なんとかデータベースラーメンカレーチャーハンぎょうざうどんそば
 

とまそん@ラーメン食べて詠います

男性 - 東京都

自分のラーメンライフを振り返ってみました・・・https://hikakujoho.com/manekai/entry/20180712

平均点 83.154点
最終レビュー日 2019年2月19日
3,610 2,309 13 21,203
レビュー 店舗 スキ いいね

「背脂咖哩麻婆麺(3辛)+半ライス+パクチー」@辛っとろ麻婆麺 あかずきん 蒲田店の写真写真付きコメントフルバージョンなら・・・
https://www.ramentabete.com/draft/bIPoJUHiPMJKk0iyzwN6rgpbN6g
YouTubeにもまとめたよ!
https://youtu.be/TeaB6zrpHOc

<何だか最近、麻婆麺の注目度アップを感じるのだがー>
 
 開店フィーバーを避けて・・・ずらした時間に行ったものの満席。ほんの数分まつと運よく集団が退店してゆきました。近くに学校があるので、つるんで食うというパターンですね。そんな感じでけっこう学生ウケは良さそうなジャンルかと思われます。面白い店の作りで、カウンター席が向かい合わせになっている構造。それが入口からだと半分にしか見えないので、狭い店だなーーと最初は思っていたのだが、考えようによってスペースを有効利用している感じです。
 
 
 
 
<背脂の甘みとカレー味が麻婆パンチにやや勝る?マイルドホットで食う安心感>
 
 まずはレンゲでスープを掬いあげますが、麻婆麺+ライスの鉄則と言えば「早めに(理想的には食う前に)具材をライスに乗せる」こと。理由は麻婆麺は後半になればなるほどトロトロスープが滲みだした水分でシャバシャバになるため。これは専門店系にはわりとどこでも説明ポップが貼られたりしてます。そんな一仕事したあとで漸く実食ですが、レベル3の大辛なのだが、普通に旨い辛さ。察するに、カレー自体が香ばしいため食べやすい辛さだということと、背脂はやはりマイルドな味に傾斜させる甘さがあるからかと。カイエンペッパーが脅しをかけるものの全体的には、ちょうど辛さが楽しめる余裕です。それに、麻婆とカレーとどっちが上回るかと言えば、やはりカレー味の方が主体的に引っ張る。そんな味構成も、本格四川のパンチを少し封じ込めているのかと感じています。
 
 
 
 

<辛い料理とパクチーの組み合わせはもはやテッパンである!>
 
 それにしてもパクチーは天才だ。チリチリに痺れ辛い味わいに、なぜか草臭い味わいと風味が絡むと、味に全く別の軸ができるよう!旨さがいきなり図太く感じます。弾けるパクチーの汁が、辛さや痺れの尖りを少し中和しているようにも感じるし、また新たな味わいを産んでいるような気もする。だからパクチーがやめられない。単に変態気分でパクチーに来るっているオレではないのだ!?。麻婆にパクチーはもはやテッパンなのです!。
 
 
 
 
<スープ絡めまくりのうねった太麺!密度感低めでライトに食えるスパスパ感覚>
 
 麺を引き上げた瞬間から笑ってしまうほど、スープが持ち上がってしまう。まさにトロトロ状態で、「辛っとろ・・・・」の看板に偽りなし。そんな麺は王道の太麺で、一見モチモチとしてそうで、密度感が低めだからモチモチ感より、スパスパと切れ込むのが小気味よい。レンゲを上手く利用してハネに注意してすすって食らうけど、プツリと千切れても前歯の裏側に麺の断面を感じるかのうように、容易く切れます。奥歯へ運んでも短いタップでクチリと潰れ、咀嚼で炭水化物の甘味と、スープの辛さが結びつきます。唾液のあふれ出る量が半端なく、体が喜んでいるのが分かる。
 
 
 
 
<ミニミニカレー麻婆丼にして〆る!カレーに豆腐も合うものだ〜>
 
 冒頭で作り置きしていた半ライス+スープトッピングですが、これで〆となります。放置していた間にゆっくりと全体に汁が浸透して、計算通りの仕上がり感。これは旨くないはずがない。本当はこの一杯の味わいにたどり着くために、食いに来たのかもしれない・・・・それほどな、麻婆&カレーとライスの相性です。だったら普通に麻婆丼か、カレーライス食えといわれるかもですが、おまけ的な存在感だからこそ、旨さが生きると思えますー。
 
 
 
 
 総じまして「麻婆界のニューウェーブ!カレーと麻婆と背脂と!欲張り新潟エッセンス!」と言う感じでして、これがうまくまとまってるからいいね。背脂も、カレーも、麻婆も、よくよく考えれば新潟8大ラーメンの中に収まるのであった。ちょとズルい旨さかも(笑)。だからまた来ると思います。意外に淡麗系な一杯も提供する店なので使い勝手が非常によい!。既にそんな流行りの予感を感じつつ、とっとと最後に詠って、いつものように締めたいと思います!。
 
 
 
   ストレスを
   辛さ旨さで
   解放し
 
 
 
   小春日和の
   汗に消えゆく
 
 
 
 お粗末!と言うことで家族にも感謝しながら合掌!!今日も本当にごちそうさまでした!!!

投稿 | コメント (4) | このお店へのレビュー: 1件

「カレー柳麺」@中華料理 味の大元の写真サクッと見るなら
http://www.ramentabete.com/entry/2017/12/16/143621

【東京都内で町中華「カレーラーメン」ならここ!シリーズ その10】
<雑踏の人間交差点で逞しく生き残る町中華>
 
 大元にいざやって来たが、やはり混雑してたー。行列が発生する直前の満席状態で、上手く回転しているようすです。しかし、中の厨房とフロアの連携で少しだけもめてました。こちらも二代続けて営業という新旧体制で、老齢な元店主と思われる方がフロア担当に回っているようです(想像ですが)。こういう光景で空いた席に、すっと勝手に座っていいものか躊躇うのですが、ぼやっとしてたらそこ座ってくれと唸られた(笑)。
 
 それにしても、全員見事にオヤジサラリーマン客。40後半以上ばずらーーっと並んで一斉に黙々と食っている光景は、熱気を帯びてて少し怖いです。ほぼ肉野菜炒めか、レバニラ炒めのライス大盛りといった感じで、そのセットの盛りが素晴らしいのだ!。歳が増えても、飯食う量が減らない。そしてストレスも減らない。昼飯でその憂さを発散するしかないのだろうか・・・・オレもその一人なんだが。しかしラーメン変態なオレは、一人だけすっとんきょうにも「カレーラーメン!」とオーダーです。ところが「まさかこのタイミング?」と思われたのか?「カレー?ラーメン!?」と二度確認されたんだけど・・・。メニュー表見たら、ラーメンの次にあるポールポジション2番目に表記されてたので、・・・別に変なメニューを頼んだわけではないつもりー。。
 
 
 
<ペースト感強めで、出汁感ある円やかカレーが馴染む!>
 
 何を連携でもめているのだと、待つ間は暇だから観察してしまいます。どうもサービスみたいなスープの数が合わないようで、一つだけ余ってるご様子。きっと「まだ来てないぞ!」とイライラしてる客がどこかに居ないかと慌ててるみたい。客に申し訳ないと思う心が表に出過ぎた次第でして・・・・結局、無事に行き渡ったらしく、ぐぐっと店内が落ち着きだします。そんな余裕が生まれたところで、私の一杯がやってくる。どうも老齢な方の配膳には協力したくなり、こちらから最後は手を出して受け取りました。それがこの一杯。
 
