なんとかデータベースラーメンカレーチャーハンぎょうざうどんそば
 

すいん

男性 - 埼玉県

埼玉県川口市在住。活動範囲は狭く埼玉県南部、東京都北部と職場近辺。元々は二郎系にハマった事から食べ歩きが始まり、現在は、担々麺、辛いラーメン、ラーショあたりに目がないです。

平均点 75.104点
最終レビュー日 2016年11月19日
509 397 0 807
レビュー 店舗 スキ いいね

「韓流味噌の激辛らーめん 1000円」@めんや 昭和の写真さんによって登録されたこちら。
「昭和」というノスタルジーを感じる名前に惹かれ訪問。

平日11:30頃到着。
小料理屋的店内は、カウンター席5席と大変に狭い。
厨房内には、店主と思われる初老の男性。

メニューは、基本的なラーメンに加え、「濃厚豚骨醤油らーめん」、二郎を思わせる「スタミナニンニクらーめん」、「油そば」等、「昭和」というノスタルジックな店名と、初老の店主殿からは想像出来ないようなアグレッシブメニューが目立つ。
そんな中から、「韓流味噌の激辛らーめん」をオーダー。
店主殿、ぼそっとした声でオーダーに答える。

待つ間、店内を見回してみると、、、そこかしこに「E.YAZAWA」w
なるほど、店主殿、ややお年を召しているが、白髪のオールバックはビシッと決まっている。
アグレッシブなメニューも「E.YAZAWA」だからか、と勝手に納得。

などと、待つこと10分少々で「韓流味噌の激辛らーめん」登場!さっそくいただきます!

まずはスープから。。。。おおおお!濃厚w

ややドロっとした粘度のあるスープは、コッテリした豚骨がベースにあるだろう。
そこに合わせ味噌かな?味噌が加わり味噌豚骨、さらに唐辛子系の辛さが付けられている。
辛さは、10段階評価で4~5辛程度。しっかり辛いが「韓流」っぽさはあまり無い。

麺は加水率高めの太麺。縮れというよりは、ネジレがあるような感じ。
ツルツルモチモチ系の麺で、コッテリとトロミのある濃厚なスープにはよく合っていて旨い。

具材は、ヤサイにメンマ、バラチャーシュー2枚。

ヤサイはキャベツモヤシなどを茹でた物が乗っかる。
チャーシューは、熱を加えると繊維でほぐれる柔らかさ。
味付けはカナリ強めでしょっぱい部類。ただ、全体に強めの一杯なのであまり気にならない。
むしろこの位主張が強い方が、この一杯の中では、活きるだろう。

麺量200gくらいか。
ドロッとした旨辛スープは、固形物を完食してもしばらくレンゲが止まらなかった。

E.YAZAWAファン(?)のご年配店主殿が作る濃厚辛ウマな一杯は、店主殿の年齢から想像するに似つかわしくないくらいのアグレッシブさがあった。
メニューには、太麺が多いが、太麺を活かすようなメニュー構成なのも興味深い。
場末の小料理屋(失礼)のような外観と店内、「昭和」という郷愁を誘う店名からは、想像が出来ないメニューの数々。
もしかすると隠れた名店かも。

次回は隣のおじいさんが食べていて妙にウマそうだった「中華そば」を食べに再訪します。
ごちそうさまでした!

投稿(更新) | コメント (4) | このお店へのレビュー: 1件
このレビューは移転前のものです。

「鬼紅らーめん 890円」@麺創研 紅 府中の写真2010年オープンした魅力的な新店は数あれど、実際に訪問出来るお店は限られる。

そんな中でも是非訪問したかったお店の一つが「麺創研 紅 府中」。2010年のラーメン界のトレンドの一つである「肉そば」を辛い味噌ラーメンの形態で提供している。年内の仕事を終え、年末年始の休暇初日にプチ遠征として訪問。

14:00過ぎ到着。外待ち4名に接続。回転はイマイチ悪く20分ほど待って入店。入り口の券売機で辛さレベル5の「鬼紅らーめん」の食券を購入して着席。さらに10分ほどで「鬼紅らーめん」登場!さっそくいただきます!

