なんとかデータベースラーメンカレーチャーハンぎょうざうどんそば
 

とまそん@ラーメン食べて詠います

男性 - 東京都

自分のラーメンライフを振り返ってみました・・・https://hikakujoho.com/manekai/entry/20180712

平均点 83.194点
最終レビュー日 2019年4月25日
3,697 2,352 13 21,908
レビュー 店舗 スキ いいね

「小ラーメン ニンニクアブラカラメ」@ラーメン二郎 越谷店の写真とまそんのブログ: https://www.ramentabete.com/entry/2019/04/19/000000
とまそんのYouTube: https://youtu.be/41PShnsb0Gs

<有休の使い道・・・直系二郎攻めにあてる!関東平野再制覇!>
 
 桜が散ってサツキが花開こうとするころ・・・、ようやく一年の中で一番ゆとり持てるようになります。今回は、わざとスケジュールを入れないようにして、有給休暇をいただきました。で、何にそれを当てようかというと・・・へへへ、言わずもがなラーメン活動。しかも遠征に当てようと考えて、やってきたのが「埼玉県越谷市」です。越谷と言えば・・・・一番新しい二郎!「ラーメン二郎 越谷店」。平日にシャッター狙ってみました。だって・・・二郎全国制覇は無理にしても、せめて関東平野制覇は意地ってもんですから・・・・。
 
 
 
 
<全体&スープ> クリアーさすら感じる非乳化系醤二郎!ニンニクが冴えるぜ!
 
 おおお!久しぶりのデフォルトの小ボリューム350g!。今日は体調が良さそうだからビビらないですんだ!。写真にしてしまうと迫力が削がれるが、コニーデ型火山を思わせるヤサイの盛りは熱々で湯気だち、所々、中腹に雲がかかったようにアブラがまとわりつく。今回はカラメにしてカネシを垂らしてもらったが、裾に見え隠れするスープはやけに眩しく醤油ブラウンのクリアーさが印象的。ニンニクは今日も頼もしい黄色を発しているね・・・。
 
 さてスープだが、最近ご無沙汰なのもあって斬新に感じます。やけに透明感が深い醤油色じゃないか!。表面にはラードの層が立ち込めているが、コーティングを超えてポリッシュ!というようなイキイキした印象。これは明らかに非乳化系と目に映り、そしてブラウン色の深さから、通称で言う「醤二郎」に思えてなりません。なのでカラメは今回余計だったのかもしれない。そんなプチ反省をしながら食らいつくと、スゲー食べやすく胃に負担のすくないスープ感。トップクラスのジロリアンな方々にはズドンと来る重さが好みなのでしょうが、アブラを足したこともあって、私にはとても似合うパンチ感。パンチというよりシャープさと言った方が近いのかもしれない。と言うのもニンニクがとてもクリアーな醤二郎にはフィット感があって、ニンニク特有のジリジリ感がとても伸びる!響く!馴染む!!。
  
 後半から終盤に近付くにつれ、やはりヤサイの汁が深く混じりだし、そして麺の風合いも随分と溶けてゆくのを感じます。この時点ではカラメで補強した塩気はマイルドになり切り、ここでカウンターに備え付けの一味唐辛子と塩コショウを振りかけてパンチアップしてゆきます。ふわふわだった脂も攪拌や天地返しして時間が経つとオイル化した感じ。ラード感もアップして旨みカオスなマイルド感とオイリー感がせめぎ合い。なかなか好みでした。それにしても今回は胃袋が元気だった。汁まで飲み干せそうだ。こんな事ならヤサイマシマシか、小豚にしておくべきであったが・・・、健康管理もあって、半分程度飲んで、今回はフィニッシュとしました。
 
 
 
 
<麺> たおやかさすら覚えるワシワシもちもち感覚!汁吸い込んで旨しでんがな!
 
 久しぶりの日清製粉オーションの褐色麺。嬉しい!。全体的には、中太感がしっかり出ていて肉厚感を感じるフォルム。ではワイルドかと言えば、ウネリや少なくほぼストレートな部分が多く、ややモチモチとした感覚もあってマイルドな麺と映りました。比較的汁を吸いやすくも感じたため、フツーに麺が旨い!いやフツー以上に麺が旨し!!。デフォルト350gということでしたが、オレ的には丁度腹パンで死亡遊戯しながら食うような感じになならなかった。とても味わえる麺です。
  
 そんな感じだからワイルドではなく「たおやか」と感じる。そんなことで油断をしてしまったのか、ワシワシと食いつぶす食べ方の他に、ズボボボボボーーーっと少し調子にのってすすり上げる。いかんねー、手痛いしっぺ返し。やっぱりワイルドに跳ね回り、汁と浮かぶニンニク欠片を巻き上げる。オレのワイシャツに飛びまくる!!!。もう、ここからは反省してカレーうどんを食うように、麺顔に極力クチを近づけて食い続けるました・・・・。
 
 
 
 
<ヤサイ> ほぼ定番のモヤシメイン!後半放置した分クタっと変化始まる〜
 
 ヤサイは大人しめな印象。茹で上げはシャキシャキがすこし峠を越えたばかり・・・といった印象で、クタっとした部分が微妙に感じられる程度。モヤシ90%以上といった配分で、麺と絡めてくうとシャキシャキ感がかなりマスキング受ける程度です。おそらく今回割とすんなりと食えたのはヤサイの圧迫感が少なかったからかと。後半になると汁に混じって一気にクタっとしてゆくようにも思えます。それがスープを一層マイルドにさせ、またヤサイも食べやすくクタるかと。と言う感じでこちらのヤサイは食べやすし!と言う印象なので、ビギナーで冒険試したいなら、ここでマシの挑戦してもよろしいかと思います!。
 
 
 
 
<豚> しっかり脂身ありありアピールで歯応えあるワイルド感!本来っぽい風合い!
 
 最近、あまり直系を回らなくなったけど・・・、たまたま当たりがいいのか、ずいぶんと豚が旨くなったなという印象です。本当に柔らかくて脂身なんかトロトロ感すら覚えるのが増えてきた。神豚表現を連発してしまうオレでして、なんか節操がないような気分。そんな中、こちらの豚はしっかりとワイルド感があって、個人的には回帰したようなイメージ。良いイメージ。決して神豚から遠ざかったネガティブは評価ではありません。
 
 肉は肉ってな感じでしっかりと噛み応えがあり、噛み締めて味わう楽しさがあった。繊維が風雑になってる部位があり、そうそうこういう感じで、ゴロっと入ってて味わい深かったのが、昔は新鮮な気持ちで味わってました。脂身はトロッとしたイメージとは逆で、やや引き締まったようなイメージ。これを奥歯でガジるようにして潰すと、急に安心したかのように、脂の甘味と染みこんでいた塩気が溶けだす。これをヤサイと共に食らうとナイスな味わい。肉を課題じゃなく、素材として味わう余裕があったのが、今回の自分なりの勝因だったと思われます。
 
 
 
 
 総じまして「スマートなる汁!ナチュラルマイルドな麺!ワイルド感キープの豚!期待の直系二郎!!」と言う応援気分!。今一番新しい直系二郎。当面は、週末になると混雑が予想されますが、一時期の過熱ぶりは落ち着いておりますし、今からがじわじわとこの店らしさが生まれるところ。頻繁には来れるエリアではありませんが、直系の中でも上を目指して頑張ってほしいと思います。そんな応援気分のまま、とっとと最後に詠って、いつものように締めたいと思います!。
 
 
   街角の
   豚骨香る
   薫風に
 
 
   長閑かき消す
   痛快ニンニク
 
 
 お粗末!と言うことで家族にも感謝しながら合掌!!今日も本当にごちそうさまでした!!!

投稿 | コメント (4) | このお店へのレビュー: 1件

「[限定]牛タンしゃぶしゃぶ麺」@麺家 うえだの写真とまそんのブログ: https://www.ramentabete.com/entry/2019/01/15/000000
とまそんのYouTube: https://youtu.be/nc7QSULvKx8

<みさえサンに逢いに〜♫>
 
 初訪問なら、デフォルトを頂こう!。そう思ったのですが、ただこの店は何がデフォルトなのか、不思議と分かりにくい。一応有名と思われる「焦がし醤油」を狙うつもりでおります。ところが限定のボタン位置に、「牛タンしゃぶしゃぶ麺」なる何とも魅惑的な文字が踊る〜。先客が次々とこれを押して行くので、更に心が揺れる〜。だって私は無類の牛タン好きですから!!。加えて「しゃぶしゃぶ」と言うワードもエグいほどに誘惑的。パンツを脱ごうが履こうが、しゃぶしゃぶってヤツには未条件で降伏してしまいます。なので初志貫徹ってには近くのゴミ箱にさっさと捨ててしまい、ちゃっかり方針変更しているオレでした〜。
 
 
 
 
<全体&スープ> 牛タン好きを吸い寄せるエキス感!ユニークな牛塩スープ
 
 おおお!これは意外に洋風にも見て取れる風貌ですな・・・。輪切りレモンとニンニク茎のコントラストも眩しいが、薄ピンク色した牛タンが一面を覆い尽くしてマットのようです。しゃぶしゃぶ好きでも牛タンでとは実は初めての体験かも。面白いのはスープの雰囲気で、これは何をベースにしているのか、色合いと見た目では一切不明な白濁ですよ!。
 
  まずは肉を端に追いやって熱入りを防ぎます。そしてスープを味わい出しますが・・・頭の中が醤油のまま味わったものだから、一口目は何の味だか解析不明。ふたクチみクチと味わってゆくうちに、塩味・・・そして、やっぱり牛骨だよな・・・と因数分解してゆきましたが、動物系に付いては100%Pureに牛なのか?までは、ちょっと私の駄舌では自信が持てない。カエシの感覚に醸造感が一切ないために、塩とは判断したけど、ほのかなペッパー感覚が優しく広がり、心なしか牛のニュアンスを高めていたのかもしれない。明確に分かり出したのは、薬味を投入してからの味変化からでした。
 
 
 
 
<薬味> 緩い白濁に潜む牛骨エキスと薬味のコラボ感!レモン!針生姜!ニンニク茎!
 
