なんとかデータベースラーメンカレーチャーハンぎょうざうどんそば
 

すいん

男性 - 埼玉県

埼玉県川口市在住。活動範囲は狭く埼玉県南部、東京都北部と職場近辺。元々は二郎系にハマった事から食べ歩きが始まり、現在は、担々麺、辛いラーメン、ラーショあたりに目がないです。

平均点 75.104点
最終レビュー日 2016年11月19日
509 397 0 807
レビュー 店舗 スキ いいね

「豚骨辛味噌ラーメン (メチャ辛) 1,000円」@MENYA 食い味の道有楽の写真成田空港に人を送った帰り道。
どこかで一杯頂こうと、脳内RDBからこちらを選択。

日曜13:00過ぎ到着。
あまり予習をしないままの訪問だったため、多くのメニューを目の前にしばらく悩む。
ラーメン系の限定っぽいメニューは何れも×印。む~ん。

色々悩むも辛い系メニューより「豚骨辛味噌ラーメン」を選択。
4段階の辛さを選べるそうだ。辛さの申告は、券売機横の赤ペンで食券に数字を記入するシステム。
ちなみに大辛=2、メチャ辛=3、マイルド=4

待つこと15分ほどで「豚骨辛味噌ラーメン」登場!

豚骨辛味噌という名称から、味噌ラーメン寄りかと想像していたが、頂いてみると濃厚魚介豚骨寄り。
濃厚度はかなりのもので、豚骨から出たコラーゲン質がクチビルに纏わり付くほど。
魚介出汁の存在感もしっかりしており、かなり手の込んだスープという印象。
味噌がそれほど主張しないな?と思ったら、ディッシャーで盛られた肉味噌が「辛味噌」たる所以のようだ。
辛さレベルは「メチャ辛」でも10段階評価で5辛程度か。

麺はストレートの太麺。
つけ麺で使っているのと同じ麺だろうか?ラーメンの麺としてはかなり太い部類。
この「豚骨辛味噌ラーメン」は細麺は選べないらしいが、これだけの濃厚なスープなら太麺しか選べないのも納得。
歯ごたえのあるコシと食感、風味ともよくおいしい。

具材のチャーシューは、赤身中心のロース肉だろうか。
しっかりした味付けでホロホロと柔らかな食感も絶妙でこれはウマイ!
かなり好みの味だったものの、端の小さい所がひと塊入っていただけで、価格を考えてももうちょっと欲しかった。

麺量200gちょっとくらいか。
太麺ということもあり、ボリューム感はかなりのもの。

味噌ラーメンと言うよりは、濃厚魚介豚骨 featuring 辛味噌な一杯。
しっかり作り込んである感がひしひしと伝わってくる濃厚スープは、さすが人気店と頷かせるのに十分な説得力がある。
高めの価格設定も、食材にこだわっているからだろうと好意的にとらえたが。。。チャーシューがウマカッただけに。。残念。

月替わりメニューや、限定メニューも豊富に行なっているようなので近くに住んでいる人が羨ましい限り。

うまかったです!ごちそうさまでした!

投稿 | コメント (2) | このお店へのレビュー: 1件

「麻辣刀削麺 900円」@唐朝刀削麺の写真海外旅行帰りの嫁さんを迎えに成田空港第一ターミナルへ。

すこし早く到着したため、4F、5Fのレストラン・ショップ街を見学。
と!唐朝刀削麺なるお店が。。。気がつけば入店していましたw

時刻は10:00ちょっと前。
10:00までは朝メニューでワンタン、お粥の他、麺類は刀削坦々麺のみ。
朝メニューの刀削坦々麺以外の麺類は、10:00からとのこと。

恨めしそうにショーケース内の麻辣麺に目をやっていると店員さん、負のオーラを感じ取ったのか、「野菜麺以外の麺類ならできますよ」と嬉しい気遣い。

着席し「麻辣刀削麺」をオーダー。パクチーはつけるか聞かれたのでお願いした。

待つこと10分弱で「麻辣刀削麺」登場!パクチーは小皿で提供。さっそくいただきます!