なかなか手の込んだビジュアルで見た目に美しい。「紅」とはよく言ったものだ。まずはレンゲでスープから。。。

。。。。うぉぉぉぉ!辛ウマいぃぃ!!!

基本の「紅らーめん」よりも辛い「鬼紅らーめん」だけに唐辛子の辛さが突き抜けるように入ってくるが、遅れて濃厚な豚骨と、味噌のコクがジワジワと広がってくる。辛さは10段階で6~7辛くらい。スープ自体にも軽く粘度があり、濃厚さが伺える。

麺は、7種類の太さの麺が混ざっている「乱切り麺」なるもの。たしかに二郎よりも太くうねる麺もあれば、中細くらいのストレート麺もある。食感は、表面はツルツルしていながらゴワつきのある食感でなかなか面白い。

具はモヤシ+キャベツの野菜に、豚バラのスライス、さらにニンニクが浸け込まれた食べるラー油的なものが振りかけられている。野菜は、甘みがあってマル。

豚バラは、豚しゃぶ並の薄さ。しかしこの薄さだからこそ、肉単体で食べたり、麺と一緒に食べたり、野菜と一緒に食べたり、色々な食べ方が手軽に楽しめる。豚肉自体も脂の甘みがあり辛いスープにもとてもよく合っている。

麺量180gくらいか?固形物を完食しても、スープをなんどもすくってしまった。今まで食べた中で最高の「辛旨」

辛味噌ラーメン+肉そば という組み合わせ自体は、なんてことはないが、全体のバランスが素晴らしいハイブリッドな味噌。豚骨と味噌、唐辛子の辛さに、ニンニクのパンチも加わっている。「乱切り麺」も目新しさがあるが、全体のまとまり感は、しっかり商品開発を行った成果だろう。「麺創研」の面目躍如か。最高でした!ごちそうさまでした!!

-----------------------

今年一年、コメント頂いた方、レビューを見ていただいた方、本当にありがとうございました。
おかげさまでRDBでレビューを初めて2回目の年末を迎えることが出来ました。
皆様、良いお年を!そして2011年もよろしくお願いします!!!

投稿(更新) | コメント (5) | このお店へのレビュー: 1件

「大辛味噌ラーメン 710円」@くるまやラーメン 鹿浜店の写真味噌ラーメンにさほど愛着のない私ですが、それでも冬=味噌ラーメンという図式は頭に浮かびます。

味噌のチェーン店と言えばこちら「くるまやラーメン」。しかし今まで一度も足を踏み入れたことがなかった。

どんなメニューがあるのかと公式ホームページをチェックするとメニューは豊富で、ノーマル系味噌の他に「大辛味噌ラーメン」や「たいわんラーメン」なんてのも。むむむ!これはそそられる。

という事で自宅から近い「くるまやラーメン 鹿浜店」を訪問。「大辛味噌ラーメン」と「たいわんラーメン」でしばらく悩むも、やはり味噌でしょう、ということで「大辛味噌ラーメン」をチョイス。待つこと10分弱で「大辛味噌ラーメン」登場!さっそくいただきます!

まずはスープ。。。ぐおっ!思ったより辛い!もみあげマンさんの同メニューのレビューから侮っていたが、しっかり辛い。辛さレベルは10段階で5~6辛くらい。しかし味噌のおかげで単に辛いだけでなく、香ばしいコクが下から支えている。

麺は中細縮れ麺。やや固めに茹でられており、さすが味噌のチェーン店、味噌ベースのスープとの相性は申し分なし。

具はモヤシのみ。シャキシャキとしたモヤシは、辛いスープの清涼剤に、また麺と合わせて食べることで食感の変化も楽しめるアイテム。

チェーン店の大辛ラーメンということでナメてましたが、辛さは本物。そこらのオロチョンよりは、よほど辛い。味噌で辛味だとしょっぱくなりがちだが、無難にまとめている印象もあった。ただ、もう一声、底からじわっと感じる旨味のようなものがあれば。

手軽に楽しめるのもチェーン店の良さ。辛い物が好きならおためしあれ。ごちそうさまでした~。

投稿(更新) | コメント (3) | このお店へのレビュー: 1件

「旨辛 チゲ風最強味噌らーめん キムチ付き 880円」@激旨の味噌工房 沙門の写真自宅からほど近い、環七 鹿浜交差点を川口よりに少し入った所にある味噌専門店。かれこれ20年くらいは、やってますかね?