 最初はインゲン豆と思って食ったら、ニンニク茎だった(笑)。こいつは便利な薬味で、独身時代の自炊にはよく使いました。余った肉と野菜、そしてエバラのタレがあったら即興で焼肉定食ができるが、ここにニンニク茎が一つ入るだけでかなりグレードアップするから不思議。この時思ったのは、こいつは「肉をパワーアップさせる働きがある薬味」と言うこと。今回これがスープの牛エキスにビシバシと結びついて反応してゆくので、それが素晴らしかった!。これがあるとないでは全然味風景が違っていたであろう・・・・。そして「レモン」。牛タンとくればレモンの絞り汁であってテッパンのお約束。スライス輪切りを12時の部分と6時の部分に箸を分けて突き刺す。そしてそれぞれ逆方向に回しながらレモンを雑巾のように絞る。溢れる汁を満遍なく牛タン全体に回しかけるのだが・・・若いカップルから不思議そうに見られるのがこそばゆいです。
 
 
 
 
<麺> 三河屋製麺:加水やや多めなストレート麺にしてモチモチ歯応えと汁を吸い込んだ旨味を発揮!
 
 よくお目にかかるような多加水ストレート細麺。見るからに汁を吸い込んだり、持ち上げたりするのが得意そうで、見ているだけでモチモチ感覚が楽しめそうな風貌です。実際に予感はドンビシャで、前歯を当てた瞬間から淡く弾み、圧力の閾値を越えるとあっけなくプリっとちぎれる刹那がいい感じ。すくい上げると割とひっ付き合うのでスープの持ち上げも良いね。全くアルデンテな部分が見受けられない一方で、微妙に風合いを感じたのは気のせいだったのか?。単に明るい歯ごたえと言うわけでもなく、麺自体の旨さも感じさせます。そんなところが「スープを受け止めてる!」って感覚を食べ手に与えてくれるからいい感じかと。
 
 
 
 
<トッピング> 牛タンスライス肉・・・みさえサンタイミングのしゃぶしゃぶ感^_^
 
 脂がとろけてふわふわして、気がついたら口の中で溶けてなくなってた・・・そんなしゃぶしゃぶ世界とは別だね。薄いのにそれなりにしっかりと歯ごたえがあり、肉身の歯ごたえとも脂身の甘さとも違う味わいを楽しめる。それが牛タンであり、極薄スライスにしても個性は失われないね!。軽くネギと針生姜を挟んで、そのまま食うのが大変よろしい!。引き締まった筋肉質をかみしめると味わい深く、そこに交わる薬味の清涼感の展開が素晴らしい!特にスープの塩気も混じるから、味が複雑で楽しからずや。嗚呼・・・こんな展開になるんだったらクルマで来なきゃよかった。ここまで牛タンを楽しんでおきながら、ビールを一口も飲めないなんて!!。食ってるうちに拷問を受けているような気分になるではないか・・・ほんまに罪な旨さやで、こいつわぁ。
 
 
 
 
 総じまして「あっさり食えてしっかり感じる食べ応え!さすが牛だぜ!牛タン&牛骨パワー」・・・と言うそのまんまの感想。加えて価格もリーズナブルで、焦がし醤油の設定から+100円というから大変良心的。何となく・・・この店って「限定が旨い店」のような気がしてきた〜。また来るつもりですが駅から遠い。電車なら中央線からとっても不便。クルマで行くと飲めない。楽しい体験と引き換えに、実に悩ましい思いをもらってしまいました。そんな悶々さを払拭すべく、とっとと最後に詠って、いつものように締めたいと思います!。
 
 
 
   初雪も
   すっかり消えた
   快晴に
 
 
 
   心も晴れて
   牛タン旨し
 
 
 
 お粗末!と言うことで家族にも感謝しながら合掌!!今日も本当にごちそうさまでした!!!

投稿 | コメント (4) | このお店へのレビュー: 1件

「サッポロラガービール赤星→まぜそば+味玉+ワンタン」@自家製手もみ麺 鈴ノ木の写真写真付きコメントフルバージョンなら・・・
https://www.ramentabete.com/entry/2018/12/25/000000
YouTubeにまとめたよ!
https://youtu.be/iZZ1nUlyBJQ

<年末休日は・・・呑み気分でラーメン活動なのだ!>
 
 ラーメン活動してると「あるある」なのが、11時開店と思ってきてみたら実は11時半開店・・・というシチュエーション。そんなことって体験ないですか??。今回はまさしくそれでして、近くのセブンイレブンと文房具屋で相当時間を潰させてもらいました(笑)。おかげで文具を衝動買いしてしまったのだが・・・文具屋ってのも奥が深くてオヤジ泣かせなスポットですな(爆)。
 
 
 
 
<大人の休日の過ごし方・・・サッポロラガービール赤星>
 
 こちらは瓶ビールだと「スーパードライ」か「サッポロ赤星」の二択。キリン外し・・・最近こういうのちょくちょく見かけるね。キリンも頑張れと応援しつつ、定番のサッポロ赤星を堪能さえていただきました。オレが就職決まって、大学の先輩から乾杯を受けたのがこの銘柄なんだよなー。今でも思い出すんだけど、昔の味が忘れらなくなるのは老化現象の始まりなんでしょうか。妙に旨いぜ今回の赤星。温度管理が完璧であったのが如実です。
 
 
 
 
<スッキリ&じっとり醤油にペッパー風味で食欲加速!食べる辣油とフライドオニオンが加わり爆発的旨味>
 
 おおお!ピロピロ麺の素朴さを予測していたら、なんとも賑やかな麺顔ではないか!。味玉とワンタン追加の効果もあろうが、差っ引いても飽きさせないパーツ達が溢れている。細かい短冊ぎりになったチャーシューは、グラデーションを表し、薬味も単なるネギだけじゃなく、フライドオニオンが多めに降りかかり、すでに熱気で香ばしさを感じさせるではないか!。さてタレはどんな感じかと確認すると、完全に麺に絡まって、直接確認することはできず。醤油ダレの明るい香ばしさが漂うが、旨味は鶏よりは豚の方が厚みがあるようですね。豚オンリーなのかもしれません。甘味の優しさが鶏より優しく感じる一方、動物エキス感は色気よりも素朴な感じ。そして「ブラックペッパー」の香ばしさ。この個性は強くてわかりやすく、醤油味であっても結合すると一気に洋風へと引き込もうとするイメージ。だから汁系とは違った旨さで斬新に感じる。加えてフライドオニオンの風味がいい。カリカリな状態ですが、ゆっくりと麺の湯気で湿ってヌガーのような歯ごたえに変化してゆく。
 
 
 
 
<おなじみ「ピロピロ平打ち麺」が完璧にタレを吸い込んで味が染みて旨いのだ!>
 
 箸で引き上げると、そのフォルムは見事なピロピロぶり。複雑でランダムに縮れよじれて、ボコボコとした輪郭に溢れます。すでにタレを吸い込んでいるので表面がねっとりと少ししてますし、薬味類を片っ端から貼り付けようとしてる。そして細切り短冊になってた肉類も一緒に巻き込もうとします。ズボボボっとすすれるほどの麺幅がありがたい。啜って前歯でちぎると太さのイメージよりも、スパスパと安易に切れ込みます。時折艶めかしい弾力があると思って見てみたらチャーシューだったりして、いろいろ発見が多い麺かも。多加水の真骨頂とも言えるモチモチさはしっかり感じられます。その中でも密度感の低さがタレの浸透を許すのか、たれ&小麦粉の一体旨味が濃厚です。 
 
 
 
<細い短冊状の3種の肉を堪能しながらビールで流し込むのだ!>
 
 素朴さの中にエレガント。それはチャーシューのイメージです。何気に3種類のチャーシューが織り込まれてます。まずは定番の豚ロース肉の煮豚タイプ。昔ながらの醤油系タレの浸透があって、馴染深い旨味と香ばしさが広がる肉。そしてここ数年で一気に広まった低温調理系の肉です。豚は肩ロースと思われ、肉身に脂がバランスよくさしつつ半レアの風合いがすごく上品。そして鶏の胸肉もいいね。コンフィっぽい仕上がりで、細くカットされたために、肉自体は腰つき滑らかそのもの。味わいも淡白なので、麺と絡みやすくて味わいもコラボしやすいか!。実はこの上に肉増しをしようかと迷ってたんだが、これで必要十分条件と申せましょう。
 
 
 
