なんとかデータベースラーメンカレーチャーハンぎょうざうどんそば
 

とまそん@ラーメン食べて詠います

男性 - 東京都

自分のラーメンライフを振り返ってみました・・・https://hikakujoho.com/manekai/entry/20180712

平均点 83.194点
最終レビュー日 2019年4月25日
3,697 2,352 13 21,908
レビュー 店舗 スキ いいね

「小ラーメン ニンニクアブラカラメ」@ラーメン二郎 越谷店の写真とまそんのブログ: https://www.ramentabete.com/entry/2019/04/19/000000
とまそんのYouTube: https://youtu.be/41PShnsb0Gs

<有休の使い道・・・直系二郎攻めにあてる!関東平野再制覇!>
 
 桜が散ってサツキが花開こうとするころ・・・、ようやく一年の中で一番ゆとり持てるようになります。今回は、わざとスケジュールを入れないようにして、有給休暇をいただきました。で、何にそれを当てようかというと・・・へへへ、言わずもがなラーメン活動。しかも遠征に当てようと考えて、やってきたのが「埼玉県越谷市」です。越谷と言えば・・・・一番新しい二郎!「ラーメン二郎 越谷店」。平日にシャッター狙ってみました。だって・・・二郎全国制覇は無理にしても、せめて関東平野制覇は意地ってもんですから・・・・。
 
 
 
 
<全体&スープ> クリアーさすら感じる非乳化系醤二郎!ニンニクが冴えるぜ!
 
 おおお!久しぶりのデフォルトの小ボリューム350g!。今日は体調が良さそうだからビビらないですんだ!。写真にしてしまうと迫力が削がれるが、コニーデ型火山を思わせるヤサイの盛りは熱々で湯気だち、所々、中腹に雲がかかったようにアブラがまとわりつく。今回はカラメにしてカネシを垂らしてもらったが、裾に見え隠れするスープはやけに眩しく醤油ブラウンのクリアーさが印象的。ニンニクは今日も頼もしい黄色を発しているね・・・。
 
 さてスープだが、最近ご無沙汰なのもあって斬新に感じます。やけに透明感が深い醤油色じゃないか!。表面にはラードの層が立ち込めているが、コーティングを超えてポリッシュ!というようなイキイキした印象。これは明らかに非乳化系と目に映り、そしてブラウン色の深さから、通称で言う「醤二郎」に思えてなりません。なのでカラメは今回余計だったのかもしれない。そんなプチ反省をしながら食らいつくと、スゲー食べやすく胃に負担のすくないスープ感。トップクラスのジロリアンな方々にはズドンと来る重さが好みなのでしょうが、アブラを足したこともあって、私にはとても似合うパンチ感。パンチというよりシャープさと言った方が近いのかもしれない。と言うのもニンニクがとてもクリアーな醤二郎にはフィット感があって、ニンニク特有のジリジリ感がとても伸びる!響く!馴染む!!。
  
 後半から終盤に近付くにつれ、やはりヤサイの汁が深く混じりだし、そして麺の風合いも随分と溶けてゆくのを感じます。この時点ではカラメで補強した塩気はマイルドになり切り、ここでカウンターに備え付けの一味唐辛子と塩コショウを振りかけてパンチアップしてゆきます。ふわふわだった脂も攪拌や天地返しして時間が経つとオイル化した感じ。ラード感もアップして旨みカオスなマイルド感とオイリー感がせめぎ合い。なかなか好みでした。それにしても今回は胃袋が元気だった。汁まで飲み干せそうだ。こんな事ならヤサイマシマシか、小豚にしておくべきであったが・・・、健康管理もあって、半分程度飲んで、今回はフィニッシュとしました。
 
 
 
 
<麺> たおやかさすら覚えるワシワシもちもち感覚!汁吸い込んで旨しでんがな!
 
 久しぶりの日清製粉オーションの褐色麺。嬉しい!。全体的には、中太感がしっかり出ていて肉厚感を感じるフォルム。ではワイルドかと言えば、ウネリや少なくほぼストレートな部分が多く、ややモチモチとした感覚もあってマイルドな麺と映りました。比較的汁を吸いやすくも感じたため、フツーに麺が旨い!いやフツー以上に麺が旨し!!。デフォルト350gということでしたが、オレ的には丁度腹パンで死亡遊戯しながら食うような感じになならなかった。とても味わえる麺です。
  
 そんな感じだからワイルドではなく「たおやか」と感じる。そんなことで油断をしてしまったのか、ワシワシと食いつぶす食べ方の他に、ズボボボボボーーーっと少し調子にのってすすり上げる。いかんねー、手痛いしっぺ返し。やっぱりワイルドに跳ね回り、汁と浮かぶニンニク欠片を巻き上げる。オレのワイシャツに飛びまくる!!!。もう、ここからは反省してカレーうどんを食うように、麺顔に極力クチを近づけて食い続けるました・・・・。
 
 
 
 
<ヤサイ> ほぼ定番のモヤシメイン!後半放置した分クタっと変化始まる〜
 
 ヤサイは大人しめな印象。茹で上げはシャキシャキがすこし峠を越えたばかり・・・といった印象で、クタっとした部分が微妙に感じられる程度。モヤシ90%以上といった配分で、麺と絡めてくうとシャキシャキ感がかなりマスキング受ける程度です。おそらく今回割とすんなりと食えたのはヤサイの圧迫感が少なかったからかと。後半になると汁に混じって一気にクタっとしてゆくようにも思えます。それがスープを一層マイルドにさせ、またヤサイも食べやすくクタるかと。と言う感じでこちらのヤサイは食べやすし!と言う印象なので、ビギナーで冒険試したいなら、ここでマシの挑戦してもよろしいかと思います!。
 
 
 
 
<豚> しっかり脂身ありありアピールで歯応えあるワイルド感!本来っぽい風合い!
 
 最近、あまり直系を回らなくなったけど・・・、たまたま当たりがいいのか、ずいぶんと豚が旨くなったなという印象です。本当に柔らかくて脂身なんかトロトロ感すら覚えるのが増えてきた。神豚表現を連発してしまうオレでして、なんか節操がないような気分。そんな中、こちらの豚はしっかりとワイルド感があって、個人的には回帰したようなイメージ。良いイメージ。決して神豚から遠ざかったネガティブは評価ではありません。
 
 肉は肉ってな感じでしっかりと噛み応えがあり、噛み締めて味わう楽しさがあった。繊維が風雑になってる部位があり、そうそうこういう感じで、ゴロっと入ってて味わい深かったのが、昔は新鮮な気持ちで味わってました。脂身はトロッとしたイメージとは逆で、やや引き締まったようなイメージ。これを奥歯でガジるようにして潰すと、急に安心したかのように、脂の甘味と染みこんでいた塩気が溶けだす。これをヤサイと共に食らうとナイスな味わい。肉を課題じゃなく、素材として味わう余裕があったのが、今回の自分なりの勝因だったと思われます。
 
 
 
 
 総じまして「スマートなる汁!ナチュラルマイルドな麺!ワイルド感キープの豚!期待の直系二郎!!」と言う応援気分!。今一番新しい直系二郎。当面は、週末になると混雑が予想されますが、一時期の過熱ぶりは落ち着いておりますし、今からがじわじわとこの店らしさが生まれるところ。頻繁には来れるエリアではありませんが、直系の中でも上を目指して頑張ってほしいと思います。そんな応援気分のまま、とっとと最後に詠って、いつものように締めたいと思います!。
 
 
   街角の
   豚骨香る
   薫風に
 
 
   長閑かき消す
   痛快ニンニク
 
 
 お粗末!と言うことで家族にも感謝しながら合掌!!今日も本当にごちそうさまでした!!!

