なんとかデータベースラーメンカレーチャーハンぎょうざうどんそば
 

すいん

男性 - 埼玉県

埼玉県川口市在住。活動範囲は狭く埼玉県南部、東京都北部と職場近辺。元々は二郎系にハマった事から食べ歩きが始まり、現在は、担々麺、辛いラーメン、ラーショあたりに目がないです。

平均点 75.104点
最終レビュー日 2016年11月19日
509 397 0 807
レビュー 店舗 スキ いいね
75

「白 仙(塩) 750円」@麺仙彩花の写真川口駅東口の1F、「武蔵野うどん うまかっぺ」の跡地に3/1にオープンした新店。

オープン前、某巨大系版ラー板の川口スレに情報が上がっていた。
味噌ラーメン系のお店を展開する経営母体による出店だったため、"味噌ラーメンのお店が出来るらしい"、とのことだったが、フタを開けてみれば、塩・醤油・中華そばで勝負するお店だった。

しばし店頭の券売機とにらめっこ。
メニューは大別すると「白仙(塩)」「黒仙(醤油)」「中華そば」「濃厚醤油つけ麺」の4種類。それに葱増ししたもの、味玉等のトッピングがあるようだ。

一旦は「中華そば」の食券を購入したが、「豚骨白湯に背脂たっぷり」という文句につられ、着席時に「白仙(塩)」に変更してもらった。

待つこと10分程度で「白仙(塩)」登場!さっそくいただきます!

まずはスープから。。。

程良く乳化した豚骨スープに強めの塩ダレ、さらに背脂で動物系の甘みがプラスされたタイプ。
塩は強めに効かせてあるが、貝や海藻などの海産物系の出汁感(化調かな?)もあるためか、塩がトゲトゲしている感じはない。
あっさりスッキリな塩とは真逆で、クッキリとしたコントラストの塩スープ。

麺は縮れの強い中太麺。かなり強引な縮れ方をしているが、この縮れ具合が面白い食感を与えてくれた。もちろん強い縮れのおかげでスープ、背脂の持ち上げもよい。

具材は、茹でキャベツ、葱、キクラゲにチャーシュー。
店頭メニュー写真が、やたらにスカスカだったため期待していなかったが、それなりのものが出てきて逆にビックリ。
メニュー写真↓
http://www.mensen.jp/index.php?tn=image&in=61449&pan=47
メニュー写真より実物がしょぼくてガッカリというパターンは多いが、逆というのも珍しいw

具材の中でも、葱はその青臭さが、豚骨のコッテリさと素朴な塩味をより引き立ててくれていた。
+200円で葱増しも出来るので好きな人なら。

麺量150gちょっと。

味噌ラーメン店を展開する経営母体のお店ということで、あまり期待していなかったが、思っていた以上においしかった。メインのメニューではないにしても、塩豚骨は川口にはないジャンル。意外にスキマを狙えるか?!

ただ、デフォルトのメニューが750円はちょっと割高感が否めない。
しかも店頭メニュー写真のスカスカなビジュアルでは600円でも割高に感じてしまう。
実際に出てきたものは、スカスカ感はなかったのでメニュー写真を変えた方がいいのでは?

機会があれば別のメニューを頂きに再訪してみたい。ごちそうさまでした~。

投稿 | コメント (1) | このお店へのレビュー: 1件

「塩らぁめん + ランチサービスの半熟玉子 770円」@らぁ麺 波(シー) 神田錦町店の写真「波」と書いて「シー」と読む。北綾瀬の「波(シー)」の2号店。

北綾瀬のお店の方も未訪問で、こちらもそれほど興味は無かったが、近くに来たので寄ってみた。

元々サーファーという店主殿のお店らしい。ということで、店内もトロピカル。。。
と言いたいところだが、以前からラーメン屋の店舗をちょこっと内装したのでしょう。ガッツリラーメン屋なのにサーフボードやら、トロピカルな小物やらが設置されているので、無理があるような^^;

券売機で「塩らぁめん」の食券を購入し、着席。ランチタイムは麺大盛りか、半熟たまごが無料とのことで、半熟たまごを選択。着席し5分少々で「塩らぁめん」登場!さっそくいただきます!

