なんとかデータベースラーメンカレーチャーハンぎょうざうどんそば
 

とまそん@ラーメン食べて詠います

男性 - 東京都

自分のラーメンライフを振り返ってみました・・・https://hikakujoho.com/manekai/entry/20180712

平均点 83.154点
最終レビュー日 2019年2月19日
3,610 2,309 13 21,203
レビュー 店舗 スキ いいね

「中華そば 豆乳 +野菜盛り」@中華そば もり川の写真とまそんのブログ: https://www.ramentabete.com/entry/2019/02/08/120000
とまそんのYouTube: https://youtu.be/DE7fdAJsBBE

<まさに毎日でも食続けられる・・・日常的あっさり中華そばならココ!>
 
  現時点で私の中では「まさに毎日でも食続けられる・・・日常的あっさり中華そばならココ!」と申しておきましょう。淡麗系のあっさりでなく、ハートフルでどこかしら日常なじみ深いあっさり系の店。御出汁のような穏やかさを保ちつつ、日常ラーメン的そこそこ感のバランスが非常に良い店です。
 
 
 
 
<全体&スープ> 本当に嫌味のないベースストックにあっさり溶け込む豆乳!さっぱり塩気が生き生き!
 
 おおお!想像以上にホワイティ―だったのね!。もっと豆乳こってりな大豆感があると想像してたんだが、カルピス程度のサラサラさがむしろ体調的には有難いかも。そして今回は野菜不足を補おうと野菜盛りとしましたが、これがまた具だくさんで、白いスープに乗っかって彩りを与えて旨そう。こちらは野菜盛りがコスパ高いのでおススメなのです。
 
 さてそのスープだが、豆乳は多少ミルキーィな雰囲気を呈する感じでかなり穏やか。豆の味がすることはなく、香る程度のさっぱりさが印象的。こちらで好きな「中華そば 塩」と同系統の味わいで、優しい鶏ガラ豚肉の煮出しに支えられた、乾物と野菜の煮出し感ががいい感じで広がる。やさしい味わいで、いくらでも啜り味わい続けられるので、カロリーゼロかと思うほどです。豆乳エキスが溶けているからだろうか、塩気が薄くもなくさらにマイルド。そして更に野菜盛りトッピングの汁やエキスが滲んでくるから、余計にさっぱりと優しい味わいになってます。なので塩気の中に甘味を保つ感覚でグビグビといけてしまう。毎日でも食える豆乳中華蕎麦仕立てですな。
 
 
 
 
<薬味> 自家製辛味の味変が楽しい!一気にご飯に合う仕上がりになるね!
 
 つられて後半にほんの3滴ほど垂らしたんだが、これが白地に赤辛味がさすと、一気に拡散しだします。スープ全体の色が変わるまではいかなくとも、味のエッジングはかなり豹変して「分厚い旨み」と変化。チリっとした辛味が全体に散りますが、刺激与えるまではいかず。程よい香味として漂い、投入のまったり感に飲み込まれてゆく感じです。これで一気に白ご飯に合う味わいに変化し、体調良ければ追加で欲していたかもしれないです。
 
 
 
 
<麺> 加水高めで引き締まりの強い縮れ細麺!汁を吸い込んでも歯応え強めで快感!
 
 こちらの麺は、練り水利いた感じがする、少し黄色い感じがする細縮れ麺。昔子供のころ食った、味噌ラーメンで出会ったような麺で、うちの親父が好きそうな質感ですな。少しボソボソとしていると感じつつも、スパスパと明るい持ち味を感じさせ、歯応えの明確さからライトなイメージです。しかし具材などをいろいろ絡ませてくるので、妙に食べ応えを感じさせる。特にモヤシとの絡みつきが非常によろしく、まるでタンメンでも食っているのかと思わせる食感を楽しませてくれます。
 
 またスープがサラサラ系ですが、濡れる程度で前のめりに汁を吸い込むことは低そう。濡れた部分と麺の風合いだけでも、咀嚼で旨味をしっかりと味わえます。のど越し感にしっかりとシルエットを感じさせるタイプですが、実は奥歯でしっかりと噛み潰した方が旨みが伝わるタイプ。モヤシに限らず、いろんな具材と絡ませて食らう、調理用ラーメンにも適した麺だと思えてなりません。なので、この店では必ず野菜系のトッピングを追加投入するのオレです。
 
 
 
 
<味玉にハズレなし!> デフォルトでハーフ味玉が嬉しい!塩ダレ系で全体&スープにマッチ!>
 
 リーズナブルな価格設定なのに、味玉ハーフがしっかりと付きます。この心意気が実に嬉しい。しかも安っぽくない塩ダレけいの味玉。このタレ系は卵本来の味がしっかりと感じられうので好きなんですよねー。白身だって滑らかで馴染みある味だし、卵黄至っては塩味の中に熟成の円やかさなど感じられて・・・たまらん!。ついつい半分で満足してしまうので、いつかは丸ごと一個頂くことといたしましょう!。なぜ躊躇しているのかというと、あとハーフ追加で+60円。それと同金額でキクラゲ増量できるから・・・。難しい選択だな・・・。
 
 
 
 
<野菜盛り> もやし&キャベツに止まらず・・・・嬉しいキャラクターの豊富さ
 
 野菜盛りは+120円。もやしとキャベツだけならよくあるパターンだが、ここにキクラゲと青菜、そして九条ネギが加わる。もやしは上述の通り、麺と絡み合って旨しだがキャベツは汁に溶けて出汁として旨し。キクラゲとネギは・・・やはり麺と絡めて食う。モヤシのシャキシャキ!キクラゲのゴリゴリ!麺のクシクシ!ネギのザクザク!それらが一体となって押し寄せて、野菜の甘さだけで麺が旨い。その上豆乳のコクと塩スープのコクが一体化を成すので更に旨い。
 
 
 
 
 総じまして「ヘルシーさ溢れるストレスフリーなのんびり中華そば!和み度合いナンバーワン!」と言う感覚でしょうか。疲れてヘタた身体でしたが、するすると抵抗なく食えて気が付いたら完飲完食。不思議とそのあとは体が軽くなった気がして、午後の仕事に集中できました。何気にヘルシーさと活力を補給してくれた一杯に感謝。また確実に寄らせていただきます。そんな応援気分のまま、とっとと最後に詠って、いつものように締めたいと思います!。
 
 
 
   気怠くて
   疲れ全身
   たまる身に
 
 
 
   野菜に豆乳
   よろこぶ身体
 
 
 
 お粗末!と言うことで家族にも感謝しながら合掌!!今日も本当にごちそうさまでした!!!

