なんとかデータベースラーメンカレーチャーハンぎょうざうどんそば
 

328GTB

群馬県

覚書100点  完璧。      麺・具・スープ・価格など全てにおいて文句の付けどころがない。 90点〜99点 とても大好き。      食後に幸福感が得られる。率先して他の人にもオススメしたい。80点〜89点 かなり好き。      特に文句のつけどころがなく、十分な満足感が得られる。      自信をもって他の人にオススメできる。 70点〜79点 結構好き。適度に満足できる。

平均点 74.888点
最終レビュー日 2012年1月23日
555 315 2 1,034
レビュー 店舗 スキ いいね

「朝ラーメン¥390(麺カタメ、あとは普通)+海苔マシ¥100+半」@山岡家 足利店の写真10/12/29 AM9:30ころ

朝ラーメンを求め久々の訪問です。
こちらの山岡家は、なかなかのブタクサ店内で、太田店などに比べると野趣に富んでいる気がいたします。
山岡家では旧型となりました券売機をポチポチ。表記をオーダーを致し、さて茹であがるまで新聞でもと思いながら水をついでいますとお品の到着。
早い、早すぎる!!3分ぐらいですか?w

ドンブリないから香る豚クサ。青ネギ、チャーシュー、海苔、梅干し。
山岡家とは思えないほどアブラの量は少なめで、生姜がほのかに香るあっさりしたタイぷの塩とんこつ。危惧していた梅干しは、紅生姜と違い、そのままではスープにほとんど影響を与えておりません。

麺は黄色身を帯びながら少々かん水の効いた極細麺。ザクプッツンな噛みごたえが非常に嬉しくスープにもよく合っておりますね。さすが大規模チェーン店を展開する山岡家の商品開発力でしょうか。非常に美味しい麺で、クセニなりそうな予感w

チャーシューは、豚肩ロースを使用したもので十分及第点上の出来栄え。なんだか以前に比べ山岡家のチャーシューの出来栄えが良くなった気がいたしますw
海苔はデフォで1枚、海苔マシで+5枚。以前はカチカチで水分並びに油分を跳ね返すようなタイプでしたが、最近は良くなったというか、スープにある程度浸食され軟らかくなりますので、ご飯や麺をくるんで食べ易くなった気がいたしますw
沢山浮いた青ネギと胡麻がスープにアクセントを与え飽きることなくいただけますね。

さて、梅干しですが、私も食べるまでは、思ってもみなかったのですが、梅干しの持つ酸味とさっぱり目の豚骨スープと相性が良く、よりあっさりすっきりとした後味をもたらし、朝から豚骨ラーメンであるというなんとなく重そうな印象を完全に払しょくしてくれる感じがする。
CPも非常に高く、味と共に館hが得ても完全に成功する朝ラーメンの一つであることは間違いないw
完全定番メニューになるまで、皆さん食いまくり賞賛の声を山岡家本部まで!!ww

投稿 | コメント (6) | このお店へのレビュー: 1件

「塩チャーシューメン(背脂塊でいい?)値段失念」@ラーメン 日本一の写真08/10/18 pm8:30ころ

最近ホスト家業が板についてきました328GTBでございます(爆)
本当は、お客様の個人的なお話は厳禁でございますが、今回はいいでしょう。なぜかって言うとお客様が自身のブログにて公表されておりますのでww

今日も桐生のお店で一稼ぎ。明日のお仕事の打ち合わせを致しておりますと、一羽の鳩が到着。最近ご贔屓していただいているお客様からの鳩でございます(爆)
桐生での夜の仕事→ラーメン 日本一訪問は、私と致しましては何時も楽しみにしていることでございますので、この日伺う事を2〜3日前にお客様にちょっとお話をしておきましたので、狙いすましたように「アフターしろ」との鳩でございますww

店舗到着。先客さまが3組6名。こちらも何度となく伺っておりますが、今回初めて小上がりにあがってみました。一時のこちらの小上がりといえばちょっと?なかんじでしたが、いつのころからか綺麗なゴザを敷きまして以前よりかなり高感度アップな小上がりに変貌いたしております。

