なんとかデータベースラーメンカレーチャーハンぎょうざうどんそば
 

とまそん@ラーメン食べて詠います

男性 - 東京都

自分のラーメンライフを振り返ってみました・・・https://hikakujoho.com/manekai/entry/20180712

平均点 83.154点
最終レビュー日 2019年2月19日
3,610 2,309 13 21,203
レビュー 店舗 スキ いいね

「梅と煮干のつけ麺 大盛」@麺屋 ちょこざいの写真とまそんのブログ:https://www.ramentabete.com/entry/2019/02/18/000000
とまそんのYouTube: https://youtu.be/h3tg7nMPxLA

<蒲田にまた新しい脈動・・・今度は「梅」の使い手>

 今回はちょっと弾けたい気分だったので、新店舗開拓といきましょう!。狙いは「麺屋ちょこざい」さん。きみはん@五反田でご修行とのことで、梅を使ったつけ麺が評判だとのことです。確かに・・・きみはんの限定で、梅を使った逸品があったような記憶あり。今回は、少しだけそのリベンジ。




<全体&つけダレ> センス感じる煮干の甘さに程よい梅の酸味ムース!ムース絡ませが面白し!

 おおお!一見「またおまつけ麺」な風貌だが、やはり中央の白いネバネバが気になるね。これが噂の梅のムースなわけで、この店の真骨頂ともいえるアイテムです。梅干しイメージじゃなくて、どちらかと言うと青梅を細かく砕いたかのような色合いと申せましょうか。よくよく突き詰めて見ると、微細にクラッシュされた梅もあるようです。この一杯は、このムースの処理により印象が違ってきそうだ・・・。

 麺皿に置かれているから、当然麺に合わせるのか?。それともダイレクトにつけダレに入れるのか。いずれにしても少しづつ楽しむのがよかろうと、まずは少しだけつけダレに溶かしいれてみた。だけど、そうインパクトがないので止め。やはり少しづつ梅を味わい楽しむには、麺に絡ませるのが正解のようです。

 つけダレは、煮干メインで動物感は低いか排除に近い抑えた感じ。すっきりとした味わいの中に煮干の甘味がふくよかです。ニボっとした苦みは一切排除。少し甘味を覚える煮干と捉えられ、人によっては煮干は塩気!と拘りあると苦手かもしれません。とは言え、ここに梅ムースの酸味を纏った麺が徐々に加わってゆく。その麺を付けた瞬間が、煮干甘味と梅酸味の融合で、絶妙なる味同志の絡み合いが楽しくてならない。甘いのか酸っぱいのか・・・と考え始めると、どこか似たような味に通じます。




<麺> 多加水のモチモチ中太ストレート麺!瑞々しさの中に梅ムースを絡めて啜るのがオレ流!

 これを梅ムースとどうからめるか・・・。一気に全体にムースを広めようかとも一瞬思ったのですが、せっかくレンゲの窪みにまとまっているので、麺を引きずってはそこに適量を絡ませてから、つけダレにドボン!という一連の食い方をしてみました。一応、絡みつけ過ぎないのと、ムースを麺に絡んだ状態で液体に入れると分離状態がキープ続くか思ったので。何となく微妙にムースがいつまでも麺に止まる気がしてた。結論は、とろろ程に粘りがない限り、つけダレにムースをドボンするのではない。麺にムースを絡ませてから、一口づつ頂くのがよろしかろうという考えです。

 ムースに気を持っていかれそうですが、麺もまた旨し。絡ませる前に素のままで頂きましたが、茹で上げ引き締めのグルテンの風味も感じるし、ザラツキが非常に少ないために、ツルツルと食える気軽さがナイスです。煮干の細かい粒子もよく貼りつかせてくれるし、何にも絡みがよく、素直な味わいがナイス!。




<チャーシュー> 肩ロースの半レアチャーシュー切り落とし!何もつけずとも塩気と甘味が旨し!

 半レアタイプのなかでもシットリとした肉のフィーリングがいいね。肩ロースでも脂身の多めの部位と肉身の部位をバランスよく配してくれます。箸で持ち上げると、筋の柔らかい部分で千切れますが、決して薄い過ぎるわけではない。これは明らかに飯よりも酒に各段に相性が良いと言えましょう。ナチュラルな塩気の肉身と、甘味を感じさえる脂身の絶妙なるバランス。これは勿体ないので、梅ムースとも煮干つけダレとも、何も絡ませずに、ダイレクトにいただきました!。




<スープ割> セルフポット方式:定番王道安寧なる淡い煮干・・・冷えた身体を温める!

 まあ当たりはずれのない便利なシステムですな。これが気楽で自分本位で楽しめるからいいね。やはり穏やかで淡い煮干スープは格別にホットさせてくれて嬉しい。改めて体が冷えていたんだなと感じました。少し多めに注ぎつつ、味わって堪能しきり。次の予定へ送れない範囲でゆっくりさせてもらいました。




 総じまして「この酸味と煮干!そして大盛サービスならいける!断ち切れデフレスパイラル!」と言う感覚で応援気分高まります。ただ個性的なだけにもう一つ、看板メニューが欲しくなるのは欲張りか?。と思ってたら店のポップの隅っこに、新たなメニュー開発中とありました。引き続き頑張っていただきたい。実力感じる特盛同一料金の店ということで、多くの若者を引き付けると思われます。そんな応援気分ですが、とっとと最後に詠って、いつものように締めたいと思います!。



   空腹で
   冷たい雨に
   裾濡らし



   迎える麺屋
   笑顔が嬉し



 お粗末!と言うことで家族にも感謝しながら合掌!!今日も本当にごちそうさまでした!!!

投稿 | コメント (2) | このお店へのレビュー: 1件

「特製煮干しそば」@中華そば 向日葵の写真とまそんのブログ: https://www.ramentabete.com/entry/2019/01/23/000000
とまそんのYouTube: https://youtu.be/W1Ezb9b3nJk

 さる週末は、日頃見逃しがちな地元エリアをラーメンパトロール。いえね・・・ちょっと私事がありそんなに遠くに行けなかっただけですが(汗)。そんな中で天気もよろしく自転車で出かけようとしましたが、身体が怠けきっているのでクルマで移動。30分もかからぬ内にたどり着いたのが、今回の「中華そば 向日葵」さんです。

 
 
  
<全体&スープ> 淡麗系煮干そばの風合いの中に穏やかさ染み入る旨さ!醤油系から少し塩系にシフト感じるハイブリッド煮干!?
 

 おおお!何だか以前より迫力増してない!?。チャーシューの艶やかさに以前の記憶がぶっ飛びそう。肉が少しとてもいい意味でバージョンアップしたようなイメージ。特に肩ロースの仕上がりがそんな感じ。それに以前は煮干しには「醤油」と「塩」の二種類あったような記憶で、それぞれが「中華そば」との差異がほのかだったはず。今回のこちらは、スープを一本化しただけでなく、レギュラー中華そばと明らかに一線を画する仕上がりに変化して見えますよ!。慌ててスープを味わうと・・・これが向日葵らしい「穏やか」さがしっかりキープされつつ、「軽やかな甘みと」「ほのかなニボ感」を感じさせる仕上がり。優しい淡麗系煮干しそば・・・と言う言い方が一番ふさわしいような味風景が広がります。面白いのはカエシの感覚。「醤油」と「塩」を一本化したようだが、その情報が刷り込まれたか、妙にハイブリッド感があるような気がしてきた。
  
 以前より塩気を強化したと言う言い切りまでは行かない。ただ後味に少し以前より煮干し感が「とっても仄か」ぬ感じられるのは確かな様子。明らかにアニマルオフなスープ。表層には軽く煮干し系のエキスの浮く部分も見受けられるし、少し煮干しエキスを強化したのかもしれません。それを仄かな塩気と感じたオレなのか。
 
