なんとかデータベースラーメンカレーチャーハンぎょうざうどんそば
 

すいん

男性 - 埼玉県

埼玉県川口市在住。活動範囲は狭く埼玉県南部、東京都北部と職場近辺。元々は二郎系にハマった事から食べ歩きが始まり、現在は、担々麺、辛いラーメン、ラーショあたりに目がないです。

平均点 75.104点
最終レビュー日 2016年11月19日
509 397 0 807
レビュー 店舗 スキ いいね

「赤池地獄の黒ラーメン(超激辛) 1000円」@極楽茶屋の写真箱根は大涌谷にやって来ました。
大涌谷と言えば食べると寿命が延びる黒たまご。

名物黒たまごにあやかってか「大涌谷オリジナル黒ラーメン」「赤池地獄の黒ラーメン」なるものを発見!赤池地獄の黒ラーメンは、激辛と超激辛を選択可能らしい。

店舗は土産物店兼食堂の観光地によくあるタイプで、食堂入口のレジで食券を先に購入するシステム。食券購入時に「超激辛」を指定。
するとおばちゃんから「かなり辛いよ。大丈夫?」との警告が!
いつものごとく涼しい顔でスルー。

待つこと10分少々で「赤池地獄の黒ラーメン」登場!
写真撮影前に麺を引き出すと、、、

黒いw

写真前面に写っている黒い物体はキクラゲじゃありません。麺ですw
麺が黒いので黒ラーメン。さっそくいただきます!

まずはスープ。。。

おぉぉぉぉぉ!辛い!
思わず「うわっ 辛っ」と声を出してしまった。。
すると食券を売っているおばちゃんが、「だから辛いっていったでしょw」と笑っている。
観光地仕様の超激辛、大した事はないだろうと舐めてました。スミマセン。

スープは豚骨ベース。辛さは唐辛子のストレートな辛さで、唐辛子粉由来の辛さだろう。
辛さレベルは10段階評価で7辛くらいか。額面通り超激辛の部類。
しかし辛い中にも豚骨のコッテリさと、軽い甘みが感じられ、観光地でいただくラーメンとしては満足のいくもの。

麺は、真っ黒な中華麺!
イカスミでも練りこんでいるのだろうか?

具材は、チャーシュー2枚に玉子と白髪ネギ。
白髪ネギは、シャッキリした食感も良く、激辛スープにもよく合う。
玉子は黒たまご、、、だろうか?黒たまごも剥いてしまえばただのゆで玉子なので判別不能^^;

麺量150gくらいか。
超激辛のおかげで食後もしばらく唇がヒリヒリしていた。

名物に美味いものあり?
名物黒たまご、大涌谷の地獄にあやかった一杯は、豚骨の旨味にしっかりした激辛でおもった以上に辛く、そしておいしかった。
ちなみに同行者の「大涌谷オリジナル黒ラーメン」もつまみ食いさせてもらったが、個人的には「赤池地獄の黒ラーメン」の方がオススメ。
超激辛は、本当に辛いので注意して欲しいが、大涌谷に立ち寄った際は試していただきたい。

ごちそうさまでした~!

投稿 | コメント (4) | このお店へのレビュー: 1件

「ヤバ辛(大辛) 880円」@越後つけ麺 維新 武蔵小杉店の写真職場のある武蔵小杉にオープンしたこちら。豚骨ベースのつけ麺屋さんらしい。
RDBで情報を見つけ、ランチに訪問してみた。

メニューはつけ麺のみの構成。
麺量は、並盛330g、大盛り500g、特盛660gですべて同料金とのこと。
辛つけ系は「辛とん(中辛)」「ヤバ辛(大辛)」の2種類。「ヤバ辛(大辛)」の並盛の食券を購入し着席。

待つこと10分弱で「ヤバ辛(大辛)」登場~!
さっそくいただきます。

まずは麺をつけてすすってみる。。。

つけ汁は、流行りの魚介豚骨ではなく、豚骨がベース。
粘度のあまり無いタイプのスープだが、豚骨から来る適度なコッテリ感がある。
辛味はラー油のような感じの辛さ。ヤバ辛でもむせるほどの辛さはなく、10段階評価で5辛程度か。
辛さの中に適度な甘みもあるがイヤミなほどではなく、辛さと全体の味の邪魔はしていない。
多めに振られたゴマも辛いつけ汁によく合っている。なかなかバランスのとれたつけ汁。