まずはスープから。。。。

スッキリしたガラベースのスープに、麻辣の辛さ。
日本人向けなのか、山椒系の辛さは控えめで、唐辛子系の辛さが中心。
といっても辛さレベル10段階で4辛程度。麻辣の辛さがスッキリしていて食べやすい。

麺は、言わずもがなの刀削麺。
プルプルモチモチな食感で麻辣なスープにも合っていて上手い。
麺一本一本は短いが、太さと厚さに微妙なバラツキがあって、ランダムな食感が楽しめる。
この食感が刀削麺の醍醐味。いい削り具合(?)です。

具材は、挽肉にインゲンと寂しいが、逆に、この具材の寂しさが本場っぽい。

麺量は思ったより多く200g弱くらいか。
いつものように底に沈殿した挽肉を救出してごちそうさま。

国際空港でいただいた麻辣な一杯は、しっかり刀削麺の醍醐味である食感の妙を楽しめた。
900円はやや高いが、空港価格だと思えば、納得出来るかな。

ごちそうさまでした~。

投稿(更新) | コメント (4) | このお店へのレビュー: 1件

「チャーシューメン 780円」@ラーメン 横綱 松戸店の写真松戸中華そば 富田食堂」からの連食。

松戸、柏には、名だたる名店が多いが、アマノジャクなワタクシ。そんな名店を差し置いて訪問したのは、前から訪問したかったこちら。関東ではあまり馴染みがないが、京都で「ラーメン横綱」と言えば有名なラーメンチェーン。かつて関西在住時代には、京都出身の同期につれられて何度か訪問した事がある。

ということで、11:00過ぎ到着。街道沿いのファミレス的店内は、かなり広々としている。着席し、チャーシューメンをオーダー。待つこと5分弱で「チャーシューメン」登場!さっそくいただきます!

関西のラーメンらしく、薄切りロースチャーシューが丼一面に敷き詰められ、その上にネギがごそっと載っている。卓上もネギがあって、なんとこれが乗せ放題!! う~ん。関西ですな~。

ネギをこんもり乗せてスープから。。。軽く豚骨臭が鼻につく。やや強めの豚骨にカエシ。旨味は、化調によるものを強く感じた。チェーン店的な味わいではあるが、あっさりとコッテリのちょうど中間くらいで飲みやすい。個人的には、もっと豚骨のコッテリ感が出ていて欲しかった。昔京都で食べた時は、もっとコテコテだったような。。。

ネギはセルフでたっぷり乗せたが、もう少しスープがコッテリした方がネギの青臭さとは合うように思えた。

麺は、中細ストレート。博多ラーメンの麺から加水率を少し上げた感じ。

チャーシューは、薄切りのロース肉が一面にびっしり。これぞ関西のラーメン!テンション上がります!この薄切りチャーシューを箸で麺を巻き込むようにして食べるのが自分流。ウマイ~~^^

後半戦では、卓上にあるラーメン用醤油ダレ、旨辛唐辛子を駆使して完食。麺量180gくらいか。

関西のラーメンは、(東京よりは)九州に近いこともあってか、九州ラーメンの影響が色濃く出ている。豚骨強めの醤油豚骨に加水低めのストレートの中細麺、びっしりのチャーシューにたっぷりのネギ、と関西ラーメンの醍醐味を十分に味わえた。ラーメン文化が多様化する中、飛び抜けて美味しいラーメン、、というものでもないだろう。しかし個人的に思い入れのある関西のラーメンを関東でも食べられるのは大変ありがたい。堪能しました!ごちそうさまでした!

