なんとかデータベースラーメンカレーチャーハンぎょうざうどんそば
 

すいん

男性 - 埼玉県

埼玉県川口市在住。活動範囲は狭く埼玉県南部、東京都北部と職場近辺。元々は二郎系にハマった事から食べ歩きが始まり、現在は、担々麺、辛いラーメン、ラーショあたりに目がないです。

平均点 75.104点
最終レビュー日 2016年11月19日
509 397 0 807
レビュー 店舗 スキ いいね

「台湾ラーメン 380円」@楠杉 富士宮本店の写真富士川でラフティングを満喫した帰り、富士宮と言えばなんといっても元祖B級ご当地グルメ「富士宮やきそば」でしょう!ということで、ラフティングのスタッフさんにオススメの富士宮焼きそばのお店をリサーチし、カーナビをセット。一路富士宮市内を目指します。

車が西富士駅にさしかかろうとするその時!大きな写真付きの看板で「台湾ラーメン 500円」の文字が!お隣が名古屋とは言え、こんなところで名古屋名物(?)台湾ラーメンに出会えるとは!吸い込まれるように駐車場へ ^^;

火曜 18:00頃訪問。先客1名。中華な店員さんがお出迎え。ボックスシート、座敷席中心の広々とした店内。着席し、メニューを拝見。「台湾ラーメン」の他にも「四川ラーメン」や「四川風麻婆ラーメン」など惹かれるメニューが。「台湾ラーメン」を2つと餃子をオーダー。

待つこと5分少々で「台湾ラーメン」登場!さっそくいただきます!

まずは、スープ。ガラベースのあっさり醤油味スープに唐辛子系の辛さがプラスされたスープ。辛さのレベルは、10段階で2~3辛程度でピリっと辛いレベル。所々、赤唐辛子を刻んだ物が浮いている。やや薄っぺらな印象。

麺は、縮れのある中細の中華麺。この手のお店にありがちな、加水高めのモチモチタイプ。過不足はなくまあまあ。

具は、ニラと上に乗った挽肉。挽肉には、味付けは特にされておらず、炒めたというよりは、湯掻いた感じ。じゅわっとした肉汁の感じもなくパサついた印象が残念。

麺量150g弱くらだろうか。あっさり完食。

RDB未登録のお店ではあったが、ご当地グルメを押しのけて訪問してみた。押しと思われる「台湾ラーメン」は、380円という価格なら、まあ納得出来るか。他のラーメン類も基本的なラーメンは、一杯500円と価格的に安いようだ。気軽にラーメンを頂くならば、種類も豊富だしよいのではないだろうか。ごちそうさまでした!

投稿 | コメント (1) | このお店へのレビュー: 1件
73

「大麺」@らぁめん大山 富士本店の写真夏休み2日目。伊豆高原から、富士宮を目指して北上。

途中、富士ICで下車し旧ラーメン二郎町田店店主殿のお店であるこちらへ。ちなみに「らぁめん大山 神田店」は、3回訪問済み。

嫁さんには、「ラーメンを食べに行く」と言うと「ここまで来てまたラーメン?!」と怒られそうなので「駿河湾の桜えびのかき揚げを食べに行く」と軽く騙しを入れておく。火曜11:50頃到着。

券売機を前に「桜えびのかき揚げ」の入ったラーメンを探すが見当たらない。店員さんに聞いてみると、桜えびのかき揚げは「らぁめん大山 神田店」、「らぁめん大山 アトレ川崎店」のみの提供とのこと。マジすか!! 仕方ないので「大麺」の食券を2枚購入し着席。

テーブル席が多い広々した店内は、6~7割程度の入りだったが、お昼時ということもあり、すぐに満席に。着席し15分ほどで「大麺」登場!さっそくいただきます。

小さな丼の隙間からレンゲを入れてまずはスープから。。以前に頂いた「大麺」同様、甘さ先行のスープ。軽く乳化した豚骨スープからは、動物系の出汁も十分に出ている。背脂は一切浮いていない。

最も大きな特徴である麺は、縮れの強い極太麺。単に太いだけでなく太さ故、「小麦の練り物」を頂いている、という感じが強い。ただ、太さと強い縮れのため、小さな丼の中では、非常に食べづらかった。

2枚乗った豚は残念。どこの肉だか分からないが、パサつきが強く旨みもそれほど感じられなかった。

この「大麺」は、「らぁめん大山 神田店」を含めて3回目ということもあってか、極太麺へ驚きよりも、太さ故の食べづらさばかりが気になってしまった。麺の太さで特徴を出すのは、悪くはないが、普通の二郎程度の太さの平打ちで食べるとまた違った美味しさがあるだろう、と思ってしまったり。ごちそうさまでした!

投稿 | コメント (2) | このお店へのレビュー: 1件

「塩ラーメン 700円」@支那そば 福々亭の写真夏休み!!伊豆高原に向かう途中、どこかで昼食を頂こうと事前にRDBをチェック。伊東駅の駅前あるこちらを選択。

駅がすぐ近くに見える立地にあり、駐車場は、なし。駅前のコインパーキング(30分100円)に駐車。月曜日14:00頃到着。

表の暖簾からは、佐野実氏の「支那そばや」の暖簾分けであることがわかる。店内は2席のみ空きがある状態。券売機はないため、着席して「塩ラーメン」をオーダー。

他の方のレビューにある通り、厨房内は、非常に綺麗。新しくて綺麗という意味ではなく、清掃が行き届いてる。店主殿の仕事に対する姿勢がよく伝わってくる。その姿勢は、非常に丁寧なラーメンの製作過程にも現れていた。平ザルによる麺上げもお見事で、一本一本が分かれているはずの麺が、綺麗に正方形に折りたたまれていくようにみえた。

待つこと5分ほどで「塩ラーメン」登場!さっそくいただきます!

クリアなスープをすすってみると。。最初のインパクトこそ薄く、若干の物足りなさを感じたが、食べ進めていくとジワジワと深みが分かってくる。海産物系の出汁もしっかり感じる。あっさりしたスープにあって重くならない程度の油の使われ方もウマイ。

自家製麺を謳う麺は、細麺のストレート。

具は、メンマ、細かく刻まれたネギ、揚げニンニクに、バラ肉のチャーシュー2枚。

メンマは、素材の味自体を活かす狙いなのか、味付けは非常に薄い。対して、チャーシューは、強めの味付け。適度に脂身があってトロトロ感を味わえて旨い。細かく刻まれたネギと揚げニンニクは、繊細なスープを壊してしまう気がして、あまり撹拌せずに頂いてみたが、思ったよりもそれぞれの香りは薄かった。特にネギは、素材自体がもつほんのりした甘み、苦味がスープにプラスされて好印象だった。

着席している間、地元の方々が頻繁に出入しており、店主殿、奥様(?)と二言三言会話している場面も多く見られれた。地元で愛されているラーメン屋なのだろう。店主殿の真面目さ、ラーメンに対する真剣な姿勢は、丼の中だけでなく店内からもしっかり感じ取れて好印象。うまかったです!ごちそうさまでした!

投稿 | コメント (3) | このお店へのレビュー: 1件