麺はツルツルとした麺肌の太麺ストレート。
何でもコシヒカリの粉を練り込んであるとか。コシヒカリのお陰でモッチリ、、
なのかはさすがに分からないが、モチモチ感とコシは申し分なし。
ただ、並盛330gとの表記だが、実感としては250gくらい。

具材は、越後名物もち豚(メニュー表記のまま)、太めのメンマに海苔。
もち豚は、薄めにスライスされたバラ肉が3枚程。適度な脂身があり柔らかくて美味しい。

麺を食べ終わるタイミングで店員のおねえさんから「おだし要りますか?」の声が。
こちらでは、スープ割りではなく、おだし割りと言うそうだ。
お願いすると、陶器製のお椀におだしが入って提供された。
セルフでスープ割り、、いや、おだし割りw を実施。割ったスープも美味しくほとんど飲んで完食!

流行りのつけ麺ではなく、豚骨ベースのつけ麺屋さん。
今回頂いた「ヤバ辛(大辛)」は、豚骨の適度なコッテリ感と辛味、邪魔にならない程度の甘みのバランスがよく、最後まで飽きずにいただけた。
ただ、価格がちょっと高いかな。。。コストパフォーマンス的には、同料金の麺量を多くしてトントンでしょうか。
麺のグラム数も、実感としては表記の2/3程度なので、少食な人でなければデフォで大盛りでもいいかも。

味的にはおいしく、満足出来ました!ごちそうさまでした~!

投稿 | コメント (3) | このお店へのレビュー: 1件

「ガンジャラーメン 850円」@頑者 新横浜ラーメン博物館店の写真大砲ラーメン 新横浜ラーメン博物館店」で頂いたあと、せっかくなのでもう一軒。
ということでこちらへ訪問。

言わずもがなつけ麺の有名店で、つけ麺系のメニューには連食用ミニサイズが用意されている。しかしミニサイズのない「ガンジャラーメン」の食券を購入。

なんでもこの「ガンジャラーメン」、現在の「頑者」の前身で、看板も何もないお店「ガンジャ」にて提供されていたメニューの復刻版だとか。

着席後5分ほどで「ガンジャラーメン」登場!さっそくいただきます!

この「ガンジャラーメン」については何の予備知識も持ちあわせておらず、つけ麺の雰囲気から勝手に濃厚魚介豚骨、中太麺の中華そばを想像していた。ところが、提供された一杯は全く予想に反するものだった!

レンゲでスープを頂いてみると。。。

脂甘ぁぁぁ~w

スープ自体は、豚骨、鶏ガラがベースとなったベーシックな醤油味。
その上にかなり細かい背脂が浮いていてこの脂の甘みのインパクトが強い。

麺を引っ張り出すと、かなり縮れの強い中細麺。
玉子麺のように黄色がかっており、やや硬めの茹で加減。
強い縮れのおかげで細かい背脂の浮いたスープの持ち上げも良い。

具材は、メンマ、チャーシューに味玉。
チャーシューは、1cmくらいの厚さのあるバラロール。
ホロホロの柔らかさで適度な醤油味が染みていて、シーチキンを連想させる食感と味。

麺量150gくらいか。
連食でややキツさがあったが、なんとか完食。

勝手につけ麺のイメージから、濃厚魚介豚骨中華そばを想像していたが、全く違っていた。
それもそのはず、このラーメンを提供していた「ガンジャ」は1993年頃から営業していたとか。(公式ブログより)
その当時と言えば、背脂チャッチャ系が一世を風靡した時代。
「土佐っ子」のようなコッテコテの背脂系ではなく、「らーめん香月 恵比寿本店」に近い感じですかね。

この時代のラーメンを知っている身としてはノスタルジーを感じる一杯だけど、今の人が食べるとどういった感想を抱くのか気になります。

ごちそうさまでした~!