 うううーーー何度も見てきたデジャブのような「中華屋のカレー」そのものです。むしろ100%想像通りのものがやってきたという安心感と申しましょうか、王道の系譜と表現しましょうか。もうこの食う前の時点でさらっとレビューする内容が決まってしまいますね。余裕をもってレンゲでひと啜り。部分的に粘りが強い部分とそうでない部分があり、ペースト感が丼のあちこちで感じられます。
 
 たしかにカレーライスと共通化した中華カレー!。それ以上何も言うことなさそうなですが、一点だけ気になるのが「出汁感覚」が強いのだ!。食堂カレーというより、出汁で溶いたような円やかさがあって、ハッキリいって今回は甘口系のカレーなのだが、そば屋のカレーみたいな円やかさがある。正直言って分かり易い旨さなのです。たんにラーメンスープと混じっているだけなのかもしれませんが、中華系の出汁がよく染みてて旨い。
 
 
 
<種類控えながらも肉多め!ワカメもおまけー>
 
 カレーのタイプとしては、ジャガイモやニンジンは排除さえており、この点が食堂系とは違うイメージと繋がっていると思います。その代わりに玉ねぎの甘さが濃くて、小さ目の肉が多めに泳ぐといったカレー風景。シンプルです。また・・・これはカレー系で二度目か三度目なんですが、ワカメがトッピングされております。正直言って、これはどうかなと思うのだけど、きっとラーメンたる矜持を残す部分と受け止めています。
 
 
 
<モチモチ滑らで、やや中太っぽいフォルム!汁ハネ注意!!>
 
 久しぶりだったので、すっかり忘れていましたが、明るくモチモチな多加水ストレート中華麺です。中太と言うほどではないのですが、標準よりやや太目なフォルムが印象的で、表面がツルツルしている上に麺どうしがよくからみます。なのでカレールーをもろとも持ち上げる力が強いように思える一方、ズボボボボボボーーっと力を入れて啜り上げたくなってしまうため、汁のハネが発生してしまいます。きっちりオレのズボンに小さい跡を付けてしまいます。
 
 柔らかいという一辺倒でもなく、淡い引き締まりはキープしているので、食っていて風味も楽しめる麺かと思いました。高級感をもとめなくとも、安心を求めるなら丁度良いフィーリング。途中でワカメが貼りつくが・・・そいつは先に食ってしまった方がよいね。
 
 
 
 
 総じまして、「大都会のオアシス的王道カレーソバ」と言うまさに直球勝負な、町中華のカレーです。特別いつも食いたいと思わない「カレーラーメン」ですが、たまに頭に浮かぶと特別に思えてしまう妙な一品。また同一メニュー10連投してしまいましたが、一旦このシリーズはこれにて箸を置きます。さて次は何を食おうかな・・・実はもう決まってしまった・・・。理由は次にて。と言うことで残る年末を乗り気るために、とっとと最後に詠って締めたいと思いますー。
 
 
 
   騒がしく
   雑踏激しい
   ターミナル
 
 
   どっこい生きてる
   大衆中華
 
 
 
 お粗末!と言うことで家族にも感謝しながら合掌!!今日も本当にごちそうさまでした!!!

投稿 | コメント (5) | このお店へのレビュー: 2件

「カレーラーメン」@松沢屋の写真さくっと見るなら
http://www.ramentabete.com/entry/2017/12/15/103239

【東京都内で町中華「カレーラーメン」ならここ!シリーズ その9】
<大崎再開発エリアの足元に、粘り強く町中華ありなむ>
  
 なかなか紹介されてない店。前で躊躇していたら、ガテン系のオジサンたち2名が入ってゆくので、ちょっと勇気を出してそれに続いて入店。確かにちょっと勇気がいるディープな町中華屋さんですー。埃っぽくないですが、小綺麗というほどでもなく、微妙な狭さが哀愁を奏でます。オジサンたちはセット系を注文されてました。こういう展開は安い・旨い・ボリューム多いという展開かもなと感じ入ります。随分年季の入った木製テーブルが存在感を出しており、いかにも混んで来たら相席必須の作りです。老齢に近いご店主夫婦のオペレーションか・・・と思いきや、息子さんが厨房を一人で仕切っているご様子で、店主は調理担当を引退してホールを任されてされている感じ。とてもニコやかな方でした。
 
 さてメニューですが、激安とまでは行きませんが、ラーメンがワンコインからスタートしているラインナップです。「月見ラーメン」「玉子ラーメン」など気を引く品もありますが・・・・、あったあった!ここにもあった!という感じで今回もカレーラーメンを頂きました。「まつざわ屋特製」という別枠扱いで750円也。注文した時点では、あのいつもの町中華にみられる、カレールーを垂らしただけのあれだろうー・・・なんて思って待ちました。
 
 
 
<結構ハードなスパイシーカレー餡掛け!しかもボリューミー>
 
 注文が厨房に通った次から、中華鍋に火が入り具材がジャージャーと音を立てます。カチカチと鍋を振るうおとがしたりなんかして、他客の炒めもの調理が始まったのだろうと、しばらく間延びしながら待とうと決意。すると数分経ってから湯切りの音がしたりして、あれよあれよと中華鍋の音が落ち着き出し、ジャッと丼に投入され完成にいたったのは、なんとカレーラーメンの方でした。そして配膳されたのがこの麺顔。
 
 うおー!これはメチャメチャ「カレー感覚」が濃ゆい!。餡かけタイプのカレーですよ!。醤油スープにカレーが浮んでいるような穏やかさではなく、しっかりと具材とカレーが炒め絡み合っているような感覚がいい。しかも丼がお椀のように底が膨らんでいるタイプなので、ボリュームとしても結構多い。受け取ったときにズシリと重みも感じます。まずは一口レンゲですすり食ってみます。
 
 
 すると「カレー味も濃ゆい!」のが痛快です。カレー粉の分量自体が高いと感じられ、塩気で辛いというよりしっかりとカレー味で辛いというタイプ。見た目穏やかなれどかなりスパイシーで、微妙に唐辛子パウダーの溶け込みも確認できました。餡かけのトロミも結構粘るタイプで、そのまま白飯を投入しても十分にカレーライスとして通用します。食いだしてまだ三分の一も食ってないのに、額から汗が滲むし、また体全体がホットになり、鼻水がだらだらと垂れてくる・・・まさに冬場にはもってこいの感覚です。
 
 
 
<さすがは特製!肉ソバ級に肉多し!具材たっぷり!>
 
 シャープな辛さ、スパイシーさ勝負のカレーにはジャガイモは入れないみたいね。こちらもジャガイモないタイプです。しかしニンジンの量は多く、煮込み蕩ける感じはないけれど十分に炒めて、野菜特有の甘みもしっかり出そうとしています。適度な歯ごたえの後に甘みが広がり、何だか箸休めにも感じます。また長葱もしっかりと入っており、これがカレーに絡んでスパイシーながらもネギ甘みを醸し出す感じが「カレー中華」というニュアンスをだしてます。この冬葱は高いと聞いてますので、これは嬉しくなります。そのほか、キクラゲも投入しており歯応え的にもアクセントを利かせている。またカマボコが入ってて・・・和風中華の余韻も感じさせます。
 
 注目したいのは豚肉。これが結構大きな欠片が3つほどありまして、普段の肉ソバ級に食べ応えを感じさせます。これは思わず白飯が欲しくなる・・・。
 
 
 
<クツクツと引き締まりある角細ストレート中華麺!絡みまくる!>
 
 最初から最後まで、ハードなカレー餡で統一されるのかと思いきや、後半になってややトロミが緩やかになります。ベーススープがやはり少しあったようですが、そのオリジナル・デフォルトの味わいはカレーまみれで不明です。そんなスープを猛烈に絡め取ろうとするのが、この麺です。
 