投稿 | コメント (3) | このお店へのレビュー: 4件

「麻婆混ぜ油そば+半ライス(サービス)」@蒲田ラーメン K家 蒲田本店の写真とまそんのブログ: https://www.ramentabete.com/entry/2019/01/12/000000
とまそんのYouTube: https://youtu.be/5TsyNPSEoW8

<蒲田はラーメン的には懐が非常に深いのだ・・・飽きないねぇ~>
 
 なんでこの店気にしてたか?と言いうと、家系なのに麻婆ラーメン・汁なし担担麺・麻婆まぜ油そばなどがあるということ。実際に店前に来てみると、家系豚骨よりも、一見は「麻婆」と「魚介」を推しているようにも思えます。実は私・・・「麻婆ラーメン」「汁なし麻婆」には少しこだわっておりまして、東京では一時期毎日食い歩いていたジャンル。もしもご興味ありましたら、下記リンクをご参考まで。
 
【厳選】東京23区でバシッと「汁なし麻婆麺」を食うならここ!そんな6選!
 https://www.ramentabete.com/entry/2018/01/08/185057
 
 
<全体&スープ> なかなか本格的な麻婆じゃないか!しかも味わいを楽しめる余裕ある痺辛旨さが炸裂!
 
 おおお!ほぼ完璧の麻婆餡じゃないですか!。家系ラーメンの派生で何となく寄せてみました~と言うなんちゃって麻婆じゃないよ!。挽肉多めで粒ぞろいでしかも大きめ。豆腐のフルフルした雰囲気が食欲誘い、葱が白と青で具材と薬味で役割分担したかのように多めで鮮やか!。辣油と糸唐辛子の深いレッドが如何にも本格て指向性を高めてゆきます。薬味がいい感じでして、家系ならではの「にんにく・生姜・豆板醤」は言うに及ばず、自家製辣油が旨そうで、普通の家系ラーメン食ってる人もこれを活用したりして、独特の味変化をされてます。
 
 本格的に楽しめますが見た目より実はマイルド。四川系の花椒でジリジリと痺れさせる責め立ててはあまりなく、辣油のシャープさも常識レベルな痛快さに止まる感じ。それゆえにドM級に痺れと辛さで責められたい方は、薬味で好きなだけ御調整いただきたいレベル感です。私個人的には、デフォルトで丁度良いと思われ、痺れも辛さもあるけれど、余裕をもってそれぞれの旨さを楽しめると思っております。
 
 
 
 
<麺> 家系スペックの中太ストレート麺は汁なし系でも面白いようにクシクシとして旨し!
 
 言わずと知れた家系用の中太麺。すこし黄色味がかって艶々とした加水高めの麺。しかし全体的には、かん水の影響か反応があって、柔らかくしたあとの引き締まりがあるような気がします。プツプツと意識して千切る前歯の感触。そしてクシクシとした奥歯ですり潰す歯応えなどが印象的で、いかにも「カタメ」指定の家系ラーメンの麺というイメージに似ています。家系の麺が、こんなにも麻婆系のコッテリ&トロトロ餡に合うとは想定外! 餡のトロミと豆腐のフワフワ感を寄せ付けないハードな腰?と思っていたけど、逆にこれが歯応えのみならず、味わい全体でコントラストとなっており、寧ろ餡も麺も裏腹で一体かしているのでは?と思う楽しさあり!。しかも家系の中太ならではの特性として熱ダレがしにくいので、最後まで明確なクシクシとした感触がキープされているではないか!。
 
 
 
 
<サービス> 半ライス:プチ麻婆丼にして食らうか? それとも追い飯風にぶち込むか?あなたはどっち派?
 
 ランチタイムサービスで「半ライス」が付きます。これが「半」とは名ばかりでしっかりとお茶碗一杯分以上のボリュームがありますのでかなりお得。おススメは、配膳された直後あたりから、白飯のほうに麻婆餡を乗せ換えておきましょう。麻婆麺は、汁系に限らず汁なしでも、後半になると豆腐の汁が吐き出されて餡が極端に緩くなるのです。なので後から気が付いて白飯へ移転させようとしても、シャブシャブな状態になってしまいますからー。またこのような傾向から、「追い飯」にしようとしても、結果的に「雑炊」風になってしまうので、ここは要注意かもしれません。
 
 
 
 
 総じまして「家系の新たな新境地拓くか!?蒲田発進化形家系ラーメン痛快なり!」・・・と言うのが正直な感想かかと!。家系なら「飛粋」、麻婆麺なら「赤ずきん」と個性的な店を抱えるここ蒲田。その中間でもないけどいろいろな別の引き出しも多そうだし、ここは使える店だね。昼飯難民になりそうだったら・・・ここを激しくおススメいたします(今日は私自身救われたし)。そんな感謝を思いつつ、とっとと最後に詠って、いつものように締めたいと思います!。
 
 
 
   年明けて
   徐々に多忙な
   追込み期
 
 
 
   明日知るもなく
   今日は汁なし
 
 
 
 お粗末!と言うことで家族にも感謝しながら合掌!!今日も本当にごちそうさまでした!!!

投稿(更新) | コメント (7) | このお店へのレビュー: 1件

「真鯛らぁめん」@真鯛らぁめん まちかどの写真とまそんのブログ: https://www.ramentabete.com/entry/2019/01/10/000000
とまそんのYouTube: https://youtu.be/XT4FmPcApB4

<昼飯時こそ勝負時!麺も仕事も・・・>
 
 丁度、新店舗(移転間借り)の情報があり、駅から近いのもあって好都合。願懸けも込めて、めでたい真鯛のラーメンを頂いて行くことにしましょう。りんかい線から【大崎】で山手線に乗り換えて恵比寿へ移動。この界隈、懇意にしていただいてる mocopapa さんのホームなので、ひょっとして遭遇するか?ビビりながら開店直後の店内で待ちます。すると・・・・おおお!この業界の大物がひょこりと入って来て私の隣にご着席じゃないか!。これはご挨拶を!と思ったがお連れの方が既におられて、その方の隣に座っただけだった(汗)。すっかり怯んでしまった・・・。
 
 
 

<全体&スープ> 濃密&シルキーな鯛白湯!鮮魚系の揺らめきに魅惑の薬味が実に合うのだ!
 
  実際に味わうと見た目洋風なのとは裏腹に、和風な鮮魚系をイメージしてしまう。相当に魚介のアピールが高く粘度が少し感じられるのかシルキーさを感じる。結構なレベルの鮮魚系の濃ゆさで、これはまさに大人の味わいって部分も見られます。好きと嫌いと別れるところでしょうが、このギリギリの線を行くところがテクニシャン!。寸止めの魔術師?。どことなく鯛を炙った時の香ばしさも感じられ、この風合いが割と軽やかに食わせるといった感じでしょうか・・・。
  
 このスープは薬味を入れるべき!すごく評価が上がるはず。まずトッピングとして乗せられているレモンを絞りませう。輪切りのレモンは箸を突き刺して一本一本反対方向にねじり回して絞り切る!全部絞り切ることをおススメしたい!。まずこのレモン酸味で、鮮魚系に驚くべき清涼感と、新たな甘みが生まれてくるから不思議!。必ずこれは試して欲しい!。
 
 
 次に後からスタフさんが出してくれた「ブラックオリーブ」。辛いオイルに漬けられており、オリーブの実も食べられるそうだ。これをたった小さじ二杯程度いれたのですが、オリーブの風合いが鯛の風味にこんなに合うとは実に愉快。一気に味が明るくなり、旨さの軸が新たに生まれたように立体的に思える旨さなり。これも激しくおススメです!。
 
 
 
 
<麺> 濃密スープをしっかりと受け止めるクシクシ歯応えのストレート太麺!
 
