なんとかデータベースラーメンカレーチャーハンぎょうざうどんそば
 

すいん

男性 - 埼玉県

埼玉県川口市在住。活動範囲は狭く埼玉県南部、東京都北部と職場近辺。元々は二郎系にハマった事から食べ歩きが始まり、現在は、担々麺、辛いラーメン、ラーショあたりに目がないです。

平均点 75.104点
最終レビュー日 2016年11月19日
509 397 0 807
レビュー 店舗 スキ いいね

「ヤバ辛(大辛) 880円」@越後つけ麺 維新 武蔵小杉店の写真職場のある武蔵小杉にオープンしたこちら。豚骨ベースのつけ麺屋さんらしい。
RDBで情報を見つけ、ランチに訪問してみた。

メニューはつけ麺のみの構成。
麺量は、並盛330g、大盛り500g、特盛660gですべて同料金とのこと。
辛つけ系は「辛とん(中辛)」「ヤバ辛(大辛)」の2種類。「ヤバ辛(大辛)」の並盛の食券を購入し着席。

待つこと10分弱で「ヤバ辛(大辛)」登場~!
さっそくいただきます。

まずは麺をつけてすすってみる。。。

つけ汁は、流行りの魚介豚骨ではなく、豚骨がベース。
粘度のあまり無いタイプのスープだが、豚骨から来る適度なコッテリ感がある。
辛味はラー油のような感じの辛さ。ヤバ辛でもむせるほどの辛さはなく、10段階評価で5辛程度か。
辛さの中に適度な甘みもあるがイヤミなほどではなく、辛さと全体の味の邪魔はしていない。
多めに振られたゴマも辛いつけ汁によく合っている。なかなかバランスのとれたつけ汁。

麺はツルツルとした麺肌の太麺ストレート。
何でもコシヒカリの粉を練り込んであるとか。コシヒカリのお陰でモッチリ、、
なのかはさすがに分からないが、モチモチ感とコシは申し分なし。
ただ、並盛330gとの表記だが、実感としては250gくらい。

具材は、越後名物もち豚(メニュー表記のまま)、太めのメンマに海苔。
もち豚は、薄めにスライスされたバラ肉が3枚程。適度な脂身があり柔らかくて美味しい。

麺を食べ終わるタイミングで店員のおねえさんから「おだし要りますか?」の声が。
こちらでは、スープ割りではなく、おだし割りと言うそうだ。
お願いすると、陶器製のお椀におだしが入って提供された。
セルフでスープ割り、、いや、おだし割りw を実施。割ったスープも美味しくほとんど飲んで完食!

流行りのつけ麺ではなく、豚骨ベースのつけ麺屋さん。
今回頂いた「ヤバ辛(大辛)」は、豚骨の適度なコッテリ感と辛味、邪魔にならない程度の甘みのバランスがよく、最後まで飽きずにいただけた。
ただ、価格がちょっと高いかな。。。コストパフォーマンス的には、同料金の麺量を多くしてトントンでしょうか。
麺のグラム数も、実感としては表記の2/3程度なので、少食な人でなければデフォで大盛りでもいいかも。

味的にはおいしく、満足出来ました!ごちそうさまでした~!

投稿 | コメント (3) | このお店へのレビュー: 1件

「辛つけ麺 780円」@つけ麺 津気屋 川口店の写真川口駅駅舎の真下に出来たつけ麺専門店。

大宮、浦和の埼玉県南地区でなかなかの知名度のあるお店と認識しているが、なんとかWalker的雑誌で目にする機会が多く、味一本でのし上がったお店というよりは、メディア戦略を上手く利用して勢力を広げた印象がある。

平日21:00過ぎ訪問。店内は8割強の入りで繁盛している様子。
券売機で「辛つけ麺」の食券を購入し、店員さんに指定された席に着席。
並盛・大盛りは同額とのことだが、並盛でオーダー。

各席には「5倍楽しむ方法」という指南書が。
それを読んでいると5分も待たずに「辛つけ麺」登場!早っ!w
さっそくいただきます!