 
 
 
<麺> 三河屋製麺: 汁の浸透と持ち上げの素晴らしきこと哉!しなやかな全体感に淡く風味を感じるストレート細麺
 
 いやー・・・これもしばらく来ないうちに微妙に変えてきましたね!。しなやかなストレート細麺であることは変わらんのですが、全粒粉を配合したタイプに変えたとは。しかもよく見るとしっかりとした打ち込み量を感じるので、煮干しエキスに負けない香りの受け止めを感じさせます。
 
  全体的にしなやかな物腰。汁の吸い込みもほどほどよろしく、また時間経過と共に麺がまとまりやすくなり、汁の持ち上げもしっかり感じられます。これはいいね。レンゲを活用しなくとも汁と麺の風合いの一体感を楽しめるタイプ。よってこれを追求せんと、無意識にズボボボボボボボボボボボーーーーーと強烈な音を立ててしまうが、他客の小さいお子様から、背後で軽く指摘されたオレでありました(笑)。いやー風合いと滑らかさが楽しめる麺とスープの相性だわ!。これもいいね。
 
 
 
 
<チャーシュー> 以前よりパワフルに感じる今風の肉感!低温調理の豚鶏2種チャーシュー!
 
 はっきり言って数年前よりかなり進化した肉。まず鶏の胸肉なんて開店当初は無かったよね。低温調理の幅を広げた感じ。味付けの液体に浸して真空状態にしたかは不明だが、ゆっくりと低温でコンフィしてゆく味わいは、都内ではもうあちこちで見かけるけど、一向に衰退しないね。これ美味いもん!。一度アマゾンで器具を買おうかと冗談で思ったけど、嫁さんに激しく速攻で却下。本当にフカフカ。奥歯より前歯でちぎる瞬間の方が、個人的には楽しいが、これも同僚に冗談混じりで話したら変態扱いされてしまった。全く・・・罪な肉だ。
  
 豚の肩ロースは、仕上がりが少し変化したのかな?。以前より大判な肉スライスになったイメージだし、心なしかボリューミィーになったかな。すぐに無くなって寂しくさせることは、今はない。しっかりと食べた感が残るし、全体的な仕上がりピンク色もなかなか美しい。こうなると・・・「おつまみ盛り」ってのがとても期待されます。
 
 
 
 
<味玉にハズレなし!> 出汁浸透甘味と本来旨味の塩気!バランス良いゼリー状の卵黄!
 
 王道のうまさ!。薄い色合いは、カフェオレと言うよりロイヤルミルクティー。薄い出汁に時間をかけて浸透させた感じが伺え、白身の部分には染まり上がりにムラがありません。卵黄はトロトロが多いタイプ。舌に絡みやすいもので、その味わいは出汁浸透の熟成した甘みと、もともと卵黄の持ち味の濃厚さに塩気が結びついたわかりやすい本来の美味さ。これがとても拮抗したバランス感です。うん!文無し!と言うか・・・嗚呼、やっぱり今回も味玉にハズレなし!じゃな。
 
 
 
 
 総じまして「まさにほっこり空間!しみじみハートフル崇高淡麗煮干そば!」と言う感じでしょうか。久しぶりに訪問したら、もっといい店になってたってのは、嬉しいのやら、見逃してたのが悔しいのやらですが、俄然応援モードは高まる一方。定期的に限定メニューも繰りなすほど、実力安定したようですし、今後は訪問頻度を上げたいと思います。それにしても・・・武蔵野三鷹エリアだけでも相当ラーメンが盛り上がってきて、結構回るのも大変になってきたが。そんな心配をよそに、とっとと最後に詠って、いつものように締めたいと思います!。
 
 
   大寒に
   気合と人気
   暖かく
 
 
 
   熱気開くか
   真冬の向日葵
 
 
 
 お粗末!と言うことで家族にも感謝しながら合掌!!今日も本当にごちそうさまでした!!!

投稿 | コメント (9) | このお店へのレビュー: 5件

「にぼ助ら〜めん」@厳選煮干ラーメン 初代 にぼ助の写真とまそんのブログ: https://www.ramentabete.com/entry/2019/01/15/010000
とまそんのYouTube: https://youtu.be/DeOiyyj2nAM

<ようやく叶う初訪問!ネガティブが一気にポジティブ気分!!^_^>
 
 場所が某大手予備校1号館のそば。なんだか切ないねー・・・オレOBなんだけど(京都校)。思い出したくもないけど(爆)。当時は自宅と予備校の間に、天下一品があって金がないのに食いまくってたっけー。あの一年間で生涯分の天下一品を食い切ったかもと思っており、その後殆ど食ってない。御茶ノ水界隈には旨いラーメン屋がとても多いので、私と似たような体験学生がおられるかもしれません。そんな方々はもう受験の佳境ですが、努力は裏切りませんから自分を信じて貫き通して欲しいと願う次第です。
 
 
 
 
<全体&スープ> 限定がレギュラーに昇格?気が付かなかったわぁ〜!燕三条系と長岡系の掛け算は・・・ケンカどころか相乗効果爆裂!
 
 おおお!やっと巡り会えましたね!。メニュー名称が変わり、まるで苗字が変わってしまった恋人と出会うとこんな感覚なんでしょうか。ちゃんと背脂が一面にプカプカと浮いており、一部に色濃く生姜が投入されて滲んでいるのが如実にわかる!。スタフさんは、配膳してくれた後もお見合いパーティーの司会者のように、短く麺顔のパーツ説明をしてくれます(笑)。まさしく燕三条の背脂煮干しと長岡の生姜醤油との出会い!コラボ!。
 
  俄かに煮干し+生姜コラボの序章が始まってます。優しくもまったりと甘い背脂、そして塩気と甘みを醸し出す煮干しのコク、さらに醤油のカエシによる融合感を楽しむ中で、醤油カエシにビンビンと響き渡るのが「生姜」のあのジリジリした刺激感です。思えばこのスープには、3つの味の融合と主張を感じます。背脂の「甘さ」は言わずもがな。豚骨ベースの動物系の中に浮かぶので、その甘さがストレートに伸びます。また煮干しの甘みも少し下支えするかと。そして「醤油」の塩気(カエシ)は当たり前すぎるか・・・・。さらに面白いのは生姜の「酸味」。ジリジリと刺激する後味に残る酸味がたまらん。甘さと塩気と酸味の、三位一体感ならぬ三味一体感!。実はこの日、二杯目だったのでスープを残すつもりで訪問したが・・・止まらなくなって飲み干してしまいました!。
 
 
 
 
<麺> 中太ストレートがややボコつき捩れ生じたフォルム!モチモチ歯応えに生姜が絡まる面白さ!
 