 意外に配膳に時間がかかるなと思ったわけが分かった。太麺だったのね。しかもかなりクッシリした雰囲気で、チュルチュルと啜り切る汁系のとは別格の腰の強さ。このままつけ麺にでも通用しそうなほどで、外カタなイメージと、漆喰のようなスベスベツルツル感がとても印象的。鮮魚系だからこそ、しっかりと受け止める炭水化物のクッシリ感がいいわけだね。もともと麺はカタめが好きなオレだけど、この前歯で千切った時の麺の風味感、奥歯でも安易にはスープに一体かしないクシクシ感が食べごたえすら感じます。
 
 
 
<トッピング> 質実立派な昆布締め風?鯛切り身!本格メニュー展開が待ち遠しい!
 
 真鯛の切り身が生で、それで余計に鮮魚系が意識されるかもね。さてこの切り身・・・サイコーです!!!。カルパッチョという感じはしませんね。松皮造りを感じさせる鯛皮の仕上げ。魚は皮が旨いのに嫌う人が多いけど、ここが旨い。一見刺身か?と思って裏っ返してみる。身の部分が少し飴色のようにも見え、肉には微妙に気のせいか粘りすら思う仕上がり感。クチに入れるとこれが不思議と蕩ける・・・嗚呼、これから大切な仕事があると言うのに酒が欲しくなるじゃないか・・・。だったら夜来いってか?。 
 
 
 
 総じまして「しっかり大人の味わい楽しめる・・・濃密崇高な真鯛白湯!」・・・と言う感覚かしら。これは今後のメニュー拡充が大いに期待です。恵比寿はジャンルに実にいろいろな客層があると思うから、意外に外国人向けにも受けるかも。店内落ち着いたころに再訪して次はつけ麺と真鯛バッテラかな。今回の目出度い一杯と遭遇に感謝しつつ、とっとと最後に詠って、いつものように締めたいと思います!。
 
 
 
   アポ入れて
   本腰入れて
   気合入れ
 
 
 
   願懸け食らう
   真鯛白湯
 
 
 
 お粗末!と言うことで家族にも感謝しながら合掌!!今日も本当にごちそうさまでした!!!

投稿 | コメント (16) | このお店へのレビュー: 1件

「蘭州牛肉面(三角麺)」@馬子禄 牛肉面の写真写真付きコメントフルバージョンなら・・・
https://www.ramentabete.com/entry/2018/12/31/000000
YouTubeにまとめたよ!
https://youtu.be/FAWkZvv6Xsk

<今年の宿題、今年のうちに・・・ブーム後追い蘭州ラーメン!>
 
 10分ほど外で待機した後にようやく入店を促されて・・・実は前金制。その場で3種類の麺を選ぶこととなり、そしてトッピングの追加や排除を確認した後、清算した後席に通されます。もちろん・・・「三角麺」をチョイス(初体験だから)。そしてパクチー追加!と行きたかったんだが、なんとなく宣材写真では、デフォルトでもパクチー多そうだったので、自爆しないように今回はやめときました。
 
 
 
 
<あちこち不可思議な輪郭を思う大陸的味風景!醤油!酢!スパイス!薬味!>
 
 香りがすでにエスニック。単にパクチーの香りだけを伝えているのではなく、あらゆる風合いが日本のものとは違うと思わせます。例えば辣油。日本でも最近は自家製辣油は、珍しくなくなって、いろんな中国スパイスなどを封じ込めるのもよく見かける。でも中国系のスパイス100%か?と言えば微妙で、この辣油についてはそんな大陸系純度の高さを感じてしまう。馴染みの薄いスパイス風味は、嫌が応にもエスニックと感じてしまう。ハッカクの風味を感じるけど真偽は不明。これも好き嫌いある風味ですね。何やら薬膳料理などによく入っているイメージ。昔のように華々しい第一線の営業接待から、数十年も遠ざかっているとそんな高級料理の記憶も、今では失いつつあります。また、黒酢と醤油の風合いも、日本のものではないと思います。この風合いは明らかに内陸的中華料理。横浜に行けばさらっと食えるようなイメージじゃない気がします。麹など、発酵風味が明らかに違うと思うので、いくら日本の厳選醤油や高級酢を使ったところで、再現できそうになさそう。味のプラットフォームがすでに違う。
 
 
 
 
<初めて食ったよ三角麺!フレッシュなモチモチ感と独特な舌触りの麺のエッジング!楽しみ尽きず!>
 
 実にフレッシュな面持ち。麺のエッジングが実に鋭角的で、麺の地肌感が四角麺より幅広なだけ、妙に迫力を感じます。とても白くて漆喰のようなマットなツルツル感が印象的。太麺に見えて太くないと言うか・・・なんとも言葉が見つかりません。歯ごたえはモチモチとした感じで、スパスパととても千切れやすい。多加水のネバリがないので、グルテンの風合い自体があっさりしたようです。そして・・・意外に量が多い。膨れているからそう思えるのかは不明ですが、細い手打ち生パスタをスープで食うとこうなるのか?。意地悪なように、歯でちぎった麺を記録してみました。分かりにくいけど、三角形して見えませんか?。ワイパーのゴムを切断したらこんな面になるのでしょうか。私の中でもうワイパーゴム麺としか、イメージができなくなてしまった・・・(汗)。
 
 
 
 
<洗礼の牛肉!薄い牛もも肉と解れ肉を奥歯で噛み締め味わう!>
 
 仏教徒なオレは、クリスマスを進んで受け入れ、正月にはやはり日本人だよと初詣に出かける。しかし、イスラム的行事などはこれまでしたことない・・・これが言わば初めてになるかも。妙に考えながら牛肉を噛みしめました。いやー実にあっさりした肉!。脂エキスなどほぼ感じることなく、肉自身がだしの素のような雰囲気。旨味を汁に吐き出して、完成したところでまた逆輸入のように吸い込んだ肉。モモ肉に当たるのでしょうか・・・実に悪くない味だし、胃袋がホッとする肉味。また所々、ブロック肉が崩れた欠けらのような肉が紛れ込んでおり、これをパクチーと汁で一緒に食うと実にうまい!。
 
 
 
 
<大根のやや硬めな歯ごたえが面白いね!案外好きかも!>
 
 案外カタイ。大根のおでんなどイメージとは程遠いです。しゃくり!とした歯ごたえが爽快で、出汁の浸透もあるけどハードな歯ごたえ。なのに面切りでもしてあるかのように、角が丸まってる。サイズは小さくて味自体は実にあっさり。辣油に塗れてもあっさり食えます。これもうまいね!ビールのアテにもなる、サクサク熱熱大根!(あ!イスラムの教えベースだから、お酒メニューがないんだっけ??考えすぎ????)。
 
 
 
 
 総じまして「寒さ蹴散らす大陸的魔力!アジアンパワー炸裂の蘭州ラーメン!」・・・と言う感覚でしょうか。これは実に面白い!興味が尽きない!!。こなれば、3種類の麺を違いを噛みしめたいじゃないか!。宿題にケリを付けるはずが・・・新たに宿題をもらってしまった。ミイラ取りがミイラ・・・・沼にはまってしまったような気分のまま、とっとと最後に詠って、いつものように締めたいと思います!。
 
 
 
   パクチーと
   辣油の刺激
   額汗
 
 
 
   冬の街角
   熱風一陣
 
 
 
 お粗末!と言うことで家族にも感謝しながら合掌!!今日も本当にごちそうさまでした!!!