「とりあえず、ビール!!」

私の発声ではございません(爆) 久々に聞きますね〜この言葉。久しく私も発声しておりませんがw
それにしても既にお飲みになっているのに「とりあえず、ドンピン!!」とか言わないところがさすがでしょう(大爆) まあ、ここには、ドンピンはないけど・・・w

ビールと日本一の水で乾杯!! 早速メニュー選定に入ります。
特濃があれば間違いなくそれですが、残念ながら特濃の黄色い紙はたたまれたままですので、最近の情報で背脂増量のコッテリができることは掴んでおりましたから、そちら方向でトライ致すことは、万一のための選択として今日の朝から決めておりましたw

その様なわけで「塩チャーシューメンを背脂増量で!!」とお願いいたしましたところ、店主さんは、おもむろに寸胴の中を覗き込みまして何かを確認してから一言

「塊でいい?(ニヤっ!)」

なんと、アブラ塊ですって!! 個人的趣味趣向でございますのでご理解いただくのは難しいと思いますが、私、アブラの塊は大好きでございます。ステーキの脂身を残す方の気が知れません(爆) ただ、火が入っていないのは、ご勘弁ですがw

店主さんの素敵な提案に満面の笑みで応えましてその後お客様と暫し歓談。
途中お客様のお知り合いの方が偶然合流し、さらに深くラーメン談義w

そうこうしておりますうちにラーメン到着。

お〜〜!!何ですかスープが全然違う!!
以前にも特濃中止の時にノーマルのラーメンをいただいたことがありますが、それとはまったく色目が違います。
巨大なレンゲの先端とチャーシューの間に白いものが見えますがワンタンではございません。アブラの塊(とろっとろw)です。それもすんごく投入されております。そう頼んだんですが、メチャ嬉しいトッピングじゃありませんか。

スープは、そこそこに乳化した豚骨スープ。若干クサウマを残しながらも、特濃に比べますと非常に雑味が少ないやさしいスープでありますね。基本的に塩ダレは、以前のものと同じと思われますが、塩気などはかなり抑え目で非常に良い塩梅。アブラのお陰かほんのりアブラの甘さと塩豚骨スープの美味さは、とてもステキですね。
スープを巨大レンゲで掬うとアブラの塊も必然的に一緒にいただけますのでその様な良い効果が味わえるのでしょうw お客様と一緒に、せ〜の、うんまいww

麺に付きましては、相変わらずの太目の麺がもちもちぷりぷり。再度個人的なことでありますが、非常に良い茹で加減。店主さんはスープの加減にも目を光らせておりますが、それ以上に麺の茹で加減には気を使って茹でられておりますね。
家系などの豚骨醤油では、麺カタメが主流なんでしょうか。それはそれど良いことですね。個人的な好みでございますし。私も近所の家系で一度硬めな茹で加減の麺をいただいたことがありますが、それはそれでウマーでしたw でも軟らかめな方がすき、ウフw でして、スープとの相性はかなり好きなタイプ。そんな麺とその茹で加減でございます。
チャーシューもやわらかくチョイブタクサを残しながらやわらかくとても美味しく、故障中の私でも難なくいただける一品!やはり歯が痛くてもアブラとブタはマシマシなんでしょうか?ww

あ〜っ、素面な私でもスープが美味しくて止まりません!!w これでもニンニク入れとけばよかったw
はたっと気付きますれば、お客様のグラスが空いております。お仕事お仕事w
お陰で止まりました(爆)

万人向けの豚骨ラーメンになったといってよいでしょう。マジ美味い。
このまま特濃になると、とっても凄くないかな〜と思う私でございます。

ご馳走様!! じゃ、帰ろうよ、Kちゃんwww 伏字になってる?ww

投稿(更新) | コメント (6) | このお店へのレビュー: 8件

「ネギバラチャーシュー(塩コッテリ)¥850+特濃¥100+ニンニ」@ラーメン 日本一の写真08/04/21 pm7:20ころ

本日、夜のお仕事。特濃復活の報を聞き早速行って来ました。
開店時刻5分過ぎ位に到着もまだ営業開始にはなっておりません。店主さんが中にいたので聞いてみたら「後、10分ほど待って」とのこと。そんじゃ駐車場で待っている旨伝えいったん車の中へ。暫しいたしますと、キラキラ光看板をつけにいらっしゃいましてどうぞとご案内がございましたw