 多加水で角細ストレート麺で、普段でも素直に麺同志が揃う上に、毛細管現象を最大限に発揮したように、カレー餡を猛烈に絡め取ります。ねり水の個性の為か、蓄熱と耐熱には優れているような引き締まりを感じます。つまり熱ダレを全く感じさせないところがいい。前歯を当てると、餡緩みを突き抜けてクツクツとした歯応えが伝わりとても印象的です。勢いよくすすり上げるとハネを飛ばすので、ここは慎重に・・・・。奥歯でプレスすると、ニンジンなどとは絡みますが、クシクシと低反発をして潰れこむ感じ。カレー味にはすごくマッチする歯ごたえ感覚です。
 
 
 
 総じまして、「ハードさ感じる粘りのカレーうま煮ソバ!」と言う感覚でして、想像してしていた以上に満足度が深いです。いやー思わず完飲しましたよ!カレー餡のすべてを。食い終わったら冬なのに汗がタラタラでして、清算したあと店を出て、ビル風強く感じましたが、かえって涼ませてくれて気持ち良いほどでした。JR大崎駅近くで、「つけ麺大王」以外で、こんなディープな店があるとは知らなんだ・・・。ここは、また来ると思います。次回は「玉子らーめん」なんてのを食いたいし。今回は良い拾い物をしたような気分でした。そんな幸運気分を忘れないうちに、とっとと最後に詠って締めたいと思いますー。 
 
 
    重い雲
   師走の寒さに
   カレーソバ
 
 
   パワー授かり
   汗かき食らう
 
 
 
 お粗末!と言うことで家族にも感謝しながら合掌!!今日も本当にごちそうさまでした!!!

投稿 | コメント (4) | このお店へのレビュー: 1件

「カレーソバ」@中華 長陽の写真サクッと見るなら・・・
http://www.ramentabete.com/entry/2017/12/14/165709

【東京都内で町中華「カレーラーメン」ならここ!シリーズ その8】
<再開発とサッカーで活気付く駅前中華!>
 
 町中華は「寄せ付けない雰囲気」も魔力的ですが、基本的には飲食業はこのようにありたい。暖簾を潜ると、一瞬にして人が良さそうな大将が、そそくさと仕込み等の仕事をこなされております。私の気配に気づくと、さっとお冷やを準備してさささーーーーっと運んでくれる。お盆の代わりに扇子をもたせたら、その流麗さは、ひょっとしたら野村萬斎といい勝負かもしれません。オレは「カレーソバ」と短く告げたところで、大将は180度向きを変え、また厨房へとさささーーーーっと帰ってゆかれました。
 
 厨房へ戻ったら、すぐさま中華鍋がガチャガチャカチカチ唸る音が始まりました。カレーソバの展開とは思えなかったんですけど、とにかく連続する音に耳を傾けます。するとその間、奥様が仕入れから帰ってきたり、業者が食材を運んできて、一人で検収と支払いを済ませたりと、大将とても大変そうですが全部対応されてます。思わず「職人技だな・・・」とつぶやいてしまいますよ。すると後客が入ってきて、お次は麻婆豆腐セット(だったっけ?)をご注文。この忙しさは、ラーメン専門店の比ではありませんね。
 
 
 
<待ってました!カレー風味の野菜餡掛け!!お安い上にボリューミィー過ぎて泣ける!!!>
 
 厨房でカチカチと音と立ててた中華鍋が突然鳴り止む。直後に水と竹のブラシで洗う音がジャーっと聞こえてしばらくしたところで、奥さんが恭しくも運んでくれたのがこの一杯、この麺顔です。
 
 ついに出た!「餡掛け風カレー!」の醍醐味。待ってましたよこれこれこれ!っと頭の中はファンファーレが鳴りひびき、遭遇の喜びに震えてしまいます。やっと出た「中華餡掛け」と「カレー」のコラボ。こういうのを食べたかったのだわ!。ざっくり表現すると、「野菜餡掛けラーメン」に「カレー厚化粧」を施したらこんな感じになるのでしょうか。別にチャカしてませんが、そんな感じで美味かったのです。
 
 レンゲを置いても直ぐには沈みません。そこを押し当てて汁を雪崩れこませてから掬い上げるという感じになります。野菜は結構多めで、もやしは小さいサイズでやや短めなのが食べやすかったです。半分透明になっててシャキシャキと言うよりは、半分くたった感じが餡とはコラボ良さそう。後意外にキャベツが多めで、他に人参とニラ、そしてキクラゲが入っており、独特なカレー感を醸し出しています。
 
 また豚こま肉が旨い。カレー味と混じる前に、ちゃんと中華鍋で炒められてからカレーにまみれております。だから、最初の表面の味わいと、中盤以降噛み締めてからの「味わい」「香り」がまるで違います。「カレーが滲んだまま炒め上がる」のと「炒めた肉にカレーが混じる」のでは違う。後者なのですが、違いは伝わりますでしょうか・・・不安。
 
 
 
<熱ダレしそうで風味をキープ!カレーと熱にまみれて耐え抜く「多加水ストレート細中華麺」!>
 
 きっとこの時点で、そこそこどんな麺でも相性良さそうと思っていたのですが、実際にこの麺を食うと「この相性が良い」と説得されてしまいます。普通の中華麺なのに、細くて熱には弱そうなのに、風味が残ってカレー餡と混じると旨いのです。やはり、カレーには白飯か小麦粉グルテンの味わいが、相性良い。
 
 前歯に力を加えると、スカスカプチプチと千切れて、どこか晩秋初冬のアンニュイな気分に似ています。しかし、続けて奥歯へと運んで潰して食うと、風味がふわっと届いて、カレー印象が後から結びつくような印象。実はこのカレー餡はすごく熱くて蓄熱性に優れるから、時間経過で風味は消えて行きます。そこでその引き換えになるのが「しなやかさ」の増加。後半になるほどに、カレーと絡むようになるので、まさにカレー麺といった首尾一貫性は保たれる感じです。
 
 
 
<やっぱり餡掛けだけではなかった・・・ベーススープの存在>
 
 一応短くコメント残します。当初、「野菜餡掛け風」と思っていたから、ベーススープの存在なのないと思っていたのですが、後半以降に餡の粘度が急に緩みだした。だから、分厚いカレー餡の下にはベーススープが少し存在したのでは?と考え込んでしまいます。しかし、探しても分離したベーススープは探せなかったのだがね・・・。
 
 
 
 総じまして、「一杯食っただけで凄みを語る町中華カレー麺!」と言う素直な気持ちです。ここは定期的に訪れてしまいそう・・・・思わずメニュー制覇したくなる気分です。ここは何を食っても旨いと思うのだけど、あまり○ベログなどでも評価はそこそこだし、ネット露出度は低め。FC東京の試合がある時などは、プチ打ち上げなどで盛り上がるかもだが、店の迷惑にならない程度に、宣伝部長をかって出ようかしら(ウソです)。ともあれ、すでに「肉ソバ」か「ねぎラーメン」に興味津々なのであります。こりゃ間違いなく年内にまた来るかも(笑)。とりあえず応援気分で、最後に詠って締めときます。
 
 
   空腹も
   小春日和で
   心地よく
 
 
   額汗かく
   餡掛け中華
 
 
 お粗末!と言うことで家族にも感謝しながら合掌!!今日も本当にごちそうさまでした!!!

