なんとかデータベースラーメンカレーチャーハンぎょうざうどんそば
 

とまそん@ラーメン食べて詠います

男性 - 東京都

自分のラーメンライフを振り返ってみました・・・https://hikakujoho.com/manekai/entry/20180712

平均点 83.154点
最終レビュー日 2019年2月19日
3,610 2,309 13 21,203
レビュー 店舗 スキ いいね

「ハートランドビール 小瓶→汁なし担々麺4辛+パクチー+追い飯」@手打中華そば 大賀110の写真写真付きフルコメントバージョンなら・・・
https://www.ramentabete.com/entry/2018/12/17/000000
YouTubeにまとめたよ!
https://youtu.be/v6nAcONsWCs

<TRY新人賞3部門入賞の実力を試しに!>
 
 ある感慨にふけりながら、開店時間前に訪問しますが・・・周囲は殺風景!。なのに1軒だけ店前で待ち客がいる店があり、そこが今回の目的地だとすぐにわかりました。もうかなり地元ではコアな常連を確保しているようなのが伺えるし、また年齢等客層もバラバラなのがいいね。タイミングよくすんなり入店できたのもラッキーで、今回は、この店看板の一番上に紹介されてた「汁なし担々麺」をいただくことといたしました。
 
 
 
 
<大人の休日の過ごし方・・・ハートランドビール!>
 
 汁なし系とくればビールだよ!況してや休日なのだから。こちらは、「インドの青鬼」と「ハートランドビール」を選べることができ、当然いつも好きで飲んでいる「ハートランド」をチョイス。てっきり中瓶だと思ってたが、小瓶だった(笑)。サービスしてくれたアテは、鶏肉チャーシュー。きめ細かい繊維質はフカフカとした感触で、薄味な淡麗系のうまさ。そこに柚子胡椒が添えられて、この組み合わせだけでいくらでも酒が飲み干せてしまいそう。配膳が完了するまでにすっかり堪能仕切ってしまいました。
 
 
 
 
<5辛を頼んで優しく制せられ(笑)4辛!甘さ・辛さ・痺れ・香ばしさどれも濃厚!>
 
 おおお!汁なし担々麺と言えばこの舟の器!!湯島の名店他でも見かけるタイプ。3種の具材がもさもさっと大胆に盛られている上に、水菜のフレッシュさがコントラストを形成して見た目がいい!。タレは赤いけど芝麻醤と辣油が混じったオレンジ色。そして端からハミ出て覗く麺が「超極太」だからインパクトあり!。5辛にしなくてよかったと3クチめ辺りから感じました。お母さんアドバイスありがとね。太麺だから啜り込むような食い方になりますが、その時タレの熱気と混じった山椒パンチが、やはり喉の奥にある噎せるスイッチを押してしまう・・・。ケホケホと部分的にむせながら食らい続ける格好です。それほど、痺れと辛さにしてはしっかりしている味わいでしたし、もはや痛快レベル!。
  
 

 
<ひき肉&ナッツ類の香ばしさと甘さ!それに水菜&パウチーのダブルフレッシュがカオスに生きる!>
 
 まず挽肉がうまいね!。粗めな粒はふわふわ感を損なわないような炒め方で、奥歯で噛むと吸い込んだタレと自身の脂をじゅわっと吐き出します。ここには痺れと辛さはあまり関係なく、このまま白飯に乗せて爆食いも可能ななじみやすさです。真骨頂はナッツ。ナッツはほぼ均等に潰されたツブツブ感で、歯ごたえの均一さが印象的。香ばしさは当然ながら、カリカリ感が暴れないから、上品な汁なし担々麺にすら思えます。さらに・・・甲殻類を炒めて水分を飛ばしたよなトッピングがもさもさっと絡まり、これは明確な歯ごたえなくて、芝麻醤のクリーミーさに溶けてゆくようなイメージです。さらにパクチーだ。水菜は歯応えは良いが味と風味は少し水っぽさが先行しますから・・・そこをハーブ系でアシストするとベストマッチ。 
 
 
 

<真骨頂の多加水極太麺!手打ちうどんを思わせるフォルムで身の詰まったモチモチ感がハピネス!>
 
 多加水でモチモチ!!引き締まりも高いけど、ぎゅーーっと固まった感覚はなく、多少密度が高いと言った印象。そして風味が良い。ほぼサイズ的にはうどん。うどんの中でも手打ち手切りうどんに匹敵する重量級です。そしてうねうねとした曲がりも見受けられ、少なからず捩れもあるイメージ。なので平打ち麺で間違いないが、ピロピロとしたエッジングはないため、白河系と言うより、やっぱりうどんに見えてしまうかも。極太麺で緩やかな捩れ・・・そこに具材がよく引っかかるし、絡みまくるので嬉しい。ひょっとしてタレも吸いやすいのかと思うほど、よく味が馴染む麺。香りと痺れがいいと・・・おおまかに述べてきたが、やはり歯応えが猛烈にいいですよ!。
 
 
 
 
<追い飯は外せぬ!タレを最後まで吸い尽くせ!!>
 
 +50円ですからいい感じ。サービスでレンゲ一杯半と言うのより、しっかり払ってそれなりに食いたい気分です。飯で最後わるからそれように残したイメージはないけど、しっかり挽肉類が残って、さらに白飯を一気に投入!。そこから念入りにグチャグチャとかき回して、最後の締めが完成。タレが染み込んだ飯に絡む挽肉。旨くないはずがない!。これは欠かせません!。
 
 
 
 
 総じまして「新しい年に向けまた新たな潮流!?来るか極太モチモチ麺フィーバー!!!」・・・と言う感覚でして、これはちょっと今後しばらく注目し続けたい!。ここ数年淡麗系が躍進して、細麺回帰な流れを個人的に感じておりましたから、来年のラーメン動向に変化があるかも。だったら極太麺!だったりして:笑。ちょっと気になるテーマなので、いずれ個人的に厳選してまとめて発信したいです。そんな興奮冷めやらぬうちに、とっとと最後に詠って、いつものように締めたいと思います!。
 
 
 
   シビシビと
   痛快刺激
   楽しみて
 
 
 
   うねる極太
   うなる旨麺
 
 
 
 お粗末!と言うことで家族にも感謝しながら合掌!!今日も本当にごちそうさまでした!!!

