なんとかデータベースラーメンカレーチャーハンぎょうざうどんそば
 

miles

男性 - 東京都

音楽や映画などと同じく、作者が「作品」を通じてどんなメッセージを送っているか、それに自分は「共感」できるか、そんなことを考えながら、5年間食べ歩きました。「共感」の程度には様々ありましたが……これからは「非常に共感できた」場合のみ、ごく簡単にご紹介します。今後詳細につきましては、下記をご覧ください。(2011/8/6)http://milessmiles.blog.fc2.com/

平均点 75.101点
最終レビュー日 2013年11月18日
1,096 790 0 943
レビュー 店舗 スキ いいね

「竹ちゃんタンメン」@竹ちゃんタンメンの写真スープは濃厚な鶏白湯でかなり深く炊きだしてあり、タレで味の輪郭線をキッチリ整えつつ、コクを前面に押し出そうというアプローチ。太めで黄色い縮れ麺もプリプリした仕上がり、シンプルに調味した野菜類も、むしろ本来の風味・旨味が引き立つ感じで……同じ「濃厚タンメン」でも、スープも具材もタレでガッツリ味付ける「トナリ」とは対照的なアプローチ。まさに「アンチ・テーゼ」的な一杯、オススメです。

【詳しくはこちらを】
http://milessmiles.blog.fc2.com/blog-entry-304.html

#店舗関係者に確認し、スープ種類を訂正しました。

投稿(更新) | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件

「芳醇鶏白湯味玉ラーメン」@麺屋 藤しろ 飯田橋店の写真「フォンド・ボー」的な製法で作られた鶏白湯、味に派手さはありませんが、「ジュンッ……」と舌を潤すような、瑞々しい旨味が魅力的。麺は、序盤は小麦の甘味がクッキリと、後半徐々にスープを吸って、さらにグングン美味くなっていくタイプ。タケノコと九条ネギのザクザク感、さらに香味油のダメ押し的な演出もあって……冒頭から味の世界に引き込まれ、その「世界観」に心が満たされるような喜びが味わえる、珠玉の一杯。

【詳しくはこちらを】
http://milessmiles.blog.fc2.com/blog-entry-291.html

投稿 | コメント (1) | このお店へのレビュー: 1件

「味玉塩鶏らーめん」@麺匠 たか松 日本橋茅場町店の写真かなり濃厚な鶏白湯、しかし鶏特有のクセは一切感じさせず、フックラとした上品な旨みで、豊かに舌を包んでいきます。麺はつけ麺用とは別のもの。国産小麦のような線の細い味ですが、柔らかめにゆで上げて甘みを強め、スープの上品な濃さに上手くマッチ。濃厚な鶏スープから語り起こすストロングスタイルの京都ラーメン。卓上のアオサとの相性も、あの「らーめん まる玉 両国店」に勝るとも劣らないレベルです。

【詳しくはこちらを】
http://milessmiles.blog.fc2.com/blog-entry-230.html

投稿(更新) | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件
81

「鳥白湯そば」@麺巧 潮の写真大山鶏の鶏白湯は、ふくよかでクリーミィな味わい。これにタップリとバターが絡み、どこかチャウダースープのような趣きがあって、「洋風」という看板に偽りなし。フンワリとした麺の甘さも、肉巻きアスパラのコッテリした肉汁も、全ての要素が「洋風」という枠組みでキチンと配置されており、卓上の胡椒で全体を引き締めれば、さらに味の「狙い」がシャープに伝わってきます。

【詳しくはこちらを】
http://milessmiles.blog.fc2.com/blog-entry-214.html

投稿(更新) | コメント (1) | このお店へのレビュー: 2件

「濃厚鶏骨醤油そば」@濃厚鶏そば 麺屋武一 新橋本店の写真魚介系や野菜による小細工を極力排し、ひたすら鶏系食材を炊き込む中で辿り着いた、ピュアなポタージュ。「鶏白湯」を謳う店が乱立する中、一口で「どの店とも全く違う」と感じさせる、この個性。スープに対して麺がやや力負けの感がありますが、具材も質・量とも充実しており、ヨッパリーマンが浮遊する新橋には、ちょっともったいない気すらするお店です。

[詳しくはこちらを]
http://milessmiles.blog.fc2.com/blog-entry-180.html

投稿 | コメント (2) | このお店へのレビュー: 1件
80

「鶏そば味玉入り」@麺屋 社中の写真軽く野趣が漂うほどの濃厚な鶏白湯。浅草開化楼製のしなやかな麺との一体感も強く、鶏つみれ・炙りモモ肉・味玉といった具材も文句なし。濃厚さゆえの後半の飽きが少し気になるものの、真っ直ぐ客と向き合う真摯な味の世界に、ドンドン引き込まれていきます。

[詳しくはこちらを]
http://milessmiles.blog.fc2.com/blog-entry-115.html

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件

「塩玉鶏ポタラーメン・中濃」@鶏ポタラーメン THANK 大門店の写真鶏白湯とベジポタスープの組み合わせ、両者の比重の違いから、表面から底の方へ配合が「無段階」に変化します。野菜でコッテリ感を抑えた鶏白湯は、本来の旨みをフルに発揮、そこに甘みの強い細麺がガッチリ噛み合って……さすが「ラーメンゼロ」ご出身、独自の「ラーメン理論」が冴えわたる一杯です。