お〜〜〜!!特濃できますといつもの表示が復活!! さすがわたしw
うそです。コテハンアラシさんの「復活」情報から今日辺りは大丈夫だろうと思いましてw。コテハンアラシさんありがとうございます。私はお陰で特濃が食えます。感謝!!w

さて特濃はいいとしても何にしようかと考えておりますと店主さんが「特濃は、かわりましたよ〜」と声が。見透かされてますねw
「前のがいき過ぎちゃってね〜あれだと特濃好きな人にはいいんだけど、普通の人には無理なんだわ。もしかすると物足りないかもしれないですよ」とのこと。で、表記オーダー。味薄めは今回様子見で普通のにしておきました。そしたら「コッテリはどうしますか〜」と。覚えられてますね完全にwwもちろんんお願いしました。
店主さん相変わらずロボなんですが、思ってたより話好きなんですね〜色々伺っちゃいましたよ〜。行き過ぎたやつは、以前特濃食べてたお客さんも食べなくなっちゃたみたいですね。多分蟹入りのやつのことでしょうかw
また、昨日ヘビーユーザーの方が見えて物足りないって言われたらしいですよ。誰ですか〜?コテハンアラシさん?さん?それともさんでつか?w

さて、問題の特濃スープが丼に注がれますが、ホントだ色が違いますね〜以前のはワインカラーでしたが、今回のはおおぎやの味噌スープのような色ですね〜確かにノーマルスープよりは濃い色ですよ。

着丼。早速期待のスープから一口。これはこれでかなりのブタブタですよ〜雑味がかなり抑えられていますので口当たりは数段アップしましたね〜確かにインパクトは少なくなりましたがね。十分うまいですよ。クサもちょっと残ってますが、クサ嫌いな人にはどうでしょうかね。あたしはもうちょっとクサのほうがいいですね〜w
麺はいつもの通りの湯で加減。これが良いんですよね〜モチモチっとした太い麺とスープの相性は相変わらず抜群です。
と手の空いた店主さんが、「今回の特濃は塩が丁度いいでしょ〜」と仰ってます。ウン確かに塩でも問題ない。私個人的には特濃塩は雑味がストレートに来るのでちょっとにがてだった。その代り味噌は、とてつもなく美味しかったですね〜味噌という万能調味料のお陰で雑味が美味い具合にけされ最高の一杯でした。まあ、そんなことを店主さんに言っておきましたw
正直言いますとこの特濃なら私は塩味薄めでも十分美味しいかもしれませんね。もちろんヘビーな方には、物足りないかもしれません。そんな方には、素ラーメン(特濃)をお勧めいたしますw
チャーシューは、バラより肩ロースのほうかな〜ここのラーメンにあってるのは。

店主さんの考えによって変わりました特濃。おとなしめになったとはいえお話を伺えば店主さんの苦肉のスープのようである。万人向けにデチューンしたといえば良いだろうか。やはり、折角100円追加したのにスープを全然飲まないお客や食えないと残すお客も多いようであり店主さんも心を痛めていたようである。そんな店主さんの心がこもった珠玉の一杯は心して食わなければいけません。
初めて特濃食べる方は、注意を要しますので御気を付けください。
美味しいよ。でも合わない方も絶対いますので無理はしないで下さい。

投稿(更新) | コメント (9) | このお店へのレビュー: 8件

「塩ふじ麺(アブラ多め)¥800野菜タワー¥100バカ豚¥300う」@大黒屋本舗 高崎沖町店の写真07/10/04 pm1:20ころ

こんばんは! 北関東登山部001の328GTbです。

本日、いってきました!登ってきました!低めですか逝きましたw

久々の西毛への遠征、普通東毛の者としては再開した麺処 みどりへの訪問が気になるところでしょうが、北関東山岳部の私は当然のように部活動に専念ですw

店舗は街道沿いにありますので人間GPSの私には迷わず騒がず余裕の到着。あら〜思ってたよりこじんまりした店構えですね〜日替わりオススメメニューが出てますがナニナニ本日は「榛名づけ麺」だそうです。
今回は折角の機会ですので常勝軒 伊勢崎店には無いものがいいですね、ということで塩ふじ麺をプチッと。野菜ターワーとバカ豚は当然ですねプチプチと。え〜とそうそううずらの味玉も油増しもありませんね。そんじゃプチプチッと。フーッ、食券が山のようになっちゃいますね。食券を店員さんに渡し好みを伝えましたが、希望通り全部購入したつもりも豚ほぐしを忘れていましたので慌てて追加購入、セーフでしたw

