なんとかデータベースラーメンカレーチャーハンぎょうざうどんそば
 

とまそん@ラーメン食べて詠います

男性 - 東京都

自分のラーメンライフを振り返ってみました・・・https://hikakujoho.com/manekai/entry/20180712

平均点 83.154点
最終レビュー日 2019年2月19日
3,610 2,309 13 21,203
レビュー 店舗 スキ いいね

「ワンタン鴨中華(塩)」@中華そば 龍の眼 〜第二章〜の写真とまそんのブログ: https://www.ramentabete.com/entry/2019/02/16/000000
とまそんのYouTube: https://youtu.be/C_J5ThjdGM4

<完全独立の第二章・・・見届けてまいりました!>
 
 週末は、神田・御茶ノ水・秋葉原界隈をぶらぶら・・・命の選択ってやつをしてきました。なんか好きなんだよねこのエリアは。適当に腹が減ってきたので、少し前から注目していた店へと伺いましょう。喜び勇んでランチタイムに参りました。以前の通り「びっくりドンキー」真っ青のトタンで出来た外観が目印。この前で行列したのを思い出したが、あれれ?少し客入り寂しいじゃない・・・・。外神田5丁目近辺の店はそこそこどこでも混んでいたので、目立たなくともこんなに至近距離で差があるのは意外だね。ちょっと心配になってくるが、当初の予定通り「ワンタン麺」系で!。そして前回は醤油だったから、塩系でと変えてみました。
 
 
 
 
<全体&スープ> 素材感重視のすっぴんメイク的スッキリ感覚!沁み入るナチュラル鴨塩感覚!
 
 おおお!同じワンタン麺でも少し高級感がアップしてませんか!?。シンボリックには「鴨肉」がやはり存在感が大きい。少しゆずをトッピされてますが、皮部分の焦げ目とその直下の脂身部分がすごくうまそうだし、ピンク色の肉が実にそそる!。またワンタンがこの店は美しいし食べ応えあるのがそのまま継承。そして肉団子まである。スープから透けて見える麺だって変化してまっせ!。
 
 さて注目の「鴨中華」と銘打ったスープ。鴨出汁バリバリ!?と言う感じはせず、あくまで清湯鶏ガラ&丸鶏豊かな旨味感がベースです。表層はキラキラと香味油が効いてて濃ゆいように見えますが、実はかなりあっさり味タイプ。これはもうええ歳したおっさん的には実に嬉しいタイプ。若い人にはインパクトがないかもしれませんがね・・・・時間が経過するとともに旨味をしっかり感じますから焦らないで味わいましょう。塩気はとてもマイルドで、乾物系のグアニル酸もじわじわと後追いで効いてくる?。やがて麺の風合いに似た炭水化物系の糖質が滲んでくるんですが、そうなると鶏ガラ動物系の旨味と炭水化物由来の甘味が、渾然一体となってきます。ここで「鴨肉」の旨味がじわじわとようやく溶け出してくる味風景で、ここからがこの一杯の真骨頂。あっさり味なのに旨味が深いことになってゆくようです。 
 
 
 
<麺> 舌や内頬喉奥を駆け巡る滑らかシルエット!スベり楽しくモツリと千切れる歯応え旨し!
 
 麺が全く変わっていた。細麺を選べるのですが、「鴨」から「鶏」にスープが変わってしまうことになります。今回は「平打ち麺」に変更されてました。手揉み麺も最近人気が高くなってきましたが、美しいパラレルがどこまでも続くような麺線です。加水はやや高めでしょうが、中心部に引き締まりを覚えますので、凛々しい歯ごたえも楽しめます。
 
 しかし真骨頂は汁を吸ってから。この時点では麺風合いと、スープ旨味が交錯し交換してますから、旨味と甘味がとても複雑になって、これぞ「旨い!」と言う状態です。汁吸い込んだうまさは・・・やはり平打ちの方が上手だね。幅広なこともあり、口元に当たる所から、うち頬を駆け抜け、噛み潰してのど奥へと落とし込むまで・・・のシルエットが妙に残像として残ります。まさにスベり楽しくモツリと千切れる歯応え旨し!と言う感覚ですね。
 
 
 
 
<チャーシュー> 低温鴨ロースト肉!全然軽くてすっと消えゆく脂感!旨さひとしおもっとくれ〜!
 
 食う前から旨いに決まってるとわかる鴨肉。追加する勇気が持てませんでした(泣)。鴨はやはり少し野趣あふれるうまさが楽しみですが、実はすっきりとした脂の旨味が印象的。肉はふわふわで噛み締める前にちぎれ、存分に味わう前に飲み込みそうになってしまう。うすしお味がまた憎いうまさだが、柚子の風味が少しあるだけで、高級感がますから不思議。柚子嫌いな人は外せばいいね。実は汁を浸して旨味をアップしようかとも思ったけど、鴨肉は敬意を評しなるべくそのままで味わいましたー。
 
 
 
<つくね> 引き締まりと淡いねっとり感!塩気の合間に肉甘みを感じる逸品!
 
 たとえ一つでもつくねがあると嬉しい。大切に割って味わいましたが、普通の鳥つくねよりもねっとりしたような・・・はたまた引き締まりもある質感で、まったりとした旨味あり。粗挽き感があまりなかったが、汁の吸い込みもよろしくこれは美味かった。後で写真メモを整理して気づいたんですが、ひょっとして鴨入ったつくねなのか!。だったら意識せず飲み込んでしまって、実にもったいないことをしてしまった・・・・。
 
 
 
 
<ワンタン> 皮の整形とサイズ&厚みが完璧!肉餡はつくね同様の逸品食べ応えあり!
 
 これも完璧なワンタン。サイズ・肉餡・皮、どれを切り取ってみてもナイスです。
 
 ・肉餡:大粒挽肉の密度ある食感キープが3つ、鴨入りは不明
 ・皮:肉厚で皮も食わせるイメージ。大きく折り畳みが綺麗
 ・味:うす塩あっさりタイプ。シンプル塩味とスープで食わせる
 ・計3個:一箇所にまとまり美しく方向が整った姿がすばらしい
 
 特に汁の吸い込みが得意な全体イメージで、それゆえにちゅるんとよく滑る。折りたたみ部分のシワが口や咀嚼で当たるのも楽しく、形が味の感じ方にも影響出るんだなと・・・改めて勉強になりました。ワンタンとつくねは、どうもこの店のイチオシ、看板メニューのようですね。
 
 
 
 
 総じまして「まさにナチュラル&スムース!癒し感覚溢れる本格中華のすっぴんワンタン麺」と言う感覚でしょうか。確かに本格中華系に少し舵を切ったのが伺える次第。今後はそのハイブリッド感を突き詰めて、新しい味境地を開拓していただきたい次第です。それにしてもランチタイムで並ばずこのレベル食えたことはラッキー。他で並んでいる人に教えてあげたいくらいだった(笑)。そんな第二章の発展に期待!。応援気分で、とっとと最後に詠って、いつものように締めたいと思います!。
 
 
   日々疲れ
   モヤモヤ拭う
   ワンタン麺
 
 
 
   澄み切る出汁に
   心潤し
 
 
 
 お粗末!と言うことで家族にも感謝しながら合掌!!今日も本当にごちそうさまでした!!!

投稿 | コメント (7) | このお店へのレビュー: 1件

「芳醇塩らーめん 味玉付き」@らーめん専門 Chu-Ru-Riの写真とまそんのブログ: https://www.ramentabete.com/entry/2019/02/14/000000
とまそんのYouTube: https://youtu.be/rAMXGHhCxCc

<迎え入れる気持ち感じる若い新店舗!気持ちいいねぇ〜>
 
 外観は扉からも白木の装いでなかなか落ち着いたもの。そして店内は和風で白木のカウンター等が眩しいさっぱりと渋い作り。地元の雰囲気に溶け込んでいるなと感じていたところで、ご店主と軽く挨拶を重ねますが・・・・結構お若い!!。へぇーってな感じで内心思ってたところで、言葉遣いも丁寧んだななんて感心しました。ところが更に嬉しい心遣い。一口サイズのアイスコーヒーが差し出されて、お待ちの間どうぞなんて気の配りよう。面白いなと感じてたら、店のうんちくでコーヒーって健康に良いらしく効能が詳しく紹介されてた。最近身体が完全にジジイだから、こういう効能書きって自然と食い入るように読み入ってしまう(汗)。
 
 
 
 
<全体&スープ> 芳醇さありながらも淡麗なる落ち着き感!シンプルな中にカオスな旨味!塩好きならオススメ!
 