以前は店頭にデカデカと「まぼろしの味噌ラーメン」等のメニューが掲げてあったが、どうやらメニューが一新された模様。(店舗情報更新しておきました。) お店は駐車場も完備しておりファミレス的な広さ。

着席しメニューを拝見。土鍋で提供する「旨辛 チゲ風最強味噌らーめん」が押しの模様。店内を見回してもこのメニューをオーダーしている人が多い。他にも土鍋や鉄鍋で提供するメニューもあるよう。

旨辛に惹かれ「旨辛 チゲ風最強味噌らーめん」をオーダー。待つこと10分ほどで登場!さっそくいただきます!

まずはスープから。。豚骨のベースに味噌が合わさるタイプ。味噌は赤味噌と白味噌の合せ味噌ですかね?味噌独特のコクとまろやかさがある。ベースの豚骨、味噌、スープの油感、どれを取っても濃いめでかなり濃厚な印象。

辛味は辛味噌が混ぜられているようで、ピリっと来る唐辛子系の辛さ。濃いめの豚骨、味噌のよく合って旨辛。

具は、たっぷりのモヤシに業務用のバラロールチャーシュー。鍋を意識してか、豆腐、さらに底のほうに生玉子を落とし込んだ物が入っていた。あとから気づいた事もあるが、黄身がほぼ完熟になってしまっていたのが残念。

麺量150gくらいか。たっぷりの具材でボリューム感は十分。

880円という価格は高いが、ピリ辛の味噌に保温性の高い土鍋という組み合わせは、この季節にはオススメ出来る。ピリ辛濃いめの味付けは、最後にご飯を投入しても美味しく頂けそう。ごちそうさまでした~。

投稿 | コメント (2) | このお店へのレビュー: 1件

「味噌らーめん(小) 780円」@らーめん豚喜 川口店の写真遅ればせながら、豚喜の味噌を頂きに訪問。

平日11:20頃到着。店内8割の入り。券売機で「味噌ラーメン(小)」の食券を購入。ニンニクのみを指定して着席。店内は、いつもの「二郎臭」に加えて味噌の香りがほのかに香る。それだけ味噌を注文している人が多いのだろう。

厨房内は、オープン当初と変わらぬ顔ぶれ。厨房、フロアの連携も慣れたもので接客は完成されたものになっていた。さらに以前と異なっていたのは、テーブル席が出来たことと、麺を茹でるテボの上にフライパンのようなものを乗せて豚を温めていた点。客を思う気持ちが出ていて好感が持てる。

待つこと10分ほどで「味噌ラーメン(小)」登場! どわ!ヤサイマシにした覚えはないが、他店のマシクラスの盛りに軽くビックリ。さっそくいただきます!!

まずはスープ。。。んんん?ショッパウマ!元々乳化したスープのため、軽~い粘度があるスープだが、味噌が溶け込む事でさらに粘度が増している。(ドロドロというほどではないが。) 豚喜らしい豚骨の出汁と味噌のコクがマッチしておいしい。でも正直ショッパイ。でもおいしい。。。といった感じ。

麺は、以前と変わっていないだろうが、小麦の風味が増しているように感じた。

豚は、厚さ2cm強のものがゴロっと1枚。前述の通り温めて提供されるが、軽く温められている程度。それでもホロホロに崩れる豚は、豚喜らしくおいしい。

終盤戦、ふと思い出し卓上の唐辛子を投入。味噌が強いからか、あまり効果がなく残念。そういえばこの味噌はニンニクにも勝っていた。

ショッパ過ぎる感はあったが、豚喜らしさをしっかり出した味噌に好感。オープンから3ヶ月。味もそうだが、接客面や客を考えた小さな改善点など、若き店主殿、スタッフの成長ぶりも伺える。これからも川口の街に愛されるお店に成長して欲しいなぁ。ごちそうさまでした!