 豪州産小麦「プライムハード」を使用とのこと。これも人気が高いですねー、高級小麦粉であらば産地は問わないんですがー、きっとどれでも旨いと思うし。ただ外国産の小麦にしては、見た目は非常に馴染み深い中太麺で、緩やかに捩れる部分がありつつ、軽くボコついた形状です。基本的にモチモチとした明るい歯ごたえで、加水は高め。広く受けやすいタイプで、汁の持ち上げは得意そうに感じませんが、濡れただけのようで然りと汁を吸い込んでいるのが感じられます。
  
 この軽いボコボコ加減が、時折背脂を巻き込んでくれ、咀嚼で旨味と甘味を知るわけです。しかし、今回はここに生姜のカケラをも巻き込んでくる。この生姜が結構粗いすりつぶし間で、奥歯の窪みにスッポリ入り込むサイズ。そして麺と同時に噛み潰すと、クチリとした麺のつぶれの後に、ザク!とした生姜の歯ごたえが続く。ちょっとこれがハマる!。ちなみに・・・並盛・中盛・大盛と同一料金とのこと。さすが学生たちが多い街を意識してますねー。こういうサービス精神は大好き!。
 
 
 
 
<チャーシュー> 肩ロースとバラ肉、王道の煮豚タイプの豚肉が、背脂と生姜を吸い込んで面白いすぎる旨さ
 
 「右が肩ロース、左がバラ肉でございます」と丁寧に説明してくれました。特製にしなかったので一枚づつ。非常にこれまでよく食って来たタイプでしょう。奇を衒ったところがない分、とても丁寧な味わいと感じます。どちらもホロホロ状態と思えるほど、自重で崩れる感じだし、割れやすい。肉繊維の隙間に汁が入り込むが、同時に背脂と生姜が入り込み、いつもとは違う面白い味にも変化するし・・・・やはり、王道な肉でも個性的なスープに浸れば、色々と王道外しな部分があって面白いし、そして旨い!。
 
 
 
 
 総じまして「足し算したら掛け算の旨さ!!東京発新潟系のニューウェーブ!?」と言う感覚でこれはまた食いたい!。次回から拗ねずに喜んで来たいと思います。さてもうセンター試験に限らず入試目前のこの頃。インフル流行ってますが受験生の方々、くれぐれもお体ご自愛ください。生姜は風邪予防にもなるそうです。背脂は体を温めます。ここまで来たら、追い詰めすぎないで、気晴らし飯ならこんな一杯いかが?。そんな応援気分で、とっとと最後に詠って、いつものように締めたいと思います!。
 
 
 
   冬晴れも
   寒さ緩んで
   心浮き
 
 
 
   散歩の一杯
   背脂浮かぶ
 
 
 
 お粗末!と言うことで家族にも感謝しながら合掌!!今日も本当にごちそうさまでした!!!

投稿(更新) | コメント (5) | このお店へのレビュー: 1件

「煮干しそば+和え玉」@煮干しそば 梵の写真とまそんのブログ:https://www.ramentabete.com/entry/2019/01/11/171801
とまそんのYouTube: https://youtu.be/AyhftCZKkME

<東京トップクラスのラーメン激戦区でユニーク煮干し発見>
 
 場所は「麺屋ようすけ」の跡地。と言っても「ようすけ」は別に閉店したわけでなく、青葉の真向かいにプチ引越ししただけでした(元セカンドブランド「黒庸介」の跡地に本家が乗り込んだ格好)。この狭い路地のあたりがめちゃ熱い戦場でして、「バラそば屋」もすぐそばにある。よくもまあ、ここに乗り込んできたなと感心半分応援半分。今回は様子見と言うことで、一番基本的な一品「煮干しそば」だけさらっと食って、後はどこぞでぼっち酒で憂さを晴らそうというプランでした!。
 
 
 
 
<全体&スープ> 煮干しの香ばしさのみをエキセントリックに!醤油の円やかさは見事で更にポリッシュ!
 
 なぬーーー最初のひとクチ啜っただけで、如実に個性を感じる!それは香り!。煮干しの香ばしさを、香ばしさ「だけ」をエキセントリックに引き出したようなイメージ。もっとクダけた言い方をすれば、焦げに近い香ばしさを感じる。これはあんまり経験値が少ない系統で、見た目と裏腹だったから驚いてしまいました。決して焦げてるんじゃないから誤解なきよう。焼き煮干しを使ったラーメンはこれまで何杯も食って来たけど、ここまでキッパリと感じさせるのが珍しいと思う次第。・・・・ちょっとオーバーに表現してますが。
 
 
 煮干しのエキスを引き出すのに香ばしさを引き連れるのはよくありましょう。よく塩気でグイグイと引っ張り出すイメージが多いが、こちらは塩気で感じるニボ感(苦味)が特に抑えられている。甘味と言えばこれまた誤解呼びそうなんで表現には気をつけたいが、煮干しの旨味のみを引き出しているようなイメージ。恐らく複数の煮干しをブレンドしていると思うけど、白味系の煮干しを勝手に想像してしまうオレです。醤油も実に明るいイメージで、何も煮干しだけが前面に出ているわけでもなさそう。鶏出汁のすっきり感が見事だし磨かれた感じもありなむ。乾物の煮出しもありましょうが、煮干しに感じる甘味は、ひょっとしたら昆布椎茸類のエキスだったかもしれんと・・・今になって記憶があやふやでごめんちゃい。
 
 
 
 
<麺> パツパツと言うより「クシクシ」感覚が楽しいストレート角細麺!濡れ加減で透明感溢れる!
 
 淡麗系煮干しそばは、加水低めが定番だと思う中で、粉感覚を多く感じさせるのが好き。そしてストレート細麺は鉄則。加水とストレートフォルムと言う点ではいい感じですが、最初はどこか黄色っぽくて、濡れると透明感のあるところが、好みからズレていた感じです。ところが一旦麺を啜ってみると、これが外カタ麺のようにキッパリとした舌触り感覚、そしてシルエット感を明確に表します。
 
 
 そして歯ごたえ!。これが実に痛快!!。噛み千切ることに喜びを感じるほどに、クツクツクツクツ・・・っと明確な切れ味。パツパツと言うのがよくイメージされる擬音語?擬態語??だが、そう言うのとも違う。ねり水が反応してぎゅーっと引き締まったような、クツクツとした印象を個人的には感じてます。汁浸透はあまり許さないけど、汁持ち上げが鋭い感じで、レンゲを使って存分に楽しんでもらいたいかも!。
 
 
 
 
<チャーシュー> 王道の豚バラ肉!抜けてた脂に醤油ダレが浸透して旨し!
 
 昔ながらのチャーシューとよく言うけど、昭和には見かけない上質感ですよね。最近はレアチャーシューが席巻しているので、なとなくこういうのをみると「昔ながら」ってつい使ってしまうけど。きめ細かい肉身の繊維質に、脂身が規則正しく平行線をたどってサシている!。それはまるで地層のように。この脂身にくさびを打ち込むように箸で崩していくのもよし、豪快に丸ごとガジり肉繊維を歯で崩しながら食うのもいいね。程よく薄味で、スープ生成にも貢献した脂の抜け具合がちょうどアッサリしててうまい!。少しだけスープを吸い込んでいるところも好きで、このタイプの肉ならいくらでも食えてしまう!。実はバラ肉チャーシューって、いくらでも食えるからゼロカロリーなんじゃないか思うくらいにね!。
 
 
 
 
<和え玉> 歯応えの妙にハマってしまい・・・誘惑に負ける
 
 全く食うつもりがなかったんだが、麺の痛快さが誘惑に化け、そして負けてしまったオレ。150円をカウンター上部に置き、和え玉コールしてあっという間の2分くらいで配膳が完了です。もう醤油煮干しのタレ、麺の強いクツクツ感覚に、ほぐしたバラ肉チャーシューらが・・・・見事にいいところが凝縮された感覚!。嗚呼・・・実はこの和え麺で酒が飲めれば良かったのに、あいにく券売機ではアルコール販売中止だったから仕方がない。じっくりとお冷飲みつつ、和え玉を味わって、痛快にフィニシュ。特に汁系以上に良かったのは当然のことながら麺の歯ごたえ!更に痛快でありました。
 
 
 
 
 総じまして「懐かしさ溢れる一方・・・何故かエキセントリック&マイルド!な淡麗煮干し!」と言う感覚でして、ありそうでなさそうなユニークな一杯。周囲は強豪店ぞろいですが、ここで頑張れれば東京トップクラスへの道は開けましょうぞ。色々変化や改善を織り込む等、頑張ってもらいたい次第。この後店変えて、結構腹パンになってしまいましたので、おでんと熱燗で一人ぼっち盛り上がったとさ(爆)。ともあれ応援気分で、とっとと最後に詠って、いつものように締めたいと思います!。
 
 
   ヘロヘロな
   年の初めの
   やさぐれに
 
 
 
   煮干旨しで
   思わず替玉
 
 
 
 お粗末!と言うことで家族にも感謝しながら合掌!!今日も本当にごちそうさまでした!!!