 
<食べる辣油でワンタンを味わう・・・最高にビールに合うね!>
 
 汁なしだから味追加がなく、薄味で少し残念。醤油か何かで味をついかすべきだったが、テーブルセットにそれらしきものがないので仕方がない。ところが最強のアイテムを発見したのだった・・・丼の中に。それは「(食べる)辣油」。これを少し入れてワンタンを食うと、強烈にビールが進むことを発見いたしました。こんなことなら・・・皿ワンタンにして別味わいで楽しんでも良かった。大葉・生姜等、アクセントで頼る肉餡ではなく、肉の粗さと塩気メインでシンプルに堪能するタイプ。だからこそ食べ飽きないんでしょう・・・。本当はもっと欲しかった。
 
 
 
 
<味玉にハズレなし!薄めの出汁が深〜く浸透しつつ円やかな味わい>
 
 外観は濃ゆい肌色。ファンデーションの色合いに近い・・・そんな味玉です。非常にツルツルとしており、出汁の浸透深さを知ります。実際に食ってみると白身が出汁浸透こくて、ゆるい芳ばしさを思うほど旨し。それは卵黄にも通じており、スカスカな芋羊羹状態から、ぬるぬるジュルジュルな卵黄中心部へと見事なる・・・・旨味のグラデーションを表現してます。それ全体をわざと舌全体にぶつけるようにして味わいますが、「薄めな出汁味浸透なのに・・・深い味わい」が嬉しい!。単に「濃い」「濃ゆい」「濃密」などとは別で、「あっさり味が深く結びついている味」と申しまししょうか・・・。嗚呼、今回も味玉にハズレなし!。
 
 
 
 
 総じまして「テッパン級の硬い安定度示す王道まぜそば!寒くても合わせたいキン冷えビールCome On!COME ON!!」・・・と言う感覚でほぼ酔っ払い気分の麺活動。今回は特に全体的にはグダグダな内容で申し訳ない。ただ・・・酒前提でラーメン食うというのも本当に楽しかったと痛感。このパターン今後は増えるかもです。そんな反省気分を感じつつ、とっとと最後に詠って、いつものように締めたいと思います!。
 
 
 
   年の瀬に
   全て忘れて
   麺探訪
 
 
 
   見知らぬ土地で
   麺酒三昧
 
 
 
 お粗末!と言うことで家族にも感謝しながら合掌!!今日も本当にごちそうさまでした!!!

投稿(更新) | コメント (9) | このお店へのレビュー: 1件

「清酒八海山 → 味玉肉増し赤味噌そば」@中華そば きなりの写真写真付きフルコメントバージョンなら・・・
https://www.ramentabete.com/draft/-OFhq4GeUSiDl5IIK6rVRmGMcKM
YouTubeにまとめたよ!
https://youtu.be/j_vTUyYEvco

<久しぶりの埼玉ラーメン活動〜なんだが東京のラーメン追ってみた>
 
 駒込から東中野へ移転して、今度は新所沢に新店舗開業と知って、早速週末に遠征してみました。同じ味なら東京でも食えるのだけど、それをわざわざ遠くに出かけて食いに行く。これぞラーメンヲタクの典型的な習性ですな。しかも開店前に並ぶと言うなら、かなりのヘビーラヲタ。そんなヤツそうそうおらんやろと思ってたら、30分前に到着したら、軽く6名は行列発生ですよ・・・。埼玉のラーメン熱も恐るべし。そう言うオレも、実はあまりにも早く現地に来すぎた。なので時間を持て余して駅の改札前にあったQBハウスで軽く散髪をしてから向かったのですが(爆)。オレも全くバカで、また同じ失敗を繰り返してしまった(瀧汗)。
 
 
 
 
<大人の休日の過ごし方・・・雪解け水と魚沼の天地が創る清酒旨し!>
 
 嗚呼、八海山は旨いねー。特に吟醸でもなくレギュラーの八海山です。いわゆる醸造アルコールが入ったやつなんだが、これが実に侮れない旨さ。冷えた温度感も絶妙で、キリリと辛口味わいにピント合いつつ、料理の甘みを損なわせないシャープさがいいね。アテのチャーシューのカケラも程よい相性で、ラーメンができるまでの刹那を埋めるには絶対王者の存在感です。
 
 
 
 
<八丁味噌のコク深さを香味油薬味で旨味演出!味噌だけでないカオスなエキスが芳醇!>
 
 おおお!味噌よりも肉のすごさに正直目が行くし感動するかも!。ベースのチャーシューは3種のレアチャーシュー系で、豚肩ロースに鶏胸肉。そして鴨肉ではないか!。しかも中心部は「鴨肉オンリー」でして、このサービス精神が素晴らしくて泣ける。そしてようやくスープに目が行くが、コク深そうなダークな味噌ブラウンが実に空腹感をそそりますやん!
 
  ううう・・・うめぇ・・・。店のうんちく書き説明から八丁味噌とは知っており、すっかりその頭で味わい始めたが、独特の熟成深いコクはそのままで、しかも塩気が実にマイルドに仕上がっている。見栄えよりもかなりマイルドであるけど、決して薄くなっているわけじゃない。別の旨味がさらに加わって、むしろ深みが増し、カオスぶりがハンパないのです。見た目でわかる「ゆず皮」のエッジングは流石にわかるな。味噌の出汁にゆずが合うとは、知識では知ってても実際に食うとでは違う。濃厚感の隙間にふく清涼感が、全体の旨さをシフトアップさせます。しかしもっと旨味が溢れている。 
 
 


<三河屋製麺:微妙にランダムにボコボコする中太麺!微妙に味噌煮込み的に汁を吸い込む旨味!>
 
 味噌そばの麺は、醤油と塩の麺とは別みたい。やや水分を含んだ中加水系のようなモチモチ感があり、汁系にしては出汁の浸透がとても深い。そのため、中太い麺だけど味噌味お浸透がすごいのだ。どうもこれには理由があるようで、どうも一旦鍋で麺とスープを短時間だけ煮込む?ようなイメージあり。一旦、雪平鍋で麺とスープを一つにして短時間茹で、そして麺丼に移し変えているようです。手が込んでる。

 微妙に平打ちのようでもあり、捩れ麺のようでもあり、ボコボコした形状がいいね。味噌ラーメンにはこういう素朴さ感じるフォルムがよく似合います。多少太くても味噌を吸い込んでるのでしなやかだし、ズボボボボっとすするとボコボコ感が軽くタッチして駆け抜けてゆく。
 
 
 
 
<鴨の謝肉祭か!?デフォルトもすごいが、三種の肉のパレード状態の特製状態!>
 
 鴨肉3枚が連なるのか!すげー鴨を名乗ってる訳でもないメニューが、鴨肉祭り状態でっせ!。鴨大好き「カモ星人」としては興奮を抑えきれない。しかも美味い。薄味のようで鴨の脂身が野趣を感じさえつつ濃密な甘みを醸し出す。そこをあえてカオスな旨味溢れる八丁味噌のスープへ短く沈めるのだ。色や半生風合いが消えない程度の短時間だけ。少し濡れた味わいで食うが・・・これがなんとも言えず美味い。その直後に八海山を口の中へ流し込んで、洗うかのように後味を楽しむ。ああ・・・最高の週末〜!。
 
 肉増しでこんなに喜んだことは、数少ないような記憶。3種の肉トッピングでサイズも厚さも申し分なし。現代のラーメン事情では、2種チャーシューも相当珍しくなくなってきて差別化が難しくなってるかも。低温調理の半レア系は一巡した感じだし、鶏胸肉もかなり見かける。どちらも平成ラーメン時代の最後を彩る名開発なんだけど、この上にさらに追加されたのが「鴨肉」です。なんて素晴らしい!
 
 
 
 
<普通に終わらないトッピングの絶妙さ!お揚げと春菊の味噌相性の良さが光る!>
 
 味噌のカオス旨味がここでは浸透して、淡白な味わいと濃密な味わいのマッチングがうまくて震えそうでした。また青菜に春菊を選んだのはナイス。近年になって春菊もラーメントッピングで珍しくなくなったかもですが、水菜の生産量の伸びと同じくらい、お目見え度が増えたんじゃないかな。個人的には「お揚げ」がとてもナイスでした。本当に小さめで控えめすぎるサイズですが、味噌スープをばくばく吸い込むお揚げは、麩よりも存在感大きく、またお揚げのエキス自体が出汁成分になって、お鍋の具材でも食っているような満足感を与えます。
 
 
 
 
<味玉にハズレなし!:程よい出汁の浸透によるナチュラルな卵味に甘みを含むジェル状態旨し!>
 
 なかなか出汁浸透が深くて芳醇なうまさ。濃密になりすぎることなく、熟成感がほどほどで、玉子本来の味わいをキープしてます。卵黄が少しトロトロ気味で、少しスープに溶けますが、味噌スープなら溶けても濁りが気にならんのでしいいね。白身は均一の薄く染まっており、出汁濃度の調整が見事な証拠となっております。旨し!嗚呼・・・今回も味玉にハズレなし!。
 
 
 
 
 総じまして「突き抜ける味噌の芳醇!ぶちかます鴨肉のお祭り状態!酒じゃ酒じゃ昼から酒が合う味噌拉麺!」・・・という感覚でして、単に酔っ払いオヤジ状態ですが、本当に満たされ具合がハンパない。これはまた食いたい、是非とも食いたい。むしろ東中野でも同時展開してくれんかと期待!。そう言えば・・・東中野もご無沙汰。近いうちにまたそっちにも行きます!とにかく今日はいい気分!このまま気分変わらんうちに、とっとと最後に詠って、いつものように締めたいと思います!。
 
 
 
   ほのぼのと
   休日長閑
   陽が注ぎ
 
 
 
   心のコート
   脱がす昼酒
 
 
 
 お粗末!と言うことで家族にも感謝しながら合掌!!今日も本当にごちそうさまでした!!!

