なんとかデータベースラーメンカレーチャーハンぎょうざうどんそば
 

すいん

男性 - 埼玉県

埼玉県川口市在住。活動範囲は狭く埼玉県南部、東京都北部と職場近辺。元々は二郎系にハマった事から食べ歩きが始まり、現在は、担々麺、辛いラーメン、ラーショあたりに目がないです。

平均点 75.104点
最終レビュー日 2016年11月19日
509 397 0 807
レビュー 店舗 スキ いいね

「まぜそば(辛い味) 750円」@麺屋 一心の写真再び佐野プレミアムアウトレットへ。
と、その前に私のお楽しみである、ラーメンを。。。

今回も佐野ラーメンを頂こうか迷ったものの、他県ながら永らくブックマークしていた「麺屋 一心」さんへ。

日曜13:45頃到着。外待ち3名に接続。
待っている間も少しづつ列は伸びていき、人気のほどが伺える。

待つこと10分ほどで入店、着席。
待つ間、外の貼り紙で「まぜそば 始めました。」的な案内があったので、「まぜそば」を辛い味でオーダー。
ちなみに嫁さんは、中華そばをオーダー。

待つ間他のお客さんのオーダーを見ると「野菜らーめん」は、RDBで見たそのままのビジュアルw
10分少々待って「まぜそば(辛い味)」登場!さっそくいただきます。

さっそく、まぜまぜ、、
マゼマゼ。。。。mazemaze..... 出来ませんw

具材があまりにもギッシリ敷き詰められているため、混ぜるための隙間がない。
しかたないので、底から麺を引っ張り出していただいてみる。。。

麺は中太ストレートで、ズシッと小麦が詰まったような重量感のあるタイプ。
噛みごたえもシッカリしている。この手の麺が好きな人にはたまらないだろうなぁ。

この麺に、軽くスープで割ったような醤油ダレの味がまとわりついてくる。
さらに今回「辛い味」にしているので、ラー油ベースと思われる辛味もプラス。
醤油の塩気にラー油の辛味が加わり、ビシっと引き締まった味になっている。

具材は、ヤサイ、ニンニク、みじん切りのタマネギ、太めのメンマに、カットされたチャーシュー。
上には卵黄、横には魚粉がオン。
チャーシューはデッカイロールチャーシューをスライス→カットしたものがイン。
スライスされたものの表面をバーナーで炙っているので、香ばしさがあってウマイ。

麺量200g
嫁さんの「らーめん」も少しもらってから完食。

今回、初訪問にして「まぜそば」、しかも辛い味を頂いてみた。
丼にギッシリ麺、具材が詰められたビジュアルは圧巻。
味の方も、後半もたれ気味になりがちな「まぜそば」を、辛い味がしっかり締めており飽きずに食べ終える事が出来た。
「まぜそば」は好きだけどもたれるか心配、って人は辛い味でオーダーしてみるといいかも。
個人的には「辛い味」は、別皿提供とかで、自分の好きなタイミングで投入出来るとうれしいなぁ。

さすがの人気店。満喫しました!ごちそうさまでした~。

投稿 | コメント (3) | このお店へのレビュー: 1件

「青ねぎラーメン (醤油) 750円」@太七の写真たまたま嫁さんとの会話に佐野ラーメンの話が上がった。

嫁さんは、ガソリン代かけてまでラーメンなんて、、、という人。
しかし、話しついでに、メインを佐野プレミアムアウトレット、ついでに佐野ラーメンと、オプション扱いにすることで訪問に成功w

東北道佐野藤岡インターを降り、10分少々。
途中の街道沿いにも佐野ラーメンのお店が何軒も目に飛び込んで来る。

街道から一区画外れたところにお目当ての「太七」はあった。
土曜13:30頃到着。先客2組と拍子抜け。

着席し、メニューを拝見。
自分は、決めていた「青ねぎラーメン」を、嫁さんも同じメニューを、、、
選択しそうになったので、全力で阻止w 結局嫁さんは「ねぎチャーシュー」をオーダー。
「青ねぎラーメン」は、醤油と塩を聞かれるが、無難に「醤油」でオーダー。

待つこと10分少々で、「青ねぎラーメン」登場!一面に浮いた青ネギがインパクト大!
さっそくいただきます!

まずはスープ。。。

ガラベースのベーシックなスープ。醤油の塩梅は薄め。
出汁にしても、醤油の塩梅にしても、薄めのチューニングなのだが、不思議と物足りなさがない。
薄いながらも調度よいバランスで、「スッキリとしたスープ」というのはこう言うスープを言うのだろう。

麺は、縮れの強い平打ち麺。
手打ちとのことだが、麺一本一本の太さは均一ではなく、一本の麺でも場所によって太さ、厚さはまちまち。
これが、食感の妙を生む。
薄い所は、フニャリとすぐ溶ける、厚めの所は、ツルっとしてモッチリした食感。
ランダムな食感が食べていて飽きさせない。
平打ち独特のピロピロ感は強いが、強い縮れのお陰でスッキリしたスープの持ち上げもよい。
佐野ラーメン、さすがに旨い。

具は、タップリの青ねぎと、チャーシュー一枚、メンマにナルト。
チャーシューは、ロース肉でしょうか。味付けはほとんどされておらず、食感も肉々しさありまくり。
このタイプのチャーシューは、豚のジューシーさが命だが、ちょっと豚の旨味に乏しい。
それなりに厚みと歯ごたえがあるため、噛んでもすぐに旨味が抜けてしまうのはツラい。
ならば薄く柔らかくした方がよいと思うが。
青ネギは、思ったよりも青臭さもなく、すっきりしたスープを邪魔するほどの苦味もない。
程よい清涼感とざっくりとした楽しい食感を与えてくれた。

麺量180gくらいか。

初めての佐野ラーメン。
スッキリしていながらも、物足りなさは感じさせないスープに、自家製平打ち麺。
佐野ラーメンの醍醐味を満喫出来た。
出来れば別のお店でも頂きたかったが、さすがに嫁さん同伴で連食を切り出す勇気はなく、、、
そのまま佐野プレミアムアウトレットへ。

地元川口から、高速で1時間ちょっと。
このくらいの距離なら、是非もう一度佐野ラーメンを頂きに訪れてみたい。
うまかったです!ごちそうさまでした~!

投稿(更新) | コメント (4) | このお店へのレビュー: 1件