投稿 | コメント (7) | このお店へのレビュー: 1件

「汁なし担担麺すごくシビれる +パクチー +エビス黒小瓶」@175°DENO担担麺 TOKYOの写真フルバージョンなら・・・
https://www.ramentabete.com/draft/sDD-BQrDsvD3tTOxxYcVowYTbBo
YouTubeにまとめたよ!
https://www.youtube.com/watch?v=lUCRe8iz02A

<刺激求めて夜の西新宿!担担麺の話ね>
 
  175°って温度のことなんだってね。辣油を生成する際の油の温度のことなんだっけ確か。こういうこだわり薀蓄って結構大好きなオレ。だから妙にこの店の情報が脳裏に焼き付いているんです。確かに店内には自家製辣油の宣伝と、お土産用のセットが置いてある。そして厨房内に大きな辣油ストックがあって、担担麺より辣油の方が存在感がデカいかも。この時点で辣油は別格で味わおうとは思っておりました。
 
 
 
 
<大人の仕事終わりに・・・プレミアムエビスの黒が合う!>
 
 嗚呼、やはり黒ビールが本当に旨い。そう思えるようになったのは、じつはつい数年前から。同級生につれられてたパブで開眼したのだよな・・・。ビールもクラフト沼にハマるとお金と時間が一気に浪費されるので要注意。オレにはヱビスの黒で十分満足なのです。特に小瓶の嬉しさは黒ビールでないと感じられないポイントかも・・・。
 
 
 
 
<ご自慢の自家製辣油で引き締まる辣さ!混ぜるほどに芝麻醤のコクと中和する旨さ!>
 
 かき混ぜるまえにタレをなめる!。おお案外と辛くないマイルドなコンタクト!さすがに食べる辣油を意識した作りこみで、辛さに旨みがあるという感覚。これはほかのタレが混じっているだけかもしれませんが、尖らない風合いだけとっても崇高な辛味。しかし油断してグイグイと舐め続けると、いきなり辛さの洗礼を受けて手痛いしっぺ返しを食らいます。この時点では、ライスを貰えないかと薄ら感じてました。辛さと痺れのアピール専門の店か・・・・とこの時点では思っていたんですが、麺を絡めていくとゆっくりと芝麻醤の広がりを感じます。最初は芝麻醤の存在を感じなかったんですが、実は麺にからめてあったとか、後から後からコクが広がりだします。ここに辣油の刺激が融合してゆき、これを相乗効果というのか!。辛さが甘味を得る一方で、甘味が辛さを得て引き締まる。
 
 
 
 
<パクチーと花山椒のコンビネーションが鼻腔を突き抜けて快感!>
 
 ただ花椒の香りをゆとりを持って感じられるのは、パクチーの青くさいマスキングがあってこそ。花椒の刺激はダイレクトでは辛い。だけどパクチー合わせだと、風合いをあまり変えることなく痺れを味として感じ取れる気がするんですよね・・・・・。単に黒ビールで酔っているだけかもしれませんが。このように、今回の汁なし担担麺は四次元的。辛さと甘さ、痺れと臭さ、それぞれが交錯して旨みのカオス状態満載でした。
 
 
 
 
<モチモチ感覚の豊かな多加水平打ちタイプ!物腰柔らかくてタレ絡みまくり!>
 
 柔らか目で物腰がしなやか極まるから、タレが絡みまくり!。ペトペトと付きまくりです。自家製辣油の固形成分と、花椒の塊だけは無くしておくほどに、丹念にかき混ぜます。しかしどうしてもやり残しがでてしまいまして、その部分を麺と一緒にガジると、一気に咽る(笑)。挽肉とパクチーがしっかりと貼りつきキャッチ。それを楽しみましょう。そしてそのまま奥歯へと誘導して潰しにかかりましょう。淡いモッチリの隙間に挽肉の旨みがさく裂し、パクチーの茎が潰された瞬間に清涼感が吹きまくりますから!
 
 
 
 
<辣油を吸い込む挽肉とナッツの軽やかさ!味と風味のコントラスト素晴らしい!>
 
 さて最後にトッピングの話。挽肉とカシュナッツのコンビネーションは、テッパンの安定度。挽肉は粗目で、ソフトというより辛さと痺れのエッセンスを吸いまくった感覚。そこに内包する肉旨みが融合するが、これが実は「炭水化物に最高の相性」なのです。何となく食べる辣油と味とコンセプトが被る部分も感じる。そこに一風変わった風が吹くのがカシュナッツ。ナッツは油分が豊富なのに渇いた旨さがあっていい。似て非なるものの組み合わせと言いましょうか・・・・、「しっとり挽肉」と「カリカリナッツ」という真逆な組み合わせの中に、それぞれの「油分の甘味」がしっかりと協働している旨さです
 
 
 
 
 
 
 総じまして「ハンドメイド感の味わう辣油の楽しさ!甘辛痺ハイバランス本格的担担!」と言う感覚でして、毎度毎度、抽象的な締めくくり方ですみません。ただ・・・これほど酒に合うラーメン!白飯に合うラーメンはないのでは!?と思うのです。だからまたハマってしまう。この秋は、汁なし担担麺の沼にどっぶりとハマってしまいそうで怖い。怖いからとっとと最後に詠って、いつものように締めたいと思います! 。
 
 
 
   秋深し
   食欲深し
   彷徨えば
 
 
   辣油が深し
   ハマる担担
 
 
 
 お粗末!と言うことで家族にも感謝しながら合掌!!今日も本当にごちそうさまでした!!!

投稿 | コメント (3) | このお店へのレビュー: 1件

「朝たんたん」@T’sたんたん 東京駅京葉ストリート店の写真フルバージョンなら・・・
https://www.ramentabete.com/entry/2018/10/21/145218
YouTubeにまとめたよ!
https://youtu.be/3j9vF68GH44

<駅ナカ朝ラーメン!身体に優しいビーガンの担担麺なのだ!>
 
 場所は、京葉線に向かう長い通路の入口あたりにあるので、実はちょっと分かりにくいかも。朝専用メニューに絞られておりましたが、客入りは20%程度だったか。店箱がデカいから割と入ってゆっくりできて、食事の後はコーヒーでゆっくりできるという感じです。朝の通勤雑踏のそばで、こんなにゆったりと過ごせるものかと、ちょっと食ってからも時間つぶしてしまいました。
 
  
 
<多少の淡さを愉しむ!ゴクゴク飲み干せるビーガン主義の担担スープ!>
 
 まずはスープを味わうが、確かに担担スープのニュアンス出してる!。多少あっさりし過ぎてる感もあるがこれは狙った線だと思われ、ヘルシー思考とビーガン主義の表れが伺えます。芝麻醤の甘めのコクがしっかり伝わる。出汁が何のベースなのかが不明なんですが、野菜とか大豆系だけでこんなにしっかりと味が出せるのかが不思議。味噌って感じもそれほどしない。ただこれは罪悪感がまったくないのがいいね!。ゴクゴク全部スープを飲み干したって構わない。いつも塩分や脂の摂りすぎと、罵しられずに済む嬉しいラーメンなのだ!。因みに、七味唐辛子が結構いいやつ。味を少し濃くしたいなら、こいつを投入することをおススメします。ちょっと和風な担担麺に味変化するかもですが。
 
 
 
 
<麺線美しき?お馴染み感のある加水高めのストレート角細麺>
 
 スープに隠れて最初は気づきませんでしたが、非常に見覚えを感じるストレート細麺。角っぽさがある見栄えなので、麺線が際立ちやすいタイプです。これは麺と麺が揃いやすく、非常にスープ持ち上げが期待できる。サラサラ担々スープなので、非常に重宝します。表層はツルツルしていてるので口当たりから、喉奥まで駆け抜けるのがスムース。ズボボボっと朝から音をたて食い進めますと、背中に女性の視線を感じますがね・・・。
 
 
 
<大豆の挽肉感覚ははっきり見分けがつきにくい>
 
 言わずもがな、肉の代わりは大豆の加工品。精進料理の手法だね。ハッキリ言って目をつぶってたら、分からないかも。肉のジューシーさは当然ないのだけど、濃いめのスープやソースに絡むと、本当に見分けがつかないかも。分かっているから奥歯で噛み潰すことに意識を集中しますが、肉ミンチって、焼をいれない料理でなければ、それほど粒粒感を感じて食ってないや。それよりどうやって大豆を固めたのだろうとそちらが不思議。ちょっとまたグーグル先生に別途聞いてみることとします。
 
 
 
 
 総じまして「オヤジの心と身体が喜ぶ!優しさと労わりの味わい!ビーガン担担麺!」と言うことで、全く捻りがない繰り返しまとめでごめんちゃい。いつも朝は駅で天ぷらそばを忙しく食ってるけど、たまには優雅に朝担担麺。余裕に満たされた気持ちで、とっとと最後に詠って、いつものように締めたいと思います!。
 
 
 
   疲れても
   朝のお勤め
   忙しく
 
 
 
   オヤジ労わる
   ビーガン担担
 
 
 
 お粗末!と言うことで家族にも感謝しながら合掌!!今日も本当にごちそうさまでした!!!