投稿 | コメント (1) | このお店へのレビュー: 1件

「昔ラーメン 780円」@大砲ラーメン 新横浜ラーメン博物館店の写真某金曜日。
業務上あまり外出はしない私だが、この日は珍しく昼前まで新横浜でお仕事。

昼前に用事を済ませ、昼メシでも、、って事で、新横浜と言えばラー博!
実は初ラー博!気分も踊ります!

入り口で入場券300円を購入し、地下へ降りる間に同行者とどこで頂くかお話。
同行者が博多出身と言うこともあり、こちら「大砲ラーメン 新横浜ラーメン博物館店」を選択。入り口の券売機で「昔ラーメン」の食券を購入。

平日のお昼前ということもあってか、並びナシで店内へ。

と!店内に入ると強烈な豚骨臭w
店舗は地下にあるのだが、ラー博の表まで豚骨のニオイがしていたのは、ここが発信源なのかも。

食券回収時、麺の硬さを聞かれたので「カタメ」でオーダー。
待つこと5分少々で「昔ラーメン」登場!さっそくいただきます!

まずはスープから。。。

券売機の説明では、ラーメンよりもこちらの「昔ラーメン」の方がコッテリしているとのことだったが。。
要らぬ期待をし過ぎたか、思ったほどコッテリしているようには感じない。
それでもやはり本場九州の豚骨ラーメン。豚骨の旨みを中心にしたスープはシンプルだが深みを感じる。

麺は言わずもがなの細麺ストレート。
しっかりカタメの茹で加減で美味しい。

チャーシューは薄めのものが3枚ほど。
ボリューム的には満足出来るものではないが、豚骨には薄めのチャーシューがよく合う。

特徴的なのは小さなサイコロ状の揚げた物体。
クルトン?と思ったが、後で調べるとカリカリと言うモノらしい。なんでもラードを揚げたもので久留米ラーメンの特徴だとか。
初めて頂きました。

麺量150gないくらいか?
後の事を考えて、替え玉はせずにごちそうさま。

昔ラーメンということでコテコテを想像していたが、実際はそれほどでも。
諸氏のレビューを拝見しても同じ感想の方が多いようだ。
きっと、豚骨=コッテリ。
昔ラーメンはさらにコッテリ、、というのが過度な想像を生み出すのでしょう。

とは言え、本場の味、堪能しました。ごちそうさまでした!

投稿 | コメント (1) | このお店へのレビュー: 1件

「四川担担刀削麺 900円」@四川料理 京華樓 別館の写真湯河原でおいしい料理と温泉を堪能した帰り道。
ふと辛い四川料理が食べたくなり、横浜中華街へ。

駐車場に車を停め、ゲリラ豪雨的大雨の降る中、中華街を徘徊。

中華街で四川料理と言えば、重慶飯店、景徳鎮、京華楼が浮かぶ。(過去の下調べの成果)
どこで頂こうか考えながら中華街をぐるぐる。

いい加減大雨の中を歩き廻るのにも疲れ果て、京華楼の別館に飛び込む。
着席しメニューを拝見。

嫁さんは、選べるハーフ刀削麺+半チャーハン or 点心のセット、私は本場四川の麻婆豆腐ランチに加え、グランドメニューから四川坦々刀削麺を単品で注文。
待つこと10分少々で注文した諸々登場!さっそくいただきます!

こちらの麺類は、生地の塊をシュッシュと削って茹でる刀削麺。

個人的には、それほど刀削麺が好きなわけではないが、こちらの刀削麺は、麺の質感、食感は、いままで食べた刀削麺の中でもトップクラス。
厚めの部分はモッチリした食感、薄いところはちょっとオーバーボイルなピロピロの食感、と、刀削麺独特のランダムな食感を堪能出来る。

オレンジに色づくスープはゴマのコクが主体。もっと芝麻醤のコッテリ感が前面に出ているとおもいきや、思った以上に薄口でスッキリしている。かといって不思議と物足なさを感じないバランスの良さはさすが名店といったところか。