投稿 | コメント (5) | このお店へのレビュー: 4件

「橙(オレンジ)のラーメン 680円」@北海道らーめん 魚らん坂 川口店の写真仕事帰りに「らーめん豚喜 川口店」に向かうもちょうど閉店。やむなく同じ樹モール商店街のこちらへ。

21:30頃到着。味噌ラーメンのお店であるこちらは、数年前にオープン当初に訪問してそれなりに良い印象はあった。その頃とは、メニュー構成が変わって、白や赤や緑といった「色」を冠したラーメンの構成になっていた。ピリ辛の「赤のラーメン」にも惹かれたが、味噌坦々という「橙(オレンジ)のラーメン」をチョイス。

着席し、待つこと10分ほどで「橙(オレンジ)のラーメン」登場!坦々麺的なルックスにテンションがあがります!さっそくいただきます!

まずは、スープから。。。柔らかい味わいの白味噌にゴマペーストのコクのある香ばしさがプラス。特徴的なのは、酸味のプラスされているが、酸味の爽やかさがかえってゴマのコクを際立たせているように感じた。好き嫌いは分かれそうだが、この酸味、なかなか相性がいい。辛さは辣の辛さが中心で、花椒はわずかに効かせてある程度。10段階で3程度の辛さ。味噌が前面に出すぎておらず、坦々テイストを十分に感じられる点に好印象。

麺は、黄色い麺肌の中細麺。軽い縮れがある。ちょっと安っぽい感じはするが、味噌ラーメンの麺としては、過不足がないだろう。

具は、味玉、チンゲン菜、挽肉にネギ。

麺量は150gないくらいか。やや物足りなさを感じた。

酸味の効いた味噌坦々スープは、妙に味噌が前面に出ておらずバランスの良さは感じた。没個性的になりがちな味噌だが、「色」をテーマにしたバリエーションのあるメニューは、なかなか面白い。機会があれば、ピリ辛の「赤のラーメン」も頂いてみたい。ごちそうさまでした!

投稿(更新) | コメント (5) | このお店へのレビュー: 1件

「鉄火麺(激辛) 850円」@北海道らーめん ひむろ 赤羽店の写真仕事帰り、赤羽駅で下車し赤羽一番街へ。

通りの中心に豚骨ラーメンの「博多流 斗樹 赤羽店」、その向かいにこちら「北海道らーめん ひむろ 赤羽店」がある。辛いラーメンが食べたくなり「博多流 斗樹 赤羽店」の「赤とんこつ」を頂こうと思ったが、売り切れとのこと。仕方なく次点の「鉄火麺」を頂きにこちらへ訪問。

平日19:00頃訪問。先客1名。

着席し「鉄火麺」をオーダー。カウンターのみの店内は、男性定員2名体制。待つこと10分弱で「鉄火麺」登場!さっそくいただきます!

まずはスープ。。。おおお!思っていたよりも辛い。豆板醤やコチュジャンのような甘みのある辛さではなく、唐辛子のストレートな辛さ。辛さのレベルは10段階で5~6程度。辛さの中に味噌由来のコクが下支え。辛さが強いからか、スープ自体の出汁から来るコクや旨みは希薄。ただ、味噌のコクと唐辛子系の辛味の組み合わせは、満足のいくもの。辛さもしっかりしていて好印象。

麺は、味噌ラーメンらしく黄色い麺肌の中細麺。硬めの茹で加減。縮れは強いが、今ひとつスープとの絡みが良くないように思えた。

具は、モヤシ、ネギ、メンマにチャーシュー、ワカメ。モヤシとネギは、辛いスープの中で一息つけるアイテムの役割を果たしていた。

麺量150gちょっとくらいか。

味噌のコクと、唐辛子の辛味をしっかり感じるスープには好印象。ちなみに後客は、同じ「鉄火麺」を辛めでオーダーしていた。辛さの調節も聞いてくれるようだ。これからの季節、味噌が恋しくなったらふらっと再訪するかも。ごちそうさまでした!

