 | コメント (3) | このお店へのレビュー: 1件

「サッポロラガービール赤星→まぜそば+味玉+ワンタン」@自家製手もみ麺 鈴ノ木の写真写真付きコメントフルバージョンなら・・・
https://www.ramentabete.com/entry/2018/12/25/000000
YouTubeにまとめたよ!
https://youtu.be/iZZ1nUlyBJQ

<年末休日は・・・呑み気分でラーメン活動なのだ!>
 
 ラーメン活動してると「あるある」なのが、11時開店と思ってきてみたら実は11時半開店・・・というシチュエーション。そんなことって体験ないですか??。今回はまさしくそれでして、近くのセブンイレブンと文房具屋で相当時間を潰させてもらいました(笑)。おかげで文具を衝動買いしてしまったのだが・・・文具屋ってのも奥が深くてオヤジ泣かせなスポットですな(爆)。
 
 
 
 
<大人の休日の過ごし方・・・サッポロラガービール赤星>
 
 こちらは瓶ビールだと「スーパードライ」か「サッポロ赤星」の二択。キリン外し・・・最近こういうのちょくちょく見かけるね。キリンも頑張れと応援しつつ、定番のサッポロ赤星を堪能さえていただきました。オレが就職決まって、大学の先輩から乾杯を受けたのがこの銘柄なんだよなー。今でも思い出すんだけど、昔の味が忘れらなくなるのは老化現象の始まりなんでしょうか。妙に旨いぜ今回の赤星。温度管理が完璧であったのが如実です。
 
 
 
 
<スッキリ&じっとり醤油にペッパー風味で食欲加速!食べる辣油とフライドオニオンが加わり爆発的旨味>
 
 おおお!ピロピロ麺の素朴さを予測していたら、なんとも賑やかな麺顔ではないか!。味玉とワンタン追加の効果もあろうが、差っ引いても飽きさせないパーツ達が溢れている。細かい短冊ぎりになったチャーシューは、グラデーションを表し、薬味も単なるネギだけじゃなく、フライドオニオンが多めに降りかかり、すでに熱気で香ばしさを感じさせるではないか!。さてタレはどんな感じかと確認すると、完全に麺に絡まって、直接確認することはできず。醤油ダレの明るい香ばしさが漂うが、旨味は鶏よりは豚の方が厚みがあるようですね。豚オンリーなのかもしれません。甘味の優しさが鶏より優しく感じる一方、動物エキス感は色気よりも素朴な感じ。そして「ブラックペッパー」の香ばしさ。この個性は強くてわかりやすく、醤油味であっても結合すると一気に洋風へと引き込もうとするイメージ。だから汁系とは違った旨さで斬新に感じる。加えてフライドオニオンの風味がいい。カリカリな状態ですが、ゆっくりと麺の湯気で湿ってヌガーのような歯ごたえに変化してゆく。
 
 
 
 
<おなじみ「ピロピロ平打ち麺」が完璧にタレを吸い込んで味が染みて旨いのだ!>
 
 箸で引き上げると、そのフォルムは見事なピロピロぶり。複雑でランダムに縮れよじれて、ボコボコとした輪郭に溢れます。すでにタレを吸い込んでいるので表面がねっとりと少ししてますし、薬味類を片っ端から貼り付けようとしてる。そして細切り短冊になってた肉類も一緒に巻き込もうとします。ズボボボっとすすれるほどの麺幅がありがたい。啜って前歯でちぎると太さのイメージよりも、スパスパと安易に切れ込みます。時折艶めかしい弾力があると思って見てみたらチャーシューだったりして、いろいろ発見が多い麺かも。多加水の真骨頂とも言えるモチモチさはしっかり感じられます。その中でも密度感の低さがタレの浸透を許すのか、たれ&小麦粉の一体旨味が濃厚です。 
 
 
 
<細い短冊状の3種の肉を堪能しながらビールで流し込むのだ!>
 
 素朴さの中にエレガント。それはチャーシューのイメージです。何気に3種類のチャーシューが織り込まれてます。まずは定番の豚ロース肉の煮豚タイプ。昔ながらの醤油系タレの浸透があって、馴染深い旨味と香ばしさが広がる肉。そしてここ数年で一気に広まった低温調理系の肉です。豚は肩ロースと思われ、肉身に脂がバランスよくさしつつ半レアの風合いがすごく上品。そして鶏の胸肉もいいね。コンフィっぽい仕上がりで、細くカットされたために、肉自体は腰つき滑らかそのもの。味わいも淡白なので、麺と絡みやすくて味わいもコラボしやすいか!。実はこの上に肉増しをしようかと迷ってたんだが、これで必要十分条件と申せましょう。
 
 
 