暫し待ちまして登場です。あれ?あんまり高くないですね〜無料の中盛を断っちゃったからでしょうか。「とりざら使いますか?」と声を掛けられたのでお願いいたしましたが、お椀でした。例の如くうわものどかして準備を整え登頂開始。
多少シャキシャキ感の残ったもやしから逝きましょう。豚ほぐしと一緒に食べますとやっぱりいいですね食べやすいですよ。何とかスープが見えてきましたのでスープをいただきますと、なかなか乳化したスープですね。とってもアツアツですよ。ただ塩加減が結構濃い目ですね。こりゃ飲みすぎは危険ですね〜w麺を引き上げワシッと一口。例の如くの極太麺でボキボキともちもちの中間くらいでしょうかね。
お次はそのままの炙りチャーシューを。う〜んチャーシューでなく焼肉でしょw硬めで塩コショウしてありますので別物のように感じます。
取り皿の肉を部長のアドバイスどおり沈めてヤサイを乗せてニンニク油を満遍なくかけまして再度アタック!油はあまり効果が無いようです。ニンニクだからかな〜多少香りが増した気はしますが。まあいいでしょう先を急ぎましょうw鶉の玉子もぽこぽこと結構塩気がありますね〜ところでこの辺から沈めたチャーシューのおかげなんでしょうか、スープがものすごくショッパーになってきました。最初は好い加減だったんですけどこれは誤算だったか。沈めた肉をを食べて終了。沈めたのは多少柔らかくなりそこそこですがやっぱしょっぱw

11分ですか。それほど楽しんだ時間は長くなかったんですね〜普通盛ですと麺量200gですから中盛でもいいかもしれませんね。
麺と最初のスープの感触は良かったんですがね〜最後に塩気が強くなってしまったのが残念です。肉は個人的に思うに、もう少し柔らかいものを炙ったものなら好感度アップなのだけど・・・そんな訳で−5しときましょう。
次はデフォふじか榛名中盛に登ってみましょう。

投稿(更新) | コメント (9) | このお店へのレビュー: 1件

「塩豚骨 中盛 普通/柔目/多目」@横浜ラーメン 湘家 前橋店の写真07/03/27 pm2:30ころ

さて、本日所用で前橋です。当然昨日から作戦を立案、完璧な計画です。仕事のことより完璧ですw当店は駐車場がないことでも有名。前橋駅北口駅前のコインパーに停め、駅構内を通り抜け南口にある当店へと進む作戦。時間が時間ですので万が一のことを考えてダッシュで向います。  ハァハァ〜!だめですもう走れません。ハァハァ〜まだ駅入り口です。こんなはずでは・・・完全に想定外ですw店の営業時間より自分の運動不足のほうが心配になってきました。しかし、ここで諦めては私の湘家三部作は完結しません。最後の力を振り絞り、チョモランマ無酸素登頂のように一歩一歩確かめるように歩を進め何とか到着wほんと運動しなきゃww
息も戻りましたので店内へ。おっと!店員さんがお昼召し上がってますが、「どうぞ〜!」と招かれ店内に。三部作最後の塩をオーダー、柔らか目指定ですので若干時間がかかりました。
出てきたラーメンを見てちょっとビックリ!もやしの盛が凄いです。皆さんの塩豚骨の写真ではみなかった量ですよ。まるで某味噌ラーメンチェーン○るまや見たいですね〜wまあ、走れる量はそれほどでもありませんが、もやし食える量でしたら群馬のJで実証済みですから心配は要りません(爆)
いつものようにスープから。う〜ん美味いですね〜今日も乳化度は結構高く白濁してクリーミーなスープですが、塩だけに豚骨の旨みとコクがダイレクトにきますね〜さらに塩のお陰か豚骨の甘みまで感じます。豚骨醤油を食べた時、玉子のような甘みを感じたと書いたが、それはこの甘さだったようです。こりゃかなりの美味しさのスープですね。麺はモチモチでスープとの相性もよし。某巨大掲示板で言われているようなことはないと思いますよ。注文通り良い茹で加減ではないでしょうか。もやしもシャキシャキ感が残っていて、このスープにあいますね。ホウレン草は嬉しいのですが、この場合に限りですがあってもなくてもいいかもしれません。さらに鶉の玉子にメンマは特に言うことはないです。チャーシューは普通でしょうかね。なぜか2枚も入ってるのですが、デフォなんでしょうか?それとも日頃の行いがいいからか?w

