なんとかデータベースラーメンカレーチャーハンぎょうざうどんそば
 

ザ・0・MEN

男性 - 千葉県 (1985年生まれ)

ほどよくラーメンライフ゜゜゜-y( ̄Д ̄)。oO○

平均点 71.360点
最終レビュー日 2019年10月18日
1,186 959 0 228
レビュー 店舗 スキ いいね

「夏菜~冷辛中華~」@蒙古タンメン中本 横浜店の写真なんと中本で冷やし中華を発見。
いよいよ猛暑突入でかなり暑くなってきたので頼んでみました。

赤と黄色の鮮やかな色は玉子とトマトではなくパプリカでした。
あとはきゅうりやもやしと辛そうな肉味噌。
クーポンで玉子もつけました。

麺は通常のと変わらなそうでしっかり〆られた麺。
タレですが思ったよりも口当たりが爽やかな酸味の効いたもの。
良くも悪くも中本っぽくはなく冷やし中華寄り。
たださすが中本、あとからジワジワと辛さが効いてくる。

スープも爽やかに辛いが肉味噌の方もしっかり辛みが効いていた。
中本の旨辛を求めるならこれじゃない気もするが、
ちゃんと辛いしシャキシャキ野菜でさっぱり食べられるので夏にピッタリ。

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件

「冷やしまぜそば」@用心棒 市ヶ谷飯田橋の写真本日オープンのこちら。
オープンから手間のかかる冷やしをやるのは凄い。
ただこの暑さで冷やしのオーダーが多く回転はかなりゆっくりに。

食券にペンで好みを自ら記入する新しいスタイル。
既存店とは異なり脂の種類を選べ辛たまはない。

辛い物が好きなので辛脂を選択。
提供時にニンニクとショウガだけ聞かれ両方に。
辛脂は別皿で提供され
辛く味付けした背脂ということだったが固形ではなく液体でした。

麺は固めの極太麺で冷やしてあるのでボキボキ食感。

特製のガリマヨと甘みのあるタレが絡んでジャンク感があり旨い。

もやしや水菜などの野菜は冷えていてシャキシャキでいい感じ。
チャーシューは少なめでちょっと味が濃かった。

後半は別皿の辛脂を投入し味変。
辛さはそこまでではないがさらにコッテリになり好みな感じに。

やっぱりここの冷やしはかなりジャンク感があって好き。
ただオープン直後の影響もあるのか
他の店舗では皿までキンキンだった温度が全てにおいて冷やしが甘かった気がした。

投稿(更新) | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件

「鳥豚油そば」@油そば専門店 春日亭 渋谷センター街店の写真渋谷で2店舗目の春日亭。
センター街のど真ん中という超好立地にありながら
なぜか1年以上レビューがない不思議なお店。

そんな訳で初レビューも兼ねて行ってみました。
春日亭自体が久々ですがイメージよりも値段が上がってましたね。

以前もう一軒の方で食べて旨かった鳥豚をお願いしました。

やっぱりここの鳥豚は動物系の脂がかなり効いててこってりで旨い。
一般的に言う油そばというよりは○郎系の汁なしに近い様な感じ。

こってりのタレと相性良い太麺は太すぎず万人受けしそう。

味変はラー油や酢の定番調味料でもいいですが、
個人的には唐辛子ペーストとマヨネーズの組み合わせが抜群に良かった。

やはりこのお店はこちらの方がお勧め。

投稿(更新) | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件
70

「魚火麺」@僕との麺の写真前々から行きたかったお店にとうとういけました。
そして気になっていた魚火麺。

辛さは30倍まで増せますが、
事前情報でドロドロでスープ感がなくなっているのを見たので控えめに10倍で。

生卵がサービスでつきます。

真っ赤なスープは動物全開でかなり粘度があります。
肝心の辛さは10倍ではそんなに辛くなかったです。
このての辛さは多分30倍でもそこまでではないと思います。
あとよくよく見たら赤い粉がかかってなかったのでかけ忘れたのかも?
ただこれの影響はあまりないでしょう。
辛さはいまいちでしたがこってり濃厚なスープはニンニクとの相性もよく旨い。

麺はプリプリな太麺。
個人的にはもう少し粉っぽい方が好みですがこれはこれで旨い。

大判チャーシューは豪華だかやや固め。

後半は辛系と相性のいい生卵にくぐらせそれなりに満足できた。

投稿(更新) | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件

「辛油そば」@兎に角 柏高島屋ステーションモール店の写真前はよく松戸の本店に通っていたが
こちらができたみたいなので久々に来てみました。

松戸にはなかった辛油そばをチョイス。
値段はノーマルより20円高いです。

今日はお腹が空いていたので大盛プラスチャーシューで。
具はノーマルの鰹節が高菜になり辛玉かついた感じ。

まずはノーマルを楽しみながら徐々に色々崩していくと変化が楽しめていい。
タレは松戸同様驚きはないシンプルなもの。

で、やっぱり麺がモチモチしていて旨い。
ただボイルの方法や時間の問題なのか松戸で食べた時ほどの良さは感じなかった。

大判のレアチャーシューも想像よりやや小さめ。
味は悪くないがやや噛み切りづらい。
ほぐれチャーシューの方はたれにも絡み旨い。

後半辛みが強くなっていくにつれ好みの方向に。
高菜もいいアクセント。

そしてやっぱりここの最大のピークは濃厚なスープ割り。
徐々に満足度が上がって行って最後に満足になる流石な一杯でした。

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 2件

「辛つけ麺」@めん屋桔梗 銀座店の写真元祖塩つけ麺の店という看板だったので、
本来そこにいくべきだと思うが辛系が同料金だったので邪道ですが辛つけで。

辛さも選べたのでMAXの3辛でお願いしました。

スープはあっさりサラサラタイプ。
中には具がいっぱい埋まっています。
MAXの辛さでしたが辛さはそこまでではなく辛党にはやや物足りないかも。
それよりも目立つのが非常に強い酸味。
この酸味が甘みで突っ走る類似の他店と一線を画しています。
ただこの独特な酸味は好き嫌いが別れると思います。
個人的にはオリジナリティがあって好き。