 
<食べる辣油でワンタンを味わう・・・最高にビールに合うね!>
 
 汁なしだから味追加がなく、薄味で少し残念。醤油か何かで味をついかすべきだったが、テーブルセットにそれらしきものがないので仕方がない。ところが最強のアイテムを発見したのだった・・・丼の中に。それは「(食べる)辣油」。これを少し入れてワンタンを食うと、強烈にビールが進むことを発見いたしました。こんなことなら・・・皿ワンタンにして別味わいで楽しんでも良かった。大葉・生姜等、アクセントで頼る肉餡ではなく、肉の粗さと塩気メインでシンプルに堪能するタイプ。だからこそ食べ飽きないんでしょう・・・。本当はもっと欲しかった。
 
 
 
 
<味玉にハズレなし!薄めの出汁が深〜く浸透しつつ円やかな味わい>
 
 外観は濃ゆい肌色。ファンデーションの色合いに近い・・・そんな味玉です。非常にツルツルとしており、出汁の浸透深さを知ります。実際に食ってみると白身が出汁浸透こくて、ゆるい芳ばしさを思うほど旨し。それは卵黄にも通じており、スカスカな芋羊羹状態から、ぬるぬるジュルジュルな卵黄中心部へと見事なる・・・・旨味のグラデーションを表現してます。それ全体をわざと舌全体にぶつけるようにして味わいますが、「薄めな出汁味浸透なのに・・・深い味わい」が嬉しい!。単に「濃い」「濃ゆい」「濃密」などとは別で、「あっさり味が深く結びついている味」と申しまししょうか・・・。嗚呼、今回も味玉にハズレなし!。
 
 
 
 
 総じまして「テッパン級の硬い安定度示す王道まぜそば!寒くても合わせたいキン冷えビールCome On!COME ON!!」・・・と言う感覚でほぼ酔っ払い気分の麺活動。今回は特に全体的にはグダグダな内容で申し訳ない。ただ・・・酒前提でラーメン食うというのも本当に楽しかったと痛感。このパターン今後は増えるかもです。そんな反省気分を感じつつ、とっとと最後に詠って、いつものように締めたいと思います!。
 
 
 
   年の瀬に
   全て忘れて
   麺探訪
 
 
 
   見知らぬ土地で
   麺酒三昧
 
 
 
 お粗末!と言うことで家族にも感謝しながら合掌!!今日も本当にごちそうさまでした!!!

投稿(更新) | コメント (9) | このお店へのレビュー: 1件

「ハートランドビール 小瓶→汁なし担々麺4辛+パクチー+追い飯」@手打中華そば 大賀110の写真写真付きフルコメントバージョンなら・・・
https://www.ramentabete.com/entry/2018/12/17/000000
YouTubeにまとめたよ!
https://youtu.be/v6nAcONsWCs

<TRY新人賞3部門入賞の実力を試しに!>
 
 ある感慨にふけりながら、開店時間前に訪問しますが・・・周囲は殺風景!。なのに1軒だけ店前で待ち客がいる店があり、そこが今回の目的地だとすぐにわかりました。もうかなり地元ではコアな常連を確保しているようなのが伺えるし、また年齢等客層もバラバラなのがいいね。タイミングよくすんなり入店できたのもラッキーで、今回は、この店看板の一番上に紹介されてた「汁なし担々麺」をいただくことといたしました。
 
 
 
 
<大人の休日の過ごし方・・・ハートランドビール!>
 
 汁なし系とくればビールだよ!況してや休日なのだから。こちらは、「インドの青鬼」と「ハートランドビール」を選べることができ、当然いつも好きで飲んでいる「ハートランド」をチョイス。てっきり中瓶だと思ってたが、小瓶だった(笑)。サービスしてくれたアテは、鶏肉チャーシュー。きめ細かい繊維質はフカフカとした感触で、薄味な淡麗系のうまさ。そこに柚子胡椒が添えられて、この組み合わせだけでいくらでも酒が飲み干せてしまいそう。配膳が完了するまでにすっかり堪能仕切ってしまいました。
 
 
 
 
<5辛を頼んで優しく制せられ(笑)4辛!甘さ・辛さ・痺れ・香ばしさどれも濃厚!>
 
 おおお!汁なし担々麺と言えばこの舟の器!!湯島の名店他でも見かけるタイプ。3種の具材がもさもさっと大胆に盛られている上に、水菜のフレッシュさがコントラストを形成して見た目がいい!。タレは赤いけど芝麻醤と辣油が混じったオレンジ色。そして端からハミ出て覗く麺が「超極太」だからインパクトあり!。5辛にしなくてよかったと3クチめ辺りから感じました。お母さんアドバイスありがとね。太麺だから啜り込むような食い方になりますが、その時タレの熱気と混じった山椒パンチが、やはり喉の奥にある噎せるスイッチを押してしまう・・・。ケホケホと部分的にむせながら食らい続ける格好です。それほど、痺れと辛さにしてはしっかりしている味わいでしたし、もはや痛快レベル!。
  
 

