なんとかデータベースラーメンカレーチャーハンぎょうざうどんそば
 

とまそん@ラーメン食べて詠います

男性 - 東京都

自分のラーメンライフを振り返ってみました・・・https://hikakujoho.com/manekai/entry/20180712

平均点 83.192点
最終レビュー日 2019年4月23日
3,695 2,352 13 21,895
レビュー 店舗 スキ いいね

「焼き味噌」@拉麺 大公の写真とまそんのブログ: https://www.ramentabete.com/entry/2019/04/03/000000
とまそんのYouTube: https://youtu.be/iFqZ342qa6M

<まだ肌寒さが残る内は味噌ラーがありがたし!>
 
 てっきり店前行列人気と思ってたら、店前に人影なし。なんだこれなら楽勝じゃんと思って扉を開けると・・・なんと満席&店内待ち!。どおりで甘くないわな。しかし人気の高さは味の保証と言う感じで、安心して券売機で看板メニュー「焼き味噌」の食券を購入。案外外にいる時間が多かったから、体が少し冷えていたようでした。これで味噌ラー食えると思ったらなんだか、心も体もほっこりとしてきた・・・・。
 
 
 
 
<全体&スープ> 味噌の奥行き深く感じさせる味噌発酵のコク!高火力で旨さ封じ込める魔力的旨さ!
 
 おおお!味噌よりも中央にある多めの生姜トッピングに思わず目がいくね!肉も旨そうだがもやしの炒めがピカピカと光っている上に、焦げめがところどころ伺え、見ただけで「炒め香ばしさ」を感じさせる!。またラード感感じるがそれほどギトギトし過ぎないスープ感は、味噌の色が濃ゆめで味わいも深そう。
  
 これは何を先おいてもまずスープから!。レンゲで掬って見ると実はやっぱりラード成分が結構深いのだったわwww。しかし味わうと意外とサラサラした感じ。この手の味噌ラーだと、ラードが蓋をしているように分厚い層を予想するけど、それほど重くないと感じたオレでした。そしてやっぱり味噌の味わいが深い・・・。焼き味噌と書いたり読んだりすると、酒飲み野郎なら、炉端焼きで酒のアテに出てくるような、炙り味噌の「香ばしさ」を連想したりしませんか?。この焼き味噌はそう言う風ではなく、我流で例えるなら、味噌の風味を炒めて焼いて封じ込めたようなイメージなのでした。それにより、味噌の醸造に由来する独特の風味!そして塩気が深く滲み透る・・・ような感覚で味わった次第。

 さらに妄想続けると、きっと数種類の味噌をブレンドしていると思える合わせるタイプかも?。単に塩気の強いだけでなく、これは全くの想像だが麦味噌のような甘みも溶け込んでいるのでは?と感じたが・・・・・よくよく考えたら甘みは何も味噌だけじゃなかった(汗)。ラードも甘く感じさせる要素ですが、やっぱりもやし(あと少し玉ねぎあったっけ??記憶喪失)!野菜から生まれた汁はナチュラルに甘みを感じさせるはず。ラードが重くなくグイグイと味わい飲ませるのも、実はこの汁がいい感じでライト感を演出していると思えます。そして甘み感も同時に演出しているようなのも少し感じるのでしたwww。
 
 
 
 
<薬味> それほどジリジリと感じさせずナチュラルな清涼感保つ生姜!挽肉のそぼろ感も旨味の成果か!
 
 デフォルトでこれだけ多めの生姜を放り込んでくれると嬉しいよね!。テーブルセットに備わってるのも使い勝手いいけど、フレッシュさに欠けるイメージあり。やはり調理場で管理された薬味の方が安心感ありでしょう。さてこの生姜。これだけの量があるからさぞかしジリジリとパンチを与えてくれると思いきや・・・ふわっと清涼感を感じさせる程度で、優しい風味に止まっておりました。その方が上品でまとまりあると言えば、そうとも言えるか。
 
 またそぼろのような挽肉も少しトッピングされておりました。野菜にまみれていないので、後入れトッピング形式で乗せられてます。しかし、個人的にはトッピングと言うより「薬味」的な扱い。濃密なスープの中にあって挽肉風味が顕著に現れませんが、スープを飲むときに入り込んだりして、ちょっと歯応えを与えさせるんです。スープを「飲む」時にわざわざ「歯応え・歯ぎしり」させるだけで、ちょっと内容が詰まった感があって・・・得した感じになりませんか?
 
 
 
 
<麺> 札幌味噌のイメージ通りの透明感ある縮れイエロー麺!濃密な味噌にくっきり歯応え!
 
 いかにも札幌味噌ラーメンをイメージしたような黄色く透明感ある縮れ麺。見ようによってはプラスティックに近いイエロー感覚。ラードの層を突き抜けてくるから、余計にコーティングされたかのように煌びやかに見えます。ご存知の通り、キュッと密度が引き締まったようなタイプで、これは麺の打ち込みの強さや回数と言うのではなく、独特の練り水の反応のような凝縮すら思う・・・。なので前歯で千切る動作がいちいち明確で、プツリプツリと感じながら食い続けて行きます。奥歯でまとまって潰す時は、クシクシとした低反発が味噌味との一体感を醸し出して旨しです。濃密な味噌にくっきり歯応え!
 
 腰つきが強いタイプで、ボコボコした縮れのフォルム。しかも表層はツルッツル。ズボボボボボーーーーと啜らずにはおられないオレ。ですから、啜っている最中は麺が暴れまくりです。なるべく丼に顔を近づけて食う戦法で対応しますが、時々隣客から変な目で見られますから、本当はこう言うタイプのラーメンには紙エプロンが欲しいです。自前でカバンに入れて持ち歩こうかとも考え中。
 
 
 
 
<もやし> 熱々で焦げが香ばしく!それなのにシャキシャキ歯応え完全キープで素直に旨し!
 
 根切りされた太いもやしたち。これが実に美味い。まさに中華の技法というか、超高火力で中華鍋を使い、一気に高速で炒めて仕上げる・・・決して家庭ではできない技ですな。南浦和での独身生活時代には、金をセーブしようと月末はもやし炒めばかりで過ごしておりましたが、一度も自分で満足できた試しなし。何が違うって・・・・温度が熱々で火傷しそうなのに、歯応えがシャキシャキしてるところ。だったら火の通りが甘いのか?と言うと全然そうでなく熱々な野菜の汁があふれ出ますわ!。その汁がまた美味い上に、もやしの所々に焦げ目が生じて、その香ばしさがたまらん!。入店したとき感じた中華鍋を振るう音が、改めて思い起こさせますね。
 
 
 
 
<チャーシュー> オーソドックスな豚バラチャーシューがとっても質感高いのだ!肉増し必須だったわ!
 
 実はチャーシューも自慢の店だったとは予習が不足してました。「3枚チャーシュー」と言うメニューがあって、それがよく出ていました。実にオーソドックスな豚バラ肉です。しかしその仕上がりがトロトロと感じさせるほどに柔らかく、味噌ラーのスープに浸ってその相性が抜群なのです。持ち上げると自重で割れ目をあちこちに生じさせ、その隙間にスープが入り込みます。脂身は皮に近い部分までキープされてますし、脂の一番甘いところを確実にキャッチしてます。これは・・・肉一枚で茶碗飯一杯は食えそうかも。今回は逃しましたが、こちらでは肉増し必須と申せましょう!。
 
 
 
 
 総じまして「まさしく王道の札幌味噌!濃密なる旨味の溶け込みは季節関係なく旨しだった!」・・・と言う感想。花見が過ぎて少し冷えた体にはまさにベストマッチと思って食ったが、旨さで季節感なんて全く忘れて夢中で食いきってしまった。一気に完食完飲!。横浜で味噌イメージあんまりないけど行く価値あり。味噌に拘らなくても醤油や塩、担々麺もあるので、散策のついでに激しくオススメでございます。そんな応援気分冷めやらぬですが、とっとと最後に詠って、いつものように締めたいと思います!
 
 
 
   風に揺れ
   五分咲き桜
   肌寒し
 
 
 
   暖が嬉しき
   焼き味噌旨し
 
 
 
 お粗末!と言うことで家族にも感謝しながら合掌!!今日も本当にごちそうさまでした!!!