辛つけ麺を出しているお店では、かなり刺激の強い辛さで提供しているお店が多く見られるが、こちらの辛さはかなり控えめ。最初は間違って普通のつけ麺を出されたのかと思ったほど。

つけ汁は中濃魚介豚骨といった雰囲気。
昨今の濃厚魚介豚骨ほどのクドさはなく、万人に受け入れられるタイプだろう。

店内の謳い文句でも店内に流れる「津気屋の歌(?)」でも、やたらと魚介をアピールしていたが、ガッと来るような魚介の主張はなく、醤油的な塩気が前面に出ているように感じた。
辛さレベルは低く、10段階評価で2辛程度。

ローストした全粒粉を配合したという麺は、やや黄土色がかっており見た目にもおいしそう。
コシという面では、他のつけ麺専門店に比べ今一歩に感じたが、食感は悪くない。

具材はメンマ一本と、ゴロっとしたチャーシューが3個くらい。
チャーシューは、トロトロ系の柔らかさで、醤油系の味付けがしっかりしているが強すぎず美味しい。

麺量250gくらいか。
最後に卓上のポットで割りスープをいただいてごちそうさま。

謳い文句には「濃厚」「魚介」という文字が強調されているが、どちらもそれほどでも、、といった印象。
ただ、逆に変に濃厚過ぎないので食べやすく、万人に受け入れられるタイプにも感じた。
そこが人気なのかもしれない。駅至近の簡便さもありがたいところだろう。

個人的には、辛つけで辛さを楽しめなかったのは残念。

ごちそうさまでした!

投稿 | コメント (1) | このお店へのレビュー: 1件

「ネギつけ麺 750円」@ラーメンショップ 鹿浜の写真うだるような暑さの土曜日。
ほとんどつけ麺を食べないラーメン派の私でも、ラーメンはちょっと・・・と思ってしまうほど。

そう言えば自宅からほど近いラーショでもつけ麺を提供している事を思い出した。
ラーショのつけ麺とは是如何に?気になり訪問してみた。

店舗の道斜め向かいにある駐車場に車を停め、店舗へ。
メニューはラーメン系のみ表記されているが、プラス100円でつけ麺に出来るとの貼り紙が。
ネギラーメンをつけ麺でオーダー。

待つこと10分弱で「ネギつけ麺」(ネギラーメンのつけ麺バージョン)登場!
さっそくいただきます!

気になる麺を見てみると、つけ専用の麺がある訳ではなかった。
あくまでもラーメンをつけ麺仕様で頂くもの。まあ、分かっちゃいたけどw
麺自体はラーショらしい中細麺。

つけ汁自体は、ベーシックなラーショのスープに塩気を強めに効かせた感じ。
つけ麺なので、味付けを強めにしているのかもしれないが、それに加え、投入されているネギにつけられた醤油ダレがスープに溶けこんだため、塩気を強く感じるように思う。

つけ汁には、思った以上にネギが大量に投入されており、通常のネギラーメンの倍以上は入っているように思える。
隣りの運ちゃんが食べていたつけ麺をチラ見すると、通常のつけ麺でもネギが入っている模様。
「ネギつけ麺」にしたため、更にネギ増しになってこうなったようだ。

麺量250gくらいか?

初めて頂いたラーショのつけ麺。
以前に職場近くのお気に入りの家系のお店でつけ麺を食べた時も思ったが、つけ麺は専門店で食べるに限る。。
ちょっとショッパさが前面に出てしまって、ラーショ独特の微妙なコッテリ感とユルめの出汁感を楽しめなかった。

いつもラーショのラーメンばかり食べていて「暑いしたまにはつけ麺でも」という方にはいいかも知れません。

ごちそうさまでした!

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 2件

「酸辣湯つけ麺 (期間限定) 580円」@かかしのラーメン 氷川町店の写真国道17号から川口へ向かう途中に、デカデカとお馴染みヤジロベエのキャラクターが。どっこい、山田うどんではなくラーメン店。
さんのレビューにて本メニューの存在を知り訪問。

「かかしのつけ麺」シリーズは、期間限定。
酸辣湯つけ麺 580円、和風しょうゆつけ麺 580円 ピリ辛つけ麺 580円
のラインナップ。(いつまで限定なのかは分かりません^^;)

ファミレスライクな広々とした店内。着席し「酸辣湯つけ麺」をオーダー。
待つこと15分ほどで「酸辣湯つけ麺」登場!さっそくいただきます!

