なんとかデータベースラーメンカレーチャーハンぎょうざうどんそば
 

すいん

男性 - 埼玉県

埼玉県川口市在住。活動範囲は狭く埼玉県南部、東京都北部と職場近辺。元々は二郎系にハマった事から食べ歩きが始まり、現在は、担々麺、辛いラーメン、ラーショあたりに目がないです。

平均点 75.104点
最終レビュー日 2016年11月19日
509 397 0 807
レビュー 店舗 スキ いいね

「昔ラーメン 780円」@大砲ラーメン 新横浜ラーメン博物館店の写真某金曜日。
業務上あまり外出はしない私だが、この日は珍しく昼前まで新横浜でお仕事。

昼前に用事を済ませ、昼メシでも、、って事で、新横浜と言えばラー博!
実は初ラー博!気分も踊ります!

入り口で入場券300円を購入し、地下へ降りる間に同行者とどこで頂くかお話。
同行者が博多出身と言うこともあり、こちら「大砲ラーメン 新横浜ラーメン博物館店」を選択。入り口の券売機で「昔ラーメン」の食券を購入。

平日のお昼前ということもあってか、並びナシで店内へ。

と!店内に入ると強烈な豚骨臭w
店舗は地下にあるのだが、ラー博の表まで豚骨のニオイがしていたのは、ここが発信源なのかも。

食券回収時、麺の硬さを聞かれたので「カタメ」でオーダー。
待つこと5分少々で「昔ラーメン」登場!さっそくいただきます!

まずはスープから。。。

券売機の説明では、ラーメンよりもこちらの「昔ラーメン」の方がコッテリしているとのことだったが。。
要らぬ期待をし過ぎたか、思ったほどコッテリしているようには感じない。
それでもやはり本場九州の豚骨ラーメン。豚骨の旨みを中心にしたスープはシンプルだが深みを感じる。

麺は言わずもがなの細麺ストレート。
しっかりカタメの茹で加減で美味しい。

チャーシューは薄めのものが3枚ほど。
ボリューム的には満足出来るものではないが、豚骨には薄めのチャーシューがよく合う。

特徴的なのは小さなサイコロ状の揚げた物体。
クルトン?と思ったが、後で調べるとカリカリと言うモノらしい。なんでもラードを揚げたもので久留米ラーメンの特徴だとか。
初めて頂きました。

麺量150gないくらいか?
後の事を考えて、替え玉はせずにごちそうさま。

昔ラーメンということでコテコテを想像していたが、実際はそれほどでも。
諸氏のレビューを拝見しても同じ感想の方が多いようだ。
きっと、豚骨=コッテリ。
昔ラーメンはさらにコッテリ、、というのが過度な想像を生み出すのでしょう。

とは言え、本場の味、堪能しました。ごちそうさまでした!

投稿 | コメント (1) | このお店へのレビュー: 1件

「長崎ちゃんぽん「赤」 690円」@長崎ちゃんぽん リンガーハット 川口末広店の写真先に書きます。
これは、長崎ちゃんぽんの坦々麺バージョンだ。

とある休日、嫁さんのリクエストで嫁さん、私の母親と3人で近所のリンガーハットへ。

すでに何度も来ているので、未食の「長崎ちゃんぽん「赤」」をオーダー。

この「長崎ちゃんぽん「赤」」には、「花椒(ホアジャオ)オイル」が付くらしい。
果たしてどんな味だろうか。。

程なく「長崎ちゃんぽん「赤」」登場! 写真の左下に映っているのが「花椒オイル」。
円を描くように「花椒オイル」を投入して頂きます!

まずはスープから。。。

これは。。。。! 坦々麺だw

スープのベースは、いつものスープだが、芝麻醤が投入されているのか、ネットリとした濃厚な白ゴマのコクと風味が全体に広がっている。

そこに「花椒オイル」から来る辛味と、「花椒」独特の高い香りが加わっている。
「花椒」はビリビリというほどではなく、香りを楽しむ程度のチューニングがマル。

麺は、いつものちゃんぽん麺。
ちょっとオーバーボイルな感はあるが、目をつぶりましょう。

具材は言わずもがなのタップリ野菜。
野菜由来の甘みが十分に楽しめる火の通り具合が絶妙。

麺量は200g。
タップリの野菜と相まっていつもながら満足度は高い。

辛い系のちゃんぽんかと思ってオーダーしたら、なんとビックリ、その構成は、まんま長崎ちゃんぽんの坦々麺版。
スッキリ目の豚骨スープに芝麻醤は、ゴマ独特のコクが引き立って相性ピッタリ。
「花椒オイル」の高い香りと、程よい刺激もマル。