投稿 | コメント (3) | このお店へのレビュー: 1件

「特撰喜平生貯蔵酒→辣濃辛煮干パクチーつけ麺」@九十九里煮干つけ麺 志奈田の写真とまそんのブログ(写真付きコメントフルバージョン)
https://www.ramentabete.com/entry/2019/01/07/183813
とまそんのYouTube(お暇なら来てよね〜)
 https://youtu.be/sHEn6Znc8Bk

<人もラーメンも出会いと縁だよな・・・>
 
 なぜか猛烈に煮干が食いたくてここまで来たわけで、実に鉛色の空が恨めしい。しかし今年はググッとこんな気持ちを飲み込む年になりそう(仕事のことね)。そこで忸怩たる思いを飲み込んで、ネット検索してみたところ、何とか探し出したのがこちら「九十九里煮干つけ麺 志奈田」です。しかも歩いて行ける距離!。おおお!なかなかセンスあるリカバリーだと思うよオレ自身。さっさと移動を開始で開店直後に急遽突撃してしまいました。
 
 
 
 
<大人の休日の過ごし方・・・・特撰喜平生貯蔵酒>
 
 まずは「喜平」の酒をいただきましょう。ラベルから岡山の酒と伺えます。近年中国地方の酒蔵が妙に注目を浴びてるような気がするが、これもそうなのか。「生貯蔵酒」とあるから醸造アルコール入りの馴染みあるタイプだと思うけど、オレにはこれくらいが実は丁度飲みやすい(笑)。純米酒に近いズドンと分厚い風味と甘みを醸し出す一方で、ドライビールの気楽さに近い軽やかなキレもある気がする。グビグビと気兼ねなく飲めるし、どんなアテにも合いそうな懐の深さすら思います。これをじっくり味わいながらつけ麺を待つのが楽しい。
 
 
 
 
<ほほう・・こりゃ発見!濃厚煮干ニボニボ感にパクチー辛味と酸味のクサクサが実にあう!>
 
 おおお!見栄えで一気にアジアンな突風が吹くね!麺丼にはパクチーだらけでなんだかエスニックサラダに近い感覚。そんな感じでつけダレを見るとまるでタイカレー風にも思えてくる(笑)。九十九里浜の煮干しウリの店のはずが、なんだかこれだけ見ると「パタヤビーチへようこそ!」って頭になってきそうです。とは言いつつどうせ煮干しなんでしょ!濃厚煮干の店なんだから・・・と思って味わってみる。しかし第一印象は完全にエスニック感の勝ちぢゃね?。辣油の辛さが特にそう思わせるのは、辛さの奥に酸味がとても効いていて、それがちょっといつものつけ麺のイメージとは違って新鮮に思えます。酸味のあるつけダレ・・・が印象深い。辣油とパクチーの刺激に慣れ始めると、そこからゆったりと濃厚煮干のリッチな味わいが伝わってきます。ニボニボ感も相当強いながらもエグ味がいい感じで引き算。引いた後には残った甘みが広がる味風景なので、こってりしている割には重くないのがいい感じです。どうも動物系は豚骨一辺倒でもなさそうな風味も感じましたが、パクチーがマスキングして細かい風味までは分からず。
 
 
 
 
<きしめん型平打ち多加水太麺!実に濃厚煮干のタレを絡めまくって旨さ濃厚な幸せ!>
 
   ぱっと見れば「きしめん」に近い風貌。もちろん加水は多めでプツプツと歯切れが大変良い上に貼りつくような地肌感が好きです。これがつけダレを非常に絡めようとしますので、汁持ち上げは申し分なし。こういうタイプは平たい部分同士がひっ付き合うので、その隙間にタレが接着剤のように入り込んでゆくようです。密度感はそれほど高くないため、麺の風合いと言うよりタレと融合した旨味と、平麺ならではの喉越しがアピールポイントでしょうか。よくタレが絡んだ麺を奥歯で一気にプレスして潰してゆくと、辣油とパクチーの風味ですでに唾液が迸っており、そこから一気に炭水化物は糖化した旨味へと変貌してゆくよう・・・やはり、つけ麺の太麺だとお食事感が汁系よりアップしますね。タレを絡めて味わい尽くす旨味を存分に楽しみました。
 
 
 
 
<パクチー大好き「パクチー星人」はこれをツマミに酒を飲むのだ!>
 
 自分をパクチー星人と揶揄しますが、ひょっとしてパクチー変態・パクチーフェチの方向じゃないのか?と感じてしまうのは、酒と合わせたときです。私、生のパクチーをツマミにして、酒をぐいぐいと飲んでゆくのが好きでして、それを以前職場の酒宴でバラしてしまったら、思いっきり気持ち悪がられた・・・(パクチーじゃなくて素のオレ自身のことだったりして:だったらもっと泣く)。今回は、ぼっち飯だったから、パクチーの茎を2〜3本集めては口で齧って、冷酒を流し込んだりしてダラダラと食い続け、飲み続けてゆきます。

 
 
 
 
<洋風でも和風でも相性抜群の肩ロース薄切り半レアチャーシュー!サラダ感覚で食う!>
 
 ここまでパクチーで青々しく、またレモンなど添えられていると、つけ麺と言うよりサラダボールのような感覚です。そう思わせるのはチャーシューもそうでして、サラダに添えられたハム?のような存在感で、薄い塩味系のスライスカット。肩ロース部位かその周辺と思われ、肉身の薄いピンク色が実に美味そうでもあり、脂身はさっぱりしていそうな抜けを感じます。実際には見た目通りのさっぱりさが嬉しい肉で、わざわざ濃厚なつけダレに浸して食う必要あるのか?と思えるほど。それくらい単体で丁度良いあっさり感があります。余ったレモンを絞ってパクチーの葉っぱを少しだけ載せて、かすかにコショウ降って食ってみたが、美味いに決まってますわな!。
 
 
 
 
<スープ割り:器を返して入れてもらうブーメラン方式>
 
 せっかくだからスープ割を。ブーメラン方式で器こと返すシステムです。かなり麺を食うときにタレを食い進めてしまい、残った分量は少なめでしたが、丁度良い塩梅でリターンされてきます。今回の一連の中で一番煮干しをナチュラルに感じ取れたのが、この最後のスープ割りだったのかもしれません・・・・本当に最後に軽く暖かい煮干しスープを味わうと、心からほっとしますね!。
 
 
 
 
 総じまして「まさしくニボリッチ&エスニック!アジアン濃厚煮干の熱き魂!」・・・と言う印象でしょうか。今回は意外な展開訪問でしたが、煮干のしっかり感も掴めたし次回はデフォルト煮干でしっかり受け止めたい。秋葉原より御茶ノ水の方が地縁があるので、また坂道を下って訪問させていただきます。次回はがっつり中盛に挑戦!。そんな今回の新たな食の縁に感謝しつつ、とっとと最後に詠って、いつものように締めたいと思います!。
 
 
 
   重い空
   休日最後の
   憂鬱に
 
 
   気分晴らせよ
   濃厚煮干
 
 
 お粗末!と言うことで家族にも感謝しながら合掌!!今日も本当にごちそうさまでした!!!