 
<ひき肉&ナッツ類の香ばしさと甘さ!それに水菜&パウチーのダブルフレッシュがカオスに生きる!>
 
 まず挽肉がうまいね!。粗めな粒はふわふわ感を損なわないような炒め方で、奥歯で噛むと吸い込んだタレと自身の脂をじゅわっと吐き出します。ここには痺れと辛さはあまり関係なく、このまま白飯に乗せて爆食いも可能ななじみやすさです。真骨頂はナッツ。ナッツはほぼ均等に潰されたツブツブ感で、歯ごたえの均一さが印象的。香ばしさは当然ながら、カリカリ感が暴れないから、上品な汁なし担々麺にすら思えます。さらに・・・甲殻類を炒めて水分を飛ばしたよなトッピングがもさもさっと絡まり、これは明確な歯ごたえなくて、芝麻醤のクリーミーさに溶けてゆくようなイメージです。さらにパクチーだ。水菜は歯応えは良いが味と風味は少し水っぽさが先行しますから・・・そこをハーブ系でアシストするとベストマッチ。 
 
 
 

<真骨頂の多加水極太麺!手打ちうどんを思わせるフォルムで身の詰まったモチモチ感がハピネス!>
 
 多加水でモチモチ!!引き締まりも高いけど、ぎゅーーっと固まった感覚はなく、多少密度が高いと言った印象。そして風味が良い。ほぼサイズ的にはうどん。うどんの中でも手打ち手切りうどんに匹敵する重量級です。そしてうねうねとした曲がりも見受けられ、少なからず捩れもあるイメージ。なので平打ち麺で間違いないが、ピロピロとしたエッジングはないため、白河系と言うより、やっぱりうどんに見えてしまうかも。極太麺で緩やかな捩れ・・・そこに具材がよく引っかかるし、絡みまくるので嬉しい。ひょっとしてタレも吸いやすいのかと思うほど、よく味が馴染む麺。香りと痺れがいいと・・・おおまかに述べてきたが、やはり歯応えが猛烈にいいですよ!。
 
 
 
 
<追い飯は外せぬ!タレを最後まで吸い尽くせ!!>
 
 +50円ですからいい感じ。サービスでレンゲ一杯半と言うのより、しっかり払ってそれなりに食いたい気分です。飯で最後わるからそれように残したイメージはないけど、しっかり挽肉類が残って、さらに白飯を一気に投入!。そこから念入りにグチャグチャとかき回して、最後の締めが完成。タレが染み込んだ飯に絡む挽肉。旨くないはずがない!。これは欠かせません!。
 
 
 
 
 総じまして「新しい年に向けまた新たな潮流!?来るか極太モチモチ麺フィーバー!!!」・・・と言う感覚でして、これはちょっと今後しばらく注目し続けたい!。ここ数年淡麗系が躍進して、細麺回帰な流れを個人的に感じておりましたから、来年のラーメン動向に変化があるかも。だったら極太麺!だったりして:笑。ちょっと気になるテーマなので、いずれ個人的に厳選してまとめて発信したいです。そんな興奮冷めやらぬうちに、とっとと最後に詠って、いつものように締めたいと思います!。
 
 
 
   シビシビと
   痛快刺激
   楽しみて
 
 
 
   うねる極太
   うなる旨麺
 
 
 
 お粗末!と言うことで家族にも感謝しながら合掌!!今日も本当にごちそうさまでした!!!

投稿 | コメント (7) | このお店へのレビュー: 1件

「ハートランドビール中瓶 → パクチー油そば」@東京ガブリ豚の写真写真付きコメントフルバージョンなら・・・
https://www.ramentabete.com/draft/BJYasyPifueeoeZdcPtz00w2te4
YouTubeにまとめたよ!
https://youtu.be/KE2_0sSuZNU

<中野に新たな「油そば」の伝道師になるか!?>
 
 腹がへったのだ。もうあれこれ店を悩まずにいきたかったので、とっとと中野駅北口暫定駅前広場を抜けて、青葉へと向かいましょう。すると以前北海道系ラーメンがあった場所が、がらりと改修されて全く別の店が入ってた!。しかも「油そば」専門店。本当にこういう系統は、東京西エリアに増殖したよなーって思いつつ通り過ぎるつもりでいた私ですが、妙に引っかかってしまった。だって「パクチー」の文字が券売機に踊る!。そして「ハートランドビール」が置いてある。何と言う緑色の誘惑なのだ!!。
 
 
 
 
<大人のオフタイムの過ごし方・・・ハートランドビール>
 
 おおお!ハピネス!!。まさにハートランドは人生パートナー。この安らぎはエバーグリーンなのだ!。欲を言えば・・・・専用とは言わんが、お冷と同じグラスでは飲みたくなかったが。そことっても大切なポイントだと思うのよ。オヤジ世代はうるさくてゴメンね。きっと手早く提供してあげたいという気持ちだったのだと思うけど。
 
 
 