山椒系のシビレは控えめなので、担担麺初心者でも食べやすいのでは。
(ちなみにレジで販売している花椒粉や食べるラー油の試供品が各テーブルに設置されている。お好みで利用して気に入ったらお土産に。。。w)

麺量200g弱といったところか。
ちなみにランチタイムは「刀削麺ランチ 700円」もある。単品と何が違うか聞いたところ、単品よりも量が少ないそうだ。

ゴマのコクにピリリとした唐辛子系の辛さが際立つベーシックな担担麺。
担担麺としては、それほど突出したもの、個性は感じなかったものの、刀削麺としての出来はよい。
刀削麺を食べてみたい方にならオススメ出来るだろう。

投稿 | コメント (1) | このお店へのレビュー: 1件

「四川しろ胡麻坦々麺 750円」@肉屋さんのラーメン家 生治ミートの写真職場から徒歩圏内のこちら。

「肉屋さんのラーメン家」という屋号の通り肉系メニューがウリだが、実は「店長のオススメ」は坦々麺らしい。(壁にそう書いてある。。)

ということで、ランチを頂きに訪問。

坦々麺は、「四川しろ胡麻坦々麺」と「四川くろ胡麻坦々麺」の2種類。しろゴマの方は麺が米粉麺で、くろ胡麻の方は唐辛子麺らしい。

ちょっと迷った後「四川しろ胡麻坦々麺」をオーダー。
厨房内は、店主殿と見られる男性と、パート(?)のおばちゃん。

待つこと10分程で「四川しろ胡麻坦々麺」登場!
パート(?)のおばちゃんによる盛り付けだが、美しさに欠けるなw 坦々麺は見た目の美しさも大事なのに。
では、さっそくいただきます。

まずは、スープから。。。

お。。。なかなかウマい♪

スープには、ペースト状の芝麻醤ではなく、粗めに摩り下ろした白胡麻がたっぷり使われている。
そのため、高い胡麻の香りが楽しめながらも、濃厚さは抑えられ、あっさりした仕上がりになっている。

胡麻と辛味の素であろう辣油的なものが表面に浮いているものの、その下はスッキリとしたスープ。
ちらっと銀座の名店「支那麺 はしご 銀座本店」が思い浮かんだが、それよりは一般的な坦々麺寄りなチューニング。
単にスッキリし過ぎず、マイルドに仕上がったスープには好印象。

麺は、白い麺肌の平打ち中細麺。ツルツルした喉越し。
米粉が使われているというが、言われて見れば蛋白な味わい。
マイルドな味わいの坦々麺には、この位蛋白ででちょうどいいのかもしれない。

麺量150gくらいか。
底に残った挽肉の救出を行いごちそうさま。

スッキリかつマイルドな坦々麺。
こちらでは以前に、チャーシューメン、三匹の子豚麺を頂いている。
「お肉屋さんのラーメン屋」さんには申し訳ないが、ハッキリ言って坦々麺の方がオススメ。

次回は「四川くろ胡麻坦々麺」をいただいてみよう。
ごちそうさまでした。

投稿(更新) | コメント (4) | このお店へのレビュー: 2件

「亜細亜藩茄坦々麺 (アジアントマト坦々麺 白胡麻) 880円」@白湯麺屋 武蔵小杉店の写真職場から近い向河原駅近くにあるこちら。

リニューアルした(?)「ラーメンこじろう 526 武蔵小杉店」に向かっていたが、こちらの店外に設置してある券売機で「亜細亜藩茄坦々麺(アジアントマト坦々麺)」なる文字を発見。

アジアンなトマト坦々麺とは・・・?
一度は通り過ぎたものの、気になって引き返し食券購入、13:10頃入店。
カウンターに着席し、食券を提示。

待つこと5分少々で「亜細亜藩茄坦々麺」登場!
中央のトマトと挽肉、さらにその上に白髪ネギとビジュアルはなかなかグー。
さっそくいただきます!まずは、スープから。。。