投稿 | コメント (3) | このお店へのレビュー: 1件
このレビューは移転前のものです。

「中華そば(並) 650円」@松戸中華そば 富田食堂の写真あの「中華蕎麦 とみ田」の新業態。なんと朝7:00から営業しているそうな。平日の午前中に訪問してみた。

10:30頃到着。さすがに平日の中途半端なこの時間、7席しかない小さなカウンターでも2席空いていました。券売機で「中華そば(並)」の食券を購入して着席。待つこと10分弱で「中華そば(並)」登場!さっそくいただきます!

まずはスープ。。ファーストインパクトは、煮干がガツっと主張して来ます。結構強めの煮干感。しかし上手いこと苦味やエグ味は抑えている印象。煮干がしっかり効いていながら、スープ全体としては、カエシから来るのか、まろやかさがある。非常にバランスが良く飲みやすい。

麺は、中太のストレート。加水率は低めで、麺の太さもあってパツンと切れる食感。この太さでありながら、スープとの相性に問題はない。さすが、ウマイです。

具はメンマ、ワカメに炙ったチャーシュー。メンマはコリコリしていて、量も多いため麺と一緒に食べる楽しみがあってこれはいい。炙ったチャーシューは、正直炙る必然性はあまり感じ無い。普通にバラチャーシューとかでもよいのでは?個人的には、ワカメも無くてよいのでは?

麺量150g

本家「中華蕎麦 とみ田」は、行列におののいて未だ未訪問だが、さすがポテンシャルの高さは十分に感じられた。煮干をしっかり効かせながら、嫌味はなく、しっかりまとまっている。煮干系が好きな人、中華そばが好きな人なら十分満足できるだろう。ごちそうさまでした!

投稿 | コメント (6) | このお店へのレビュー: 1件

「ホルモンメン 750円」@屋台ラーメンとんこつ貴生の写真土曜の夜。嫁は友達と外食。来ましたラーメンチャンス!

こちらを選択したのは理由があり、最近月に1回程度のペースで新三郷のCOSTCOに買い物に出向く。その通り道に「屋台ラーメンとんこつ貴生 草加店」があるのだが、通る度に「ホルモンのラーメンがオススメ」的な店頭ポップが非常に気になっていた。

しかしRDBを見ると草加店は評判がイマイチのようなので、どうせなら少し足を伸ばしてでも評判のよい松戸の本店であるこちらを訪問してみたという訳だ。土曜19:00前到着。先客5名。店に足を踏み入れるとこの手の屋台風ラーメン屋のお決まりである「ヌルヌルの床」がお出迎え。

カウンターに着席し、最初から決めていた「ホルモンメン」を注文。店内は、中年の男性2名体制。なれた手つきで作業している。やはりこの手のお店お決まりの良く言えばスピーディー、悪く言えば大雑把な作業により「ホルモンメン」登場! 丼デカっ!! ラーショの中の丼くらいの大きさがある。

見た目は、乳白色の豚骨スープが印象的だが、さらに一面に背脂が振りかけられているためさらに白さがアップ。中央のたっぷり盛られたモヤシの上に鎮座するのは、「ホルモン」だろう。さっそくいただきます!

まずは、ホルモンで赤くなっていない部分のスープを頂いてみる。。。ん? 薄い?乳白色のスープからしっかりした豚骨を期待したが、イマイチ豚骨のコクを感じない。次に上に乗ったホルモンを一切れ頂いてみる。

。。。。「辛っ!」

危うくむせそうになった。この「ホルモン」、ラー油に漬け込んだようなかなり辛めの味付け。そのまま食べずに豚骨スープに入浴させてから頂いた方がよさそう。ホルモンをスープに馴染ませると、ラー油的な赤と豚骨の白が混じってスープは、みるみるオレンジ色に変化。均等に混ぜて頂いた方がよさそうだ。

麺を底から引っ張り出して頂いてみる。これまた独特な麺。太さは中太程度の平打ち。断面は長方形でかなりカッチリ角があるタイプ。やや硬めに茹でられた麺の食感は、コシがあるのとは違った強い歯ごたえを感じる。麺の風味もイマイチ感じる事が出来ず、食感と風味から、中華麺と言うよりは、何となく米で作った麺に近い印象を受けた。(もちろんそんなハズはないだろうが。)

