なんとかデータベースラーメンカレーチャーハンぎょうざうどんそば
 

すいん

男性 - 埼玉県

埼玉県川口市在住。活動範囲は狭く埼玉県南部、東京都北部と職場近辺。元々は二郎系にハマった事から食べ歩きが始まり、現在は、担々麺、辛いラーメン、ラーショあたりに目がないです。

平均点 75.104点
最終レビュー日 2016年11月19日
509 397 0 807
レビュー 店舗 スキ いいね

「ソース油そば(焼きそば風) 並650円」@麺屋 松尾の写真ラーメン屋のメニューに存在してもレビューをするとグレーの刑に処せられてしまうメニュー
「焼きそば」

しかし!こちら「麺屋 松尾」さんの新メニューは、堂々とレビューできます!
だって「焼きそば風油そば」なんだもん♪

ということで、過去に果敢にも(?)焼きそばのレビューをアップし、グレーの刑に処せられたレビュアー諸氏の悲哀を胸に、いざ「ソース油そば」を頂きに!

土曜13:30頃到着。

なんとこちらは、製麺所が本業で、作業場の一角にイートインコーナーを設けたような、他ではお目にかかれない業態が特徴。
オープン当初からあれよあれよとメニューが増え、今回のターゲット「ソース油そば(焼きそば風)」以外にも「明太マヨネーズ油そば(イタリアン風)」「カレーチーズラーメン」といった変わり種メニューも登場。(詳細は、店舗情報参照)

着席するやいなや「ソース油そば」を並盛でオーダー。
製麺所だから、、なのかは分からないが、全てのメニューで麺量が細かく指定出来、油そばは、小、並、大、特盛の指定が可能。

待つこと10分弱で「ソース油そば」登場!!
未知なるメニューにどのような姿で登場するのかと思いきや、見た目は油そばライクな面構え。

しかし、鰹節粉、天かす、キャベツ、青のり等、「焼きそば」を連想させるアイテムが顔をのぞかせる。
それ以外には、刻みタマネギ、揚げニンニクフレーク、ハム状のチャーシューといったところか。

さらに味変アイテムとして、紅しょうが、ラー油、マヨネーズ、ソースが提供された。

よ~くマゼマゼしていただきます!!

ひとしきり混ぜた後、味変アイテムのマヨネーズ投入!
するともう完全に焼きそばな面構え(笑)
http://photozou.jp/photo/show/737758/121309246

中太の自家製麺に濃厚な焼きそばソースが絡んで味わいはまさに「焼きそば」そのもの。
焼いていない分香ばしさは乏しいが、ソースと揚げニンニクのフレーク等のアイテムがスパイシーさを添加して不足感は全くない。

むしろモッチリ感の強い麺と濃厚焼きそばソースの相性はすこぶる良好。
さすが製麺所と思わせるものがある。

途中、紅しょうが、ラー油の味変アイテムを導入しつつあっという間にごちそうさま。

「焼きそば風油そば」という禁断のキワモノメニュー(?)だったが、焼きそば好きにもオススメ出来る満足な一杯だった。
立地がネックでほとんど話題になっていないが、製麺所メインのラーメン屋さんなので社会科見学気分で訪れてみても面白いかも。

次回はイタリアン風という「明太マヨネーズ油そば」かな。
ごちそうさまでした!

投稿 | コメント (6) | このお店へのレビュー: 4件

「特製鶏まぜそば 650円」@麺処ひがきの写真今年の夏、竹ノ塚にオープンしたお店。

オープン当初は、超濃厚つけ麺がウリだったようなので足が向かなかったが、先人達のレビューより、現在「まぜそば」の提供を行なっているとの情報を得て訪問。

土曜 14:30過ぎ到着。

入り口の券売機には、「本日はまぜそばのみの販売になっています」との告知が。
情報通り、しばらくまぜそば一本での提供のようだ。

券売機で「特製鶏まぜそば」の食券を購入し着席。
待つこと5分少々で「特製鶏まぜそば」登場!

おおお!まるごと一枚乗った胸肉がインパクト大!!
さっそくマゼマゼしていただきます!