坦々麺+トマトがどんなものか気になっていたが、胡麻の風味よりもトマトの豊かな酸味が強め。
辛さの方は、山椒の辛さは弱め。唐辛子系の辛さはと言うと、ラー油の辛さというよりは、タバスコ寄りの辛さに感じた。
この方がトマトに合っている・・・と言えなくもない。
辛さレベルは10段階評価で3辛程度。どなたにも食べやすい辛さ。

麺は、軽く縮れのある中細麺。

具材は、カットトマトと挽肉、モヤシとネギ。
個人的に、坦々麺+ネギの組み合わせは嬉しい。
白胡麻がそのまま投入されているが、すり胡麻にした方が風味も出ていいのでは・・?
せっかくのトマト坦々麺なんだから、トマトの酸味に胡麻の香りが押されたままじゃ可哀想だ。

麺量150gくらいか?固形物を完食してごちそうさま。

坦々麺とトマトの融合は、トマトの酸味が勝るチューニング。
意外な組み合わせが織り成す化学反応的感動は薄く、もう一つ突き抜けた感があれば。
とは言え、坦々麺の楽しみである彩りもよく、それなりにまとまりのある仕上がりなので、トマト好きな方ならチョイスしてもいいかも。

ごちそうさまでした~。

投稿 | コメント (2) | このお店へのレビュー: 2件

「三匹の子豚麺 1450円」@肉屋さんのラーメン家 生治ミートの写真職場近くにオープンした「肉屋さんのラーメン家」。

メニューは、肉屋らしく「とんかつラーメン」、「豚角煮麺」、「自家製叉焼麺」、さらに、全部載せの「三匹の子豚麺」がウリのよう。
それ以外にも醤油、味噌、塩、坦々麺などがある。

いくら坦々麺好きな私といえど、「肉屋さんのラーメン家」に来て坦々麺を食べるほど野暮じゃない。
行っときましょう!全部載せ!ということで、「三匹の子豚麺」をオーダー。

待つこと10分弱で「三匹の子豚麺」登場!
うぉっ!丼でかっ! 自家製叉焼、豚の角煮、とんかつ で「三匹の子豚」。さっそくいただきます!

スープは、オーソドックスな醤油味。軽い甘みがあって飲み口は優しい。
麺は、軽く縮れのある中細麺。まあ普通。

具材は見ての通り、とんかつ、叉焼3枚、さらに豚の角煮1本!さすがに迫力がある!
加えてモヤシにメンマ。海苔。

バラロールの自家製叉焼は、3枚。
味付けはプレーンだが、柔らかく、豚肉らしいジューシーさと脂の甘みが楽しめる。
さすが「肉屋」。肉質の良さを感じます!ただ、サイズは大きいものの、とても薄いのが残念。

とんかつは、注文を受けてから揚げており、ころもサクサク。

角煮は、バラ肉一本の迫力。ややパサつきがあるものの、ショッパすぎない味付けとホロホロの柔からかさは好印象。

麺量は150g程度か。
麺に比べて、叉焼、角煮、とんかつのボリュームが凄いので、途中からラーメンを食べているのか、何なのか分からなくなってきた^^;

ラーメン自体は至って普通。
肝心の「肉」もチャーシューは薄いものの肉質の良さを感じた。
それ以外はインパクトはあるものの、「おおっ!さすが肉屋!」と思わせるものが薄く残念。

ちなみに、この数日前にも、こちらに訪問しており、その際は「自家製叉焼麺」をいただいている。
その際も、チャーシュー自体は美味しかったものの、「肉屋」に期待し過ぎたのか、薄いチャーシューが3枚というインパクトに欠ける内容に不満が残った。薄めのチャーシューなら、表面をチャーシューで埋め尽くすくらいの器量があれば印象も違うだろう。
肉系メニューなら、CP的には、豚角煮麺≧とんかつラーメン>自家製叉焼麺 かな。

メニューは豊富なので次回は坦々麺でもいただいてみよう。ごちそうさまでした!