ホントわかりましたよ 「スープが命」byアフロ大佐 なんですねw

なんですか最近塩にはまりそうな予感・・・w

投稿(更新) | コメント (5) | このお店へのレビュー: 4件

「上塩ら〜めん(こってり)¥750」@食楽 笑麺の写真07/02/24 pm1:30ころ

今日は突然桐生でお仕事。といってもいつも突然なんですがw折角ですので明日で移転してしまう「みどり」にもう一度とも思ったのですが、よくよく考えてみると、なんだかいつまでも別れた彼女に未練タラタラなさえない男のようで情けない。もう「みどり」のことは移転後でいいやと「上塩」が課題だったこちらに軌道修正!お店についてみると駐車場はほぼ満車状態。こんな時に限って停めづらいところだけ空いてます。無理やり詰め込み店内へ突入しますといっぱいじゃないですか、土曜日のこの時間にこれだけ入ってるって凄いですね〜おっカウンターの奥に1席空いてますね〜とみたところその先に「アフロ」の方が!w顔が他のお客さん越しで見えませんが、オ・ジングは無かったし、超電磁ロボもありませんでしたけど、まさかな〜またですかね〜、彼の遠征ったらこられるお店にとっては殆どキングギドラ来襲のようなものですからね〜えっ私ですか?私なんかせいぜいモスラ幼虫位ですか(大佐さんごめんなさいw)近寄ってみます。ちょっとドキドキ・・・あっ! お騒がせしました違いましたwでもこのアフロ具合はあのアフロ具合とそっくりですねw流行ってるのでしょうか?(爆)

ちょっと狭いですけど着席、メニューはさんお薦めの一品です。メニュー表見ずオーダー!しかし後で発覚したのですが「超」をつけるのを忘れてしまいました、がっくり。悪いことは重なるものです。隣に座ってるバカップルが2人そろってタバコに着火、この混んでる中さらに狭い中でタバコ吸うのかよ私もタバコは吸いますけど、ラーメン店いや食べ物屋さんでは吸わんぞ!ゴルァ〜そこのバカップル二人とも逝ってよし!!(あえて私も使ってみましたww)あらあらラーメンきちゃったじゃないですか、まだ吸ってやがるおまえらのラーメンも一緒にきただろうに。私が写真撮ってる間にやっと消火しましたが、危うく聖剣エクスカリバーでタバコちょん切っちゃうとこでしたwでもせめてものお返しに漂ってきた副流煙ふ〜っと吹き替えしてやりました。この恨み憶えたか〜!wとりあえず加速装置オン!先に食い終わられてまたタバコ吸われると腹立っちゃうし・・・まあ私より麺類食べるの早い人も珍しいのですけどね、念のためw
一杯のラーメンを食べるのに今日は色々なことがありすぎて前置きが長くなりましたが芸風なのでご勘弁いただくとして、早速本題に逝きたいと思います。見た目なかなか綺麗な盛り付けですね。スープの色は普通の豚骨ラーメンのようです。焦し玉葱が乗ってますので混ざらないうちにそ〜っとスープから。ライトな豚骨ですが上品なスープ。いや、よくよく味わうとブタクサがほんのり効いています。美味い!よく全体をまぜまぜしてよ〜く焦しネギが広がったところでもう一度。ありゃ美味すぎですよ。焦し玉葱のよい香りと甘みにコクが増された感じで凄く美味しいです。また浮いた背脂が出す別のコクと甘みが重なりかなりのものです。上醤油食べた時よりかなりの好感触!麺は以前と違うようですね平打ちの中太だった気がしますが、中太の普通の縮れた手打ち麺ですね。これはこれでなかなかのできばえでツルツルシコシコ美味しいですよ。スープとの相性はまあ普通といった感じですけど特に不満はありません。
トッピングですがやはり焦し玉葱のお仕事がかなりいいですね。既に書きましたようにこれが有るのと無いのとではこのラーメンの仕上がりは雲泥の差があるのではないでしょうか。チャーシューは秀逸なできばえ。結構肉厚ですが見た目より口の中でとろけていくようなそんな感じすら受け、味付けもちょうどよい感じがします。しまった塩チャーシューにしておけばと思ったのも後の祭り。正直この辺ではトップレベルのチャーシューでしょう。みずなの清涼感とシャキシャキ感も口直しにはとても適切。半分に切られた半熟玉子も味が染みていておいしいですぞ〜ナルトは豚骨に珍しいですが嬉しいトッピングwあ〜っ加速装置のおかげかスープ飲むのが止まりませんよ〜しょうがないので良心回路オン!ふ〜やっと止まりました。危うく全部いっちゃうところでしたw
次は絶対上塩チャーシューメン超こってりと無いメニュー頼んでやろうと心に決めお隣のバカップルをみればまだ半分も食べてませんね〜のびちゃうよね〜どうせだからお隣でタバコ一服!と思いましたが、先程オンにした良心回路の制御のお蔭でお勘定。満足いたしました。