投稿(更新) | コメント (3) | このお店へのレビュー: 1件

「濃厚ごまみそ坦々麺」@らーめんダイニング ど・みそ 八丁堀店の写真夜勤前の腹ごしらえ。

日曜の夕方に訪問出来る店となるとかなり限られる中、八丁堀にオープンしたこちらを選択。日曜夕方で人気のないビジネス街を5分ほど歩き17:30到着。先客1名。

券売機を前に、オロチョンにするか迷ったが、どうせなら「らーめんダイニング ど・みそ 京橋本店」に無いメニューということで「濃厚ごまみそ坦々麺」を選択。

オシャレなカウンターに腰掛け、待つこと5分程度で「濃厚ごまみそ坦々麺」登場!写真では、テカっちゃって分かりづらいですが、桜色の干しエビがふんだんに乗っかっています。さっそくいただきます!

スープは赤味噌ベース。「ごまみそ」と謳っているがゴマの風味は弱く、、というよりも濃厚な味噌のベースの影に鳴りを潜めている感じ。辛さについても然りで、ピリ辛程度の辛さ。強めの味噌はややショッパめ。

麺は、縮れの強い中太平打ち。スープが濃厚なだけに麺とスープの絡みに問題はない。

具は、千切りのネギがシャッキシャッキとしたでネギの苦味、水っぽさが濃厚スープの中でよいアクセントになっていた。ふんだんに乗った干しエビも風味とパリパリした食感がよい。

固形物を完食し、沈んだ挽肉をサルベージしてフィニッシュ。

味噌が強すぎて「坦々麺」を期待しすぎると肩透かしを食らうかも。あまりゴマの存在感も辛さも堪能出来なかったのがやや残念。もうちょっと坦々麺らしさがあっても良かったかも。とは言え、ピリ辛な味噌ラーメンとしては、十二分においしく頂けた。ごちそうさまでした!

投稿 | コメント (5) | このお店へのレビュー: 1件

「味噌らーめん 800円」@食処 渓の写真ラーメンHOUSE リュウビ」で頂いた後、実はこちらではなく、西川口の別のお店で連食を企てていた。結局そのお店は、17:00を過ぎてもシャッターが開かず、仕方なく撤収。川口駅方面へとチャリを走らせる。

。。。と、ちょうどこちら「食処 渓」の前にさしかかると夜の部の営業が始まったばかりで外待ち無し。訪問予定はなかったが、吸い込まれるように入店。17:35到着。

券売機を前に夜限定メニュの「味噌らーめん」にするか「渓らーめん」にするかカナリ迷う。こういう時は、、、1000円札を投入し、、、ボタン2つ同時押し!えいっ!(笑) 結果「味噌らーめん」に決定!

外待ちはなかったものの、店内は、オープン即満席の状態。結果、私が最初の外待ちになってしまった。食券のみ店員さんに渡し、イソイソと店外で待つことに。このパターンが一番待つんだよね。。案の定、外待ち30分の末ようやく着席。

着席後10分弱で「味噌らーめん」登場!写真ではモヤシの裏に回り込んで映っていないが、スジ煮込みが乗っている。別皿には、辛味噌、ガーリックチップ。さっそくいただきます!

まずは、スープから。結構な背脂とベースの豚骨でコッテリ感が強い。味噌は赤味噌ベースらしく攻撃的な塩加減。濃厚な味噌豚骨だが、ちょっとしょっぱさが強すぎる感がある。もう少しまろやかさがあれば。

麺は、縮れの強い太麺。浅草開化楼謹製の麺でコシが強い。麺は太いが、濃いめのスープのお陰で相性的には、そう悪くない。麺量も多く300g弱くらいか。

具では、大量のモヤシとネギ、大判のチャーシューに牛すじ煮込み。チャーシューは、予め1枚1枚切ったものをタレに漬け込んであるのか、かなり味が強い。スープ自体がしょっぱいため、余計にしょっぱく感じてしまった。食感はホロホロと崩れる柔らかさ。

牛すじ煮込みは、こちらでは、個別のメニューとして存在し、評判も良いのを聞いていたので期待していたが。確かに単体ではトロトロに煮込まれており、スジの部分のプルプル具合も申し分ないが、コレはコレ単体で頂きたかった感がある。