 おおお!前衛的和風な丼に浮かぶ一杯は、一見すごく淡麗に感じましたが、見れば見る程明るさを増すじゃないですか!。そのスープの霞んだような半濁りには、魚介のニュアンスを感じて塩と結合する淡麗さが伺えます。しかし落ち着くと表層に流れる鶏のエキスが見事に澄み切っており、半濁りと感じた心がどんどんと澄んだ明るさに感じる。そしてよく見ると香味には焦がし葱が浮かんでいるではないか!。このアイテムは動物感に色を指す役目があって・・・一気に淡麗系から芳醇系へとイメージが変わってくる。
 
 先を急ぐように慌ててレンゲで味わったが・・・旨さは想像以上にライトな芳醇さだった!。薬味が効いているのか?香味野菜の雰囲気が感じられて、一瞬生姜でもと疑ってしまったほど(本当に隠れているのかも)。ネギの香味がすごく跡を引く。柚子も少しかおる。そして鶏のエキス感もしっかり出ているのに、嫌味がなくて重みがない。鶏油の化粧も低いのが好印象で芳醇さが実に好みに合う!しかし実際に芳醇と感じさせるのは魚介の風合いじゃないだろうかね・・・。その魚介だが、昆布・煮干・節など色々あるなか、個人的には節系の旨味が素晴らしいと思う!。節の旨味が塩気に結びついて、香味などと混じると明るく軽い旨味にも通じ、そして味の膨らみ感から「芳醇」と感じさせる雰囲気がありありです。
 
 さて、焦がし葱。わずかな分量ではあるけど、これがあるとなしではずいぶん違うんだろうね。もしこれがなかったら、ずっと魚介系に感じてたかも。これがあるので、動物感も味残像を食い止めるし、香りと甘みがカオスを高めるようなイメージ。実に繊細なスープ感。
 
 
 
 
<麺> 三河屋製麺:全粒ちょい配合!風味と汁吸い込みが両方楽しめる・・・いい意味でずるい細麺^_^
 
 おおお!全粒配合!!。これだけでテンションが上がり、依怙贔屓が始まるオレです。最近出会う配合麺は加水が高めのタイプが多い気がします。かと言ってモチモチ度合いは一定レベルで、明るさよりも引き締まりの方が印象深い麺です。前半は微妙に芯が残って、表層だけが軽く一枚透明感がある見栄え。ツルツルしてるけど、腰がキープされた感じでしょうか。ズボボボっとすすりも軽く、勢いよく噛むと微かに風味が残るのが嬉しいです。汁の芳醇さを咀嚼で合わせてゆき、甘みを楽しみます。
 
 後半になると、汁を吸い込み切っていますが、だれた感じはしません。麺の風味が汁にも移ってより一体感があるような旨さ。クチクチと奥歯で潰して感じる旨味が楽しい感覚。この時に薬味ネギと絡まると飛躍的に旨いですな。海苔も少し恋しくなりますが、いずれにしても、風味と汁吸い込みが両方楽しめる・・・いい意味でずるい細麺。大盛り必須かもしれません。
 
 
 
 
<チャーシュー> 肉質の旨味!脂の甘み!塩スープを吸わせて溶かして旨し!
 
 流行りのレアチャーシューに手を出さないのがむしろ好印象。この全体感ならこの落ち着いた煮豚タイプでしょう!。薄味の仕立てなんですが、しっとりと旨味を確保しているところが素晴らしい。むしろ汁以上に味がしっかりしている部分もあります。脂身が少ない部位と、逆にサシが多めの部位と合わせてます。少ない部位は汁を十分に吸い込んでいて、自身の塩気も吐き出しながら柔らかく食えます。これはロックの焼酎と合うと思うあっさり滋味な肉味。一方、脂多めの部位は、ほとんど似た味風景ながらもとろける感覚と、脂ならではのコクが肉厚に広がります。両方ともスープや互いのを転換するような味じゃないからいい。
 
 
 
 
<味玉にハズレなし!> スープに溶け出ないねっとり卵黄!敢えて汁に沈め含めて出汁感で味わう!
 
 最初塩味玉と思ったのですが、薄口醤油出汁も滲んでますかな・・・。案外塩味が低くて、芳醇な甘みが優ったようなイメージ。卵黄のトロトロ度合いが重めでスープに安易に混じらないのが印象的。だから半分は、あえて沈めて汁を吸わせるようにしながら食らうのです。これが味が色々混じって旨い。白身はぷるんとして卵黄と混じらせて食いました。嗚呼、やはり今回も味玉にハズレなしの旨さ!
 
 
 
 
 総じまして「若いセンスで織りなす玄人好みの崇高塩そば!」・・・と言う感覚でして、近くにあったら夜に行きたい専門店。駅から少し離れているのが気がかりでしたが、これなら地元客をがっしりと捉えられると確信の旨さ。塩のレベルが高いと醤油も俄然気になってきたし、寒いうちに味噌もどうなのかと次々気になる。また来ます。そんな応援気分のまま、とっとと最後に詠って、いつものように締めたいと思います!。
 
 
 
   突き抜ける
   雪雲過ぎて
   蒼さ哉
 
 
 
   空を映すか
   澄み切る旨さ
 
 
 
 お粗末!と言うことで家族にも感謝しながら合掌!!今日も本当にごちそうさまでした!!!

投稿 | コメント (10) | このお店へのレビュー: 1件

「牛塩らーめん」@竹麓輔らーめん創作工房の写真とまそんのブログ: https://www.ramentabete.com/entry/2019/02/13/171551
とまそんのYouTube: https://youtu.be/Zudnum_bmF8

<5軒のラーメン店がひしめく壮観!本気度感じる殴り込み出店!?>
 
 ここはご挨拶がてら、予定変更でここで食おう!という流れ。最近、流れで食っているケースが多いねオレって。入店するとバリエーションが豊富で驚いた。牛系メインだとは思ってたが、牛スジは想定内としても、「焦がし煮干し」「濃厚味噌」「海老味」など全方位的なラインナップ。それぞれが、汁系とつけ麺系で別れるという凄さだ。またサイドメニューにカレーがあるのか?、入店と同時にカレーに匂いがして、ここは何屋だと内心笑ってしまいましたー。
 
 
 
 
<全体&スープ> 熱々スープにゆったり広がる牛エキス!意外にじっとり感じる肉厚塩気!
 
 おおお!なんだか「牛」という響きだけでそのエキス感じる説得力!。非醤油系の清湯ならではの透明感なら、通常はあっさり系と軽く感じてしまうところを、香りにも重厚感覚が滲み出てくるよう!。何たってローストビーフ調な肉のピンク色を見れば、参勤交代の行列にひれ伏す町人風情の心境に近いものを感じまする。ネギは白と緑の二色。肉の色合いとバランス良い色配置に何となくセンスすら覚えます。
 
 大体「牛塩」「牛骨」と名のつくラーメンはそこそこ食った記憶もあるので、実は何となく味予想がついてしまう。そこを一旦リセットして味わい始めますが・・・意外と新鮮な気分!。何がそうさせたかと言えば2つ。まず「熱さ」。結構熱々ぶりが高くて個人的にはいい感じでした。熱いものは熱く!冷たいものは冷たく!例え少々口の中をヤケドさせようとも熱いの大賛成!それでなくとも今は冬なのだから・・・。仕事以外の私生活では白黒つけたがる性格なのであしからず。伝えたいメッセージとか作り手の思いとして、熱さをうけとったオレ。松岡修造の日めくりカレンダー愛好家でございます。
 
 そして「塩気」。実は食う前からレビューでは「いい塩梅」「ナイス塩気バランス」などと述べようと形式張った構えで味わったのですが・・・それでは少し無理があろう。結構じっとり感がありました。決して「塩っぺー!」状態ではありません。さすがは「牛」。牛の旨さと、鯛の旨さは、どうしてこんなに心を明るくさせるのか。豚も魚も羊も馬も・・・・旨味は同じ「イノシン酸」に違いないのに、牛だけは濃ゆい色したイノシン酸じゃないのかと思える特別さがありなむ?。
 
 
 
 
 