投稿 | コメント (4) | このお店へのレビュー: 1件

「中華そば 濃厚+野菜盛り」@中華そば もり川の写真とまそんのブログ: https://www.ramentabete.com/entry/2019/04/13/130303
とまそんのYouTube: https://youtu.be/dPuWS0XHUTE

<なんだかんだで気になる店・・・・メニュー制覇してもうたわ!>
 
 誰にでも常連な店があると思う。自宅や会社の近くだと利便性でそうなる。好きな味とかで通うケースが一番多いと思うが、それもコスト次第。ところが、利便性が良いわけでもなく、何となく気になる~程度で、気が付けば何度も訪問してしまう。知らぬ間にメニュー制覇してしまいました。そんなこんなで、今回は「中華そば もり川」で、濃厚なやつをやっつけてみました。
 
 
 
 
<全体&スープ> 九州系でもなく家系でもなく!濃密さと滑らかさがマッチする醤油豚骨!
 
 おおお!やっぱり好きなんだよなぁ~この野菜盛り感覚と、日常系中華そばの融合した麺顔が。野菜盛りというと家系では頭に浮かびますが、あのワイルド感とはかなり違うよね?。当然九州系って感じもない。レギュラーメニューは超あっさり系でグビグビ食わせる。一方、トッピングの質もイイから、つい定点観測に訪れてしまうのです。
  
 さてスープ感ですが、レンゲを差し入れたとたんに「濃密!」って思う。濃厚じゃなくて濃密。ザラツキが一切なくてエキスの粒とうより粉が溶けているような滑らかさ!。これはかなり丁寧に擦り合わせたり、濾過したりして雑味を省きながら磨きをかけている。スープ表面が鏡面になって天井が移りこんでますよ・・・すげー。ここまで細かい濃密感だと、抜けが逆によくなってスルスルと垂れておちるのが早い感覚です。
  
 そしてしっかりと動物感が表現されてる!。色合いだけ見たら家系にも感じるけど、鶏油の飾りがほとんど感じられず、その点でちょっと家系とは距離を置いた旨さと感じます。豚骨臭も低く抑えられていてその点では上品とすら思う。コラーゲン感が低いからか?と思ってはみたものの、クチの回りには少しばかりコペコペしたものが貼りつきますし、濃密さはやさり証明されている。
  
 もっとも味変化もさせたから、印象に変化も与えたようです。まず確実に温野菜エキスが含まれる。これは一段と食べやすくさせるアイテムですね。入れすぎると味が薄まりますが、湯切りはダイナミックで完璧のようでした。そしてテーブルセットでは、今回は市販のニンニクおろしと、すりごまを入れてみました。当然ブレスケアは準備万端。やはり濃厚豚骨の分厚いコクには、ニンニクのシャープな刺激が一番似合います!。途中でニンニク入れた途端に食用が加速するよう・・・。すりごまは、ちょっとニンニクに走り過ぎた部分を上手くまとめてくれます。そして香ばしさも与え、これまた食べやすくさせる。
 
 
 
 
<麺> 昼レギュラーとは変えてきた?風味感アピールの中加水ストレー細麺!
 
 驚いたのは麺。他のメニューとは変えてます。こちらのレギュラー麺は、たしか引き締まりが強く、Rが緩めのボコボコ縮れ細麺だったはず。やや黄色くて歯応え感がしっかりしたコシの強さが印象的でした。それとは一転して、加水低めでキッパリと流れるストレート麺。色白がイメージで清楚な感じ。スープの濃厚さとはコントラストを感じます。
 
 茹で上げは、芯が少し残るぐらい。前歯で千切るとクスクスっとリズミカルに切断される一方、鼻孔をくすぐる麺の風味感がまた高い。少し粉感覚を感じるタイプ。構図としてはパツパツな煮干ソバの麺と同じだが、そこまでエキセントリックでもない感じです。
 
 汁の浸透感は低め。濃密なスープと麺の地肌の浸透圧がずれているのがいい感じで、長く風味を持続するようなのもいいね。表面がきめ細かい上に滑らか&濃密な汁なので、口当りからしてライト。濃厚スープもろともブボボボボボボボって吸引するのが楽しいです。今思えば大盛必須だったなと後悔。もっと腹が減ってたら替玉できるか聞くとこだが。
 
 
 
 
<野菜盛り> 嫁の言いつけをちゃんと守って野菜を摂るよ!
 
 しっかりと野菜は入っているから好き!。120円としてはリーズナブルじゃないかと実は思ってます。キャベツの量が一番多く、しかも甘味を感じる部位がたっぷり。そしてほうれん草の多さも家系には負けてませ。そこまでクタクタじゃないからフレッシュな旨さが残ってる。そして、トッピング野菜で一番ポピュラーなモヤシもある。キクラゲもあってこれが歯応え的にはとても痛快にさせます。この店では必ずこれを載せているオレ。 野菜摂れと、嫁の言いつけをちゃんと守ってるオレですよ。
 
 
 
 
<チャーシュー> トロトロに柔らかい豚バラロールチャーシュー!ゼロカロリー!
 
 肉がオヤジ泣かせだぜ・・・。関西転勤時代にはとてもお世話になった豚バラロール肉。これがかなり醤油ダレが周囲に浸透して、十分にオーブで焼かれ香ばしい上に、脂身がトロトロで甘くも感じる旨さ。これもきっとゼロカロリー。無限大に食えるとはこの旨さで、そういうものはひとまとめにしてゼロカロリーと考えられます。
 
 箸で持ち上げると、それだけで自重で千切れちゃう柔らかさ・・・。野菜盛りの上にチャーシュー追加をして、いつかお祭り食いしてやろうと、ほくそ笑んでます。
 
 
 
 
<味玉にハズレなし!> 標準装備のハーフ味玉が泣ける・・・・
 
 デフォルト価格700円を下回って、その上で標準装備。しかもちゃんとした味玉。全体的に薄く醤油ダレがしんとうしてるようで白身の変色は低め。なのにジェル状態になった卵黄は、甘味を含んだような塩気の旨みがある。これもきっとゼロカロリーの仲間です。今回は特に濃厚スープの中に沈没させたので、深い味に進化した感じ。愛からず旨く食いましたが、嗚呼、やっぱり味玉にハズレないだと痛感です。
 
 
 
 
 総じまして「 九州系でも家系でもなく・・・和みを感じる濃厚さ!マイルド醤油豚骨!」・・・と言う感想。どこかが鋭い!って感じじゃなくて、何となく好きにさせる魅力ある日常系豚骨醤油でございます。武蔵小杉か新丸子あたりで縁ある方で「ほっこりしたい」ならおススメですので是非一度!。私決して関係者じゃありませんとお断りをいれながらも、とっとと最後に詠って、いつものように締めたいと思います!。
 
 
 
   飯時に
   抜けるそよ風
   滑らかに
 
 
 
   食らう豚骨
   まったり滑らか
 
 
 
 お粗末!と言うことで家族にも感謝しながら合掌!!今日も本当にごちそうさまでした!!!