投稿 | コメント (4) | このお店へのレビュー: 1件

「味噌煮干そば」@江戸前煮干中華そば きみはん 五反田店の写真とまそんのブログ: https://www.ramentabete.com/entry/2019/04/02/000000
とまそんのYouTube: https://youtu.be/TRwa8vIahOg

<なかなかダウンをしまえない・・・今年の春>
 
 この店は実は個人的には思い出深い。関西転勤中の東京出張で、新幹線で帰る前にサクッと品川から移動しては食ってたっけ。一番仕事もプライべートも充実しており、体力もあったあのころ。平成ど真ん中で、いつもくたびれて中華そば食ってたんだが、希望があったもんなー何だか。今や平成も過ぎ去り、令和の世になって新しい希望をはやく見つけてないといかんわなー。
 
 
 
 
<全体&スープ> 煮干名門の味噌味コラボ!生姜溶けるが背脂も追討ち!しかも辛味でぐいぐいと食わせる!
 
 おおお!これは何ともまたガッツリ感ある味噌ラーメン!江戸前煮干が単に味噌味含むかだけかもと、少し舐めてたかもしれません。立派で本格的な味噌ラーメンで、野菜の盛り具合もさることながら、生姜の薬味もガッツリ投入されてます。これは腹持ちよさそう。
 
 この手のタイプ、野菜の汁がベーススープにも溶けてより旨くなるんだよな~。トッピングにはネギも見て取れますが、ほとんどモヤシ。茹で上げ直後の熱々さで湯気がおさまりません。味噌がよりマイルドになる旨味でまずは堪能しはじまます。そのスープですが、想像通りな部分もあります。煮干ベースのスープに味噌エッセンスがプラスなので、表面には煮干粒子の浮きがあるし、また風味に「きみはん」らしい甘味と香ばしさを漂わせる煮干感です。ライト煮干が味噌プラスでややハード系に傾斜したかもと・・・この時点では感じていた。そして薬味の生姜をゆっくりとかしてゆき、味噌をさっぱりさせて味わうつもりでした。
 
 ところがよく見ると背脂もしっかり入っているのですな!これは案外見逃しがちで、個人的には薬味がさらに増えたような感覚でした。野菜と生姜でさっぱり感させるところを、背脂でこってり方向へ微修正の味わい。シンプルな味噌ラーのはずが、結構カオスな旨さの凝縮体と変貌してゆきます。まだ面白さが終わらない!。見た目に少しだけ視認できる唐辛子の赤いかけら。ほんのわずかだから気にも止めてなかったが、見た目以上にじわじわと辛さが感じ取れます。唐辛子系の辛味は味噌と相性がいいのはテッパン!。それだけでなく、煮干の風味にも案外マッチして感じられました。かなり気に入った様子で、気が付いたら汁の2/3以上を飲み干そうとする勢い。もちろんこの後完飲です!。
 
 
 
 
<麺> つけめんと同じ??ヌツヌツとした密度感ある歯応えに滲むグルテンの風味!あつもり感覚でボリュームたっぷり腹持ち感 SO GOOD!
 
 麺も実は予想外でした。きみはんの汁系は、加水が高めのストレートに近い細麺だったような記憶。やや黄色めの色合いも印象的で、玉子か練り水の反応かといつも思って食ってるんだが、それとは違った。つけ麺用をそのまま流用しているのかな?。もともとつけ麺もそれほど太麺でもないタイプのはずなので、何となく同じ麺かと察した流れです。
 
 この麺がじつに食べ応えと満足感を与えます。まず質感ですがグルテンの風味をしっかりと感じさえるようなヌツヌツとした歯応え。汁系にしては太目なのでクツクツと言うより弾力にボリュームを感じます。きみはんをはじめ、TETSU系列のつけめんって「あつもり」が結構人気度高いと思ってますが、ちょっとそんな雰囲気も脳裏をかすめます。もともと地肌がきめ細かい上に、軽い滑りもあると思われます。そこに背脂溶け込んだ汁を通してくるから、スベリは納得の軽さ!。そしてボコボコした縮れが軽いタッチを与えるスベリのシルエット。ズボボボボボボっとすすり上げるのが実に楽しい!180gはあったのだろうか・・・結構長く楽しめたようです。
 
 
 
 
<チャーシュー> とってもなじみ深い煮豚タイプの豚ばら肉ロールタイプ!底に沈めてサルベージして食うべし!
 
 本当にこの手のチャーシューとは長い付き合いです。いわゆる煮豚タイプで、スープ生成にも利用した作りこみ。脂身が多い部位がいい感じに脂が抜けており、そして肉自体は柔らかいです。味付けはとても低めで、そのままだと少し頼りないかも。なので上にトッピングされた状態でも、スープに一旦沈めこんでおくことをおススメします。あとで引き上げたときに隙間に汁の旨みが染みこんでおり、その瞬間の残った脂身との味わいが楽しいです。1枚だけじゃなかったら、ほかに野菜を巻き込んで食っても旨かろうでしょうね!。
 
 
 
 
<やさい> やはりアツアツ~でどっさり感覚あるモヤシが嬉しい!汁とからめて味わい深く!
 
 ほとんどモヤシでした。出すタイミングを見計らってテボの中へ野菜を投入。茹で釜にそのままつけて、数十秒程度で軽く引き上げて仕上げにのせてくれます。写真に収めるとどうしても盛り具合がフツーに見えるのですが、実際はもっと迫力あり!。腹減ってるときに大盛にモヤし増しを重ねると、プチ二郎じゃないか?と思えるほどマシマシ感たっぷりでしょう。
 
 やはりアツアツでシャキシャキ感がキープされてて旨い!。特に麺と絡めて一緒に食う方がいいね。お互いの歯応えが楽しい一方で、やはり弾ける汁のさっぱり甘味が、濃厚味噌味の中では新鮮でフレッシュ。これを感じながら食えるのは、モヤシのいいところで、麺と抱き合わせで食らうとより一層鮮やかな味わいと食感です。
 
 
 
 
 総じまして「煮干名店にして煮干エッセンスのみならず!明るい味にガッツリ感プラスの崇高味噌麺!」・・・と言う感じでしょうか。案外フツーの味噌ラーメンに見えますが、きみはんなりのエッセンスを深く感じます。味噌麺は冬のものと限らず、いつでも旨いものは旨い。もし花見で冷えたら・・・味噌麺で暖まるのもいかが?。そんな宣伝と応援気分が収まらぬうちに、とっとと最後に詠って、いつものように締めたいと思います!。
 
 
 
   雨風に
   ほころぶ花も
   揺れ震え
 
 
 
   旨さに震える
   味噌煮干し哉
 
 
 
 お粗末!と言うことで家族にも感謝しながら合掌!!今日も本当にごちそうさまでした!!!

投稿 | コメント (4) | このお店へのレビュー: 4件

「cheese on 味噌らぁ麺」@麺や維新の写真とまそんのブログ: https://www.ramentabete.com/entry/2019/03/02/000000
とまそんのYouTube: https://youtu.be/9gTYhXPaHow

<デゥエ イタリアンのチーズコラボで味噌ラー堪能>
 
 久しぶりな気もするが実はそんなに前回訪問あら間が空いたわけでもなし。「麺や維新」は私にとってそんな店でして、場所柄アクセスしやすいのもあっていつも気になる存在です。いつも客層はわりと若めでして、毎回浮く存在である私ですが、淡麗な出汁、美しい麺線が気になると平日はこちらへ伺ってしまいます。そんな流れで今回も訪問。ほぼ分かり切ってる味なんだけどね・・・。
 
 
 
 
<全体&スープ> 発酵系同志のコラボレーション!相乗効果侮れず!旨みが指数曲線のように累計化てゆく!
 
 おおお!味噌と言うより何とも眩しい山吹色じゃないか!。見本よりチーズ自体は沈んでいるが、スープ全体の印象が素朴さよりも洗練さを感じさせるほどで、味噌だってスープ感覚に見えてしまう。鶏ガラのエキスは相変わらず表層にも煌めいているし、維新の一杯というセンスには統一感あるね。などと観察しているうちにチーズが溶けだしてきたので、急いで食わねばならぬ。
 
 さてその味噌味ですがちょっと舐めてたら失礼なほどに、好みにドハマりでした!。実は田舎味噌イメージの素朴さもキープしている感覚。コンテンポラリーな味噌ラーだったら、赤味噌っぽい塩気と引き締まった風味輪郭で攻めるところなんだろうが、「甘味をキープ」している麦味噌っぽい旨味も感じられてこれが実に旨い。味噌も複数ブレンドしたと思うけど、その中で大豆の欠片がそのまま出てくるのは珍しい。最初は挽肉かと思ったけど、味噌大豆だと分かった・・・。これを噛み潰すと旨いのだよね。そして何を言ってもチーズとのコラボなのだ。思えばどちらも発酵食品。合わない道理はないわけだった。蕩けるチーズはモッツアレラなのかそれに近いものと思われるが、スープ熱で見る見るうちに溶けてゆく。そしてクリーミーな仕立てに変化してゆくとともに、チーズの風味と塩気と淡い酸味が、甘い味噌味に滲んでゆく。そこから一体化したかと思えば、ぐぐっと味噌風味の濃厚さが引き出されたようにぶわーーーっと膨張してゆくから驚き。チーズの風味が味噌の風味にプラスされると別ものかと思うレベルアップです。
 
 
 
 
<麺> 多加水平打ちストレート麺!個性豊かな汁はつけ麺ライクなガッシリ麺が受け止める!
 