投稿 | コメント (3) | このお店へのレビュー: 1件

「[限定]特製純煮干そば 大盛」@くじら食堂 nonowa東小金井店の写真とまそんのブログ(写真付きコメントフルバージョンなら・・・)
 https://www.ramentabete.com/entry/2019/01/06/000000
とまそんのYouTube(適当に流し眺めるなら・・・)
 https://youtu.be/ZYtjd4tfHh0

<長〜い連休ぅ〜〜〜だから、朝寝坊極上朝昼兼用質実拉麺>
 
 これから本格的にラヲタ活動をするにしても完全に出遅れです。なので近場で食うしかないので、ちょっと気温も上がって来たのもあり、チャリを走らせ向かったのは東小金井駅。へへ・・・ここまで来ればもう「くじら食堂」しかない。この辺りは駅前の区画整理がされつつあり、有料チャリ置場にささっと置いて店に向かいます。すると嗚呼・・・やっぱり店前はスゲー人だかり(汗)。開店直後であったからか20人ばかりの行列。店の入り口が北向きなので冬は寒そう。でもまぁなんとか待たずに店内に入ることができてやれやれです。
 
 
 
 
<まさに純!塩に引き出された煮干し感もなかなか!嫌味が一切なくゴクゴクとライトに飲み干せる旨味深し!>
 
 おおお!何とも予想外の展開!。まず麺がピロピロ太平打ち麺ではなく、極細に近いストレート麺であること。ピロピロ狙いだったからちょっと肩透かしはあったかな(汗)。まずは影響を受けやすいスープから。レンゲなど使わずにスープを丼直つけで味わうと、いかにも塩のパワーに引っ張り込まれた旨味を感じます。煮干しにも色々種類がありましょうが、個人的には片口の苦味がいい感じで塩気に結びついている。煮干しの苦味自体にストレスを感じませんから、ナチュラルな旨味が塩気で補強された感覚です。このため独特なエグミがほとんど無く、素直にゴクゴクと飲み干せる味わい。塩気はやや強めで、旨味を周囲に与えて、少し通り過ぎたようなバロメーターです。それでいて塩っぺーーーーっとネガティブなイメージはない。ゆっくりと動物系のエキスと結びついてまろやかになってゆくのか?。トッピングのチャーシューだってゆっくりと脂分を溶かしますし、何よりも麺がゆっくりと吐き出す小麦粉の風合いが、着実に塩気と結びついて、より全体を円やかに仕上げます。
 
 
 
 
<なんと極細に近いストレート麺!汁吸いがちに思えど最後まで風味とクツクツ歯応えをキープ!>
 
 その情熱込められたストレート細麺。細麺で大盛(200g)だとかなりのボリュームに感じられ、見るからに汁の吸い込みが早そうな表情だったから後半心配でした。しかしそれは全くの老婆心。最初から最後まで、一貫したクツクツ感を楽しませてくれましたし、また風味もしっかりと感じ取れるほど。その風味が塩煮干しのスープにも好影響を与え、味わいを円やかに仕上げるという好循環です。汁の吸い込みと、麺同士のまとまりが良いので汁持ち上げもよろしい。特にレンゲを使ってズボボボボボと啜り上げますと、十分に汁が口の中にも漂い出し前歯の千切りと共に汁を感じます。また奥歯での潰しもじわじわと後半には淡くなり、クチリと潰した瞬間から麺と出汁と結合した旨味が広がります。極細に近い麺でこんなにも汁と風味のバランス良しとは知らなんだ。
 
 
 
 
<お馴染みの豚ロース肉!表面の香ばしさと中身の解れる柔らかさ!汁も吸い込んでうまし!>
 
 炙りの一手間が、塩煮干しの香ばしさと、炙りの香ばしさのコラボ感があって良いかもしれません。歯ごたえが微妙に複雑になるだけで、肉がこうも印象変わるとは・・・・料理って本当に面白い。片面だけの軽いバーナー炙りなので、全体は以前の馴染み感ありありです。脂の抜け具合が実によく、全然重くないし汁浸透を大いに許します。そこで一気に崩れやすくなるのですが、元の浸透したタレの薄い甘みと塩煮干しのシャープさがいい感じで混じり合いうまい。箸で解れるくらいでも、分厚さがあるので歯ごたえも楽しめます。
 
 
 
 
<味玉にハズレなし!熟成の卵黄甘みと煮干しの塩気で甘辛混じってなお旨し!>
 
 いつもの熟成タイプの卵黄です。トロトロ具合が絶品で、ねっとりした部分が程よくそして多め。舌全体に満遍なく絡みつきます。その味わいはまさに艶かしいマチュア感ありあり。濃密さが命のような仕上がりで、この部分だけで焼酎や冷酒がどんどんといただけてしまいそうなくらい。周囲の白身は均一にタレが浸透して時間の優雅さを察します。硬くならずにハードプリンなイメージで崩して食える歯ごたえが嬉しい!。嗚呼、やっぱり今回も味玉にハズレなし!。
 
 
 
 
 総じまして「ピュアなエキス感で寝ぼけも目覚める痛快塩煮干!」・・・と言う感覚でしょうか。この日は始まりから意外な展開でしたが、この一杯も配膳から完食に到るまで痛快なる意外な展開。ピロピロ太平麺以外にも旨さの引き出しあり!と言った感じです。これは定期的に限定情報をチェックせねば。今年も繰り返し来ると思いますので今後ともよろしくです。そんな心の内で挨拶済ませた直後ですが、とっとと最後に詠って、いつものように締めたいと思います!。
 
 
 
 
   澄み渡る
   空の青さが
   深々し
 
 
 
   煮干旨味と
   共に染み入り
 
 
 
 お粗末!と言うことで家族にも感謝しながら合掌!!今日も本当にごちそうさまでした!!!

投稿(更新) | コメント (8) | このお店へのレビュー: 3件

「特製あご煮干しそば」@中華そば 竹むらの写真とまそんのブログ(写真付きコメントフルバージョンなら・・・)
https://www.ramentabete.com/entry/2019/01/02/000000
とまそんのYouTube(適当に流し眺めるなら・・・)
https://youtu.be/uic4oEt46uY

<ほぼ一年が終わった気分〜ぼっち飯で気分にご褒美>
 
 この日の外出先から近いので目黒まで移動。実は前回フラれたリベンジを果たそうとやってきました。そのターゲットは「中華そば 竹むら」さんでして、既に汁系とつけ麺を実食済で納得しているんだが、「あご煮干しそば」だけが食えてない。と言うか、前回はそれをピンで狙ってわざわざ来たのに売り切れてたのだった。このまま年を越せないぜ・・・・。今回はゲットできそうなので、嬉しい気分と年末気分がかさなって「特製」とさせていただきました。
 
 
 
 
<明るく柔らかい序盤以降、グイグイあごを感じる煮干し感アップ!>
 
 レンゲでスープを口に近づけたときから、ほわほわっとした魚介感がやさしくタッチ。嗚呼、アゴ出汁のムードありありだと嬉しくなって出汁を啜る。第一印象は、割としっかりした魚介醤油出汁というイメージ。味わいというより香りの豊かさで煮干感を楽しむものかもと、序盤は思ってました。ベースの鶏ガラ系のエキスも楽しみながら・・・。ところが中盤になると、頭と舌がバカなオレはようやくアゴ煮干の風味を受け止めるようになります。軽やかな煮干し甘さが伝わるのを知ります。しかし後半にはより煮干味をしっかり感じるようになる。味が濃いというのではなく、ようやく分かってきた感覚。バカだから理解が遅いだけなのだろうが、今度は醤油とは別の塩気の存在をちょいと感じる。ぐいぐいと後追いでイメージが濃くなるアゴ煮干ですが、塩気でぐいぐいと旨みを引き出すようにも感じられ、尻上がりにイメージがアップしてゆく・・・。
 
 
 
 
 
