なんとかデータベースラーメンカレーチャーハンぎょうざうどんそば
 

ザ・0・MEN

男性 - 千葉県 (1985年生まれ)

ほどよくラーメンライフ゜゜゜-y( ̄Д ̄)。oO○

平均点 71.334点
最終レビュー日 2019年8月23日
1,174 948 0 222
レビュー 店舗 スキ いいね

「“肉々”の醤油香る肉そば」@炙り家 日本坂PA店の写真お昼休憩に寄った日本坂PAのラーメン屋さんです。
本来、店名からしてチャーシューのあるメニューにいくべきだが、
どうしてもお肉のビジュアルが気になり表題をチョイス。

思ったより肉の山は低めだったが見た目よりちゃんと量はありました。

スープは背脂の浮いたスッキリした醤油スープ。
あっさりな口当たりなんだけど背脂の甘さとか大量の豚バラの旨みとかが出ていて旨い。
このスープは失礼にも予想外な旨さ。

麺も思ったよりもちゃんとしていて細麺だがしっかり食感の残るもの。
PAにありがちな加水高めの苦手な麺ではなくて嬉しい。

スープ、麺が旨いので玉ねぎやネギなどのシンプルな脇役もいい味を出していた。

投稿(更新) | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件

「ユーリンチーらーめん」@横浜中華 ハングリーパンダ アリオ鷲宮店の写真フードコートの中の何でもありの中華屋さん。
正直こういう所でラーメンはほとんど食べませんが
何とも魅力的なメニューに惹かれて頼んでみました。

油淋鶏がデカデカと乗ったラーメン。
これが税別で550円。
さらにこの店大盛無料とかなりお得。

インパクト抜群のメニューでしたが味はさすがに価格なりな感じでした。
特にラーメンは本当にシンプルなプールサイドで出そうな醤油ラーメン。
そこにサクサクの油淋鶏。
こちらは食感もサイズも悪くなく、味もわりといい感じ。

後半はお店備え付けの辛味を入れると香辛料が効いてグッと本場の中華っぽい感じになった。
これは入れた方が断然いいと思う。
結果、価格を考えれば十分満足できました。

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件

「トーフラーメン」@レストラン大手門の写真ご当地グルメで知られる豆腐ラーメンの元祖のお店です。
考案者の独立店のトーフラーメン幸楊では一度食べたことがありますがこちらは初。

趣のある老朽化した外観に究極の癒し系ラーメンというのぼり。
中は社員食堂とか市営の食堂のようなローカル感のある店内です。

600円と安い価格だったので120円プラスの大盛りで注文したら思った位以上に大盛り。

スープはあっさりの醤油味に甘みのあるとろみの強い挽肉と豆腐の餡。
辛さもなくヘルシーな感じ。
豆腐の量がかなり多く感じます。

麺は昔ながらの中細麺で柔らかいやつ。
スープとの相性はいいと思います。

全体的に以前食べたトーフラーメン幸楊と似たような印象ですが、
向こうの方が今っぽい印象。

とはいえ、味も雰囲気も時代に媚びない感じでこれはこれでいいと思います。

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件
70

「らぁめん M」@めん◯の写真普段ラーメンは連食などしないが、
320円というあまりの安さに惹かれて食べ歩きついでに入っちゃいました。

さすが立地柄Mサイズという外国人にも分かりやすい表記。

立ち食いスタイルで提供までが早い。
お客も入れ代わり立ち代わりでまさに立ち食いそばのラーメン版。

やや柔らかめの細麺にシンプルなあっさり醤油味。
想像できる一番シンプルな醤油ラーメン。

この値段でちゃんとチャーシューも入ってます。
あとは海苔とメンマともやしときざみネギ。

当たり前だが味はもちろんそれなり。
ただこのご時世にこの立地でこの価格ということだけでも凄いと思う。

投稿(更新) | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件

「白だしラーメン」@キング製麺の写真有名店の系列店ができたようなので行列になる前に寄ってみました。

まだまだ全品提供ではない様でラーメンは白だしと山椒の2種類から選択。
最初なので定番っぽい方の白だしで。
並と中盛から選べたので中盛でお願いしました。

見た目はシンプルで綺麗に透き通ったスープの上に油の膜が張ったもの。
見た目通りあっさりな口当たりながら独特な旨みが効いています。
このなんとも言えない旨みがシンプルなスープを格段に引き上げていて旨い。