投稿 | コメント (12) | このお店へのレビュー: 1件

「牡蠣和え玉+煮干そば(白)」@と多゛食堂の写真サクッと見るなら
http://www.ramentabete.com/entry/2018/04/02/045024
YouTubeにまとめたよ
https://www.youtube.com/watch?v=eGZ59H_J-i4

<牡蠣を探して30km〜秩父に続くこの道を>
 
 はるか国道299号線を、他府県ナンバーの車がさまよい走っていく。仕事や家庭を返り見ず、ラーメン以外は何も見えない。けれど、お前は来たんだ。秩父に続くこの道を。・・・気持ちが入りすぎて早く着きすぎてしまった。今回は、「と多゛食堂」。
 
 何でここに来たかというと、私は牡蠣大好き「カキ星人」だから。こちらに「牡蠣まぜそば」なるものをレギュラー提供していると思い出したからです。先日は、同じパターンで坂戸まで出かけたのだが、どうせなら、帰り道食っとけばよかったと少し後悔があったのです。そのリベンジ。
 
 しかし・・・待つ間、「煮干そば(白)」にも興味が湧きまして、どうも初志貫徹ってのができません。「牡蠣まぜそば」は、スープと追い飯もセットですから、店内連食はキツすぎる。麺を少なめとか、スープと追い飯要らないとか言おうかどうしようか。そこで、ラーメンデータベース、食べログの情報を見て考えてると、「牡蠣和え玉」というのがあるではないか!。「牡蠣まぜそば」と「牡蠣和え玉」を、レクサスで例えれば、RXとNXという感じでしょうか。ポルシェだと、カイエンとマカンという感覚でしょうか。同じような乗り味ならば・・・ということで、「煮干そば(白)」と「牡蠣の和え玉」とさせていただきました。
 
 
 
<迫る琥珀色の煮干エキス!ニボの香ばしさと甘み!そしてほのかな清涼感!>
 
 食うもの決めてからは、気持ちに余裕が出て来ました。春真っ盛りの田舎の風景。地元ナンバーの車は都心よりはゆっくりめに走り、過ぎ去った風とぽかぽかとした暖気で、桜はハラハラと散り始める。日本はいい国だなと、一番感じる季節ですな。その後車がバンバンやって来て、開店時には20名弱の行列が発生しておりました。それでもこの店箱は小上がり席も広く、全員を飲み込んでしまいましたよ。一番客の私には、特典がありまして、「味玉」がサービス。オーダーミスかと勘違いしそうになりましたが、そんな一発目の麺顔は、こんな感じです。
 
 うわーーキレイ過ぎる!これは東京都心でもなかなかお目にかかれないハイセンス麺顔ですよ。美しく整った麺線。立体的に丸め折られたレアチャーシューが波のよう。凛と立った肉厚な大判の海苔は秩父連山のようで、三つ葉は麓の森の木々のように遠近感を表現しています。そしてスープの色合いはすごく透明度がある琥珀色でして、食う前から美味いと思わせるエキス感を醸し出してます。
 
 実際にスープを味わい出すと、これがまた声が漏れそうなほどに、心の中で唸る。確かに煮干のインパクトあるのですが、実に洗練されている。ニボニボのパンチはありませんが、ニボった香ばしさとほのかな苦味をしっかりと感じさせます。しかし苦さの引き際がよく、とてもすっきりとしている印象。そして二口目からは、煮干エキスの中でも甘みがじわじわと広がります。決して甘ったるくなく、ベースの鶏ガラの旨味に、白醤油?と思われるまろやかな塩気に支えられて、苦味と調和しているー。
 
 この辺りから、薬味が仕事をし始めます。三つ葉の清涼感は、ゆっくりとスープに溶け込んでゆき、煮干の香ばしさに結びついて昇華させます。そして玉ねぎのみじん切りも、三つ葉の後を追うのですが、野菜の汁の優しさ・甘さが際立ちます。それにシャリシャリとした歯ごたえが、なんとも楽しくて、スープを味わうレンゲが止まらなくなってしまいます。
 
 全体的に素晴らしい!隙がない!この時点で少し「牡蠣和え玉」のことを忘れそうになった・・・・。
 
 
 
<全粒打ち込みで見栄えはプレッツエル!?風味がふくよかこの上なし!>
 
 実に好み!この麺は!。全粒粉の打ち込みが濃ゆいというのがありありと伝わる麺の表情。ジラフのように見える麺地肌ですし、また見方によっては、プレッツエルのようにも見えなくもない。麺を箸で引き上げた時は風流にも感じてしまい、美しい麺線から枯山水を連想してしまいます。
 
 食うとこれが、風味がすごく広がる!。心の期待ハードルを軽々と超えてしまった・・・。粉っぽさといえば誤解を招きそうだが、あえて風合いの広がりや濃ゆさを強調するなら、そう言わせていただきたい。滑りのだるさは一切なく、前歯で噛むと淡くクツクツと切れ込み、奥歯ではクシクシと潰されながら、ブワッと感じるグルテンの芳醇さはさすがです。
 
 しかし、表面にはザラつきがないのだよな・・・。薄皮一枚の透明感ある部分が、非常に滑らかに滑るのでしょう。芯を感じさせませんが、中と外型は感覚が違います。そして後半になるに従い、汁を吸い出して一体感が出るしなやかさが現れます。汁を吸い込んだ麺もこれまた美味い。汁のエキスと、麺の炭水化物感を歯ですりつぶしながら感じる旨味感。これが最高に美味いのです。
 
 
 
<薄切りレアチャーシューがふわふわ感じる上質感!>
 
 チャーシューがうまい。うまさがキレイ。今ラーメン界で隆盛を極める低温調理のレアチャーシュー。ジューシーでしっとり感じるところが得意なタイプですが、こちらは、不思議とふわっとした水分の抜けを感じるのがすごいね。塩気が効いているというより、水分が低くなって旨味が凝縮されているような味の濃ゆさ(わかりにくいですね)。水分抜けてスカスカか?というと決してそうではない。むしろ、脂身の部分が肉味を吸い込んだようで、甘みだけではなく香ばしさを含んで美味い。これは、日本酒にも合うだろうが、ハートランドビールのように軽やかな麦芽を感じるビールがよく合うと思いました。ただね・・・このロケーションでは車で来るしかなく、酒が飲めないのが悔しいのだが・・・。
 
 
 
<味玉にハズレなし!>
 
 1等賞、ポールポジション、1番長く待ったご褒美、・・・なんでもいいが嬉しいよね。サービスでもらったから言うわけじゃないが、これメチャメチャ美味い味玉でしたよ!。塩ダレタイプに漬かった感あるのですが、なんとなくタレと言うより「白出汁」に浸った感がある優しさあるうまさです。
 
 卵黄のまったりとした旨味は濃厚であるのは言うまでもないですが、単なる濃厚とかではなく、味わいを感じさせる不思議なもの。濃厚と言うより、「まろやかさの濃密」と言うような卵黄でした。トロミも完璧だし、外側は薄く一層だけスカッとした半固ゆで感がある。密度が高いので、スープに沈めても溶け込まないし、白身の均一なプルプル感がいいね。
 
 
 
<牡蠣のスムージー感覚!トロトロと麺に絡みつき、牡蠣苦手でも食えるクセのなさ!>
 
 なんか「煮干そば」を食った時点で満足してしまった感じ・・・。サービスがいい店は、食べ終わる頃に「出してもいいですか?」とこちらから声をかけなくても聞いてくるから、気持ちがいいよね。私は黙って頷くだけで、待望の「牡蠣和え玉」が配膳されて来ました。そんな麺顔がこちら。
 
 おいおい・・・和え玉としては、随分と立派すぎない!!!。和え玉と言うより「牡蠣まぜそば」単品(小)と言い切っても誰も疑わないと思う、堂々たるプレゼンスですよ。盛り付けも上手で立体的。まるでパレットに乗った大量の油絵の具のようです。
 
 牡蠣ペーストが大量でよろしい。イメージしてた通りの深いセメントに近い深緑。ごつごつしているように見えるけど、粒子が均一で空気を含んでいるように、ふわふわとしている。ペーストと言うより「スムージー」です。きっといいミキサーを使っていると感じます。舐めてみるとこれが驚き!牡蠣の嫌味がない!!これほどすっきりとした牡蠣味は食ったことないか???。牡蠣は苦手と言う方にもこれは、激しくオススメしたい。とても不思議な牡蠣スムージーだわ!。
 
 まぜまぜすると、下味のタレがないことに気がつきます。香味油程度で、汁はない。少し抵抗感ありますが、辛抱して時間かけて混ぜましょう。すると魚粉と牡蠣スムージーが均一に合わさって、牡蠣の海の旨味が一層に広がりますので。牡蠣のコクが甘さで広がるなんて、思いつかなかったな・・・。岩海苔の磯を感じる香りにもマッチしますし、麺にペッタリと張り付きます。麺の粉感覚に牡蠣スムージーがぴったりフィットし、混ぜそば感覚がバッチリ味わえます。炭水化物感と磯系の味わいも非常にマッチします。煮干で出会った旨味が、別の形で転化された感じで、スルスルとスピードをあげて食い進めてしまいます。
 