ノーマルちゃんぽんの価格と比較して690円という価格は、手を伸ばすには少し勇気がいるか。
でも、坦々麺が好きな方ならきっと満足できると思います。

ごちそうさまでした~。

投稿 | コメント (1) | このお店へのレビュー: 2件

「とんこつ油そば 580円」@北京炸醤房の写真夜勤前の腹ごしらえ。

通勤経路上でどこかいいお店がないかな。。とRDBを検索していると。。。
渋谷にジャージャー麺専門店を発見!ジャージャー麺を出すお店自体も珍しいのに専門店とは。これは面白そう。

ということで、渋谷で下車し、道玄坂をテクテク。17:00過ぎ到着。

渋谷らしいシャレオツなテーブルに着席しメニューを拝見。
ジャージャー麺専門店とのことだが、「ジャージャーラーメン」、「とんこつ油そば」なるオリジナルメニューも。う~ん。これは面白い。
店舗登録後、1stレビューなのに主役のジャージャー麺を押しのけ「とんこつ油そば」をオーダーw

待つこと5分少々で「とんこつ油そば」登場!丼デカ!。麺少なっ!
まあ、この手の汁なしは、(対ラーメン比で)実際の麺量よりも少なく見えてしまうのは仕方ない。
さっそくマゼマゼしていただきます!

軽くねじれと縮れのある中太麺は、ツルツルした麺肌に適度なコシもあって食感がよい。
軽く平打ちになっているのも好み。

メニュー名の通り、底には、豚骨スープが沈んでいる。
豚骨らしい適度なコッテリ感と、ミルキーな味わいが全体のメインの味。
さらに上に乗っている挽肉についている、ラー油的なピリ辛の味付けが豚骨ダレに辛味をプラス。

ただ味の主体がプレーンな豚骨味にピリ辛の挽肉のみなので、もうちょっと何かが欲しい。
ツルツルの麺自体も、食感が良くおいしいが、今一つ豚骨ダレの持ち上げがよくない気が。

途中、卓上のラー油を2周くらい投入することで、自分好みの味に変化してくれた。
+80円でキムチや、自家製食べるラー油等のトッピングも付けられるので、お好みでプラスしてもいいだろう。

具材のモヤシは、シャキシャキで食感もよいが、なんというかプレーンな豚骨の味わいに水っぽさが増してしまい個人的には、あまり必要性を感じ無かった。
むしろ、ネギがもうちょっと多いほうが、食感、味の変化ともに面白いんじゃないかな?

麺量150gくらいだろうか。
CP的には、600円だと高く感じるけど580円ならギリ納得かな。価格設定の妙。

「とんこつ油そば」という変わったメニューに惹かれ、いただいてみた。
シンプルな味わいと少なめの量は、もしかすると女性向けなのかも知れない。
個人的には、未知の一杯に期待のハードルを上げすぎたかな?もうちょっと強く主張する何かがあると面白かった。

とは言え、貴重なジャージャー麺専門店。是非がんばってもらいたい。
次回は、主役であるジャージャー麺を食べに来ます。ごちそうさまでした!

投稿 | コメント (4) | このお店へのレビュー: 1件

「激辛スタミナ麺 800円」@だるまのめ 池袋西口店の写真夜勤前のはらごしらえ2

つけ麺 御法度」を後にし、界隈をブラブラ。
この界隈は、10歩歩けばラーメン屋に当たる超ラーメン店密集地帯。妙にテンションが上がりますw

ブラブラしていると、目に入ったのがこちらの「激辛スタミナ麺」。
台湾ラーメンチックなルックスに、「池袋一辛い」との能書き。これは興味がある!

外の券売機で「激辛スタミナ麺 800円」の食券を購入。店長のオススメらしく、一番目立つ場所にボタンがあった。ちなみに辛さを抑えた「辛スタミナ麺」もアリ。

入店し着席。カウンターには、各席にお盆が置いてあり、その上の小さなすり鉢とすり棒が設置してある。
卓上のゴマを自分で擦るようだ。さらに辛子高菜、紅生姜、ニンニク等のアイテムあり。

「激辛スタミナ麺」は太麺のため、茹で時間が5分かかるとのこと。
待つこと5分少々で「激辛スタミナ麺」登場~!さっそくいただきます!

