なんとかデータベースラーメンカレーチャーハンぎょうざうどんそば
 

ザ・0・MEN

男性 - 千葉県 (1985年生まれ)

ほどよくラーメンライフ゜゜゜-y( ̄Д ̄)。oO○

平均点 71.334点
最終レビュー日 2019年8月23日
1,174 948 0 222
レビュー 店舗 スキ いいね

「鶏白湯ラーメン」@豚玉つけめん Gocchanの写真ランチタイムにライスサービスになり新メニューも出たらしいので再訪。
こちらも大盛無料と嬉しいサービス。

ややざらつきを感じるトロミのある濃厚スープ。
つけめんとは対照的に非常に優しい味わい。
鶏の旨みが前面に出ていて旨い。

麺はややちぢれのある昔ながらな感じの細麺。
水分多めで個人的にはもう少し粉っぽい感じのパツパツタイプの方が好き。
ただスープがよく絡むのでこれはこれでありなのかもしれない。

チャーシューは柔らかくて非常に旨い。

この値段でこれが2枚入っているのは嬉しい。

値段・サービスは申し分ない。
麺がやや好みとは違ったがそれでも十分満足できる一杯でした。

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 2件

「(白)鶏白豚醤油ラーメン」@立呑みラーメンバル ZAGINZAの写真駅からやや離れた人通りの少ない所にポツンとありました。
立ち飲みバーの昼営業?ラーメンバルらしいです。
こじんまりとした薄暗い店内はさすがバーと言った感じ。
人当たりの良さそうなマスターがお客さんと談笑しながら楽しそう。

ブラックペッパー好きが作る白黒2種類の醤油ラーメンだそう。

こってり濃厚っぽい鶏白豚ラーメンの白を選択。
鶏白湯ではなく鶏と豚のダブルスープだそうです。
その名の通り鶏の甘さが際立つクリーミィなダブルスープ。
適度な濃厚さで飲みやすくて旨い。

麺は意外にも結構太めでしっかり噛み応えがあるもの。
太麺好きにはありがたいしこの組み合わせは個人的に好き。

レア系のチャーシューも存在感がありいい感じ。

オニオンスライスなども入り個性的な部分もスープとの相性がいい。

これで650円は優秀だと思います。
予想外に本格的で旨いラーメンでした。
次回はあっさりをいってみたい。

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 2件

「つけめん」@豚玉つけめん Gocchanの写真新店情報を聞きつけ早速行ってみました。
赤羽岩淵駅からは直結と言っても過言ではないくらい近い。

入ってみるとメニュー構成や雰囲気がどこか梶原駅近くの店に似てる気が…。
実際に関係があるのかは確認してません。

本来は店名の豚玉をいこうと思ったのだが
最初なのでベーシックなつけ麺を同額の大盛りで。

なんとなくその似た店のイメージだと思っていたら大きく違った。

特にスープは方向性は同じだが明らかにしょっぱい。
体が心配になるレベルでしょっぱい。
なので麺はスープにチョコチョコつけ食べ進めた。

麺自体は太さや茹で加減含めて悪くない。
大盛りはしっかり十分な麺量。

具達は全部例のスープに埋まっている為しょっぱくて味がわからない。

駅近で量も多く期待していたが残念ながらこのスープはちょっときつい。
ベースは悪くないのでちょっと時間を置いたら豚玉狙いに再度いこうかと思う。

投稿(更新) | コメント (0) | このお店へのレビュー: 2件

「鶏と蛤の濃厚つけ麺」@むぎとオリーブ さいたま新都心店の写真イベントのついでに寄ってみました。
銀座の有名店の支店ですね。

暑かったのでつけ麺をチョイス。
税別表記なので950円がデフォルトの値段です。
大盛同額としてもやや高め設定。

値段相応の豪華なみためで
麺の上にレア系チャーシュー、蛤、パプリカや山芋など珍しいのまで。

スープの方は鶏白湯のこってりシンプルなもの。
麺や具材をくぐらせて食べていく感じ。

鶏白湯としては特別驚きはないが悪くもない。
ただ蛤の方が弱い感じと言うかメニュー名になるほどのインパクトは感じられない。

具としての蛤も相性も味も今一つ。

麺は太麺でこちらは旨い。

味としてはみためほどのインパクトはないが悪くはない。
ただ値段を考えるともう少しな気もした。

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件

「濃厚塩かけ」@鶏だし中華そば かね壱 KANEICHIの写真一番ベーシックなラーメンが480円という価格に惹かれ入店。
100円高い濃厚の方をチョイスしました。