 
 
<白煮干スープを垂らせば煮干と牡蠣の風合いがシフトアップ!>
 
 あまりにも上手くて、全体の四分の三くらい食べきってしまいました。ここで思い出したように、残しておいた煮干スープをレンゲで2回かけてみます。すると・・・・・これが、味の覚醒を始めます。先ほどまでおとなしかった牡蠣が、少しワイルド感を復活さ背ます。煮干が元気付けると言うか、本来の牡蠣が郷愁て思い出したかのように、磯っぽさをふわっと匂わせる。少しタレが緩くなった感じもあって、一気に食べやすくなるし、やはり、二段階に食べ方を分けて試すのがオススメです。
 
 
 
<パリパリ岩海苔が混ぜるとカタ焼きそば風にカリカリヘナヘナで旨し!>
 
 最後に、岩海苔の感動をお伝えしたい。岩海苔の質が良いとかでなく、汁なし系の中の岩海苔の面白さがいいのです。岩海苔は多めで嬉しいのですが、汁なしなのに乾いた状態で提供されます。はじめは、これはガビガビして食いにくそう・・・と思ってたんですが、まぜまぜしてゆくうちに、少しだけじんわりと水分を含んで、かすかに柔らかくなります。その状態でガジガジと岩のりを食うのです。これが、「肩焼きそばが、あんかけで少し緩くなった」あの感覚と似ていて、とっても楽しい!。しかも、海苔の香ばしさだけ残して、磯っぽい苦手な風合いは一切出てこないから、食欲がより進みます。カリカリヘナヘナな、まぜそばの中の乾燥岩のり。伝わったかは自信ないけど、実にうまいもんです。
 
 
 
 
 総じまして、「まさに後楽園ON全盛期のアベックホームラン級・・・感動なる突き抜け感!」、いやいや「掛布・バース・岡田バックスクリーン3連続ホーマー級・・・感激極まる一杯!」・・・といったところでしょうか。ダブル・トリプルで次々と感動してしまった今回のラーメン活動!。本当に参った。これ食ったあとは、今日一日終わったなぁと安堵と幸せに包まれました。長々と語ってしまいましたが、あしからず。二杯分のレビューを一気に牡蠣(書き)殴ったので、乱文なところはご容赦を。そんな感じでとっとと最後に詠って、いつものように締めたいと思います!。
 
 
 
   風になり
   遥か埼玉
   駆け抜ける
 
 
 
   愛しき牡蠣の
   和え玉求め
 
 
 
 お粗末!と言うことで家族にも感謝しながら合掌!!今日も本当にごちそうさまでした!!!

投稿 | コメント (13) | このお店へのレビュー: 2件

「中華そば」@中華そば専門 とんちぼの写真サクッと見るなら
http://www.ramentabete.com/entry/2018/03/15/064456
YouTubeにまとめたよ
https://www.youtube.com/watch?v=Dpj3lHIGLjE

<郊外丘陵の空気もうまいが、中華そばもうまいね〜〜>
 
 山里の春めいた空気の中で、何もせずボーッとするのもいいね。時間の流れ方が全然違う。ストレスの塊やしこりが溶けてゆくのを感じます。空気がうまいとはこのこと。緩やかに丘陵を駆け抜ける風が、厨房の煮干香を運んで来る。移転前は駅前だったのに、どうしてこんな場所に移転した?と不思議だったんですが、なるほど・・・ここなら店も客もゆったりと集中できますね。
 
 しかし罪だぜ。待つ間、日本酒がめちゃ美味そうにPOP宣伝してます。スタフさんも、お土産宣伝してて、上手にアピール。わしゃクルマで来たっちゅーのに・・・・。よしかわ坂戸でも辛抱したっちゅうーのに、ここでも酒のことを考える。実は家に帰ってから、いつも以上に家酒呑んべえになってしまいました。
 
 ほぼ、週末はアルコール中毒です。
 
 
<奇をてらわず!丁寧でノスタルジックにまとまった煮干醤油味が泣かせる!?>
 
 気分が良かったり、環境がいいと、待ち時間は本当に苦にならない。気持ちの上では、あっという間に店内に誘導されました。それもすごい丁寧に。厨房内のご店主も、ひときわ明るい方で、大きな声でお出迎え。調理補助の方との確認の仕方など見ても、とても仕事仲間をリスペクトしていることが伺えます。見ているだけで気持ちがいい。ちょっと仕事の上でもヒントを貰ったような気がしました。気持ちの高ぶりを自分でも感じ始めていたところで、ちょうど配膳となります。「お熱いのでお気をつけください」と言う言葉もこれまで何千回も聞いたけど、今のは心こもってるよ!そんな麺顔はこんな感じ。
 
 おお!奇をてらわない偉大なオーディナリー中華そば!!チャーシューのデカさはご馳走感覚丸出し!!。いきなりラヲタオヤジのハートを鷲掴みですやん!。半刻前まで腹が張ってたのがウソみたいに、食欲ボタンが押されてしました。
 
 まずスープなんだが、熟語で伝えるなら「安心・安寧・誠実」なんだなこれが。新しさがないのに満足度が深い。豚肉・鶏ガラの煮出しベースもさることながら、煮干の芳醇さに心が和まされます。近年勢力を増すパンチ系煮干、セメント系煮干とは対極のポートフォリオ。運用で例えるなら、値動きが激しい投機的銘柄のような野心はなく、安定的資産運用型の金融商品のような、突飛はなくとも長期的に安心できるような味わいですな。
 
 動物系の味わいは確かに下地にある中で、煮干味の泳ぎ方がいい感じです。それは、苦味と甘さ両方をすり潰したようなストレートな煮干感。茶こしでグリグリと煮干の味を上乗せするような味わいが確かに感じられます。醤油の輪郭は、煮干と動物系の旨味に吸収され、下味として仕事してますかね。ひょっとしたら、節系とか昆布などの乾物の旨味と結合してるかもしれなくて、尖ったカエシの輪郭はなし。
 
 麺をすすりながら味わうスープと、最後に残ったスープの平らげスープと、印象がこれまた違う。後者の方が、「実は煮干の苦味が少し生きてます」と答え合わせしたかのように、語りかけて来ますねー。オーディナリーなスープに見えて、実はステージ毎に微妙に違った味わいで語りかけてます。
 
 
 
<落ち着きのある小麦色!素朴さと風味高いムッチリ歯応えがナイス!>
 
 ラーメンデータベースによると、自家製麺だとのこと。先入観で語りたくないのだが・・・やはりハンドメイド感あると言わざるを得ません。お許しを。
 
 どうしてもナチュラルな色合いが、私をその気にさせます。素朴あ小麦の褐色が、実に美味そうですし落ち着きを感じさせます。ピンピンパツパツのストレートでないところも、この一杯のコンセプトにはあってますね。歯応えと、汁の浸透したしなやかさを天秤にかけるなら、後者を優先したイメージ。
 
 箸でリフトすれば、ランダムに引き上がり、口元に当ててズボボとすする。微妙な捩れが唇に柔らかいタッチをして中へ流れていく。前歯を当てればスパスパと切れると思えば、外が微妙な低反発で、なかが淡白にもっちりしてる。密度感は中くらい。奥歯へ運びプレスすると、グルテンの風合いを先に感じ、素直に炭水化物の旨味を知りますなー。そして徐々に食いだすと汁の浸透が深くなっていき、汁旨味と合体する感覚は、やはり最高!。
 
 
 
<圧倒的な肩ロースチャーシュー!神が舞い降りる満足感>
 
 この肉は、注文を受けてからの手切りです。スープ生成にも寄与したと思われるブロック肉は、脂の部分も多くて、この余分なところが抜けた脂身が、実にほのかに甘くてうまい。醤油ダレとの相性がよろしいし、実に大判なる肉面積です。丼の中ではユーラシア大陸以上の存在感。それを噛むと、十戒のモーゼが海を割ったがごとく・・・・サクッと裂けてちぎれる!。ネ申のうまさ降臨。
 
 
 
 総じまして、「環境、接客、味わい、どれも誠実さを深く感じる良心なる一杯!」と言うことで、抽象的感想でごめんちゃい。移転は、大成功のようですね。あとは長く、ぶれることなく、信念を貫いて欲しいと願うばかりです。どうしてもこのロケーションならば、個人的にクルマを使うしかなく、幾度訪問しても、ここで酒が飲めないと思うと寂しいのですが・・・・。私が引退した頃に、ハイキング気取りで訪問できるまで、お預けですかな。ながーく頑張ってください。マイペースでね。そんな今回の感動を忘れないうちに、とっとと最後に詠って、いつものように締めます!。
 
 
   山里に
   風も麗らか
   駆け抜けて
 
 
   柔らか日差し
   ほのぼの煮干
 
 
 お粗末!と言うことで家族にも感謝しながら合掌!!今日も本当にごちそうさまでした!!!