<麺> やや捩れてボコボコフォルムの中加水麺!熱ダレに強く最後までヌツヌツとした歯ごたえ!しっかり腰ツキ
 
 真っ直ぐな感じしないストレート麺。微妙にボコ付いたフォルムが素朴に映えます。微妙に黄色い小麦色に感じさせるのは練り水の反応?。上品な中華麺ですね・・・。そんな上品さが熱々のスープに最後まで耐えられるのかが心配でしたが、決して最後にダレたりしない。麺って「汁を吸い込みきる」「熱で芯がなくなる」この二つの瞬間に、いつも別の顔を示すから、全く飽きずに食べられるんだよな・・・・。後半最後は、完璧に汁吸いきった麺は、炭水化物団子と変わりないはずが、麺だと「啜る」という段階が一つ加わる。なので、食う楽しさが違って見えると思うのですが・・・妄想が過ぎましたか。
 
 
 
 
<チャーシュー> ローストビーフは早々に熱退避もさせて口へと運びあっと言う間にいなくなる(泣)
 
 なかなか考えてくれたな!・・・折り曲げて見た目倍増テクニックとは(笑)!。2枚の肉を折り曲げて4枚に見せてくれる。一休さん顔負けのアイデア(爆)。欲しければ特製か別皿追加注文するしかありませぬ。悔しいのは、この一杯はとても熱いので、熱退避させて肉を後からゆっくり食おうという計算ができなかったこと。早々に前半食い切って、あとは寂しさが残るばかり。いつも側にいて欲しいのは、恋人とチャーシュー。食い切ってしまったのは・・・冗談だったと笑っていたい気分(寂寞)。
 
 
 
 
<薬味ネギ> 意外とねぎ塩感覚で存分に楽しめる後半の味風景
 
 牛エキスのスープに・・・・ネギが合う!!。しかも白ネギと青ネギがコラボしておる!。旨味とは相乗効果で広がるもの。確かネギは「グルタミン酸」。牛と合う!と思うのは「イノシン酸」に「グルタミン酸」が混じり合うからで、それらの化学反応が、哺乳類サル目(霊長類)ヒト亜科ヒトの脳内麻薬とたらしめているのだろう・・・・。自分はヒトなのか、ねぎ星人なのか、だんだん分からなくなってくる。とにかく美味ければそれで良い。2001年宇宙の旅で舞い上がった骨のシーンは、牛骨だったのかもしれません。
 
 
 
 
 総じまして「淡麗のようで内に秘めたる重厚牛塩感!溢れ出る本気度か!?」・・・という感覚で激戦区に出店の意気込みと個性を感じました。このエリアは、その先に鈴蘭やどさんこもあってスゲー競争が激しい。そして色々入れ替わる場所ですが、しっかりと今度は根付いて欲しいと思います。店箱の活用次第では飲み寄りなスタイルもできそうだし、強みも発揮できますよ。冒頭で妙にカレーに心奪われましたので、腹空かしてそれ狙いたいです。そんな応援気分のまま、とっとと最後に詠って、いつものように締めたいと思います!。
 
 
 
   激戦区
   勝負を賭ける
   心意気
 
 
 
   覚悟の一杯
   牛塩沁みる
 
 
 
 お粗末!と言うことで家族にも感謝しながら合掌!!今日も本当にごちそうさまでした!!!

投稿 | コメント (4) | このお店へのレビュー: 1件

「天日塩味」@小麦と肉 桃の木の写真とまそんのブログ: https://www.ramentabete.com/entry/2019/02/12/000000
とまそんのYouTube: https://youtu.be/3_xz9w13eCw

 暇でネットサーフィン。目に飛び込んできたのが、有名ブロガーさんアップの情報で「小麦と肉 桃の木」再スタートとのこと。せたが屋グループからの独立との文言もあり、これはちょっと応援がてら行くしかねぇーだろ!といきなり方針転換。どうも〜やはり、女性が奮闘しているとやっぱり素直に応援したくなるよね。ちょっと寒いので本当は汁系気分だったんだが、つけ麺をいただきに行ってきました!。
 
 
 
 
<全体&つけダレ> どこまでも・・・どこまでも、穏やかさが広がり沁み入る甘み感ある塩ダレがナイス!
 
 おおお!通常つけ麺って圧迫感あるもんだが、相当な麺量なのにどうしてこんなに穏やかなのか。やはり「つけダレの穏やかさ」が全体を支配しておりまんな!。きしめんタイプの平打ち太麺は、ピロピロとした円やかな曲線が印象的なのに対して、つけダレの中には、直線的な白葱ライン、ギザついたお揚げの輪郭が対照的です。白木のカウンターにあってなんだか統一感ある気もするし、これはかなり美味そうです。
 
 さてつけダレの塩気。これが実に穏やか極まる。「天日塩味」と聞くとミネラル感や、少し旨味が溶けてるような区別しにくい塩味などを連想しがち。しかしこれは・・・「塩味は完璧に具材調理に溶けている」ような存在感。塩味という感覚がなくなってしまうかもしれません。豚バラ肉の脂身に完全に影響を受けているのかと思うけど、私個人的には、お揚げを煮るときに滲み出る油がかなり塩分を中和し穏やかにしているのでは?と感じます。ではそんなに穏やかなら、そのまま飲み干せるのでは?と考えるけど、それはYESだ。ほんの少し濃ゆい感じもするけど問題ない。これで本当にあとでスープ割する必要あるのか?と思えてしまうほど。和出汁としての完成度は高かったかもしれません。そう・・・中華って感じがあまりしないつけ麺・つけダレ。ほっこりさせる所以はこの点にあるのかも。
 
 
 
 
<麺> 多加水系の平打ち太麺!きしめんタイプでみっちり引き締まりあるモチモチ感がいいね!
 
 最近、あまりつけ麺で見なくなった「平打ち太麺」。サラサラなつけダレでもしっかり絡むように、表面積を稼いているのかと考えてますが、濡れるだけでもしっかりと味をキャッチしてくれそう。また太麺でも茹で上がりも多少短縮できる利点もありましょうし、更に歯応えと滑り心地は独特。そんな予測にきっちりと応えてくれました。
 
 薄い部分は細麺同等以下ですから結構ライトに持ち上がり、そして啜りあげられます。ズボボボとすするとピロピロ部分が駆け抜けるので刺激が楽しい。咀嚼に至ってはクチクチと呆気なく潰れはするが、折り畳まれたようになって一度の咀嚼で済まない。少々もぐもぐと食う時間をもらってしまいます。だから、いっそのこそ具材と一緒に食うのが平打ち麺の食べ方なんじゃないかと思うわけ。例えばバラ肉をひとつまみしながら、揚げとネギを少しづつ巻き込んでから等で、バリエーション楽しむ。
 
 
 
 
<豚肉> 「肉うどん」を連想させるあっさり豚バラ肉!嬉しくていくらでも食えそう!
 
 ピロピロの麺にペラペラの肉。それぞれ別に食うより、ピロペラ合わせて食うのがよろしい・・・。そう!この肉はチャーシューではない理由はここだろうね。豚バラ肉をささっと出汁で煮ただけですが、肉単体で食うと淡白すぎるので、麺など炭水化物絡めて食うのにベストです。そんなことを考えていると・・・肉うどんを思い出してしまう。あれはもう少し甘辛い味付けだろうけど、関西エリアのご馳走麺類。風邪ひいたときに店屋物でよく取ってくれたが、妙に味わいや味わい方に懐かしさを覚えるのは、そんな自身の憧憬と重ねていたかもしれません。
 
 
 
 
<その他具材> お揚げと白ネギの組み合わせが豚肉をより引き立てるじゃないか!甘みが旨味に昇華!
 