「まぜそば」と言っても、粘度低めのスープがそれなりに入っており、ラーメンと汁なしの中間と言った感じ。
スープは鶏の旨みとコラーゲンが出ており、鶏料理屋でサービスで出される鶏スープからさらに旨みを凝縮させたような感じ。
味付けも醤油というよりは塩だろうか。

麺は黄色い麺肌の中太縮れ麺。

味の強いまぜそばをイメージしていたためか、食べ始めこそ塩気が足りないような感があったが、クドさがなく、円やかな仕上がりは鶏ならでは。

具は、万能ねぎ、みじん切りのタマネギにメンマ、温玉。
そして圧巻は鶏の胸肉。まるごと1枚乗っているだろう。
味付けはほとんどされていないが、しっかりと煮込まれていて、繊維でホロリと崩れる柔らかさ。
端で崩せるくらい柔らかく煮込んである。蛋白な鶏肉の味に、強烈なブラックペッパーの刺激がよく合う。

麺量は並で200gあるかないかくらい。
麺を完食しても、丼 1/3 程度のスープが残った。
これにライスを投入したらウマそうだが、後の予定もあるので、おあずけに。
結局スープを残すのがもったいなく、ほとんど完食完飲してしまった。

鶏を前面に押し出したまぜそばは、ありがちなクドさがなく、まぜそば/油そば系が苦手な人にもオススメ出来る。
並盛650円で、麺量も十分あるし、何よりやわらかな胸肉がまるごと1枚乗って、コストパフォーマンスも申し分ない。

超濃厚つけ麺、鶏まぜそばと来て、これから寒くなる季節、ラーメン系をやってくれないかなぁ。
その際は是非再訪問させていただきます!

うまかったです!ごちそうさまでした!

投稿 | コメント (4) | このお店へのレビュー: 1件

「짜장면(チャジャンミョン) 4,000W」@開花の写真またもや韓国にやって来ました。
ソウルの有名な繁華街であるミョンドンで昼食にチャジャンミョンを頂くことに。

インターネットで「ミョンドン チャジャンミョン」「ミョンドン チャジャンミョン おいしいお店」等のキーワードで(韓国語で)検索するとだいたいこの店がヒットする。

ちなみに「チャジャンミョン」とはいわゆるジャージャー麺の事。
韓国では子供から大人まで絶大な人気を誇る国民的麺料理。韓国で中華な麺料理と言うと、まず「チャジャンミョン」か「チャンポン」の2択。

平日13:30頃到着。
先客2名は日本人のおばさま2名。テーブルにぎっしり結構な量の料理をオーダーしている。
着席し「チャジャンミョン」と「チャンポン」をオーダー。
待つこと10分ほどで「チャジャンミョン」登場!さっそくいただきます!

まずはよくマゼマゼして麺をすすってみる。

韓国のチャジャンミョンは、春醤(チュンジャン)という日本では馴染みのない味噌がベースになっているが、この春醤に独特の苦味があり、個人的にはあまり好きではない。
しかしこちらのチャジャンミョンは、苦味もあまり感じず、炒めたタマネギ、豚肉の旨味がよく出ている。
ただ、餡自体に油がおおく使われており、結構オイリーなのが気になった。

韓国で食べる中華料理の麺類は、ほぼ生地を伸ばして本数を増やしていく手延べ麺。
こちらの麺もそうなのだろう。一般的なチャジャンミョンに比べるとやや細めに感じたが、手延べ麺独特のコシがあっておいしい。

麺量200gくらいか。

事前にインターネット上で調査した所だとそれなりの評価があったので期待していたが、まあ普通w
韓国至る所で食べられるメニューだけに、わざわざここで食べる必要もないかも。
ただ、オイリーさはあったものの、チャジャンミョン独特の苦味のあるクセは控えめで食べやすかった点と、麺にコシがあり美味しかった点は評価したい。

잘먹었습니다~ (ごちそうさまでした~)

投稿 | コメント (1) | このお店へのレビュー: 1件

「特製ソースかけ刀削麺(油泼面) 700円」@西安刀削麺 福の市の写真2度目の訪問。
前回訪問から間髪入れずに訪問したのは、表題のメニュー「特製ソースかけ刀削麺(油泼面)」が大いに気になっていたから。
こうした変わり種メニューはRDB的に需要はないだろうが、個人的にはすぐ飛びつきます。

メニューには、すべて日本語と中国語で表記されているが、このメニューは日本語では「特製ソースかけ刀削麺」。
全くおいしくなさそうな表記w しかもどんな一杯だか全く想像を掻き立てない。

しかし!中国語表記では「油泼面」。真ん中の文字は日本の常用漢字では出て来ません。

ということでとある祝日、13:00過ぎ頃訪問。先客3名。

特製ソースかけ刀削麺(油泼面)はランチメニューにないが、そのままオーダー。
待つこと10分少々で「特製ソースかけ刀削麺(油泼面)」登場!
提供時、下から混ぜて食べるようにとのレクチャーあり。さっそくいただきます!