投稿 | コメント (5) | このお店へのレビュー: 2件

「カレーラーメン」@早稲田軒の写真サクッと見るなら
http://www.ramentabete.com/entry/2017/12/13/160200

【東京都内で町中華「カレーラーメン」ならここ!シリーズ その7】
<早稻田の杜で過ごしたかった・・・>
 
 最近、人気店注目店に週末にまで並んで、新たなストレス抱えたくない。そんな感じですっかり町中華系ばかり食い続けているオレです。今回は天気が良かったので、早稲田の杜を散策なんぞしてみたいと遠征して見ました。早稲田ときたら、やはり「メルシー」だよね。安いばかりでなく、雰囲気がとても馴染むもんだから、まずのぞいてみます。すると・・ほぼ開店時間だと言うのに満席。学生さんも多かったが、明らかにオヤジ世代が多いぞ。恐らく地元民だけでなく、早稲田OBも含まれているのでしょう。そんなOBの一員になり損ねたオレは、悔しいのでそのまま退店。例え早稲田大学に入れなくとも、「早稲田軒」ならいつでも入れるのだ。と言うことで、多少予定調和ですが、今回は早稲田軒で「カレーラーメン」を食ってきました。
 
 いかにも求めていた町中華スタイルです。朱色の使い古されたテーブルと椅子。壁にはいつ掲げたか不明の少し古くてズラーーーと並んだメニュー表。先客は皆オヤジでポツポツと離れたテーブルを気ままに占拠しています。大将夫婦と息子さんかな・・・3人のオペレーションで、調理は息子さんに譲った感じですね。広めの店内は開放感もあり、後ろ方向からテレビの音声が心地よいボリューム音量で流れています。窓の外を眺めれば落ち葉が降るように落ちている。ああ・・・これだよ求めていた週末の和みは!。
 
 
 
<お野菜ゴロゴロ感が愛おしい!家庭的大衆カレーの揺らめく旨さ>
 
 こうやっていつまでも和んでいたかったのだが、こう言う時の調理は順調に進むもので、ものの5分あまりで完了。ニコニコ微笑んだ大将が、腰低く丁寧に配膳をしてくれますよ。それがこの麺顔。
 
 うう・・・デジャブかと思うほどに典型的!そんな町中華カレーですな!。イメージしたものが完璧に出て来たと言う感じです。思えば「町中華のカレーライス」ほど不思議なものは、そうそうありませんな。蕎麦屋ではカレー丼、またカレーは南蛮と合わせたりして和風アレンジを施しているし、また街洋食とは完璧にかぶったメニューですもん。おふくろ的カレーに至っては国民食。思うに「カレーほど日本人に響く味わい」はないのかも?。昔は飲食業で外せない味だったのでしょう。そんなカレーに敬意を感じながら、目の前のカレーを眺めると、今回は「野菜ゴロゴロ系」のスタイルでちょっと家庭的なニュアンスも感じるから面白い。完璧なデジャブと思ってたけど、少しづつ個性は見て取れる・・・。
 
 人参がうまい!特にこれは感じました。人参の投入量、ごろっとした大きめのサイズ感、歯応えと甘みなど、これまでの町中華カレーの中では一番人参のイメージが残ります。野菜の甘さとカレーの柔らかいスパイス感が実にマッチしてます。その一方「ジャガイモなし」の点も意外です。家庭的なカレーだったらあるものと思っていたから・・・。しかし、その分は玉ねぎが甘みをカバーしているようです。人参に負けずに結構大きめカットで入っており、ほぼとろとろに熱が通っており半分透明な状態です。歯ごたえ感は薄いけど、サイズが大きいので、蕩ける玉ねぎを食う時には喜びを感じるほどですよ。
 
 薬味のネギは、全体に漂うだけだと思っていたら、時々シャリシャリとした完食を奥歯に感じさせて、ちょとした清涼感を与えます。おや?そう言えば肉がないのか?と途中で不安になりましたが、たまたまだったのか、少なく三切れほど入っておりました。脂身の感覚からバラ肉かと思いますが、人参カットより小さめだったかな・・・。野菜メインのカレーと言う全体感と言うことでしょう。
 
 
 
<淡い捩れと縮れを保つ多加水中華麺!カレーをまとってプリッと弾けて>
 
 麺はよく見かける中華麺の中でも、多加水で縮れ系です。ねり水の個性なのか黄色く感じる色合いも馴染みの表情に思えます。密度感もあまりないタイプなので、するすると重く感じなく食える。前歯の当たりはプツプツと短くて弾んで千切れてリズミカル。ズボッとすするとカレールーを適度に持ち上げてヌメっとした感じで重く滑ります。カレーが完全に溶けてからは、スルスルとライトな滑り心地。奥歯でプレスすると芯を一切感じさせず、クチリと短く潰れます。
 
 最初はカレーが巻き込まれる感じですが、あとは意外とスルスルとカレーが外れていく感じなので、具を摘みながら麺をすすると言う感じで食べきったかな・・・。
 
 
 
<淡麗に近いあっさりした味わいのベーススープ!あっと言う間にカレーが支配>
 
 完全にカレーが溶けだす前にベースの醤油スープを頂きましたが、かなりあっさり系の味わい。塩気が立たずに円やかに味わえました。動物感が抑えめとも思えて、これなら色々なトッピングが楽しめる調理系の麺類に合いそうです。
 
 案外早々に呆気なくカレーが完全に溶け込みます。味わいとしては中辛のカレー風味のレベルで、そこに野菜が甘く仕上げていると言う感じ。家庭的な味がするカレースープと仕上がります。ジャガイモがないだけで、同じカレースープでもこうもスッキリ感じさせるものですかねー。玉ねぎの甘みがとても印象に残っております。
 
 
 
 総じまして、「青春カレーがふわふわ漂うオジサン的大衆カレー麺!」と言う何だかまとまりなくてごめんちゃい。なんだかこの界隈もラーメン店が多いようなので、恐らくまた来ることとなりそうです。次回はビールをやりながら、もっとゆっくりと過ごさせてもらいます。
 
 さて早稲田だが、過去このレビューでも触れたが、本当は受けたかった大学なのよねー。さすがに上京生活費用と学費の工面は、無理言えなかった・・・。どうせ落ちぶれていたから受けても合格しなかったと思うけど(笑)。そう言えば、関西エリアでガキの頃、勉強できなかったら「ラーメン大学(チェーン店)へ行け」とか「吉本新喜劇へ入れ」などとよく言われて親から叱られた。よくよく考えたら、オレは受験は全体を通してずっと負け組でしたわー。自分の母校に感謝せねばだな。そんなことを考えつつ、最後にとっとと詠って締めることとしますー。
 
 
   負け組で
   ちょっと切ない
   浪人期
 
 
   早稲田諦め
   カレーで満足
 
 
 お粗末!と言うことで家族にも感謝しながら合掌!!今日も本当にごちそうさまでした!!!

投稿 | コメント (8) | このお店へのレビュー: 1件

「カレーラーメン」@中華料理 味楽の写真サクッと見るなら
http://www.ramentabete.com/entry/2017/12/12/205854

【東京都内で町中華「カレーラーメン」ならここ!シリーズ その6】
<ディープな高円寺ガード下を抜けて・・・>
 
 ディープです・・・高架下の酒場は。本当に簡素な造りの店がずらずらっと建てならんで客呼び提灯がズラーっと並んでいる。ビニールシートがここでは壁材なのだ。その切れ目は出入り口なのだ。椅子はビールケース。テーブルはお手製。そんなチープで怪しい店がポツポツとあるのだが・・・日本の偉いところは、こんなガード下でも無駄なゴミが落ちてない。きっと店側の努力の賜物だと思います。偉いね。
 
 そんなガード下の暗がりを抜けて行くと、煌々と赤く光るビニール軒先が目に入る。それが「味楽」さんでして、店の勝手口が道路に面していることから、店に入るオレと、店勝手口から顔出す店主と、軽く鉢合わせ状態になる。「いらっしゃい!」とにこやかな返しがきっかけで扉を引いて入店と相成ります。店内は妙に店外とは違って蛍光灯が明るいのです。そこに先客二名で、一人は焼肉定食食ってる営業風の若いサラリーマン。もう一人は、オレより年上らしく工事現場で交通整理してるっぽい方。それぞれ違った苦労が背中から滲みでとりますよ・・・・。まさしく哀愁の街高円寺、哀愁の中華屋味楽ってな感じでっせ。
 
