なんとかデータベースラーメンカレーチャーハンぎょうざうどんそば
 

なまえ

平均点 78.617点
最終レビュー日 2019年10月14日
3,319 3,084 0 7,209
レビュー 店舗 スキ いいね
このレビューは移転前のものです。

「まろやか(750円)」@ラーメンひばりの写真3/7(土)11:45 2人待ちに接続。 

若い男女2名で切り盛り。カウンターのみで背後に余裕がなくちょっと狭い。券売機で標記をセレクト。
こちらも受け皿に載って登場。ちなみに券売機には麺固め指定は受けていないとの注意書きがあったので要注意。

とろみある茶濁したスープは、鶏だけではなく豚も使用しているようだが、鶏の分量が多いのだろう、鶏の旨みがメインに感じられる。醤油ダレはそれなりに主張しているので、メリハリがつき、単調にはなっていない。それでも動物系の濃縮された旨みが前面にでているので、多少のこってり感がある。

京都ていがくの中細ストレートは腰があり、ザクザクした歯ごたえのもの。麺量は130gと気持ち少なめ。連食の2杯目には丁度いいぐらい。

具は、大きめに切られた玉ねぎ。辛みは抜かれており、シャキシャキした歯ごたえとともに濃厚スープのいい清涼剤になっている。刻み青ネギ。細切りメンマは箸休め。中厚の豚は脂身がつき、軟らかくジューシー。鶏は低温調理の胸肉でサクサクした食感のパサつきがないもの。どちらもおいしかった。

濃厚でも単調にはならずメリハリのついた一杯だった。

投稿 | コメント (4) | このお店へのレビュー: 1件

「こってりまぼちゅ~(820円)」@幻の中華そば加藤屋 県庁前もり〜んの章の写真3/7(土)11:30 開店時3人待ち 

男性1名とヘルプの女性2名で切盛り。カウンターと奥にテーブルあり。店内は広くはない。こちらにも湖国ブラックがあったので再び迷ったが、RDBで評価が高い標記を口頭注文。受け皿に載って登場。

鰹メインの魚介風味が効いた醤油スープで、動物系がしっかり下支えしている。動物系はモミジベースだそう。背脂が程好い油脂感と微かな甘みを与えているが、メニューに謳うほどこってり度は高くなく、くどくなることはない。この背脂が、全体的に醤油辛さを抑え込みどこかまろやかな味わいに仕立てていて、なかなかおいしい。埼玉のもちもちの木を少しマイルドにしたような印象もある。

全粒粉らしい中細の縮れ麺は、適度な歯ごたえで、スープの持ち上げもよい。

具は、海苔、刻みネギ、太く白っぽいメンマ。味付けは薄く、コリコリ感を楽しむ。薄く長方形のバラチャーシューが2枚。脂身が多く、軟らかくておいしい。ただ、薄いからいいが、この脂身の量だと、厚みがあるとくどくなったかも。ほか、小さく刻んだチャーシューが数片。上に辛みが少量かけられていてよいアクセントになった。

湖国ブラックのほかにも気になるメニューがあったので、再訪したい。

投稿(更新) | コメント (6) | このお店へのレビュー: 1件

「鶏白湯(塩)(750円)」@ラーメン ニッコウの写真2/7(土)11:35 30名強に接続。

河瀬駅から徒歩30分。開店から5分ほどで既に30人強の待ち。店内の紙に記帳して待つ。L字カウンターとテーブル、小上がり。男性3名で切盛り。券売機はない。

受け皿に乗って着丼。軽いとろみのあるスープは、鶏の旨みを湛えたもので、比較的オーソドックスな濃厚鶏白湯。それでもくどさはなく、塩ダレが適度に効きメリハリがついている。まろやかな舌触りがなかなかおいしい。

中細ストレートは、小麦の風味が強く、こちらも噛みしめるようなギュムギュムした食感のもの。

具は、メカブの細切り、カイワレ、ネギ、半熟卵。黄身のとろけ具合は丁度良い。肉は二種類。中厚小ぶりのものと、分厚い長方形のもの。前者は脂身が多くない部位だが、程々にしっとりした。後者は脂身が付き、適度に歯ごたえを残しつつ、軟らかさもありおいしかった。

新味はないが、なめらかな舌触りが好印象の一杯だった。機会があれば、滋賀県の新地ラーメンという湖南ブラックというものも試してみたい。

投稿(更新) | コメント (2) | このお店へのレビュー: 1件