投稿(更新) | コメント (1) | このお店へのレビュー: 2件

「汁なし担担麺 温 並盛 辛 +スープ&ライス(サービス!)」@汁なし担々麺 ちりちりの写真フルバージョンなら・・・
https://www.ramentabete.com/entry/2018/10/21/000000
YouTubeにまとめたよ!
https://youtu.be/CYbVcaeUzPE

<武蔵小山の思い出の味を追ってきたー  to 穴守稲荷>
 
 来てみてびっくり。ここは以前「旋」があった場所ではないか!。ここも店がコロコロと入れ替わるパロケーションだったのか!?だったら尚更今回は応援気分が高まる。少し歩けば、あのラーショの総本山がある場所ですよ。店全体で汁なし担担麺推しお姿。旗看板も引き継がれております。記憶では武蔵小山時代は、居酒屋の間借りちっくな印象があり、昼間から酔客がいたような記憶。さて今回はどんな雰囲気に変わっているのか・・・・。
 
 
 
 
<さらにバリエーション増えて!コスパもアップ!本格四川の辛醤味わいも冴える!>
 
 デフォルト600円でライスとスープ付という破格さに嬉し泣き!。何と言ってもこの店のタレが格別。芝麻醤のゴマ香ばしいという感じでもなく、何か醤(ひしお)が固まったような風合いのタレ。黒すぎて分からないが、このコクがすべてを物語るのか、辛さや痺れが加わっても、まったりとした土台ある旨味を感じます。これは本格中華の調味料だよねきっと。それがじわじわと溶けだして、辣油と混じりあうという構図。確かに辛さと痺れを感じさせますが、タレのコクが牛耳っている感覚。
 
 
 
 
<少しスリムな平打ち捩れの多加水麺!絡みまくりで引き締まり感じる質感!>
 
 麺はイメージしやすい平打ちタイプ。それが捩れと縮れが強めでうねうねとしております。割と加水は高いようで中庸な感じ。引き締まりが少し感じられるので、歯応えも淡く感じます。とにかく肉みそ化したタレと挽肉がよく絡む。少し混ぜただけで一気に全体が深い褐色に染め上げられ、熱気がタレを通過するので香りに山椒の刺激が舞う。よくよく混ぜると完璧なまでに挽肉と混じる。旨い!タレが絡んでソース焼きそばのような風貌なのがまたそそる。
 
 
 
 
<ライス割!辛醤に染まった挽肉で飯を爆食い!しっかりボリュームが嬉しい>
 
 ライスはコールして麺丼をブーメラン方式で受け取るシステム。単なる「追い飯」「プチライス」と思ってはいけない。しっかりと茶碗一善くらい持ってくれて、少し追加の味付けと挽肉も入れてくれる。これだけライスあれば満足でしょう。因みに辛さと痺れはあとから追加で対応してくれるから、ライス割前に対応することをおススメします。いやー担担麺の挽肉で食らう飯が旨い!担々丼って本当に商品化してくれないかと、ちょっと真剣に思ってるオレ。
 
 
 
 
<卵スープはなんとお代わり自由だ!>
 
 武蔵小山時代にも感じたけど、もとはしっかりとした中華屋さん的な腕前あり。なので酒に合うようなアイテムも本当は得意そうです。そして中華屋さんと言えばスープもそう。移転前もセットで出してくれてたけど、こちらではお代わり自由とのこと。とろみが効いている玉子のスープ。鶏出汁の風味が絶妙で、しびれた舌を癒してくれるのには最適。
 
 
 
 
 総じまして「本格刺激の味わいにコスパの良さが加わる!最強タッグ汁なし担担!」と言う感じでしょうか。しかし普通に醤油と塩のラーメンも、しじみ出汁とかで旨そうだし、ここは本当に重宝な店かも。この界隈でランチするなら、激しくオススメです。近くにビジネスホテルが数多く、出張族の晩飯としてもおすすめ。しばらく定点観測してみます。そんな応援気分のまま、とっとと最後に詠って、いつものように締めたいと思います!。
 
 
 
   空腹と
   モヤモヤ気分
   晴らさんと
 
 
 
   食えば毎回
   汁なし担担
 
 
 
 お粗末!と言うことで家族にも感謝しながら合掌!!今日も本当にごちそうさまでした!!!

投稿(更新) | コメント (1) | このお店へのレビュー: 1件

「キリン一番搾り生中瓶→汁なし担々麺+パクチー+小ライス」@タンタンタイガー 中野店の写真フルバージョンなら・・・
https://www.ramentabete.com/draft/7X3hXn9ge8hTYBvJNNPUiybo4ps
YouTubeにまとめたよ!
https://www.youtube.com/watch?v=W8ru-RaPWWE&t=64s

<数年ぶりに汁なし担々麺を再考察!今日は中野へ流れてみた〜>
 
 場所は、中野駅からひたすら北へ。ブロードウェーを通り過ぎて、薬師参道へとかなり潜り込んだとこと。正直言って少し古ぼけた商店街なのですが、若い方の力も感じる店がパラパラとあるので、面白いエリアです。古い飲食店と、ちょっと斬新な店が交互にあるような場所にポツネンとそこにあります。カップルや若い友達同士、そしてピンの綺麗で美しいラーメン女子などの客層。オレ一人浮き気味で、とりあえずビール的にまずはチビチビとやりだしました。
 
 
 
 
<大人の休日の過ごし方〜、キリン一番搾り生>
 
 一番搾りは好きな銘柄。いまだに実家に帰ると、これが冷やされてオレを待ち受けてます。今はなき実父はキリン党だったから余計にそうなるね。どちらかというと肉体労働者っぽかったから、ビールあおるのも豪快だった。ビールは冷蔵庫に必ずあって、これを切らすことは主婦の恥。そんな昭和の家庭事情をぼやっと思い出しながら、グビグビポリポリと、単純動作を重ねておりました。平成最後に昭和の思い出なんて・・・・昭和は遠くなりにけりだな。
 
 
 