<密度感あまり高くなくてもクスクスシコシコと歯切れ良さが快感!風味も汁吸いもナイス!>
 
 密度感がそれほど高くなくて歯応えが軽いのに、クツクツクシクシとした感覚を与えてくれるのです。また当然風味も比例してよろしく、微かに全粒でも配合しているような雰囲気。そして薄ーーーく褐色がかっているのも風味に寄与してくれてるイメージ。風合いを大切にしたいので、大盛は不可。替玉制となっております。替え玉と聞いて、汁浸透による麺風合いへの影響を嫌うのかと思ってたけど・・・汁が淡く浸透しても旨さ変わらず。むしろ別の旨さが広がっているではないかと好印象に広がりが出てきます。麺同志のまとまりも良いため、スープの持ち上げも期待できましょうか。
 
 
 
 
<風合いの違い感じる低温調理チャーシュー!肩ロースの甘味とロースのさっぱり感旨し!>
 
 二種の肉だが豚と豚!。双方とも低温調理の現代風チャーシュー。肩ロースと思われる部位は、わりとピンク色を残したタイプで、薄味と肉本来の味わいだけで十分なのだが、薄っすらと出汁の浸透も許している。なので汁に沈めて味を足すことなく、そのまま口のなかへ入れますが、綿のようにふわふわ・・・綿菓子のようにいつの間にか溶けてなくなる旨さですよ。一方の肉は、ロースだと思うのだけど、これは脂よりも肉の旨みが少し前にでている。出汁に接していたのでやや色が変化してますが、薄いピンクがまた旨そうにそそります。味は淡泊ですが出汁の味も少し助けがあって味わいを深めます。
 
 
 

<味玉にハズレなし!濃密さとタレ浸透の熟成が惑わす旨さ!>
 
 これは前回語ったばかりで記憶が残っているにも関わらず、前回とは真逆な印象でありました。如何に私の味覚の感じ方にブレがあるかさらけ出してしまいますが、あしからず。白身へのつけダレの浸透が深くいが薄味が深く浸透とあってカフェレ色で染まってる。その味わいに風味が残るね。そして卵黄ですがしっかりと全体に深く浸透して、熟成を感じるようなネットリした味わい。濃密素直に感じてマチュアな甘みをふんだんに楽しみました。ゆっくりと楽しみたくて、4つに分けてじっくり味わったりして・・・。嗚呼、やはり今回も味玉にハズレなし! 。
 
 
 
 
<帰りにコーヒーもらって・・・気分だけ山田孝之!>
 
 さて満足満足・・・ごちそうさまと声をかけて立ち去ろうとしますと、「よろしければコーヒーどうぞ」と言われた。これまで2回訪問して気づかなかったのだが、入口の券売機の反対側に、ポットと紙コップが置かれていたのだった。帰りにセルフで汲んで持ち帰ってよしとのサービス。嗚呼、こういうの本当にうれしいねー。特に年末の寒い時節にはあったまる。帰り道・・・権之助坂を上りつつ、今、日本をささえている男の一人はオレだぜと感じながら、山田孝之になった気でジョージア気分に浸ってました。
 
 
 
 
 総じまして「明るさX優しさX香ばしさ極まるあご煮干!坂の途中のほっこり煮干そば!」・・・と言う感覚でしょうか。思えば今年一年、不満とプレッシャーの狭間で憂さ晴らし的に食ってきたラーメン。これに幾度助けられたことか。しかしよくよく考えると、仲間にも本当によく救ってくれたのだった。一人で生きてるわけじゃないな・・・。そんな皆さんへの感謝を忘れないように、とっとと最後に詠って、いつものように締めたいと思います!。
 
 
 
   年末の
   挨拶追われ
   ぼっち飯
 
 
 
   坂の途中で
   感謝の一杯
 
 
 
 お粗末!と言うことで家族にも感謝しながら合掌!!今日も本当にごちそうさまでした!!!

投稿(更新) | コメント (5) | このお店へのレビュー: 3件

「特製極濃煮干しつけ麺(並)」@煮干しつけ麺 宮元の写真写真付きコメントフルバージョンなら・・・
https://www.ramentabete.com/entry/2018/12/29/105827
YouTubeにまとめたよ!
https://youtu.be/keENz4nlkTo

<たまに無性に極濃厚煮干しエキスが欲しくなる・・・・ニボシストの本性!>
 
 今年最後の極濃厚煮干でも食っておこうか・・・そんな軽い気分で、JR蒲田駅西口に降り立ちます。ご存知、ラーメン好きなら蒲田で煮干と言えば「煮干しつけ麺 宮元」さん。名店の系譜(一燈)にして確かな味は言わずもがなですが。しかも殆ど年内無休ですから、まったくもって頭が下がります。もっと通っても良さそうなのですが、蒲田はラーメンレベルの高いエリアでして、あちこち見逃せず、パトロールもしたくなるのであります・・・。

 
 
 
<間違いのない旨さとはこのこと!煮干しの濃ゆさに苦さと甘みのカオスの有り!>
 
 ああこの味!。一口目から口のまわりに貼りつく動物コラーゲン感。豚骨のエキスが魚粉より前に感じますが、風合いは全くもっと煮干そのもの。苦みは軽く、香ばしさと一体化しているようなニボニボ感。なのに濃厚煮干と思わせるガッツリさがインパクトあって、空腹にズシリと溜まります!。魚介は粉感覚にも表れ、トロトロの状態であっても、心なしか魚粉感覚を如実に表す。舌でザラツキをわざと見つけ出そうとしますが、マイルドなトロミの中に、スパイスのような粒子が流れるイメージ。そこに魚介のすべてが溶けているように甘く芳しい!。また豚骨を中心とした動物感もすておけません!。これがあるからずっしりと胃袋に重くのしかかるのであり、満腹による満足と悶絶の狭間へと食べ手を追いやるのです。今回は、やや悶絶の方へ追いやられ気味か?。少し前日の酒が残った体調では少々ヘビーでした(それでも極濃食うオレ)。いつも思うが、玉ねぎの微塵切りが最高に合うね!。特製じゃなかったら、玉ねぎ追加にしてもよい。熱々のつけダレの底にたまっている玉ねぎは、レンゲでサルベージされたあと、シャクリシャクリと奥歯で潰れる。その汁気と濃厚煮干の濃い味わいのせめぎ合う旨さも魅惑的!。
 
 
 
 
<王道の加水低めのストレート極太麺!引き締まりに歯応えと香りは逸品!>
 
 淡い小麦色した地肌に、うっすらと褐色が浸透しているような地肌。よくよく見れば全粒も少し配合されてますが、5%にも満たない微かな分量。ヌッチリとした風貌で、しっかりと水切りされた雰囲気がありあり。旨く麺をまとめられているので、2本手繰ると横の麺も引っかかってきちまう。何もつけずにまず食うのだが・・・旨い!。冷水で一気にしっかりと締められたのがありあり。冷たさも感じる一方で、麺の〆られて濃ゆく清涼な風味がすげー。いくらでもこのままでも食えそう。淡く塩でもあったらそれも可能かも。奥歯へと運んでも、ヌチヌチで弾むような腰つきはびくともしない。上下の臼歯でプレスして、ヌチっチリとした歯応えで力を意識して与えながら潰す。すると麺の清涼感が最初の内は広がるものの、後追いでどしどしとタレ旨味と結合して唾液の吹き出しを誘いまくり。あとは無我夢中で咀嚼を繰り返すと、極上の糖化・旨みへの昇華の味風景で和むのみです。なんだよ・・・こんなに旨かったら、中盛(300g)なんて軽く食えると思うのだが。
 
 
 