投稿(更新) | コメント (7) | このお店へのレビュー: 4件

「モンゴル塩ラーメン¥600+チャーシュー¥250」@らーめん・つけめん 麺治の写真07/02/23 pm 1:30ころ

なんだかスープが変わったとかなんだとか。おまけに新メニュー登場と最近話題に事欠かない状況の当店ですが、その後も紆余曲折しているようですね。
本日も仕事をいつもの通り適当にしましてころあいの時間を見計らってGO!R122を北上。北関東道の工事もずいぶん進んでいまして途中少し混みましたが、これも出来上がれば西毛方面に食べに行くのも楽になります。みどりに行くのも太田市の住人にとって多少敷居は低くなるといったところでしょうかねw私って何でもラーメン中心で考えちゃいますねw先日ここのお店をコンバット越前さんに教える時も「ここの道は王将の通りですから・・・」とラーメン屋さんを基準にして説明しちゃいましたし、ずいぶん前ですがbarugenさんとご一緒した時も「ここどの辺ですか?」の質問に「ここは浜っ子の通りですよ」と説明した覚えがwまあ賢明なるこのDBのラヲタの皆様も同じような経験があるのではないでしょうか(爆)

さて店舗到着。あまり広い駐車場ではありませんが、時間的にもピークを過ぎてますし先客さんの車は無し。「こんちは〜」と店内へ、挨拶って大事ですものねwあれ店主さんがいません。「いらしゃっ」と奥から出ていらっしゃいました。実は奥には店主専用のテレビがあるようですが、もちろん某店とは違って仕事中には見られないようですけど(爆)早速新メニューをチャーシュートッピングでオーダー、復唱はありませんでした。前回の訪問では小鍋にスープをとって暖めていたのですけど、今回はないようですね。麺も茹で上がりトッピングを施されラーメン出来!トッピングは醤油味と変わらないようです。岩海苔はなく普通の海苔ですね。スープは白濁しておりますよ。とりあえずいただきますとそれほど豚を感じるものではないか。話がちょっとそれますが、最近軽い花粉症になってしまったようで、「味」と同じくらい頼りにしております「においだな」が多少落ちておりまして、ちょっと自信がないのです。とろっとした感じはありますがまあ濃い豚骨ではないと思います。しかし、このメニューを召し上がった諸氏が口をそろえたように仰っている通り塩が立っています。塩の主張が強すぎる感じがします。まあ、塩のうまみは確かによく感じられるものだと思いますが。麺は中細の若干縮れ麺で表面がツルツルしていていい食感なのですが、一口めの印象はあまりこのスープに合っていない感じもします。食べ勧めていく間になれなのか普通になりましたが、もしかすると茹で上がりのデフォが硬いのかもしれません。
トッピングの茹でキャベツ甘さを感じる分このスープには合っているかもしれません。でもいつまでもあるものではないですしね。チャーシューは豚もも肉で脂身もそこそこでしてしっとり&肉な感じで美味しいです。メンマもコリコリ感の残ったものですが特筆はないです。ここの特徴のひとつである玉葱の荒微塵切り、賛否両論なのはもちろんのことです、当然!味覚は千差万別!好きなものは個人で違いますものねw私個人の好みですとこの玉葱さん、醤油で乗っているよりあっていた感じがいたします。保障はいたしませんよ(爆)