「ホルモン」は、おそらく牛スジ?。柔らかく煮込んであり、これはこれでおいしい。

薄く感じたスープもホルモンの辛味を広げる事で何とかサマになったが、豚骨の存在感がイマイチ薄い印象は拭えなかった。あと個人的には、ニラが不要。ニラのニオイが全体を支配してしまっていた。ミソホルモンなるメニューもあるが、この「ホルモン系」メニューは、ミソの方が合うような気もする。

たまたまスープのブレに当たったのかも知れないが、ちょっと自分には合いませんでした。ごちそうさまでした。

投稿 | コメント (4) | このお店へのレビュー: 1件

「日本一辛い麻辣坦々麺 980円」@RED DRAGON CAFEの写真GWも残すところ2日。嫁さんの弟+その彼女を空港に送った帰り、嫁さんと2人で「ららぽーとTOKYO-BAY」へ。

少し小腹が空いたとの嫁さんの一言に、しめしめ( ̄ー ̄)。先日放送の「いきなり!黄金伝説」で取り上げられていて気になっていた「日本一辛い麻辣坦々麺」を頂きに南館1Fにあるこちらへ訪問。16:00過ぎ到着。店内9割の入り。さすがGW。繁盛しています。

着席し、私は「日本一辛い麻辣坦々麺」を、嫁さんは「黒胡麻担々麺」を注文。待つこと15分ほどで「日本一辛い麻辣坦々麺」登場!店名のロゴが入った丼がイカしてます。さらにスープに毒々しく浮かぶ赤唐辛子が印象的。さっそくいただきます!

まずはスープ。辣油のような赤い油分が浮いているところへレンゲを投入。さて「日本一辛い」を謳う一杯。ファーストインパクトやいかに?!

。。。日本一辛、、、、くはないっす(笑)

麻の辛さにしても、辣の辛さにしても軽く平均を上回っている事は間違いないものの、「日本一」を謳うほどは辛くない。辛さの表現は難しいが、1辛~5辛まであったとしたら、4辛~4.5辛位でしょうか。それなりに食べられる辛さ。

麺は、縮れのある平打ち細麺。麺自体に軽く甘みがある。この手のスープに合わせる麺としては、絡みも良く、それほど不満はない。

ただ「日本一」では、ないにしてもやはり辛い。麻の辛さと辣の辛さは、どちらが強いという感じではなく、半々位のバランス。食べ進めるうちに花椒の辛さで舌の奥が痺れて来た。加えて、辛いながらも旨みを出そうとしたのか、ムリヤリな甘みが結構あった。

さすがに赤唐辛子をバリバリ食べはしなかったものの、余裕で(赤唐辛子以外の)固形物を完食。全体には、辛さのみに頼ったスープにやや不満。

正直、辛いメニューは難しいとは思う。しっかり辛さを出さないといけないし、その中のどこかで、キッチリ「旨い」と思わせるものがないと辛いだけで終わってしまう。ただ、何となく安易に「甘さ」にその旨味を求めた気がしてならなかった。ショッピングモールという場所柄仕方ないが、980円という価格もマイナスポイント。

辛さは堪能出来ました。ごちそうさまでした!

投稿(更新) | コメント (2) | このお店へのレビュー: 1件

「雷そば (大) ヤサイニンニク」@雷 本店の写真12/30 今年のシメの一杯をどこで頂くか.... それが問題だ。

やはり二郎でシメたい所だが、本日営業している直系でめぼしいのは、三田本店くらい。三田は大行列必至だろう。悩んだあげく、二郎系かつ話題店である「雷 本店」を選択。

12:20到着。あいにく駐車場は満車。国道向かいのコインパーキング(30分100円)に停め、お店に向かう。店内待ちを含めて15名待ちくらい。しばらくすると店員さんが食券チェックに来た。食券を購入してから並ぶシステムだった。このときにニンニクの要不要を聞かれたので、ニンニクに加えてヤサイを指定。

回転は早く、30分かからずに着席出来た。しかし、何故か同じ頃に着席した人たちに「時間がかかってしまいますがよろしいですか?」と聞いて回っていた。何かトラブルでもあったのだろうか?と思ったが、着席後、10分程度で「雷そば(大)」登場!