投稿 | コメント (2) | このお店へのレビュー: 5件

「醤油ラーメン」@らーめん香月 五反田店の写真とまそんのブログ: https://www.ramentabete.com/entry/2019/02/13/000000
とまそんのYuTube: https://youtu.be/09qEFIqm700

<20年以上ぶりの香月!?>
 
 香月の復活からずいぶんと時間が経って、いつかいつかとズレズレになってた次第ですが、通勤経路の五反田に支店が新規オープンとあっては行かねばなりますまい。一度フライング気味で訪問して開店前にフラれてますからね・・・リベンジも兼ねました。お昼休みのピークしか都合が合わなくて・・・行列だったら「いし井」に回避だとリスクヘッジも考えておりましたが、案外肩透かしでピークなのにすぐに座れました。ちょっと不安にもなりますが、これから徐々に知れ渡ると思います。
 
 
 
   
<全体&スープ> デカ丼を背脂で埋め尽くすコク深さ!塩気やや強めのエッジング!
 
 おおお!大昔に1度だけ食っただけだから・・・全然覚えてない!(笑)だから遭遇が新鮮!こんなにデカかったんだ・・・丼が。若いころは今よりはるかに大食いだったからか、そんなことも忘れているオレ。しかし背脂は浮きっぷりは見事で、これだよこれ!!まだ東京で生活することがキラキラ見えてたころ、背脂もキラキラとして見えたのだった。
  
 レンゲなどしゃらくせー・・・当時の食欲を真似して、まずは丼直にクチ付けてスープを味わいます。おおお・・・口のなかに背脂が流れ込み、円やかの脂でイメージ染まるかと思いきや・・・・結構塩気の方がアピールするのね。背脂の円やかさが先だと記憶してたんだが、ほんとに曖昧なもんです。東京の西エリアでよく見かける「東京豚骨醤油」系を少し彷彿とさせながら、塩独特のミネラル感と同時に、調味料の片りんも楽しく味わう。

  落ち着いてスープを眺めると、確かに穏やかな醤油ブラウンではありますね。しかし醤油の醸造感は低く、ひたすら塩気のバックアップというイメージ。これ全部飲み干すと後から喉乾くこと必定です。それを分かってるのに、こんなに大きい丼なのに、グイグイと飲み続けてしまうのは「ハマる」と言う感覚か?。一種麻薬めいた魔力も感じます。結局、背脂の円やかさが呼び水となって完飲。身体健やか茶ダブルをこのあとがぶ飲みです(笑)。
 
 
 
 
<麺> ほんのりとクシクシ感あり!スープのパンチを受け止めつつ軽く伝える風味感!
 
 何も背脂だけが塩気を受け止めたわけじゃなく、麺の風味感もその役割をしっかりと果たしております。丼が大きいため麺が少なく見えますが、しっかりと160g程度はありましょうか。食べ応えがあるストレート細麺でした。加水は高くはありませんがほどほどのレベル。汁を吸い込む部分あっても、風味を伝えるクシクシとした歯応えが印象的です。ちゅるちゅると舐めるようなスベリではなく、ズボッと多めに啜ってから噛み締めて味わいたいイメージの麺。こういうの好きだな・・・・昼飯って感じがするし!。
 
 前半は麺の隙間に背脂も挟まったりして、クシクシと味わいますが、さすがに後半の最後になると汁と溶けた背脂を吸い込みます。エンディングでしなやかなスベリ感覚を味わいますが、大盛だとこの感覚が続くってわけね。このスープ感なら汁吸い込んだあと、どこまでもチュルチュルと啜り味わいたい気もしますね・・・。
 
 
 
 
<チャーシュー> 王道中の王道!とも言える豚バラロール肉がやっぱり安寧の旨さ!
 
 このばら肉ロールが、私の若いリーマン時代をささえたチャーシューイメージ。今にして思えば渦巻文様を丼に並べてみたかった・・・。まさに王道中の王道のラーメンチャーシューイメージ。もはやチャーシューのアイコンのように思えます。肉身と脂身の層の分かれ目が明確で、巻き巻きロール。箸で気を使って崩さないようにするが、やはり柔らかさのあまり、自重で崩れる。スープの塩気よりも穏やかなフィーリングで、背脂よりも甘い脂身の味がナイス。飯にも合いそうだが・・・やはりここは麺を巻いて一緒に食らうのが旨そうです!やはり、 王道中の王道!とも言える豚バラロール肉がやっぱり安寧の旨さ!
 
 
 
 
<味玉にハズレなし!> 塩気の中に箸休め的に休まる円やかな甘みがナイス!
 
 デフォルトでハーフでも入ってくれると本当に嬉しい!。全体的に塩気が勝っていたので今回は、箸休め的に感じて一層嬉しい。出汁が浸透して熟成した感じがあり、甘味を醸し出すタイプ。ところで味玉は+100円なんだけど・・・追加すると、ハーフ味玉が3つ並ぶんでしょうかね。それともホール+ハーフで??。次回は試さないとイケなくなった(笑)。
 
 
 
 
 総じまして「定番に押し寄せる背脂に、一周回った斬新さ覚える定番豚骨醤油!」と言う捻りない感想でゴメンちゃい。昔東京で寂しくしてたころの友情の一杯「香月」。味覚えてないけど妙に懐かしさを感じて味わいました。いっしょに食った彼は今でも元気でラーメン食ってるんだろか。オレがこんなラヲタになってるって知ったら腰抜かすかもしれないね(爆)。いつかどこかで再会したいもんです。この広い東京の空の下、かならずどこかでヤツも食ってるはず。お互いがんばろう!って英気を感じながら、とっとと最後に詠って、いつものように締めたいと思います!。
 
 
   久方の
   背脂醤油
   味しめて
 
 
 
   一気飲み干し
   腹パン辛し
 
 
 
 
 お粗末!と言うことで家族にも感謝しながら合掌!!今日も本当にごちそうさまでした!!!

投稿 | コメント (5) | このお店へのレビュー: 1件

「汁なし+ヤサイ•ニンニク•フライドオニオン•マヨネーズ」@麺屋 味方の写真とまそんのブログ: https://www.ramentabete.com/entry/2019/02/06/000000
とまそんのYouTube: https://youtu.be/y4ZmDmRE4No

<憂さ晴らしにガッツリ系汁なし!ストレス発散してきましたわ!!>
 
 本当は午後の予定を考えて御成門方面で一杯食うつもりだったんですが、途中で「麺屋 味方」の前を通ったら・・・なんと空席があるようだった。なぬーーーーー以前行列の回転が遅くて諦めて帰った記憶あり。これで心が完全に揺れた・・・・。決定的だったのは、先日「手打ち中華酒田@平間」へ訪問の際に準備したストロング・ブレスケアがまだ手元に残ってたこと。これが一気に後押しとなり、速攻で乱入気分で入店しました~。
 
 
 
 
<全体> 写真では縮尺が伝わらんが・・・じつはデカい丼で圧迫感それなりのジャンク系なのである!
 
