なんとかデータベースラーメンカレーチャーハンぎょうざうどんそば
 

埼玉県

・以前のRDBの採点基準に準じます。つまり、60点=普通です。文句があっても、いい所もあった、そういう差し引きはありますが。・大体の物はおいしく頂きます。ごちそうになった立場だという点で、そうそう文句を吐ける人間ではないです・大食いでは無い・つけ麺は、わからない。冷めて薄まるので。・調理・材料は大して知らん・チェーン店も好き

平均点 76.934点
最終レビュー日 2018年9月29日
1,905 1,651 0 1,169
レビュー 店舗 スキ いいね
89

「陽気ラーメン」@陽気軒の写真普通の中年男の食欲の私は「陽気」だけで十分。

金曜日11時訪問。開店に合わせ続々と客が集まります。
炙りチャーシュー、そして餃子を頼むべきか、迷いどころでしたが、先レビューの陽気ラーメンの肉が炙りチャーシューの物と同等と見て取りました。で、餃子は何しろ頼まなきゃ、食べられない訳で。
という訳で、陽気ラーメン600円に餃子3個のBセット250円を注文。他客の炒め物や予約?餃子などが先に供され、ラーメンが出てくる迄15分程。

醤油が良い香り。味わいも醤油がかなり強いです。みりんとか生姜とか色々効いている感じがしますが
、それらも醤油の風味を強調する方向に作用しているような。
チャーシューはホロホロ寸前の柔らかさのバラ。1cm以上の厚みの物が1塊。ボリュームはこれだけでもかなりあります。味は、こちらも醤油が濃く染みています。
玉子はバッチリ醤油と熱の通ったまるごと1個。
麺は黄色い、捻れた太麺。ブリンブリンの弾力ある硬め。
その他、ネギメンマ。

しょっぱすぎ、という向きはあろうかと思いますが、私的にはハマりました。
それにしても先レビューによる検討が功を奏しました。過食の苦痛を避けることができました。
普通の食欲なら陽気ラーメンでこの店の良さを感じ取れると思います。炙りチャーシューは量を食べられないと人だと厳しいでしょう。あの肉が、何塊も。想像すると、味は好きだけど、量的に恐ろしい。

【蛇足ながら、餃子について】
3個餃子はラーメン着から+5分位で提供されました。写真は先レビューを見てください。
巨大です。ご飯茶碗に換算したらてんこ盛り1杯くらいかな。ラーメンを食べてからでは、腹容量的な問題を生じる量です。
その大きさに似合わぬ皮厚の為、自重で破れたり、接着面が剥がれたり、とても食べにくいです。
具は微塵切りの野菜メインで香りや味に感じ入る所は個人的に無し。味の強いラーメンの後だからそう感じたのかも知れません。
食わずとも見れば良し、なネタ的存在と感じました。
食べたからこそ言えるのかも知れませんが。

投稿(更新) | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件

「濃厚煮干しらーめん」@中華蕎麦 あお木の写真木曜日13時半、即着席に難無し。この日は濃厚煮干しらーめん(800円)のみの提供とのこと。食券を購入…店内、きれいですね。新しいってこともあるでしょうが…提供まで5分位。

あくまでも出汁として強く出た煮干し。生臭い感じは無し。ほんの僅かにビター感。塩分が強く感じられるのも、醤油よりは煮干し由来か。
海苔は磯の風味を足すのに効果大。
チャーシューは2~3mm厚で肉感的。
麺はやや細の全粒粉麺?硬めの食感。
啜る呼気に感じる煮干しがいいです。

見た目からは測れない煮干しの濃さです。私にはそれが魚の旨さよりも、塩分の強さに感じられました。

投稿(更新) | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件

「わんたんそば 醤油」@支那そば なかじまの写真木曜日11時半前訪問。店内に着席待ち14人位の先客。待ち席が10脚程あります。
何を頼もうか。支那そばにしようかと考えていましたが、多くの先客がわんたんにしているようで方針変更。焼豚は値段で却下。待ち席で注文を問われ、わんたんそば900円を醤油で注文。
客席着まで20分位、品が供されるまで5分程。

スープは和な出汁の効いた穏やかな醤油。昔ながら、な味わいと感じます。
ワンタンは餡大きめで食べ応えがあります。生姜でしょうか香りもいい。皮もツルリ滑らか。
チャーシュー紅刺す、肉感良し、良い味が染みている、ロースかな?
麺は太さ普通、ストレートではないが曲線を描くでもない、全粒粉麺?固さは普通です。
その他、海苔、ネギ。

ワンタンは成功でした。値段はともかく焼豚もアリだったかな。
何かが際立つことはないが、穏やかに旨い一杯でした。

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件

「(竹)中華そば 醤油」@自家製麺 くろ松の写真水曜日12時過ぎ、外待ち1。店内には10人以上が着席待ちのようで。
出直して13時半前、空席4程で即着席。竹中華そばを750円を醤油で注文。提供まで5分位。

きれいな盛り。
スープは濃い醤油色に大きく黄色いアブラが浮く。味わいは醤油芳しく魚が効いた旨いスープ。
チャーシューはレア。クセ無し。
麺は折り畳まれた細麺ストレート。舌触りはツルリとしていて、噛むと小麦感とコシがある麺。
その他、メンマ、カイワレ。