見た目はバラロールの豚がおいしそう!キャベツ多めのヤサイから頂きます!

。。。。熱っ!

ヤサイで火傷しそうになったのは、初めて ^^; ああ、着席時に「時間がかかる」と言われたのは、恐らくヤサイが回らなくなったのだろう。で、茹でたて熱々のヤサイが出てきた。。と。

ヤサイをある程度食べたところで、卓上のレンゲでスープを頂く。乳化したスープにカエシ(カネシ醤油っぽい感じアリ)が入り茶色がかったスープ。一口目は、豚感をとても強く感じる。直系二郎に比べると、動物系の出汁が強く前面に出ている。適度な甘みも加わり、これはこれでおいしい。

お楽しみの麺は、断面が四角い極太麺。陳腐な表現で申し訳ないが、ラーメンよりも、手打ちうどんに近い食感。小麦がぎゅーっと詰まった印象があり、コシが強く食べ応えがある。大は、麺量280gとのことだが、もっと多いように感じた。

バラロールの豚は、肉質がよく、脂身まで甘みがありおいしい。同じ「とみ田」系列のROZEOでも感じたが、いい肉を使っている事を想像させる。

気になったのは、固形物をある程度食べた所で、大きめの背脂の塊がかなり多く浮いていた。アブラ増しをしたくらいの量。あまり二郎系に馴染みがない人は、このアブラがキツいかもしれない。アブラがダメな人は、食券を渡す際にアブラ少なめをお願いした方がいいかも。(通るかどうかは不明ですが。。)

スープ、麺、豚と、完成度の高い一杯で満足。今年をシメるに申し分のない一杯でした。唯一の文句は、、、エコ箸、食べづらい!

投稿 | コメント (2) | このお店へのレビュー: 1件

「特製ラーメン」@濃厚ラーメン てらっちょ 松戸店の写真「下頭橋ラーメン」「下頭橋ラーメン 戸田店」「韃靼ラーメン 一秀」に続いて「土佐っ子探訪」第4弾!

「東池袋大勝軒 ROZEO」からの連食。ROZEOを出てすぐの所に、過去京都で食べた「横綱ラーメン」があり、誘惑に駆られる。が、大人の判断で振り切り、訪問を決めていた「濃厚ラーメン てらっちょ」へ。18:30頃到着。

外に置いてある券売機で「特製ラーメン」の食券を購入し入店。先客0。食券を店員さんに渡すと、「何か指定はありますか?」と聞かれたので、麺固めを指定。家系のごとく、麺の固さ、背脂の量、味の濃さが指定できるようだ。さらに「背脂がおおいですが、大丈夫ですか?」と聞かれる。こちとら土佐っ子時代から食べてんでぃ!背脂くらいでビビらないゼ。

5分ほど後、「特製ラーメン」登場!サービングの際、 「底にカエシが溜まっているのでかき混ぜて食べてください」との指示がある。注文の多いラーメン屋ですね(笑)

指示通り、かき混ぜるように底から麺を穿り出して頂きます! 
う~ん。カエシの主張が強い。甘みのようなまろやかさはあまりなく、結構尖った印象。逆にどこから来るのか分からないが、邪魔な苦味をかなり感じた。

特製ラーメンにデフォで付いている味玉は、噛み切ると黄身がとろーりとろけ出す。ただスープの味が強いので、味玉の味が今ひとつぼやけちゃったかな。チャーシューは薄めのバラチャーシューが一枚。柔らかいものの特筆する点はないかなぁ。

