なんとかデータベースラーメンカレーチャーハンぎょうざうどんそば
 

nesne

東京都 (1987年生まれ)

※近況報告4月5日より社会人となり、お仕事がスタートしました。よってこれから採点及びコメントのお返事などはかなり滞り気味になると思われます。もちろん、少しずつ時間を見つけてちょくちょく目を通すつもりですのでこれからも今までと変わらないお付き合いをさせてもらえれば…と思います。 では、これからもどうぞよしなにお願いします。==============================

平均点 68.437点
最終レビュー日 2011年4月1日
293 224 0 267
レビュー 店舗 スキ いいね
74

「つけ麵 大」@きんの写真前回のラーメンが非常に満足だったので、今回はつけ麵。
近くのコインパーキングに車を止めて突入。
先客は7後客は5。
午後十一時近くで閉店間際のはずだが、結構な客足。
飯時なら余裕の並びですな、恐らく。

つけ麵はゆで時間が6分半だった。
食券を渡してから着丼までは8分半程。

つけ汁を見て思ったのが、ノリがちぎってある…。
自分はラーメンのスープやら、つけ汁やらにノリを一番初めに浸して食べるのがルーティーンなためこれだと出来ずに少しがっかり。
つけ汁は魚介+動物+ゆず。
ゆずが少し強い気もしたが旨い。
想像していたよりも動物系が強かったが決して魚介が弱いわけでもない。
粘度はそこまで高くなく極太麺との絡みは思ったより良くなかった。
麺はしっかり水で〆てあり、チョイ中心が茹で足らない感じ。
自分が一番好きな加減。
スープ割を頼むと一気に強かった動物が程良く中和されていい塩梅。
具はチャーシュー、メンマ等々。
チャーシューは素直に美味しかった。

ただ一つ不満が…

着丼時からなのだがここでもつけ汁がぬるかった。
アツアツで提供されて食べてる最中に段々冷めるなら仕方ないが、
開幕から温度が低いのはいただけない。

それ以外は満足いく一杯だったので残念。
700円で300gのCPも素晴らしい。
つけ汁がアツアツだったら10点は違った。

投稿(更新) | コメント (4) | このお店へのレビュー: 2件

「燕三条系つけ麺」@煮干 丸めの写真またお邪魔しました。
味麵は向こうで最後を飾る為に温存。
この前と同じ道でここに来たために、武蔵小金井の行列を数えたところ、外に7人。
今日は特に寒いために外で接客している店員さんも大変そう。
それはさておき、毎回丸めの駐車場は空いてませんな。
またファミマさんにお世話になる。ちゃんとお買い物をして。

先客は人数は分からないけど、自分の後のお一人様には席が無かったためにちょうど満席。

食券を渡して「大盛りで」とつげる。

着丼までは10分ほど。

まずつけ汁を一口ムムム…しょっぱい…。丸めさんは四回目だが今回が一番。
まあつけ麵というのもあるのですが…
具はチャーシューとメンマのみ値段的にみるともう少しバリエーションと量が欲しい。
味付けは、こちらもかなり濃いめ、メンマは相変わらず歯ごたえ最高だった。

見た目どおり、結構こってりでベビーラーメンの時は、たまねぎがいい感じで中和してくれたけど、今回は5カケラくらいしか入っていなく、ゆずもそこまで効果的ではなかった。また煮干し風味は今までで一番弱かったが、麵を平らげ、スープ割を頼むと、濃さがちょうど良くなり、魚介系の風味も増す。
麵は太麵しっかり水で〆てありあり水切りもしっかりされていて、小麦風味満載旨い。