まずは麺をつけ汁につけてすすってみる。。。

酸辣湯麺は、あまり経験がないが、酸味とピリっとした辛味のバランスがいいですね。
溶き卵も入っているので、酸味と辛味をドギツくさせず、まろやかさを加えてくれている。

具材としては、豚バラスライスが入っていたが、ゴマ油で炒めて、そのまま中華鍋でつけ汁を作っているのだろう、つけ汁の中にゴマ油の香ばしい香りも感じた。
さらにオクラによるものか、軽く粘り気があり、これが麺との絡みを良くしてくれている。
つけ汁、なかなかウマイです。

麺は、縮れのある黄色い中太麺。いわゆる中華麺をちょっと太くしたタイプ。
茹で上げから水でシメているのだろうが、ちょっと提供まで放置されたのか、麺がダマになってくっつき合っていた。
まあ、つけ汁に入れてほぐせばいいだけの事だが。。

つけ麺は、麺量1.5倍とのこと。250gくらいかな。
個人的には、つけ麺は後半もたれ気味になってしまう事が多いが、スッキリした酸味と辛味のお陰でもたれること無く完食できた。

ちょっと珍しい酸辣湯のつけ麺。まさかの山田うどん系列のラーメン店での提供。
麺はチェーン的でこれといった特徴がなかったが、つけ汁の酸味のラー油系の辛味のバランスがよく、なかなか美味しかった。
価格的にも納得出来る。同行者のラーメンは今ひとつだったが。。
いつまでの限定か分からないが、興味のある方はどうぞ。

ごちそうさまでした~。

投稿(更新) | コメント (3) | このお店へのレビュー: 1件

「もりそば 680円」@池袋大勝軒 蕨店の写真前回臨休でフラれたこちらへ訪問。

土曜11:30頃到着。
週末ということもあるだろうが、9割程度の入りでほぼ満席。おじいちゃんや、親子、ジャージ姿の若者等の客層でご近所から愛されているお店であることが分かる。

前回訪問時は、中華そばを頂いたので今回は「もりそば」の食券をポチリ。
着席し、待つこと10分ほどで「もりそば」登場!さっそくいただきます!

麺をスープに付けてすすってみる。。。

適度な動物プラス魚介出汁に、酸味と甘みがプラスされたつけ汁が、中太麺に絡んでウマイ。
スープを直接飲んでみると意外に酸味が強い事に気付く。
ただ、麺をつけて頂く分には、酸味、甘みともに適度でイヤミになる程ではなく、食べやすい。

麺は、大勝軒らしい白い麺肌の中太ストレート。モッチリ感が強い。
個人的にはもうちょっと噛みごたえというか、コシがあった方が好みかな?

具は、半分にカットされた煮玉子、大きめのチャーシュー、メンマにナルト。
チャーシューは、大きく厚みも5mmくらいで十分。ロース肉らしく噛むと繊維で千切れる肉肉しい食感。中華そばに入るものを半分にカットしただろうが、2枚入っており、ボリューム、味ともに満足。
多めのメンマも嬉しい。

麺量350g。

大勝軒らしい甘酸っぱいつけ汁だが、甘みも酸味も控え目で食べやすい。クラシカルで派手さはないが、その分飽きが来ない一品だろう。「地元で愛されている」感が出ているのも納得。

こちらでは「中華そば」と「もりそ」ば両方いただいたが、個人的には「もりそば」の方がオススメかも。満足しました!ごちそうさまでした~!