[詳しくはこちらを]
http://milessmiles.blog.fc2.com/blog-entry-97.html

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件

「濃厚鶏白湯らーめん」@麺匠ようすけの写真「健康な濃厚鶏白湯」という、ちょっと矛盾しているような、しかし、だからこそ斬新なコンセプト。「野趣」が出るギリギリで濃さを抑え、「飽き」がでる限界まで塩を押さえた上で、薬味だけで味のリズムを取るスタイルが、意外なサッパリ感を演出します。

[詳しくはこちらを]
http://milessmiles.blog.fc2.com/blog-entry-80.html

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件

「味玉鶏骨つけめん」@二丁目 つけめん GACHIの写真「麺や庄の」のセカンドブランド。濃厚な鶏白湯、その旨みをクッキリと際立たせる塩ダレのバランス、そして両者の相性は完璧に近く、極めて高い完成度。さらに、ノド越しにスッと吹き抜ける爽やかな酸味がリズムを作り、濃厚鶏白湯を塩だけで最後まで飽きさせないという、驚くべき一品。

[詳しくはこちらを]
http://milessmiles.blog.fc2.com/blog-entry-58.html

投稿 | コメント (1) | このお店へのレビュー: 1件

「ラーメン 並 こってり」@天下一品 神田店の写真ラーメンの食べ歩きって、どこか「お見合い」のような趣きがあり、噂に聞く美人とドキドキしながら対面し、気が合えば付き合ってみる。しかし、なかには出会った瞬間、それが古くから自分の一部であったことを思い出させるような一杯があり、さらに深く付き合ううち、もはや自分の人生の中で、何ものにもかえがたい存在となる。

 数年前、ある人から「『赤坂味一』がそんなに好きなら、なぜ高い点数をつけないのか」と聞かれたことがあります。私の場合、「点数」とはその一杯に対する自分の「共感度」を指す訳ですが、「お見合い」相手は採点できても、「家族」は採点できない。かけがえのない存在ゆえ、「共感度」とは別次元にあるからです。

 その意味で、これまで頑なに採点を避けてきた、私にとって大事な「家族」がいます……それは「天下一品」。四半世紀以上も前、京都に住んでいたころに出会い、週に一度はデートする仲になり、上京してからも、主に「神田店」によく通っていました。しかし5年前、千葉で食べ歩きを始めるとき、「天下一品」はしばらく食べないと決心。節操のない「浮気」の旅を始めるのに、おめおめ「古女房」の元には戻れない……以来、諸方のラーメン相手に「浮気」ばかりしてきましたが、そろそろ「人生の友」としてラーメンとともに生きる日常に、戻っていこうかと思います。

 盛夏の日差しが降り注ぐ土曜日(30日)、神田の「古女房」と5年ぶりの再会とあって、ワクワクしながら電車で移動。

 かつてのように、「ラーメン 並 こってり」(700円)をニンニク入りで、それに「京ネギ」(170円)をプラス。京都は九条ネギの本場、あの街では「ネギ大(増し)」は当然のごとく無料サービスでしたが……上京して別料金だと知った時の「衝撃」は、今でも忘れられません。

 スープはみなさんご存知の通り、一言で表現するなら「ちょっとアバズレた鶏白湯……のようなもの」。スープへ無理矢理溶け込んだ鶏ガラ・鶏肉、脂が完全に乳化するまで炊き込んであります。スープ量は少なめですが、これ以上入れると若い人でも胃がモタれる。ムンムンと充満する鶏の「艶気」に、辛子味噌で「頬紅」を添え、カエシの硬質なコクで「アイライン」をスッと引いて、「厚化粧」ギリギリの線で「お色気」をアピール。少しヤンチャなその素顔、なんとも可愛げのあるヤツです。

 麺は細麺ストレートで、昔とはちょっと変わったかも。少し低加水な麺を固めにゆで上げており、ポクポクとした軽快な歯切れと、親しみやすい甘み。昔はもっと弾力が強くてやや太め、歯応えもガッシリした体育会系で、その「野暮」ったさもご愛嬌だったのですが……このシレッとした「華奢」なスタイルも、また一興。今回ネギをトッピングしましたが、「天下一品」も京都ラーメンのハシクレ、このくらいのネギ量は必須です。それにしても、ネギ増し170円とは……

 ―――京都で過ごした青春の素晴らしき日々に、そして「君の瞳」に、乾杯。

 さて5年間、ラーメン店主さんが真心込めて育てた「娘さん」に、本気で「恋」をしてみたいと、浮気な旅を重ねてきました。これからは「家族」の温かさに包まれながら、ときには「友人」と語らい、たまには「恋人」とも浮気する、そんなフツーの生活に、徐々に戻っていきたいと思います。「浮気」の成果につきましては、こっそりこのサイトにもご報告しますね。

投稿(更新) | コメント (10) | このお店へのレビュー: 1件