まあ味だけなら余裕の合格点だが、CPが…
総合するとこの点になってしまう。

次は武蔵小金井の味麵行ってきます。

投稿(更新) | コメント (4) | このお店へのレビュー: 3件

自覚はなかったけど結構久しぶり。

金曜の夜八時半ごろ来店。

並びを覚悟したが先客8すぐ座れてラッキー。

後客は怒涛の13自分が食べ終わる頃には椅子が埋まり外待ちまで。

中盛りかデフォにするか悩んだ挙句中盛り。

中盛りの太麺だと自分には十分すぎる量なのですので、途中で飽きちゃう。

しかし卓上の様々な調味料を使いおいしく頂くことができる。

そして今回隣のOLがやっていた食べ方を真似してみた。

麺の入っている丼のそこには完全に水を切れていないために、すこし水がたまっている。

その水が麺の隙間から見えてくる辺りで飽きが来るのだが、OLは卓上唐辛子を、つけ汁でなく、

麺の入っている丼に結構な量をかけていた。

そしてそれを丼の中でよくかきまぜ後は普通に食べる。

これが意外に悪くない。つけ汁に投下するよりもだいぶ辛さを抑えられる。理由は恐らく丼の中でかき混ぜることでそこの水と唐辛子が程よく融合。
またもう一つの利点は、つけ汁に投下するとスープ割を楽しんでいる時もスープが辛くなってしまう(それが嫌ななら入れなきゃいいじゃんって言う批判はなし。二、三口だけ味を変えたいわがままもいます)がそれも抑えられる。

たまたまだがそれを知れただけで、行って良かったと思った。

投稿 | コメント (4) | このお店へのレビュー: 8件

上井草は、てっぺんもしくは、幸来に行ってしまうのだが、

初めてこちらへ。

先客3後客1。駅徒歩7秒の最高の立地にしては少し入りは悪い。

デフォで800円と少し高め、食券の買い方が初めてだと少し分かりにくいかも。

食券を渡すと、13分かかりますけど大丈夫ですか?もちろん大丈夫です。

着丼までは15分ほどかかった。

まずはじめに、妙に器がでかい。麵が少なく見えてしまう。

つけ汁は昨今流行りの味。

にしては、肝心の魚風味を全く魚粉に頼っている感が否めず、

口の中に魚粉のざらつきが残る。

出汁がイマイチ薄。

しかも、麵がしっかりしめてあり、半分ほど食べたあたりから、

つけ汁が完全にさめてしまい、これもまたマイナス。

具はメンマ、部位の違うチャーシューが一枚ずつ。どちらも褒められたレベルにはない。

麵は13分のゆで時間に恥じない、太麵。

わしわし食べられる。これはなかなかおいしい。

CPがよくなく、再訪して確認するまでのパトスは到底生まれないでしょう

投稿 | コメント (2) | このお店へのレビュー: 1件

以前に行って、麺ほかにもいっぱいあるじゃん。

また来てみようってことで再訪。

前来た時よりも、店内に入った時に感じた魚介臭が強くなった印象。

まあ多分同じでしょう。ただの印象です。

空席2ですぐ着席でき、食券を渡す際に麺をチョイス。

細麺、太麺、平打ち麺、変わり麺、あえ麺とかだった気がする。

基本的に冒険は、しないために平打ち麺をチョイス。

と平打ち麺と言っても前回横でこれを食べている人をチラ見したろ確かに平打ちだったけど、

太さは太麺とおなじ、もしかすると太麺より太いかもしれない。

まあそんなことを思い出しながら待つこと8分くらいで着丼。

つけ汁はやはりさらさら系。カウンターにいろいろスープについての、

具材、などが書いてあるためそうなんだーと思いつつ、麺をすする。

麺は案の定平打ちにしてはかなりの太さ。

しっかり〆てあり歯ごたえも心地よい。

四麺燈は無理やりこじつけた感があるがこちらはかなり自然な感じ。

中盛りで390gあるし、つけ汁も麺も高レベルまた来たいですね。

投稿 | コメント (2) | このお店へのレビュー: 2件

以前にラーメンを食べて悪くなかったので、こんどはつけ麺に挑戦。

これまた深夜に訪問。

先客、後客ともに0.