かけというだけあってスープと麺だけのシンプルなもの。
さすがにちょっと寂しい見た目ではあります。

余計なものがないのでスープの旨さが直接感じられる。
濃厚ではありますがくどすぎず飲みやすいタイプです。

自家製麺らしい麺はコシの残る細麺。
固めで頼んで正解。
やや加水高めで個人的にはもう少し粉っぽい方が好き。

具がないのでそこまで安いという印象はないが
それでも十分満足のいく一杯でした。

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件

「ラーメン 塩」@自家製麺ラーメンKの写真鶏白湯をベースに塩、醤油、チリトマトの3種類。
とりあえず一番ベーシックっぽい塩をチョイスしてみました。

店の外に大きく鶏白湯とあったので今流行の超濃厚なものを想像していただが、
それよりはいくらか上品でサラリとしたものだった。
これがくどくなくすっきりしていて旨い。

注文を受けてから製麺機で麺を切り出しています。
これは非常に期待が高まる。
やや平ための細麺で切りたての為かプツプツと非常に食感がいい。
そしてスープとの相性もいい。
個人的にはもう少し粉が強い方が好みだがバランスなのかな。

2種類の厚切りチャーシューは満足感があり、
豚はホロホロ、鶏はややパサめで食感の違いを楽しめた。

その他メンマや水菜も上品仕様。

一つ一つ取ると好みとはズレる所もあったが、
バランスが良く一杯のラーメンとしては完成度が高いと思う。

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件
80

「らーめん」@麺屋ぬかじの写真どこか昔ながら感のある上品なWスープでした。
鶏っぽさ全開の優しい動物系のスープにしっかりと魚介が効いていた。
なめらかでトロミがあり絶妙に旨い。

そして麺も細いながらパツパツな感じで非常に相性が良かった。

ありがちだからこそ丁寧な仕事ぶりが感じられる満足な一杯。

チャーシューや穂先メンマ等具も絶妙。

値段の割に量がやや物足りなさがあるが
卵かけごはんのサービスがありトータルで楽しめたお店でした。

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件

「辛つけめん」@つけめん ふく家の写真2016年終了直前、現在一番大好きなこのお店。

味・接客・値段・量+無化調まさに全てにおいて納得のつけめん。

たまにはと50円高い辛いのを食べてみました。
やはり700円台になるとちょっとパンチが弱く感じます。
人間の心理とは不思議なもの。

とはいえやっぱりここ好き。

基本は鶏白湯の美味しいつけめんに辛味。
辛味は3段階の一番上にしましたが口当たり自体はピリ辛程度。
ただジワジワと後から効いてくる感じで後半は結構辛く感じました。

量は相変わらずなのに辛味が入ったことで
若干粘度が増したためか最後はスープが怪しくなる嬉しい悲鳴。

ここの場合スープが少ないんじゃなくて量が本当に多い。

つけめんと比較するとインパクトは足りないがそれでも十分美味しい一杯でした。

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 2件

「つけめん」@つけめん ふく家の写真衝撃

コスパの良さそうな店だとは思っていたが…

味・接客・値段・量 +無化調

まさに全てにおいて納得の一杯

どうやら売りは無化調であるらしくさらに
豚骨、アルコールは使ってないらしい。

鶏と魚介でこれ?凄い。

最初の一口はやや酸味が強く感じるが
食べ進めていくうちに濃厚さが癖になる。
やや粘度はあるがそこまでしつこくはない。

表現が妥当かわかりませんが某焼石で有名な所の鶏×魚介に近い。

麺は太麺でやや固め。
このスープには丁度いい太さだと思います。
無料の大盛りは400gらしいが本当に大盛りで腹一杯。

でこれが650円なんです!!
この時代に…。

さらに暑い夏に冷たいおしぼりまで…。

味はもちろん旨いがもっと好みな所はありますが、
トータルで考えると最高なお店だと思います。

投稿(更新) | コメント (0) | このお店へのレビュー: 2件

「熟成練り醤油らーめん」@『   』(無銘)の写真ここでの好評価の割に昼ドンズバでも意外にも空席多数でした。
店名もないらしいし外観も一見ではわかりづらいし、
あまり商売っ気はないのかもしれません。

一番スタンダードっぽい醤油ラーメンを注文。
700円で大盛り同額なのは優秀です。

茹でたキャベツやら味付きのネギやら真ん中には味噌風にものやら
見た目は面白そうです。

スープを一口飲むと粘度の高い鶏白湯で旨い。

意外な事に想像とは違い麺は固めのやや太めの平たいタイプ。
これは珍しい組み合わせですが個人的には好きです。

チャーシューはホロホロの柔らかく大きいもの。
これはかなり旨い。

味噌だと思っていたやつは
これがどうやら醤油のペーストらしく魚介風味がかなり強い。

そしてこれを徐々に溶かしてきて食べると変化が楽しめる。
やや辛味のあるネギも含めて一杯でいろんな変化が楽しめました。
個人的には濃いもん好きなので全てまぜた感じが一番好きですが、
最初からこれだと重いかもしれないのでさすが考えられてますね。

接客も気持ちよく値段も含めて評価が高いのも頷けました。

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件