投稿 | コメント (12) | このお店へのレビュー: 1件

「牡蠣そば」@寿製麺よしかわ 坂戸店の写真サクッと見るなら
http://www.ramentabete.com/entry/2018/03/14/044936
YouTubeでまとめたよ
https://www.youtube.com/watch?v=A2D86HL0Tvc

<牡蠣大好き「牡蠣星人」のオレは・・・埼玉・坂戸へやって来た>
 
 今回は、車で高速飛ばして遠征して見ました!。やって来たのが「関越道坂戸IC」。狙いは「寿製麺よしかわ 坂戸店」です。駐車場を広めに完備ってところがありがたい!。どうしてこの店に固執したかというと、私「牡蠣大好き、牡蠣星人」だからです。レギュラーで「牡蠣そば」があるなんて何て素晴らしい!。しかも、「よしかわ」ブランドですからね。もう旨いの保証されたのと同じです。
 
 実際についてみたら・・・・なんとも、辺りは殺風景というか(失礼)、そうじゃない!空がデカい場所柄だ!。それに準じて店はとても広めで使い勝手が、店側も客側もナイスです。週末土曜日は混むかなーっと思ってたんですが、川越店よりは並びも少なく、するすると入店できましたよ。
 
 
 
<これは凄い!牡蠣の風味が遠慮なし!!大胆で驚いた!>
 
 ラーメン活動で、一万円両替お願いーってのは恥づかいので、いつも野口英世はキープしてます。ところが今回は、この手持ちの野口を、券売機が何回やっても吸い込もうとしない・・・・。吐き出すパワーがあったら、吸い込むパワーに使えよ!と言いたくなる。そこで店に、オレの野口と、店の野口を交換してくれと言おうと考えた。しかしそれも恥ずかしい。なので、祈る気持ちで6回目(だと記憶)をトライ。するとようやく受け入れてくれました!!!!!!!!。
 
 達成感満載のオレに対して、背中で感じる後客の視線が痛い。
 
 座席についたオレは・・・何事のなかったかのように、ただスマホ好きのおっさんを演技して、周りの客と目線を一切合わせないのでした。そんなドギマギで配膳されたのがこの麺顔。
 
 おお!これは・・・汁の濁り方がすでに海鮮牡蠣エキスの染み出しを濃厚に感じさせます。表面に漂う香味油がキラキラと輝いて、しかも霞んでいるように見えて、透明感もありあり。美しさに見とれているばかりではなく、ゆっくりとレンゲを近づけます。この時点でふわっと牡蠣の香を感じる。そして口元に接した時点で、いきなり物凄い牡蠣のエキス香を感じます。
 
 おほ!?濃密な牡蠣の香り!!これは牡蠣好きにはたまりません!!!しかしその一方で食べ手を選びそうな風味感。好き嫌いがはっきりと別れますかね?。私は牡蠣をフェチの如く好きな方なのでいいのですが。しかし実際に味はというと、これが上品な牡蠣エキスなのです。貝類の中でも牡蠣ってすごく個性的だったんだとこの時感じます。関西転勤時代に、牡蠣うどんというのをよく食ってたんですが、その和出汁感覚とは違うワイルドさ。全体的にエレガントでありながら、牡蠣ワイルドさを持ち合わせるという不思議な一杯です。
 
 塩気が非常に薄く素材の味をマスキングしません。京都弁でいう「はんなり」した味風景とでも言えましょう。特に気にいったのは、海苔が溶けて少しスープに漂うところ。こトッピングの海苔が非常に香り高く質感が良い。それがスープに溶け出すとその香が立つのです。海鮮出汁ですから、この海苔の風味がベストマッチ。節や煮干、昆布などのエキスも柔らかな一体感あり。
 
 
 
<麺がここまでうまいとは!極細ライクでクッツリ感絶妙!!風味が汁に合う!!!>
 
 流石の自家製麺!!旨いとは知っていたが、特に今回の麺のうまさは、ピカイチとしか言いようがありません。全粒入りとまではいかない細かい殻粒子の打ち込みが、見えるか見えないかの程度で少し確認取れます。全体的に落ち着いて薄い褐色。かん水の低さを感じます。すするとツルツルというより、汁を吸い込んで滑らかにスベるという感じ。前歯で噛む瞬間は、クッツリとした緩い引き締まりを感じる歯応えがナイスです!。
 
 加水は中程度?。割と極細系に近い切り幅で、角がきっちりしている印象を与えます。丼が今風の鋭角的なタイプだから、麺が少なそうに見えますが、きっちり140g以上は入っているのでは?と思う満足度ボリューム。奥歯でプレスすると粉の質感の高さが十二分に感じさせるグルテンの風味です。汁を吸い込んで牡蠣エキスを楽しむ。炭水化物と海系の旨味の一体感がたまらんです。
 
 
<レアチャーシューが素晴らしくてもお酒は我慢だ!>
 
 しっかりレアチャーシューが入っておりまして、これが大満足!。やはりこのブランドのレアチャーシューは、しっとり感が最高ですー。塩気が薄く、肉の本来の旨味と、脂身の溶ける甘みがベストマッチ。立体的に盛り付けてるのは、飾り立てもありましょうがボリュームもあってそうなってます。奥にはモモ肉っぽい別のチャーシューもあって、二種楽しめるというサービス精神も嬉しい!嗚呼、こんな肉だったら・・・やっぱり酒が欲しくなる。
 
 
 
<焼き牡蠣!牡蠣好きにはたまらん!お酒は我慢だ!>
 
 焼き牡蠣です。5粒入っとりましたー。牡蠣は黒い部分の淡い苦味と、肉の中にある深緑部分のえぐ味が好きなのですが、白身の焼き焦げた部分もまた堪りません!。ややプリプリ感薄く、引き締まっておりましたが、牡蠣大好き「牡蠣星人」としては満足満足!嗚呼、こんな牡蠣だったら・・・やっぱり酒が欲しくなる。
 
 
 総じまして、「容姿エレガントにして大胆牡蠣風味はリッチ!高次元牡蠣そば!」と言う何も捻りのない感想でごめんちゃい。いやー、やっぱりこのブランドは良い!接客も店箱も味も何もかも好みじゃないですか!。これは再訪問確実で、いずれ鰯そばを食べたいと思っているのですが、それは別の支店で提供してるんでしたっけ?。今回は個人的には、最近稀に見る遠征をしてみたのですが、行動した甲斐がありました。ご機嫌気分のまま、帰り道へとハンドルを切りました。そんな感動を忘れないうちに、とっとと最後に詠って、いつものように締めたいと思います!。
 
 
   頬を切る
   北風も早や
   緩やかに
 
 
   牡蠣の香運ぶ
   よしかわのそば
 
 
 お粗末!と言うことで家族にも感謝しながら合掌!!今日も本当にごちそうさまでした!!!

投稿 | コメント (13) | このお店へのレビュー: 1件

「しょうゆチャーシューメン + 味玉」@オランダ軒の写真サクッと見るなら
http://www.ramentabete.com/entry/2018/03/07/061843
YouTubeでまとめたよ
https://youtu.be/F5cHaUghfAM

<少し早起きし過ぎたので、オランダ留学をしてみた結果〜〜σ^_^; >
 
 「アムステルダムの朝は早い・・・」。朝のネスカフェゴールドブレンドをすすりながら、昔のCMを思い出す。早く起き過ぎた休日、アムステルダムと言えば、オランダだ。いよいよオランダ留学してみるか!と重い腰を上げてみた流れです。今回は、東岩槻にある「オランダ軒」へGO!!。

 思いの他スムースに移動できて、早めに着いてた!。現地で様子見ながら、最寄の東岩槻駅前で時間潰して過ごそう、なーんて思っていたのですが、すごく甘い考えでありました。おいおい!クルマをパーキングに止めて店前まで来て見たら、1時間半以上前なのに、もう行列が発生しとるがな!!。嘘でしょ!!・・仕方ない〜〜行列に連結するかぁ〜。しかし、自分もそうだが狂気に近いものを感じます。待ち椅子に座って、春の暖かみを感じつつ、あまりにも長いので寝て過ごしましたー。
   
 
<醤油のピッチリした感覚に溶ける生姜のジリジリ感!混じる煮豚の汁甘みも溶けて魔力を感じさせる生姜醤油!>
 
 移転前も訪問したが、素朴な店とラーメンという印象ですが、店内は随分と前よりスッキリしてる。BGMもレゲエっぽい感じで、なんか風格を感じます。店主さんも前よりは多少ファンキーな感じで、「GINGER KING」のオリジナルTシャツがよくお似合い!。同じカウンター客の方も同じの着てて、オランダ軒のコアなファンをかなり掴んでいる感じです。もう殆どの客は、チャーシューメンを頼んでおられて、その上に「まかない肉」を盛るかどうか、飯を追加するかどうか、と言ったレベル感。デフォルトのレベル感覚が麻痺しますな。チャーシューメンにしといて良かった。それはこんな麺顔です。
 
 むおおおー、これはまたワイルドな麺顔!そしてどこかしら誠実さも感じると言った不思議なものです。憎々しいまでに肉々しい。味玉の色合いすらネオンのように煌びやか。メンマが渋い存在感で、ありつつも青菜が上品。渾然一体なる整然さ??。これは肉からガッツきたいですが、まずは落ち着いてスープから味わいましょう。
 
 うーむ・・・分かってはいたけど、醤油のピッチリ感覚なる塩気と、生姜のジリジリとした風味の一体感が実にいいですな!。案外塩気が低いのか?それでも生姜の清涼感で実にしっかりと塩気と響きます。豚鶏の煮出しにもよくマッチして、労働者のラーメンという感じもしないでもないです。とても白飯に合う。徐々に時間が立つと、撹拌された麺から滲み出るグルテンの風合いで、スープが軽く濁る。そこからが、仄かな甘味がプラスされて、優しい味わいへと方向転換するようです。
 