 
<ライト感覚を謳う油そば!ハードル低めでウケやすさアリアリなのだわ!>
 
 おおお!都内で良く見かける汁なし系に匹敵する明るさ!。しかし勘違いすること勿れ、明るいけど質実とした丁寧さは如実に感じますよ!。パクチーの鮮度も抜群!そして麺のアツアツぶりの熱気を通して感じるパクチーの風!!。気分はモンスーンから一気に亜熱帯!。この丼の中だけは、武蔵野亜熱帯気候な旨さが凝縮しているように感じます!。パクチーの痛快に感じるけど、タレを確認しだすと香味油のコクが広がります。鶏油のまったりしたコクもあるように感じますが、カメリアラードのような上質ライトな甘味、ピーナッツオイルのような香ばしさも感じますが、これらはすべて妄想の世界。ハートランドが酔わせた頭で感じたことなので、戯言です。しかし、それと合わさる醤油ダレがとてもクリア。重さがまるでない。否定的ではなくて「とっても馴染みやすく、ハードル低目と感じさせるライトさ」がありありです。
 
 
 
 
<実はあたりまえのアイテム「酢」と「辣油」がポイント!そこに「フライドオニオン」をぶち込め!>
 
 お好みで「酢」と「辣油」を入れて混ぜ合わせるのではなく、デフォルトのように当たり前で入れてくれと、この店は伝えてます。だったら最初から入れてくれ??ってのは汁なし系・油そばでは野暮かもしれません。特筆すべきは、「酢が酸っぱくない」「辣油が刺激すくないくてスッキリしている」ということで、ライトな醤油ダレと非常にマッチします。なのでこれは一般的な武蔵野系油そばの味わいとは別のイメージ?。女性でも、初心者でも、子供でも、油そばデビューならこれが最適でしょうね。そして絶対に「フライドオニオン」を多めに入れましょう。思切って多めにいきましょう!。ここに辣油を少し垂らすなんてのも戦略に合ってます。玉ねぎの香ばしさと甘味を、タレに浸透させるように・・・。
 
 
 
 
 
<並盛・大盛・特盛まで同一価格!明るくモチモチとした感触がいかにもウケるか!>
 
 これは実になじみ深い麺かも。多加水中太麺で、緩やかなウネリと捻じれがあろうとも、基本的にはストレート麺です。半分透明感すら覚える色白さが素敵。潰しこみや密度感は低めで、前歯ではプツプツスパスパと小気味よく、奥歯ではクチリと短く、切れて潰れます。汁なし系だから、香味油でコーティングされてその上にタレが混じりますが、油が貼りついている間は、タレも同じように絡むようす。乳化する前の水と油ははじき合うのですが、麺に貼りつきやすいという性格は同じなのでしょうかね。このタレの貼りつきに、パクチーが絡む。そしてフライドオニオンが容赦ない。麺はライトなフィーリングでも、まわりのキャラクターが味と歯応えの色合いを高めます。
 
 
 
 
<ガブリ豚が入っているものだと勘違い・・・ご注意を!>
 
 店名になってる「がぶり豚」は、いわゆる特製でしかお目にかかれないのでした。てっきり・・・・パクチー・インだとしても950円だったら小さいのでもいいから入っているものと思い込んでた。でもちょっと考えてほしいかも。パクチーは問題なかったのだが、短冊切りのチャーシューとメンマが、思いっきり日常風景に感じてしまいました・・・。
 
 
 
 
 総じまして「とにかく明るくライトな感覚!今風アレンジ感じる武蔵野油そば?」・・・と言う感覚でして、これはトッピングや盛り等で、多角的な発展の可能性ありです。かと言って何でも二郎系にしてしまいがちですが、新たなガッツリ系がそろそろ生まれてもいいはず。どこの店もそれを実現してないので、ぜひいろいろ工夫と研究と努力・・・・そして時代感覚を磨いて獲得していただきたい。金曜の夜というタイミングでしたが、快調な滑り出しの店かと。中野は競合も多いので切磋琢磨してください。そんな応援気分のまま、とっとと最後に詠って、いつものように締めたいと思います!。
 
 
 
   疲れ果て
   師走感じる
   繁華街
 
 
   憂さを晴らさん
   大盛り爆食
 
 
お粗末!と言うことで家族にも感謝しながら合掌!!今日も本当にごちそうさまでした!!!

投稿 | コメント (1) | このお店へのレビュー: 1件

「まぜそば 全部増し(追い飯付き)」@徳島NOODLE ぱどるの写真写真付きコメントフルバージョンなら・・・
https://www.ramentabete.com/draft/6nIQbKdDKs3SV5DAGQ8ieJRbCo8
YouTubeにまとめたよ!
https://youtu.be/61vLFU0QOtE

<今年一番の汁なしに出会ったのかも!?>
 
 今回の狙いは「徳島NOODLE ぱどる」さん!。徳島系と呼ばれるラーメン屋さん。この系列だと徳島にある「ラーメン東大」などが有名で、私も関西駐在時代には、よく食したものです。本場徳島では一回も食ったことないのですが、阪神エリアの徳島系については、当時制圧したはずです。久しぶりに味わいたい・・・というセンチメンタルな訪問理由なんかじゃない。今回は「まぜそば」があると聞いたのでわざわざやって来たのです。
 