 
 
<自家製感じる中辛ほのぼのカレー!シンプル具材で味がバラけず!?>
 
 そんな哀愁は別として、とにかくこの店は安い。ほぼ600円以内で90%のメニューが食えそうです。ラーメンなんか400円ですもん。カレーラーメンだってワンコイン。素晴らしすぎて泣けてきます。だって野菜炒めライス(定食)すらワンコインですよ(号泣)。普段は、一般にはちっぽけな扱いにされている「カレーラーメン」だって、この店では「アウディ」とは行かなくとも「フォルクスワーゲン」くらいにはステイタスはある感じがして、堂々と注文する気分が味わえます。・・・・そんなアホな妄想が終わったところでちょうど配膳です。それがこの麺顔。
 
 もう・・・流石に見飽きた感じがするほどに「ティピカルな麺顔」。デフォルトのラーメンに、単にカレールーを乗せただけでしょ?って言いたくなるでしょ。まさしくその通りでして、逆に堂々と受け止めて評価いたしましょう。
 
 さてこのカレールーについてですが、「ルーの味わい一本勝負」の様な雰囲気です。つまり具材のエキスをあまり感じないタイプの「カレー中華」でして、家庭的なカレーとか、本格専門店カレーとかにはかぶらない味のポートフォリオを感じます。例えば、「具材が少ない」。ここはポイントでして、ジャガイモは皆無で優しさをアピールするつもりはないみたい。人参も同様に不在でしてスパイス一本で勝負をかけている様にも感じ取れます。しかし、甘さ皆無では成立しないのか「玉ねぎ」だけは櫛切り状態でトロトロ状態で漂っています。あとは同じ部類の薬味ネギが漂って清涼感をかすかに調整するという味風景。
 
 どちらかと言うと豚肉の味わいとの結合に力を注いでいる様な感じがして、さらにレベルで言うと「中辛」タイプ。刺激とまでは行かないまでも、カツカレーにかかってたら美味そうと思える塩気とスパイス感が程よく効いております。そして自家製感覚が好ましい。カレールーなどそこまで自家製とは思いませんが、業務用パックを温めました的な印象はなく、好感は持てます。これでワンコイン500円ならリーズナブル。さらに言うと、カレーライスが400円というのが嬉しい設定ですね。
 
 
 
<徐々に移りゆくストレート細麺の腰つき!しなやかさとルーが合うね!>
 
 麺はよく出会う町中華系のストレート麺です。細めで加水は中レベルでしょうか。この密度の低さが今回の味を決めるファクターだと感じます。例えば冒頭から前半にかけては、かすかな風味が効いて、カレー味とスープのコクが、麺と一体とならずすすり食う様な感じ。だから啜ってからの咀嚼の感覚が楽しくて、一体となる旨味感がいちいち楽しめるわけです。前歯でプツリとちぎってから、奥歯へと運んで潰す。あとはその繰り返しの中に、炭水化物がカレー味一色に浸透してゆく過程を楽しみたい。
 
 また具材がシンプルだから、すすりあげに一切絡まない。なのでカレー系ラーメンにしては、珍しくズボボボボボボボーーーと勢いよくすすり食っても抵抗感がいつもと同じで、悩まなくて済むから嬉しかったです。
 
 
 
<ベースの醤油感と鶏ガラさっぱり味がナイス!ラーメン@400円も侮れず!>
 
 ベーススープですが、これが意外に嬉しい味わい。カエシが効き目で淡麗な醤油系なのか、それとも鶏ガラ以外のエキス感が滲んだ芳醇に感じる系なのか、木になるところ。今回は、どちらも品が良い程度に滲んでまとまってるという感じです。
 
 醤油だれ、ベースの鶏ガラ。どちらが主導権を取ることもなく、それぞれの「あっさり」した味わいを醸していると思います。この感じでデフォルトの「ラーメン」を食うなら結構好みにハマるかも・・・・。あとは麺をすすったり、レンゲでスープを啜っているうちに、カレーと味が一体化してゆきます。カレールー自体も、醤油ベースと混じって本望なのではなかろうか。スパイスでは表現しきれない、熟成からくる塩気との全体馴染みを楽しんでもらいたい。
 
 
 
 総じまして、「まさに町中華の王道カレーソバ!もはや差別化の必要なし!」と言う感じかしらん。いやー・・・町中華のカレーは正直言って、レシピがコピーされまくっているのかと思うほどに実は味が似ている。なので、レビューがしずらいのです本当は。なんだか同じコメントの繰り返しみたいでね・・・・。でもこれを、この方面の完成形と考えられなくもない。それは旨いからに他なりません!。もう少し、飽きるまでこれを食い続けたいと心に誓う夜でした。
 
 ところで、冒頭の情景に戻りますが、こんなディープな酒場風景で変化を実感したのは、「古い酒場風景でも店も客も皆若い!」ってこと。ダミ声のおっさん店員なんて一人もおりませんよ。どう見ても20台の若者が店を盛り立ててる。仕切る店主も彼らと気持ちが通じる30台か?。そしてもっと変わったのは客層が若い女子系がポツポツと増えてきたこと。そういう女子同士で、焼き鳥やモツを食ってビールかハイボールをあおっている・・・・。若い男性客もいるけど、存在感が薄いか?日本は明るい方向に向かっているのか、そうでないのか、だんだんわからなくなってきた。少し頭を整理するために、この日は三鷹へ移動して、「かぶら家」でサクッと飲んで帰りました。へへへ・・・・適当に詠って締めます今日は。
 
 
   ガード下
   ディープな酒場
   娘客
 
 
   組んだ太もも
   タジタジおやじ
 
 
 お粗末!と言うことで家族にも感謝しながら合掌!!今日も本当にごちそうさまでした!!!

投稿 | コメント (7) | このお店へのレビュー: 2件

「上連雀ラーメン」@一圓 三鷹北口店の写真サクッと見るなら
http://www.ramentabete.com/entry/2017/12/11/162221

【東京都内で町中華「カレーラーメン」ならここ!シリーズ その5】
<三鷹上連雀エリアをカレー風味でオマージュする一杯!?>
 
 訪問時、ほぼ8割方の客入り。結構ここはいつも人が入ってる。餃子が人気な店は持ち帰り客も当て込めるのでいいよね。この日も近くの大企業の方々が、仲良く餃子をあてに飲んで語り合っておられます(いい会社だね)。そのテーブルを素通りして・・・最近の風潮に逆行するわけだが申し訳ない!一番奥の喫煙席へ直行して、一番邪魔にならない様に片隅の席をゲットです。お冷を運んでくれたスタフに「上連!で」と短く告げると、速攻に厨房にオーダーが飛んでゆきます。ハイ!上連一丁いただきましたーー!ってね。
 
 そしてその一杯が届くまでの間、スマホで会社メールをちらっと確認いたしましょう。軽く気休め程度で、さらっと眺めるつもりでおったのですが、ありゃりゃりゃリャーーー!未読カウントが50を超えておる!!何が起こったのかめまいがしそうになったのですが、ここで思わず一杯が来る前に、一本タバコに火をつけて気を落ち着けることにしました・・・・。
 
 
 