麺は平打ちの細麺でやや柔らかい茹で加減。
表現が難しいがややうどんライクにも感じた。
スープとの相性はいいと思うが個人的にはもう少しコシがある方が好き。

具のレアタイプのチャーシューが2枚と青菜。
この2つは食べると味が強いのでスープの独特な旨みが少しぼやけてしまった。

全体的にはさすが評判通りこだわりの上品な味。
あとは価格を含めた好みの問題の様な気がします。

投稿(更新) | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件

「喜多方ラーメン」@喜多方ラーメン 小法師 五反田駅前店の写真何の気なしに肉のビジュアルが気になり入店。
テーブルに無料登録でもらえるクーポンの案内が。
注文後でも使えるのでクーポン価格で480円になりました。

坂内グループは初ですが、久々の喜多方ラーメンは安定の旨さでした。

あっさりながらもしっかり動物の風味も効いた昔ながらの感じ。
柔らかチャーシューはホロホロでかなり満足度が高いもの。
このチャーシューがあっさりスープに旨みが溶けだし、
相性抜群でまさにこの肉を食べる為に考えられたスープだとさえ思わされる。

麺はこれぞ喜多方というピロピロなウエーブがかったもの。
久々に食べましたがこれはこれでいいですね。

流行の凝ったラーメンももちろん旨いですが
たまにはこういう懐かしいラーメンも悪くないと思わせてくれました。

安定の喜多方ラーメンに旨いチャーシュー5枚入り、さらにサービスライスつき。
これで480円なら大満足です。

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件

「(太)背脂醤油」@らーめん みずさわ 東川口店の写真いよいよ大本命の極太麺の背脂醤油を食べてきました。
以前食べた背脂醤油のスープが旨かったのと
全粒粉仕様の極太麺の謳い文句が気になってました。

大盛にしたからかどデカイ丼で提供。
見ためは普通のものよりも背脂が多いように感じます。

そして予想以上に旨い極太麺でした。
〇郎系で見られるワシワシ食べる感じの麺。
噛み応えがあり粉も感じられ大好きな奴です。

そしてこの極太麺に背脂たっぷりのこってり醤油が何ともあいます。
背脂の量といい岩のりといいやっぱり燕三条系をイメージさせますが、
ウリである生姜がいい方向にでていてオリジナルで旨いと思う。

旨いチャーシューもたっぷり入っていてやや割高だがそれ以上の満足感があった。

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 4件

「醤油らーめん」@なべとんの写真反対側同様お洒落な雰囲気のフードコート内の一店舗です。
そしてこちらも同様に選択肢が少ないテナントの一つ。
一応、しっかりとラーメン屋の屋号もありどこかのチェーンなのかも。

なんとなくこういう時は一番当たり外れの少なそうな醤油を選んでみる。

想像通りのパーキング食べられる醤油らーめん。
特に屋号等がないサービスエリアのラーメンでもこんな感じだと思う。

スープはまあシンプルな醤油味。
もちろん驚きはないが逆に凄く不満でもない。

麺は意外な事にありがちな中華麺ではあったがこの形態を意識してか少し硬めの茹で加減。
これはTHEパーキングラーメンを少し印象を良くした。

やや寂しめの具材も大外れはなし。

値段もご当地価格ではなくそれなりに抑えられていたので不満もない。

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件

「(黒)鶏清湯醤油ラーメン」@立呑みラーメンバル ZAGINZAの写真前回鶏白豚の白が旨かったので今回はあっさりの黒を食べに来ました。
スープ以外の見ためはほぼ同じです。

透き通ったスープにはあっさりの中にもしっかり鶏の旨みが凝縮していてこちらも旨い。
そしてあっさりだからこそレアチャーシューなどの素材が際立つ。

この店のウリでもあるブラックペッパーに関してはこちらの方が相性がいいように思う。

麺も同様のモチモチな太麺で噛み応えもある。
これが意外な事にこのあっさりスープと相性がいい。

どちらが好きかと言われればこってり好きなので白を選んでしまうが
こちらも十分満足できる感じでした。

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 2件

「背脂醤油らーめん」@らーめん みずさわ 東川口店の写真二回目の訪問なので前回とは違ったメニューにしてみました。

背脂醤油ということですが、なんとなく豚骨醤油みたいなものと思っていたが、
さすが長岡生姜醤油のおみせだけあって随分と生姜と醤油が効いています。
看板の生姜醤油らーめんに背脂をプラスしたような感じです。
結構背脂が浮いているのですが生姜のおかげで随分さっぱり食べられます。

海苔は通常のものとは違い岩のりなので
なんとなく見ための雰囲気は同郷の燕三条系にも似ている感じも。

麺は同じ中太麺でもやや太めなのでスープとも相性がいいです。
20円高い極太というのもあったのでそちらはもっと相性がいいかも。

比較論だと看板メニューの方が個性は際立っていますが
味だけで言えば生姜の風味も含めるとこちらのラーメンの方が個人的には好みかもしれません。

次回は極太麺をいってみたいです。

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 4件