 
 
 
<徳島系の甘めの豚骨醤油が!こんなにまぜそばに合う何てビックリ!>
 
 おおお!トッピングを「全部増し」にして大正解ですな!。徳島系と言えばスライス煮込みばら肉がイメージですが、焙りばら肉ロールが存在感高めますし、ブロック肉もゴロゴロと楽しませてくれそう!。何と言っても卵黄が徳島っぽさを醸し出すし、これに追い飯が付くというのなら気持ちよく払える!タレはしっかりと麺と混ぜ合わせておりました。クリアな醤油ダレの余韻と、カメリアラードのような軽やかな豚系コクが滲んでいたかも。それに豚肉の煮込んだ汁が薄く白濁して混じった余韻が広がりますが、ここに徳島系独特の甘味が広がります。これは麺の前に白飯を欲してしまうかも。それにやはり野菜トッピングの汁気が染みますね。それは優しく麺に染みわたると同時に、一部は香味油と味りあいましょうか。その汁気でフライドオニオンがふやけ、そしてパワフルな香味が全体に広がりだす!。
 
 
 
 
<力強い太麺がタレにも香味油にも・・・卵黄にもよく絡み合い旨し!>
 
 徳島系と言えばストレート細麺。隣のお客が食しておられましたが、卵黄を麺に絡めて黄色いドレスを纏ったような麺のリフトが美しいです。細麺の汁なし系も好きなのですが、今回は徳島系アンチテーゼの極太麺です。しかもそれがクッシリクシクシ感が頼もしく、風味が高い上に歯応えもいい!。それが甘めの豚骨醤油タレを少し吸い込んで、しなやかになり、ヌッチリとした歯応えがいい感じ。これに卵黄を絡めて食らいますと、当然に旨いね!午後から仕事がもしなかったら、ニンニクを投入して円やかさにシャープなキレを足しこみたいとことですが、甘目のタレと卵黄が合わないはずはない。見た目も味わいも食欲爆進へと導きます。
 
 
 
 
<チャーシューマシマシの幸せ感と野菜感覚が嬉しすぎる!>
 
 何と3種類のバラ肉チャーシューです。まずは定番のスライス肉。すき焼き風の仕上げになっており、これだから、徳島系のトレードマーク卵黄との絡みが素晴らしい!。またそれだけでなく、まぜそばとして絡まりやすいように、焙りの入ったブロック肉。側面はカリカリで香ばしく、中はシットリした脂身がとろけるタイプで、仮に冷えてても脂が甘く感じます。また正面に対峙するロールチャーシューがナイス!。カリカリなクリスピー感ある焦げ部分が脂の甘さと醤油ダレの塩気で香ばしく、まさしく炭水化物と一緒に食したい!と思わせる仕上がり。
 
 
 
<とどめを刺す旨さの追い飯!しっかりお茶碗半分ちょいの満足感!>
 
 こちらはコールしてから、丼を一旦お返しして受け取りなおすというブーメラン方式。なかなか期待通りな飯の盛りです。このためにある程度、チャーシューを残しておいたのだ!。汁は意外に麺に吸い取られて残らなかったが、それらをぐっちゃぐちゃにまぜまぜして、最後の〆とさせていただきました。嗚呼満足度の高いことか!。
 
 
 
 
 総じまして「定番のようで新感覚なるがっつり汁なし系!徳島系まぜそば旨し!」・・・と言う感覚でしょうか。これは定期的に食いたいメニューですよ!。次回はチーズをのせてバージョンアップさせましょうぞ。そして汁系もまだ食ってないし、楽しみが尽きない。今年激しくおすすめの汁なし系です!。そんな宣伝モードで、とっとと最後に詠って、いつものように締めたいと思います!。
 
 
 
   憂さ晴らし
   昼飯時に
   がっつりと
 
 
 
   旨き汁なし
   午後やる気なし
 
 
 
 お粗末!と言うことで家族にも感謝しながら合掌!!今日も本当にごちそうさまでした!!!

投稿 | コメント (8) | このお店へのレビュー: 1件

「キリン一番搾り生中瓶 → まぜそば」@らぁ麺 はやし田 池袋店の写真写真付きコメントフルバージョンなら・・・
https://www.ramentabete.com/draft/ziNuezEaU9GgYH_G2sxVLhYXC3c
YouTubeにまとめたよ!
https://youtu.be/t4uS8rEyOWM

<追加の健康診断終わった後の開放感!もう〜汁なしでビールだよ!!>
 
 午後4時。このあとまともに仕事する気分にはならないので、午後休暇としたわけです。休暇なら好きにしていいはずだ!と言うことで憂さ晴らしに、思いっきり池袋で飲み食いすることにしました。色々知り合いに声がけしたけど、流石にこの時間で付き合う奴はおらんので・・・前哨戦で「ラーメン」と「ビール」程度で抑えておきましょう。そんなわけで店探し・・・。
 
 
 