店主さんの迷いがあるのでしょうか、どうも中途半端な感じがしましてこのくらいにしておきますが、ここの元々のポテンシャルは近辺でもかなり高めだと思います。飛躍しようとの意気込みでやられていることを祈ります。

がんばれ、麺冶!(パクリw)

投稿(更新) | コメント (5) | このお店へのレビュー: 4件

「塩チャーシューメン(コッテリ)」@ラーメン 日本一の写真07/01/17 pm7:20頃

新年になってからあまりラーメン食べてません。もちろん普通の方からしたら食べてはいますがwどうもいけません、脂を補給したいところです。本日桐生にて夜のお仕事が少々、もちろん昨日からここへ行くことは心の中で決めていました。くさうまの当店ですが、実はさんやさんの「塩」が気になっていました。

駐車場に余裕の駐車、早速店内へ。あれ!そんなに臭くないですよ、私がなれたんでしょうか?そういえばさんのレビューにもいつもより臭いがしないとありましたがどうしたんでしょね?前回は訪問も午後8時でしたからそれほどのタイムラグはないと思いますが。
先客2名様のラーメンが先に作られていますね、でも8分ぐらいで到着しました。
見た感じ「塩」ではなくやはり「醤油」の様相です。茶色いですよw脂の層がしっかりとできています。プチ家系な感じもします。大判の海苔1枚と煮卵(完熟)チャーシューがごろごろ大きいのや小さいのが乗っています。それでもってワカメさんもご一緒してますのでとりあえずワカメ完食、そしてよ〜く混ぜてからスープを一口。うっうまーいです〜!前回より豚骨臭が少ないですねほんとに。多少課長さんがありますが、かなりのインパクトで濃厚なベーススープの美味さがど〜んときます。臭いけどそれを凌駕するぐらい美味すぎるwくさウマが足りないとお嘆きの方もいらっしゃるかと思いますが、私はこの位でも十分くさうまですw麺はいつもの太めのストレートですが、もちもちぷりぷりで絶妙の茹で加減でスープとの相性もばっちりです。今回作ってくれたのは、丸顔のスキンヘッドのお兄さんでしたけど「いい仕事してますね〜」(パクリw)チャーシューは濃い目の味付けですが、このラーメンには程好い感じ。にくだ!と思えるジャンキーな1品w
今回は最後まで胡椒入れないで食べちゃいました。入れても美味しかったかな〜でもかなりの美味しさでした。

投稿(更新) | コメント (5) | このお店へのレビュー: 8件

ラーメン食べたいね(私はいつもそうなんですが^^;)久々家族全員の合意にて食べに行くことに。但し私の希望はすべて却下。
「あたり」を出したい!という子供の願い、(前回は私が当りだったもので)ただそれだけの為に、また見事に経営者の策略に乗り入店(笑)塩ラーメンに凝っている我が子供たち、未食だし同じものをオーダー。
麺は他の醤油や味噌味と同じ。具はチャーシュー、メンマ、万能ねぎ、大判の海苔一枚。スープは若干くせあり。塩にすると醤油や味噌系よりきになるかな。また、スープは花月の塩によく似た味。背油がないだけ花月よりあっさりしてる印象でした。
さらに今回気づいたことですが、煮卵、豚角煮はとっても美味しいのですが、チャーシューはパサパサ感が強くていまいちです。
結局今回は当たりが出ず。お陰でまた行く事になりそう。次何食べよ。

投稿(更新) | コメント (0) | このお店へのレビュー: 5件