 しかし、まだまだ本格的な味はここから。煮豚のエキスがスープにじわじわと覆いかぶさり、豚脂の甘みが、ずんずんと染み渡ってゆくのです。ここからが、豚ワールド全開でして、甘辛い醤油と豚のコクが広がりまくり。生姜醤油との二重奏が、ハイテンションで鳴り響く感覚がすごい。彦摩呂風に真似すると、「味のオーケストラやでぇーー」なんて頭を過ぎります。
 
 
 
<ふわふわ&もっちり!多加水捩れ麺の柔らかい表情が褐色に染まる!いつまでも啜っていたい!>
 
 麺がまた良い。誠実さ溢れる柔らかさというのが、第一印象です。多少平たい中太麺で、絶妙のカン水の反応か?フワフワに感じるようなイメージ。密度は低めですがスープはよく吸収するようで、微妙に褐色に染まったような印象を与えるイエローバディ。縮れというより「捩れ」が素晴らしく、滑らかなボコボコフォルムに、ツルツルの地肌が、口当たりを楽しくさせます。啜り上げるのも当然面白い。
 
 前歯では、スパスパクチクチと非常に小気味良く切れ込み、奥歯ではクチっと淡白に潰れこむ。すり潰れた瞬間から、汁と炭水化物の化合した旨味が生姜醤油味に染まって、異様に美味い。とてもボリュームが多く感じるけど、実はそれほど重くない麺なので、大盛りを推奨いたします。いつまでも啜り食って要られそうな錯覚に溺れる私でしたー。
 
 
 
<味玉にハズレなし>
 
 ティピカルな今風の味玉です。Lサイズが、半分に割れてます。薄味醤油ダレが深く浸透しているため、外側は薄い褐色に染まってます。白身が白さが保たれてますが味は染みてる。弾力固めのカフェオレプリンのように、ブルン!とした歯ごたえで、あっと言う間に飲み込んでしまう。卵黄は、テカテカに光り輝いていて、トロミが艶かしい。醤油ダレを吸い込んでからが甘く濃厚に感じさせるタイプ。スープに浸して食うというより、豚肉と絡めて食うと美味くて、思わず「飯をくれ!今すぐ!飲み込む前に!!」と頭の中で絶叫してしまいます。嗚呼、やっぱり・・・味玉にハズレなし!
 
 
 
<豚肉がまさに全方位的に攻めてくる迫力が最高!>
 
 もうここまで来ると、「肉祭り」「謝肉祭」というより「ブタ麺!」というイメージです。いろんなチャーシュー麺を食って来て、豚だけで、これほど色々な部位を一度に大量に楽しませてくれるのも珍しい。肩ロース、バラ肉は言わずもがな。脂身のブロックとか、背筋のブロックなどもあり、これは絶品です。常連さんは、食券を出す時に200円を出して、何か「まかない」??などと呟いたように伝言されてます。なんだそれは??と思ってたら、この上にさらにトッピング肉が足されるわけで、そのブロックの大きさがなんともワイルド!。すげーうまそう!と激しく嫉妬をしてしまいました。白飯に乗せて食う方やら、スープに飯を投入してズビズビ食うなど、いやーーーーー常連らしいナイスな食べ方!。
 
 そのほか、実はメンマが深い味わいでナイス!。関東風の醤油ダレが深く染み込んだタイプに近いけど、生姜風味も手伝って、なかなか美味かった。酒が欲しくなるー。
 
 
 
 総じまして、「長岡生姜醤油系の素朴な世界にブタ麺とも感じる肉迫力!!ガッツリいこうぜ!」と言う感覚でして、食い終わって思い出すだけで興奮をまた覚える。これは好きだなー。また必ず来ますよ!。・・・・と言いたいが、正直並びに疲れた。平日に狙ってみるしかなさそうです。体力があるうちに考えておきたい。この日一日は、まさに「オランダ軒」一色でした。久しぶりに何も考えない一日。明日からの頭の切り替えが逆にスムースでしょう。そんな感じで、興奮を忘れないように、とっとと最後に詠って、いつものように締めたいと思います!。
 
 
   久方の
   春のあけぼの
   目を覚まし
 
 
   うたた寝ながら
   オランダ行列
 
 
 お粗末!と言うことで家族にも感謝しながら合掌!!今日も本当にごちそうさまでした!!!

投稿(更新) | コメント (12) | このお店へのレビュー: 1件

「醤油らーめん」@天の川の写真<ご近所さんたちの集会所的ランドマーク>


 (ちょっと過去レビ)一仕事終えたところで、さあ何にも縛られず好きなものを食いに行きましょう!久しぶりにクルマで遠出感覚で!!。と言うことで、今回は郊外の名店を狙おうと思っていたのですが、日頃の疲労困憊ですっかり寝過ごしてしまった・・・そんなとある土曜日です。

 出鼻をくじかれたとはこのこと。それでも、行きたい店のリストアップ・ブックマークは山ほどあるわけで、実は困ることなんて何もない。この時、オレはもや単なるサラリーマンではない、フリーマン!クライングフリーマンなのだ!と妙に勃り立って、外環道を平均時速80キロでスパン!スパン!!スパン!!!と突っ走ってやってきたのが「天の川」さんです。ところがこの一帯は、コインPがないのよ・・・。見つけるまでにすっかり時間を潰してしまい、店にやってきたタイミングではもうほぼ満席状態でした。

(外観)http://photozou.jp/photo/show/1985094/250933175

 コーポー天の川の一階にあるから「天の川」なのか。「天の川」が入っているから、コーポ名が「天の川」なのかは不明。入店した時点の空気感を素直に述べるなら「町内会の集会所」ですな(笑)。これほど地元と癒着している、・・・いや地元に根付いている店は滅多にみられません。各テーブルには地元の壮年以上のカップル(夫婦)が鎮座している。その中央に店主が立って、いわば放射線状にテーブル席客と触れ合うのだわー。内容は他愛もない会話ですが、そこに毒っ気が一切なくて、ふれあい的です。オレは隅っこのカウンター席でしみじみとその会話に耳を傾けて、お冷の氷を揺らし鳴らしながらチビチビとやっておりました。気分だけは、都内元麻布・仙台坂上あたりのイタリアンレストラン・・・・そのウェイティング・バー気分でー(ウソです)。

(メニュー)http://photozou.jp/photo/show/1985094/250933192





<家庭的優しさすら感じる穏やかさ醤油清湯!飲み干して罪悪感一切なし!>


 そもそもなぜ「天の川」さんをリストアップしていたかと言うと「質感高いワンコイン(以下)」という情報だから。個人的に店主の心意気と、ラーメンたる真髄を感じざるを得ません。そして店のお母さんから、それが配膳された瞬間には、イメージ通りの実物で息を飲んでしまいました。写真で空気感まで伝えることができればいいんだが・・・。

(麺顔全景)http://photozou.jp/photo/show/1985094/250933222

 スープが実に「穏やか」で「澄み切っている」のです。味わいは「ほのか」。冒頭では薄いと感じる方がきっと多いと思います。常連さんと思しき方でも、調味料を後追いで振りかけてる感じ。しかし、少し食い進めると次第に慣れてくるというか、その「ほのか」さがしっくりと馴染む。まさに「飲み干して罪悪感なし」の穏やかさなのです。

(麺顔アップ)http://photozou.jp/photo/show/1985094/250933260

 鶏ガラのゆったりさよりも、個人的には豚系の優しさがすっきりと出ていると思えます。そしてきっと野菜系の旨味もしっかりと出ているはずで、それが全体を優しくさせてます。また魚介の出張りがないところも秀逸で、まさしく昔ながらの味わいといったところでしょうか。塩気は醤油感が控えめなのと同調しており、尖らず控えめ。ゴクゴクと飲み干すこと前提でグイグイと食い進めましょう。後半から麺のグルテンから滲み出ると思われるエキスで、少しばかり霞みますが、それもプラスの味わいで、微妙に甘みを高めますかな・・・。

(スープアップ)http://photozou.jp/photo/show/1985094/250933291

 実は食い終わってから気がつきましたが、メニュー表の裏には、「濃いめ・薄め」の調整ができるとのこと。知らなんだー・・・・。ま、今回はデフォルトを確かめたということで納得しましょう。次回は、「濃いめ」で決定なんですが(笑)。







<極細大衆系ストレート麺!しっかりと風味感じさせる質感!>


 どこの麺なんでしょうねー。軽やかで、しっかりと麺自体の風味を感じさせます。密度感はそれほどでもないのだけど、スパスパと前歯で千切るたびに、ふわふわと麺の風味を感じる。スープの穏やかさがあってのことだと思うけど、お安いラーメンの感覚はありません。今回は、飲み込むより、意識して奥歯でしっかりと噛んで味わいたいと思いましたもん。前半のグルテン風味の印象から、後半は汁を吸い込んで甘みを醸し出す印象に、ゆっくりと様変わりしますね・・・。

(麺アップ)http://photozou.jp/photo/show/1985094/250933301

 当然のごとく、啜り上げるのが楽。標準よりは、ひと回りもふた回りも細めなイメージで、バキュームするには素直です。その気になれば、60秒で全部すすり切れる。しかし、この店はなぜかゆっくりとしていたい気分に満ちているので、そんな勿体無いことをしないー。