 実はこちらは初訪問ではありません。昨年一度、朝の始業前の時間帯に訪問し朝営業を体験済。こちらは、朝にラーメンではなくサンドイッチを提供しておられます。そのサンドの肉が二郎系の肉という・・・なんともミスマッチな感覚なのですが、これが実に旨い!。店内で食べても行けますがテイクアウトの可能で、どちらかと言うとこちらの方が多かったかも。参考までに・・・リンクを貼っておきます。
 
 < 番外編:まかないサンド ~二郎系の店が朝限定でサンドイッチ提供!>
  https://www.ramentabete.com/entry/2018/08/31/173049

 そんな記憶も交錯しつつ、待ち受けた一杯はこんな麺顔で登場しました。
 
 
 おおお!。麺量フツーにと申しましたが、この器のデカさがなんぞや!。本格的ジロリアンに向けたサイズ感となっており、200g少々の麺だと写真では少なく見えるかも?。しかし実際には迫力満点で、ヤサイの盛りもかなりいい感じ。更に豚のボリューム感がデフォルトでこの規格かよ!とおもう分厚さとゴロゴロ感覚です。「汁なし」とは言っても実は、汁がそれなりに滲みます。野菜から滲みだすものと思われますが、天地返しなどをしているうちに全体が攪拌されてゆき、濃厚豚骨醤油味と豚脂、そしてマヨネーズが溶けだして、なんだかミルクチョコレートのような汁が底にたまります。これが実は旨くて・・・醤油の香ばしさと豚エキスの濃密さが抜群!。さらにニンニクがバリバリと刺激を与え、マヨのまったり感で幕を引くという段取りとなっとります。
 
 
 
 
<薬味> かなり広がる自由度!ヤサイ+ニンニク+フライドオニオン+マヨネーズでこってり洋風に!
 
 この他にもいろいろ選べます。カラメ・アブラは当然として、「柚子胡椒」「ごま油」があるのが面白いですね。他のメニューには設定がなく、汁なし専門の薬味です。これも投入すると、味の厚化粧が過ぎると思われるため、今回は洋風イメージに「マヨネーズ」「フライドオニオン」にとどめておきました。

 野菜はキャベツの甘味を感じとれるほどの、ややクタっとした感覚がいい感じ。フツーにマヨネーズで美味しく食える温野菜感覚。もやしもマヨネーズにこんなに合うとは知らなんだ。やはり旨いと思ったのは、「卵黄」と「刻みニンニク」が混じってソース状態になり、そこに「フライドオニオン」が混じる味わい。醤油ダレがこれで各段に肉厚な旨みに変貌してしまう。何を絡めても旨く感じてしまうタレ感なのです・・・オレだけの好みの味だったりするかもだが。
 
 
 
 
 
<麺> 自家製麺:キッパリとしたストレート!豚骨醤油がガッツリと浸透し深い褐色で迫るクッシリ極太麺!
 
 麺がここまで旨いとは知らなんだ・・・。二郎系のワシワシっと啜り噛みちぎるボソボソ感もイメージしたけど、こちらはもっとビシッと筋が通ったような凛々しさが印象的。二郎系・インスパイア系でよくある捩れやボコボコ感がとても少なく、極太なれどストレートさが印象付けられるフォルム。そして密度感もほのかに感じるし、麺の風合いも感じます。
 
 歯切れがヌツヌツとして茹で立つ中に、麺の旨みを伝えてるみたい。地肌はしっかりと醤油ダレが絡みついており、その風貌たるや伊勢うどんに匹敵ですが、歯応えは真逆のクシクシ感がいいよね。もっとマヨネーズにべっとりと絡みつくかと思いきや、サラサラと汁に馴染んで以外と啜りやすい滑りです。個人的には温かいヤサイと一緒にかみ潰すのが実に痛快。しっかりとカエシがまとわりついた極太麺と、ヤサイのほっこりする優しい甘味が、実にコントラストが明確で咀嚼のたびに一体化して、全く別の旨みに変化してゆくのが面白かったです。 
 
 
 

<豚> おおお!神豚が舞い降りたか!と思えるほどのデカさ・質感・柔らかさの三拍子!
 
 ハッキリ言って・・・ここ一年辺り食った豚ではトップクラス。驚愕の旨さです。しっかりとタレに漬かったばら肉ロールチャーシュー。器がでかいから分かりにくいが、実物は相当に大きいです。箸でリフトしたとたんに・・・端っこが自重で崩れおちてしまう。そして部分的に脂身と肉身がフレーク状に解れてゆき、これが汁なし系として麺を含め全体に絡んでゆくから、なんとも機能的であります。また脂身が大きく、醤油ダレの味浸透もしているため、トロトロで美味しい。非常に美味し過ぎて、麺を食うのを忘れてしまいそうになるほど。肉身の部分にも脂のエキスが浸透しきっており、タレの塩気と脂の甘味と肉本来の味が折り重なる優れものです。正しく・・・神豚が舞い降りたか!と思えるほどのデカさ・質感・柔らかさの三拍子!
 
 
 
 
 総じまして「我らの味方!ラヲタの味方!魂発散の麺屋味方!」・・・と言う個人的な思いを込め過ぎてすみません。ストレス発散気味だったのもあり興奮気味ですが、これは痛快なる旨さ!。今後気分的に落ち込んだらここで食って発散いたしたいと思います。それにしても、サクッと入店できてこれは神の救いか、神豚の思し召しか・・・。また来ます。多少気が楽になったところで、とっとと最後に詠って、いつものように締めたいと思います!。
 
 
 
   雲重く
   責任重く
   気が重く
 
 
 
   誰が味方か
   ガッツリJ系
 
 
 
 お粗末!と言うことで家族にも感謝しながら合掌!!今日も本当にごちそうさまでした!!!

投稿(更新) | コメント (8) | このお店へのレビュー: 1件

「ラーメン+ねぎ」@杉田家の写真とまそんのブログ(写真付きコメントフルバージョンなら・・・)
https://www.ramentabete.com/entry/2019/01/03/000000
とまそんのYouTube(適当に流し眺めるなら・・・)
https://youtu.be/eSBaIB92Zik

<朝から働く男たちの集う店・・・吉村家直系で朝ラーメンしてみた結果>
 
 とある平日朝、久しぶりに仕事絡んで横浜・・・。へへへ、朝ラーメンをするぜと意気揚揚です。朝ラーなら、京浜エリアには家系・ラーメンショップ系を探せばそれなりに見つかるのですが、どうしても横浜で朝ラーメンと言えば、行かねばならぬ店があるわけで!。それは、朝5時から営業という「杉田家」に他なりません。吉村家直系の系譜という本格派。さすがに始発でも開店時間には間に合いませんから、フツ―の朝ご飯タイムに伺いました。
 
 
 
 
<意外に優しくスルスル飲めるデフォルト醤油豚骨!行者ニンニクのやさしきジリジリ感も滑らかに沁みる旨さ!>
 
 スープをレンゲで透かして見ますが、醤油感はそれほどドギツくなし。実際に味わうとカエシの塩っぱさは低めで、塩気を追い求めていくと旨味の近い部分に打ちあたります。豚骨エキスにダイレクトに結びつく塩気で旨味と区別がつきにくいー。その豚骨エキスもあまりストレスなくしっとり感湛えるイメージです。鶏油のオイリー感でキラキラ光る層の下には、乳化しながら無数の細かい泡立ちがあり、そこが一番豚を感じるところでしょうか。ゆるいクリーミーな状態が、いかにも豚骨と寸胴で長時間対峙した後味を連想してしまいます。さて・・・行者ニンニク。強い香りで有名なんですが、個人的には普通のより合うんです。割と耐えられる。コペっと丼の縁にねじりつけ、後はゆっくり溶かして行きます。デフォルトのままでも旨いものの、さらに完成度を上げて行くにはこれですねー。一筋新たな味の軸出来るというか、味が一層立体的に感じるというか、ちょっと味変化というより、次元が上がるようなイメージです。生姜や豆板醤の追加も気になりましょうが、味がばらつくような気もして・・・・この辺りで抑えても合格な旨さです。
 
 
 