 スープばかり飲んでいるわけにはいかない。程よいところで麺に切り替えて味わいます。麺はつけ麺用の平打ち型の多加水ストレート麺?。非常にモチモチと明るさを残しますが、表面はツルツルでのど越しに良さそうなタイプです。割と汁も吸い込むタイプらしく、スパスパと前歯でも切れ込みが心地よいタイプ。またのど越しまでシルエットを明確に感じるので、平打ち太麺にしてはズボボボっとすすり上げがライト。
  
 後半は部分的にネットリとチーズが絡む。クリームパスタを食っているような感覚に陥りますが、それがまたうれしい誤算で旨い。ツルツルさが命な麺が、ねっとりネバネバチーズに足元を取られたような絡みつきが、舌の上に伝わって味風景をねっとりと堪能してしまいます。こいつが堪らん。本音は今回だけは確実に大盛にしたかったのだが、こちらはつけ麺以外は対応不可。ここだけは善処してほしいのだがな・・・・。飯割を推奨しているのか???
 
 
 
 
<チャーシュー> 半レア肉を・・・チーズホンデュのように絡めて食う
 
 もう王道の肩ロース肉の半レアチャーシュー。現代チャーシューの王道、低温調理タイプで、これまでこちらのレビューでもさんざん語ってきた薄味で肉味芳醇!歯応え柔らかな崇高タイプです。しかし今回これに止まらないのは、チーズ絡みということ。チーズが溶けた味噌スープに浸し濡らして食うのもいいが、少しでもいいから蕩けたチーズを絡めて食うと、倍旨く感じる。チーズホンデュとまで例えるのはオーバーなんだが、それに似た感動を一瞬でもしてしまったから、もっとチーズも肉もくれと本音では叫んでいた次第です。
 
 
 
 
<チーズ他> 単体で味わうことなく、ほぼ全体絡みまくって汁に完全に溶けて全体貢献
 
 ドゥエイタリアンでもフロマージュのラーメンは食って感動したはずだが・・・今回の方が新鮮に記憶に残るかも。既述の通り、味噌との相乗効果によるものだけど、それ以外に味噌に相性がよい薬味が、チーズにも影響を与えているようです。まず見ての通り一味系のスパイスは、実にチーズの発酵感とも合う。また気のせいかっもしれませんが、挽肉の旨みの中に生姜に近い風味を感じたんだが、これがまたチーズにも合うとは知らなんだ。
 
 こんなこともあって、チーズは少し単体で味しめようとした考えを改めて、途中からすべて汁と麺とトッピングそれぞれ絡めて食うことにして、堪能しつくしでございます。できれば金払うからダブルチーズ!いやいやそれでは味の厚化粧が過ぎるか・・・・。
 
 
 
 
 総じまして「ありそうで・・・やっぱりあり!な名コンビ!味噌×チーズの崇高コラボ麺!」・・・と言うそのままの感想。価格を見てしまうと悩むかもですが、まだ寒さが残るうちにこんな味噌もいいもんです。特に外国の方にはとっつき易い味噌味に違いない。海外から遊び来る友人にはこれを勧めてみるつもり!。寒さがまだ残るうちにこんな味噌いかがでしょう?そんな宣伝気分のままですが、とっとと最後に詠って、いつものように締めたいと思います!。
 
 
 
   ゆく冬の
   味の名残を
   噛み締めん
 
 
 
   味噌の深みに
   暫しの休息
 
 
 
 お粗末!と言うことで家族にも感謝しながら合掌!!今日も本当にごちそうさまでした!!!

投稿 | コメント (5) | このお店へのレビュー: 11件

「味玉味噌」@灼味噌らーめん 八堂八の写真とまそんのブログ: https://www.ramentabete.com/entry/2019/02/21/000000
とまそんのYouTube: https://youtu.be/vtYR4oe0PA0

<いつの間に・・・ドンキの本店中目黒!?目指して来れば驚きの味噌ラーと遭遇!>
 
 まだ春は遠いよねー・・・こうも寒いとやっぱり味噌ラーメン気分。頭の中が味噌ラーメン一色で、これはいったいどうしたものか・・・。そんな感じで東急東横線に揺られながら、昼飯を考えてたところ、ブックマーク情報を整理してたら、忘れてた気になる店を再発見してしまいました。それが今回の「灼味噌らーめん 八堂八」さん。ここはいっちょ行っとけということで、途中下車して突撃です。しかし地図を甘く見てた。ドン・キホーテ目指して行けばよいのだが、結構中目黒から距離があるじゃねーか。しかも中目黒本店だなんてドンキの本店は府中じゃなかったのか?。泥棒市場のようなあの怪しい空間が懐かしい府中店。いまやドンキと言えば、一大流通事業者だよね。時代は変わるな・・・。
 
 
 
 
<全体&スープ> 白味噌仕立てでコクプラス!麹と生姜で塩気と香味を立て!更に淡く山椒風味で華やか痛快!!
 
  スープと野菜等具材と一気に炒めたため、その白濁感が白味噌とかぶり、面白い白濁に感じます。しかもそこに白胡麻を擦ったような・・・湿ったザラツキ感の中に香ばしさとコクの深さを知ってしまう。食ってるときは胡麻と感じたが、コメントにまとめだすと・・・後で語る糀だったかも?と迷いがでてくる。しかしここに肉の上にあった擦りおろし生姜が溶ける。単に甘ったるくなく、生姜の滋味で輪郭と風味が立ち上がる味わいです。
 
 ポイントは他にも。例えばスープと一緒に痛めた具材たち。これらは炒(チャオ)されると香ばしさと甘味を吐き出しますが、これとベーススープの旨味は、炒め作業により一気に乳化される。このため、ここにも旨さの秘訣が溶け込んでいるようす。さらに店のうんちく書きによると、具材たちには「糀」を加えているため塩気にも旨みが滲むという仕掛け。改めて考えると凄い味重ね。味噌ラーの中華鍋仕立てってやつは、だから旨いのです。まだ味重ねが終わらない。仕上げにどうも山椒を加えているようす。中華鍋に山椒とくれば四川系おジリジリ感を連想しますが、そのずっと低いレベル感の刺激。1/10程度の淡い軽やかさですが、コク深い白味噌仕立ての甘味にとてもコントラスト的に感じられ、味わいは立体的に広がる感覚です。スゲー・・・・こりゃスゲー。
 
 
 
 
<麺> 小林製麺:札幌の味噌麺イメージのハードクシクシタイプ!まさに「味わう」ための麺!
 
 前歯でプツリと千切るとすでにブルンと切れ端がスープに落ちながら跳ねる。奥歯へ運んでプレスするとクッシリとした弾力を感じさせてくれるし、汁と一体となった炭水化物感が、唾液腺を刺激し始める。これはしっかりと噛んで味わう麺だと思うよね。ハードなクシクシとした味わいにスープの旨みを感じますが、同時に麺自体にも旨みの本質があるのを伝えてきます。これはいい、これは旨い。デフォルトで160gとのこと。これなら300gは軽く行けるはず。
 
 
 
 
<チャーシュー> 何も言わなくとも分かる旨さ・・・それが王道豚肩ロースのスライス肉なのだ!
 
 もう説明することもないような、王道の豚肩ロースのチャーシュー。少し前まで生姜がたんまりと乗っていたため、口の中がその味を待ちかまえますが、実際は塩豚の脂の甘味、そして汁を吸い込んだ肉身の旨みに溢れます。自重で崩れるほどに柔らかいし、大判サイズに文句はなし。まさに、何も言わなくとも伝わる味イメージじゃないだろうか。定番は定番なりにしっかり丁寧な作りこみだけで十分旨いと確信です。
 
 
 
 
<具材> 具材も主役を食うほどの魅力的な旨さ!山くらげにぞっこんなのだ!
 