麺が個性的な、美味しい一杯でした。

投稿(更新) | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件
88

「担担麺」@高崎はた山の写真水曜日11時、担担麺800円を注文。提供まで7分位。

白い。
スープを一口。ミルキーに感じます。レンゲですくうその見た目に粘性はないです。
味わいは旨さと辛さが主張。胡麻は極々遠くに、かな。辛さは見た目から想像するより鋭い、と感じました。辛さ耐性普通の人なら問題なく食べられるとは思いますが。
酸味や痺れは感じず。
麺は細麺ストレート。白く表面が透き通るような見た目で固さは普通。
細かい微塵切りネギ香る。
ひき肉は麺と絡めればあまり散らないです。なので普通のレンゲで救出が十分可能でした。

分かりやすく美味しい、でも奥深さも感じる。いい担担麵を頂きました。

投稿(更新) | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件

「辛麺 中辛 レギュラー」@辛麺屋桝元 前橋県庁南店の写真耐性普通の方なら大辛でも

月曜日12時半先客10以上だが広いので余裕。中辛レギュラー800円を注文。提供まで5分位。

真っ赤で恐ろしいです。本当に中辛なのでしょうか?
恐る恐るスープをすすってみますが、まあ辛いけど、汗を吹く程ではないです。ちなみにこの日の最高気温は25度位でした。
ニンニクやニラが存分に効いているが少しコク不足を感じます。
玉子は割とダマというか、大きめの塊です。ひき肉は全体に散っています。
こんにゃく麺は韓国冷麺的見た目、食感。つまりこんにゃくのようなグレーで、コシが強いというか咬みきりにくい感じ。先レビューの言を借りますが、延びにくいのがメリットかと。

個人的にはもう一段辛さを上げられました。
折角辛い店なので、再トライしたくなります。

投稿(更新) | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件
84

「ラーメン」@玄武門の写真月曜日11時、先客1。メニューをサラッと眺めると、替玉は無いとのこと。
なので大盛900円とかW麺950円とかあるのか。掟破りの太麺850円とかも面白そうですが、ラーメン750円を注文。提供まで5分位。

配膳されるなり、漂うクサ。
スープは油層有り、口内は一口でマッタリ。旨味成分強めの豚骨スープです。
チャーシューはバラ2枚、薄いけど形を保つプルプル系。
麺は細麺ストレート、ややカタ、カンスイ臭あり。
その他、キクラゲネギ海苔。

旨味の強さは意外でしたが、濃さや麺の特徴は確かに久留米、かな。少なくとも長浜な感じはしません。

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件
76

「らぁめん 醤油」@らぁめん家 有坂の写真伊藤的な

水曜日12時半、入店するなり煮干しの香り。店内は硬質・無機質なバー的雰囲気。店員さんはお一人のようです。
席数は少ないですが即着席。らぁめん 醤油780円を注文。提供まで5分位。

写真では、海苔で凄く印象が違いますが、伊藤的な一杯に見えます。スープが少なく麺が水面から露出している辺りが。
そのスープは・・・入店時の印象より衝撃はないですが・・・煮干しで醤油。塩気をやや強く感じます。
卓上に唐辛子があり、もっと味を立たせることもできます。
チャーシューは小さい豚バラが4~5枚位。
麺は太さ普通のストレート。噛みきれない感じが一瞬するというかアルデンテというかモグモグ系。
その他、ネギ、海苔。

少し塩分しょっぱ目でした。
それはそうと、この手(伊藤的な煮干)はマニア向けな気がします。個性が強くて、万人にお勧めしていいのか迷います。私は好きですが。

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件

「鶏白湯塩」@なかじゅう亭 高崎オーパ店の写真ファッションビルの最上階へ、月曜日12時前訪問。
そこは、フードコート的な所でした。店ごとに席は別れていますが。
タッチパネル自販機で、鶏白湯塩780円を。大盛無料とのことだが断る。提供まで5分弱。

深い丼のせいか、量は少なく見えます。
スープは鶏白湯。口当たりに粘性は低め。擦った胡麻がはいっていますかね?そういう風味と舌触りがあります。もちろん、鶏白湯ならではの旨味も。
具として、鶏肉がほぐれた状態で麺に絡んできます。
麺は極細、本当に極細。固さ普通。細くコシが無いせいか、一つかみでガバッと持ち上がる。それがスープや具をからめ取ります。
メンマかと思ったらゴボウ。風味面白い。
その他、ネギ。
スープで腹を埋めれば腹八分。
食前の見た目よりもラー油が効いたのか、食後の口内は僅かにですが辛味を感じていました。

麺・具・スープそれぞれに工夫があって、ただの鶏白湯から一歩進んでいる感じがしました。

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件

「チャーシューメン」@手打ちラーメン 清仁軒の写真親店は未食ですが。

木曜日13時訪問。先客は5人で私は即着席できたが、後客続々で着席待ち発生の繁盛ぶり。チャーシューメン1000円を注文。提供まで10分位。

ベロンとした巻かずのバラ。厚さ2mmはあるかと。プルプルムチムチでいながら、噛みきり容易な食感。味つけは強くありませんがむしろ肉味が直接的で好ましい。
スープも動物感ある、塩分はやや穏やかな物。
麺は概ね幅3mm厚1mm位で、揉まれた感じの縮れ。こちらもモチモチというかブリブリムチムチで食べ応えがあります。
その他、ネギ、メンマ。

流石名店の系譜。麺・肉・スープとも、かなり私の好みに合致した一杯でした。

投稿 | コメント (2) | このお店へのレビュー: 1件