 
<酒井製麺:安寧のカタメなクシクシ感覚でいただく!中太でも喉ごしがよいのだ!>
 
 もう語りつくした家系での酒井製麺。これなくして家系とは言えない・・・とはオーバーな言い方かもしれませんが、教科書・基準・お手本となっているのは事実ですね。濃密な動物系のスープに負けないどころか、受け止めて風味で応えるというパワフルさがいいね。特にカタメコールが好きな方は、自分もふうめて層なんだけど、麺の風合いとスープのボディのバランスを気にしていると思ってます。かん水が抜けたあとながら、モチモチするイメージなく、スパスパヌツヌツと低反発気味で千切れるのも好印象。クタクタなほうれん草や、柔らかめのキャベツ等温野菜を載せながら食らうことも考えると、ややハードな腰つきが、自分には嬉しい。ちょっとワシワシとさせながらズボボボっと啜り食う楽しさが大好きなのですー。
 
 
 
 
<ネギ大好き「ネギ星人」なればこそ!朝からラーメン&ネギ三昧!>
 
 そんなスパスパヌツヌツと食らう中太麺に思いっきりからめて、ザクザクと混じらせて食いたいのが「ねぎ」。こちらは珍しく、青ネギと普通のネギを選べる(券売機のボタンが違う)のだが、今回は普通のネギにしときましたー。歯応え期待が高かったもので。とくに濃厚な豚骨系のスープだと朝から胃が持たれるような気もしたし・・・。温野菜よりたくさんのネギを食ったほうが、胃がさっぱりしそうなきがしたもので。まぁ、もともとネギ大好き「ネギ星人」なオレなんだけどさ。
 
 
 
 
<フカフカで優しい歯ごたえなロース肉チャーシュー!個性ある汁と麺にはどうとでも合わせられる旨さ!>
 
 同じ系列でも、チャーシューって個性が出来るところですね。こちらの肉は、とてもあっさりした肉で、部位はロースと勝手に思ってます。脂質がとても少なく、さっぱりと嫌味なく食えるタイプ。味はその分淡泊というか上品に思える。なのでガッツリとスープに沈めたり、麺に巻き付けたりして食らうと旨かろうです。私は、今回はじっくりとスープに潜らせてエキスを吸い取らせ、少々のほうれん草とたくさんのネギを、この肉で巻いてくらって遊びました。それもまた旨しです。
 
 
 
 総じまして「朝から気合い感じる・・・マイルド直系家系朝ラーメン!」・・・と言う感覚でしょうか?。混むときもあるのでダブル券売機。夜の交代制労働者の方やら、朝から気合のラーメンファンなども多い。だけど ハードルは高くありませんし、とても気楽な店。通し営業なのも嬉しくて便利だし、近くに来ることあればお立ち寄りあれ~。そんな宣伝気分のまま、とっとと最後に詠って、いつものように締めたいと思います!。
 
 
 
   朝靄に
   働くパワー
   眩しくて
 
 
 
   気合与えん
   家系豚骨
 
 
 
 お粗末!と言うことで家族にも感謝しながら合掌!!今日も本当にごちそうさまでした!!!

投稿(更新) | コメント (3) | このお店へのレビュー: 1件

「特製らーめん(もも肉)」@らーめん飛粋の写真写真付きフルコメントバージョンなら・・・
https://www.ramentabete.com/entry/2018/12/14/000000
YouTubeにまとめたよ!
https://youtu.be/6KhFcbfENEQ

<最近「家系」と言えば異様にここが気になる・・・>
 
 先日はケンちゃんラーメンインスパイアを2連荘で食ったりしましたが、今年は妙に「蒲田」エリアのラーメンたちが記憶に残ってる。その中でも事件とも言えるのが「飛粋」さん。近年家系によりつかなくなった私にとり、【こんなに美しい家系があったのか】と思えるほどの質感。スープや麺を好みに調整してくれるのが家系とは言え、デフォルトの旨さと美しさがすごいし、【家系なのに家を名乗らない】謎めいた部分も隠し味に思えてしまいそうです。ただ唯一、少しトーンダウンしたかなと思えるところは、ランチタイムのライス無料サービスが11月末で終了となったこと。食券出して・・・アホみたいに「ライス要りますか?」の一声をずーっと待ち続けたオレ。ですが、放置プレイに疑念が生じ、目線をそらした先に、そんな終了告知のポップを見つけてしまいました・・・・。
 
 
 
 
<もはや味変必要なし!と思えるデフォルトの滑らかさ!コク深さ!完成度!>
 
 おおお!ビューティホー!!家系ってワイルドなイメージだったり、体育会系の男臭さが連想しがちですが、これはなんと醤油顔した男前な麺顔。スープのギトギト感が大人しかったり、また醤油ブラウンが非常に明るく思えてスッキリしてる。また何と言ってもチャーシューの配列が美しいのもあって、家系ではあるのだけど、整い感覚が大いにあるところが、実に印象的です。一口、スープをすすると・・・濃厚豚骨系にしてはスーッとスッキリ。デフォルトの状態がすでに完成形です。家系だと、ニンニク・豆板醤・生姜・・・・場合によっては酢やニラなど、薬味入れるの前提でチューニングを楽しみたいもの。ですが、こちらのスープはそれらで変化させたくないと思えてなりません。ま、人それぞれですが、豚骨の煮出しがとてもマイルドで嫌味が一切なし。ストレス感じない煮出し方と思えてエグミが発生しないのでしょう。またほどほどの鶏油レベルなのも好印象で、スープの塩気と軽く結びつく程度。如何にも鶏油という出しゃばりがありません。また醤油のレベル感もなかなかで、しっかり醤油感が出ているけど、醤油が前に出ない下支え感がある。
 
 
 
 
<酒井製麺:王道のカタメ風合いが期待裏切らず!濃密スープとの相性を思い知る!>
 
 家系食ってて酒井製麺を無下にはできません。やはり定番感があり、すでに貫禄の域に達しているような印象。家系スープと共に歩んで何十年・・・年季すら覚えます。今回はカタメでお願いしました。スープはデフォルトの風味バランスには、麺自体の風合いを重ね合わせたいと思うから。見慣れたやや白いようで黄色めな発色は、練水の影響だと思う。そして適度に乾いた感じをキープしており、そこにマイルド濃密スープが咀嚼と同時に混じり入るところが、とても旨い。スパスパと前歯で千切る感覚よりも、早く奥歯へと移動させてプレスして潰すのが楽しみ。少々剛麺っぽい風情も持ち合わせるから、いつもの通りズボボボボボボボボボ・・・・っとライトにすすり上げることは無理。ズコッと短く啜ってスパスパと千切り、あとはワシワシと箸を使って口の中へと運ぶ。なので短く噛みちぎることになりますから、後半の最後は短い麺ばかり残りますな。
 
 
 
 
<飛粋と言えば実は「もも肉」が第一印象なのかもしれん!不思議な香ばしさ持つシットリ肉!>
 
 スープはマイルド、麺も王道、そして見栄えは美しく・・・・肉は旨い。特に肉が美しさを表しているとも言って良く質感が高い。現代風の定番、低温調理に近い肉を使っているのも特徴でしょうか。ここは、もも肉とばら肉で好みで選べるのですが、一応両方試してどっちも旨かったけど、どちらかと言えば、人気はもも肉の方があるようです。まさにくきめ細かくて柔らかい。どの方向から歯を立てても軽く千切れる仕上がり具合で、豚肉とは思えぬほどにパフパフとした歯応えです。薄味なのでそのままでも旨い。またスープに軽く浸してから食らうのも捨てがたい。この一点だけは、プラックペパーを振りかけて食っても旨い。特に秀逸なのは、香りが高いこと。燻製でもした風でもないのに、実に香ばしい。スモーク感というよりもナチュラルな感じがある!。
 