 お揚げは天才。大豆でできた肉(肉代わり)にのなるし、煮ればそこから出汁が生まれる。ほの甘い味わいは、きつねうどんでも証明済。これも豚バラ肉と同じように、ピロピロ麺と絡ませて食うと実に満足度がアップします。そしてネギが多めなのが嬉しい。これは肉とお揚げそれぞれで、少し添え巻き込んで食うのがうまいわ!。豚肉もお揚げも両方バックアップしてる素材だし、長く浸せばネギの香りもタレに移る。見事な役割です。
 
 
 
 
<スープ割り> コールしてそば湯急須受け取るシステム:淡くなっても出汁感漂うのがそば湯のいいところ
 
 そばアレルギーの方には別のスープを用意してくれそう。そっちが気になってウソつこうかと頭を掠めましたが、バチが当たりそうなので素直に従いました。コールすると本当に蕎麦屋で見かける専用急須が運ばれてきます。気になるのは薄くなりすぎないか?という点。これは見事に裏切られました。そば湯はもともと淡白なまま味わうものですから、煮干出汁で割る味とはまた別の深い落ち着きを与える仕立てに変化。薄い味を味わう余裕ってのを逆に教えてもらったような感じです。なるほど・・・そば湯のいいとこ取りなわけですな。
 
 
 
 
 総じまして「心の中からほっこり感覚わき起こす・・・穏やか出汁つけ麺!」・・・と言う捻りのない感想でゴメンちゃい。気がついたら一気に完食完飲してた。本当に優しい味わいだから途中で支えなく食えた様子。場所柄平日の方が混みそうですが、また軌道に乗った頃に限定など出てくるのも期待したい。またいい店が帰ってきたような気分で、帰りは寒さも忘れて帰りました。新宿御苑周辺に来ることが増えそうな予感。そんな期待混じりで、とっとと最後に詠って、いつものように締めたいと思います!。
 
 
 
   桃蕾
   寒さに震え
   春遠し
 
 
 
   一足早く
   つけ麺開花
 
 
 
 お粗末!と言うことで家族にも感謝しながら合掌!!今日も本当にごちそうさまでした!!!

投稿 | コメント (6) | このお店へのレビュー: 1件

「塩生姜らー麺 味玉入り」@塩生姜らー麺専門店MANNISHの写真とまそんのブログ: https://www.ramentabete.com/entry/2019/02/02/000000
とまそんのYouTube: https://youtu.be/FgC136tXc5w

<ちゃっかり麺活!塩生姜の名店移転視察!>
 
 この後の仕事と麺活でも計画するか!とスマホを探って調べてみます。するとなななんと!!!!塩生姜の名店が新規移転OPENの情報を発見!。これは正直ビビったよ。すぐに慌てて飛び出そうとするところなんだが、アイスクリームやら、せんべいやら、クッキーやらで実は少々小腹が張ってたりしる(苦笑)。しかしこんなラッキーな機会はないと思われ、少々無理してでも食おうと正午過ぎあたりに突撃してみました。
 
 

 
<全体&スープ> 明るい鶏出汁と二段仕込み的に後から効いてくる・・・きなしょうがの演出が素晴らしい!
 
 スープの不思議さに負けて最初からスープを丼クチ直付けでいってみました。すると・・嗚呼~仄かにじんわりとくる生姜の刺激。そして塩味に支えられた淡くもシャープな味わいが感じられます。そして塩が尖らないのは鶏コクと深く結びついているからと思われ、動物系の旨さがしっかりと支えています。これはジーンと染み入るねぇ~、まさに冬の寒さにはありがたいし、また胃が暖かくなり心から落ち着く感覚。よく見ればポツポツと生姜の欠片が浮遊しているのが分かる。兎に角、鶏の芳醇さをベースとした仄かな生姜刺激が、いかにも上品な旨さ。これはラヲタと言われなくても広く受け入れやすい旨さです。
 
 ・・・と前半はそう思ってたんだが、実は後半に味の雰囲気が変わる!。何もせずとも途中で味変化するのがこの一杯の真骨頂!!。実は生姜を擦った欠片や、旨味を更に忍ばせる挽肉が、わざと丼の底に潜ませてあるのです。これは面白い展開だったわ!。食い始めて麺などをズリズリと啜りだして攪拌さえていくと、全体に行き渡り始める。すると生姜の欠片が少し大きくなり、数が増えてくる!。そうなるともう明確な生姜のニュアンスが広がり、密かに酸味すら感じる生姜の清涼感がぶわーーーーっと展開されて痛快!。単に刺激だけでなく、鶏の旨みとしっかりコラボしますから、金属的なジリジリ感は皆無です。店のうんちく書きによると「きなしょうが」使用とのこと。初耳食材でさすがにコメントできん~。
 
 
 
 
<麺> 三河屋製麺:風味を感じさせ!汁を吸い込んで旨み感じさせ!両方のツボを押さえたストレート細麺旨し!
 
 確か・・・麺箱がどこかにあったはず(違ってたらゴメン)。全体的に非常に上品さを感じさせる細麺。まず「ストレート」「色白」という見栄えからくる上品さで、いかにも今風の風流さを伝える質感。実に悪くないし、店とラーメンの明るいコンセプトにも合いそうです。
 
 そして「風味」がまた上品。パツパツとした密度感はなく、どちらかと言うと潰しは抑えめなイメージで優しい歯応えなんだけど、表層は汁を吸い込みがちだが、芯や中まではそうはいかない。やや湿りつつも渇きを覚える部分が前半には感じられ、そこを前歯で千切ったり、奥歯でクシクシと噛み潰す時にはふわっとグルテンの風合いを知ったりします。噛むことで香りを楽しむって部分が少し自分の中ではあるんですよね・・・。
 
 最後に「旨味」。これは汁がしっかりと麺に吸い込まれて、汁の塩気と麺の甘味が一体化した旨さを感じています。もはや唾液の化学反応助けをあまり借りずとも、旨味を感じるときもあるか?。クチリと短いタップで奥歯でプレスされるときの旨みが、実に爽快。後半にはこれを楽しむのが我流でございます。
 
 
 
 
<チャーシュー> 鶏モモ肉が固くならずに旨みが溢れる!鶏皮も芳醇な甘みあり!
 
 ふかふかのモモ肉。しかも薄味でスープの塩気だけで十分と言う感じ。肉繊維の隙間にスープエキスが入り込んでいくか、毛細管現象のような深入りすら覚えます。噛むとスポンジ状態でじゅわ~と旨みが広がりますが、そこには鶏皮の脂のコクも加わります。またこの鶏皮が旨いのなんのって!。まるで蒸したか?のようなアッサリ味でふわふわな感覚。これほど食べやすい鶏皮は、容易に思い出せませんぜ・・・。素晴らし!。こんなことだったら・・・無理して肉増しにするのであった。
 
 
 
 
<味玉にハズレなし!> ナイスな塩味玉系!すっきり塩だれが深く浸透し熟成感の中で塩気が旨い!
 
 見た途端、味が予想できました。真っ白な白身は塩ダレ浸透の証。しかも塩系のスープですからコンビネーション抜群です。見た目以上にタレが深く浸透しており、味わいの中には熟成にも似た円やかさが感じられます。白身のフルフルとした揺れる中にも塩だれの旨みが感じられ、また卵黄に沁み込んだ部分にはマチュアな甘みすら覚えます。しかし基本的には塩味が凛としており、玉子本来の味と塩気が交じり合って・・・非常に馴染みやすい味玉の旨みでまとまっている。嗚呼・・・全く味玉にハズレなし!。
 
 
 
 
 総じまして「美しき鶏塩旨みと素朴なる生姜滋味!まさに晴れ渡る美味さここに有り!」・・・と言う感じでしょうか。この界隈はビジネス街のど真ん中で、ニーズは非常に高いエリアですが「生姜のラーメン」としう認識は既に定着してる様子。移転情報をかぎつけて昼飯時は一気に混雑するかもです。しかし並んでも食う価値あり!。またつけ麺や限定などメニューが増えたころに再訪問です。そんなお祝い気分のまま、とっとと最後に詠って、いつものように締めたいと思います!。
 
 
 
   雨上がり
   スッキリ晴れて
   再起動
 
 
 
   スッキリ生姜
   磨きをかけて
 
 
 
 お粗末!と言うことで家族にも感謝しながら合掌!!今日も本当にごちそうさまでした!!!

投稿(更新) | コメント (6) | このお店へのレビュー: 1件

「塩ラーメン+塩味玉+焼きトマト」@RAMEN CIQUEの写真とまそんのブログ: https://www.ramentabete.com/entry/2019/02/01/000000
とまそんのYouTube: https://youtu.be/X_Jo3bL59R4

<なんだか隠れ名店みたくなって居心地が良いのだ>
 
 店内がモダンでスペースを贅沢に使ってるのが、今でも斬新に感じます。山水のスピーカーが何気に置かれてて、オーディオ世代のオヤジには泣ける。そこから流れるBGMは、モダンジャズのようであたり、フュージョン系であったりと、実に和ませてくれるのです。店内待ち用のソファーに少しゆっくり座っていたいと思いつつ、順番が来たからカウンターに向かうのであります。もうこの店で食うものは個人的に決めてしまってます。それは、塩ラーメン+白味玉+焼きトマト。なので・・・似たようなコメントの繰り返しになってしまう部分が多いこと、あしからずでございます。
 
 
 
 
<全体&スープ> 淡麗なコンソメ感覚!トマトは崩さぬとも出汁を吐き出すものなのか!?
 