全体的な印象を一言で言うと中華な旨みと香辛料が効いた油そば。
タレは、中華風旨み成分に、ほのかな麻辣風スパイス、更に酢由来の酸味感じる。
油+スパイシー+酸味が特徴かな。ちょっと日本にはない感じ。

提供時は、表面に浮かぶ油がスープのように見えたが、混ぜてみると麺と絡んで確かに汁なしっぽくなる。

生地の塊をシュッシュと削って茹でた刀削麺は、モッチリ感が強く麺というより練り物を食べているよう。
さらに油と絡んでややベタつきがある食感。このあたりは苦手な人もいるだろう。

麺の上には茹でた千切りキャベツ、モヤシが乗る。
前回のマーラーメンでもこのキャベツがいい役割を果たしてくれたが今回も同様。
この手のラーメンでは他の店ではあまり見ないトッピングだが、麻辣系にはよく合います。

麺量は多めで200g強くらいか。
油が重かったせいもあるが、なかなかの満腹感を味わえた。

後で調べると「油泼面」の読み方はヨーポーミェン。
熱した油をかけるのが特徴のようで、「油泼面」の「泼」という漢字は、撒く、ぶちまけるという意味があるそうだ。
こうした特徴のためオイリーで、万人にオススメ出来るメニューではないが、日本でこのメニューを食べられるお店もそうそうないだろう。
前回頂いたマーラーメンも印象がよく、全体的にレベルの高さを感じる。
小さなお店だが個人的にはオススメ。

ちなみに餃子もあわせて頂いたが、小籠包的に噛むと肉汁がジュワっとあふれて美味しかった。
表の看板には「麻辣餃子」と大きくあるが、麻辣ではなかったな。。

ごちそうさまでした~!

投稿 | コメント (3) | このお店へのレビュー: 2件

「食べラー麺 700円」@珍來総本店 八潮ドライブイン店の写真珍來と言えば埼玉の県南地区および東京の城東地区を中心に展開するグループ店。

そのホームページによると総本店による直営は3店舗で、それ以外は独立開業したオーナーによるお店だそうだ。フランチャイズというより、暖簾分けに近いイメージでで展開しているお店のようだ。

とある休日、三郷のコストコからの帰りにこちらへ訪問。この店舗は総本店の直営で、しかも製麺専用の小屋が敷地の奥にある。

入店しテーブル席に着席。メニューを拝見。
らーめん、味噌らーめん、タンメンといったお馴染みのオーソドックスなメニューに加え、背脂入りのこってりらーめん、麻婆豆腐入りの麻婆麺、外にもデカデカと看板を掲げる担々麺等、マイ琴線に触れるメニューが目白押し。

そんなグランドメニューを押しのけ、ペラの別メニューに魅惑のメニューが!
珍來手作りな食べるラー油押しのメニューだが、その中に「食べラー麺」なるメニューを発見!

「食べるラー油」という響きに、いまさら感は感じるが「食べラー麺」をオーダー。
待つこと10分少々で「食べラー麺」登場!さっそくいただきます!

まずはよくマゼマゼして麺を頂いてみる。。。

ファーストインパクトは、自家製麺のモッチリ感と、それに絡みつくラー油から来るベットリ感。
食べ始めてから当たり前の事に気づいてしまったが、ちょうど油そばを食べている感じに近い。

上にのっかる「食べるラー油」は、干しエビや、カシューナッツ、ゴマ、ニンニク、タマネギなどが配合されている。
辛さは10段階評価で3辛程度だろう。食べやすい辛さ。

麺は、自然な縮れのある自家製中太麺。
加水率は高めのようだが、しっかりしたコシとモッチリ感が楽しめる。
なかなかウマイ。

具材である白髪ネギは、太め長めのカット。
ちょうど反発力の残る太さ、長さなので、ネギの先端から発射されたラー油が白いシャツに付着する危険がw
それはともかくとしても、何より食べづらい硬さと長さ。もうちょっと短く細くのほうが食べやすいのに。ちょっと処理に雑さを感じる。