投稿 | コメント (3) | このお店へのレビュー: 2件

「激辛つけ麺 (並盛り) 800円」@中華蕎麦 玄瑞の写真普段つけ麺専門店には食指の動かないワタシではあるが、とあるメニューに惹かれ訪問。「辛つけ麺」はよくあるが、こちらには「激辛つけ麺」なるメニューがある。

平日16:30頃到着。地下の店内は、カウンターのみの狭い空間。入り口の券売機で「激辛つけ麺」の食券を購入し着席。

カウンター内の厨房では、男性店員さん2名。(プラス帰り支度をしている女性店員さん) Tシャツには、はつがいの文字が。あさか 麺工房、 朝霞本店中華蕎麦 瑞山(ZUIZAN)中華蕎麦 玄瑞という流れのようだ。待つこと10分少々で「激辛つけ麺」登場!オレンジがかったつけ汁には、海苔のイカダの上に粗びきの赤唐辛子粉が。さっそくいただきます!

まずは、赤唐辛子粉は混ぜずに麺をつけて頂いてみる。。ん?ちょっと想像していたのとは異なり、コチュジャンのような辛味噌プラス甘みが主体の味。厨房内には豆板醤と思われるビンがあったので、豆板醤に砂糖をプラスしているのかも。しかし味わいは豆板醤よりもコチュジャンベースに近い感じ。そのためかやや韓国風の味付けに感じる。さらにトマトのような酸味も感じた。

麺は、モチモチというよりは、粉っぽくボソっとした食感。ちょっと苦手なタイプ。

具では、メンマがおもしろい。タケノコを穂先の方まで長細くカットしたものが使われておりオリジナリティを感じる。食感、味ともにマル。他にはウズラ、角切りの豚バラ肉。

激辛を謳っているだけあって、唐辛子粉まで溶かし込むと唇がヒリヒリするくらいの辛さがある。10段階で6辛くらい。まあ、激辛でしょうか。ただ、なぜか動物系のコクをあまり感じる事が出来ず、辛さが浮いてしまっている感じがあった。動物系のコクにプラスしっかりした辛さを期待しただけに残念。そのせいか、後半戦はダレてしまった。

麺量は並盛りで250gくらいか?スープ割りをしてごちそうさま。

妙な甘さはなくトマト(?)のような酸味も面白かったが、スープの出来がもう一つだったのか、全体にまとまりがない印象を受けてしまった。つけ麺のみの提供だが、親元の「中華蕎麦 瑞山(ZUIZAN)」では、ラーメン系もやっているようなので、ラーメンの提供があれば再訪してみたい。ごちそうさまでした!

投稿 | コメント (1) | このお店へのレビュー: 1件

「ブタカラツケ(辛さのみハングレ)+ライス 820円+100円」@カラツケグレの写真五反野の新店。普段「つけ麺専門店」には食指が動かないワタシではあるが、辛つけ専門という珍しさが気になっていた。調べると閉店した「醍醐 神楽坂店」の関連店とのこと。

日曜13:30頃到着。入口の券売機で辛さ最高の「ハングレ」を購入しようと思ったが、見つからず(単に見落としていただけだった)、「ブタカラツケ(辛さ4)」の食券を購入。

着席し食券を渡す際、「一番辛いのってハングレですよね?一番辛いのに出来ますか?」とお願いすると「かなり辛くなりますが大丈夫ですか?」と警告が。そこは、「大丈夫です。」と平静を装いスルー。

後で気づいたが、「ハングレ」に変えて欲しい事を伝えたつもりが「ブタカラツケ」のまま、ハングレ同等の辛さにして欲しいと取られたようだ。かくして待つこと10分で「ブタカラツケ(辛さのみハングレ)」登場!さっそくいただきます!

特徴的なのは、トゥッペギという韓国の1人用土鍋で提供された点。つけだれの赤と相まって韓国のチゲを思い出させる。さっそく麺を投入してすすってみると。。

おお!辛いw かなりしっかりした辛さは期待通り。ただ、甘みもかなり強く出しており、人によって好みが分かれそう。

「ブタカラツケ」で注文が通ったからだろう、薄切りの豚バラを一口大にカットしたものがたくさん入っていた。「ハングレ」を注文するつもりが「ブタカラツケ」になってしまったが、豚バラ好きとしては怪我の功名。豚のエキスと脂が、つけダレにしみ出してウマイ。やっぱり唐辛子と豚バラは相性がいいねぇ。