 おおお!本当にいつも変わらん美しさと落ち着き感。赤・白・緑・・・その配色はまるでイタリアン・トリコローレ!。その真横に純和風な麩と海苔が並んで和洋折衷な様相です。ついでに麺も素朴さを写し、やはり和風感覚へと気持ちを誘う。透明なようですでに霞んだような塩スープがとても優しそう。これまで似たような一杯は数多く見てきたんだけど、やはり落ち着くよなぁ〜・・・この手の淡麗塩ラーメンって。ベースのスープはいつもの通りの、スッキリ煮出しの鶏ガラ感。鶏油など色気ある香味はそこにはなく、控えめとすら覚える動物感覚です。魚介系は節系メインで、昆布等の乾物と野菜が甘みをひくと言った味風景でしょうか。十分にゴクゴクと飲み干してしまいたくなる塩加減。塩ラーメンとは言っても塩っぽさがなく、さっぱりとした甘みを蓄えてます。
 
 
 さっぱりとした甘みとは、私の中では野菜の旨味が一番ヒットするのでして、特にここに焼きトマトを配していることからその傾向が如実なのです。かなり前のこと、関東で初めてトマトのおでんを食った時の感動も少し連動するかな・・・。別にトマトを崩さなくても、食べ進めるうちにスープが攪拌されるから、出汁がにじむ、エキスが沁みる。甘みの中にうっすらとトマトを感じるが、淡い酸味もじわじわやってくるのが楽しくてなりません。また意外とチャーシューの味が沁みてくるのが後半分かるのだが・・・酒を控えると色々過剰に敏感反応しているだけかもしれません。もう妄想が止まらない・・・。麩を沈めて汁を吸わせ、それを噛み締めて気を鎮める次第。
 
 
 
 
<麺> 前半に風味を醸し出し、後半には甘味すら思う汁との一体感・・・うまし!
 
 出会った時も確か全粒粉配合だったっけ(違ってたらごめん)。もうこの店では全粒配合の麺が食えると頭に刷り込まれております。以前はしげしげとこの全粒入りの姿を観察して、そのジラフ文様にラーメンレビューのコメントを創作しながら食ってたっけ(爆)。
 
 もちろん風合いが楽しめるタイプなのですが、こちらの麺は前半と後半で、楽しませ方がはっきり違うので分かりやすいね。潰し込みと浸透圧の関係なのかは不明ですが、汁は割と吸い込みやすいと感じてます。なので前半は麺は風味豊かに感じて、咀嚼で出汁旨味と合わせて食う楽しさなんですが、後半は汁を吸い込みきるに近い状態で噛み潰す感覚。前半は香り豊かで、後半は甘みしっかりで味わい尽くすのです。
 
 
 
 
<チャーシュー> むしろ一番塩気を感じたのは肉かもしれない?肉身の出汁浸透と脂の甘味のコラボがナイス!
 
 知った当時からブレませんねー・・・。実は分からないところで変化させてるかもですが。少なくとも低温調理の肉が流行ってるから右に倣えはしないみたい。肩ロースと思しき部位が、よく煮込まれてトロトロに解ける寸前。肉身部分は十分に汁を吸い込んでおり、箸で持ち上げるだけで自重で崩れる。また脂身部分は半透明で、端っこからエキスがスープに溶け出しているのでは?と思えるほどふわふわ。実はこのエキス感がスープにもゆっくりと影響してると感じます。割とこの中ではやや塩気を感じるパーツなので、しっかりと食いたい気分にさせますが、口の中であっという間に溶けてしまう。ズルイ肉め・・・、オレをもっと楽しませておくれよ。
 
 
 
 
<焼きトマト> 初めて知った時は革命かと思ったよ・・・今でも色褪せぬ旨さ!
 
 誰が最初に考えたのか・・・ラーメンに焼きトマト。アイバン氏なんでしたっけ?(自信なし)。独身時代にテレビをごろ寝して眺めてたら、変わったアメリカ人がラーメン店開いてるって紹介されて、そこで目にした焼きトマトが衝撃的だった記憶!。今でも焼きトマトを見たらこれを無視できません。
 
  後半から「トマトを半分崩す」。そのままホールで食うのも好きだが、やはり少し崩してスープに溶かすのが流儀でしょうか。ここから一気に酸味とフレッシュな甘みが溶け出して、スープを含めた旨味がワンランクアップします。これをピュアに楽しみたいために、私個人的には、柚子胡椒を封印することにしました。以前はこれも溶かしてたんだけど・・・トマトの味がばらけてしまう気がしてね。
 
 
 
 
<味玉にハズレなし!> たまに恋しくなる塩味味玉!選べる味玉が嬉しいサービス!
 
 塩味玉・・・とここでは言い切りますが、白醤油も含めてだと判別できないのであしからず。出汁が染み込んでマチュアな甘みを感じる味玉も好きだけど(そういうの多いが)、たまにはシンプルな塩味で玉子を感じたいと思うこともありましょう。だったら茹で卵食っとけという話になりそうですが、汁と一体感が出ないのでそれはそれで痛い。塩ダレが染み込んだ味玉は、こういうワガママな人間のためにあるのだわ!。ねっとりした卵黄が舌に絡みつきますが、ゼリー状の中に玉子味が芳醇。そして塩気がシンプルに染み込んで、馴染みある味わいの中に芳醇さが花開く。嗚呼・・・旨し!やはり味玉にハズレなし!。
 
 
 
 
 総じまして「色褪せぬ今風ハイセンス!斬新さの中に懐かしさも感じる王道コンテンポラリー拉麺」・・・と言う感覚。これからも間違いなく食い続けるでしょう。もっと他のも食べて欲しいとお願いされてもこれを食う意固地なオレをお許しください。誰に残悔か分からんですが、とっとと最後に詠って、いつものように締めたいと思います!。
 
 
 
   ほの甘く
   塩気と酸味
   魅了して
 
 
 
   もはやアートか
   淡麗拉麺
 
 
 
 お粗末!と言うことで家族にも感謝しながら合掌!!今日も本当にごちそうさまでした!!!

投稿 | コメント (9) | このお店へのレビュー: 6件

「塩中華そば+身入り+ねぎ増し+ニンニク刻み」@手打ち中華そば 酒田 平間店の写真とまそんのブログ: https://www.ramentabete.com/entry/2019/01/31/000000
とまそんのYouTube: https://youtu.be/oOcwUQyhl8E

身入りサイコー!! パート4!!
 
 何となく食欲が落ち気味な今日この頃。スカッとガッツリ食いたいと思うが、朝起きるとその日一日あまり食えんな・・・・と感じてしまうのです。なので夜のお酒も最近抑え気味www。そんな胃のムカムカを感じながら、昼飯プランを考えながら電車に揺られて出勤ですが、ツイッターを眺めていると思わぬ情報が飛び込んできた。「手打ち中華そば 酒田」さんで「塩中華そば」を提供開始とな!!。別にフォローしていたわけでもなく、アプリ起動したらイキナリ目に飛び込んで来ましたよ!。これは朝からモチベーションが湧くぜ!!。最寄りの駅売店で、さっそく「液キャベ」と「ブレスケア」を購入し、準備にかかってしまいました~。
 
 
 
 
<全体&スープ> ベースは穏やか煮干しと豚コクの素朴さ・・・身入りとニンニクで一気にジャンキー!
 