 
<辛さ2・痺れ2:食べ慣れたオレに丁度良い心地よい刺激!芝麻醤の甘みを楽しむ余裕>
 
 かき回す前にタレを確認しますが、真紅の辣油がすごくパワフルに見える。これはかなりオイリーな汁なしなのかとこの時点では感じていたんですが、全体的に混ぜ返すと全く様相が変わってきます。一番底には芝麻醤が忍ばされていたようで、ゴマの香りが麺の熱気に乗って俄かに立つ!。これはワクワクさせます。甘いか辛いか痺れるか・・・この性格で割り切るイメージが強い担々麺ですが、しっかりと三種のバランスを意識させる。これは日本人には分かりやすくて楽しい担々麺の風合い。「お好みで黒酢もお試しください」・・・確かご店主が配膳時にそう言ってたっけ。テーブルセットには白と黒の液体があって、てっきり醤油だと思ってたそれは「黒酢」なんだそう。本格担々麺をそれなりに食べ慣れた人なら、ちょっと本格的な風合いも付け足しいと思うはず。素直にそれに従って投入してみます。するとこれが格段に本格派な醤油感となって鼻腔をくすぐる。
 
 
 
 
<パクチーはテッパンだね!茎の歯応えがヴィヴィッドに感じる清涼感>
 
 パクチー大好きパクチー星人なオレ。パクチーの焼酎割りも大好きさ。ちょっと水菜の茎も混じってるんじゃないかと思えるほど、パキパキと小気味良い茎の味もナイス!。そして葉の部分は、麺の熱気でほだされて軽くしなってる。この時のエキスが柔らかく全体に浸透し、丸みを帯びたパクチーの風合いが広がるだけでなく、痺れと辛さにも少なからず柔らかく影響します。いやー美味いねー。個人的には、青ネギと双璧なくらい好き。
 
 
 
 
<挽肉に封じ込められたカラシビ味!そして香ばしい海老の甘味!辛甘ハイブリッド感!>
 
 感心したのは、しっかりと小エビを添えていること。いわゆるアミを出汁に使ったり、発酵のタネに使ったりする中華圏のテクニックを少し感じますが、この小エビが、乾燥タイプにしては妙に肉っぽかったりする。決して生タイプとは思えないのだが、この不思議なエビ感覚が、歯ごたえはもとより、甲殻類の香ばしさと甘みを引き出し、味の奥深さを感じさせます。それにしても一番端にある黒っぽい薬味は何?。いまだに不明ですが、搾菜の親類なのか?そんな感じなのを細かく刻んだような風合いが不明です。
 
 
 
 
<モッチリ感を楽しめる和式担々麺の王道さ!やや重めのぬめりすら楽しい中太ストレート麺!>
 
 前歯を当てて力を入れると途端にぷっちりプチプチと明るい反発を感じます。それでいてぬめりが強いのでねっとりとした滑り。なのでいつもの麺料理よりも口の中にある滞在時間が長くて、その分食べ応えと咀嚼のやりがいがあるというもの。奥歯で潰す時は、挽肉やらパクチーやら、巻き込んできたパーツの歯ごたえともろともです。カオスの香りが口元から鼻孔へと駆け巡り、ときには山椒でむせる。こんないたずら心が溢れる汁なし系は、担々麺でしかなし得ないでしょう。だからハマる。
 
 
 
 
<ライス割!これで〆る喜びの為に全てがある>
 
 クライマックス。丼の中へそのまま茶碗をひっくり返して放り込む。あとはレンゲでガツガツとか今ぜるのみ。レンゲが陶器だったから、器とカチカチ当たって音を立てますが、そこはご愛嬌。たまに滑って表面と擦れて「キーーーー!」なんて神経に触る音を立てたもんだから、L字カウンターの向こう側の客から、思いっきりメンチ入れられました(瀧汗)。ともあれ・・・・多くを語るまい。
 
 
 
 
 総じまして「ハードとソフトのハイブリッド的本格的汁なし担々麺!研究された一杯!」と言う感覚かしらん。私のように変態的担々麺好きも、責めの喜び感じられつつも、責めハードル下げても失わない本格さ。カラシビ一辺倒でない旨味を与えてくれるので、痺れ苦手な方にも是非オススメです。平成最後の秋冬は、ちょっと汁なし担々麺の頻度をあげて楽しむつもり。そんな勝手をご容赦いただきながら、とっとと最後に詠って、いつものように締めたいと思います!。
 
 
   ストレスと
   魂放つ
   担々麺
 
 
   カラシビ刺激
   秋風涼し
 
 
 お粗末!と言うことで家族にも感謝しながら合掌!!今日も本当にごちそうさまでした!!!

投稿 | コメント (7) | このお店へのレビュー: 1件

「KUNIMAX(元味)+ミニライス」@汁なし担担麺 くにまつ 神保町店の写真フルバージョンなら・・・
https://www.ramentabete.com/draft/aDJru1a_Bpof2p0Mkkymc3XyfcE
YouTubeにまとめたよ!
https://youtu.be/yYjqsge2zXI

<広島式汁無し担々麺の元祖がこんなところで!・・・・神保町>
 
 店内はこじんまりしてるけど、上手にカウンターを背中合わせに二列作ってる。一人オペレーションで大変そうです。お冷のセルフはよくあるけれど、片付けはカウンター奥には食器の返却口が設けてあり、これもセルフです。色々と店を回転させることに工夫が見られます。酒が置いてないのだが、こりゃ仕方がない。一人オペ前提の店づくりなようです。
 
 
 
 
<想像を超える「ネギだく」状態で嬉しさMAX!>
 
 おおお!こ・・これは!!一面の青ネギ!!!ネギ大好き関西人としてはこれは嬉しすぎ。五反田の魁力屋でよく取り放題ネギでこんなバカをやらかすオレですが、こんなデフォルト姿は見たことねー。ネギも安くないですよ。よく見れば丼の雷紋も緑色。内の縁にプリントされた屋号印字も緑色。もう何の料理だかラーメンなのだか関係なくなってきた。レンゲを差し込んで底を眺めてみると、芝麻醤を感じさせないオイリーさがとても漆黒で深い。赤い縁取りが確認できるので、辣油がかなり効いているのがわかります。以前神戸に住んでいた時代に、こういう雰囲気の担担麺にハマってた頃を思い出す(その当時から好きなタイプ)。
 
 
 
 
<辣油の風味の良さに軽やかな花山椒がシャープ!中国系の醤の風味が辛痺感を高める?>
 
 「よくよくかき回してください」といるも配膳時にスタフから言われるのが、広島式汁なし担担麺。キング軒では30回はせめて・・・などと具体的に説明されることもありが、こちらはすんなりと受け渡してくれました。店内にはその点のうんちく書きはあり。しかし、少しその前に、タレをダイレクト味わいます。すると・・・意外に軽やか!そしてまるで乾いたような香ばしさ。サディステックなパンチを受け止める気でいましたが、素直に旨味を感じる。そして後から、それなりの辛さと痺れの返礼を受ける。そんな押しては引くような連続で食べ続けることなります。
 
 
 
 
<ひき肉の乾いたような感覚で全体バランスが良くなる>
 
 もっとペタペタするタレかと思ったら、意外とサラサラしている。そんなことだから、適度に水分が抜けたひき肉が、むしろバランスいい。水分が抜けた分、しっかりと味が濃くなっているようで、ここでも辛さと痺れがそれなりに染み込んでいる。青ネギがパラパラとバラける隙間に、しっかりと入り込むひき肉。なんとなくこのままタコスに乗せても成立するような、パラパラ感とカラシビ感が、最後で〆るライス割に期待を寄せてしまう・・・。
 
 
 