投稿 | コメント (6) | このお店へのレビュー: 1件

「特製中華そば 大盛り」@中華そば 銀座 八五の写真写真付きフルコメントバージョンなら・・・
https://www.ramentabete.com/entry/2018/12/11/204958
YouTubeにまとめました!
https://youtu.be/8o7rG7dsd1A

<仕事で昼飯ズレてもタダでは帰らぬ!八五に突撃!>
 
 神田勝本の3号店とあれば、注目を集めるのか・・・午後2時を回っても行列が絶えません。休日の有名店のような長さではありませんが、これで完璧に休憩タイム1時間弱は、全体で費やしてしまいました。やはり営業さんらしいサラリーマンと学生さんが多いね。途中何の行列かと通行人(銀座在住のマダム)に聞かれたりしましたが、適当にあしらって会話して過ごします。なんだか以前は旨いカレー屋だったらしく、そのマダムは残念なんだとか・・・。ここも旨いですからいずれまた!と励ましておきました。
 
 
 
 
<配膳の瞬間・・・息をのむ琥珀の透明感!まばゆいく深みのある鶏出汁と滋味!>
 
 おおお!器デカ!!おおお!オレンジ色にも似た琥珀色が眩しい!!エキスが漂う優雅さが既に旨さを語る!。ゆとりの麺顔と質感の高さがありあり。しばらく息をのむばかりだ・・・。マジで嬉しかったこの最初の一口目!。温度センスがバッチリ!。そして旨味の渦が押し寄せてくるのだわ!!!。大変興味深かったのは、寸胴からスープをとって銅製行平鍋に注ぎ温めるのみ。厨房の中で、いくつものタレを掬って丼に注ぎ、あとはベーススープを流しこみ仕上げる・・・そんな動作じゃない。特に売り切れる前のタイミングだったのか、寸胴が底をつきそうになっているのを、懸命に寸胴を寝かせ傾けて、鍋に注ぎ入れているのが印象的でした。噂どおりのタレなしスープ製法!。
 
 
 

<浅草開化楼:本当に自然な風合いと素直に染み入る出汁浸透すばらし!吸い切ったあともまた格別!>
 
 奥歯ではすっかり汁とグルテンの一体を感じ、クチクチと短いタップで潰しこむのが楽しい。中盤ではこの歯応えが特に痛快で、時々メンマを介してバキバキ食感と合わせて楽しんでおりました。食も後半になると、汁が全面的に浸透しだして、いっきにしなやかになりましょう。芳醇なスープを吸い込んでいるのだから、ダレた風合いは一切みせず。後半最後は、一気にズボボボボボボっと無意識に音を立てて啜り食ってしまいました。個人的には、大盛で丁度いい塩梅。並だと少し少なく感じるかも。その場合は再度メニューとのコンビネーションをおススメ。英世一枚軽く超えますが、ロケーションと味をトータルで考えれば納得と思います。
 
 
 
 
<極限までにスッキリ&上品に仕上がったバラ肉!スパイスの風にも吹かれる肉味!>
 
 そのひと手間が旨さを数段も引き上げる。それは薄っすらと振りかけられた胡椒。種類までも分からないけど、複雑なミックスペッパー感がありましょうか。すぐに肉表面から落ちてスープに溶け込むのですが、そのほんの僅かにのこっただけでも、肉の旨みが一気に甘味へと感じだします。この風味感だけが、この一杯の中ではやや洋風にも感じた瞬間だったかも・・・・いやー旨し!。
 
 
 
 
<味玉にハズレなし!出汁の浸透が円やか!芳醇な熟成味と滑らかな卵黄本来の風味が濃ゆい!>
 
 すげ!この味玉は光ってる!。まだ薄っすらと白さを残す白身。出汁に浅くつかってるのかと見た瞬間にそう思う。歯を当てて割ってみる。卵黄がややドロッとはみ出しそうになるが、その温度が暖かでいつもの感覚とは違う。そして出汁の浸透を感じる卵黄かと言えばそういうわけでもなく、本質的には本来の味わいがメイン。薄い出汁が浸透して旨みがアップしている。トロトロとした卵黄がまるでクリスタルのように艶で光る!。大きさもいいサイズ感で、3クチで割って食うには最適。最後は卵黄部分が舌の上に全部被るようにクチの中に置いて、潰しながら食いましたー。芳醇さと熟成さを存分に楽しみながら・・・嗚呼、今日も味玉にハズレなし。
 
 
 
 
<水出し・・・献上加賀焙じ茶!これを飲まずして帰れませんよ!>
 
 途中でスタフさんから、お茶を準備しますから、よろしければ言ってくださいと説明が入ります。正直言って、水がとても美味しかったのでそれで良かったのだが、試しにもらってみた。そしたら「水出し献上加賀焙じ茶です」と解説あった。水出し・・・たしにほんのりと色づいているのは分かる。それにしても薄すぎないかと思ってクチに含むと驚き!。とっても香ばしい!見た目に反してすごく香ばしい!!。焙じ茶どくとくの苦味が皆無でいいとこだけの濾過ってな感覚。また水出しで冷えてるところが、食後としてはとても清涼感を与えてくれてさっぱりさせる。これは驚き!。最後にはこれを飲まずにして、この店は語れないかもよ!。
 
 
 
 
 総じまして「スタートから既に何年も銀座の風に磨かれた逸品級質感!」と言う崇高感覚の凝縮みたいな中華そば。けっこういい値段しますが値ごろ感ありあり。これはまた流行るに違いない。これでまた銀座へ来る楽しみが増えてしまった・・・。いずれすぐ限定メニューも出てくる気配だし、しばらく目を離せません。とにかく今回の一杯は旨さのオーラが凄かった!。そんな感動のまま、とっとと最後に詠って、いつものように締めたいと思います!。
 
 
 
   年越しの
   気分あおるか
   二八そば
 
 
 
   旨さあおるは
   八五そば哉
 
 
 
 お粗末!と言うことで家族にも感謝しながら合掌!!今日も本当にごちそうさまでした!!!