<サラサラ塩スープにカレー粉風味!あっさりに見えて軽くスパイシー!ライト系カレースープ>
 
 一応時系列に従って、未読メールをポチポチと確認してゆく・・・。客先トラブルではなさそうでまずは一定には安心。全体的には20%程度は新たな迷惑メール。半分程度は年末控えた承認依頼メール(風物詩)。そしての残るは・・・・言えない(泣笑)。まあ内容に関係なく、一瞬体が固まってしまったところで、タバコの灰がポロリと落ちる。そんなタイミングでフロア担当の若者が、元気よく配膳をしてくれる。彼がもし来なかったら真剣に仕事モードに入ってたかも・・・そんな麺顔はこんな感じです。
 
 おお!こう言う大衆系な表現もありなのね!町中華カレー麺ってのは!。先日ここで食べた「もやしてんこ」と言う、ほぼもやし主体な炒めに匹敵する仕上がり感がナイス。しかもカレールーを垂らして、はいおしまい・・・と言う水臭さがない。端的に言うなら「カレー風味タンメン」でしょう。
 
 スープにまず醤油ダレのニュアンスがないね。カエシのエッジは少なくて、むしろその分カレースパイスが生き生きとしております。(カレー)ルーのねっとりさがなくて、非常にサラサラな溶け具合。むしろカレー味に熟成感がない分、誤解を生むかもだが「カレーせんべいのライトさ」と共通するうまさが広がる味風景です。つまり分かりやすいカレー味なのだわ。カレー味としてはマットで奥ゆくないカモですが、それがまたジャンキー気分で美味しい。流行りの言い方だと、B級グルメの突き抜ける旨さかもしれません。
 
 しかし、単なるB級ではないわけで、野菜炒め香味など溶け込んでおり、単にコストセーブした様な安っぽい味わいではありません。トッピングに肉がないのでパンチがないだけの話かも。
 
 
 
<柔らかすぎず固すぎずいい塩梅の多加水ストレート麺!汁を吸ってスパイシー!>
 
 一般的な中華麺でしょうが、ここを気に入っているのは、麺が柔らかすぎないと言うところかもしれません。固めてとは言えませんが、ちゃんとグルテンの風味が残れる様な絶妙加減が素晴らしい。後半になって汁を吸い込むのが早くなるのを計算してるのでしょうかね。
 
 前半は、スパスパと前歯で当て力を入れるとスパスパっと切れる最後に風味を感じる瞬間があります。そこにサラサラカレー味ですから、ゆっくりと麺の風合いにスープが染み込んでゆく。もともと黄色い地肌の中華麺により一層、カレー系の黄色が染まってゆく様な錯覚を感じます。
 
 気に入っているのは、タンメン風にもやしと一番相性良く絡むところ。シャキシャキの部分と、クシクシっとした部分が重なり合うと、妙にご飯的なイメージが高まり、わけもなく胃袋が喜ぶ。あとはザクザクと進み食らうのみだとシンプルに集中できますね。
 
 
 
<肉なし野菜オンリー!しかもドッサリ感覚がヘルシー気分>
 
 上述で、この店名物メニュー「もやしてんこ」を引き合いに出しましたが、それを少しデグレードした様な雰囲気。「てんこ盛りでない」ところと「肉なし」と言うところが何と無くそう感じさせます。そう・・・肉がないところがいい意味で580円と言う抑えた価格をキープしている。その反面、腹が減りすぎている時には物足りなく思うかも。そこはその日の気分次第ということであしからず。
 
 しかし、野菜だけでもこんなにしっかりと美味しく食えると受け取ってもらいたいし、肉がない分、カレーが食欲そそるいい仕事をしていると思える。もやし・キャベツ・人参・・・他に薬味ネギもなしといったシンプルさが異様にヘルシーに思えるし、しかもカレーが染みて美味い。野菜汁の甘みとカレースパイスだけで白飯が2杯食えるかも。
 
 
 
 総じまして、「さっぱりパンチで小気味好いカレー感覚の町中華カレー麺!」と言う感覚かしらん。ワンコインとちょっとで、このボリュームあるカレー麺はあまりないぞと思う。そして食い切って、飲み干しても罪悪感の低さが格別で、もう少しこの店、この一杯を宣伝して持ち上げてもいいかも・・と思った夜でした。日頃「もやしてんこ」しかここでは食ってない反面、とても新鮮に思えて美味しくいただきました。なんだかんだ言ってカレー味はいいよね!そんなシンプルな感動を忘れない様に、とっとと最後に詠って締めたいと思います!。
 
 
   疲れ果て
   財布も寒い
   冬の夜
 
 
   温もり安堵の
   さっぱりカレー
 
 
 お粗末!と言うことで家族にも感謝しながら合掌!!今日も本当にごちそうさまでした!!!

投稿(更新) | コメント (7) | このお店へのレビュー: 11件

「カレーラーメン」@栄屋ミルクホールの写真さくと見るなら
http://www.ramentabete.com/entry/2017/12/10/153910

【東京都内で町中華「カレーラーメン」ならここ!シリーズ その4】
<相変わらず町中華の代表作のような佇まい!外も内もラーメンも!>
  
 神田というロケーションもさることながら、その店の風貌と店内の雰囲気、そしてメニューラインナップもゲキ渋だし、なんてたって屋号がノスタルジー。「ミルクホールって何ぞ!」と最初は驚いてしまいましたが、とある方から昔は甘味処でもラーメンをよく提供していたとのことで、きっとその名残なのでありましょう。店先は銅板がふいてあり、それが錆びて緑青がいい感じ・・・なんだか見ていて仏像を眺めるがごとしの気分ですよ。落ち着く・・・。
 
 レトロでも埃っぽくないのが大切。店内はとってもアッサリした昭和の世界観なのですが、どこかピカピカに輝いているような雰囲気。厨房とホールは大将ご夫婦と従妹?か姉妹の三人態勢。ホール担当の奥さま(としておこう)は、定食屋の草臥れ感がなく、どこかシャキッとしていて雰囲気的にはマダムいたい。きっと若いときは粋なお姉さんだったんでしょう。とてもハキハキと明るく対応されて、こっちも勢いにのまれてテンションが上がりそうです。多少大き目でハッキリとした声で「カレーラーメンお願い!」とコールさせてもらいました。
 
 
 
<食堂的に馴染み過ぎるカレールー!細かいブロックとホロホロ煮崩れのチャーシュー!>
 
 
 
 それにしてもこの店は、何時来ても先客がいるイメージ。昭和生まれのサラリーマンには引き寄せるオーラが伝わるのでしょう。と思ってたら、最近は若いお客もおられたりして世代を越えた人気が広がり始めている。若いお兄さんの逞しいタンメンの食いっぷりに惚れ惚れしていると、丁度タイミングよく私の一杯が運ばれてきます。それがこの麺顔。
 
    ううー・・・こうも毎回、町中華系カレーラーメンを食い続けると、とてもお馴染み。どれも同じように思えて来る(笑)。王道のカレールーを垂らしただけのような仕上がり感です。ベーススープの上に雲のように漂うカレールー。見た目は食堂系っぽいカレーですが、ジャガイモは入らないタイプ。ほかに人参も入っていないので、家庭系とは区別して食堂系とここでは伝えた次第です。
 
    特徴としては、ラーメンの矜持と言う感じで青菜が整然とトッピングされているところ。小松菜ではなくほうれん草でした。素朴で苦甘い青菜の味が、カレーの味の中では清涼感を与えて、良い箸休めの役割をしてくれます。玉ねぎも入っておりますが、歯応えを感じさせて蕩ける前の雰囲気。野菜の味で優しくまとめると言うより、塩気主体のスパイス感がジワーっと広がるタイプのカレーでしょうか。
 
    また印象的だったのは、チャーシュー。食べやすいように、やや細かめなブロック状に刻まれております。脂身もしっかりと残っており、旨味を適当に吐き出した感じで、あっさりとした脂甘みを感じます。また赤身の部分は、繊維が蕩けてほぐれておりますが、これはひょっとしたらカレーの具だったか?。しかし別の赤身パーツは、醤油ダレに浸かった端っこの部位が確認できて、歯応えと醤油ダレの香ばしさをしっかりと感じました。
 