 いつも「その他」として扱われがちの脇役に注目したい。すでに主役を食うほどに旨い。白ネギとモヤシを少々炒め煮たものに、フレッシュな白ネギをプラス。それらの甘さと清涼感は流石なのだが、ここに「山クラゲ」が入っているのが実にいいね。コリコリとした歯応えは言うに及ばず、出汁が染みて味わい深い上に、麺と絡んで歯応えを複雑にする。さらにはその咀嚼により具材の旨みを麺に移すのでたまらん!。後から券売機を見ると「山くらげ」は追加トッピングも可能であった。これはこれから訪問する方には是非最初から追加トッピングをおススメしたいアイテム。
 
 
 
 
<味玉にハズレなし!> 丁度いい塩梅・・・塩気と甘さバランス!加えて温かみの伝わる温度感!
 
 今回は味玉にたどり着くまでに感動が多かったので、味玉がイメージから浮いてしまうかもと思ったがさにあらず。全体的に塩気と甘味が拮抗している味わいの一杯にあり、味玉もそのバランス感が合ってました。タレ浸透の円やかな甘みが熟成した余裕を感じさせますが、仄かに塩気もまとう後味にバランスの良さを感じます。白飯でも熱燗で似合う味玉。また特に秀逸だったのは温度感。味玉って中心部の温度が時々冷えてて興ざめするんだが、こちらはねっとりと温度が感じられ、卵黄の熟成さに磨きがかかるという仕上がり。旨し!そしてやっぱり味玉にハズレはなし!。
 
 
 
 
 総じまして「駅から通りから・・・少々離れてても十分に食らう価値ある味噌ラー!味噌好きならずとも一回食っとけ!」・・・と言う感動ものなる逸品。ちょっと無理して時間作って、寒いうちでもご賞味いただきたい次第です。私もすでに辛味噌が気になってるし、、トッピングをプラスして侍らす計画中。地元民だけの旨さに閉じ込めておくのは勿体ないので、大いに宣伝したい気分。まあ一回来てみなはれ・・・。八雲@池尻大橋からの連食も可能でっせ(へへ・・・)。そんな肩入れのまま、とっとと最後に詠って、いつものように締めたいとます!。
 
 
 
   疲れても
   とぼとぼ歩く
   道のりも
 
 
 
   食らう価値あり
   絶品味噌ラー
 
 
 
 お粗末!と言うことで家族にも感謝しながら合掌!!今日も本当にごちそうさまでした!!!

投稿 | コメント (6) | このお店へのレビュー: 1件

「味噌 大盛」@すみれ 横浜店の写真とまそんのブログ:https://www.ramentabete.com/entry/2019/02/20/000000
とまそんのYouTube:https://youtu.be/vZv--wNRVeE

<寒いうちに味噌行っとけぇ〜って横浜へ>
 
 どうせなら混雑回避で、行列見込まれる店でも狙っておこう!。そんな感じでオフィスに戻る途中、やや遠回りして野毛へと逃れる。狙いは今、関東のラーメンヲタクの間ではホットな話題であろうと思われる「すみれ横浜店」。流石に昼間は閑散とした野毛の飲み屋街。ここに小奇麗な居酒屋かと思える店箱があって、それが「すみれ」です。しめしめ・・・・行列ゼロ。と思って店内に入ったら店内待ち多数(汗)。なんだよ・・・こんな時間にも盛況混雑かよ。とほほ・・・。
 
 
 
 
<全体&スープ> 炒めの力に麦味噌と擂り胡麻の甘いコクと香ばしさ!分厚めラードがコク深く~まさに旨さの熱気!
 
 しげしげと舐めるように見まわしたあとは、味を堪能ですが・・・うう、札幌味噌のイメージの通り。経験値の浅いオレに王道を示してくれているような、オヤジのデカさで受け止めてくれるよう。まずその味噌だが、最近の流行に背を向けるかのような甘味が実に深い。この甘味には3つあって、まず麦味噌かと思える麹の芳醇な甘み。これに尽きるきがします。味噌って塩気を期待したいものだが、甘めの味噌というのは、白味噌とはまた違った素朴さとワイルドさがあって、またなじみ深い味わい。そんなのがいい。そして野菜の甘味。モヤシの炒めっぷりが、そのしなしなとした状態に表れていて、スープに溶けだした野菜エキスの甘さを吐き出し、味噌に合体したイメージが容易にできそうです。そして胡麻の擂りこみ・・・入ってるよね?。前半にはイメージしたが後半には消えてしまった・・・。
  
 そして「香ばしさ」がいい!。もちろん、これには既述の「炒め」がすごく貢献していると思いますが、併せて胡麻も香ばしさを少し貢献しているし、また何と言ってもラードの風味。全体を薄く膜を作るようなラードの層が、コク深くしていると同時に、何となく香ばしいエキスを含んでいるようなイメージ。まさに熱気も旨さも逃がさないように、蓋をしているような役割もありましょう。薬味はシンプルにネギの刻み。つべこべ言わなくても「多め」なのが嬉しい。結構最後まで汁や麺に絡んでザクザクと楽しませてくれます。またデフォルトで微妙に・・・・一味が泳いでいるシーンもあって、味の輪郭形成に貢献しているのかもしれません。
 
 
 
 
<麺> デフォルトでもクシクシ中太強縮れ麺の質実さ!噛み締めて味わいたい逸品!
 
 いかにも北海道の製麺所らしい麺ですね・・・。力強く感じる太くて強い縮れ麺。全体的に黄色くて玉子打ち込み感強く、潰しこみ高くて密度感ある麺。ゆで時間もそれなりにかかるタイプかと。今回はこの日初めてまともなものを口にするとあって、猛烈に腹が減り大盛とさせてもらいました。
 
 同席の他客などは、麺の指定をカタメなどと伝えてましたが、いやー・・・このままデフォルトでも結構なクシクシ感ですよ。まさに噛んで味わう感じで、迂闊にも気を抜いてズボボボっとすすり上げると、ブルンっと力強く跳ねて滴が飛ぶ。短くズボっと啜り、あとは箸で引き込みワシワシと食らうのが常道でしょう。噛むのが楽しい。中華鍋で炒めたモヤシと挽肉が麺の縮れに挟まって、ともずれに食らう歯応えも楽しいし、また素のままで麺を潰すのも、麺自体に味があるようで、味噌味とかぶるグルテンの風合いがいちいち旨い。もちろん、ネギをひっかけてくるときの、ザックリ感と、麺のクッシリ感が混じるのも最高。大盛があっと言う間になくなるではないか!。
 
 
 
 
<チャーシュー> 見事にスカスカした引き締まり度を感じるハードなロース肉!?汁にたっぷり沈めて食らう!
 
 一つだけ難を言えば、デフォルトスタートが高めな設定なこと。900円スタート(ハーフ除く)だから、味玉もチャーシューその他も追加躊躇ってしまった。トッピングの1枚と真剣勝負で味わいましょう。これが見事な昭和イメージな肉味。平成と共に進化した「すみれ」だと思いますが、肉のスピリットは前の世代ですね。スープ生成に貢献したと思われる、脂少なめのスカスカなフィーリング。そこに濃い味を重ねて味わう肉のイメージ。なので、端っこを食ったとたん、しばらく汁に沈めて放置しますが、それでも汁吸い切らない部分のクシクシ感を楽しむのがいい感じです。意外にこれは、飯よりも酒に合うかも。
 
 
 
 
 総じまして「やはりハズレなし!北からやって来た冬のご褒美的味噌ラーメン!」・・・と言うしかないでしょう。毎日ラーメン食ってるオレですが、味噌ラー経験値は誇れるものではなく、今後基準の一つとさせてもらおうかなと感じる北の王道味でした。大盛が軽く食えて、最後の汁まで完飲!。丼の底には「感謝」の文字。こちらの心もそんなイメージ。食い終わって感謝をイメージで重ね合わせました。ごちそうさまより、ありがとう。そんな気分で、とっとと最後に詠って、いつものように締めたいと思います!。
 
 
 
   待ちわびる
   春の陽射しも
   遠からじ
 
 
 
   過ぎ去る前に
   冬の味噌ラ
 
 
 
 お粗末!と言うことで家族にも感謝しながら合掌!!今日も本当にごちそうさまでした!!!