 おおお!今回はまた一段と「身入り(背脂)」が映える見栄えじゃないか!。妙に白さと明るさ、そして鮮度を感じるではないか!。スープが今回塩系というだけで、こんなに麺顔のイメージが変わるのか?。たしかにやや濁り感じ透明系なスープは感じますが、淡麗というより素朴感覚はそのまま。表層に軽く煮干系の成分が浮き固まっているのが伺えるほど。そして・・・背脂が溶けてラード化したような分厚い油膜がありありとしており・・・・これは禁断のカロリーを思わせます。
  
 身入りで支配される前に、まずデフォルトのままのスープを味わってみよう。塩中華そばという誠に基本的な名称ですがジャンキーさはどこまであるのか?。偏見なく啜り味わってみましたが・・・これが実に朴訥、素朴で軽い塩煮干感があって、なかなかイケるのだ!。身入りに負けないように濃ゆいめの味わいと思ったのが偏見。実に軽やかな煮干の風合いをしっかりと伝えますし、塩気だったそれに軽く結びつく。そこにベースの出汁は穏やかな豚骨煮出しの清湯だったりして、調味料感覚がそれほど出てこない。うがった言い方だとフツー。いい意味でフツー。フツーに旨いのであった!。
 
 
 
 
<薬味>身入り&ニンニク刻み!やっぱりサイコー
 
 しかし・・・そのままデフォルトで終るわけがない。途中でトッピングをブッ込んでいきますよ。まずは「身入り(背脂)」。トロトロのをまずネギで多い、次に麺を持ち上げて半分だけ天地返しにするように、混ぜ合わせます。まだ交じり合ってない部分のスープをレンゲで掬ってみるが、スープの中で身入りがプカプカと漂う。そこを一気に口の中へ運び入れて飲み込む・・・。すると煮干の香りが駆け抜けたあと、脂身のまったりしたコクと、後口に残る微かな甘み、そして塩気に結びついた旨みがじわじわと感じられる・・・・嗚呼、旨し。これは罪深い旨さだ。もうこの時点で腹回りを気にすることを放棄しました。
  
 そして今回はこれだけではない!ニンニク刻みを追加したのだ!。軽い気持ちだったんだが、小皿にこんもりと盛られたニンニクは、まさに二郎系にも匹敵するほどの質感と量。食べ物は残したら罰が当たるので、しかたなく(顔は喜んで)全部丼へと投入します。歯の治療痕の窪みにハマったりしながら、ガジガジと青ネギや麺もろとも、スープを巻き込みながら味わう。やはり、魂が爆発というか、パワーが一気にでてくるね。穏やかな塩気が一気に、味輪郭が明確になってゆく。
 
 
 
 
<麺>  自家製麺:思う存分手打ちのピロピロ縮れとモチモチ弾力を楽しもう!
 
 ニンニクですっかり胃袋が急に若くなったのか・・・当初遭難すると思ってたリスクが減り、300gがスルスルと食えてしまえました(笑)。それにしても、この縮れっっぷりは見事。ボコボコ感が非常に細かくて、ハンドメイド感溢れるとはこのことなり。縮れと言うより「ねちれ」と言うか「ちねり」というか・・・。ちねってちねってちねりまくった風貌。よゐこ濱口の「ちねり米」に匹敵するのではと思えてならない。
 
 そして汁を吸い込むのだ~。出汁と共に溶けた身入りがラードとなり、麺に絡まるやら染みこむやらで、スベリが異様によろしい。意外にクチの周りがべとつかないでズボボボボボーーーと音を思いっきり立てて啜りまくり。まわりはオッサンばっかりだから気にならない~。明るい多加水麺特有のモチモチ感が実に嬉しく、改めて素朴感を味わう。
 
 
 
 
<チャーシュー> ロースっぽい脂少なめ部位を、あえて身入りとネギで合わせ食らう!
 
 デフォルトでもしっかりと大判の豚ロース肉が2枚。700円台前半という設定は良心的です。脂身が少ない部位がむしろ身入りのことを思うとバランスよし。デフォルトの塩スープをナチュラルに吸い込んだあと、実入りを載せたり、また青ねぎや麺を挟んだりとして味わいました。個人的には薄味の豚肉スライスは、背脂混じりの青ネギを挟みながら、ニンニク絡ませて食うと旨いと思った次第。麺を200gにしてチャーシュー増し、注瓶ビール追加というのが、この店ベストな選択かもしれません。
 
 
 
 
 総じまして「突き抜ける素朴なジャンキー!塩バージョンのケンちゃんインスパイア誕生!」・・・と言う感覚でエポックなる一杯!。身入り追加は必須はもちろんですが、やはりニンニク追加が激しくおススメです。これで突き抜けた感あり!。さてそんな余韻ですが・・・実はこのあと連絡が入り、緊急会議に呼び出された!ニンニクで口クサクサ状態で何たること!!・・・残りのブレスケアを全部胃袋へ流し込み、クロレッツ3粒を急いで噛み続ける。おかげで会議には顎が疲れすぎてもたつたぁ~(爆)。そんなドタバタもありつつ、とっとと最後に詠って、いつものように締めたいと思います!。
 
 
 
   昼飯の
   ニンニク刻み
   いと嬉し
 
 
 
   口臭抱え
   緊急会議
 
 
 
 お粗末!と言うことで家族にも感謝しながら合掌!!今日も本当にごちそうさまでした!!!

投稿 | コメント (10) | このお店へのレビュー: 3件

「広島県産牡蠣の塩蕎麦+ガーリックソルトペッパーの和え玉」@神保町黒須の写真とまそんのブログ: https://www.ramentabete.com/entry/2019/01/29/000000
とまそんのYouTube: https://youtu.be/azhJ0txpXFM

<牡蠣好きにはたまらない限定求めて・・・神保町>
 
 なるべく「限定ラーメン」の情報は見ないようにしているのだが・・・迂闊にも目にしてしまったから仕方がない。ラーメンヲタクも長年続けていると、そこそこ訪問経験だけは増えてくるが、「限定ラーメン」まで手を広げると収集がつかなくなる上に、食いたくてもタイミングが合わないで悶々と過ごすことに陥ってしまう・・・。そこである時期からはデフォルトしか食わんと心に閾値を決めたのだが、元々意志が弱い性格なので、ずるずると食う事がたまにあります。しかし今回は「牡蠣」とくるから無視できなかった!。無類の牡蠣好きカキ星人なオレですから、ちょっと私用がある平日午前だけ休暇をいただき、ホイホイと「神保町黒須」さんへとやって参りました。
 
 
 
 
<全体&スープ> 明るい芳醇鶏コクに、全く喧嘩せず沁み入る大粒牡蠣の滋味エキス分厚く!
 
 おおお!まさしく牡蠣じゃぁ〜塩蕎麦じゃぁ〜牡蠣塩蕎麦じゃぁ〜。牡蠣のプリプリな風貌と大粒サイズに心の中では小躍りです。また塩スープの明るいイエローがすごく明るく痛快。リポビタンDか、メローイエローに匹敵する明るさ。これは鶏油の凄みが成せる感覚と思われ、鶏と魚介系の旨味のマリアージュといった感じです。また薬味にもこだわりあり?。春菊にライム・・・そして薬味ネギは白くて揃った長方形が美しく全体に散らばる。
 
 たまらずレンゲでひとクチ啜りますが・・・上層の油膜を掬い取ったために、まったりとした鶏コクの味わいと朗らかな塩気が広がります。まさに食べ応えある動物感だと思って次へと味わい続けると、ふたクチめからいきなり、牡蠣の風合いがジュワーっと広がり始めるじゃないか!。まさに牡蠣エキス!といった柔らかい滋味。大人の風味と感じるタイプで、割とダイレクトに感じを出してるねー。ほんのり熱の通ったレベルの牡蠣エキスに近いものがある。柔らかい海のコンフィという感じだが、オイルで熱通ししてないだけに、本来の磯っぽい味わいがしっとりと残るという感覚です。嗚呼・・・貝好き牡蠣好きならハマるはず。さらに食い進めると、鶏コクと牡蠣エイスが攪拌されて、とてもいい感じでバランスを取ります。50/50のせめぎ合い。薬味のネギはどちらかと言うと動物系に味方しますが・・・実は上に乗っているライムが牡蠣の味わいに加勢します。
 
 
 
 
<薬味> 実はライムが決め手なり!牡蠣エキスが一段と広がる旨味へ昇華!
 
 もちろん、ライム汁は牡蠣の上にダイレクトにかけました。ただやがてスープにも溶ける。牡蠣の旨味に酸味が加わると、磯っぽ風合いが一気に消えて、むしろランクアップしたような旨味に変貌。この反応が汁にも滲みますので、一気に汁全体が明るく感じるのです。酸味を絞っても酸っぱくならないのでちょうど良い。実はこのライムの有無でこの一杯は大きく感じかたが変わってくると感じています。
 
 
 
 
<麺> 三河屋製麺: 滋味利いた旨汁を〜バクバク吸い込むモチモチ系平打ちボコボコ麺!
 