まずはスープから。。。

塩と言ってもあっさり系とは異なり、乳化した豚骨のコクがあるタイプ。油感もそれなりにある。野菜も使っているということもあってか、塩の尖った感じはなく、まろやかで優しい感じのスープ。

麺は、縮れの強い中太麺。二郎系で使われていてもおかしくないくらいゴワゴワとした食感。

厚めにカットされたバラチャーシューは、スープに浸して温度を加える事でやわからくホロホロに。醤油ダレの味が強めに染みている。普通の塩ラーメンだと味が強すぎるだろうが、コッテリ目のこちらでは、違和感がない。これ、ウマイっす!

麺量180gくらい?ゴワつきのある麺は食べ応えがあった。

あっさり系の塩ではなく、家系の塩ラーメンともまた違った一杯。柔らかくまとまっており、まるで夏の終わりの湘南を優しく吹き抜ける潮風のよう。。。
と言いたい所ですが、何と言うか、もちろん十分に美味しいんですが、大人しい訳でもなく、かと言って荒々しい訳でもない、、そこはかとないジレンマのようなものを感じてしまいました。もう一歩突き抜けても面白いかも。ごちそうさまでした~。

投稿(更新) | コメント (5) | このお店へのレビュー: 1件

「塩ネギラーメン (並) 750円」@壱丸家の写真毎年恒例、健康診断のためしばらくラー食を控えていました。コレを「焼け石に水」と言いますw

11:00前、無事(?)健康診断も終わり、早速どこかで一杯。。会社には昼過ぎに戻ると言ってあるので余裕もある。川崎まで出て久々に二郎@京急川崎でも、、と思ったものの暑さにめげて、結局職場近くまで戻って頂くことに。前回訪問し、ネギラーメンが気になったこちらへ再訪。11:15頃到着。

券売機を前に、ネギラーメンとは決めていたが、せっかくなので、塩ネギラーメン並(750円)の食券を購入。着席。お好みは「硬め」のみ指定。

前回も感じましたが、こちらのご主人、仕事に対する真摯な姿勢が見て取れ好感が持てます。待つこと5分ほどで「塩ネギラーメン(並)」登場!さっそくいただきます!

スッキリ目ではあるが、しっかりと感じる豚骨に割と強めに効いた塩ダレ。なかなか良いバランスです!濃い目指定はしていないが、人によっては、デフォでややショッパイかも。

麺はしっかり硬めオーダーが通っている。軽く芯が残った食感と小麦感がいい感じ。家系の麺らしく風味が強い。

ネギは見た目よりも量が多い。味付けは軽めでネギ本来の味が生きている感じ。ザクザクした食感と甘辛いネギの味わいが、塩豚骨スープにも、麺にもよく合います!細切れのチャーシューもしっかり混ざって、ノーマルラーメン比で+150円分は、納得出来る内容。

前回頂いたラーメンでも感じたが、全体に平均以上のレベルに満足。派手さはないが、安心して頂けるお店じゃないかなぁ。また来ます。ごちそうさまでした!

投稿 | コメント (1) | このお店へのレビュー: 2件

「塩つけめん 800円」@大勝軒まるいち 川口店の写真オープン時のメニューにはなかった、「塩つけめん」の情報を得て訪問。

平日21:00頃到着。券売機を見ると塩つけめんの他にも味噌つけめん、辛味噌つけめんが増えており、3月の限定メニューまであった。「塩つけめん」の食券を購入し、入店。店内は8割の入り。

こちらは入店前に店員がコップをおいて座る席を決めてしまう。必ず奥から詰めるように座らせられるので、入口側の席が5席くらい並んで空いているにも関わらず、わざわざ真ん中が一席ぽっこり空いている席に座らせられる。グループの客が並んですぐに入れるための配慮と受け取るが、席と席の間が狭いため、両隣がいる席は圧迫感があり正直食べづらい。

などと不満を感じながら約15分ほどで「塩つけめん」登場!