投稿 | コメント (7) | このお店へのレビュー: 1件

「みそら〜めん並+もりだくさん野菜好き」@麺小屋 てちの写真とまそんのブログ: https://www.ramentabete.com/entry/2019/01/30/000000
とまそんのYouTube: https://youtu.be/f6nOgsR5a5M

<変わるところと変わらないところ・・・着実なる進化のお店>
 
 ちょっと余裕があったお昼時。プチ遠征気分でJR南武線「武蔵新城」駅へとやってまいりました。こうも寒くなると、こってりした汁系を頂きたくなる昼飯時。猛烈に味噌ラーメンが食べたくなった!。蒲田まで待ちきれないのもあって、距離的には近い「麺小屋 てち」へとやってまいりました。東横線「白楽」界隈の名店ご出身の方が、腰を据えて開業している味噌ラー専門店。TRYもしっかりと受賞されてる人気店。流石に行列になるよね・・・・。一人オペレーションの店ですから、回転はある程度ご理解が必要と思われます。
 
 
 
 
<全体&スープ> 素朴感ありありの麦味噌風甘味コク!ここに山椒と辣油の程よい刺激がナイスバランス!
 
 やはり味噌ラーは「味噌が決め手」である味噌の味が一番気になります。何を置いても先に味を確かめますが・・・ああ、この店らしい優しくて素朴感覚あふれる甘味とコクの深み。安らぎを覚えると共に食欲を掻き立てます。どちらかと言うと麦味噌の円やかさとシルキーな溶け具合。麦100%かは存じ上げぬが、この味噌感なら子供連れでもOKの安心感です。塩気が無くはないが、塩気を探すと旨みにぶつかり、旨みを舌の上で転がすと発酵系の甘味を感じるのです。野菜の出汁が溶けている風でもなく、味噌の力そのものが甘味あり。
 
 ここにまず影響を及ぼすのが香味油。明らかに辣油をベースにしたシャープなキレが薫る。しかしそれほど暴力的でないだけでなく、マイルドな味噌味を合わせて見比べると、こころなしかマイルド担担麺にも通じるような甘味と辛さとシャープな刺激が感じ取れるかも。それをもっと印象付けるのが山椒の痺れ感覚。決して暴力的ではなく、チリッジリジリッっとした濃ゆい目の香り程度で響き渡ります。そして何と言っても最後は野菜の汁。細かくキレイに刻まれた紫玉ねぎだけでも、ほとばしる汁が甘味と清涼感を与えてくれるでしょう。これがニンジンのオレンジ色と、万能ねぎの緑色に共鳴してとても映えるから、インスタ映えもするであろう。決定的なのは何と言ってもモヤシ。このボリューム感と熱々シャキシャキさから、非常に淡泊でやさしい汁がほとばしるのです。味噌を一層マイルドに仕立てるように・・・。
 
 
 
 
<麺> 村上朝日製麺:ヌッチリ!とした分厚い物腰!ヌツヌツとした詰まった反発感!濃密な味噌コクと薬味刺激をガッツリと受け止める!
 
 まぜそばも大人気で汁系と二分する存在感。汁なし系にもガッツリとハマりそうな、食べ応えあるタイプです。ひょっとしてこのままつけ麺にも通用するような感覚。モチモチしてますがミッチリとした引き締まりのある高反発。表面はきめ細かくて、スープに濡れますが粘度が適度にあるので、ここちよくニュルニュルっとした感覚で滑り込みます。太さあってもライトに啜れる感じがあるため、油断をするとハネます。
  
 麺の風味自体は、味噌スープと香味油でマスキングされるため明確にはわかりません。ただし麺を咀嚼しだしたあたりからの旨みがしっかりしており、スープと香味エキスの個性をガッシリと受け止めてまとめる力強さを感じます。しかも並と言ってもボリューム感じるので・・・・ここは安易な考えに大盛を注文すると手痛いしっぺ返しに遭いますのでご注意を。
 
 
 
 
<肉> 肉しゃぶ的に楽しめるばら肉スライスは、なんとも味噌スープに合うのだ!
 
 チャーシューと言うより、ばら肉スライス。しゃぶっとした仕上がりで、肉質の筋に近い部分が引き締まって縮れ、反面脂肪分はプルプルとして透明感を保つ感じ。ここに刺激性香味油が絡んで、スープの甘味を吸い込んでいるから、実は思ったよりもカオスな旨みがいっぱい詰まってます。これなら白飯が何杯でも食えそうな予感。ときどき玉ねぎの微塵切りやモヤシを絡めて食うと、まるで肉野菜定食であります。旨いに決まってるし、コストと手間も省かれていのではないでしょうか。
 
 
 
 
<野菜> もりだくさん野菜好きとは・・・別皿での追加サーブにランクアップしていた!
 
 「もりだくさん」のシステムが変わってたのには驚き。以前は一種類だけだったと記憶。それが「野菜好き」と「肉好き」の二種に分かれております。しかもそれが別容器ででてきます。麺丼を受け取ったあとに、また小さい丼が出てきたから、他客のサイドメニューが間違って配膳されたかと勘違いしてしまいました。しかし追加する前でもそこそこのボリュームですよ。そこに「倍率ドン!更に倍!!」ってな感じで野菜を放り込みます。まるで二郎系のヤサイマシマシ気分じゃな・・・・遭難するかも。
 
 でもブロックのような豚肉もないし、モヤシ主体だからまだ救われました。しっかりとモヤシは奥歯で噛み潰してから胃袋へと納めるように飲み込む。モヤシは水分ばかりで、潰したらほとんどペラペラだから、いくらでも食えるゼロカロリーなのだ!と自分に言い聞かせながら・・・・。
 
 
 
 
<・・・まさかの!?> 半熟たまごはいずこへ?
 
 ちょっとだけチクリますが、完璧に記憶から抜けていたが、半熟たまごが入ってたか、入ってなかったかが思い出せない。券売機のボタンには説明がしっかりあるのだが・・・・。もう記憶力の衰えが入ってますから、あしからず。でもやっぱり最後に「ハズレなし!」と伝えたかったが。
 
 
 
 
 総じまして「素朴さとコンテンポラリーさが融合する質実な一杯!J傾向にガッツリにも転じるハイブリッド味噌らーめん!」・・・と言う感想でしょうか?。シンプルなラインナップの中に、いろいろと変化を織り交ぜて飽きさせない工夫もしっかりある。やさしくもあり、ガッツリハードな力強さもあり、刺激感やらヘルシー思考まで、何でも叶える味噌ラー。実にふところが深い見せなのであります。この冬、どうせ味噌ラー食うなら、一度こちらでいかがでしょうか?なーんて宣伝部長でもないのですが応援気分のまま、とっとと最後に詠って、いつものように締めたいと思います!。
 
 
 
   寒空に
   負ける気しねえ
   味噌の熱
 
 
 
   旨さはち切れ
   腹パン悶絶
 
 
 
 お粗末!と言うことで家族にも感謝しながら合掌!!今日も本当にごちそうさまでした!!!

投稿 | コメント (4) | このお店へのレビュー: 3件

「味噌そば+牡蠣の和え玉」@麺や でこの写真とまそんのブログ: https://www.ramentabete.com/entry/2019/01/28/152425
とまそんのYouTube: https://youtu.be/l3JIshZlk6s

<2019年 麺やでこ初詣>
 
 最近ちょっと訪問を疎かにしている「麺やでこ」。宿題店を巡るのを優先してたり、また定休日とかぶったりとタイミングが合わず、3か月ぶりに訪問。今年の麺やでこ初詣でございます。すっかり冬本番となってしまいました。冬と言えば・・・味噌そば。実はこのお店、煮干系にリニューアルする前から、季節限定で「味噌そば」を毎年冬に提供し続けているのですが、これがちょっとハンパない旨さ。味噌専門店を軽んじているわけではありませんが、ちょっと琴線に触れる旨さですよ。何かやり残し感があったので訪問した瞬間に、急に思い出してそいつを今回はゲット。

  
 
 
<全体&スープ> 冬に必ず食っとこう!今年の味噌は合わせ味噌の他「蟹&牡蠣エキス」&「生姜」!
 