 
 
 
<ベースはサラサラ系で脂っぽくない醤油清湯!>
 
    配膳の状態で、ベースの醤油スープだけがレンゲですくわれてた!。珍しい展開ですので、せっかくですからベースをそのまま味見いたしました。ま・・・、想定内のあっさり鶏ガラ醤油清湯ですが、見た目以上に醤油のカエシを感じさせずスッキリした後味。また鶏ガラ豚骨の油分も表に存在としてアピール低く、この点もスッキリと感じさせる味構成となっております。そういえば、この店では一番のデフォルト、普通のラーメンを食って久しい・・・そろそろ食わねば忘れてしまいそう。
 
 
<微妙にクシクシ感が残る、中加水ストレート細麺がナイス!>
 
 レトロ系の町中華では、麺が柔らかめの方が多いような記憶ですが、こちらはその中でも微妙にクッシリさをキープさせているようで、個人的には好印象です。芯を感じるほどでは決してありませんが、前歯を当てて力を入れるとプツプツと淡い抵抗感があるようで、そこが何となくすき。しかし時間が経つとそれもなくなり、ナチュラルに腰付きが柔らかくなり、中加水から多加水へと変化してゆくようなイメージに変化してゆきます。奥歯でプレスするとクチリと短く潰れる感じがあり、吸い込んだ汁を吐き出す。そんなそぶりをしながら、炭水化物が甘味えと変わってゆくような気がしてます・・・。
 
 汁を吸い込むし、またカレーとも絡むので、味わいとしてはとてもしっかりと具材を絡め取ってくれます。その上基本的にはつるつるな地肌をしているから、啜りがとても軽やか。またしなやかゆえに、ハネを巻きちらすような暴れっぷりもないので、そこそこ安心してスーツ姿でも啜り食えるという大人しさがナイスです。
 
 
 
 総じまして、「王道にして枯れないカレーラーメン!」と言う気がいたしまして、レトロな雰囲気の中に、時代を生き抜いて行く王道を感じてしまいました。流行や変化に敏感に対応するのはビジネスでは基本ですが、頑固に変えず守り抜くというのも大切なんだな。なんだか食ったあとしみじみと感じ入ってしまいまいました。できることを精いっぱいはればいい・・・そのうちなんとかなるものかもしれん・・・と考えると、先日息子を叱ったオレの態度や理屈とは相反するような気がして反省。そのうちまた仕事でも家庭でもオヤジの悩みが大きくなったらまた来ます。そんな感じで自省を忘れないうちに、最後にサクッと詠って締めることといたします。
 
 
 
   スパイスと
   ノスタルジーを
   漂わせ
 
 
   王道カレー
   枯れず生き抜く
 
 
 
 お粗末!と言うことで家族にも感謝しながら合掌!!今日も本当にごちそうさまでした!!!

投稿(更新) | コメント (10) | このお店へのレビュー: 3件

「カレーラーメン」@中華料理 代一元 中野店の写真サクッと見るなら
http://www.ramentabete.com/entry/2017/12/09/171411

【東京都内で町中華「カレーラーメン」ならここ!シリーズ その3】
<杉並・中野界隈の大衆系信頼ブランド「代一元」!カレーを求めてみた結果・・・>
 
 電車で移動中、「中野」「カレーラーメン」で検索して見つかったのが「代一元 中野店」さんであります。「代一元」だったら余計にいいよね!。個人的には好きなブランドで、練馬・杉並・中野・世田谷に少しだけ展開している。中野に店があるとは知りませんでしたが、ロケーションは、「中野」と「新井薬師」の中間地点とった感じです。どちらの駅からアクセスしても、途中のどこかの店に引っかかってしまうと言う感じがしますが、いざ訪問してみたら先客ゼロでした。想像が当たったか?。しかし使い勝手は良さそうで清潔感がある。個性的な木製カウンターは磨かれております。
 
 適当に座ってメニュー表を確認しますが、何とカレーラーメンの表示がない(大焦り)。しくった・・・ここでまた「また来るわ」と言い出すものしんどいと感じていたところ、メニューの裏をめくったら、写真付きで「カレーラーメン650円」と表記があるではないか!本当にビビりましたよ!!。そんな焦りのそぶりを見せず、悠々と「あぁぁぁ・・・・じゃ、カレー麺ね!」と気取ってオーダー飛ばしましたが、むしろ己の小心者を再認識した様な気分に陥りました。
 
 
 
<カレーラーメンと言うより「カレータンメン」と言うしっかりした作り込み!>
 
 注文を受けた大将。なぜか中華鍋を取り出して火にかける。町中華のカレーソバの調理で、この出だしはあるのか?と不思議でした。ひょっとしたら出前でも作ってるのかとも考えたんですが、そうではない感じ。鍋のカチカチした調理音が続き、そして奥さんが連携して麺を茹で始める。茹で上がって湯ぎりしたなと言うタイミングで、しばらくしたら鍋が鳴り止む。そしたら、カウンター仕切りの高いところを超えて、お待ちどおさまと配膳がいきなり完了いたしました。それがこの麺顔です。
 
 おお!町中華的大衆感覚はありあり何だけど・・・スープがとてもしっかりしたカレーって感じがしてる!!。そんな第一印象。最初は小松菜がちょっとトッピングしてあるわーって思ってたら、どっこい「青梗菜」ですよこれは。本格中華を感じさせるのか!?と妙に盛り上がろうとすると、そのほかの具材は、キャベツ・玉ねぎ・豚コマ肉と言う構成です。ここに少しモヤシでもあれば「タンメン」じゃなと感じたところで、この一杯のコンセプトが分かりかけて来ました。これは「タンメン」と「カレー」の融合ではないでしょうか。「味噌タンメン」はたまに見かけますが、あれに近い存在感で「カレータンメン」ってのがもしあれば、この一杯に近いニュアンスになるのではないでしょうか。
 
 炒められた野菜たちの中でも、玉ねぎはテッパン級にカタイ安定度の相性です。カレーの刺激に玉ねぎの甘みはベストマッチ。玉ねぎはくし切りにされて既にとろける様に分解されてます。透明度が甘さを感じさせます。またキャベツは結構ざく切りで、歯応えも感じさせる工夫あり。カレーとキャベツの組み合わせは、あまり記憶になく、あったとしても千切りフレッシュキャベツという印象。しかし、葉野菜とカレーという組み合わせはアリだと思うし、キャベツも甘みを感じさせるので、玉ねぎと同じ貢献をしてくれてます。また豚肉は、これは間違いないうまさ。カレー味と肉味組み合わせは、未来永劫一蓮托生永久年会費無料という様な・・・安心感と運命、そしてお得感を与えてくれます。量も比較的多くて、ご飯があれば二膳は食えそうな勢いを感じます。
 
 
 
<汁と言うには粘りが少しあっていいね!>
 
 町中華のカレーラーメン・カレーソバでは、カレールーが後入れされてるスタイルが一般的です。ベーススープとカレールー・・・それら融合してゆく過程も楽しめるものです。しかしこの一杯はそれがない。しかし残念感はない。冒頭からトップギアに入っている様な「カレーとラーメンの味の融合」が楽しめます。
 
 そしてカレーが家庭的ではありません。家庭的中辛・大辛でもありません。町中華プレミアムカレーとでも申しましょうか。サラサラしてもなく、トロついている訳でもなく、その中間から少しサラサラ系へとずれた感覚。汁が麺に浸透するところと、スープと麺が絡んですする味わいが濃ゆい様な感覚があります。
 
 
 