 
<王道の加水低めのストレート細麺!クツクツ感に挽肉と青ネギも絡み楽しい食感の渦>
 
 写真ではわかりにくいけど、混ぜるとかなり褐色に染まります。そしてじわじわと麺に濡れ貼りついたタレが、ゆっくりと浸透しだす。その流れで元来の風味は弱まりますが、同時に尖ったシビカラがまろやかになるかも・・・。このくらいが自分にはちょうど良いです。温泉卵が混じりとさらにまろやかさが進みましょうが、その場合テーブルにある中国醤油と辣油、そして粉山椒を足しましょう。
 
 
 
 
<外せない飯割!>
 
 最高!青ネギがシナシナになりながらも、辣油・山椒・醤油の味わいに、ひき肉の旨味を吸い込んでいるから、ライスにとても合う!。沖縄で食った「タコライス」が少し湿ったバージョンのような感覚。それと匹敵するくらい旨い!。
 
 
 
 
 総じまして「さすが元祖!クセになりそなシビカラと青ネギ痛快!」と言うそのままの感覚でして、一つ付け加えるなら・・・是非ビールも置いて欲しいところ。これ食った後どうしてもビールが飲みたくなって、近くにあるサイゼリア神保町店へ直行してしまいましたよ。まだ口の中に軽く痺れが残っているうちに流し込みたくてね。もっと伸びしろありそうなので、次回は新味に挑戦したいと思います。そんな感じで応援気分で、とっとと最後に詠って、いつものように締めたいと思います!。
 
 
 
   青ネギの
   グリーンランドな
   清涼さ
 
 
   中国痺れで
   舌が北極
 
 
 
 お粗末!と言うことで家族にも感謝しながら合掌!!今日も本当にごちそうさまでした!!!

投稿(更新) | コメント (11) | このお店へのレビュー: 1件

「汁なし担々麺(普辛)+パクチー+ライス(ランチサービス)」@SHIBIRE NOODLES 蝋燭屋の写真フルバージョンで見るなら・・・
https://www.ramentabete.com/entry/2018/10/15/000000
YouTubeにまとめたよ!
https://www.youtube.com/watch?v=wYcwTgz-fBs

<忙しくて時間ズラして訪問してみた人気店>
 
 そもそも何故こんな遅い時間の昼飯になってしまったのか。簡潔に言うとトラブル対応ですよ。トラブルがあったら、何はさておいて即実行対処!。そして相手先には1分1秒でも駆け付けるべし。営業経験ある方なら分かるはず。いろんなパターンあるけど、まずは駆け付け、定期的な報連相を粘り強く実践するのみです。そんな感じで昼飯どころではなかった流れでしたー。次の報告がまとまるまでしばしの間、ほっとさせていただきましょう。いや、HOTさせていただく!。今回は、前回の倍辛体験で少し反省して「普辛」。メニューは汁なし担々麺。もちろんパクチー増量!ライスもプリーズ!。
 
 
 
 
<コク深い担々の深み!芝麻醤の甘みより本場醤油と酸味!更に痺辛スパイス感が程よく痛快!>
 
 辣油と分離するペースト感がいいね。芝麻醤となれば甘目の香ばしさがイメージされがちだが、こちらは醤油と酢のベースがしっかりしている感じ。しかも本場中国の雰囲気ありありで、香ばしさと酸味の輪郭がエキゾチックな感じがします。それがこの担々ペーストの命のようで、並外れた香ばしさと円やか酸味を覚える。しかしそれは主体ではなく、あくまで味の決め手は「辣油のシャープさ」と「山椒のジリジリ圧迫感」です。辣油はそれほどギトギトしなかったというのがイメージ。だから割とサッパリ目な辛さだったから、麻婆麺とちがい汁なし担々麺の場合、「倍辛」設定にしても問題なかったな・・・と感じてます。
 
 
 
 
<ぶどう山椒オイルをドバドバ投入するべし!>
 
 前回の麻婆麺でも伝えましたが、テーブルセットに備え付けの「ぶどう山椒オイル」は必ず入れるべきです。それも多めにしても差し支えありません。若葉を感じる透明感あるグリーンの色合い。ぶどう山椒だから、マスカットグリーンとでも命名したくなる。和山椒のエキスがすべて溶けているのか・・・。ジリリとした痺れには気品があり、シビカラ担々の暴力さを一変させます。まるでミントハーブでも溶け込んでいるのかと思うほどの清涼感。そして食事に合う痺れと香ばしさ。これは最後に飯割にする際にも、追加で投入しましょう。
 
 
 
 
<一見ダボダボソース焼そばにも見えるが、中太麺のモチモチさと風味感で腹持ち良い印象!>
 
 濃厚ねっとりに全体が褐色に染まりまくり、まるで焼きそばにおたふくソースをぶちまけたかのような、褐色と光沢感がひろがる麺の風景が広がります。このダボダボソース感に似たスタイルが大衆的な食欲を呼び起こすキッカケになる。あとは無心でワシワシと半啜りで食いあげることに邁進するのみです。アップした姿は、焼きそばそのもの。ただ山椒の香りでここは銀座だと我にかえる。これは大盛必須だと思います!。プツプツと前歯で切れる感覚がリズミカルで楽しい。
 
 
 
 
<パクチーあればこそ痺れが香りよく食えるのか!?>
 
 どうしても、パクチーがあるなら避けられない。必ず追加をしてしまう。特に、汁なし系とパクチーの相性は格別ですぜ。担々のシビカラの刺激が今回は控えめだけど、その刺激とパクチーの清涼感との相性は抜群で、刺激を少し中和するようで、別の旨さを新たに生み出しているような錯覚すらあり。明らかに生で食うパクチーよりは甘味が感じられる。また茎の部分が歯に当たってプチプチと潰れる感覚も楽しい限り。
 
 
 
 
<挽肉が粗々しくて柔らかい!タレの浸透深く永遠に食べ続けていたい!>
 
 嗚呼、なんとこの挽肉がいとおしいのか。この一皿は、汁なし担々麺の中では、ナッツ感が少し低めに感じます。しかしその分、この挽肉のポテンシャルが高い。歯応えの柔らかさ然り。中に含まれたジューシーな肉汁感とスパイスの浸透と融合も然り。そして何よりサイズ感。この粗々の粒感覚が素晴らしく食べごたえあり。担々ペーストと山椒他のスパイス感をすべて吸い込んだ肉粒です。それが無数に集まったところを、レンゲで掬って一網打尽に食らう。このダイナミズムが担々麺のすべてじゃないだろうか・・・。嗚呼、このパーツだけは、永遠につまみ食いを続けられると思える。それほど旨いし愛おしい。
 
 
 
 
<〆のライス割が本命!?それほど旨い!>
 
 すべての道はローマに続く・・・・んじゃなく、汁なし担々麺は最終的に飯割に続くんです。いつまでもつまみ食いできそうな挽肉は、白飯にも相性が抜群。しかも器に残った担々ペーストをかき集め、最後にライスの上に乗せれば、それは立派な一品に昇格。ミニミニ担々丼の出来上がり。これが最高に旨い・・・。箸ではやめとこう、レンゲで食おうよ。レンゲの先でカツカツと当てながらかき混ぜ、さらっと掬いきって口へと運ぶ。最初の咀嚼が震える旨さ。
 
 
 
 
 総じまして「一度火が着いたら止まらなくなる旨さ!並んでも食いたい極上汁なし担々!」と言う何のひねりもない感想まとめでごめんちゃい。嗚呼、また禁断なる汁なし担々麺を見つけてしまった。次回は夜にゆったりとビールも合わせてみたいと思います。麻婆麺に人気集中ですが、これも見逃せない!と言う発見を今回は伝えたかっただけー。そんな宣伝気分で、とっとと最後に詠って、いつものように締めたいと思います!。
 
 
 
   ヒシヒシと
   クレーム処理に
   痺れ切れ
 
 
 
   食って忘れよ
   汁なし担々
 
 
 
 お粗末!と言うことで家族にも感謝しながら合掌!!今日も本当にごちそうさまでした!!!