 「煮干味噌」じゃなく「蟹味噌!?」。甲殻類の香ばしさが滲む味噌・・・それが2018-19 Winterでこ味噌でありました。実は煮干し専門にリニューアルしたときの味噌がとても印象的で、煮干の香ばしさと味噌の芳醇な香りの両立には戦慄を感じるほどに感動した!。その後・・・いつだったか「カニ味噌」が限定で登場して、甲殻類の香ばしさにすり替わった味噌味にもまた感動。こんどはそれがまたやってきたという味風景。味噌は合わせ味噌らしいが、赤味噌の熟成度合いが隅々まで行き渡り、甲殻類の香ばしさに結びついた仄かな酸味が実に爽快な味わい。塩気も引き連れた旨さの融合ってところがすばらしい味わいです。
 
 しかし単に、以前出した限定味噌のリニューアルではなかった。生姜風味の溶かし込みが今シーズンは新しいではないか!。生姜はいつのまにか、この店の得意分野・得意食材に昇格しておりまして、生姜の和え玉が定番定着化したあたりからそんなイメージです。それを満を持した感じで、味噌そばにもテクニックを施したという流れ・・・・。味噌の熟成感じる分厚さに、生姜の清涼感は実に合いますし、酸味の後味と香りの抜け具合も素晴らしく共鳴しておりますよ!。口当たりは味噌の風味とカニ甲羅の感じ。中盤意向は生姜がイメージを占めます。後からうんちく書きで知りましたが・・・牡蠣エキスも出汁に溶けていたそうな・・・。恥ずかしながら、相当好きな牡蠣味なのに、本実食では意識できませんでした(汗)。
 
 
 
 
<麺> 食べ応えをしっかり感じる中太ボコボコ捩れ麺!多加水の中にきゅっとした引き締まりもあり、サラサラ味噌スープの香りが染みる
 
 中太でやや平らか・・・そしてボコボコとした形状の捩れの多加水麺に、この数年は安定してきたという印象です。多加水と言っても単に明るいだけでなく、中心部には引き締まりと風合いを保つタイプ。味噌の濃厚な味わいを受け止める風味の分厚さは持ち合わせます。前歯の千切りからヌツリと感じる重めの反発があり、奥歯へと進めて潰しにかかるとヌチヌチとしたグルテンの引き締まった存在を感じます。味噌の風味と塩気と、太麺のグルテンの相性は抜群。「そば」とは言っても味噌には饂飩ライクな太麺がお似合いと、再認識させられます。
 
 ただ旨いので我を忘れて調子にのって、ズボボボボボーっと啜りすぎると、ハネをまき散らし、手痛いしっぺ返しを食らいますのでご注意を。ほぼ一年ぶりの興奮も手伝って・・・・久しぶりに私、ワイシャツにやらかしてしまいましたわ(号泣:味噌は落ちにくい)。
 
 
 
 
<チャーシュー> 安定安寧を超えたテッパン的相性の良さ!2種の低温調理肉が味噌に濡れて味わい深し
 
 これも語りつくした感のあるチャーシュー。低温調理の鶏豚2種チャーシュー。日本の大都市圏のラーメン店には、このスタイルがかなり浸透した感がありますね。最近では作り方もネットで紹介されているし、アマゾンで真空パックも手軽に売っている。広い家と大きな財産があれば・・・趣味でやってみたいんだが(実は作るのも相当好き!)。
 
 ただいつも「味噌スープに半レアは合うのか」と思って食い始めるのだが、やはり旨さはテッパンでありあした。鶏の胸肉コンフィなんて、薄い塩味か清湯でさらして食いたいと思いきや、味噌味は何でも旨くさせてしまうズルいやつ。繊細な鶏胸肉繊維の隙間に浸透して、一気に風味付けをしてしまうがこれが旨し。また豚の肩ロースだってそうなんだけど、こっちは脂身が少しありつつも旨く味噌が処理してくれる。思えば豚肉を味噌和えで炒める料理も多数あり、これもテッパンな組み合わせであった・・・。

 
 
 
 
<和え玉> やっと食えたよ[限定]の牡蠣の和え玉!立派な一品としても通用する質感の高さよ!
 
 牡蠣ペーストの乗った汁なし系。こいつが痛烈に好きなオレ。それ目当てに遠く埼玉飯能の「と多゛食堂」にまでわざわざ行ったことがあるくらいです。それが、こんな気軽なエリア武蔵小杉で限定提供されとるとは・・・・知っとったが、ようやくタイミングを得ました。それはこんな麺顔。[限定]扱いで400円也。一般的な和え玉/替玉と比べると倍以上するが、旨さと満足度は4倍なのでお安く感じてしまいそう。
 
 
 さて牡蠣ペースト。意外に黒い色合い。一見「おはぎ」が乗ってるのか?と思えます。牡蠣肉だけでなく、味噌合わせてあるんでしょうか・・・・とても食べやすく、そして塩気もほどおどで濃密な旨み。麺はストレート細麺で極細系で、薄く鶏油系の香味が混じってます。この麺と牡蠣ペーストを混ぜ合わせるが、そんなにぐちゃぐちゃとせず、待ちきれないから早めに食らいついた!。嗚呼・・・牡蠣その他の滋味が深い風合いが一気にクチの中を駆け巡り、麺のほかほかした半分しめったグルテンの風合いが良く似合いますよ。
 
 
 半分途中まで食いだすと、玉ねぎ微塵切りと青ネギが絡み、ようやく狙った味わいが完成。ねぎの香味は混じるとどうしてこんなに旨さが化けるのか!?旨いもの食っている最中だけは、仕事の嫌なことやプレッシャー、国内外の腹立つことなど、一切忘れてしまうよ・・・・。嗚呼、世界平和とは、飢餓を無くすこと、格差を是正すること、旨いものはみんなで食うこと。これで達成できるような気がしてくる。
 
 
 
 
 総じまして「淡麗にして味の深さと中身の濃ゆさ!毎年冬には一回食っとけ!崇高なるでこの味噌そば!」・・・と言う感覚。絶対に間違いがないので、私自身同僚には激しく勧めております。トッピングも旨い上に、こうした和え玉が格別だし、茶漬けセットなども常備でこれが捨てがたい旨さ。久しぶりに夜に訪問してみたいです。そんな私常連の中でもイチオシトップクラスの店!。大切な仲間と是非!って宣伝したところで、とっとと最後に詠って、いつものように締めたいと思います!。
 
 
 
   冬空の
   目にも染み入る
   青さ哉
 
 
 
   腹に沁み入る
   でこ味噌旨し
 
 
 
 お粗末!と言うことで家族にも感謝しながら合掌!!今日も本当にごちそうさまでした!!!

投稿 | コメント (6) | このお店へのレビュー: 31件

「特製辛味噌らーめん大盛」@東京味噌らーめん 鶉の写真写真付きコメントフルバージョンなら・・・
https://www.ramentabete.com/entry/2018/12/18/000000
YouTubeにまとめたよ!
https://youtu.be/glTU_S4Bjd0

<こうも寒くては冷えたビールより熱々味噌麺で癒されたい!>
 
 ・・・いろいろあって一旦外へ出たものの、寒いーーーーー!。ビール飲む気満々だったから、クルマで行く訳にも行かず、チャリをこいて向かったのだが、途中でこりゃ無理だ・・・などと弱音を吐いてしまいます。何がビールだ!凍えて死んでしまうぞ、熱燗だ熱燗!。ただ熱燗だすラーメン屋は滅多にないぜ。邪魔臭がらないで、徒歩バスと電車移動しときゃ良かったと深ーい後悔しておりました。武蔵境界隈まではね。
 
 
 
 
<赤白味噌の合わせでコク深く!素朴なようで上品味噌スープ!辣油は旨味含む辛さ!>
 
 これは少し前には何度か食い続けた味噌味でして、相変わらず旨いのです。味噌は色々産地により、素材により色合いや風味が随分と違ってきますよね。また甘さ・辛さ・熟成さも多岐に渡るので、これこそがラーメンブロガー泣かせなのですが、この店は「東京味噌」と冠にあるように東京都内の産地の味噌をご使用なのだとか。如何にも合わせ味噌という安定して、甘さ・辛さ・香りのバランスが素晴らしいのです。一言なら「まとまり感の崇高さ」でしょうか。味噌ラーメンってワイルド感あるのが多い中、どことなく気品ある麺顔に見えませんか?ここに辛味を代表する「辣油」が一気に投入されております。さてこの辣油・・・滑らかさとザラツキの両方の良さを兼ね備えてます。表層はまさにカプサイシンが溶け込んだ、赤く悪魔的な刺激!そして痛快さを演出!!。
 
 
 
 
<ベースの鶏ガラ優しさ!野菜の炒め香ばしさ!そして甘み!これだから味噌ラーは嬉しい>
 
 何も味噌と辣油だけがキャスティングじゃありません。ベースの出汁とトッピングの汁気。これが如実に存在感を表すのが味噌ラーメン!。中華鍋の魔力!。他のラーメンのようにタレを使うでなく、野菜を炒めながら旨味を作り出し、そこに味噌とベーススープを投入し、炒めの香ばしさと甘味を一網打尽にスープに吸着させます。野菜が炒められて焦げと香ばしさが生まれ、それが丸々スープに溶け込むかのようです。味噌ダレ攪拌系の味噌ラーメンを否定しませんので悪しからず。「炒(チャオ)」の魔力を伝えたかっただけ。
 
 
 
 
<「七彩」系譜とは言え大変お見事なるピロピロぶりであ〜る!>
 
 非常に「肉厚なピロピロ麺」です。太さと厚さは、出自や系譜の中では、一番図太いのではないでしょうか?。麺の密度というよりも、歯で千切るとモチモチさの中に粉感すら妄想する「麺の風合いの濃ゆさ」です。濃密な味噌スープの中でも麺の風合いを着実にキャッチ。中のグルテンがそのまま味わえるような雰囲気で、そこに味噌味がゆっくり絡む味わいがナイス。徐々に味噌スープを吸い込んでゆきますが、これと同時進行してスープにも麺の風合いエキスが溶け出します。するとスープに心なしかトロミを感じ始め、そうなると余計に麺とスープが絡みやすくなる。滑らかなる好循環が生まれた瞬間!
 