千切りにされたチャーシューは、柔らかく、適度な塩気があってマル。

麺量200gあるかないかくらい。
本メニューの能書きには「最後に残ったラー油と具をライスにかけてお召し上がり頂くと、二度美味しさが楽しめます。」と書いてあったのでライス付きなのかと思いきや、ライスなし。
二度美味しさを楽しむためには、ライスを追加オーダーする必要があるようなので、メシ割りは断念。

物珍しさにつられてオーダーした「食べラー麺」。
自慢の自家製麺+自慢の食べるラー油の相乗効果で未知のウマさが発見できるか?と期待したが、油そば系によくある重さがちょっとキツかった。白髪ネギの処理の雑さも気になった。
ただ、麺の美味しさはさすが自家製麺。店舗併設の売店での一つ70円で販売しており、買って帰ろうかと思わせる。

地元川口の珍來も長いことご無沙汰なので久しぶりに足を運んでみようかな。
ごちそうさまでした~!

投稿 | コメント (2) | このお店へのレビュー: 1件

「汁なし四川麻辣担々麺 ⑦辛 780円」@濃厚担々麺・らーめんつけめん 仁の写真川口は樹モール商店街に今年オープンしたこちら。
オープン当初にはなかった「汁なし」が提供されているとのことで再訪してみた。
本日厨房内は、演歌が似合いそうな店主殿は不在の模様。

着席しメニューを拝見。

汁なし系は「汁なし担々麺」「汁なし四川麻辣担々麺」の二種類。恐らくそれぞれが「濃厚担々麺」「四川激辛担々麺」の汁なしバージョンという位置づけだろう。
「汁なし担々麺」は3辛と5辛を、この「汁なし四川麻辣担々麺」は5辛と7辛を指定可能。

中華な女性店員さんに「汁なし四川麻辣担々麺」を7辛でオーダー。
ランチタイムはライス無料なので合わせてオーダーしてみた。

待つこと10分弱で「汁なし四川麻辣担々麺」登場!

と、担々麺と一緒に吉野家で言う所のギョク状態で、生卵が提供された。
これを投入せずに、麺をつけて食べるようにとのレクチャー。いわゆる「すき焼き」ですな。

さっそくマゼマゼしていただきます!

汁なしのタレは、あらかじめ麺に絡めてあるタイプ。これにそぼろ、モヤシ、ゴマ等が絡む。
名前の通り唐辛子と山椒の麻辣的辛さ先行するが、山椒のシビレは幅が思った以上に小さい。
辛さレベルでは10段階評価で6辛~7辛くらいか。

やや平打ちの麺は、浅草開化楼謹製。さすがモッチリで美味しい。
この麺を別皿提供の溶き卵につけて頂くことで、辛味にまろやかさがプラスされ美味しい。

しかし!
ある「作戦」が思い浮かび、あえて卵を半分くらい残して麺を完食。


さて。。。ここで「作戦」実行!
半分程度残った溶き卵にランチサービスのライスを投入。
さらに汁なし担々麺の残った挽肉とモヤシをそこに投入!
かくしてTKG麻辣バージョンの完成!
なんとこれがウマイ!!(レビュー写真右下に小さくカットインさせてみましたw)
夢中でいただきごちそうさま!

別皿提供の生卵は面白いアイテムだが、生卵につけること前提のチューニングなのだろうか。
シンプルな麻辣に固執したのが裏目に出たのか、正直な所、汁なし担々麺としては奥行きのある広がりが感じられず、生卵につけることで何とか体裁を保っているようにも感じてしまった。

ただ、おかげでTKG麻辣バージョンという面白い発見は出来ましたw

メニュー構成からも他にはない個性を感じるし、にわかにラーメン激戦区になりつつある川口では異彩を放つお店であることに間違いはない。
個人的には応援しています!ごちそうさまでした~!