 麺は、限定用の別チューニング。こちらのイメージとは少し違った平打ちタイプで、加水は高め。ボコボコとした形をしており、ねじれも感じられます。汁なし系やつけ麺系にも通用しそうな風貌と質感。風合いよりも汁吸い込んで、ツルツルモチモチと味わうタイプだと分かります。
 
 この麺の相性が非常に良いね。繊細な滋味含むスープですから、ナチュラルに吸い込む麺がいい感じ。汁を存分に吸い込み、クチクチと奥歯で潰してゆくと甘みすら感じます。ただ美味すぎてもっともっと食いたいと思った途端に、無意識に飲み込んでしまう。これにより喉越しも早めに感じることになりますが、それも悪くないシルエット感です。150gはあったと思え、もっと食いたいと思えど大盛りの設定はないのね・・・。和え玉か肉めしも旨い店だから、そちらもおすすめ。特に肉飯は150円とは思えぬ味わいなので(今回は和え玉にしてしまって説得力が低いんだけど・・)。
 
 
 
 
<牡蠣> もう何も言葉が要らない? プリプリでミルキーな磯の滋味は大人の味わい!
 
 広島県産牡蠣。今が旬ですね。先日テレビで、牡蠣の安全性基準は県単位で微妙に違う?ようなことを言っておりました。広島牡蠣と言えども、水揚げ地で微妙に違うんでしょうかね。細かいことは専門家じゃないので悪しからず。ただブランドを確かに感じる大粒なプリプリ感が実に美味そうで・・・事実旨いです。
 
 美味さの源、グリコーゲンがめいっぱいに含まれはち切れんほどの状態です。熱々スープに浸っていますが煮上がった感じはせず、芳醇な海のミルク的な旨味がプルプルと揺れながら、口の中で溶けてゆきます。海の旨味をそのまま味わうような幸せ感。これに尽きますな・・・。夏に食う牡蠣も旨いがやはり冬の肉厚な牡蠣の方がそれっぽいよね。関西転勤時代には、牡蠣は「うどん」でよく食ってました。出汁を軽く含んだ牡蠣の身って旨い。当時は鰹出汁を含ませ味わってましたが、鶏エキスを含んだ牡蠣ってのも喧嘩せず、逆に旨味が膨らむもんなのですね。これはちょっと嬉しい。
 
 
 
 
<チャーシュー> この店は半レアチャーシューが実に得意なのである〜!牡蠣に負けない迫力!
 
 実は、牡蠣一辺倒ではなかったのだ。こちらの半レアのチャーシューは、めちゃめちゃ旨い。そして美しい。大判の肩ロース肉で、それなりに厚みを感じる。薄い塩気だけで、肉身の味がしっかり感じられるし、極度に柔らかさを感じます。また脂身の甘みはとろけるようで、スープの熱でいい感じに仕上がってますから、舌に乗せるだけで旨味を感じるようです。これは一枚一枚を、開けては眺めて、しっかりゆっくりと味わい倒しました。嗚呼、牡蠣に負けない迫力の美味さなり!。
 
 
 
 
<味玉にハズレなし> 出汁の浸透と熟成を感じる濃密な味わい!甘味と塩気の共演!
 
    大粒牡蠣の反対側に位置しておりますが、今回だけは存在感控えめに感じてしまいます。しかし、しっかり見つめますと、L玉サイズのしっかりした作り込みを感じる味玉には違いありません。薄く出汁が浸透しているようですが、割ってみると全体的に均一浸透しているので、深さを感じます。卵黄も飴色に輝くようなオレンジ色して、ネットリとしています。味は熟成を感じさせるような粘りと甘み。舌に絡みつく旨味を知る一方で、それなりに塩気も感じさせます。玉子は塩味で!と言う方にも納得のいく味風景。甘みと塩気が拮抗しているようなバランス感覚。これは飽きない旨さ!。嗚呼、やっぱり今回も味玉にハズレなし!
 
 
 
 
<和え玉> ダブル限定!塩味っぽいネームングだが〜実に痛快旨しな醤油ダレ!極細麺!
 
「ガーリックソルトペッパーの和え玉」と聞いて・・・塩味だと思い込んでた。しかしお醤油ベースでした。醤油だれにニンニクがすり下ろしてあり、ニンニク醤油系になってる。そこにマジックソルトのような洋風味なペッパーが降りかかっており、仕上げにライムをここでも搾りいれるという酸味で調整と調和を施すのです。これが実にパンチが効いており、また酸味の味も柔らかく、いくらでも食えそうなほどに食欲を刺激する美味さ!。
 
 また麺が極細で芯を残す仕上がりがまたいい。鶏油が醤油だれに絡むが、それをまったりと絡みつけます。そのオイリーなタレと、麺のスカっとした風合いが、風味のコントラストを形成してヴィヴィッドな美味さと感じさせます。あとは自分の咀嚼でオイリーと麺風合いを一体化させるのみ。ここにニンニクとペッパーの香りがもう一回刺激を与え、一度収まりかけた食欲を再び復活させてしまいます。
 
 ここでも半レアチャーシューが一枚、デデンと盛られており、立派な一品として成立させるプレゼンスの高さがすごい。300円がとても気持ちよく払えます。
 
 
 
 
 総じまして「真冬に痛快さ極まるご褒美的馳走麺!後悔する前に食うしかねぇ一杯!」・・・と申せましょう。これは牡蠣好きな東京人なら一回食っといて損はなし。牡蠣苦手な方なら、レギュラーと合わせてこの限定の和え玉なんていかが?。限定メニューは深みにハマるので罪なやつなんですが・・・陥る快楽感に身を任せきるのも楽しからずや。今日も満足でしたー。そんなダラけた感覚ですが、とっとと最後に詠って、いつものように締めたいと思います!。
 
 
 
   じんじんと
   寒さ極まる
   底冷えに
 
 
 
   冬のご馳走
   極上牡蠣蕎麦
 
 
 
 お粗末!と言うことで家族にも感謝しながら合掌!!今日も本当にごちそうさまでした!!!

投稿 | コメント (9) | このお店へのレビュー: 5件

「淡麗特製鯛塩らーめん」@鯛塩らーめん 狛龍の写真とまそんのブログ: https://www.ramentabete.com/entry/2019/01/28/000000
とまそんのYouTube: https://youtu.be/OfKF5sBikbQ

<駅近通し営業で鯛塩味わえるとは〜救われた〜>
 
 急いでいる時ほど間が悪い・・・・電事故。この大東京で振替輸送などそう慌てることはないはずなのだが、大森駅でストップとは痛いね。大井町か蒲田だったらいくらでも手段があるのに、大森駅では・・・路線バスがせいぜいの手段。聞くところによると相当復旧まで時間がかかるとのこと。蒲田まで歩かれますか?と駅員さんに提案されますが、腹減ってそんな気がしない。急遽、大森駅周辺でラーメン活動開始するしかないね。その前に事情を伝えるべく、メールと電話を立て続けに発信し、思わぬ形で昼飯タイムを得ました〜。

 
 
 
<全体&スープ> いい塩梅とはこのこと!非常にスッキリ感包まれる鯛香ばしさ!鮮魚系苦手でもOK!
 
 おおお!?上下反対じゃね??すーごく丁寧に配膳を受けましたが、海苔が手前なのだった(笑)。ま、そのまま受け止めることとして、全体的には想像以上にスッキリした印象。もっと鯛のアラとか潮汁の雰囲気あるのかと思ってたからね・・・。しかしこれも決して悪くない。鮮魚系のクセが一切感じないのに鯛香ばしさがさらりと広がるのはいいじゃないか。トッピングに焼鯛のほぐし身があるのだけど、この少しばかりの白身魚の肉が、実に香ばしくてスープの香りに溶け込むのだから・・・なんとパワフルな身なんだろう。
 
 海苔は汁に溶けやすく、あっと言う間に散らばりました。それもあってか少し磯香ばしさが高まる。鯛の油と思われる成分が軽やかにスープ表面を流れます。そこにはゆったりとした肉厚なムードはなく、アニマルオフか、それに近いさっぱり感が主体的。そして鯛出汁を引っ張りだすのに、乾物類のエキスは感じますが、ナチュラルな塩加減がやはり鯛エキスに一番結びつくみたい。塩気の味わいがなかなかよくて、これぞいい塩梅と言うやつか!。その塩梅の味には鯛の香りが浮かぶので、まさしく鯛塩エキスのエッセンスを感じます。
 
 
 
 
<麺> 三河屋製麺:淡いクツクツ感旨し!上品さ思わせるきめ細かい白い地肌でストレート細さ美しき!
 