 
 
 
<純和風な味世界に、一見洋風にも感じる薄スパイス感と、肩ロース肉の芳醇風合い!>
 
 味噌ラーメンは、素朴さとワイルドさが馴染みを誘う一品。なのに何故かこの一杯は、かっこいいし整ってる。関西のおばちゃんなら「しゅーっとしてるでぇ!」と言うのだろうか。因みにこの「しゅー」っというのは「男前」という意。今や最先端から完璧に流布している「半レア」なチャーシューですが、本当にこんな肉ばかりが近年増えてきました。行き着くところに行き着いた感がある肉トッピングでしょうか。でもこれ以上のラーメントッピング進化ってあるのだろうかとすら思えます。まず醤油よりも、塩味やスパイス主体の浸しが今風でしょうか。ハーブなんかも効かせる肉も珍しくない。もはやラーメンは、国境やジャンルを超えたと思えるのは、チャーシューが最先端なのかもしれません。特製の場合3枚配されるようですね。断面がまた・・・美味そう。
 
 
 
 
<嗚呼、味玉にハズレなし!じっくり染み込みマチュア甘味!熟成タイプが味噌に合う!>
 
 「あっさり薄浸透」か「じっくり深浸透」かと言えば、後者。深い浸透が如実に伺えます。そして熟成度で言うと、「浅く玉子本来味」か「深く熟成した甘味」かと言えば、後者。通常こういった「深浸透」&「熟成甘味」だと濃ゆい目の色合いなんでしょうが、白身はミルクティーに近い明るいクリーム色です。それだけに辛味噌の中にあっては、箸休め的に貴重だったし、辛い&甘いの橋渡し役にもなっていたかと。なかなか優れものの味玉と、その全体の味センス。嗚呼、やっぱり今回も味玉にハズレなし!。
 
 
 
 
 総じまして「素朴と上品の融合感に、冬麺類の王者なる説得力を垣間見る味噌麺!」・・・と言う感覚でしょうか。調べてみると休業日が変更され日曜日から木曜日へと。これは嬉しい。実は夏は冷やし中華が旨い店。夏が過ぎれば少々寂しくもあるけど・・・くじら食堂みたく、夏以外は「油そば」もありかもよ(ご店主に嘆願)!。そんな妄想が本当に尽きないほどに質実な実力店。応援気分が尽きないままに、とっとと最後に詠って、いつものように締めたいと思います!。
 
 
 
   さめざめと
   氷雨の冷気
   ひしひしと
 
 
 
   ぬくぬく食らう
   ぴろぴろ味噌麺
 
 
 
 お粗末!と言うことで家族にも感謝しながら合掌!!今日も本当にごちそうさまでした!!!

投稿 | コメント (8) | このお店へのレビュー: 7件

「清酒八海山 → 味玉肉増し赤味噌そば」@中華そば きなりの写真写真付きフルコメントバージョンなら・・・
https://www.ramentabete.com/draft/-OFhq4GeUSiDl5IIK6rVRmGMcKM
YouTubeにまとめたよ!
https://youtu.be/j_vTUyYEvco

<久しぶりの埼玉ラーメン活動〜なんだが東京のラーメン追ってみた>
 
 駒込から東中野へ移転して、今度は新所沢に新店舗開業と知って、早速週末に遠征してみました。同じ味なら東京でも食えるのだけど、それをわざわざ遠くに出かけて食いに行く。これぞラーメンヲタクの典型的な習性ですな。しかも開店前に並ぶと言うなら、かなりのヘビーラヲタ。そんなヤツそうそうおらんやろと思ってたら、30分前に到着したら、軽く6名は行列発生ですよ・・・。埼玉のラーメン熱も恐るべし。そう言うオレも、実はあまりにも早く現地に来すぎた。なので時間を持て余して駅の改札前にあったQBハウスで軽く散髪をしてから向かったのですが(爆)。オレも全くバカで、また同じ失敗を繰り返してしまった(瀧汗)。
 
 
 
 
<大人の休日の過ごし方・・・雪解け水と魚沼の天地が創る清酒旨し!>
 
 嗚呼、八海山は旨いねー。特に吟醸でもなくレギュラーの八海山です。いわゆる醸造アルコールが入ったやつなんだが、これが実に侮れない旨さ。冷えた温度感も絶妙で、キリリと辛口味わいにピント合いつつ、料理の甘みを損なわせないシャープさがいいね。アテのチャーシューのカケラも程よい相性で、ラーメンができるまでの刹那を埋めるには絶対王者の存在感です。
 
 
 
 
<八丁味噌のコク深さを香味油薬味で旨味演出!味噌だけでないカオスなエキスが芳醇!>
 
 おおお!味噌よりも肉のすごさに正直目が行くし感動するかも!。ベースのチャーシューは3種のレアチャーシュー系で、豚肩ロースに鶏胸肉。そして鴨肉ではないか!。しかも中心部は「鴨肉オンリー」でして、このサービス精神が素晴らしくて泣ける。そしてようやくスープに目が行くが、コク深そうなダークな味噌ブラウンが実に空腹感をそそりますやん!
 
  ううう・・・うめぇ・・・。店のうんちく書き説明から八丁味噌とは知っており、すっかりその頭で味わい始めたが、独特の熟成深いコクはそのままで、しかも塩気が実にマイルドに仕上がっている。見栄えよりもかなりマイルドであるけど、決して薄くなっているわけじゃない。別の旨味がさらに加わって、むしろ深みが増し、カオスぶりがハンパないのです。見た目でわかる「ゆず皮」のエッジングは流石にわかるな。味噌の出汁にゆずが合うとは、知識では知ってても実際に食うとでは違う。濃厚感の隙間にふく清涼感が、全体の旨さをシフトアップさせます。しかしもっと旨味が溢れている。 
 
 


<三河屋製麺:微妙にランダムにボコボコする中太麺!微妙に味噌煮込み的に汁を吸い込む旨味!>
 
 味噌そばの麺は、醤油と塩の麺とは別みたい。やや水分を含んだ中加水系のようなモチモチ感があり、汁系にしては出汁の浸透がとても深い。そのため、中太い麺だけど味噌味お浸透がすごいのだ。どうもこれには理由があるようで、どうも一旦鍋で麺とスープを短時間だけ煮込む?ようなイメージあり。一旦、雪平鍋で麺とスープを一つにして短時間茹で、そして麺丼に移し変えているようです。手が込んでる。

 微妙に平打ちのようでもあり、捩れ麺のようでもあり、ボコボコした形状がいいね。味噌ラーメンにはこういう素朴さ感じるフォルムがよく似合います。多少太くても味噌を吸い込んでるのでしなやかだし、ズボボボボっとすするとボコボコ感が軽くタッチして駆け抜けてゆく。
 
 
 
 
<鴨の謝肉祭か!?デフォルトもすごいが、三種の肉のパレード状態の特製状態!>
 
 鴨肉3枚が連なるのか!すげー鴨を名乗ってる訳でもないメニューが、鴨肉祭り状態でっせ!。鴨大好き「カモ星人」としては興奮を抑えきれない。しかも美味い。薄味のようで鴨の脂身が野趣を感じさえつつ濃密な甘みを醸し出す。そこをあえてカオスな旨味溢れる八丁味噌のスープへ短く沈めるのだ。色や半生風合いが消えない程度の短時間だけ。少し濡れた味わいで食うが・・・これがなんとも言えず美味い。その直後に八海山を口の中へ流し込んで、洗うかのように後味を楽しむ。ああ・・・最高の週末〜!。
 
 肉増しでこんなに喜んだことは、数少ないような記憶。3種の肉トッピングでサイズも厚さも申し分なし。現代のラーメン事情では、2種チャーシューも相当珍しくなくなってきて差別化が難しくなってるかも。低温調理の半レア系は一巡した感じだし、鶏胸肉もかなり見かける。どちらも平成ラーメン時代の最後を彩る名開発なんだけど、この上にさらに追加されたのが「鴨肉」です。なんて素晴らしい!
 