<程よい中加水のクッチリした歯応え!熱ダレせずにカレーに絡みつく麺!>
 
 第一印象は、「ふくれっ面」「中加水」「ボコったフォルム」と言ったところでしょうか。
 
 まずゆで上げられると麺は体積を膨張させるのですが、切り刃のあとが全く消え失せます。むしろ丸麺だったのではと思うほどに。ここが滑りを良く感じさせるところで、美味いと思える第一段階です。また次に、前歯の歯を当てると、スコスコと切れ込んで、最後は麺はあっけなく切れ込む。そこに密度感の高さを感じさせず、風味と共にカレー味が浸透し結びつくのがいい。
 
 箸でリフトしても意外に汁ハネがしない。見るからに「ボコっとしたフォルム」を感じる部分がありますが、決して汁をハネて遊ぶ様な気がしません。熱々で微妙にとろみが粘る汁ですが、そんなのに熱だれも一切せず、適当に麺のグルテン感を楽しうなら、ここいいかもです。
 
 
 
 総じまして、「立派なカレー味!立派な湯麺の風格!もはや名物の存在感なるカレー麺!」と言う感覚でして、ちょっと想像してたレベルを超えた感じです。価格は650円。リーズナブルな設定と味わいです。また来るか?と自問自答すると、是非機会があれば!と感じます。中野サンロードを夜につっきるのは辛いけど、この一杯に会えるのならね。そんな感謝を忘れないうちに、とっとと最後に詠って締めたいと思います。
 
 
 
   出迎える
   心を込めた
   カレーソバ
 
 
 
   心の疲れ
   華麗に消して
 
 
 
 お粗末!と言うことで家族にも感謝しながら合掌!!今日も本当にごちそうさまでした!!!
 (あれよあれよと・・・東京都1400店舗目〜)

投稿(更新) | コメント (6) | このお店へのレビュー: 1件

「カレーラーメン」@中華 こばやしの写真サクッと見るなら
http://www.ramentabete.com/entry/2017/12/08/155806

【東京都内で町中華「カレーラーメン」ならここ!シリーズ その2】
<不動の名店!不動前の中華こばやし!レトロなカレーを求めて>
  
 それにしても、外観も内観もとても昭和な感覚があってとても良いですなー。レトロ感の中にも埃っぽさを感じさせずに清潔そのもの。使い流布された頑丈そうな木製テーブルセットが、磨かれて光っております。そこに小さいガラスコップに注がれたお冷を、奥さまがいそいそと持って注文を伺って来られます。もう迷うことなく速攻で「カレーラーメン!」と告げました。どうも「町中華のカレー」にハマってしまったのだわ。何でもハマりやすいのはオレの悪いクセなんだけど、最近では一歩間違えばラーメンストーカーじゃなと不安になってくるんです。しかし、これは「研究活動なんだ」「サファリに似た感覚なのだ」なんて自分に言い訳してる。
 
 今更遅い、クヨクヨせず、どこで食ってもそう大差ないカレーラーメン・カレーソバに、今回もダイブするのだ!
 
 
 
<見事に「和みのレトロカレー」!町中華のハートフルさがいっぱいの優しいスパイス感覚>
 
 待つ間、店内の調度品に見渡すと水屋があるのに気が付く。これがいかにも昭和っぽい感じもいたします。昔はどこの家庭でも、当然実家にもあったそれですが、今ではすっかり見かけなくなった。時々民芸品なんかも飾りでおかれたりしてたっけ。またその前になる簡易テーブルは、懐かしすぎるほどの昭和感覚。渋いなーっと憧憬にかえってたところで、奥さんからは配膳を受けて、現実に引き戻されてしまいました。それがこの麺顔。
 
 分かってたけど、またお目にかかりましたね!的な「あるある感」。そんな大衆レトロカレーソバです。色合い的にも食堂のカレーってな感じがしまして、若い時を思い出してしまう。とても柔らかい色合いの黄土色でして、見ているだけで和む色合いです。
 
 具材はエンドウマメのヴィヴィットな黄緑色がカレーの添え物として主張する一方、メンマも大き目でラーメンたるアイデンティティをアピールします。中身はと箸を入れつつあらためると、嬉しいことにジャガイモがゴツゴツと入っております。ホクホクの柔らかさを通り越して角が溶けて丸まっている。ニンジンの甘さも全体からしっかりと感じますが、こちらは細かくカットされたのか、ほぼカルーに溶けている。玉ねぎもしっかりと多めに投入されており、煮込まれて飴色に輝きつつ独特の甘みを放出します。肉はそこそこの一口サイズ。よく煮出されたために肉エキスより、カレールーのスパイス感を良く吸収していると思えます。
 
 無理にトロミを強くしていないところも良いですね。さらっとベーススープに溶けてゆきますが、蕩けすぎないために、カレーの具材は食い進めるほどに丼の底に沈んでいくようです。
 
 
 
<少しボコっと感覚ある多加水ストレート細麺もなかなかレトロ!>
 
 こちらも非常になじみ深く、レトロを深く感じさせるような中華麺。みるからに加水は多めでモチモチとして楽しませてくれそうです。多少の捩れでボコボコとしてますがストレート麺の部類でしょうか。色合いは淡い乳白色で落ち着いた色合いです。
 
 前歯を当てるとプツプツと安易に千切れるのが、馴染んだ感じがしていいねー。いわゆる柔らか目な麺ですが、柔らか目が時代としてもウケていたという場面はあったのだろうか。しなやかなコシがスープに溶けかかったカレールーを上手くキャッチして、カレー味と混じってご飯的に食えるきがします。また奥歯でプレスする際はこれもクチっと短いタップであっけにとられるほどに潰れる。この感覚も何回食っても飽きないポイントですね。
 
 今回は、妙に滑りが滑らかでちゅるちゅるーーーっと啜り食えました。なのでワイシャツへの汁のハネ飛びにあまり悩まされることなく、気楽にくえたのは有難かったりします。
 
 
 
<見た目きっぱりめな醤油感覚なれど穏やか!甘口系カレールーとの相性バッチリ!>
 
 カレーラーメンって、スープとトッピングを分けてレビューする意味があるのか?と正直感じ始めてます・・・。しかし少しこだわって溶ける前の味を確かめてみますが、想像してた鶏ガラのサッパリ感に、丁度よい醤油の塩気が相まって、しっかり王道の味わいを醸し出しています。ただ一点だけ風味がちょっと面白かったのは、ラード系か何かのコクがプラスされてるような味わい。ちょっと風邪が治りきれてなくて鼻が効かないのだけど・・・。
 
 またカレーの味わいとしては甘口系ですね。スパイスのピリピリ感よりも、素材の甘みで全体を食わせていくタイプ。個人的には辛口志向なので、コショウ類を追加投入しても良かったのですが、甘みからくる「優しさ」が阻害されるのを嫌ってそのままデフォルトで頂き切りました。とても旨いカレースープとして完飲!。
 
 
 
 総じまして、「これぞ昭和が生み出した名作!レトロカレー中華」と言うそのまま何の捻りない素直な感想でごめんちゃい。特別変わったところはないけれど王道の味わい。後客がどかどかと入ってきて、半チャンラーメンが人気のようだけど、隠れ名品カレーラーメンもお勧めする次第です。忙しい師走でちょっとエアポケットに入ったかのような安らぎ町中華に感謝極まる。それを忘れないうちに最後に詠って締めたいと思います。
 
 
 
   ゆっくりと
   時が流れる
   町中華
 
 
 
   師走の疲労
   ちょっぴり癒され
 
 
 
 お粗末!と言うことで家族にも感謝しながら合掌!!今日も本当にごちそうさまでした!!!

投稿(更新) | コメント (5) | このお店へのレビュー: 3件