 箸でリフトすると見栄えがとても上品です。かん水の影響があるのか分からないくらいに白い地肌をしていてきめ細かくて眩しさすら覚える感じ。そして角が立っているようなフォルムでストレートなパラレルさが美しいです。加水はほどほどに低めで、パツパツとまではいかないが、少し淡くクツクツと明確なる歯応えを前歯が奏でます。ここにほのかな麺の風合いを感じる一方で、すでに汁を吸い込んだか持ち上がって来たような旨みが浸透しており、すぐに奥歯へ運んでプレス。すると唾液腺が反応して、出汁とグルテンを一気に巻き込みます。
  
 奥歯でクシリと噛み潰すと風味とともに昇華した旨みが広がるね・・・ここに鯛の上品さを感じる部分があり、鯛の出汁への特別なる思いも感じたりする。咀嚼を続け過ぎると風合いが完全消えてしまうので、適当に飲み込んでのど越しを味わいます。らーめんだけど、蕎麦ライクにも啜り食うのが楽しいかも。
 
 
 
 
<チャーシュー> ノーマルな肩ロースのスライス肉!ライトに食える感じ〜
 
 特製になると肉が増すのかどうなのか不明・・・・。隣客はデフォルト濃厚のらーめんだったが、枚数は同じ2枚だったように見えた。見間違いだったゴメン。豚肩ロースのスライス肉2枚。普通サイズと思えノーマルな熱の通った塩豚タイプ。フツーに大変美味しくいただきました。脂身の部分が少し多めなのが自分の好みにもマッチしてましたし。ただボリューム感と言えばライトに食えた感じ。特製気分としては・・・・どうなのだろうね。特製は海苔が2枚付くのが特徴のよう。家系のようにパリッといつまでも立っている風ではなく、溶けて風味旨しなタイプなので、気が付いたら姿を消していたということもあるかもしれません。
 
 
 
 
<味玉にハズレなし!> 塩味玉風で卵黄の旨味がナチュラル!塩気の旨さバランス良し!
 
 味玉はとても気に入った!。出汁の熟成が効いて甘く感じるのもいいが、やはり塩味と玉子の本来の味わいも残しておいてほしい・・・・と言う方は、こちらの味玉ならきっとご満足なはず。塩味玉にも近いのでお試しあれ。もちろん出汁の浸透による濃密なる旨みも平行して堪能できる代物です。嗚呼、やっぱり味玉にハズレなし!。
 
 
 
 
 総じまして「気取ら小ざっぱり食える淡麗鯛塩!崇高に飲み〆る一杯ならココ!」・・・と言う感覚でしょうか。近年、鯛系ラーメンを目にする機会が増えましたが、明らかにトレンド感じます。ラーメンフリークを自認する方なら、こちらもチェックいかがでしょう?。そして飲むにも深い京浜東北沿線で・・・サクッと少しいい〆をするにも良さそう。私は通し営業狙いで利用価値大。それぞれ使い勝手が良き店ですね。そんな開店スタートダッシュを願いつつ、とっとと最後に詠って、いつものように締めたいと思います!。
 
 
 
   間が悪く
   急ぐ時ほど
   電事故に
 
 
 
   諦め気分
   慌てる昼飯
 
 
 
 お粗末!と言うことで家族にも感謝しながら合掌!!今日も本当にごちそうさまでした!!!

投稿 | コメント (6) | このお店へのレビュー: 1件

「二代目鯖そば」@らーめん どんぐりの写真とまそんのブログ: https://www.ramentabete.com/entry/2019/01/27/000000
とまそんのYouTube: https://youtu.be/Zv373jvF3nM

<名店「柴崎亭」の跡地に質実&ハートフルな新店舗誕生!>
 
 「柴崎」から「つつじヶ丘」へ移転した『柴崎亭』の跡地に居抜きで開店。名店の後ってのは、プレッシャーがかかるのか、はたまた縁起がいいのか。何れにせよ最初から応援気分で訪問しました。まだ少ないネット露出ながらもかき集めた情報から、この店その一杯はかなり好印象だった上に、女性店主が孤軍奮闘というではありませぬか。寒さに負けてクルマで移動し、現地までやってまいりました。割とひっそりとした駅なので、駅前駅近でもコインPがたくさんある・・・いやコインP銀座の状態ですな。いいのやら、そうでないのやら・・・。
 
 
 
 
<サービス> セルフと言えど心配りが沁みる〜・・・まずはルイボスティー!
 
 女性らしい気配りでもあり、女性ならではと言い切れないホスピタリティもありなむ。例えば、このお店ワンオペですからお冷はセルフですが、お冷以外にも暖かい「ルイボスティー」が用意されてて、これがまた旨くて温まる!。寒い日には大変ありがたし!。お代わりしてしもうたがな。時間によってはコーヒーもサービスだそうで・・・混んでない時にまったりと有意義に過ごせる店になっとります。
 
 
 
 
<全体&スープ> 鯖の香ばしさと程よい塩加減!薬味バランスが非常に高く計算されてる!
 
 そのユニークさの一番は「濁り」です。霞んだような穏やかさでもない。もちろん灰汁のような雑多さはなくエキス感が芳醇な感じ。表層だけ濁ってるわけじゃなく、全体的な軽い白濁が見事です。鯖の出汁と聞いて鮮魚系かと思ってまずは味を確かめ始めますが・・・実に香ばしい旨味と軽やかな塩気。別に塩鯖の味に近いわけでもありません。どうしても鯖をイメージしてそれに結びつけたくなりますが、「軽やかな魚介系」「さっぱりな塩味」「香ばしき旨味感」とお伝えしておきましょう。これを鮮魚系と言うのか訝しく思えるほど、それ系が苦手な方でも問題なくすすれるはず。
 
 面白いのは「スープにざらつき感がある」こと。これが何なのか・・今でもわからん。香ばしさのアシストにフライドオニオンが薬味となって入ってます。また紫玉ねぎの薄いくし切りが入ってて、微妙な魚介の風味を色気に変えている様相。そこでフライドオニオンがスープに溶けて砕けているのか??と一度は思ってみたけど・・・ちょっと自信が持てません。何か擦って溶かしたような微粒子感覚が、実に面白くて旨さを感じさせるではないか!。これはオカズになるスープだな・・・なんて少し感じました。
 
 
 
 
<麺> 敢えて加水低めのきっぱりストレート麺!このセンスの良さが麺顔も引き締まる
 
 しかし「ダンクライス」を見逃したとしても、麺が美味かったので満足度は高かった!。実にキッパリとしたストレート細麺。細麺とは言っても極細タイプとは違い、やや一回りほどサイズ感がある感覚です。しっかりと加水低めを感じるクツクツ感覚が明確で、カタメ好きにはたまらない。麺の角がしっかりと立っており見栄えがやや透明。中心部は芯が透けて見える。前歯で千切った断面も明確に芯を視認できます。
 
 汁の鯖塩エキスと、風味よい炭水化物の香り。これを奥歯の咀嚼で潰しながら一体化させてゆく。ここに時々、湿ったフライドオニオンが紛れ込んだりして、豊かな味わいにさせます。もちろん後半になればなるほど、汁を吸い込むのですが、最後までアルデンテ感をキープしているような・・・。なので途中でチャーシューを挟み込んで食っても旨し。
 
 
 

<チャーシュー> ちょいとレトロを感じさせる脂排除の肉!醤油が香ばしい〜!
 
 最近の新店舗は、レア系の肉が多い中、こう言うティピカルな煮豚タイプのチャーシューは、何だかホッとさせてくれます。脂身排除な肉身主体の部位。ロース肉と言ったところか?。肉繊維を噛みしめる楽しみと、醤油系の浸しだれの香ばしさを感じます。これは白飯に絶対に合うタイプで、個人的には生姜味を後でねじ込んでもうまいかなと妄想が止みません。そう・・・醤油味の染みた肉の旨味が少し感じられるタイプ。安寧且つテッパンの安定度を感じる旨さです!。
 
 
 
 
 総じまして「テイスティー&ハートフル! 心配りと質実ハイスペックなる鯖出汁拉麺!」・・・と言う感覚。期待以上に美味かった!。ご家族もおられそうで夜営業はできなさそうに見受けるだけに、昼のみハードルが気になりますが、これはまた来たい!。ダンクライスと冷酒を次回リベンジさせてもらいましょう。きっと縁起のいい場所だから、今後の発展も合わせて期待と応援です。そんな気分のまま、とっとと最後に詠って、いつものように締めたいと思います!。
 
 
 
   優しさと
   しみじみ沁みる
   鯖の出汁
 
 
 
   笑顔に解れ
   心が緩む
 
 
 
 お粗末!と言うことで家族にも感謝しながら合掌!!今日も本当にごちそうさまでした!!!

投稿 | コメント (10) | このお店へのレビュー: 1件