 
 
 
<味玉にハズレなし!スープをマスキングすることないサッパリ系の味わいがいい!>
 
 濃ゆい味の中にあると、薄味が恋しくなる。また箸休め的な安堵感もあたえるもの。そこまで薄味じゃないけど、ふとそんなことをイメージさせる味玉。浸透深いけどふっくらとした仕上がりが印象的で、白身はふわふわしていたのがいいね。あまりつけダレに浸透されつくされてないのがフレッシュな秘訣なんでしょう。一方の卵黄は、中心に少しばかりトロミを残す仕上がり。こちらも出し浸透は軽くしているものの、熟成は割とライトで食べやすい。卵本来の味わいを十分に感じさせ、ひょっとしたらこのまま白飯の上に置いて、レンゲでグジャグジャにして崩して飯と食らうと旨いのかもしれない。ライスが無料だったらやってたねきっと・・・・。嗚呼、今回も味玉にハズレなし。
 
 
 
 
 総じまして「まさに東京トップクラスの【美しき】家系ラーメンここにあり!」・・・と言う感覚でしょうか。見栄えだけでなく、味も含めて、素材の質感ももちろんのことで。普段あまり家系で固執しないオレですが、今後はいろんなトッピングで変化を持たせて、食らい通い続けたいと思う次第。今後もよろしくと軽く挨拶したところで、とっとと最後に詠って、いつもの通りに締めたいと思います!。
 
 
 
   空暗し
   霧雨重く
   冷え込んで
 
 
 
   美味で明るく
   質実飛粋
 
 
 
 お粗末!と言うことで家族にも感謝しながら合掌!!今日も本当にごちそうさまでした!!!

投稿(更新) | コメント (7) | このお店へのレビュー: 3件

「ラーメン半分+うずら」@ラーメン二郎 西台駅前店の写真写真付きフルコメントバージョンなら・・・
https://www.ramentabete.com/draft/7ijKmPOQeHfTvexBIx_-GNf4nec
YouTubeにまとめたよ!
https://youtu.be/YFAnGmsksfg

<せめて意地だけ通したくて・・・西台へ>
 
 ラーメンデータベースのイケズ・・・。登録している店が移転すると、未訪問扱いに格下げされていまいます。これはイケズな対応ですよ(笑)。ま、その道理は分かるのですがね。しかし、西台二郎が目と鼻の先に移転(半分元通り?)しただけでこの扱いですから・・・。ちょっと意地を通したくて、私用で午前休暇取った日のついでに、無理矢理突撃してみました。もう冬へとまっしぐらな季節で、わざわざガード下の影で行列だなんて考えただけでも寒気が走りますが、ラーメンヲタク、通称ラヲタの業の深さを感じます。
 
 
 
 
<ジリジリ迫るニンニクと白い粉の塩気旨味の合体迫力!カエシとアブラ補強で食えば気合い入る!>
 
 おおお!丼が大き目で肉厚だからとてもフツーに見えてしまうが、麺半分とは言えとても迫力アリアリですよ!。ヤサイの量は麺量と比例する感じがありますが、その他はコテコテ脂感に醤油が色をさし、その下にはガッツリ肉が塊となって埋まっている。そして刻んだニンニクが、スープに溶かす前だというのに、プンプンと湯気をとおして香って来るではないか。スープは表層を覆うラードのコーティングでやけに輝いて見えるし、薄っすらと乳化も伺える。まるで褐色の悪魔のように見ているだけで誘い掛けます。
 
 
 久しぶりだぜーってな感覚でまずは、箸でニンニクを溶かしながら、そして半分だけ天地返しをして、汁と麺と具材を軽く混ぜ合わせ、そして一気にかっ喰らうように味わう。今日はブレスケアを持ってきたから、存分にニンニクを楽しめるがそれだけに、ジリジリと来る刺激が痛快で、辛さのようで香りを感じ、ニンニクマゾヒスト気分に陥る〜。特にカラメとしただけにカエシの結びつきが強く感じられ、豚のエキスもろとも香ばしく感じる。そうなのだ、アブラとニンニクが妙にマッチングが激しい。攻めたつもりが激しく責めたてられる。
 
 
 コロコロとした形状でふりかかる背脂。これが箸ですくえそうでフルには捕まえられず、途中で崩れる。そしてカエシが濃い出汁に染まるが、それが褐色にそまり、まるでトパーズのように光っているではないか!。それをスープもろとも啜って食らうのだが、カエシの塩気と白い粉の塩気、そしてニンニクの辛味が一度に受け止め、背脂の甘味にもろともダイブしてくるような味わい。塩気と辛味がズドンとプッシュしてくる!。
 
 
 
 
<デロデロし過ぎない程度の淡いクッシリ感!汁吸い込んでからのゆったり感!ワシワシっと一気食い!>
 
 結論から言えば、旨すぎてこんなことなら、もう一段上でも良かったボリューム感でした。直系でもいろいろ麺のカタサには特徴があるみたいだけど、私の一杯ならややカタメ程度のナイスバランスだったかと!。最初の天地返しの瞬間から、あ!麺風味が香る!と感じます。日清製粉オーションらしい素朴で朴訥とした色合いの地肌感。そこにかん水の影響をやや感じる薄く白めな黄色が全体にさす。ご存知平打ち系でやや縮れとは言えない程度のボコボコなウネリ・捩れがある。これが麺と麺の間に隙間を生み、スープを持ち上げない代わりに、ヤサイやらを引っ掛けて来るという優れものです。
 
 
 チュルチュルとは絶対に食えそうにない麺で、短くズボッ!スボッ!ズコッ!っと啜る。その後は、ハフハフと引きずりながらバキュームし、続けてワシワシと奥歯で潰して味わうのみだ。計算通りにモヤシとキャベツを引っ掛けて、またカエシに染まった背脂の粒も隙間で溶けだしている。そこをもろともくらい味わうのが、この系統の醍醐味ですな・・・・。
 
 
 
 
<うずら:口休めと言うよりも二郎のアイドルと言った可愛い存在感!>
 
 玉子に比べたら割高感がアリアリ。だがどうしても「うずら」があるとわざわざボタンを押してみたくなる。二郎系のパンチに合う合わないの問題じゃなく、粗野やワイルドに思える麺顔にもしコロッと姿があったら、素直に可愛いなと思う。だからスープに浸してどうのではなく、口休めとしてもナイスな存在感です。機能的よりも視覚的に効果があるトッピング。存分に楽しませていただきました。個人的に、これは西台に来るたびに合せる必要がでてきました。
 
 
 
 
 
<ロースとバラのガッツリ肉塊!質感嬉しくボリューム満足!もっと食えたかも!>
 
 いや〜2種部位の豚は今回も格別。ロース部位と思われるのは、サイズがハンパなく分厚さもかなりのもの。引き上げて確認すると、軽く一昔前のスマホと大きさサイズですよ。しかも身が柔らかでスポンジのようにフカフカ。またスープ生成にも貢献したようで、スカスカとした赤身部分も旨し。そこを今度は汁に漬け込んで汁を吸わせてから味わい倒します。肉を食うと麺の炭水化物が恋しくなるし、絶好の麺とのコンビネーションですな。
 
 
 またばら肉の方は、少し歯ごたえがあって肉を食ってる!!って感じがありありです。脂身も含んでますから噛み千切ると脂がスポンジのように滲み出ます。カネシの塩気も同じくにじみ出るようなニュアンスで、すでに脂と塩気の一体感が生まれてます・・・これは、麺でなく実は白飯で食いたい味わいじゃないか!。
 
 
 
 
 総じまして「たとえジジイなっても食い続けたい二郎の世界・・・もし迷ったら西台かもよ!?」と一応私見でおススメします。麺サイズと肉トッピングのボリューム案内と、その日の体調を慮って組み合わせ自由。見栄なく楽しく適量を食べるなら、こんな二郎がベストと申せましょう。ミニラーメンもここでは堂々と頼める雰囲気。もっと女性進出もありそうな気もしますー。そんな余裕を感じる珍しい二郎体験を感じつつ、とっとと最後に詠って、いつものように締めたいと思います!。
 
 
 
   昼時に
   寒風抜ける
   ガード下
 
 
           心は熱き
   ラヲタの熱気
   
 
 
 お粗末!と言うことで家族にも感謝しながら合掌!!今日も本当にごちそうさまでした!!!