 
<炙りと浸透の2種豚チャーシュー!旨さのコントラスト極まる絶品!>
 
 低温調理の半レアチャーシューがいいね。相変わらず薄味でも下味が濃ゆいし脂の旨みが深い。どんな酒dも合うだろうし、質感とサイズ、そして分厚さが申し分なし。どの方向からでも歯を入れると容易く千切れる。舌の熱で脂身部分が溶けるのが、いちいち楽しく、できれば酒でそれを洗い流したかった・・・。そして炙りの豚肉が異様に今回は旨かった!。以前も炙りの肉が入ってたという記憶だが、何が違うのかが未だにわからん。ばら肉をシンプルで塩味系で炙ったような味わいは変わらずなんだが、今回の肉質が、まるで豚のハラミにも感じさせるような、きめ細やかさと隠れたジューシーさ。ばら肉にもこんな身の詰まって旨み分が染みている部位があったんだと、ちょっと感動ものでした。
 
 
 
 
<味玉にハズレなし!甘み浸透と熟成深さ文句なし!>
 
 まあ、抜け目なく旨いということで!。割とハードめな仕上がりで、玉子本来感をナチュラルに出すのかと思うと、実はタレの浸透が見た目以上に深く、そして卵黄は熟成が進んだような甘味がしっかりと出ている。マチュアな旨みがふんだん・・・とでも言った味玉は旨し!嗚呼、今回も味玉にハズレなし!
 
 
 
 
<スープ割:セルフポット方式、腹パンでも落ち着く旨さ>
 
 目の前にセルフのスープ割ポットが置いてあるケース。なんだかんだ言っても、これが一番気楽でいいね。そしてもう腹いっぱいで食えん・・・と思っていても、不思議とこれだけは別腹で入ってゆくし、またこれを味会わないと、つけ麺が終わった気がしない・・・・。本当に定番の淡い魚介だしで、それ単体だと頼りないものの、つけダレに入れると魂復活かのように、煮干の甘味が復活します。結局、残すどころか全部飲み干してしまった・・・。
 
 
 
 
 総じまして「隙見当たらずの濃厚煮干しの完成度!蒲田で飯なら一回食っとけ!」・・・と言う個人的な感想。今更言わなくても「知っとるわ!」と逆に怒られそうだが。それにしても、そろそろ「生姜醤油そば」の方も試してみなければ!。どうしても煮干が素敵すぎて流されるのだが、年明けあたりにトライしてみようかしら。また煮干に流されたらオレを嗤ってください。今年の煮干三昧に感謝しつつ、とっとと最後に詠って、いつものように締めたいと思います!。
 
 
 
   徒然に
   今年一年
   振り返り
 
 
 
   思い起こすは
   重ねた杯数
 
 
 
 お粗末!と言うことで家族にも感謝しながら!!今日も本当にごちそうさまでした!!!

投稿(更新) | コメント (4) | このお店へのレビュー: 5件

「肉そば(塩煮干)豚ヒレ・豚もも・鴨ロース」@超多加水自家製手揉麺 きたかた食堂の写真写真付きコメントフルバージョンなら・・・
https://www.ramentabete.com/entry/2018/12/29/000000
YouTubeにまとめたよ!
https://youtu.be/PC6QOH1auAs

<午後4時・・・朝飯と昼飯を兼ねて「肉そば」なのだ!>
 
 めぼしい店はやはり「準備中」状態が多い( ´△`)。でも3店舗ほど候補を見つけることができました。その中で一番混んでた店をチョイスしてみました。ネガティブな時間帯でも客を引寄せる何かを信じて・・・。それが「超多加水自家製手揉麺 きたかた食堂」さん。稲荷町でも新橋でも、関連は体験済で味は知ってるつもりなんですが、妙に「肉そば」というのが気になるね。因みに、第二候補は「こころ」。第三候補は「極み」。どちらもいい店、選ぶのほんとは真剣に悩んだのですよ・・・。今回は、オレの気分解放とご褒美を兼ねて、肉そばを思いっきりいただきましょう。
 
 
 
 
<何ともじっとり感ありありの塩煮干!塩気で引き出す煮干エキス!豚エキスのプラットフォームも見事なのだ!>
 
 おおお!まさに肉肉肉!!しかも上品だし、美しさに楽しさをかんじますよ!。喜多方系と言えば麺にまず注目ですが、今回は肉がメイン。ピアノの鍵盤のように、整然とされた肉の並び。食券渡す時に4種類の中から3つ選ぶシステムですが、配膳時に並びの順番で肉説明・肉確認が入ります。きっちりしてますねー。そして実は・・・・塩煮干のスープ感がすごく分厚くギラギラしてるのが気になる。麺以外にも実はアピール感が溢れる一杯なのだった。ラード系のコクが分厚い上に煮干しの香り!そして煮干をグイグイと引っ張り込む塩気が見事!。あっさり淡麗塩煮干だと思ってたら、ぜんぜんイメージが違うんです。また煮干パンチでもないな・・・。つまり「塩」「煮干」「豚コク」のバランスが非常に濃密レベルで高い感覚。だから特徴を決められない一方で、どれも仕事ぶりを認めざるを得ないです。ここから先は好みの問題で、「塩」「煮干」「豚コク」どれが一番琴線にふれるかで、印象のプライオリティが変わりますな。
 
 
 
 
<から脂??が小悪魔的で脂肪に囁くー、もっと食えもっと食えと>
 
 その要素が「から脂??」。確かスタフがそう言ってたような記憶です。脂肪のどの部分の塊かが不明なんですが、モツ系のプリプリ感ある脂が、ゆっくりとスープ熱で溶けて出してゆく。しかしそれ全部が溶けきることはなく、プルプルした部分が残るんですよねー。それをひとまとめにして、最後はクチの中で潰して食いきるのですが、それが実に楽しすぎてたまらん!。これはサービス提供なのですが、別料金払ってもっと欲しい気がするし、またこれ以上食うと胃もたれする危険性もあるし、実に悩ましい・・・まるで小悪魔のように。
 
 
 
 
<まさしく超多加水!うどんに匹敵する優しさと滑らかさ!汁吸いの旨味と粉風合が上質なのだ!>
 
 注文を受けて秤にかける麺ですが、それはまるで「うどん」そのもの。生醤油をかけると旨いのかと思うほどに。しかし定量を量ってから、直後に腰入れて、極太麺を潰しにかかります。極太麺がみるみるシワシワに変形してゆき、またその上から体重をかけて平べったくするので、あのピロピロでランダム縮れが生まれるのですな。茹でられたあとはやや膨れっ面で、ふわふわ感とちゅるちゅる感が全面に溢れます。ズボボボボボーーーっと啜りあげるのが実に快感。あちこちにボコボコフォルムが快感覚えるタッチを与え、麺を食う快感を誘います。密度感が低いからか・・・・やけに汁を吸い込む。ジットリ感ある、脂感芳醇な塩煮干出汁を、じわじわじわーーーーーとグルテンが吸い込みます。そこを奥歯で一気にプレスしますが、あっけなくクチリと潰れる。その瞬間から唾液の線が一気に緩んで痛くなる・・・・。塩気が芳醇な中に、炭水化物の旨みが滲んで、一気に旨みへと昇華!。
 
 
 

<オレにご褒美、肉ざんまい!文句ある??三種の肉で気分を晴らす!!>
 
    もうこの日は、この肉を食っている瞬間だけが、生きている実感でした。三種の肉たち・・・順番に語りますと以下の通り。
 
 
 豚ヒレ:脂感が一番少ない一方で、下味の影響を一番深く受ける肉。肉繊維は解れ気味で汁の浸透を許しやすい。折り曲げると一番割れる部分が大きく、そこから汁が浸透する。実は一番スパイシーなイメージで、周囲の部分が洋風な味わい。和洋折衷な旨さ。
 