麺をつけていただく前に、つけ汁を一口。魚介よりも豚骨のコッテリ感がやや強め。しかし、こちらの「もりそば」に見られるイヤミなくらいの甘さは控えめで、素材から来るナチュラルな甘味が好印象。

麺は白く輝くストレートの太麺。よく絞められておりツルツルののど越しにしっかりしたコシがある。安定感のある麺。麺をつけ汁につけていただくと梅干のような清涼感を感じたが、梅ではなくシソの葉が刻まれたものが麺に絡んでいた。これはさっぱりしたアクセントになりスープにもよく合っていた。

具は厚目のチャーシューを短冊切りにしたものとメンマ。ただ、メンマが異常に塩辛く、客に出すレベルではない。これは店側が味をチェックしてないのか、失敗したのを知りながら出しているかのどちからでしかなく、大きく不満が残る。

甘味が抑えられたつけ汁は、昆布やホタテを使っているためか、後味もよかった。メンマには相当な不満が残るがトータルでは、好印象。妙に声を張り上げるのと、詰めて座らせられるのには閉口するが。

投稿 | コメント (3) | このお店へのレビュー: 7件

「塩ラーメン カタメ 680円」@横浜家系ラーメン 港家 麻布台店の写真職場至近のこちら。前回の朝ラーに引き続き、昼に訪問。平日12:15頃到着。

前回醤油ラーメンだったので、今回は、塩を頂くことに。店内は、ほぼ満席で、「喫煙席ですがよろしいですか?」と断りを入れられた後、2F席に通された。2F席は、かなりの席数で壁側に沿って長いカウンター、テーブル席も多数ある。

待つこと10分少々で「塩ラーメン」登場!さっそく頂きます!

前回の醤油と大きく印象が異なる事はなく、クセの少ないマイルドな豚骨。醤油にくらべてストレートに感じる塩味が、ベースの豚骨を引き立てている。

麺は、今回もカタメでオーダーしたが、昼時のバタバタのためか、カタメにしては、やや柔らかい。前回頂いた時よりも、麺自体にあまり風味がなく感じた。

具のチャーシューは、前回は、1cm厚だったが、今回は半分くらいの厚さ。同じくバラ肉にしては、豚の旨味にやや乏しい感じ。

個人的には、醤油よりも塩の方が好みかな。席を立つ12:30頃には、客席は5割程度に。昼時なら、少し時間をずらした方がゆったり食べれるようだ。遠くからわざわざ食べに来るお店ではないだろうが、近隣によい店がない事もあり、昼食としては、十分に満足出来る。

投稿 | コメント (4) | このお店へのレビュー: 2件
79

「塩ラーメン」@ラーメン ○菅の写真亀有にオープンした新店に訪問。土曜11:50頃到着。外待ち1名に接続。

タイミングが悪かったようで、15分ほどで入店。外待ちの間、二郎とは無縁そうな通行人が結構店内をのぞき込んでいた。なかなか目立つ立地のようだ。

こちらは、豚骨以外に鶏も使用している、という情報を得ていたので、塩と鶏との相性に期待し、珍しく「塩ラーメン」を選択。食券を渡す際にニンニクを入れるか聞かれる。ヤサイマシ等が通るか不明だが、見る限り誰もマシのオーダーはしていなかった。

店内は、L字型カウンターのみの狭い店内。店主殿と思われるガテン系のイケメンに助手2名構成。こちらの店主は、らーめん いごっそう出身で二郎某店でも修行経験があるとか。作業を見ていると、麺量を量ったり、各丼に入れたスープの味を見たり作業の丁寧さが伺える。10分ほど後、「塩ラーメン」登場!レンゲでまずはスープから。

最近のインスパイアは、ライト系なスープが多い印象があるが、こちらは、なかなかの乳化度合いで動物系の主張を強く感じる。表面に油の層があり、細かい背脂も浮いているので、結構オイリー。ワイルドさを感じるスープは、ラーメン二郎 桜台駅前店を思い出させた。(そういえばこちらの店主、桜台で見たような?違うかな?) 今回塩を選択したため、カエシによる甘みはなく、純粋に塩の旨味が楽しめ、全体に締まった感じが好印象。

麺は、オーション使用の自家製麺で、丸みを帯びた太麺。加水率は高いようで、ゴワゴワした食感よりもモッチリした食感が楽しめる。二郎とは食感が異なるが、これはこれで食べやすく、二郎初の人にも違和感なく受け入れられるだろう。スープとの相性も悪くない。

で、今回、豚が好印象。見た目は、パサパサ系の豚に見え、期待していなかった。しかし、味付けは薄いものの、豚の旨味がしっかりしておりパサつきもない。恐らくいい豚肉を使っている事を想像させる。これはおいしかった。

なかなかレベルの高い二郎インスパイア。次回、醤油の方も試してみたいと思わせるものはあった。亀有には、「らーめん豚喜」もあり亀有駅利用者が羨ましい限り。

投稿 | コメント (4) | このお店へのレビュー: 1件