投稿(更新) | コメント (0) | このお店へのレビュー: 2件

「汁なし担々麺 780円」@功夫担担の写真南浦和にオープンした新店に訪問。
しかも担々麺・水籠包専門店という異色さ!早速訪問してみた。

日曜11:45頃到着。
担々麺専門店と異色な業態にいらぬ心配をしていたが、先客2名に後客2名と、思った以上に(失礼)健闘しているようだ。

着席し、中華な女性スタッフさんに「汁なし担々麺」を一番辛いのでオーダー。
「辛いですけどダイジョブですか?」とお約束のチェックが入ったが、涼しい顔で受け流す。

ちなみに辛さは4段階。
1. 南拳(普通)
2. 小林拳(ちょい辛シビレ)
3. 太極拳(辛シビレ)
4. 道場破り(激辛シビレ)

待つこと5分少々で「汁なし担々麺」登場!ライスは店内の炊飯器でセルフサービスとのこと。
さっそくいただきます!

まずはよくマゼマゼして麺をすすってみる。。。

・・・・うぉぉぉ!!w

さすが最高ランクの道場破り!!(激辛シビレ)。一口目から花椒のシビレがキテる!
恐らくゴマ、唐辛子もしっかり効いているのだと思うが、いかんせん花椒のシビレが強い。
花椒のシビレに慣れてくると、花椒のスースーする刺激の合間を縫って、芝麻醤のコクや甘みを感じる事が出来る。
シビレが強くよく分からなかったが、「自家製ラー油、特選芝麻醤、四川花椒使用」という能書き通り、なかなか凝った造りをしたタレのようだ。

麺は自然なねじれのある中太麺。軽く平打ち気味。
自家製麺を謳う文句はなかったので違うと思うが、自家製っぽさのある麺でモッチリ感が強くおいしい。
元々粘度の高いタレとの相性も申し分なし。

麺を完食し、ライスを少し投入してメシ割りでフィニッシュ。

芝麻醤のコッテリしたコクのあるタレにモッチリした麺、辛さを上げれば花椒のシビレもしっかり堪能出来る。スタイル自体はベーシックな担々麺だが、食材や麺の選択に店主殿の担々麺に対するこだわりを感じる事が出来て好感が持てた。

あまり訪問する機会のない場所ではあるが、駅からも近いし機会があれば再訪して汁あり担々麺も頂いてみたい。
ごちそうさまでした~!

投稿 | コメント (2) | このお店へのレビュー: 1件

「汁なし担々麺 880円」@手打拉麺 焼小龍包 京の華の写真日暮里駅北口に昨年オープンして以来、未訪問のままでいたこちら。
平日12:30過ぎ、ランチを頂きに訪問。

店内は4割程度の客入り。席数が多い方なので、それなりに繁盛している様子。こちらのお店の売りは、手打ち麺と、焼き小龍包の模様。面白いのは、中国系のお店なのに何故か韓国風チャンポン、韓国風つけめんがある。ある意味日暮里らしい。

麺類は、全体的に高めの価格設定。ラーメン、つけ麺こそ650円だが、880円のメニューが中心で1000円オーバーのものもちらほら。
麻婆麺や排骨麺等、惹かれるメニューの中から「汁なし担々麺」をオーダー。

待つこと10分ほどで「汁なし担々麺」登場!
こんもりと山を作るたっぷりのネギが印象的!個人的には、担々麺+白髪ネギはお気に入りの組み合わせ!
さっそくいただきます!

まずは麺を引っ張り出していただいてみる。。。
麺には、すでにたっぷり目のタレが絡めてあるので食べやすい。
味付けは、胡麻の風味、唐辛子系の辛さ共に控えめで、代わりに塩気が過多。
正直しょっぱい。

麺は、一本がにほ~ん、二本がよんほ~ん、という形式でバッチンバッチン打つ手延べ麺。
しっかりとしたコシと歯応えがあって、これはおいしい!

具材は、たっぷりの白髪ネギに、挽肉、味玉1個。
汁なし担々麺に味玉は珍しいが、これまたタレ同様にしょっぱい。
担々麺+ネギの組み合わせは、ラー油的な辛さとネギのマッチングが妙だと思っているが、この一杯は、ラー油的な唐辛子系の辛さも希薄。なので、せっかくたっぷり乗った白髪ネギも魅力半減。

麺量200g弱くらいか。
途中で卓上のラー油を投入することで、全体が引き締まった。

中華なお店なのに、なぜか日本風アレンジの汁なし担々麺。
麻辣だけが担々麺ではないとは思ってはいるので、ある程度は許容出来るが、それにしてもしょっぱすぎる味付けには疑問。手延べの麺がおいしかっただけに、もう少し味付けに気を配って欲しかった。

とは言え、メニューは豊富だし、夜にはお酒と一緒に楽しみたい。大衆的な雰囲気もきらいではない。
機会があればまた訪問します。ごちそうさまでした!