 
<大人のオフの過ごし方〜キリン一番搾り生>
 
 「クラフトビール」と「瓶ビール」のボタンがあり、ともに500円。クラフトビールが気になるものの「瓶」と言うワードに逆らえず、それをチョイス。銘柄が気になりますが「キリン一番搾り」。悪くない。食券を手渡してからの対応が超高速です。「お疲れ様でしたーーー!」の声が眩しく感じますが、少し前までは健康診断でバリウム飲んでた身なので、「疲れてないよ」と返えそうか?。ともあれ・・・慣れ親しんだ味わいを楽しみます。嗚呼、ちょっぴりだけど明るいうちに飲む酒は、どうしてこんなに回るのか。
 
 
 
 
<案外汁気あり!?はやし田らしい王道の鶏油コク深いタレの厚み!!>
 
 おおお!汁なし等麺顔は、それなりに見てきた自負があるが、これは意外にない斬新さ!。ありそうでなかった「鍵盤」スタイルのトッピング。そしてその鍵盤の向きに並行して麺が揃ってる。普通麺というのは並行か斜めにして揃えてるのいい塩梅に感じるのですが、縦に揃っている。ひょっとして・・・いつも以上に、気合が入っているのかな?。「トリュフオイル漬けの卵黄」やら「すだち」の説明を受けるが、実は聞いてませんでしたー。実は、汁なし系とは言え、汁が多めの汁なし系。狙いは「汁を吸わせる旨味の演出」でしょうか。汁なし系はタレと絡めて咀嚼で味を一体化するのが、一般的なイメージ。しかし、「汁を吸いきったMAX状態をキープしなが食う」と言うタイプもそこかしこであると思うのです。これはまさしくそんな感じ。香味油は鶏油主体で、まるでバターのような芳醇さと分かりやすさですが、そこをあえて出汁に一旦溶かしてから、麺に吸わせるという表現だと感じます。
 
 
 
 
<平型の多加水タイプ!ヌメヌメと良く絡んで吸い込み感もあり!>
 
 まだ「はやし田」でつけ麺は食しておりませんが、汁系とは全く異なる多加水系!。しかも平打ち型で密度感が低いため、汁をばくばくと吸い込む性質です。そんな感じなので汁を吸いきっても、まだ汁が微妙に残るのがポイントかもしれない。汁なしなのに非常にまとまりが良いです。汁が少なくてコペコペしたり、グニャグニャと粘りで抵抗感を与える雰囲気は皆無。本当にこれほど、汁なし系なのにしなやかな印象は珍しい!。前歯で噛むと、スパスパっと小気味好く千切れる反面、歯ごたえはとてもライト。その後、奥歯へ運んで一気に潰すと、当分の甘みと合体した旨味が一気に広がります。割と蓄熱もあるようで湯気っぽく鼻腔や口の中に広がり、甘みを感じさせますよ。
 
 
 
 
<トリュフオイル漬けの卵黄投入!!ここがこの一杯のメインステージ>
 
 香りが深い!。トリュフオイルってこんなにパワフルだったっけ?。それほど薫るパワーでして、これが甘みでなく塩気に結びついていたとしたら、貝類のエキスに近いようなパワーと滋味を思うかも。それほど深く薫し味が濃密なのです。それが崩れて麺に絡む!この瞬間が最高視聴率でしょうよ!卵かけご飯を宗教のように信奉する方々に、これはぜひオススメしたい。トリュフの香りと、卵黄本来の濃厚味・・・そして醤油ダレの熟成された塩気の浸透度合いを、一気に楽しめますから!。
 
 
 
 
<真逆の展開!最後はスダチでさっぱりと〜〜〜>
 
 このまま味変化するのも躊躇われたんだが・・・引き続き「3段仕込み」の教えに従いましょう。最後はスダチを絞り入れろってさ。半分勿体無い気分になりながら、半分程度絞り入れました。結論言えば、最後の3クチくらいに入れるのがよろしいかと。ここで飯割するか、また飯割スルーしてそのまま食べ切るかの境目くらいが、最後の3クチめ前者を選択するなら、スダチはスルー。もし後者なら締めには絶好です。あの濃密なトリュフオイル漬けの卵黄は、スダチ投入によりとっても大人しくなる反面、馴染みの風合いを増します。
 
 
 

<低温調理のチャーシュー旨し!薄味淡麗肉が色々楽しめるのだ!>
 
 ここでもし、まぜそばを食らうなら、肉増しをお勧め。見てくださいよ!極太カットが合わせてあります。しかもメンマまで!。どれも薄味です。しかし、ナチュラルな旨味が真髄。右から言えば、豚肩ロースの極太短冊切りですが、存在感はまるでサイコロステーキの合体感。これに少しだけ、トリュフオイル漬けの卵黄と絡めて食らうと昇天のうまさ。特に鶏胸肉との卵黄の相性が素晴らしく、これは一回食っとけ!と偉そうに伝えたくもなります。
 
 
 
 
 総じまして「一見王道にして見事なる味風景の変化!滑らか極まる汁なし系」・・・と言う感覚でしょうか。いやー、「はやし田」系列にこんな隠し球があるとは思いもよりませんでした。これはまた食いたいし。次回はこの上に肉増しをしてはしゃぎたいと言う野望が芽生える。新宿本店にもこれがあるんでしょうか?なら是非行くつもり。池袋で出会った味は、実にインパクトが深いのでした・・・。そんな気分を感じつつ、とっとと最後に詠って、いつものように締めたいと思います!。
 
 
 
   検査終え
   病院帰り
   繁華街
 
 
 
   昨夜の節制
   一気に爆食
 
 
 
 お粗末!と言うことで家族にも感謝しながら合掌!!今日も本当にごちそうさまでした!!!

