なんとかデータベースラーメンカレーチャーハンぎょうざうどんそば
 

なまえ

平均点 78.617点
最終レビュー日 2019年10月14日
3,319 3,084 0 7,213
レビュー 店舗 スキ いいね

「塩わんたん麺(950円)」@らーめん 鉢ノ葦葉 本店の写真4/7(日)11:00 開店時約20名待ち

ラ本によると煮干しと丸鶏のスープとのこと。魚介のコクを軸に鶏出汁がしっかりと下支え。ニボ感突出することなく、まとまりのよい組み立てになっている。塩角は適度に抑えられ、鶏油は目立たず、比較的すっきりした口当たり。後口にほんのり感じる甘みが好印象。

中細のストレート麺は、表面滑らかで張りのあるタイプ。歯ごたえは適度。

具は、刻み葱。メンマ。三つ葉は、このじんわり系のスープにはちょっと癖が強いかも。チャーシューは、鶏と豚が一枚ずつ。鶏は白っぽくサクサクした歯ごたえのもので、厚みがある。豚は脂身少しついた肩ロースで、しっとりした歯ごたえで、まずまず。ワンタンは大ぶりの肉餡を包んだものが4つ。皮は気持ち厚めながら、ちゅるんとした歯ごたえを楽しめた。

魚介のコクと動物系の旨味がじんわり広がる優しい趣ながらも、物足らなさのない一杯だった。

投稿 | コメント (4) | このお店へのレビュー: 1件

「こくうま塩らーめん(750円)」@おいらのらーめん ピノキオの写真4/6(土)11:45 19人待ちに接続 

店の張り紙に従い、先に店内奥にある券売機で購入後店外に並ぶ。ちなみに店内にも待ち席あり、そちらは満席だった。並んでから着丼まで55分とこちらも人気店と待ちは必至。

俺のラーメンあっぱれ屋出身とのことで、前日の一杯のような泡系かと思ったが、泡系ではないのを購入してしまったようだ。スープは、あっさりめの豚骨に、魚粉を合わせたもので、ライトな豚魚といった趣。確かにあっぱれ屋も泡の下はこんな感じだったな。胡椒がデフォで軽く効いているのはよいアクセント。序盤はよいが、後半は慣れてきてしまい、もう少し豚らしいパンチがほしくなった。

自家製の太平打ちの縮れは、つるつるした舌触りと、軽めの弾力があるもの。あっさりスープには少し麺の主張が強いかな。

具は、極太メンマ。醤油味の浸み込んだものだが、濃すぎず丁度良い味付け。青ネギの輪切り。半熟味玉。黄身がトロっと溶けだしたもので、濃厚な卵黄の味わいが良い。チャーシューは中厚でそこそこのサイズのものが2枚。見た目通り、柔らかくまずまずおいしかった。

ライトな豚骨を求める気分のときには良さそうな一杯だった。

投稿(更新) | コメント (4) | このお店へのレビュー: 1件

「カキ正油らぁ麺(1050円)」@麺や青雲志の写真4/6(土)10:40の開店時30名以上の待ち 

最寄りのJR「権現前」駅ではなく、本数の多い近鉄「伊勢中川」駅から歩いて20分ほど。後続も含め何名かは椅子を持参していたのは車で来られる地元民の強みだろう。幸い建物北側の陰に並ぶ形になったので、日差しはよけられたが、待ち席がないのは少しきつい。ちなみに、開店後は中待席(8名ぐらい座れる)を利用できる。

定刻より20分早く開店したのは嬉しい。燻製した牡蠣煮干しを使用しているとのこと。牡蠣らしい風味がふわっと広がるも貝特有の微かな癖は抑えられ、醤油だれが少し強いかなと思ったのもつかの間、続いて時間差で広がる濃厚な旨味と甘み。動物系不使用とのことだが、これらは何由来だろう。発酵性の旨味も感じるのは気のせいか。旨味強くともどこか繊細なタッチがあり、全体的に押しつけがましさはなく、口に含むたびにガッと押し寄せ、潮が引くようにすっと消えていく不思議な味わいで、レンゲが止まらない。香味油がまたいい仕事をしていて、旨味の出方・消え方に一定のリズムを与えているよう。

麺は、自家製で低加水の細平麺ストレート。低加水でもポキポキしたタイプではなく、適度なしなやかさと歯ごたえがある。蘊蓄には八層麺とあるのも気になる。

具は、刻み葱、シメジ、海苔。メンマがなく、シメジがあるのが面白い。味玉。大判で中厚のチャーシューは、脂身の少ない肩ロースで、低温調理物のようなピンク色をしたレアチックな食感がおいしく、食べでもあった。

おいしい一杯に出会うことは少なくないが、オリジナリティのある味わいに出会うことは実は結構少ない。この品はおいしいのはもちろん、オリジナリティの高いまさに唯一無二の一杯だった。週に3日のみ、しかも昼のみの営業と極めてハードルが高いが、他のメニューも気になるものがあり、再訪したい。