麺は唐辛子をすり込んだ麺のようで、キレイなオレンジ色!
せっかくなので、YMK氏ばりに麺を引き出してパチリ。←麺がキレイに引き出せてない

「池袋一」の辛さを自称するスープは、あまり赤くない。やっぱりチェーン店の「激辛」は大したことないだろう。。と思いながらスープを一口。。。

ぐはっ!辛いww

見た目、毒々しい赤さがなく侮っていたが、唐辛子の挿し込むような辛さが細かく舌を刺激する。
10段階評価で6~7辛くらい。十分激辛を謳えるレベル。
スープは、まったりとした豚骨。そこに唐辛子のダイレクトな辛さがプラスされている。
あまり赤さがないのに、これだけ辛いのは、、、不思議ですw

麺は、軽く平打ちされた中太麺。唐辛子が練りこんであるようで、麺の色が淡いオレンジだが、すでにスープの辛味で刺激され、麺の味は判別不能^^;
ただ、妙に麺肌がスベスベしているのに加え、湯切りが甘いのか軽くヌメっている感じが気になった。

具材は、シャッキリした茹で具合のたっぷりモヤシに、挽肉。
挽肉は申し訳程度であまり効果を発揮していない。

麺量180gくらい? 途中辛子高菜をプラスして完食。

マイルドな豚骨ベースに、刺すような唐辛子の辛さ。「池袋一辛い」かどうかはともかく、唇がヒリヒリする辛さは激辛といって差し支えないレベル。
ただ、辛さはしっかりしているが、今一歩、辛ウマ的な中毒性に乏しいか。
食べ終わってから気が付いたが、無料アイテムのすり胡麻を投入して坦々麺風にして食べても面白かったかも。ちょっと後悔。

辛いものが好き以外にはオススメしません。ごちそうさまでした~。

投稿 | コメント (4) | このお店へのレビュー: 1件

「ピリカラちゃんぽん 550円」@長崎ちゃんぽん リンガーハット 川口樹モール店の写真2011が明けましたが、さかのぼって昨年のレビュー失礼します。

2010年大晦日、マーツー(←パクリ)とお年賀の買出しに川口そごうへ。

前日の忘年会で飲みすぎたマーツーは、何か汁物を食べたい、、とのリクエスト。すでにラーメン納めはしたはずだったが、大晦日に営業しているお店を探し、駅周辺を一回り。多くのお店は、正月休みに入っていたり、大晦日は営業時間短縮で門を閉ざしている中、日高屋とこちらは営業していた。

15:30頃入店。着席し、嫁さんはノーマルな長崎ちゃんぽん、私は「ピリカラちゃんぽん」をオーダー。待つこと10分少々で「ピリカラちゃんぽん」登場!さっそくいただきます!

まずはスープから頂いてみる。。。

定番の豚骨ベースのスープにピリカラの辛味噌をプラスした仕様。豚骨に唐辛子系の辛味はよく合う。辛さレベルも10段階評価で1~2辛程度で辛さ耐性のない人でも安心して頂けるレベル。

麺は言わずもがなのチャンポン麺。鉄板ですね。さすがスープによく合ってます。

具材は、野菜にイカ、小エビの海鮮。たっぷり野菜を摂取出来るのが長崎ちゃんぽんの真髄。浅めの茹で加減で野菜の食感を残している所がマル。

麺量200g。

タップリの野菜と十分な麺量で550円!コストパフォーマンス高し!ラーメンのチェーン店は数あれど、味とCP、量の満足度では、リンガーハットは高水準にあることは間違いない。ごちそうさまでした~。

投稿 | コメント (3) | このお店へのレビュー: 1件

「ラーメン 500円」@博多天神 歌舞伎町一番街通り店の写真祝日前。ちょっとした集まりがあり、一次会、二次会、三次会。。時刻は午前3:00過ぎ。空きっ腹に酒を流し込んだためか、小腹が空き同行者2名と訪問。

年末の祝日前ということもあってか、こんな時間なのに店内は8割の入り。着席し、ラーメンをオーダー。待つこと5分ほどで「ラーメン」登場!さっそくいただきます!

真っ白なスープは、東京向けにチューニングがされているのか、コッテリ感もコクもライトな印象。豚骨の臭みはほとんど感じないため食べやすいと言えば食べやすい。逆にコッテリした豚骨を求める人には、物足りなさが残るだろう。

麺は、言わずもがな。博多ラーメンらしい白い麺肌の細麺。ライトなスープにもよく合う。

具は、小さめのチャーシューにキクラゲ、ネギに海苔、煮玉子半分。価格を考えると十分なボリューム。

途中、辛子高菜で辛みを加え、替玉はせずにごちそうさま。

「ラーメンで500円以上はあり得ない」とは、福岡出身の同僚の弁。新宿のこの地で博多ラーメンを500円で提供するこちらのお店。本場九州の心意気をしっかり感じる。ごちそうさまでした!