麺は、浅草開化楼謹製。ツルツルとした喉越しの太麺は、ブランド麺の先入観もあってか、安定感がある。つけだれの適度な油も、麺との絡みを良くしている。

辛さは、最高にしたこともあって、唇がヒリヒリ痛いレベルの辛さ。単に唐辛子を大量に使っているのではなく、辛さの強い唐辛子を使っているのだろう。辛さのレベルは10段階で7辛くらい。「世間一般で言う激辛」を一つ越えたレベル。

麺量250gくらいだろうか。

メシ割りをしたくて、ごはんを追加注文。すると、これまた韓国式にフタ付きの鉄のお椀(コンギ)で提供された。そのままトゥッペギ内にドボン。まるでスンドゥブチゲを食べているような気分になった。
http://photozou.jp/photo/show/737758/58566834

辛つけのみで勝負しているだけあって、十分に満足のいく辛さだった。最後のメシ割りまでウマ辛が楽しめる。韓国のチゲ+日本のつけ麺といったフュージョン感も目新しさがある。辛いものが好きならオススメしたい。堪能しました!ごちそうさまでした!

投稿 | コメント (6) | このお店へのレビュー: 1件

「つけそば (250g) 550円」@大勝軒まるいち 川口店の写真マーツー(スミマセン、一度使って見たかったので^^;)が以前訪問した「大勝軒 滝野川店」をいたく気に入ったらしく、大勝軒のラーメンを食べたい!とのリクエスト。ということで、アクセスも便利な地元川口のこちらへ訪問。

土曜12:30頃到着。店内8割の入り。大勝軒まるいち各店では、月替わりの限定メニューをやっている。川口店の11月の限定は、「ニラタマあんかけラーメン」。イマイチ惹かれないため「つけそば」の食券を購入。

この「つけそば」、実は、今年の夏の限定メニューの一つだった。しかし、やたら長かった夏の影響なのか、はたまた、評判が良かったからなのか、11月の現在でも、大勝軒の定番「もりそば」と並行してこの「つけそば」が提供されている。この「つけそば」が提供されているのは、大勝軒まるいち各店の中でもこの「大勝軒まるいち 川口店」だけだろう。それだけ安定した人気を誇るメニューに成長したと言えるだろう。

食券回収時、麺量250gと350gから選べるとのこと。250gでオーダー。着席し、10分ほどで「つけそば」登場!さっそくいただきます!

まず、つけ汁の丼は、「もりそば」よりも二回り程小さく、チープ感がある。しかも、この「つけそば」は、日本蕎麦のざるそばからヒントを得ているとのことで、具はネギ、海苔以外にない。その分、価格が550円と抑えられている。

麺をつけ汁につけてすすってみる。。酸味が少なく甘みが強いのは、「まるいち」らしいと言えばらしい。ただ、その甘みは、もりそばに見られる嫌味な甘さからは一歩抑えられている。その分、カエシと魚介出汁の主張が前面に感じられる。

麺は、「もりそば」と同じものだろう。中太のストレート麺。モチモチ感が高く小麦の風味も強い。大勝軒系の麺として不足はない。ズルズルと気負いせずに食べられるところは、確かに日本蕎麦のようでもある。

麺を食べ終え、スープ割りをお願い。戻ってきたスープは、煮干の出汁感が強く出たスープがプラスされており、これはこれで美味しかった。ここに麺を入れていただいてもあっさり味を楽しめそう。

おそらく「大勝軒まるいち」の中でも「大勝軒まるいち 川口店」でしか提供されていないだろう「つけそば」。具がない代わりに550円という割り切った価格と(「まるいち」としては)甘みが抑えられたつけ汁は好印象。元々夏の限定メニューとして登場した一杯が、レギュラーメニューにならんとしているのも納得出来る。「もりそば」の甘さがキツイ人は、こちらを試してみるといいだろう。

出来れば川口店の月替わりの限定でも汁なし系をやってもらいたいが。。。満足しました!ごちそうさまでした!