豚もも:一番肉繊維質がきめ細かく、噛応えは低反発でテンピュール感が高い。スポンジのようでもあり、汁をバクバク吸い込む反面、噛み締めると一気に吐き出すが、ここで色々な成分の旨味を感じさせるので、実はカオスな旨味ある肉。
 
鴨ロース:鳥類の中でも野趣と旨味のバランスが一番取れてると感じ入る一品。脂身の重厚な味わいと香りが、肉質まで深く浸透しており、スパイシーな味付けがよく似合う。豚ももよりもパンチがある脂身で、スープを吸い込むよりも、スープに対して味を与える影響力の深さがいい!。
 
 
それぞれが2枚づつ、綺麗に並んでいますが、この麺顔だけでもお値打ちと感じてしまいました。
 
 
 
 
 総じまして「素朴さと肉迫力と・・・塩煮干脂のじっとり感!気分発散崇高塩肉煮干麺!」・・・と言う感覚でしょうか。当初は、あっさり系に肉まし豪勢な一杯と思ってたら、実は濃厚エキスのバランスの良さ!。実に嬉しい良そう外し。塩煮干の旨さが嬉しかった!。次回は醤油で再訪問確実ですな。神保町は本当にラーメン宝庫だよな・・・、嬉しい悲鳴を挙げる前に、とっとと最後に詠って、いつものように締めたいと思います!。
 
 
   憲法も
   働き方も
   未改革
 
 
 
   朝から多忙
   褒美の肉そば
 
 
 
 お粗末!と言うことで家族にも感謝しながら合掌!!今日も本当にごちそうさまでした!!!

投稿(更新) | コメント (2) | このお店へのレビュー: 1件

「特製あっさり煮干しそば」@濃厚煮干しそば 麺匠 濱星 日吉店の写真写真付きコメントフルバージョンなら・・・
https://www.ramentabete.com/entry/2018/12/22/000000
YouTubeにまとめたよ!
https://youtu.be/d6NnsBBAtHU

<変わるようで変わらない?青春風景溢れる学生街>
 
 店内全員学生さん!。学食気分の気楽さが店内外に漂います。自然と耳に入ってしまうのだが、今も昔も学生さんが話すことはあまり変わらないね。就職活動の情報交換やら、ゼミとサークルの人間関係の噂話、そして効率と単価のいいバイトの話など・・・気分だけはタイムスリップさせてもらいました。人生の中で、一番自由に時間が使えた、その大学生活4年間。十分に謳歌いただきたいと、心の中では応援気分でもはや腹いっぱいです。腹いっぱいと言えば、こちらライスが無料サービスとのこと。しかもデフォルトの煮干しそばが「680円」と実にリーズナブルでいいじゃないか。太る心配がなく、思いっきり空腹を満たすことに没頭できるのが羨ましい。
 
 
 
 
<毎日でも食える煮干感!淡麗さに円やかさと馴染みが加わったような味風景がナイスすぎる!>
 
 だいたい見た目で味の方向が分かってしまうようだが、まずは確認も含めてスープからずずずっといただこう・・・。「あっさり煮干し」というメニュー名称だが、まさにそれしか浮かばんね(笑)。子供でもイケるやさしい味わい感が静かに確かに広がりますよ。おおおこれは毎日でも食えそうな感じ。おすまし程にあっさりはしていないが、味わい全体に円やかさがありなむ。まず円やかさの一因は煮干の選定と使い方かな?。東京で煮干と言えば津軽系のようにニボニボした苦みがイメージですが、明らかに別もの。煮干苦味を香ばしく食わせるとかではなく、煮干そのものが甘いのであると伝える味です。片口などではなく、ウルメとか鯖とかの煮干系ではないかと推察します。そばうどんでも馴染みのある煮干感だと言えば、多少伝わるでしょうか。それだけ煮干が柔らかい味わい。薬味は玉ねぎの微塵切りと、青ネギの小口刻み。割と多めにスープ内を漂流しますが、煮干との相性の良さは玉ねぎの方が上か?。スープを飲み干すたびに、ザクザクと奥歯でかみ潰すエキスが、鼻孔にも微かに感じあす。そこに煮干の甘味も引き連れてくるから、余計にライトな甘さ。また鶏ガラのベースも実にあっさりとして嬉しい。アニマルオフだと淡麗過ぎると感じるところを、上手く調整してますね。
 
 
 
 
<クッシリさをしっかりキープしつつも、全体的しなやかさと麺の旨みも堪能できる、上出来ストレート細麺>
 
 煮干そばとして、よく見かけるような麺ですね。ストレートさが綺麗な角細麺。加水は低と中の間という感覚で、パツパツとはしないが、しっかりとグルテンの風味を感じさせる。前歯で切るとクツクツとした歯応えがあって小気味よく感じるし、奥歯ですり潰しても一気にペシャンコになり、スープの旨みとすぐに一体化します。後半の汁浸透もうっすらとしていて見事。ダレない緊張感も残しつつ、汁に浸った部分は出汁感で風味良く食えます。しかも滑りやすいし腰つきが柔らかい。周囲の学生ワイガヤに負けないように、ズボボボボボボボボボっと音をお構いなしに立ててすすり上げます。私のようにもなると、汁ハネを最低限につつ高速ですすり上げる技を使いこなせるのですから(ウソです)。
 
 
 

<肉のしっとりさが良いね!さすがホエー豚!!スライスのあっさりさがスープとベストマッチ!!>
 
 極端に脂身の少ない肉で、柔らかい肉繊維の集まりが、まるでスポンジのようでもあり、汁をバクバクと吸い込むかのようです。それも綺麗に整形されており、うっすらな味わいがまさに上品。本当はどの部位か適当に語っているのですがね(爆)。ただ大きさと厚さがナイスバランスだったっす!。無理して一口で食えるサイズ感だし、スライス肉は折り曲げて歯で千切りながら食らうのが感触いい。しかもスープを吸い込んでいるなら、なお味わいふかい。これは、冷でも燗でも日本酒に合いそうな肉味ですな。スープの浸透がポイントかと・・・・。特製でないなら肉追加必須です。

 
 
  
<味玉にハズレなし!奥久慈のふわふわ白身とトロトロの卵黄の崇高仕上がり感!程よいライト熟成が旨し!>
 
 味玉のレベルが高かった!。後でしったが奥久慈卵だとのこと。しかし、その上質感は冒頭で箸で摘まもうとしたときに感じた柔らかさから、何となく分かってしまいました。出汁の浸透はそれなりに深い。しかし卵黄の全体を支配してしまうほどの浸透の深さでもなく、緩やか。ナチュラルな浸透と言えば曖昧すぎるのだが、白身はまさしくそんな感じで、染まったというより、出汁に濡れたような自然な旨みが印象的でした。卵黄は言うに及ばず、濃密なコクがぎゅっと詰まったようであり、トロトロの状態がクリームのようにすら感じます。嗚呼、やはり今回も味玉にハズレなし!。
 
 
 
 
 総じまして「味×値×場・・・いろいろ含めトータルバランス極まるライト淡麗煮干麺!毎日食えるぜ!」・・・と言う印象でして、何気にこのブランド好きになってしまう。調べれば、溝ノ口や、二子玉川などにもある。ちょっと覚えておこう!。一気に食い進めてしまったので、先行の学生客はまだ食っている最中でした。そこには友情の味わいも滲むか・・・青春の一杯を存分に楽しんでもらいたいです。そんな応援気分のまま、とっとと最後に詠って、いつものほうに締めたいと思います!。
 
 
 
   冬晴れに
   心溶けゆく
   安らぎと
 
 
 
   穏やか沁みる
   匠の煮干し
 
 
 
 お粗末!と言うことで家族にも感謝しながら合掌!!今日も本当にごちそうさまでした!!!

投稿 | コメント (5) | このお店へのレビュー: 1件