投稿 | コメント (5) | このお店へのレビュー: 2件

「[限定]汁なし担々麺 + 割り飯」@つけ麺専門店 三田製麺所 田町本店の写真サクッと見るなら・・・

YouTubeにまとめたよ!
https://www.youtube.com/watch?v=ATX2e-M66Nw&t=7s

<憂さ晴らしに激辛食に走ってしまうオレ・・・>
 
 それにしても時間ずらしたはずなのに店内は大盛況。やはりコスパが光りますね。760円で濃厚極太つけ麺ってのは、とても頑張ってると思うけど、並・中・大で同一料金ってのがすばらしい!。なので限定麺のこのメニューよりは、レギュラーの方が俄然オーダーされてました。ビジネスマンと学生がごった返すなか食欲だけがもうもうと解放されてゆくような雰囲気です。
 
 
 
 
<辣油の真っ赤な海!そこにうごめく芝麻醤のベージュ!痺れと酸味で刺激の旨さ!>
 
 辛さが3段階で選べるシステムになっておりまして、ストレス発散のために最大レベルの3にしようかと思っておったものの、直後の会議などで匂いも気になりますんで、レベルは2で。厨房内では、OJTのように見習いさんが指導を受けながら、丁寧に準備してくれてるのが伝わります。そして恭しく提供さえれたのがこの麺顔です。
 
 
 おおお!まさにテッパン!初対面なのに安定感すら覚える構えです。辛味挽肉がこんもりと多めに罹ってる!ここがまずポイントで、これが少ないと台無しだよね。そこは問題クリアー。そして汁なしと言えどタレをチェックすると、真っ赤っか!これは相当辛さを楽しめそう。そしてスキマから見えるのは、王道の極太麺。もう旨そうなエッセンスの全部が、自分のセンスに合ってます。さらに割り飯が同時にサーブされて、思わず食い終わった後の割飯投入に気が飛んでしまう・・・。
 
 
 それにしても真っ赤っか!辣油がスゲー入って想像以上にオイリー。ちょっと量も多くないかとビビります。レンゲを静かに投入すると・・・・底に溜まっていた芝麻醤が確認できました。これで安心して混ぜ混ぜを開始して、まずはタレの味見。確かに最初は辣油の辛さがシャープに切れ込む感じで、食った瞬間にもう一度目覚める感じ。徐々に芝麻醤の円やかさあるコクが広がり、全体調和を醸し出します。この組み合わせはまさにテッパン!。ハズレを見たことなし。
 
 
 ここからじわじわと痺れを感じます。花椒の刺激がビリビリと音を立てるような感じで響きます。多少むせるぐらいでないと満足いかない・・・・ドMな私。本当はもっと責めてほしいんだが・・。次食うときは最大痺れにしないと気が済みそうにありません。また面白いのは、後味として広がる酸味。辣油を味わっているときにもほんのりと酸味を感じたのですが、後になると山椒痺れの後味と呼応するように、いつまでも残ります。こうなってくると、早く割飯を入れたくなってくるね。
 
 
 
 
<王道のつけ麺用極太麺が激辛の中でも風味をゆったり伝える>
 
 これまで相当食い倒した三田製麺所。意外に本店以外が多くて、レビューするのも忘れてしまってますが、量産型とは言えよくでいてるね。加水は低めとは思うものの、しっとりと感じるグルテンの感覚。風味の良さがナイスだし、痺辛な味風景の中でも存在感が伝わります。
 
 
 太くてもしなやかに感じるのは、オイル系に塗れているからでしょうか。極太でもズボボボボボとすすり上げようとすれば出来そうです。でもハネが半端なく飛ぶと思うので、オヤジと言えども紙エプロンをもらうことといたしましょう。ハグハグワシワシといった感じで食らい続けますー。
 
 
 
 
<辛味挽肉旨味エキスにナッツの香ばしさ!テッパンのコンビネーション!>
 
    挽肉のボリュームがナイス。ほぼこれを食う為に注文したようなもの。粗挽きの挽肉は、歯応え感と肉汁の充実度がポイントですね。また中国山椒をはじめとしたスパイスは、この部分に主にかかっておりますから、噛み締めて刺激を存分に楽しみたい。
 
 
    辛さと痺れは申し分なしで、鼻に抜けて痛快!同時に額にじんわりと汗を感じますから、ちょっとした爽快感が漂います。ナッツの香ばしさと歯応えが、ひき肉とは真逆!味と食感のコントラストが見事で色が進んでしまう。最後の割り飯の為に、挽肉をキープしておきたかったんですが、思わず美味くて食いきってしまいました。
 
 
 
<割り飯で〆ることが一番の目的になってるかもね>
 
    ランチタイムは、50円となります。一般的な小ライスよりも少なめですが、汁なし系で〆るにはちょうど良いサイズ感です。少し麦飯が混じっており、白ごまの擦ったものがかかってます。一気に茶碗をひっくり返して、麺丼にドボンと投入いたします。そしてレンゲの底を使って広げたり、混ぜ返したり、満遍なくやり終えて完成。
 
 
    当初は汁が少し多い目と思ってたが、こうやって飯で割るといい感じです。尖った刺激も一気に炭水化物の糖質の前では、大人しく思えます。軽い刺激の雑炊と言う感じで、一気に食いまくり。旨さでレンゲが止まりませんな。
 
 
 
 
 総じまして「もやもやも一気に刺激で解消!痛快気分な王道昼飯!」と言う、そのまま何の捻りもないまとめでごめんちゃい。台風等天候が気になるけど、暑さのピークは確実に過ぎた感じなので、そろそろ激辛系も恋しく思えます。このジャンル、また一気に攻めてみたいかも。そんなハマりモードを感じつつ、さっさと最後に詠って、いつものように締めたいと思います。
 
 
 
   重い雲
   重い任務に
   思い尽き
 
 
   憂さを晴らさん
   激辛担々
 
 
 
 お粗末!と言うことで家族にも感謝しながら合掌!!今日も本当にごちそうさまでした!!!