投稿 | コメント (6) | このお店へのレビュー: 7件

「つけそば 700円」@丸長 坂戸店の写真ずっと来たかったこちらへようやく訪問。

平日10:30頃到着。坂戸駅前のコインパーキングに駐車し徒歩で店舗へ。「開かずのシャッター(?)」に暖簾が掛かっているのが見える。予習した通りの方法で店内へ入ると8割程度の入り。L字型のカウンター内は、お年を召したご夫婦と青年。入り口付近にも青年1名の4名。

カウンター上に貼ってあるメニューを見ると「ラーメン」もありますね。。かなり惹かれます。。しかし、ここはやはり「つけざる」をオーダー。。したつもりだったが、待つこと5分ほどで登場したのは「つけそば」!(「つけざる」の盛られる海苔が乗っていない事に後から気が付きました。) さっそくいただきます!!

まず麺をつけ汁につけてすすってみる。。

つけ汁は、塩辛さよりも甘みが強いタイプ。かと言って嫌味な甘さではなく、癒しを与えてくれるもの。大勝軒系によくあるタイプの味なんだけど、バランスが良いというか、飽きが来ない。秀逸。

麺は、白い麺肌の中太麺。ほぼストレート。ムチッとした噛みごたがあり、小麦の風味も強い。

つけ汁には、メンマ、千切りにされたチャーシューがイン。麺と一緒に食べるのにちょうどよいサイズ。チャーシューはしっかり味付けがされていて、ウマイ。

麺量250gくらいか。個人的につけ麺はあまり食べない。その理由は、つけ汁の強さや麺量の大さからか、食後に妙にもたれる感じがあるからだ。しかしこちらの一杯は、そうした感じはなく、むしろ「もっと食べたい」と思わせるものがあった。

何でしょう。驚くような美味しさよりも、安心感のある美味しさっていうんでしょうか。甘めのつけ汁は、大勝軒系ではよくあるタイプだが、甘さに嫌味がなく、バランスも良く飽きが来ない。しかも、また食べたいと思わせる不思議な力がある。なんの変哲もないつけそばなのに。不思議です。ウマかったです!ごちそうさまでした!

投稿 | コメント (7) | このお店へのレビュー: 1件

「つけ麺 700円→試食価格500円」@宮崎とんこつラーメン神楽 川口店の写真某巨大掲示板の川口板にて、こちらで新作つけ麺の試食会と称し、つけ麺を500円で提供しているとの情報を得て訪問。

平日19:30頃到着。店外に張り巡らされたビラによれば、10/04(月)~10/08(金)まで、つけ麺が通常価格700円のところ500円とのこと。麺量は大盛り500gまで無料。入口の券売機で「つけ麺」の食券を購入し着席。先客5名ほど。

こちらでは、川口のラーメン店にしては珍しく製麺室がある。中ではお年を召した方が製麺を行っていた。券売機を再度チラ見すると「辛つけ麺」や「ゴマつけ麺」、さらに「辛ゴマつけ麺」なんてのもある。(店舗情報更新しておきました。)待つこと10分ほどで「つけ麺」登場!さっそくいただきます!

麺をつけてすすってみる。。つけ汁は、いわゆる魚介豚骨で、動物系のコクが強め。軽く粘度があり麺との絡みも良好。全体的なバランスの良さもなかなか。ただ甘みが強いのが好みが分かれる所だろう。バランスは、悪くないだけに残念。個人的には、もう少し甘みを抑えて、節系の魚介出汁を前面に出した方がいいように思えた。

麺は、白い麺肌の太麺。よく締まっており、小麦がギッチリ詰まった感じも良好。讃岐うどんのようなコシもある。やはり自家製麺。先入観もあるだろうがウマい。

具は、メンマ、角切りチャーシュー。どちらも甘め濃い目の味付け。

甘みが強すぎるきらいはあるものの、魚介豚骨つけ麺としては、なかなかの出来。川口駅周辺のつけ麺を出す有名店に比べても引けは取っていないと思う。特に麺のウマさは秀逸。

並み居る強豪店に対抗して新作メニューで挑む心意気は買いたいが「魚介豚骨つけ麺」自体にいまさら感があるのも事実。ただ、川口でつけ麺の選択肢としては、十分にアリだと思う。ごちそうさまでした!

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 2件