投稿 | コメント (3) | このお店へのレビュー: 1件

「汁なしタン担面 1000円」@芝蘭板橋 本店の写真日本で四川料理の神様と言えば、陳建民氏。
そのお弟子さんのお店という事で気になっていたこちらへ訪問。

車通りの激しい川越街道から一本入っただけとは思えないくらい、閑静な住宅街にそのお店はあった。「隠れ家レストラン」的風貌で、店内はウッド調の内装、調度品で統一されており雰囲気がよい。

着席し「汁なしタン担面」をオーダー。
待つこと10分弱で「汁なしタン担面」登場!さっそくいただきます!

まずは、よく混ぜて麺を頂いてみる。。。

印象的なのは、山椒の香り。香りが高く、爽快感のある刺激が鼻を抜ける感じ。
さらにギリギリきつくならない程度のシビレがしっかりと効いている。

しかし良かったのはここまで。

唐辛子系の辛さはあまり感じず、むしろしょっぱさが気になった。
そのしょっぱさも安っぽい表現で申し訳ないが、焼きそばのような、醤油とソースを足したような、ちょっと担々麺としては、体験したことのない類のしょっぱさ。

お楽しみの麺も、茹で過ぎで風味も食感も良くない。

結局、山椒の香りとシビレの効かせ方はさすが!と思わせるものはあったが、それ以外の良さを見出すことが出来なかった。
汁あり担々麺や他のメニューに期待。

ごちそうさまでした~!

投稿(更新) | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件

「屋台タンタンメン(半ライス付き) 893円」@四川菜苑の写真足立区にある「陳建一推奨」を謳う四川料理のお店。
3度目の訪問。

過去に何度も汁なし担々麺を頂こうと訪問するものの、魅力的な他のメニューに阻まれ、結局こちらでの汁なし担々麺は、初めてになる。
ちなみに1回目は、「激辛!陳マーボ乗せラーメン(陳麻婆豆腐麺) 1,365円」
2回目は、「ピリ辛麻辣伊府麺 (半ライス付き) 840円 」
http://ramendb.supleks.jp/scorelist/shop/15410/user/52498

ということで、着席し「屋台タンタンメ」をオーダー。
ところが「はい、成都担々麺ね~。」と言われ、メニューを見ると横に小さく「(成都担々麺)」とも書いてある。

待つこと10分少々で「屋台タンタンメン」登場!見た目は、汁有りのように見えるが、ちょっとタレ多めの「汁なし」くらいにみてもらえばよいだろう。
さっそくいただきます!

赤く色づいたタレは、軽く粘度がある。よく混ぜて麺を頂いてみると。。。

うーん。見た目の「赤さ」ほど辛さは強くなく、しかも豆板醤ベースの辛さのよう。
「麻辣」の「麻」である山椒系の辛さは、ほとんどない。
クラッシュしたピーナッツは乗っているが、ゴマの風味もないようだ。
何と言うか、豆腐の入っていない、豆板醤味の麻婆豆腐を想像してもらうと近いかもしれない。

麺は、一般的な中華麺。
中細で縮れがあるため、多めのタレとの相性に問題はない。
ツルツルした中華麺も、まあ、このタレになら合わせても悪く無いだろう。

麺量180gくらいか。
残ったタレにご飯を投入してメリ割をしてごちそうさまでした。

こちらで最初に頂いた「激辛!陳マーボ乗せラーメン 1,365円」がかなりビリビリとした麻辣な味だったため、期待していたものの。。麻辣な味とは異なるものだった。
一般向けチューンなのだろうが、「四川」を謳うお店で「成都担々麺」なんて名前も付いているんなら、もう少し本場の味を思わせる物を出すべきでは。

とは言え、私は、中国へは足を踏み入れた事がない私が「本場の味」を口にするのもちゃんちゃらおかしい。
たまる一方のマイルで行ってくるか。成都w

投稿 | コメント (1) | このお店へのレビュー: 3件