投稿 | コメント (6) | このお店へのレビュー: 2件

「支那ソバ 650円」@ラーメン 丸仙の写真とある月曜日、職場近くに出来た「肉屋さんのラーメン家 生治ミート」に訪問するも、定休日。さすが肉屋。月曜は休みなのね、と妙に納得。
と、すぐ眼と鼻の先にあったこちらに訪問。

13:00を過ぎた時間だが、店内はほぼ満席。
支那そばがウリのようで、壁のメニューには「突然バカうま 支那そば」と書いてある。よく意味がわからないが、「支那そば」をオーダー。

厨房内では、店主殿と思われる初老の男性が司令塔の如く「次、支那そば2つね!」と指示を送っている。
その指示に合わせて中年の男性(息子さん?)が麺茹でを始める。茹で時間は短く2分くらいだろうか。指先で湯で具合を確かめ、平ザルで麺上げをする姿に職人気質を感じる。

などと眺めているうちに「支那そば」登場!(丼は提供まで湯につけてあるのでかなり熱い!要注意!)
さっそくいただきます!!

まずはスープから。。。

かなりベーシックな醤油スープ。動物系は鶏ガラ・豚ガラだろう。
いわゆる魚介系の出汁感はなく、コンブなどの海産物や野菜の出汁が使われているものと思われる。
素材自体のやさしい甘みがまろやかさを加えて、嫌味がなく旨い。

麺は、軽くウェーブのある中細麺。加水率は中程度で、あっさり系スープとの相性も良い。
茹で加減は、柔らかすぎず、硬すぎず絶妙。

具材は、ネギ、メンマ、チャーシューに海苔。
メンマ、チャーシューともに味付けは控えめ。スープの良さを殺さず調和する塩梅に好印象。

麺量180gくらいか。思ったよりボリュームがあった。

シンプルな中に、素材からにじみ出たまろやかさがあり、ジンワリと旨さが伝わる。
先人たちの評価は、イマイチぱっとしないが、個人的には、かなりツボにハマった。
恐らくこの地で長く続いている老舗店なのだろう。そういったお店にしかない雰囲気と安定感は伝わって来た。

また食べに来ます!ごちそうさまでした!!

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件

「坦々麺(スペシャルC) 900円」@中華 四川の写真同じ職場の人が、コレを食べるためだけにわざわざ小田原まで行くと聞いて知ったこちら。御殿場プレミアムアウトレットからの帰りに訪問。

日曜14:00過ぎ到着。昼食のコアタイムを外したこの時間でもなんと20名待ち。人気のほどが伺える。待ちがある場合は、先に店舗入口の用紙に名前と人数を記入してから待つファミレス方式。

30分程待ち入店。メニューは、坦々麺のみ。店舗情報では800円だが、値上げして900円になった模様。辛さをA、B、C、スペシャルCから指定出来る。(後に行くほど辛い)スペシャルCでオーダー。

待つこと5分少々で「坦々麺」登場!さっそくいただきます!

こちらの坦々麺は、とろみの強いスープが特徴との事だが。。。。

なるほど。豆腐の入っていないユルめの麻婆豆腐の餡に麺が投入されている感じ、というのが最も伝わる表現だろう。
最も辛い「スペシャルC」にしたお陰で唐辛子の辛さも強いが、刻みニンニクから来るようなパンチのある辛味も同じ位強い。このニンニクの効き具合が程良く、クセになるほど人気が高いのも頷ける。
辛さレベルは10段階評価で4~5辛程度。

麺は、黄色い麺肌の中太縮れ麺。ちょっと茹で過ぎな感じもあるが、とろみの強いスープの持ち上げはもちろん良く、おいしい。

麺量150gくらい。替え玉(200円)もあるが、たっぷり残ったスープ、、というか餡をご飯と食べてみたくなり、ライス(200円)をオーダー。
メシ割をしてスープも残すこと無く完食。

ある意味、地ラーメンならぬ地坦々麺。

小田原周辺には、こちら出身の方が同じような坦々麺を出すお店があったり、こちらのお店からインスパイアされた坦々麺を出すお店があったりするらしい。

麻婆豆腐をユルくしたようなスープは、期待が大きかっただけにやや安直に感じた。しかし、ニンニクの効いたトロミのあるスープはクセになる要素十分。

満喫しました!ごちそうさまでした~。

投稿 | コメント (10) | このお店へのレビュー: 1件