やはりスープの苦味が残念。何の苦味かぜんぜん分かりませんでした。この苦味の代わりに柔らかいコク、甘みがあれば、、、土佐っ子度的には、板橋の「下頭橋ラーメン」が一番高かったかな。

投稿(更新) | コメント (1) | このお店へのレビュー: 1件
78
このレビューは移転前のものです。

「もりそば」@東池袋大勝軒 ROZEOの写真11月の3連休初日。嫁は友達と海外旅行。成田空港まで車で見送り、ラーメンチャンス到来!のんびりと下道を車を走らせ、「東池袋大勝軒 ROZEO」へ。17:40頃到着。

店構えは、郊外型の飲食店。入り口に券売機があり、もりそばの食券を購入。店内は、両端にボックス席があり、真ん中にカウンター席がある。席数はかなり多く広い。時間が時間だからか、店内は3割ほどの入りで拍子抜け。

10分ほど待った後、「もりそば」登場!中太ストレート麺をつけ汁にくぐらせて頂きます!

軽く粘度と、ざらつきのあるつけ汁は、魚介系、動物系、甘み、苦味、酸味が渾然一体となった複雑な味。しかしそれぞれの要素がバラついてはおらず、しっかりと一体になっている印象。濃厚さはかなりのもの。酸味が突出しておらず、いい役割をしている。

つやつやとした麺は、コシが非常に強く噛み応えのある麺。つけ麺自体はそれほど好んで食べないものの、最近食べた麺の中では、最もおいしい麺だった。具の中では、2つ入ったバラチャーシューが秀悦。くどい味付けではなく、豚肉自体の味と、脂の甘みがうまく生きていた。結構いい肉を使っているのではないでしょうか。

後半やや飽きが来てしまったものの、十分満足できました。次回機会があれば、中華そばも食べてみたい。

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件
78
このレビューは移転前のものです。

「ラーメン中盛り+メンマ」@王道家の写真普段すすんで行く事のない家系ラーメン。千葉に所用があり、帰りにどこかで食べていこうということで、「にかいや」にターゲットを絞るも昼の営業時間終了に間に合いそうもない。14:00過ぎでも食べられる所+駐車スペースのある所、ということで王道家に訪問することに。

14:00すぎに訪問で外のベンチに座っている2人の後ろに接続。。。のはずが、先に食券を買うシステムなのをしらずに直後に来た学生集団7人に先を越されてしまう。

待つ間にお店のシステムを観察。着席時に麺の固さ、味の濃さ、油の量を聞かれる模様。この辺は、何箇所かに指南書的な張り紙があるのがうれしいところ。100円以下のトッピングは食券と一緒に現金でオーダーのようだ。

カウンターも広く、回転もいいよう。都合10人待ちだったが、程なく着席できた。硬め、油多目+メンマをオーダー。着席後10分ほどでラーメン登場。

粘度のあるスープ。油多目だからか、表面に透明の油の層が。まずはスープを一口。味濃い目をオーダーしたつもりはなかったが、濃い目な味付け。油多目のせいか、バターのような甘みのある動物性の味にプラス醤油を強く感じる。

麺は黄色がかった平打ち麺。スープにあっていてうまいです。中盛りで1.5玉 300gくらいでしょうか。思ったより多く感じました。チャーシューはロースですかね?薄いけど柔らかく煮込んである感じのものが2枚。これもうまい。

味とは関係ないが、お店自体は取り立てて綺麗な印象はないものの厨房内の機材がしっかり磨かれていて、店主、店員さんの仕事に対する姿勢を感じられて好印象でした。

全体的には、油多目にしたせいか、ちょっとこってり度合いがキツかった。近くに学校があるのか20才前後の年齢層のお客さんが多く、この年の子達には、ものすごくおいしく感じるんだろうな。と今はなき環七の土佐っ子ラーメンに出会った頃の自分と重ね合わせて自分の年を感じてしまったり。

投稿(更新) | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件