投稿 | コメント (12) | このお店へのレビュー: 1件

「キリンラガービール中瓶→五目チャシューメン(油そばで!)」@中華そば みたかの写真写真付きのコメントフルバージョンなら・・・
https://www.ramentabete.com/draft/EvXUCfxrzplkVXg3RoegfWVTsSo
YouTubeにまとめたよ!
https://youtu.be/mBTTUiFDrNA

 今日もまた来てしまったよ・・・・「中華そば みたか」。ラーメンヲタクになって幾久しく、この店ほど縛りなく食える店は、東京にはないと思っております。だいたいラヲタ(ラーメンヲタク)を自覚すると、「杯数」「制覇」「拘り」など妙な縛りが芽生えてくるんですが、ここだけはそんなのから解放されて、自由に食える気がします。

 
  今回は「五目チャシューメン・油そばバージョン」。メニューにないメニューを食らうのは、常連としての誇りであり楽しみです。通常メニューは何回も食いまわしたので、今度は全メニューを汁なしで回そうかと野望を抱いておりますが、どうなることやら。そうとう興奮したらしく、今回は麺顔全体の写真メモ撮るのを忘れてしまったよ。部分アップで恐縮だが、それはこんな麺顔!。


 おおお!なんと実物にくらべて写真移りの悪さよ・・・実際はオーラあるよ!!! もやし・ピーマン・玉子・ナルト・メンマ・チャーシュー・・・そしてハムとねぎ薬味です。五目といいつつ五目以上なのがいいね。特に、玉子は「茹で卵」と「半熟卵」と選べるシステム。半熟卵といいつつ実は、麺釜で即席につくる「ポーチド・エッグ」ですよ!


 タレは秘伝の醤油ダレ!。これに少しばかりのベーススープで溶かしたもの。提供前にこのタレと麺をかき回してくれます。なので透明感ある醤油ダレは少し、麺から吐き出されて炭水化物の撹拌によって薄く濁る感覚。しかしそれが功を奏して、やや甘くマイルドに仕上げるのだわ。


 麺はいつもの「蕎麦ライク」なもの。唯一無二。少しカタメな茹で上げなのだが、汁を吸い込んだ感覚がゆるやかでいい表情をしています。ズボっとすするといつも以上のザラツキある抵抗感あり。そこに具材の絡まりが加わり、焼きそば感覚とも言えなくもない食べ心地です。


 また近年、こちらのチャーシューが微妙に旨い。メニューでは「チャシュー」と表記されますが、実際のオーダーは「チャァーーシューーー」と呼ばれています。凄くスープ生成に貢献したと思われる、全体的に脂の抜けたイメージ。肉身はタレを吸い込んで下味に徹底してますが、脂身は余計な脂が抜け落ちて、とても落ち着いた表情をしています。もはや上品な旨みしか残っていないかのように、醤油ダレを絡めるとすごくあっさりとした脂の旨さが蕩ける。


 油そばの場合、希望すれば残り汁に割スープを注いでくれます。ただ今回は、ポーチドエッグの緩みも溶けて、割らなくても丁度いい塩梅にしあがってたので、割スープは辞退。残ってたビールをあおる前に、一気に飲み干しました。あまりにも気分が良くて、結局この後、近くのいきつけでワインを数杯。相当酔ったので・・・・、とっとと最後に詠って、いつものように締めたいと思います!。



   食い続け
   味わい続け
   今日もまた


   旨さ底なし
   ぞっこん汁なし



 お粗末!と言うことで家族にも感謝しながら合掌!!今日も本当にごちそうさまでした!!!

