なんとかデータベースラーメンカレーチャーハンぎょうざうどんそば
 

なまえ

平均点 78.617点
最終レビュー日 2019年10月21日
3,327 3,092 0 7,233
レビュー 店舗 スキ いいね

「醤油豚骨(750円)」@らーめん 矢吹の写真4/1(日)13:10 5割の入り 

黒々としたスープはマー油の香ばしい風味が特徴的で、ベースの豚骨スープはしっかりと乳化し臭みも癖もないものだが、豚の旨みはマー油と醤油だれに引き立てられており、なかなかおいしい。背脂が少量浮いているが、全体的にこってりさは低く、食べやすい。

中太のほぼストレートな麺はつるりとした麺肌と適度な歯ごたえをもつもの。

具は、よく味の浸みたメンマ。刻み葱。水菜。海苔。中厚のバラロールはパサつきなくまずまず。

豚醤というとこってりのイメージがあるが、こちらはくどさはなく、マー油の香ばしさが豚骨の旨みを引き立てていた一杯だった。

投稿 | コメント (2) | このお店へのレビュー: 1件

「はまぐり潮らーめん(930円)」@八っすんばの写真4/1(日)8:02 前7後2 

日曜のみラーメン専門として営業している。普段は居酒屋で、〆のラーメンはあるもののラーメンのみの注文はNG。そのため、日曜日に訪問。店内は座敷のみで靴を脱いで上がる。

はまぐり風味はふんわり漂う。おだやかで上品な組み立て。塩分濃度は気持ち控えめ。油脂感は低い。動物系の使用不使用は不明だが、下支えが控えめな印象で、悪くはないがラーメンスープとしてはもう少し厚みがあると嬉しい。

中細の軽い縮れ麺は張りがあり、プリッとした歯応えのもの。小麦の風味は強くない。

具は、三つ葉。柚子皮の小片。半熟卵半分。メンマはあっさりとした淡白な味付け。はまぐりの小片がいくつか。コリコリ感は適度。縁が炙られた豚バラは、良く煮込まれ柔らかくまずまずおいしかった。

価格が価格なので、CP含めこのスコア。駅南の2号店(ラーメン専門店)で食べた限定の味噌が好印象だったので、ハードルを上げすぎたようだ。次回は、早々に品切れになっていた豚煮干しカレーラーメンを試してみたい。

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件

「柚子鶏しお(840円)」@厳選丸鶏出汁 麺 KOBAの写真3/31(土)17:40 前4後2

丸鶏の清湯ということだが、序盤は柚子の酸味の方が出汁の旨みよりも勝っている感じ。後半になると両者がよく混ざり合い、そこそこバランスしてくる。香味油は目立たず、塩分濃度は適度。

自家製という細ストレート麺は、こだわりを感じさせる細麺の割にしっかりした腰があるもの。

具は、刻み葱。メンマ。味付け半熟卵半分。黄身はトロッと溶け出す手前の半熟具合で、味付けは標準的。チャーシューが薄く小ぶりなサクサクした食感のものが3切れ。脂身が少しついた中厚のものが2切れ。パサつきなくまずまずおいしかった。

以前本店で食べたものの印象が良かったが、このメニューはまずまずといったところ。ちなみに4月中旬から屋号を変え、「伊駄天」の文字もなくなるので実質的な独立なのかな。

投稿(更新) | コメント (2) | このお店へのレビュー: 1件

「ラーメン(630円)」@第二旭の写真3/31(土)11:00 開店時待ちなし後4 

第一旭たかばし出身とのことで、豚メインの旨みがしっかり広がり、力強さが出ている。自分の肌に合うスープで、じわっと浸み入るようだ。醤油風味は軽く酸味を伴っている。

中太のストレート麺は加水率低めで噛むと沈み込むような歯ごたえ。

具は、太もやし。刻み青葱は九条ネギかな。チャーシューは、バラが1枚と脂身が少ない肩ロースらしきが2枚。ほどほどに柔らかく醤油風味は適度でまずまずおいしかった。

MAPで見つけたときは、東京曙橋にあった第二旭が藤枝で復活していたのかと一瞬驚いたが、別の店だった。それでも同じ第一旭出身だったので、好きな動物系ベースのスープが楽しめ満足した。

投稿(更新) | コメント (6) | このお店へのレビュー: 1件

「【限定】背脂二ボミソ(900円)」@麺屋 日出次の写真3/31(土)7:15 前1後2 

静岡駅周辺で朝ラーができる店。

無化調とのこと。濃厚でビターな二ボスープながら、麹感豊かな味噌風味がしっかりと広がる。背脂が浮いているが、こってりさは抑えられ、やや高めの塩分濃度を背脂のほの甘さが緩和する。無化調でも線の弱さはなく、程よい攻撃性を保ちつつ塩分濃度は高すぎない。バランスのよいスープだ。

京都ていがくの太平打ちの縮れ麺は、背脂二ボに定番の加水率高めのムチムチプリプリした弾力のある食感で、つるっとした表面がのど越しの良さも感じさせる。

具は、コリコリ感やや強すぎのメンマ。筋も目立つものでもう少し柔らかく煮込まれている方が自分の好み。岩海苔はそこそこ量があり嬉しい。三つ葉。刻み白葱。ざく切りの玉ねぎは少し辛みを残したもの。糸唐辛子は彩用で、アクセント程度。中厚の脂身が少しついた部位のものが2切れ。ほどほどに柔らかく、味の浸み込みもまずまずでおいしかった。