 
 
 
<普通に終わらないトッピングの絶妙さ!お揚げと春菊の味噌相性の良さが光る!>
 
 味噌のカオス旨味がここでは浸透して、淡白な味わいと濃密な味わいのマッチングがうまくて震えそうでした。また青菜に春菊を選んだのはナイス。近年になって春菊もラーメントッピングで珍しくなくなったかもですが、水菜の生産量の伸びと同じくらい、お目見え度が増えたんじゃないかな。個人的には「お揚げ」がとてもナイスでした。本当に小さめで控えめすぎるサイズですが、味噌スープをばくばく吸い込むお揚げは、麩よりも存在感大きく、またお揚げのエキス自体が出汁成分になって、お鍋の具材でも食っているような満足感を与えます。
 
 
 
 
<味玉にハズレなし!:程よい出汁の浸透によるナチュラルな卵味に甘みを含むジェル状態旨し!>
 
 なかなか出汁浸透が深くて芳醇なうまさ。濃密になりすぎることなく、熟成感がほどほどで、玉子本来の味わいをキープしてます。卵黄が少しトロトロ気味で、少しスープに溶けますが、味噌スープなら溶けても濁りが気にならんのでしいいね。白身は均一の薄く染まっており、出汁濃度の調整が見事な証拠となっております。旨し!嗚呼・・・今回も味玉にハズレなし!。
 
 
 
 
 総じまして「突き抜ける味噌の芳醇!ぶちかます鴨肉のお祭り状態!酒じゃ酒じゃ昼から酒が合う味噌拉麺!」・・・という感覚でして、単に酔っ払いオヤジ状態ですが、本当に満たされ具合がハンパない。これはまた食いたい、是非とも食いたい。むしろ東中野でも同時展開してくれんかと期待!。そう言えば・・・東中野もご無沙汰。近いうちにまたそっちにも行きます!とにかく今日はいい気分!このまま気分変わらんうちに、とっとと最後に詠って、いつものように締めたいと思います!。
 
 
 
   ほのぼのと
   休日長閑
   陽が注ぎ
 
 
 
   心のコート
   脱がす昼酒
 
 
 
 お粗末!と言うことで家族にも感謝しながら合掌!!今日も本当にごちそうさまでした!!!

投稿 | コメント (12) | このお店へのレビュー: 1件

「みそラーメン+肉+半ライス(サービス)」@丸中華そばの写真写真付きフルバージョンなら・・・
https://www.ramentabete.com/draft/wARnLOgbIh2_Ovi_M77CvlQmw_k
動画好きにはYouTubeにまとめたよ!
https://youtu.be/tEkKlrQRczs

<味噌ラーメンの季節だね!思いっきりカロリー摂取を企てる秋の日>
 
 すでに地元では有名人気を獲得しておるようでして、開店直後にはすぐに埋まってしまいます。またテーブル席がメインなので相席上等あたりまえ。軽く店前に行列が発生するのも時間の問題。何せコスパがいい上に、腹が膨れる。この日は半ライスサービスデーでしたし、すっかりと食欲を解放してしまいました。嗚呼、午後から眠かったのなんのって・・・。
 
 
 
 
<麦+α?の味噌感覚にやさしめ辛味!ネギとモヤシと生姜の風味もさっぱり演出でカオスな旨み!>
 
 まずはゆっくりとスープを味わいますが、味噌独特の甘さと熟成風味、そして塩気と辛味を感じます。まず味噌は甘味を感じる麦味噌っぽい味わいあるものの、深い別の熟成もあるため、合せ味噌なんでしょうか。甘いのと辛いのをブレンドしているかもしれません。また醤油ダレを含ませて塩気の強化をしているかは不明。とにかく甘味と塩気のバランスが非常によい印象ありあり。加えて、唐辛子の赤い微塵もところどころ浮いているように、ピリリとしたエッジングも少し感じられます。それほど刺激的じゃなくて余韻として残る程度。ここに擦りごま等と振りかけたりしますと、まさにカオスの深みと化します。さらにベースの豚鶏のスープや、モヤシと葱の風味、そして生姜の清涼感が混じる先には、麺が吐き出す炭水化物の風合いなども溶けてゆく。食い進むほどに旨さのカオスさが正比例してゆくという展開に、味噌ラーメンの奥深さを再認識してしまいます
 
 
 
 
<デフォルトの野菜量がコスパを感じる!>
 
 こちらは薬味とかトッピングの量が気持ち良いかもしれません。二郎系のような暴力さはないですが、オーディナリーな日常に溶け込む山盛り野菜感覚。モヤシがしっかりと量が入っている。茹でタイプのモヤシだから、炒めのようなオイル層のコーティングが少ないため、スープを浸透しやすい反面、スープへ野菜風味を溶かす。ネギもいい感じの盛り付け。こちら他客の注文でネギ追加がちょこちょこと出ているようで、人気の高さが伺えます。
 
 
 
 
<スリムな平打ち系の中太麺が捩れてうねる!味噌味に濡れて風味よくワシワシと食わせる!>
 
 麺がまた嬉しいほどのナチュラル感ある中太麺。やや白く感じさせる小麦の風合いで、弱い縮れと言うより少し捩れたボコボコさを保つフォルムです。やや平型になったオーバル感ありますが、端っこが潰れたようなピロピロは一切見られません。密度感がほどほどあって、前歯を差し入れるたびにグルテンの風合いを感じさせてくれる。そのため濃厚な味の味噌を受け止めてくれる・・・・そんな安心感を与える麺です。噛みしめる楽しさもあって、味噌と肉と野菜らが入り混じり、そこを麺もろとも潰すのが楽しい。表層はすこしツルツルとした、外固に近いイメージ。汁を吸い込むのですが、吸い込まずに濡れてツルツルすべるというニュアンスもあります。なので強引にズボボボボボと啜りあげられるのですが、思いっきり汁ハネを呼びこしそうな麺のコシ強さ。
 
 
 
 
<大判豚ばら肉チャーシュー6枚が花びら配置でゴージャス!解れる肉と脂の柔らかさ!>
 
 今回は、このばら肉を自分のものにしたかったんだよねー。分厚めでサイズも大きいのが6枚入っていて、花びら上に広がっているのが、オッサンとしても嬉しいオレです。周囲の脂身のトロトロとした部分がすべて残っている。そして中心部に巻き込まれた肉身がホロホロと繊維質がずれ裂けるように崩れて柔らかい。タレの塩気と豚肉脂の甘味が融合した味はテッパン級の安定した旨さ。
  
 
 
 
<ボリューミィーだから半ライスに肉を移動させて即席チャーシュープチ丼の完成>
 
 半ライスがランチサービス!これだけ肉があるのだから、一部半ライスに移動させて「チャーシュー丼」にしてみました。少し味噌スープを白飯の上に垂らしたりして・・・。これが想像通りの旨さ。ちょっと仕上げに唐辛子を振ると見栄えと味のアクセントとなります。ともあれ半ライスとは言え、これだけ肉と味噌スープをガッツリ飲み干すと、さすがに腹パン!おそらく、またこの店に来たときは、同じようなやらかしをしてしまうこととなりそうです。
 
 
 
 
 総じまして「食欲の秋を実感する味噌と野菜の醍醐味!豚肉祭りをするならこの店!」と言う感じでして、食欲を爆発させるのには好都合です。唯一気がかりなのは、健康診断が過ぎるのを待てなかったということ・・・。しかし旨い季節に辛抱するのも精神的に不健康だよと、自分に屁理屈をこねて納得させました。もう過ぎたこととしてとっとと最後に詠って、いつものように締めたいと思います!
 
 
 
   馬肥ゆる
   秋も本番
   昼飯に
 
 
   我も肥ゆるか 
   豚腹祭り
 
 
 
 お粗末!と言うことで家族にも感謝しながら合掌!!今日も本当にごちそうさまでした!!!

投稿 | コメント (6) | このお店へのレビュー: 3件