半分程度頂いた所で、途中で辛味噌とガーリックチップを投入。さらにしょっぱくなることを危惧したが、これは正解。味噌の香ばしさに唐辛子系のピリっとした辛さがマッチして味が引き締まった。

う~ん。終始、塩っぱさが気になってしまった。とは言え、たっぷりの麺量にたっぷりのモヤシ、お店自慢の牛すじ煮込みと、オイシイ要素てんこ盛りのこちらのメニュー。夜間限定をいつまで続けるか不明だが、ガッツリ行きたい人は選択してみても良いだろう。

投稿(更新) | コメント (2) | このお店へのレビュー: 3件

「辛味噌野郎」@野郎ラーメン 西川口店の写真西川口にオープンしたこちら。

こちらがオープンする前に2度「重厚煮干中華そば 大ふく屋 川口店」で頂いた「野郎ラーメン」は非常に残念な印象が残っている。それでも二郎好きとしては、地元に二郎インスパイアのお店が出来るとあっては、気にならずにはいられない。

当初は、オープン翌日に訪問するつもりだったが、入ってくる情報はネガティブなものが多かったため訪問を見合わせていた。特に、ヤサイが茹でた物ではなく、「炒めた物」というのは、二郎インスパイアとして、到底受け入れられるものではなかった。ニラまで入ってるし。。

しかし、物は考え様。こちらのメニューには、味噌野郎、辛味噌野郎がある。で、ヤサイが炒められているなら、二郎インスパイアとしてではなく、味噌ラーメンだと思って食べに行けばいいじゃん、、と。

かくして前置きは長くなったが、「辛味噌ラーメン」を食べに西川口へ。金曜 17:40頃到着。「辛味噌野郎」の食券を購入し、店員さんに渡す。ニンニクの要不要をきかれたので、入れてもらうようにお願い。

広々とした店内は、カウンターに加え、テーブル席も数席ある。照明も明るい雰囲気。開店直後だったが、先客3名ほど。後からもお客さんが入ってきており、なかなか盛況なようだ。待つこと10分弱、「辛味噌ラーメン」登場!

おー。見た目は、「炒めた」ヤサイの上にソボロがのっかり、さらのその上にニンニクが。なかなか見た目はよろしい。

さっそくレンゲでスープを。乳化した豚骨に味噌が合わさっており、さらに背脂が加わることで、コッテリとしたコクを生み出している。「辛」の部分を担っているのであろうソボロは、ラー油に漬け込んでいたようで、スープに触れるとラー油のような赤がスープに広がっていく。

麺は、コレ系としては、細め。縮れがあり、麺肌は白く、食感はゴワゴワ感は十分感じられる。しかし、なぜか、スープと麺との絡みが弱い。何と言うか、それぞれが弾き合っている感さえある。

豚は、厚めのものが1枚と崩れたものが3塊くらい。脂身が多かったのが気になる。

スープ単体で飲むと、なかなかコクのある豚骨味噌という感じで悪くなかった。しかし麺をすすると途端に印象が変わってしまった。麺が強すぎるのだろうか?二郎インスパイアではなく、「辛味噌ラーメン」として見ても、まとまりがなくチグハグな印象を受けた。まだオープンしたばかりというのもあるのかも知れないが、二郎がどんなラーメンか、食べたことがないようなスタッフを集めて、急ごしらえでオープンさせたようなイメージすらある。

比較して申し訳ないが、少し前に訪問したお店に「らーめん 七琉門」がある。魚介豚骨と二郎を足して見事に両方のいいとこ取りが出来ていて好印象な一杯だった。後で調べると「ぽっぽっ屋」のセカンドブランドだった。なるほど、二郎インスパイアとして培ったものがあるからこそ出来た一杯だと関心した。

最初に「野郎ラーメン」を食べた「重厚煮干中華そば 大ふく屋 上野店」で見かけた文句、「偉大なるラーメン二郎をリスペクトする大ふく屋が徹底的にリスペクトした二郎インスパイア」。
こちらでも徹底的にリスペクトして、ぜひとも美味しいラーメンを提供して頂きたい。

投稿 | コメント (6) | このお店へのレビュー: 1件