PS 「みたか」が好きすぎてまとめてみました
   https://www.ramentabete.com/entry/2018/08/25/172911

投稿 | コメント (13) | このお店へのレビュー: 46件

「プレミアムモルツ中ジョッキ→まぜそば大盛」@中川家の写真写真付きコメントフルバージョンなら・・・
https://www.ramentabete.com/draft/LKKt1eiuhw0hhP2a2BzeMbnIPb4
YuTubeにまとめたよ!
https://youtu.be/WQgd9qNY6YE

<家系でもなかればお笑いでもない・・・満来・ほりうち系のお店!>
 
 優しい味わいと、酒が飲めるところ、そんなに遠くないエリアなどを鑑みて、選びに選んだのが今回の「中川家」。屋号だけ見ると吉本興業を思い出したり、また家系ラーメンなど連想しますが、なんと「満来・ほりうち系」のお店なんですよねー。荒川線と山手線のちょうど中間位置にあります。満来・ほりうち系なら汁系か、ざる中華系が定番ですが、こちらは汁なし系があるのが面白いし珍しい。またこの系列はアルコール提供がないのか少ないのがイメージなんですが、しっかりラインナップが揃ってる。おつまみ系も充実してるなんて感じです。しかも通し営業。どれだけ重宝な店やねん!って感じですね。
 
 
 
 
<大人の休日の過ごし方・・・プレミアムモルツ!>
 
 まずは一杯目はビールだよね!。口頭で生!と伝えて軽く手を洗いに行き戻ってくると、それはすでにオレを待ち受けていました。休日昼間の生ビール・・・これほど幸せな瞬間はない。泡立ちも見事だし、プレモルなら間違いなしだな。冷えたジョッキも丁寧な感じだし、味わい全体がクリーミー。もうストレス発散もあったので、3分程度で飲み干してしまいましたよ。さて次は何を飲もうか・・・まずはまぜそばが来てから考えよう。
 
 
 
 
<こんなに普通に醤油ダレが万能だとは!今更ながら思い知る!>
 
 おおお!丼デカ!!大盛のボリュームがハンパねぇー。そして定番の汁系「らぁめん」とそう見栄え変わらずで、それだけに麺量のすごさが改めて伝わる。そうだった・・・この系統は並でも相当多いのだったのを忘れていた。新宿の満来でチャーざる食った時、遭難しそうになったのをすっかり忘れていた。やってしまった・・・・と言う恐怖が芽生えますが、覆われ尽くす前にまずは食い進めます。まずタレですが、あのいつものサラッとしたマイルドな醤油だれ。クリアな漆黒が深みを感じる清湯系です。しかも少しベーススープも投入しているらしく、そのままタレを味わっても塩っぱさの刺激はそれほどありません。ただ後からばくばくと麺とチャーシューが吸い込んで行くので、食い終わったと同時に汁も無くなってました。
 
 
 
 
<いつもながらの超モチモチ多加水太麺!普通でボリューミーなのを忘れてた!>
 
 大盛は、2玉・2倍だと思います。私の腹感覚では、400g弱と思われ、食い始めは食っても食っても減らないイメージでした。おなじみのモチモチ中太麺。やや潰れたような平麺で、ランダムで緩やかな捩れが感じられます。密度感は極めて低く、汁も吸い込みやすい感じ。なので非常にツルツルとしなやかに滑り上に、明るい反発を感じさせます。タレは自分でかき混ぜて完成させるタイプ。
  
 混ぜると油分と水分が攪拌されるため、後になるほどニュルニュルとしたタレ具合と麺の絡み合いになります。その際に麺と麺とが絡み合いが強くなるようで、それらを計算に入れながら、少しづつ掴み取ってはズボボっとすすりあげる。麺の風合いというものは低いタイプですが、炭水化物とタレの一体感はすごく生まれやすく、旨味に消化するのも早い。今回は焦った焦った。残すかもと思ったもんだが、なんとか完食。タレがライトな味わいだったのが良かったみたい。
 
 
 
 
<あの「チャーざる」で食うスポンジのようなフカフカ豚肉はやっぱりナイス!>
 
 肉はまぜそばに絡みやすいように、くし切りにされた感じです。いろんな部位の肉が感じ取れ、肩ロースは特にフカフカとして旨かった。汁の浸透もしっかりしてるし、余計な脂肪分が落とされてあっさりしてたのも好印象。この肉ならもっと食えたし食いたかったかも・・・・。メンマはフレッシュタイプで歯ごたえがクタリとしたもの。薄味なので、タレに少し絡むとちょうどバランスが取れる感じです。麺と絡むと肉もメンマも、味わい深くなりますねー。
 
 
 
 
 総じまして「優しさで腹いっぱい感覚!とにかく明るいモチモチ感覚溢れる汁なしまぜそば!」・・・と言うなんだか捻りきれないまとめでごめんちゃい。とにかくまた食い過ぎてしまったと罪悪感に包まれます。それで自分にペナルティをということで「学習院下」から「阿佐ヶ谷」までカロリー消費のために歩くことしました。1時間20分くらい歩き続けて汗かいたー。これで少しは効果が出るかは知りませんが、あまりにも天気良く、阿佐ヶ谷で軽く生ビールを飲んでしまったがー・・。いかん反省が足りん!そんな感じでとっとと最後に詠って、いつものように締めたいと思います!。
 
 
 
   サービスで
   よせばいいのに
   大盛りを
 
 
 
   週末毎に
   太る霜月
 
 
 
 お粗末!と言うことで家族にも感謝しながら合掌!!今日も本当にごちそうさまでした!!!

投稿 | コメント (7) | このお店へのレビュー: 1件