なんとかデータベースラーメンカレーチャーハンぎょうざうどんそば
 

miles

男性 - 東京都

音楽や映画などと同じく、作者が「作品」を通じてどんなメッセージを送っているか、それに自分は「共感」できるか、そんなことを考えながら、5年間食べ歩きました。「共感」の程度には様々ありましたが……これからは「非常に共感できた」場合のみ、ごく簡単にご紹介します。今後詳細につきましては、下記をご覧ください。(2011/8/6)http://milessmiles.blog.fc2.com/

平均点 75.101点
最終レビュー日 2013年11月18日
1,096 790 0 942
レビュー 店舗 スキ いいね

「えび塩そば」@らぁめん大山 アトレ川崎店の写真 今日(17日)は、ちょっと用事でカミさんと川崎へ。18時も過ぎ帰り際、「味噌が食べたい」とのリクエスト、小雨の中「麺屋 一番星」へ。しかし、なぜか券売機は味噌系メニューに「×」印。「麺がなくなった」とご主人、ガーン !! 仕方なく携帯取り出し「超ら」検索、「4★」の「大山」へ。
 券売機で「えび塩」「味玉」購入、アジアンな女性店員に渡すと、「ニンニク入れマッカ〜」……どこで覚えたその関西弁。塩にニンニク ?……ドギマギして視線をおよがせると、カウンターに「塩にはぜひニンニクを」みたいなことが書いてある。私は「入り」、カミさん「抜き」の、ショットガン。
 厨房は、若いお兄さん3人で切り盛り。1ロット2杯態勢はいいんだが……太麺ゆえ麺の湯切りが甘いのは、まだ許せるとして、トッピング2杯に二人がかり。しかも小声で「……塩とえび塩を間違えないように……」などとぶつぶつ相談、おぼつかない手つき。見ているこっちもドキドキ、何が出てくることやら。
 「えび塩」は8分程度で到着、繊細な味を警戒して「味玉」は別皿でいただく(写真参照)。さて、スープを一口……やってしまいましたね……あれは10年以上前、独身寮近くの中華屋さんの「スペシャル・ラーメン」。鶏ガラ塩スープに、皮向いただけの生ニンニクがいくつもいくつも「どんぶらこ」。それはもう「最悪」の一杯でしたが、近隣に選択肢もなく、それなりに精もつくので、我慢して食しておりました……あの味、またお会いしましたね。
 生ニンニクの硫化物が大暴れ、金属的な風味がスープを支配して、昆布も帆立も感じません。エビ油も妙な味に感じます。恐るべし硫化物の「スペシャル」エフェクト !! ちなみにカミさんの「抜き」スープを一口……ほら、昆布の旨みがエビ風味を孕んで、それなりのバランスではないですか。太麺、チャーシューはそれなりですが、メンマはおざなり。味玉は……もういいか。この小さな丼で750円とは、さすが「スペシャル」。
 若い日、夜勤混じりの不規則な生活に、場末の「どんぶらこ」ラーメンで耐えた日々。檜舞台の川崎「ラーメンSymphony♪」で、あの日々をデジャブるとは……なんともわびしく、川崎に降る小雨を見つめる、日曜の夜でした。

(蛇足) 採点外とするつもりでしたが、ニンニク抜きはそれなりの味でしたので、「入り」と足して2で割りこの点数。

投稿(更新) | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件