投稿 | コメント (3) | このお店へのレビュー: 2件
このレビューは移転前のものです。

「らーめん 600円 + 替玉 120円」@博多長浜らーめん いっきの写真自宅から車で5分程度の場所にあるこちら。

ウマい豚骨が食べたくなり、休日の開店時間早々にお邪魔した。2台分の駐車スペースがあるのがありがたい。

店内は、若い大将+若い男女2名の計3名体制。着席し「らーめん」をオーダー。3分ほどで「らーめん」登場!さっそくいただきます!

まずスープをレンゲで頂いて見る。。。

ねっとり唇に纏わり付くようなコラーゲン質たっぷりのスープは、豚骨が濃くてミルキー。豚骨の旨味がギュッと濃縮されたような濃厚さを感じる。しかし、それほどクサさは無いので比較的食べやすいのでは? 前回来たとき程ではないが、やはりウマイ。

麺は、博多ラーメンらしい細麺。ボソボソした粉っぽさは低加水ならではで、噛むたびにプツプツ千切れる食感と、小麦感が楽しめてマル。

具は、ノリ、キクラゲ、ネギにチャーシュー。ロース肉のチャーシュは、軽く噛むだけで崩れる柔らかさ。

一通り食べ終わるあたりで、替玉コール。替玉では、高菜と紅生姜を投入。辛子高菜から出る辛味が濃厚な豚骨によく合って、これまたウマイ!

都内なのに周りにこれといった最寄り駅がなく交通の便が悪いため「知る人ぞ知る」お店だろう。本場博多でラーメンを頂いた事がないのでアレだが、本場の味ってきっとこんな感じなんだろう、と思わせるものがある。ウマかったです!ごちそうさまでした!

投稿 | コメント (6) | このお店へのレビュー: 3件

「とんこつラーメン」@無鉄砲 東京中野店の写真2010年夏。関西ラーメン界の雄、無鉄砲がついに東京進出!

ということで遅ればせながら、訪問してきました!土曜18:00過ぎ到着。週末の有名店なので行列でもあるかと思いきや、店内6割程度の入り。やはり立地のせいですかね?とは言え、並ばずに有名店の味を頂けるのはありがたい限り。

入口の券売機で「とんこつ」の食券を購入。食券回収時、麺の硬さ、ネギの多さ、味の濃さを聞かれた。麺カタメ、ネギ多め、味普通を指定して着席。

着席した席はちょうどスープの釜の目の前だった。(アクリル板で仕切られているので湯気は来ない。)釜の中には、グラグラと煮立った茶褐色のスープ。制作過程を見ていると、カエシや調味料は入れずに丼にスープを入れて茹で上がった麺を投入。チャーシューとネギを乗せて完成。となっていた。待つこと10分弱で「とんこつラーメン」登場!!さっそくいただきます!

まずは、スープ。。。おおおお!噂に違わぬ濃厚ド豚骨!!この異常なまでの豚骨感は未体験ゾーン。

かなりドロドロ感があるが、わざとトロミをつけたものではなく、強火で煮立てた結果だろう。スープを口にすると、豚骨独特のニオイが鼻に抜け、豚のエキスが口の中に広がる。唇にはコラーゲンが纏わり付く。まるで豚骨の全てを煮出したようなスープ。もうこれ以上豚骨の旨みは出ないんじゃないか?と思うほど、豚骨の旨みでグイグイ押して来る。

麺は、縮れの強い中細麺。カタメ指定のためゴワゴワした食感。

具はタップリのネギと、薄く歯応えのあるチャーシューが3枚。関西在住8年だった私には、この組み合わせこそ関西のラーメンだなぁ、ということを実感させてくれる。ネギは青臭さが強いが、強烈に濃厚なスープにあっては、一服の清涼剤の役割を十分に果たしている。ウマイねぇ。

麺量150gくらいか。この後の予定から替え玉をせずに完食。

ともすれば下品とも言えるほど、豚骨の全てを引き出したかのようなスープ。苦手な人は苦手だろう。しかし、インパクトは強く中毒性も十分。ワイルドさの中に、自分の知らない「何か」が潜んでいるようで惹かれてしまう。そんな不思議な魅力を持った一杯。豚骨好き、コッテリ好きならオススメ出来る。ごちそうさまでした!