投稿 | コメント (3) | このお店へのレビュー: 2件

「チャーシュー担々麺」@江ざわの写真【千葉三大ラーメン紀行〜その2】
http://www.ramentabete.com/entry/2018/06/16/180129
サクッと見るなら・・・
http://www.ramentabete.com/draft/msnD5U4KkoKdpwbgT3j4rjLmmUw
YouTubeにまとめたよ!
https://youtu.be/eZFi8A2Jez0

<せっかくだから寄り道してみた〜勝浦へ>
 
 辿り着くと・・・これが混んでるわけだー。駐車場があるのも期待だったんだが、駐車待ちを余儀なくされます。この界隈でまず付近にコインPを期待することは1000%無駄ですから諦めましょう。しかしとっても回転が良い!行列ができるけど、あっという間に吸い込んで行っては、また発生し、また吸い込んでいくという感じ。見た目以上に店内のキャパと座席効率的配置がいいんでしょうね。名簿に名前書いて呼び出し待つスタイルだったけど、書いて3分後に案内されましたー。
 
 元祖だからか・・・敢えて「勝浦タンタンメン」とは名乗らず。普通に坦々麺・中辛・大辛・上坦々麺・・・とメニューが並びます。とっても悩んだんだけど、上担々麺はどうも挽肉が増えただけのような感じだったし・・・・。思い切って「チャーシュー担々麺」とさせていただきましょう。アリランでチャーシュー食ったばかりだというのに、本当にオレってバカ。 
 
 
 
<ライト&シャープ!軽やか鶏豚あっさりベーススープを支配する辣油感!救いの甘さは玉ねぎのみ!>
 
 カウンターに通されて、その後若者の集団客が小上がり席に通される。軽く会釈を交わします。なぜって?私が狭い場所に駐車しようと苦労してたら、若者達はそれを見て自発的に誘導をしてくれたのだ。いやいや簡単な事のようでこの世知辛い世の中、本当に素晴らしい事だと思うよ。日本も捨てたもんではない。清々しく再び噛み締めてた頃に、ちょうど配膳が完了しました。それがこの麺顔。
 
 おおお!これはまた痛快なチャーシューと、華やかな白髪ネギ盛りの勝浦タンタンではないか!。好きなものが美しくワルツを奏でておるーーー。真上からより、斜め上から目線で見る方が今回は迫力あるね。担々麺では挽肉が役回り何だろうけど、こんな存在感ある肉が積まれるのも、実に面白いではありませんか。また「辛ネギラーメン」が好きで食べ歩くオレとしても、このネギの量は嬉しすぎる!。ネギまし注文して半端な対応されることを思えば、これは感動モノですよ。
 
 私が勝浦タンタンメンなるものは!と語るより、成り立ちはGoogle先生か、Wikipedia教授に教わってください。ただ私的には「シンプルな辣油中華そば」と捉えており、そこがいかにもB級グルメたる真髄を感じさせます。B級の素晴らしさが発掘されなければ、生まれていなかったかもしれませんね。何故シンプルかというと、ベースのスープがそうなのです。辣油を取り除くと絶対「薄い?」と思わせるようなあっさり味だと思う。そこに味に工夫をした自家製辣油に、何と言っても玉ねぎの甘さが広がり、個性的な味のお化粧を施す。バカうまというより、癖になる味というやつですね。妙に中国を意識して山椒などに手を出さないのも好印象。そしてこれは妄想なんだが・・・・「タンタンメンってこんな感じ?」と食堂のオヤジが想像して作った感・・・みたいなのを感じさせるのも大きな魅力の一つだと、思うんですよね。これは愛情として!!。
 
 レンゲでスープをすくい上げると、深いオレンジ色のスープ感でいかにも辣油カラー。クルマのテールランプが赤く光ったのを連想してしまいますが、これこそが勝浦系ですな。味わうと・・・・ほのかなベースの動物系のエキスに、辣油の辛さと玉ねぎの甘さが広がる。アリランで感じた玉ねぎの甘さと少し似ているかな?。トロトロで透明な玉ねぎが旨い・・・とまた深く感じてしまいました。千葉県民は玉ねぎ好きなのか?とネットで玉ねぎ生産量ランキングを見たら、千葉県は11位。せめてベスト3だったら話が膨らむのになと思ったのだが。
 
 
 
<挽肉は沈殿し、玉ねぎは浮きまくる〜>
 
 タンタンメンの宿命というか、挽肉は沈むよね。だから穴あきレンゲが開発されたと思います。穴あきレンゲというツールは、担々麺があればこそ生まれて来たツールでしょう。ただし、今回はそれを見つけられなかったので、結局汁を全部飲み干した後、箸でかきこむようにように味わうしかない。一方、玉ねぎは浮きまくるね。レンゲで容易にすくい取れるし、麺にも絡むから、嬉しいほどにさっさと食べ尽くしてしまいました。この二つのパーツがあればこそ、勝浦タンタンメンの味の深みが生まれるのですよね。
 
 
 
<馴染み深いイエローバディの多加水ストレート細麺!スープならぬ辣油の持ち上げ感凄い〜、むせないようにね!>
 
 いわゆる「昔ながらの中華麺」に近いタイプ。しかも細め。練り水の個性を感じさせるイエローボディが、すごく馴染みを感じます。子供の頃から食ってきたラーメンは、こんな色合いだったよな〜。細いからスープの持ち上げがいいかと思っていたのだが、それほどでもなく、レンゲを駆使して食う方がうまさ確実です。しかし妙に辣油にだけは絡みまくり、吸い寄せるのか張り付かせるのか、いつものようにズボボボボーーーーっとすすりあげると、ちょい噎せる。
 
 またこの手の細麺は、チュルチュルと細く食うより、まとめて放り込むようにズボッとすすって、噛みしめる方が絶対に旨いですよね。前歯でも奥歯でも、細麺がプツプツプツプツプツプツ・・・・って千切れ潰される歯応えがたまらんから。その合間に微妙にひき肉が姿を表す。細麺バラエティーな感じ。
 
 
 
<実にワイルド&ブライト!食べ応えと満足感深い豚バラ肉ロールチャーシューがナイス!>
 
 もう少し分厚ければ、もう少し小さければ、「焼とん串」にできるかもしれません。そうなったら酒が止まらないんだがー。確かなバラ肉。ぶ厚めのスライス。タレの浸透深いのに、焼き目が香ばしい。歯応えも楽しく、脂身のソフトさと、赤身部位の歯応えが実にいいコントラストを醸し出してます。見た目は焦げ目や分厚さからワイルドに感じるのですが、味わいも無骨な旨さで男性的なのですが、「豚肉ってこういう風にくうのが旨いよね」と教えられる知性すら覚えたかもよ。この肉がさらに、辣油に染まるから・・・・旨さ二階級特進。赤い辣油ならぬ赤い彗星!。シャーにも辣油の赤さが似合うはず(すんません・・・・酒飲みながら書いてます、頭がそろそろ痛い)。
 
 
 
 総じまして、「さすが元祖!辛味と甘さのカオス感いっぱいの郷土オリジナル担々麺!」と言う、何の捻りもないまとめになってしまい、ごめんちゃい!。深酔い寸前で書いてるから(汗)。しかし改めて感じたのは、地元の方が本当にたくさん訪れていたということ。勝浦タンタンメンは、地元グルメと一括りにしない方が良いかもです。単なる町興しでなく、【ここだから旨いもの】と申し上げたい。やはり本場ので食うのが一番なのだと、当たり前なことを実感し、身にしみた一杯でした。ゴルフやサーフィンしに千葉に行く人に激しくおすすめ。きっと思い出に残るはずだから。そんな応援と郷土愛の応援を忘れないうちに、とっとと最後に詠って、いつものように締めたいと思います!。
 
 
   海近し
   熱風駆けて
   夏気分
 
 
   一汗かいて
   勝浦タンタン(字余り)
 
 
 お粗末!と言うことで家族にも感謝しながら合掌!!今日も本当にごちそうさまでした!!!

