なんとかデータベースラーメンカレーチャーハンぎょうざうどんそば
 

なまえ

平均点 78.616点
最終レビュー日 2019年10月16日
3,321 3,086 0 7,216
レビュー 店舗 スキ いいね
85

「朝ラー(440円)」@拉麺男の写真5/3(水)6:30 前3後3 

朝用ということであっさり豚骨らしいが、しばらく続いたあっさりしたものに比べると、程よいこってり感で、豚骨の旨みも十分出ている。ほっておくと表面に膜ができるレベルの濃さ。醤油ダレはメリハリをつける最小限度の主張の仕方で、丁度良い塩分濃度。これは自分には飽きないレベルのこってりさだが、これがあっさりなら、こちらのデフォは自分には厳しいかも。

ほぼストレートな中細麺は、歯ごたえがありザクザクした歯切れを楽しめる。

具は、細モヤシ。刻み青葱。キャベツの細切りは、今回の遠征では初めて出会ったトッピング。ちょっと固さの残る茹で具合だった。中薄小ぶりのチャーシューが一切れ。脂身の少ない部位だが、パサつきなく肉らしい質感を楽しめた。

自分的にはやや強めの味付けながら、パンチを求める時には丁度良い濃さな一杯だった。また、この内容で440円とは素晴らしいCP。

投稿 | コメント (4) | このお店へのレビュー: 1件

「しおらーめん(600円)」@わらじの写真5/2(火)18:55 前4後0 

ここはレンゲにコーンを載せてくるのが名物なようで、またここでも沢庵の漬物が二切れでてきた。これは宮崎の特徴なのかな。塩ということで、きれいな乳白色をしたスープは、豚骨の旨みをじんわり出したもので、よく乳化しているが、油分は取り除かれ、とてもあっさりしている。塩気は強くなくすいすい飲める。微かにあっさりしたホワイトシチューのような趣もなくはない。

極細ストレート麺はかたくも柔くもない程よい歯ごたえ。

具は、刻み青葱。メンマはほとんど味付けがなくコリコリ感は弱い。細モヤシは、それらしい繊維感が多分にでていて、個人的には苦手なタイプ。小ぶり中薄の四角いチャーシューが3切れ。脂身がのり柔らかくまずまずおいしかった。

全体として優しい豚骨ラーメンで、濃い味に飽きたときには良さそうだ。

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件

「ラーメン(580円)」@らーめん本舗 さといもの写真5/2(火)11:35 6割の入り 

栄養軒から歩いて20分ほど。よく似たビジュアルで、最初にお冷と沢庵二切れが提供されるのも同じ。こちらの方が創業が新しいようなので、栄養軒の出身かな。
きれいに乳化したスープからは微かに焦がしの風味。豚の旨みはこちらの方がやや控えめ。醤油の主張も気持ち抑えられているので後半平板になる。

麺もよく似た黄色い中細のほぼストレート。歯ごたえも加水やや低めの反発の強くない麺。スープとの相性はいいのと、個人的には豚骨で一般的な極細麺よりもこれぐらいの太さの方が好み。

具は、明るい色のメンマ。ほの甘さがあり、歯応えはほどほど。刻み青葱。細もやしは、栄養軒よりも量が少ない。細モヤシらしいもう一つ存在感の薄い歯ごたえ。チャーシューは脂身のついた四角いものが3切れ。中薄で、気持ち歯ごたえを残したもの。適度に柔らかくまずまずおいしかった。

栄養軒とよく似た組み立てだったが、この日たまたまだと思うが、やや豚の旨みが控えめな一杯だった。

投稿 | コメント (4) | このお店へのレビュー: 1件

「ラーメン(570円)」@栄養軒の写真5/2(火)10:55 5割の入り 

最初にお冷と何故か沢庵が2切れ提供される。乳化した豚骨スープは、最近食べた大分の丸優や清陽軒と比べるとやや油多めで、クリーミー。豚のコクはそれなりに出ているが、醤油ダレも思いのほか主張しており、微かに焦がしのような風味がある。パッと見マー油のように見えないが、よく見ると表面微妙に色が変わっているところがある。後で調べたところ、焦がしラードとのこと。こちらは宮崎のあっさり豚骨の代表格のように言われるが、先述の大分豚骨の方が自分的にはあっさりに感じた。

黄色い中細のほぼストレート麺は自家製だそうで、ソフトな噛みごたえで、グニュグニュした沈み込む食感のもの。

具は、刻み青葱。細モヤシは割合ボリュームがあり、やや繊維質を感じるもの。メンマは濃い色合いではっきりした味付け。コリコリ感はほどほど。小ぶりで四角いチャーシューが4切れ。脂身がつき、柔らかくまずまずおいしかった。

ど豚骨と比べるとあっさりなのだろうが、先に食べた大分と比べるとややこってりで、微かな焦がしの風味が特徴的な一杯だった。ちなみに宮崎駅から歩いて20分ほど。

投稿(更新) | コメント (2) | このお店へのレビュー: 1件