(麺リフト)http://photozou.jp/photo/show/1985094/250933307





<昔ながらのバラ肉ロールチャーシュー!迫力は今でも通じる!>


 チャーシュー・一枚 100円。そんなメニュー見出しがあります。正直言ってそこまでは・・という感じです。しかし、そんな情報なくてデフォルト450円の麺顔に乗っている一枚肉と考えるなら、「素晴らしい」と思えますよ!。逆にメニュー見出しが私の中には気持ちに入ってこないんだが・・・・。

(チャーシュー)http://photozou.jp/photo/show/1985094/250933280

 脂身が多いタイプのバラ肉。それが地層のしゅう曲のように曲がりうねります。結構ぶ厚めにスライスされており、食むと脂身が溶け出して旨味が広がります。つけだれは見た目より薄めな塩気で、肉の味わいを損ねてません。確かに店主自慢の味付けって感じがして・・・100円と言いたくもなるよなとは感じます。


 メンマは、小さいタイプだけど、コリコリとした歯ごたえでオレ好み。また、寂しいと思っての配慮だと思うけど、ワカメはそれなりです。これは店の愛情と受け止めるべき。







<こんなオレにも子供に与えるかのようにアイスクリームさ!^ - ^ >


 愛情と言えば「アイスクリーム」。なんと、土曜日は麺類注文したら無料サービスなんだってさ!。この日の店主は、アイスクリームを配る人。常連んとの会話の隙間に、ちょろっと近寄ってきてサーブしてくれた。思えば、アイスクリームなんて何年ぶりに一人・一人分を食ったことか。すっかり知覚過敏になってしまったので、全部食うまでに相当時間を要してしまった・・・。

(アイスクリーム)http://photozou.jp/photo/show/1985094/250933315





 総じまして、「ローカル色たっぷりの極上ワンコイン麺!」と言う、また何の捻りもない感想まとめでごめんちゃい。この店は良いです!。これでビールがあったら毎週通うかもしれません。もっとも地元民だったらの仮定ですので、あしからず。

 それと、実は餃子がうまそうです。非常に旨そうです。醤油らーめんだけ食ってる客って、実はオレだけだったりして、餃子とセット率が高い!。両隣の客の餃子に挟まれて、泣きそうになりました。餃子だけでももう一回来たいかも。

 しかし一方で、少し残念とういうか、仕方ないという話があります。10月から、麺類50円アップです。450円から500円になるだけですが、それでもワンコインですからすごいわー。こちらは、遠くてもまた来るでしょう・・・・。次回は、らーめん&餃子&アイスクリームのトリプル。そんな妄想を抱えつつ、そろそろまた遅い時間になりましたので、もう寝ますー。最後に感想を詠ってから・・・。



   和やかに
   週の出来事
   語らいて



   集いて食う
   家族ぐるみ哉



 お粗末!と言うことで家族にも感謝しながら合掌!!今日も本当にごちそうさまでした!!!

投稿(更新) | コメント (15) | このお店へのレビュー: 1件

「煮干そば 黒」@と多゛食堂の写真<長閑な山林丘陵地帯に・・・知る人ぞ知るホッとなラーメンスポット>


 休日に憂さ晴らしでロングドライブ。家族、はそれぞれ友達のお付き合いとかクラブ活動とやらで、私はラーメン活動に勤しみます。早起きしすぎてどこか遠くへ行きたいかなーっと、朝マックしながらターゲットを思いついたのが、「と多〝食堂」さん。飯能市なんて行ったことないし、そして朝11時開店てのが丁度距離と時間の感覚がよくて、そこに決定です。

(外観)http://photozou.jp/photo/show/1985094/250256914

 しかし、入間から北上すると埼玉らしい丘陵風景が広がります。のどかですし道が走りやすいー。そして店の近くに来ると一層のどかです。こんなところにラーメン屋があるのかと不安になってたら、いきなりノボリが見えて、そこに車やらバイクがうごめいている一角を見つけます。うわ!ラーメン好き野郎って本当にどこでも集まるのね(笑)、同類が居て逆にホッとして入店です。

(券売機)http://photozou.jp/photo/show/1985094/250256923

 これは田舎の食堂チックでとても良いねー。カウンター席もあるけど、テーブル席と座敷席がメイン。ご家族経営なのか、娘さんが手伝っているみたいで、接客がとても丁寧。とてもいい教育をなされているーっと関心しつつ、我が家とのギャップに心を痛めてしまいます。

(内観1)http://photozou.jp/photo/show/1985094/250256932
(内観2)http://photozou.jp/photo/show/1985094/250256942





<しっかりとした煮干の香ばしさ!淡いビター感覚!程よく腹持ち良い濃厚さ!>


 奥様から恭しく配膳された一杯がこちら。うう・・・東京の名店で食う煮干そばと遜色ございませんその風格。配膳の瞬間からふわっと煮干しの香ばしさが漂い、じっとりとしたエキスが食う前から伺えます。老眼で苦労しつつも近寄って見てみたら、煮干しの成分が揺らめいておりますよ!。たまらずレンゲで掬ってすすり食う!。

(麺顔全景)http://photozou.jp/photo/show/1985094/250256970

 うわ!しっかりとした煮干しの煮出し。それでいてエグ味は一切感じさせず、それは純度の高い香ばしさと頭脳にインプットされていきます。決して暴力的な煮干しではありません。濃厚な煮干を時には渇望するものですが、歳をとるとこの程度に濃厚さが一番しっくりと来ます。ビター味わいと甘みのバランスが良いと言うのでしょうか、ややビター感が優っているが甘みも忘れてない。そして今回は「黒」バージョンを選択しましたが、濃口醤油の塩気が苦味ととても品良くコラボしており、飲むほどに痛快感が駆け抜けてゆく・・・。こうなると「白」バージョンも試したくなるーー!

(スープアップ)http://photozou.jp/photo/show/1985094/250256978

 これってアニマルオフ!?なんですかねー。腹持ちの良さがあると言うか、食べ応えのしっかりあるエキス感。ベースストックには動物系のエキスがあるのでは?と思うほどです。しかし、泡立ちとかサラサラ感、そして表面のエキス浮き出しなどを拝見すると、まるで動物感が見受けられない。煮干しオンリーとしたならば、これはますます見事な一杯ですよ。三つ葉の風味とのマッチングも素晴らしい!。







<デフォルトでこの肩ロースレアチャーシューの奮発ぶりはすごい!>


 このレアチャーシューの奮発ぶりが気持ちよいねー。デフォルトで800円と言う設定は、東京並みだなと感じていたのですが、この肉のボリューム感があるのなら、お安く感じてしまいます。広げるとiPhone6S以上の面積ですし、それが2枚投入されとります。塩気が程よく効いていて、スープに着けるまでもなくそのまま頂くのが宜しかろうと!。脂身の差しが多めで解けやすい赤身肉質なので、口に入れると蕩けるようです。煮干の魚介感とコントラストを形成し、実に丼の中では落ち着いて感じます。これで肉増し追加としたならば。。。どんな肉祭り状態になるのか。次回はトライしてみたいかな!。

(チャーシュー)http://photozou.jp/photo/show/1985094/250256974





<滑らかな腰つきを残しつつグルテンの風合いをふわっと感じさせる!煮干相性バッチリ!>


 麺もまたナイス。微妙なオーバルを感じさせる切り口。本格煮干とくれば、加水低めのパツパツ麺をイメージしそうですが、程よく加水があってそれがまた滑らかさ、そして腰つきの良さを表現しています。グルテンの風味も忘れていないので、煮干エキスを受け止める素地はキープされています。前歯でちぎるとプツプツっとした微妙に淡い歯ごたえ。奥歯でプレスするとプチプチっと低反発の後でリズミカルに潰れます。そして麺の風合いをふわっと感じさせる。

(麺アップ)http://photozou.jp/photo/show/1985094/250256983

 表面は熟成が効いたようなきめ細やかさで、漆喰のごとくの滑らかさ。そこに煮干成分が貼りつくので最初は麩でも配合しているのかと錯覚してしまいます。非常に口当たりが良いため、ズボボボボボーーっと一気に食いきってしまった、今回も懲りもせず。おかげで配膳ごたった5分も経たずに退店してしまうのだが。もっと余韻を楽しみたいが自業自得。

(麺リフト)http://photozou.jp/photo/show/1985094/250256988





 総じまして、「これぞ質実!丁寧さとアットホームさ抜群の本格的煮干そば!」と言う感覚でして、ちょっと目うろこってな感じで感動しました。これはまた伺いたい!。煮干そばの「白」もいただきたいし、そして「牡蠣のまぜそば」や限定品などもとても気になるし、ここは相当飽きない店になるかも。ビールでいただきたいチャーシューも気になるし、それにも増して、ロケーションがちょっとサディステックでもあるし・・・・逆に帰り道の道中で悶々としてしまったかもです。久しぶりに遠出でいい店にぶつかったと言う充実感を抱え、気持ちよく眠れそうです。そろそろ明日に備えて最後に締めで詠ってとっとと寝ますー。




   静けさに
   ラヲタ集まり
   うごめいて



   丘を越えても
   煮干食いたし



 お粗末!と言うことで家族にも感謝しながら合掌!!今日も本当にごちそうさまでした!!!

投稿 | コメント (8) | このお店へのレビュー: 2件