投稿(更新) | コメント (4) | このお店へのレビュー: 1件

「【数量限定】濃厚鶏らーめん(850円)」@麺屋よつ葉の写真4/5(金)18:05 前0後5 

純白なルックスにまず見とれてしまう。きめ細かく立てられた泡はたっぷりで、泡からも鶏の旨味はしっかり伝わる。厚みのある泡の層の下のスープは、トロンとした軽い粘度のもので、丸鶏から抽出された、純鶏そばと言いたくなるような鶏の凝縮された旨味が立ち上がる。ほどよい濃厚さで、しつこくなる手前で踏みとどまっている。塩分濃度も絶妙で、単調になりがちな鶏白湯をきっちりメリハリをつけつつ、尖りは抑えられている。東京日暮里のぶらりの鶏白湯を思い出した。

黄色い中細のストレート麺は、芯を残した茹で上がりで、腰のあるタイプ。

具は、大きめに切られた白ネギ。糸唐辛子。味玉。トロっと黄身が溶け出るほどではないややソフトボイルド。よく煮込まれたブロック状の豚チャーシュー。軟骨もあり、一般的なものとは少し違うなと思ったら、ラ本にはソーキ肉とあった。


軽やかな泡の味わいと程よい濃厚な鶏の旨味が楽しめる一杯だった。

投稿(更新) | コメント (6) | このお店へのレビュー: 1件

「花紋の醤油(750円)」@花紋の写真4/4(木)16:35 貸し切り状態 

煮干しの旨味が割と強めに出たスープ。出方は、エグミは抑えられ、ガッツリほどではないが、ふわりと香るよりは強く、都内なら、煮干しラーメンと銘打ってもおかしくないレベル。蘊蓄によると豚鶏の動物系と魚介系のダブルスープをベースにしているようで、実際、複層的な旨味が絡み合いしっかりしたボディを形成しているので、煮干し出汁ばかりが目立ちすぎることもなく、バランスが取れている。醤油だれの主張は適度で、塩分濃度は気持ち高く、油脂感は低い。

中細ほぼストレートな角麺は、東京の老舗から取り寄せているそうで、腰のある歯ごたえのもの。

具は、刻み葱。大きめに切られたものが混じっていて、意外に存在感がある。海苔。メンマ。なるとが2枚。半熟卵半分。半熟でもやや固ゆでぎみ。面白いのが赤いものがトッピされていて、何だろうと思ったら、煮干しの佃煮のような味付けにピリ辛な辛みを加えたもので、甘辛な煮干しを味わえた。チャーシューは脂身少ない部位のものが2枚。軽く歯ごたえを残しつつパサつきなくまずまずおいしかった。

素材のコクを丁寧に折り重ねた、一味違う煮干し風味が楽しめた一杯だった。駅から離れているが、通しで営業しているのもありがたい。

投稿(更新) | コメント (2) | このお店へのレビュー: 1件

「もっともっとおいしいらぁめん(半盛)(680円)」@ぺりかんのらぁめんの写真3/5(木)20:55 9割の入り 

厨房3ホール1。券売機はなくここでも1番人気という標記を注文。

醤油ベースの「おいしいらぁめん」に溶き卵をからめたものとのこと。ベーススープは動物系を軸にしたものと思われ、比較的シンプルな醤油がベース。そこにニンニクの風味と隠し味という豆板醤のピリ辛が加わっている。ニンニクは程よく効き塩気は強め。溶き卵がたっぷり入っていて、マイルドな味わいがカウンターになっているが、後半は塩気が勝ってしまった。

細スレート麺は、加水率低めのグニグニした食感。

具は、白菜が多めに入っていて、しっかりした歯ごたえがある。薄いチャーシューが3切れ。脂身の少ない部位で歯ごたえがあり、微かにパサつきがあった。

地理的に名古屋の溶き卵ラーメンと奈良天理の白菜トッピングのラーメンを組み合わせたような一杯だった。塩気がもう少し抑えられたらより好みになった。

投稿 | コメント (2) | このお店へのレビュー: 1件

「新・味噌Ⅱ(小)(621円)」@有機栽培野菜のラーメン すみれの写真3/5(木)19:40 7割の入り 

高茶屋駅から歩いて20分強。厨房男性2、ホール女性3名で切盛り。対面式のカウンターと奥に小上がり。券売機はない。1番人気という標記を注文。

受け皿に載って登場。表面の油はそこそこあり熱々なスープを啜る。チーズを少々使っているというだけあって、柔らかな味噌のコクに乳製品的な風味が加わっている。味噌は白味噌が7、赤味噌1で、ほか背脂1、チーズ1の割合とのこと。ベーススープは豚骨・鶏等によるもののようで動物系はしっかり下支え。粘度は低くさらりとしているが、大きめの背脂が投入されており適度な油脂感がある。味噌ダレ由来か塩分濃度はやや高く、塩角の尖りを感じるものの、その一方でまろやかさが感じられる面白いスープ。

白っぽい中細ほぼストレートは滑らかな麺肌で、ほどよい腰がある。

具は、刻みネギ、気持ち細いモヤシが少量。メンマ2本。ゆで加減は良いが、有機栽培を売りにしているのでもう少し量がほしいかな。糸唐辛子。半熟卵半分。薄い長方形のスライスバラと思われるチャーシューが1枚。脂身の付いたもので柔らかくおいしかった。

ガッツリ味噌ではないが、物足らなさもなく、人気の理由が頷ける一杯だった。

投稿(更新) | コメント (2) | このお店へのレビュー: 1件