投稿(更新) | コメント (10) | このお店へのレビュー: 1件

「酸辣麺」@ふぢのの写真フルバージョンなら・・・
https://www.ramentabete.com/entry/2018/10/14/000000_1
童心にかえって大人気なく・・・
https://www.youtube.com/watch?v=S6m5cOCtHt8
そしてYouTubeに全体をまとめたよ!
https://youtu.be/ziRAgjDrI14


<休日出勤前にふらっと真新しい豊洲市場へ行ってみた〜>

 だだっ広い豊洲市場だから、途中フロアに迷ったりして、警備員に止められるかと焦ったー。しかし、東京都庁の職員と思われたのか、思いっきり丁寧に挨拶された。ただの通りすがりのラーメンヲタクだと知ったらシバかれてたかもしれない・・・。「ふぢの」と言えば、やっぱり半ちゃんラーメンなんだが、券売機ボタンのいい位置に「酸辣麺」なんてのがあるから、ちょっと瞬間的に反応してしまった・・・。朝から重そうなのを食ってしまいました。
 
 
 
 
<100年以上守る暖簾の味!日本人に馴染みやすい酸味と辣味が優しく旨い!>
 
 「こっちはゆうに100年以上は4代重ねてやってますよ!」ってな4代目店主が元気よく常連と接客してました。そんな会話を耳にしながら味わうと余計に、しみじみと我々大衆日本人に合わせられた、酸味と辣さなんだなと分かる。赤坂や銀座で味わう、本格的な中国由来の醤とか酢の輪郭は感じ取れないけど、それだけに馴染みある酸味が優しくて泣ける。すっぱーっと意識させずに酸味を楽しませるような淡さが朝には嬉しかったりする。また辣さもこれにバランス取ったようなレベル感。何も足さない方がいい。これはバランスを楽しむ一杯なんだなーなんて、ふわふわとした気分で味わい続けるのみです。
 
 
 とろみがまた濃ゆ目でいいね。ちょうど背中に厨房が覗けて、3代目なのかは知らんが、渋い老齢な男性がせっせと鍋を振るっているような・・・。絶妙な濃ゆさでっせと背中で語りたかったが、そんなことを考えているうちに、ゆるゆるととろみは溶けてゆく。麺の風味がスープに移る分、水分も吐き出されるのか、粘度が後半に一気になくなってゆく。それは仕方ないとして、それでも淡くバランス感が捨てがたく、最後までゴクゴクと飲み干してしまうんです。
 
 
 
 
<昔ながらの縮れ麺!酸辣の餡に絡みまくりでスープが減りまくる!>
 
 これが引き揚げると餡が絡みまくりで、麺をすするとニュルルルルルルーーーっとスープまで連続しているのでは?と思えるほど。滑らかとか言うより、とろみ一体感という啜り具合です。熱々だったけど、意外に口の中をやけどをしなかったのはラッキー。
 
 
 前歯の当たりは、極めてスパスパと切れ込み優しく、餡の蓄熱により柔らかめの茹で加減に近い状態になってます。なので奥歯での潰しもあっけない。しかしそこには濃厚に餡が絡んでおり、重くて柔らかいスープパスタ中華風を食っているような・・・・、そんな咀嚼イメージ。悪くない。
 
 
 
 
<掻き混ぜ切らない玉子の蕩け具合!ふわっと流れてちゅるちゅる滑る楽しさ>
 
 全体的にはトロトロで、王道の酸辣感覚。玉子の撹拌が大雑把で抑えてるところがポイントのようです。白身の部分が割と明確にキープされているので、卵黄と一体した部分とそうでない部分とが、入り混じって、二倍の楽しさを与えるよう。溶き卵状態が濃ゆい部分は「ふわふわ」。そうでもない部分は「ちゅるちゅる」。玉子という一つの材料で、まるで二種類のイメージ演出が、さらっとされてるのが、ちょっとすごいと思うんだけど・・・。
 
 
 
 総じまして「古きを知り新しさを知る!王道町中華的和みの酸辣麺!」と言う感想でして、毎度何の捻りもない感想まとめでごめんちゃい。早朝からこんな重いの食ってるのはオレだけ。・・・と思ってたら、後客などは、チャーシューメンとか、ビールにシューマイなどすごい食漢が続く。さすが働く男たち!男も惚れる食欲に乾杯っす!そんなこれから応援気分を込めて、とっとと最後に詠って、いつものように締めたいと思います!。
 
 
 
   移転後も
   漢の活気
   溢れつつ
 
 
   ガッツリ朝ラー
   笑顔溢れる
 
 
 
 お粗末!と言うことで家族にも感謝しながら合掌!!今日も本当にごちそうさまでした!!!

投稿 | コメント (9) | このお店へのレビュー: 1件

「エビスビール小瓶 → 麻婆油そば 大盛(サービス)他」@Japanese noodles 真の写真フルバージョンなら・・・
https://www.ramentabete.com/entry/2018/10/14/000000
YouTubeにまとめたよ!
https://youtu.be/Oe8KD2cjCYo

<大久保路地裏エリアでナイスコスパ!小料理屋気分の凛々しいお店>
 
 訪問時、休日と言えども昼飯ピーク前。先客ゼロ。これは厳しい状態なのか・・・と思いきや、店内は凛々しい空気感で溢れており、白木カウンターが実に綺麗。テーブルセットなんて、全部正面を向いて等間隔で順列されてます。まるで小料理屋の雰囲気。厨房では若い店主が丁寧に接客をしてくれます。この時はお酒の券売機ボタンが制限されてましたが、実は酒のラインアップが自慢っぽい。ひょっとして夜の方が強力な店なのか・・・。日本酒好きなら見逃せない店だったりしてね。
 
 
 
 
<大人の休日の過ごし方:エビスビールとうすはりグラス>
 
 とりあえずエビス小瓶で喉を潤す。小瓶というサイズ感がいいね。食う前に腹が膨れすぎなくていいー。しかも380円という設定が、外食価格としてはリーズナブルです。わかりきった味わいですが、麦芽の苦さが日本人のビール好きにはジャストフィット。それだけでなく、こちらはビールグラスが粋です。小さいサイズは小料理屋っぽいですが、それはうすはりグラスでして、注いだ時が美しく、また口当たりが良いために、いつものビールがワンランクアップしたような気分になります。嗚呼、やはりうまい!
 
 
 
 
<豆腐排除の汁なし麻婆!スパイス薬味で自在にお化粧感覚でいただく!>
 
 個人的には、デフォルト状態では「麻婆」ではなく「麻辣」という感覚です。そこにタレが潜んでおりますが、全体的にあらかじめ絡められてから盛られてます。なので薄っすらと辛い味わいに、トッピングの肉味噌が絡み、ゆっくりと和風麻婆の味展開が広がるという設計です。坦々まぜそばと境目が、この時点では難しいかも。しかし旨味は甘さというか、この肉味噌の展開が地肌に濡れた麻辣な味わいに響いて一体感がありあり!。このまま食い続けるより、テーブルセットを利用しましょう。辣油が二種類。スパイスも二種類です。辣油はノーマルと「海老辛」があって、今回は香り高い「海老辛」を追加でかけました。確かに甲殻類の香ばしさが微妙に滲んで味の広がりが少し変わってきます。次にスパイスは、ブラックペッパーと花山椒と思われ、これは油そば用に「ブラックペッパー」、当然麻婆用に「花山椒」なんでしょう。上を押すだけで挽きける入れ物ですから楽です。
 
 
 
 
<油そばと言えばこんな麺!馴染みの深い中太多加水もちもち麺が絡みまくって大盛り無料!>
 

 タレ浸透が早い中太麺。絡めると後半には少し垂れて、丼の底に溜まりそうなものですが、ほぼそれはなし。ほぼ麺が吸い込んでいると思われ、実は味わい深い麺に仕上がってます。奥歯で潰すと一気に唾液とタレの旨味で、一気に消化する香ばしさと旨さ。個人的にはこれにライスを合わせても食える!。・・・・焼きそばオカズでご飯食ってた関西オリジンの血が騒ぐ。
 
 
 