投稿 | コメント (5) | このお店へのレビュー: 1件

「まぜそば 全部増し(追い飯付き)」@徳島NOODLE ぱどるの写真写真付きコメントフルバージョンなら・・・
https://www.ramentabete.com/draft/6nIQbKdDKs3SV5DAGQ8ieJRbCo8
YouTubeにまとめたよ!
https://youtu.be/61vLFU0QOtE

<今年一番の汁なしに出会ったのかも!?>
 
 今回の狙いは「徳島NOODLE ぱどる」さん!。徳島系と呼ばれるラーメン屋さん。この系列だと徳島にある「ラーメン東大」などが有名で、私も関西駐在時代には、よく食したものです。本場徳島では一回も食ったことないのですが、阪神エリアの徳島系については、当時制圧したはずです。久しぶりに味わいたい・・・というセンチメンタルな訪問理由なんかじゃない。今回は「まぜそば」があると聞いたのでわざわざやって来たのです。
 
 
 
 
<徳島系の甘めの豚骨醤油が!こんなにまぜそばに合う何てビックリ!>
 
 おおお!トッピングを「全部増し」にして大正解ですな!。徳島系と言えばスライス煮込みばら肉がイメージですが、焙りばら肉ロールが存在感高めますし、ブロック肉もゴロゴロと楽しませてくれそう!。何と言っても卵黄が徳島っぽさを醸し出すし、これに追い飯が付くというのなら気持ちよく払える!タレはしっかりと麺と混ぜ合わせておりました。クリアな醤油ダレの余韻と、カメリアラードのような軽やかな豚系コクが滲んでいたかも。それに豚肉の煮込んだ汁が薄く白濁して混じった余韻が広がりますが、ここに徳島系独特の甘味が広がります。これは麺の前に白飯を欲してしまうかも。それにやはり野菜トッピングの汁気が染みますね。それは優しく麺に染みわたると同時に、一部は香味油と味りあいましょうか。その汁気でフライドオニオンがふやけ、そしてパワフルな香味が全体に広がりだす!。
 
 
 
 
<力強い太麺がタレにも香味油にも・・・卵黄にもよく絡み合い旨し!>
 
 徳島系と言えばストレート細麺。隣のお客が食しておられましたが、卵黄を麺に絡めて黄色いドレスを纏ったような麺のリフトが美しいです。細麺の汁なし系も好きなのですが、今回は徳島系アンチテーゼの極太麺です。しかもそれがクッシリクシクシ感が頼もしく、風味が高い上に歯応えもいい!。それが甘めの豚骨醤油タレを少し吸い込んで、しなやかになり、ヌッチリとした歯応えがいい感じ。これに卵黄を絡めて食らいますと、当然に旨いね!午後から仕事がもしなかったら、ニンニクを投入して円やかさにシャープなキレを足しこみたいとことですが、甘目のタレと卵黄が合わないはずはない。見た目も味わいも食欲爆進へと導きます。
 
 
 
 
<チャーシューマシマシの幸せ感と野菜感覚が嬉しすぎる!>
 
 何と3種類のバラ肉チャーシューです。まずは定番のスライス肉。すき焼き風の仕上げになっており、これだから、徳島系のトレードマーク卵黄との絡みが素晴らしい!。またそれだけでなく、まぜそばとして絡まりやすいように、焙りの入ったブロック肉。側面はカリカリで香ばしく、中はシットリした脂身がとろけるタイプで、仮に冷えてても脂が甘く感じます。また正面に対峙するロールチャーシューがナイス!。カリカリなクリスピー感ある焦げ部分が脂の甘さと醤油ダレの塩気で香ばしく、まさしく炭水化物と一緒に食したい!と思わせる仕上がり。
 
 
 
<とどめを刺す旨さの追い飯!しっかりお茶碗半分ちょいの満足感!>
 
 こちらはコールしてから、丼を一旦お返しして受け取りなおすというブーメラン方式。なかなか期待通りな飯の盛りです。このためにある程度、チャーシューを残しておいたのだ!。汁は意外に麺に吸い取られて残らなかったが、それらをぐっちゃぐちゃにまぜまぜして、最後の〆とさせていただきました。嗚呼満足度の高いことか!。
 
 
 
 
 総じまして「定番のようで新感覚なるがっつり汁なし系!徳島系まぜそば旨し!」・・・と言う感覚でしょうか。これは定期的に食いたいメニューですよ!。次回はチーズをのせてバージョンアップさせましょうぞ。そして汁系もまだ食ってないし、楽しみが尽きない。今年激しくおすすめの汁なし系です!。そんな宣伝モードで、とっとと最後に詠って、いつものように締めたいと思います!。
 
 
 
   憂さ晴らし
   昼飯時に
   がっつりと
 
 
 
   旨き汁なし
   午後やる気なし
 
 
 
 お粗末!と言うことで家族にも感謝しながら合掌!!今日も本当にごちそうさまでした!!!

投稿 | コメント (8) | このお店へのレビュー: 1件

「チャーシューメン」@とんこつラーメン 藤参の写真写真付きコメントフルバージョンなら・・・
https://www.ramentabete.com/draft/ujUvzt6HlUQMT2tw2iDwyH7Grt0
YouTubeにまとめたよ!
https://youtu.be/N0Kolx-lBWo

<家系を名乗らない家系!とんこつラーメンと謳う家系!>
 
 またもや家系をなのらない家系の新店舗誕生!。田町から慶応に抜ける途中にできましたが、この場所もころころと店が入れ替わる場所でして、そろそろ落ち着いてほしいと思っていたところです。屋号の冠には「とんこつラーメン」と名のっており、入れ替わる前の店を知っているひとなら、また九州豚骨系かと間違うかもしれない。そんな紛らわしさがありながらも、拘りを感じる「藤参」さんへと行ってまいりました。「富士山」としなかったのもいろいろと訳やこだわりがありそうですね・・・。
 
 
 
 
<程よい動物感!嫌味ない獣感がコラーゲンと共にしっとり揺らめくー>
 
 さてスープですが、デフォルト指定でしたが、やや滑らかなオイリー感覚。そんなイメージ。肉にも合うが、ライスにも合いそうです。やはり家系と言えば、動物感の輪郭が気になりますが、獣感が滲むコラーゲン風味がじっとり。しかし嫌味な部分は一切なく、むしろ満足感に結びつく!。「とんこつラーメン」と冠をかぶせたい拘りを理解します。醤油感は、 塩気がピッチリというより柔らかく包み込むような、余裕を感じました。色合いもややパステル風にも優しく感じるため、豚骨醤油!威勢を張るより「豚骨醤油味」とも言えなくもないかと!。これは単に味濃いめにしなかっただけの余韻かもしれませんがー。
 