燕三条系の煮干を強めながら、味噌の風味もきっちり主張しており、うまくまとめ上げられた一杯だった。焼津や藤枝まで行かずとも静岡駅周辺で朝ラーができる貴重なお店。

投稿(更新) | コメント (2) | このお店へのレビュー: 1件

「台湾ラーメン(750円)」@赤のれんの写真3/30(金)18:25 貸し切り状態 

座敷のみなので必然的に靴を脱いで上がる。激辛とのポップどおり確かにしっかりした辛さがあるが、激辛というほどではなく難なく食べられるレベルで、本場味仙よりも1段弱い感じ。ベーススープの旨みも程よく出ていて、全体的にバランスの取れたものになっている。塩分濃度は高め。

ほぼストレートな極細麺は気持ち柔めだが、自分には丁度良い歯ごたえ。

具は、刻み葱。モヤシ。ニラ。挽肉は粒が大きく、量も見た目以上にあり、分量的にも満足。

街中華の出す台湾ラーメンということで、亜流のものを想像していたが、割合正当的な味わいでなかなか楽しめた一杯だった。

投稿 | コメント (4) | このお店へのレビュー: 1件

「濃厚豚骨らーめん(700円)」@博多らーめん 池めんの写真3/30(金)11:00 開店時二人待ち後続ぼちぼち 

お店の蘊蓄には脂を入れたこってりタイプではなく、豚骨密度が高いとある。実際そこそこ粘度があるも、こってり感は抑えられていて、豚の旨みのみがしっかり抽出・凝縮された感がある。十分に下処理して丁寧に炊き出しているようで、また豚頭を使用しているとのことなので、臭みもなくクリーミーで意外に食べやすい。醤油ダレは最低限のメリハリ付け程度の主張に抑えられており、全体としては味が強すぎず、どこか素朴な趣があるのもいい。

地元老舗の仲田食品による極細の軽く癖のついた麺は、麺のかたさは普通でお願いしたところ、かたくも柔くもない丁度良い歯ごたえ。

木耳。刻み葱。チャーシューは小ぶりなものとやや大ぶりなものが1枚ずつ。脂身が少しついた肩ロースらしき部位で、標準的な歯ごたえ。縁が黒く炙られているようだが、香ばしさは然程目立たない。

苦手なこってりタイプかとこれまで敬遠していたが、凝縮された感はあるも重さは然程でもなく、予想以上に食べやすい一杯だった。

投稿(更新) | コメント (2) | このお店へのレビュー: 1件

「支那そば(並)(450円)」@支那そば処 麦の写真3/30(金)8:30 前3後3 

志田系最安値?

ほんのり甘みのある醤油スープ。和風出汁を軸にした志田スタイルを踏襲しており、油不使用らしきすっきりさは朝からでも食べられるように配慮されている。

細平麺のストレートはしなやかな腰があり、啜りやすく良い歯ごたえ。

具は、あっさりした味わいのメンマ。刻み青葱は、このスープによく合っている。中厚・小ぶりのチャーシューが3切れ。いずれも脂身のほとんどない部位で、歯ごたえを残している分、微かにパサつきあるが、肉らしい質感を味わえる。

志田系のフォーマットを踏襲したこのエリアらしい一杯で、ワンコインでお釣りが来るこの安さがこちらの最大の特徴かも。

投稿 | コメント (2) | このお店へのレビュー: 1件

「【限定】辛トマトらーめん(850円)」@ラーメン ABE'sの写真3/29(木)18:20 前6後5 

清湯ベースなので、すっきりした中にトマトの酸味・旨みが程よく広がる。無化調で、丁寧に作られているようで雑味がなくクリアなスープ。さいの目状に切られたトマトの果肉が結構入っているので、それらをスープと一緒に含むとよりトマト感が増幅する。ちなみに辛みレベルはピリ辛程度で良いアクセント。油脂感は低い。

一杯目と似た感じの極細ストレートだが、こちらはかために茹でられているので、しっかりした歯ごたえ。小麦の風味は強い。

具は、輪切りの青葱。細切り白葱。メンマの味付けは薄く、コリコリ感は強い。中厚のバラロールは柔らかいがややしまりのない感じ。味の浸み込みはほどほど。

無化調らしい繊細さと雑味のないクリアなトマトの旨みが楽しめた一杯だった。

投稿 | コメント (2) | このお店へのレビュー: 1件

「ラーメン(700円)」@紅蘭の写真3/29(木)17:30 貸し切り状態 

ラードらしき油の層が表面を覆い、色黒なルックスの醤油がその下に揺れている。店に入る前から豚骨の臭いがしていたので、豚ガラメインと思しきスープは、分かりやすい旨みは抑えたシンプルな構成で、醤油のコクが前面に出ている。そのため、やや平板な印象もあるが、醤油風味や油の狭間から動物系のコクが時々顔を覗かせる感じは悪くない。

街中華には珍しい極細ストレート麺は気持ち柔めな歯ごたえ。メニューにとんこつラーメンがあるので、それを流用しているのかも。

具は、刻み青葱。メンマ。長方形のバラチャーシュー。柔らかくまずまずおいしかった。

街中華定番の懐かしの醤油ラーメンとは異なる一癖も二癖もある個性的なタイプの一杯だった。次回はとんこつラーメンを試してみたい。なお価格設定は気持ち高め。

投稿 | コメント (4) | このお店へのレビュー: 1件