<湯煎のようなバラ肉のさっぱりさが妙にオアシスと感じる>
 
 割と大人しめな麻婆刺激とは言え、どこか豆腐に相当するようなオアシスが欲しくなるかも。それには意外と肉がここでは役割を果たします。チャーシューじゃなくて、まるで湯引きしたような薄い豚バラ肉なので、とてもあっさりと頂けます。それに麺を巻いたりして食うと、またイメージ変わりますし、少なくともパクチーを少し絡めて食うと、さっぱり肉の旨さが広がるかと!。
 
 
 
 
<ちょっとした澄まし汁が日本人の心を潤す・・・そんな滋味旨さ>
 
 お澄ましというより、あっさりした和風スープと言ったような仕上がり。しかし、薄い味わいのスープが、濃ゆい味わいの前とか後で、これほど気持ちを落ち着けさせるとは想定外でした。最初に、ビールで冷えた胃袋を温める。最後に濃厚な味わいで負担になってるところを和らげる。そんな意識で、薄い鶏ガラのようで、椎茸や昆布等の淡いエキスのような出汁味をありがたくいただきました。
 
 
 
 
 総じまして「大衆お気楽と凛とした気持ち良さを併せ持つ、新たなバリューを感じさせる油そば」という感覚でして、これは昼夜と使い分けると利用価値が倍になるかもしれません。どうも保冷庫には日本酒のストックがありそうな雰囲気で、夜は飲める麺屋としてさらに発展の可能性を感じるかもと!。西新宿、大久保とハシゴ酒した後に油そばで締めてもいいしね。今後に期待大。そんな応援気分で、とっとと最後に詠って、いつものように締めたいと思います!。
 
 
 
   路地裏に
   破格汁なし
   凛々しくも
 
 
 
   優しい刺激
   満喫麻婆
 
 
 
 
 お粗末!と言うことで家族にも感謝しながら合掌!!今日も本当にごちそうさまでした!!

投稿 | コメント (5) | このお店へのレビュー: 1件

「キリン一番搾り生中瓶→香辣麻婆麺(汁なし)+ライス」@麺屋 愛心 TOKYO 町屋店の写真フルバージョンなら・・・
https://www.ramentabete.com/entry/2018/10/13/063328
YouTubeにまとめたよ!
https://youtu.be/qx4k-1Vl8pw

<もはや逞しさすら覚える女性店主の中華鍋!シビカラはお仕置き的にハード!>
 
 こちらには、麻婆麺が二種類あって、「麻婆麺」「香辣麻婆麺」とあります。今回は折角だから後者を選んだわけですが、ご店主から「相当辛いですがよろしいですか?」とお言葉を賜りました。全然OKですよと笑って答えたのは、これまでこんなフレーズは何度も聞いており、それをこれまで乗り越えたわけで、もしお尻の調子がよければもっともっととお願いしていたかもしれない。しかし、これが自分の甘さだった。結論先出しに言うと、これ「香辣」という可愛い冠がついてますが、相当辛いですから要注意ですよ!
 
 
 
<大人の仕事終わりのひと時・・・キリン一番搾り生!>
 
 妙に今回のキリン一番搾りは旨かったのだ!ビールの完全管理された工程の中で品質のブレがあろうとは思わないが、鮮度と温度が最適だったのか・・・。これほど甘くも麦芽が香ばしい味わいは格別でした。中瓶で480円とういう設定も顧客還元に意地も感じる。やはり汁なし系にはビールは欠かせないと今回もまた確信にいたりました。
 
 
 
<今回は汁なし!シビカラ感は後半餡が緩んだあたりから一気に火をふくぜ!>
 
 一口目から、おおおお!効くねぇ~と一応余裕ぶって味わいます。そのうち慣れるでしょと。しかしシビカラ恐怖心などより、旨さの方が確実に先行。トロトロの粘りで余計に舌に貼りつきますので、唾液が一気に溢れるのを自覚。慌ててライスの方に一部移して早々に小さい麻婆丼を自分で作ってしまいます。そこからが本格的に対峙してゆく。麻婆が旨いので正直レンゲが止まる気配ありません。次々と食いまくる。そうすると次第に上半身の中の毛穴が開くような感覚となる、知らず知らずに汗をかいていました。ただ汁なし系だったのと、ビールを飲んでたのもあって、汗が噴き出して暑いーーーと唸るような感じでもない。多量なカプサイシンによる素直な体の反応で、新陳代謝が急上昇したという風で、冷静かつ体温低めで汗をしみじみとかくのです。
 
 
 うめー!うめー!しかし・・・辛い。辛いけど旨い。けど辛い・・・・。時間経過とともに、「うめー」より「辛い」の方が頭に多く浮かぶようになったらそれは限界のサインなのか。餡がまだしっかりとしていた前半は耐えられたが、汁が沁み出してスープ上にサラサラしだした後半で、一気に辛さに尖りを感じるようになりました。まだまだ豆腐が浮いているのに。これを飲み干すのが最後に辛かった。少し残してしまったのは申し訳ない。腹いっぱいだったのもあるが、ちょっと胃袋に熱を覚えたので、ここはクレバーに抑えることとしました。
 
 
 
 
<プーアル茶がシビカラ刺激をこんなにも中和するのか!>
 
 舌がヒリヒリしたのを洗い流そうと、キリン一番搾りの残りを流し込むが、これが何の解決策にもなりません。むしろ余計に刺激を活発にさせるかも。こりゃ参ったなと途方に暮れているところで、備え付けのポットのお冷を流しむ。水かと思ったら「プーアル茶」でありました。これがすばらしい。口に含んだ瞬間にカプサイシンの刺激がピシャリと止むのだ!。えー、プーアル茶ってこんな効能があったのか!。きっとこれも店主の計算だと思われ、この何気ないお冷にすごく感動したりしました。後半は、プーアル茶と残った麻婆餡との合わせ技、格闘でありました。
 
 
 
 
<特に今回は救われら絹豆腐のオアシス感!ありがたし!>
 
 プーアル茶にも救われたが、基本的に絹豆腐は実にオアシスと感じられた。挽肉はエキスを積極的に吸い込むので、旨さと刺激を同時に味わう「痛し痒し」な構造の旨み。しかし絹豆腐は、刺激をオブラートに包んでくれるような旨み表現でもあり、また辛さの荒海を打ち際で和らげてくれるテトラポットのようでもあります。これが無ければ到底食いきれなかったかも。しかも辛味混じった豆腐はそれ自体、命を吹き込まれたかのように、旨さが爆発的なのです。ああオアシスのようでもあり、感謝の具材なのだ!。
 
 
 
<ヌツヌツとした中太麺が最高に絡みつく!この独特感が、汁なし麻婆の最高のエンタテナーなのだ!>
 
 さすがに絡みつくので、ズボボボボっとは啜れません。ここはしっかりと紙エプロンを装着し、口の中へと運び入れてワシワシ気味に送り込んで咀嚼するしかない。奥歯で潰すときは麺に貼りつく挽肉の影響で、あとからシビカラが増すかもしれませんが、炭水化物の風味が一瞬でマスキングして、食が進む味わいへと変化してゆきます。大盛りも可能。ライスを遠慮して大盛りで食らうというのも捨てがたいねー。
 
 
 