投稿(更新) | コメント (13) | このお店へのレビュー: 1件

「担々麺(辛め)」@ほっこり中華そば もつけの写真サクッとロング見るなら
http://www.ramentabete.com/entry/2018/03/27/045046
YouTubeにまとめたよ
https://www.youtube.com/watch?v=idAxQbp2DvI

<週末のストレス発散!ロングドライブと担々麺!>
 
 気持ちが前のめりだったので、30分も早く現地に着いてしまった・・・。辺りには同様に地元客もお待ちになってる。まあ、天候も悪くないし、待つのも苦ではない。と思ってたら、待ち客がいるのに気をかけたか、ご店主が相当早めに店を開けてくれた!。こう言う対応は大変に嬉しいしありがたしです。
 
 クルマで来たから、飲むきはなかったけど、券売機を見ればアルコール類はなしです。結構ストイックな感じ。しかし接客等は結構ハートフルで、居心地も良いねー。担々麺の食券を渡すと、普通で相当辛いのですがいかがなさいますか?とのこと。後から考えると、心配して「辛さを下げる調整」の打診をしたのだと思ったが、空気を読めない私。「じゃ、辛めでお願いします!!」と突っ走ってしまいましたー。
 
 
 
<胡麻ペーストに出汁感!辣油刺激の旨さ!アクセルの効いた山椒!飽きない旨さなり!>
 
 お!もうやってるじゃん!!という感じで、後から続々と客が入って来て、あっという間に満席。ラヲタっぽくないご年配の方も、常連となっている様子。地元の溶け込み方がいい感じです。立て続けに一万円札の両替コールが飛ぶが、嫌なそぶりなく調理の合間にご対応。やるね!。厨房からホイッパーのカチャカチャ鳴る音がしたから、そろそろかな・・・と思ったタイミングどんぴしゃで、配膳が完了。それはこんな麺顔。
 
 おお!丼の雷文が大衆的馴染みを覚える一方で、中身は手作り感覚溢れる本格的坦坦の凄みが伝わるようですよ!。お決まり芝麻醤のマットなベージュカラー。それを下地に、真紅で透明感ある辣油が、表層で暗雲か龍の如く、漂い渦巻いております。挽肉の上には、半摺り胡麻が新雪のようにふわっとかかる。辣油と補色関係にある青菜の色合いが際立つ。見事だ。
 
 レンゲでスープを引き上げようとすると、摺られた山椒のカケラが、スープの中をゆっくりと泳ぎ回ります。それを容赦なく引き上げてまずは味わいますと、これが何とも図太い担々なる味わい!。芝麻醤の胡麻感覚がとても豊か。でも濃厚とかペースト感とも違って、濃ゆいけどさらっと味わいが深い感覚です。ゴマ香ばしさと独特な甘みに加えて、さらに別の出汁が旨味として加わったかのような・・・・そんな妄想と錯覚です。
 
 辣油がこれまたシャープだ。ゴツゴツと尖った味わいではなく、一本筋が通ったように切れ込む辛さ。しかもここに、妙に美味いと思える風味があるのは気のせいか? 日頃巷の食堂で置いてあるテーブルセットの瓶入りとは、格段の差なのは当たり前。辣油を舐めて見たいと思わせる辛さの説得力を感じます。ここには、山椒の余韻がかなり影響しているのだけど。
 
 そして山椒。スパイスは詳しくないので、私感覚的に述べます。それは、本格四川的な「麻痺させる」タイプではなく、チリチリっと刺激を小刻みに送るような痺れ感覚。さらに「辛め」調整が入っているため、アンプで増幅したような「肉厚な痺れ味わい」となっとります。全体的にすげーうまいや。甘さ(芝麻醤)、辛さ(辣油)、痺れ(山椒)、それらが一体となったシンセサイザー状態ですなー。
 
 
 
<スパイス貼りつかせるもっちりストレート麺!シビカラ感覚に絶妙マッチング>
 
 「もつけ」はスープも極上ですが、ウリは「麺」なのかもしれません。ここは自家製麺。「春よ恋」など国産の小麦粉に限定しつつ、たっぷり卵を練りこんだ、多加水系もちもちストレート麺。中華そばなら、その質感をダイレクトに楽しめます。なので、坦々麺では良いところがマスキングされるかな・・・と少し心配してましたが、無用でした。濃厚かつ独特なスープをがっしりと受けとてめて、味わい深し。
 
 山椒の破片をあちこち全体的に貼り付かせます。スープに絡むというより、濡れた程度ですがそれで十分。シビカラ味が、質実な麺のグルテンから発する風味と甘みに結合します。実に食がすすむ痛快さ!というか快感な味わい。前歯でちぎるとぷっつりぷっつりと、身の詰まった弾け方をして楽しませてくれます。奥歯で力をゆっくり加えてプレスすると、ぬっちりヌチヌチとこれまた明るい弾力。そこにシャープなシビカラな旨味が混じり合い、興奮は頂点に達します。
 
 
 
<シビカラ挽肉の合間に甘み感じる椎茸!食感楽しませるワンタン皮!仕掛けも楽しい!>
 
 一見、何気ない挽肉トッピングですが、さにあらず。半擦り胡麻がふわっと盛られているので、香ばしさと甘みもあります。しかし、辛さが染み込んだ挽肉そのものは、ふわふわでジューシー。奥歯で噛み締めると、白飯が欲しくなってしまいそうです。さらにもっと面白いのは、椎茸の刻みが混ぜ込まれているというところ。これが微妙なサイズで、椎茸とは最初は分からない。小指の爪よりやや小さい程度のサイズの乱切りっぽい形状。それが絶妙な歯ごたえを、所々ランダムに見え隠れさせて表します。それだけでなく、ほっこりする甘みを放出するから、シビカラな味風景の中で、時々ひょっこりと甘みを感じさせる。そしてあっという間に隠れてしまうんだな、これがー。
 
 そして「ワンタンの皮」だ。これが4〜5枚は入っているのか?。ちゅるんとした帯が、時々顔をのぞかせる。ひき肉と合わせて食っても美味いし、それ単体でちゅるりん!と滑らかさで遊ぶのもよし。この何気ないパーツで、かなりこの一杯のイメージアップに繋がります。
 
 
 
 総じまして、「ハートフルで計算高い手作り感覚!そして本格的ハードパンチの崇高シビカラ担々麺!」と言う感覚かな。またしても何も捻りもなくそのままの感想でごめんちゃい。この美味さなら・・・夏あたり、冷やし坦々麺とか、また汁なし担々麺を開発しレギュラー化するとか、当たりメニューが派生可能でしょうね。これはますます期待です。やはり、ここは何を食っても美味い店らしいね。次回は、未食の「つけ麺」になりましょうか。八王子は遠いけど、ここなら間違いなく再訪問です。これからも頑張っていただきたいです。そんな応援を込めて、忘れないうちにとっとと最後に詠って、いつものように締めたいと思います!。
 
 
   ほっこりと
   花は開いて
   鼻詰まる
 
 
   花粉とシビカラ
   鼻水ダラダラ
 
 
 お粗末!と言うことで家族にも感謝しながら合掌!!今日も本当にごちそうさまでした!!!

投稿 | コメント (11) | このお店へのレビュー: 3件