投稿(更新) | コメント (5) | このお店へのレビュー: 1件
このレビューは移転前のものです。

「らーめん 600円」@博多長浜らーめん いっきの写真自宅から車で5分少々の場所にあるこちら。日曜 11:30過ぎ到着。店名変更後、初訪問。

店内は、6割程度の入り。カウンターに着席し、「らーめん」をバリカタでオーダー。ちょうど開店してすぐだったため仕方ないが、提供まで10分少々の時間を要した。博多ラーメンとしては、ちょっと長すぎる。さっそくいただきます!まずは、スープから。。。

。。。。ウマっ!!

前回訪問時は、正直これといった印象が残らなかったが、今回は、豚骨のコクが非常に強く出ている。しっかりと乳化したスープは、ミルキーささえ感じる。豚骨のベタな濃厚さは、かなりのモノで豚骨の臭さも旨い。クサウマとはこの事か。「当たり」のスープであることは、間違いないだろう。

麺は、バリカタとしては、やや柔らかい気もするが、加水低めの博多麺。プツプツ噛みちぎる感覚が快感。

卓上の紅生姜、高菜を投入し、変化を楽しんで。。。替え玉は、この後の都合から残念ながら控えた。

前回訪問時には、あまり感じられなかったが、今回の濃厚な豚骨スープからは、都内上位店の実力を十二分に感じられた。

提供に時間がかかったのは、博多ラーメンとしては不満だが、若い店主殿、1杯1杯真剣に向きあう姿勢が厨房内に見られて好印象だった。自宅至近にこのレベルのお店があることに素直に感動。次回は、是非替え玉を頂ける体制で訪問してみたい。

投稿 | コメント (3) | このお店へのレビュー: 3件

「ねぎラーメン(バリカタ) + 赤オニ + 替玉(バリカタ)」@博多長浜らーめん 田中商店の写真豚骨の有名店。ようやく初訪問。

開店時間の18:00過ぎ到着。駐車場に車を停め、2分ほど歩いて店舗へ。

店内は、広々としている上に大変キレイ。開店直後の時間だが、カップル、男女混合グループなど結構なお客の入り。カウンターに着席し、「ねぎラーメン(バリカタ)」と「赤オニ」を注文。先に「赤オニ」が提供され、説明が必要かとの問いがあったのでお願いする。

実は、この「赤オニ」、丼に直接入れ溶かして食べるのだと思っていたが、説明によると、小さなお椀に「赤オニ」と「ラーメンのスープ」を投入して、つけ麺風に頂くものとのこと。ほうほう、ということは、替え玉必至ですな。^^;

厨房内は、スープ番を中心とした素晴らしコンビネーション。そして3分ほどで「ねぎラーメン」登場!さっそくいただきます!

まずはスープから。思っていたほどの濃厚さと臭みは無い。わりとスッキリとして食べやすい。しっかりとした豚骨の出汁の中にカエシの「塩気」がひょっこりと顔を出している感じ。豚骨スープに詳しいわけではないが、小細工のないスープのように感じる。

麺は、いわゆる博多麺。オーダー通りしっかりと「バリカタ」な茹で具合は、流石。細く小麦をしっかり感じる麺のため、口の中で噛み切る度にプチプチした歯ざわりがとても心地良い。麺、いいですね~。

麺を一口食べたところで、小さめのお椀に「赤オニ」を投入。ラーメンのスープを投入し撹拌。塊状の「赤オニ」はみるみる溶けて結構な量の挽肉に変化。最初は様子見のため、投入するスープは少なめに。そこに麺をつけて食べてみる。。。

お~。これはまたウマイ!!

「赤オニ」というネーミングからもっと辛い物を想像たものの、まったりとした旨みの詰まった甘さの中にピリっと辛さがある感じ。博多麺との相性もいいし、好きだなぁコレ。後から読んだがコレに「メシ割り」でシメる人が多いのも納得。

当初、替え玉は控えようかと思っていたが、ラーメンと「赤オニ」をもっと楽しみたい。一杯目の麺は、ノーマルに、替え玉は、赤オニ中心で頂き、ごちそうさま。

高菜、紅しょうがで変化を楽しめるのに、さらに「赤オニ」で広がる楽しさに脱帽。ただ、「博多ラーメン」として見るとCPはちょっと高めに感じるものの、満足度は高かった。また来ます!ごちそうさまでした!

投稿 | コメント (5) | このお店へのレビュー: 1件