麺は表記に偽りなしの十分すぎる麺量です。
やや加水高めのプリプリの太麺。
もう少し粉っぽいタイプの方が好みだがあっさりサラサラタイプとの相性はいいです。

スープの中の玉子はまるまる一個。
中はトロトロで旨くて満足感あり。
チャーシューはスライスが数枚入っていて正確にはわからないが3枚くらいはあった感じ。
こちらも同じくトロトロで大満足。
海苔は麺側にデフォルトで4枚。
その他玉ねぎやらとにかく具だくさん。

銀座という立地や昨今の物価、特盛や辛系が同額でこの価格なら十分納得。

投稿(更新) | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件

「油そば」@らーめん つけ麺 春樹 王子店の写真なんだかんだでメニューが豊富なので楽しめてます。
ライスバー、漬物、ドリンクがついては690円は優秀。
さらに油そばにはスープまでついてます。

具はチャーシュー、メンマ、水菜、海苔とシンプルです。
結構チャーシューが多いのが嬉しい。

初めからタレが麺に絡められているのでムラなく美味しく食べられます。
タレはベースは醤油風ですが甘さと少し独特な辛みがあり旨いです。

麺はやや固めの茹で加減で太さもありモチモチでいい感じです。
麺量はそこまで多くないですがライスバーと漬物でカバー。

スープはもう少し動物系の効いたものだったらよかったのですが、
しょっぱめな超シンプルな醤油スープ。
割りスープには合わなそうなので止めておきました。

油そばは驚きはないがシンプルに旨いし、
多めのチャーシューがライスとの相性も良くお腹いっぱいになり満足。

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 7件

「まぜそばフュージョン」@火の豚 人形町駅前店の写真以前、火の豚 南越谷駅前店でフュージョンを食べたことがあったのと
あちらより価格が安かったのでまぜそばに挑戦してみました。

元々二郎×蒙古ではあるがさらに何かがプラスされた見ため。
特に赤い揚げ玉はあれですよね。
それ以外にもフライドオニオン、ノリ、鰹節など諸々乗ってます。
ニンニクとショウガは無料トッピング。

まずこの店やはり麺が旨い。
ピロピロでありながらワシワシ感もあり食べ応えがある。
フュージョン同様単体ではイマイチな感じだが
しっかり混ぜる何ともいい感じに落ち着く。

粘度強めの餡とこってりなタレが混ざり濃厚で辛みの効いた味わいに。
さらに辛い揚玉が双方を底上げする感じ。
ニンニクはやはりあった方がいい。

大きめの豚は旨いのだが、
スープに浸けられない分やや硬めで食べづらい。

色んなものを掛け合わせた一杯だが概ねいい感じだと思う。

ただ汁ありは一体感を感じたが
こちらはやや個々の個性が強すぎて最終的にまとまりにかけるという印象を受けた。

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件

「混ぜそば」@混ぜそば みなみの写真看板は台湾まぜそばぽかったがとりあえずノーマルな混ぜそばを。
600円で大盛り同額とリーズナブルです。
小さなキッチンでオンオペの為、回転は良くありません。

タレはこれぞというシンプルな醤油ベースのものだが、
店内のうんちく通り麺とチャーシューはこだわりを感じる。

麺は小麦にこだわったらしくかなりモチモチな弾力。
好みより細めだがこれはこれで面白い。

チャーシューは低温調理のもの。
こだわりは感じるがやや臭みが残っている。

デフォではこだわりは感じるものの好みとはややズレた感じだったが、
卓上の調味料が凄くプラスになった。

まずマヨネーズベースの特製ソースが超旨い。
マヨのマイルドさといい感じの辛みが効いていて出汁の影響かよく麺に絡む。
さらにこれにペースト状の唐辛子がまた相性抜群。

最終的には凄く好みのまぜそばになっていた。
カスタムまで考えれば満足。

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件

「カラシビ麺(汁なし)」@らーめん つけ麺 春樹 王子店の写真前回食べたカラシビ麺の汁なしバージョンがあったのでそちらを食べてきました。
汁なしは辛さや痺れの調整は出来ないのでデフォルトで。

汁あり同様まずパクチーのインパクトが強い。
さらに大きめのナッツと何故かザーサイと見ためはやや不思議な感じ。

汁なしではありますが濃いめのスープが下に溜まっていて混ぜて食べる。
ゴマのマイルドさの中に花椒の痺れとパクチーやザーサイの独特な感じが広がる。
このスープの個性的な感じは嫌いではない。
大きめナッツの食感も面白い。

麺はモチモチのタイプで汁なしとの相性はいい。

ここはチェーン独特の薄っぺらさはあるが
それでもごはんやドリンクのサービスも含めると納得できるレベル。

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 7件