 
 
 
<しっかりめのカタサが楽しめて大変満足!中太ストレート麺うまし!>
 
 とりあえず何でも家系では、麺カタメを指定してしまう。もはや脊髄で反応して答えてますなー。それにしてもこれは風味感じるカタメでありましたよ。どこの製麺所か確認したかったのですが、そういう度胸がないわけで麺箱を探してみましたが不明。加水が低いというわけでもなさそうなのですが、クシクシと切れ込む前歯の感覚が実に好みです。鼻孔に流れる風合いはすっかりと濃厚スープに支配されておるものの、奥歯で潰すときのスープとの一体感がまた素晴らしい。箸で引き上げると、まるで芯が残ってるようなカタメのニュアンスが分かると思います。あまり絡み合おうとせず、そのままの形で持ち上がるような風貌が少し面白い。麺を啜って香りを少し感じて汁のマイルドこってりを堪能。
 
 
 
 
<チャーシューメンおススメ!見た目以上に埋もれて味わいも深し!>
 
 そこそこの肉量に見えますが、実はオヤブン肉は沈んでいます。どこの部位なんでしょうね。肩ロースでも腕に近い部位なんでしょうか。モモ肉ではないよね。この肉が実にスポンジのようにフカフカながらも肉厚カットなので、噛むことが実にたのしくてならんです!。しかも筋肉繊維にそって解れるように崩れてゆく。タレには深く浸っておるようで、タレと脂が既に融合した甘さがいっぱいです。嗚呼・・・やっぱりライスは必須だったよ!!!表層はスライス肉が横たわってますが、それにしても分厚い。これを食い終わると、もはやブロック肉と思える厚肉が控えている。実は肉の固まりを存分に食えたので、かなりストレスが発散された形でした。この行動パターンは病みつきになりそうで怖い・・・。
 
 

 
 総じまして「どうせなら美味しくストレスを晴らそうよ!だったらこんな家系ナイス!」と言う感覚でして、まさにその時の心境にドンピシャな旨さでした。家系でニンニクも豆板醤も何も追加せずとも、デフォルトのままで美味しい!。いやはや貴重な家系が田町・三田エリアにできたものだ。ここは定点観測を今後も続けてゆきましょう!。永く頑張ってもらいたいと応援気分!その流れのまま、とっとと最後に詠って、いつものように締めたいと思います!。
 
 
   飯食えず
   ヘロヘロ気分
   おやつ時
 
 
   復讐気分
   がっつり肉食
 
 
 
 お粗末!と言うことで家族にも感謝しながら合掌!!今日も本当にごちそうさまでした!!!

投稿 | コメント (5) | このお店へのレビュー: 1件

「紫(ゆかり)そば・麺カタメ」@中華そば むらさき山の写真写真付きコメントフルバージョンなら・・・
https://www.ramentabete.com/draft/wMBc4kWxdVboPKRav7Z3lQ7rJbA
YouTubeにまとめたよ!
https://www.youtube.com/watch?v=RrlGVF-N7Z8

<妙に私のお気に入りなのだ・・・理屈じゃなく・・・>
 
 今日も訪問時満席で繁盛しています。場所は田町駅北口の第一京浜渡った「慶応仲通り」商店街の中ですが、この狭い商店街から更に路地裏に入った場所。人通りと言う点では全くスルーされているのに、これだけ客を呼び込むとは、すっかりプレゼンスが上がったねー。一応一通りメニュー制覇しておるので、今回は、特製ラーメンに相当する「紫(ゆかり)そば」を麺カタメでいただくこととしました。
 
 
 
 
<おお?ややオイリーに傾斜し変化してきたか?もはや脱和歌山系の確固たる旨さ!!>
 
 もともと豚骨醤油がベースと思います。豚のエキス感がかなり濃ゆめだし、コラーゲン感すら覚える程度。ここに醤油味がジットリと結びつき、チャーシューダレを思い出すように、塩気が脂と結びついてほの甘く感じる・・・そんな醤油ニュアンスです。ここにかなりの魚介エキスが投入されていると思われ、甘さをぐぐっと分厚く補強した感じ。鰹節はもとより、煮干もしっかりと溶けていると思うけど、苦みやニボった味わいは皆無です。いやー今回は久々な気がして、ちょっと旨いぞ。そして改めて、こんな豚と魚介と醤油感に心を奪われていて、これは何系か?と自らに問うと基本的な「豚骨醤油」でもあり「豚骨魚介」でもある。このどちらかを決めるのは難しい味わい。こうなってくるともはや和歌山系なんてジャンルは突き抜けていると感じます。
 
 
 
 
<パツパツさがとても似合う!オイリースープをガッツリ受け止める質実ストレート細麺!>
 
濃厚スープにはやはり加水低めのパツパツさ気持ち良い。前歯で千切った面を見ると明らかに芯が確認できます。そこから感じるグルテンの風合い。密度感高い歯応えと共に食感に響きます。これなら大盛にしておけばよかったのですが、120円という20という端数に躊躇したオレ・・・・己のみみっちさ加減が嫌になるね。パツパツだから、麺同志寄り添ったりしない。スープの持ち上げというより、スープに濡れた感じでエキスを楽しむ感覚です。こういうタイプはよりレンゲを多用することになりますが、レンゲでスープと麺を掬いながら口の中へ運ぶと、濃厚エキスとパツパツ風味が一番強く感じます。
 
 
 
 
<ばら肉ロールチャーシューの香ばしい塩気と甘味の共存!炭水化物全般にベストマッチ!>
 
 関西転勤時代にお世話になったばら肉のロールタイプ。醤油ダレに豚エキスがよく溶け込んでおり、甘さを感じるほど。これが全体的に深く浸透しているようですが、周囲は濃ゆく、中は薄くです。周囲の部分だけでも白飯が何杯でも食えそう。それをあえてもう一度スープに沈めて吸い込ませ、ひたひたにさせてから食らうのです。もう口の中は旨みの洪水・・・・。
 
 
 
 
<味玉にハズレなし!丁度良いハードさで食べごたえを感じる高い質感!>
 
 芳醇濃厚なタレに浸ったのはよく分かる味玉です。写真で見るより実物はもっと深い色合いを感じる。そして中にも深く浸透しているんですが、割とハードめな卵黄で、最近トロトロタイプが多い中、より個性的に感じました。濃いめの味もあって、なんだか腹にたまるような満足を与える味玉。嗚呼今回も味玉にハズレなし!。
 
 
 
 
 総じまして「更なる進化中!田町路地裏で虎視眈々たる質実濃厚中華そば!」と言う感覚でしょうか。もはや私の中では、三田と言えば「二郎」、田町と言えば「むさらき山」。それほど理屈なしにハマり中ですから、グルメSNSランキング評価がどうであれ、応援し続けます。ともあれ充実の昼飯感動!そんな感謝を忘れないうちに、とっとと最後に詠っていつもの通りに締めたいと思います!。
 
 
 
   立冬の
   風は緩やか
   温かく
 
 
 
   気分緩やか
   豚骨沁みる
 
 
 
 お粗末!と言うことで家族にも感謝しながら合掌!!今日も本当にごちそうさまでした!!!

投稿 | コメント (5) | このお店へのレビュー: 16件