 
<何は無くとも飯割!またまたミニミニ自家製麻婆丼>
 
 今回は、最後の〆にたどり着くまでに相当時間が経過したようです。最後にほっとさせるミニミニ麻婆丼。それは今回は少し刺激があるタイプでありました。しかし白飯は無敵というか、強いシビカラの麻婆餡をしっかりと受け止めてくれて、でんぷんが糖化したような旨みとすごく一体化が進みます。ようやく最後の〆でオレなりのカラシビ旨みにたどり着いたような安堵感。やはり麻婆は飯なのだ。
 
 
 
 総じまして「秋から真夏へ逆回転!容赦なく突き抜け快感誘う本格シビカラ感!」と言う感覚でして、これは今回パクチーを入れ忘れたのが手痛いが満足度高し。ここの近辺はあまり地縁がないものの、ちょっと通いつめたい気分がさらに高まってます。次回は海老寿久担々麺かな。ともあれ、若き女性が鉄の中華鍋逞しくふるう旨さは、いつの間にか女性を意識させない本格派と気づくことでしょう。応援気分が止みませんので、とっとと最後に詠って、いつものように締めたいと思います!。
 
 
 
   シビカラも
   慣れた味わい
   旨くとも
 
 
 
   辣さズドンと
   オレをおとしめ
 
 
 
 お粗末!と言うことで家族にも感謝しながら合掌!!今日も本当にごちそうさまでした!!!

投稿(更新) | コメント (7) | このお店へのレビュー: 2件

「マーボーラーメン(レベル2)+締めの2点セット他」@マーボーラーメン44の写真フルバージョンなら・・・
https://www.ramentabete.com/draft/KnsPOUQPK8DzEsCtUOWNzWpYpp4
YouTubeにまとめたよ!
https://youtu.be/Bqmb2Uwnm68

<ラーメン激戦区荻窪にニッチで先端な麻婆麺専門店!ようやく訪問かなった〜>
 
 思い切ったラインナップ。マーボーラーメンしかありません。辛さ等調整とトッピング類とドリンク類だけの設定。いやー屋号そのままで、潔さこの上なし。麻婆ヲタクとしては崇め奉るしかないね。そんな中で、とりあえずデフォルトと思われる「マーボーラーメン」をチョイス。痺れのレベルをすぐ問われるので、とりあえず3段階なら2にしとけ!と言うことでお願いします。それと・・・締めの2点セットと言うのがすごく惹かれまして、麺の大盛りにするくらいなら、ミニミニ自家製麻婆丼で締めようと言う腹です!。
 
 
 
 
 
<さすが44種類のスパイスカオスか!研ぎ澄まされた上品さか!パンチ低めで旨味を知る麻婆!>
 
 こう言うのは、綺麗に見えて攻撃的なんだろうな・・・と気難しい女子を扱うかのように、いつもより丁寧にレンゲを差し込んでまずは味わいます。すると実は構えていた割には、刺激が少ない。少ないけど唐辛子系のキレがある。そしてトロミが半端ない。ペッタリと舌にまとわりつくけど、刺激でヒリヒリはあまりせず、ナチュラルに旨味に集中できます。そんな感じで一気に混ぜ混ぜして、「魚粉」「唐辛子」「山椒」を一体化させると、それとなく辛さと痺れがボリュームアップします。多少はむせるんだけど。
 嗚呼、これなのだ!辛さと痺れを感じさせてこそ完成する旨味。マゾヒスティックな度合いは低めですが、ノーマルな麻婆快感を誘います。バジルソースは思いほのか味としては主張してなかったけど、考えれば44種類もブレンドされておっては、個性よりも総合力の味勝負なのでしょう。
 
 
 
 
<挽肉感アッサリ!豆腐排除だからユニークさより、印象的な餡のとろみ>
 
 なぜこんなに透明感すら覚える麻婆刺激なのか。思うにポイントは2つ。まず一つは「豆腐がない」からか。豆腐は痺れとか辛さの大きい中では、大変オアシス的な存在で食べ手を和ませてくれます。その位方で、大豆由来の旨味が沁みだすと一気に味が柔らかくも丸みを帯びるかも。この一杯にはその豆腐がないので、スパイスブレンドのオリジナルな味わいが続くと言う計算かもしれない。また挽肉があっさりなのだ!。本格四川のような、豆板醤などの醤(ジャン)で炒め含めるのではなく、塩気と洋風スパイスのみで仕上げられたか。その分非常に刺激感を吸収するため、麻婆の尖った味わいは、見事に上品に丸められたと言うイメージです。これは一般女子受けする麻婆に違いない!。
 
 
 
 
<とは言え青山椒で痺れを追加!少量で本角度激変なので注意!>
 
 とは言え、麻婆好きはどこかしら、痺れ等に責められないと満足しないと言う輩には、「青山椒」と言うアイテムがテーブルセットに備わっているから、それを活用すべしです。手挽きになってるから、多少気を長くして、少しづつ入れましょう。ほんの微量と侮っていると、後で取り返しがつかなくなるので!。
 
 
 
 
<多加水のボコボコ捩れの太麺がからみまくり!後半は急にサラサラズボボボーっと表情激変!?>
 
 これは最後までワシワシハグハグと食い切るしかないと思っていた中盤。ですが、実は一気にスープの粘度が緩みます。豆腐がないのでその水気は心配しないでいいと思ってたが、実は麺から吐き出された汁気がそうさせるのか。ペットリさは少し中和されることとなります。この際だから、ここから食い方を切り替えて、紙エプロンをもらってつけて、一気にズボボボボーーーと啜り食う姿勢に切り替える。これがまた快感。ボコボコと多少よじれてる麺が一気に口の中を駆け巡ると、張り付いた辛さ一気に集まりむせる。その一方で、どろついた太麺が与える刺激感がとても艶かしき哉。軽くタッチしてはのど奥へと落ち込み消えてくずるい格好。
 
 
 
 
<締めのライス割!これは反則の旨さ、パルメザンチーズと麻婆餡のコンビ!>
 
 さて本当の興奮はここから。飯で割る、飯に麻婆インする・・・のですが、アイテムが備わってます。まずは鶏ひき肉のプラス。これは肉感を高めると安易に予想できる範囲。そしてもう一つが「パルメザンチーズ」。結構小皿にもられてます。
 
 
 まずひき肉をライスの上に投入して、その上から残った麻婆汁を茶碗の方へ注ぎ入れる。ここまでは想像範囲で、実は心の片隅で「搾菜があったらなー」なんて未練がましく感じてたりする。それを打ち払わんとパルメザンを一気に全部投入。見栄えは初冠雪を迎えた関東北部の山々のようであります。あとは箸でなくレンゲで崩しながら食うのみ!
 
 
 これが絶品で泣ける・・・・。なんと、麻婆餡とチーズが、これほど合うとは思わなかった。想像がつきそうでやったことないコンビネーション。これは丸美屋食品にすぐさま教えてやりたい気分。麻婆の醤も発酵系食品なら、チーズもそうだから相性が良いのか????。これは一度、自宅でそのまま再現したい味です。
 
 
 
 
<店主の心配り!ミント杏仁が旨し!オヤジも微笑む〜>
 
 一通り食い終わって、呆然としてたら・・・ニコリと笑ってご店主から「よろしければ!」とサービスで提供しくれた「ミント杏仁豆腐」。嬉しいね!。恥ずかしながら、若い頃上京してから初めて、トロトロした杏仁豆腐を食って感動したっけ。ミントが程よく効いていて、麻婆支配されて火照った舌が、一気にクールダウンです。嗚呼、幾つになっても、デザートってのは本当に幸せになり、顔が緩むね。
 
 
 
 
 総じまして「エレガンスの中に潜むワイルドさ!シャープのようでズシリと締まる食い応え!荻窪ニューウェイブ麻婆麺!」と言う感想でして、そのまま何の捻りもない感想でごめんちゃい。麻婆ファンとしては、是非ともこの激戦区で頑張ってほしい次第。麻婆も段階的に種類も増やせて行けばいいですね。そして汁なし系など自分勝手ながら期待が止まりません。次回は、大盛りでライスも大にして、食欲で爆死したいと思います。嗚呼本当に荻窪は楽しいねー。そんな期待を込めて、とっとと最後に詠って、いつものように締めたいと思います!。
 
 
 
   寒露にて
   身体ホットに
   麻婆麺
 
 
   爽快刺激
   肥ゆる秋哉
 
 
 
 お粗末!と言うことで家族にも感謝しながら合掌!!今日も本当にごちそうさまでした!!!

投稿 | コメント (4) | このお店へのレビュー: 1件

「辛っとろ麻婆麺追い飯セット+パクチー」@辛っとろ麻婆麺 あかずきんの写真フルバージョンなら・・・
https://www.ramentabete.com/draft/U0sPHmLILJhAHhtKypyQUW6wB7s
YouTubeにまとめたよ!
https://youtu.be/fkeLpjQaVls

<平成最後の秋に大汗かきまくり!ウルトラ級の刺激を求めて>

 流石に開店直後には誰もおらんだろう・・・・と入店すると甘かった。半分以上すでに席が埋まっており、人気の高さが伺える!。その後続々と客が入り、危うく一巡目を逃すところでございました。この店は麻婆麺が二枚看板。「辛っとろ」と「背脂咖哩」の麻婆麺が人気で、最後の最後まで迷ってしまいます。店前の立看板は後者を推しなんですが、券売機のポールポジションは前者。結果として、パクチーが合いそうな前者をチョイスしました。麻婆麺専門店と思ってたら、実は煮干しそばもあるのね・・・。なんとなく流れからベース出汁への期待も高まります。




<シャープな辛さとジリジリ痺れ!しかししっかり旨味と甘味を包含する・・・トロトロ麻婆がナイス!>

 腹をくくってまずは麻婆をいただきますが、嗚呼デフォルトでも結構シャープな辛さ。それに屋号で言う通り、とろとろ粘度が高くて舌全体に絡みまくりで、少しヒーヒーと言いたい気分が高まる。だんだんパクチーが熱でしなってきて香りが溶け出すと、辛さと痺れと一体感を表し、臭さと言うエッセンスも加勢し出す。ここでオレのラーメン変態的スイッチがONになり、ばくばくと痛快に駆け抜けるように、食い進めていきます。ただ突き抜けた先には、しっかりとした旨みがあった!。時々咳き込みむせる場面もあったけど、慣れてしまうと甘さが感じられるのだ。これはベースの出汁由来の旨みなのか。ひょっとして町屋の名店にも似た煮干し系の旨味の下支えなのか!?。その一方で本場中国系の醤系甘みとも感じられ、ますますエスニック感が高まる。




<秋祭りとハロウィンでド派手な中を、オレは一人でパクチー祭りさ!>

 店外は、地元祭神の秋祭りとハロウィン。神でもお化けでもなんでも奉ってしまう日本の光景です。その中で、オレ一人だけ、ラーメン屋で「パクチー祭り」を開催。今回は思わずパクチーの素晴らしさを一層堪能させてもらいました。パクチーは痺れと辛さを中和していそうで、実はそうじゃないね。それらをマスキングするタイプじゃなく、パクチーはもう一つ別の対抗軸を形成する立ち位置。味と風味のカオスを一層激しくすることで、感覚的にはうまさに落ち入っている。だからスパイスとあえて絡めて食う方がうまく感じる。パクチーは転地返ししてスープ熱でクタクタにしてからの方がうまい。極めて個人的見解ですがー。




<しっかり風味で受け止めるヌチヌチ中太麺!滑りまくってジュルジュル啜り上げる!>

 まるで丸麺のようなふくれっ面で、それなのに密度感はしっかりといてる。食い始めは前歯で切るとヌツヌツとした印象で、風味をよく伝えます。ゆっくりと熱にほだされ、ヌツヌツ度合いは下がっていきますが、それと並行してしなやかさが増し、麻婆餡と絡むのがより進みます。熱ダレしたパクチーを地肌により貼り付けてゆき、ジュルジュルと啜り食います。そして一緒くたに奥歯で噛み潰すと清涼感も楽しむ。後半になるとトロトロだった麻婆餡は水分でしゃばくなります。そうなると普通のラーメンのようにズボボボっと食えそうなのですが、前半にワシワシと噛みちぎっているもんだから短い麺ばかり。ここからは、穴あきレンゲで麺を掬い食う。




<オアシスと感じさせる絹豆腐が旨し!>

 実は結構豆腐が入っており、これが刺激的な味わいの中ではオアシスにも感じます。実は細かいヒビが豆腐には入っており、この隙間に麻婆が染み込む。しかも薄っすらと。だから美味いしホッとさせるレベル感です。もし豆腐がなかったら刺激だけのソースみたいなものになりましょう。多めなので、追い飯へと運んでもたっぷり余裕があり。トロトロスープの中でふわふわ豆腐ってのも、食感のコラボがあって食っていて楽しいですなー。




<最後はライスで〆る!またまたミニミニ自家製麻婆丼!>

 改めて「麺を食べる前にご飯に麻婆餡をのせる」のが鉄則だと認識。ちゃんとそういった説明書きがあるのが、専門店らしいメッセージ。そしてこちらは単に白ライスじゃなく、挽肉と薬味を少しトッピングしてくれてる。もしも食べる前に乗せ忘れても、多少なりのバックアップを感じる心配りでしょうか。くれぐれも、麻婆麺を最後に飯割するのではなく、飯へ麻婆をかけましょう。これ鉄則です。




 総じまして「オオカミにも変貌する攻撃的シビカラあかずきん!秋晴れに負けない痛快麻婆!」と言う感想でして、これはまた他の変化球麻婆も制覇したくなる!。なんと近日中に、蒲田に2号店ができるとのこと。これは個人的に利便性高いため、必ず行かせてもらいます。今回食い逃したもう一つの看板メニューをそこで頂くことでしょう。今年の平成最後の秋冬は、麻婆麺が注目集めるのではという個人的予感。また来ます。ハートランドも飲みたいしー。という応援気分で、とっとと最後に詠って、いつものように締めたいと思います!。



   寒露なる
   季節外れの
   汗をかき


   とろとろ麻婆で
   さらに汗かく


 お粗末!と言うことで家族にも感謝しながら合掌!!今日も本当にごちそうさまでした!!!

投稿 | コメント (7) | このお店へのレビュー: 1件