ここに着く前に大慶をスルーしてきたがそちらは満席だったのになぜだろうと思い、品を待つ。

店内には、店主のラーメン観やらーめん人生が書かれた紙が大きく貼ってある。

着丼までは6~7分。

麺はやはりらーめん同様太めだが、つけ麺としてみるとずば抜けて太いわけではない。

スープは、家系とは全く似つかない、魚介の香り、しかも無理やりこじつけた感のある感じ。

粘度は低めでさらさらはしているが、酸味甘みが非常に強く、魚粉のザラさが舌に残り、

少し残念。

大盛りにしたのもあり後半はしんどくなり、イロイロ調味料を投入して何とか完食。

スープ割は怖くてできなかった。

正直、ラーメンにしておけばよかったと少し後悔した。

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 2件
79

昨日近くに用事があったために訪問。

友人がごり押ししていたために期待は結構高め。

ラーメンよりつけ麺との情報も伝授されそれをポチ。

店内はサインが飾られ流行りの店だけあり行列もできてますね。

食券を渡す時に、麺の太さ、スープの濃厚さを聞かれるもちろん、

太麺、濃厚。

着席から着丼まで、10分ぐらいかな、まず見た目、麺に刻みのり。

これは始めてみたかも。まあお構いなし。

スープは中粘度のかなり濃厚なつけ汁、豚骨が相当なハードパンチをかましてくる。

だからと言って魚介も押し出されている。これはうまい。

気になる点は少ししょっぱい。これは一口目から最後まで思っていた。

スープ割を頼むと、温めなおしをしてくれる心使い。これも良い。

しかしスープ割を頼んだ後でも依然濃い気がした。

具のあぶったチャーシューこれは絶品相当うまい。

これだけ別に食べたい。

しかしこれがあだとなる。この焦げがつけ汁に苦みをほんのり与えてしまっている。

残念。

ただ流行りの味だが創作メニューを考えて頑張る姿勢、

スープ割の際の心使いこれらは非常に好印象。

CPはわるくはないけど良くもないかな。場所柄仕方ないか。

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件

半径五メートルに三店舗もラーメン屋さんちょい激戦区。

大(400g)したけど、意外に少なく感じた。

〆は結構しかっりしていたが、小麦風味がいまいち。

スープは魚介豚骨で大勝軒っぽく甘い味付け。

粘度は低めってか結構サラサラ。

もっと高い方が好き。

スープ割は魚介が強め。塩味もはっきり。これはうまかった。

具のレベルはあまり高くない。

メンマは細く、量も少ない。

チャーシューは二種類。ふつうのやつと、豚のバラの薄切りに味付けしたもの。

両方いまいち。

もちろん半分のゆでたまごが付いていた。

まあ総じると、大勝軒を踏襲しつつ流行り風にアレンジした感じ。

CPは良いが…

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件
83

遠征してきました。

家から電車で一時間強、かなり期待して行きました。

連れと二人でつけめん。

十二人の総入れ替え制開店7分前について11人待ち、つまり次のロットになりました。

しかし着席するとわりかしすぐに着丼。

麺は結構太め、つるつるしこしこ。

もう少し固めのゆで加減でもいいかもしれない。

つけ汁は、意外なほどに粘度が低い。

にもかかわらず、魚介が前面に押し出されている。

スープ割を頼むとさらに魚介感が加速する。

終盤、いくら太く食べ応えがあるからといっても、

麺に量的な意味で満足感は低かった。

うまいはうまいがもう少し値段が安くても良い気がする。

せめて大盛り無料とかだと本当に得した気分になる。

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件

うまかった。

濃厚なつけ汁にもちもちの麺。

水菜は意外とこの系統には多いがかなりこのつけ汁と

あっていて良いアクセントになっている。

逆にゆずはスープと風味を殺しあっている気がする。

秀逸なのは麺。

今まで三種類を食べたがどれを頼んでもはずれがない。

太さもちょうどいい。

待ち五人と徐々に知名度が上がってきて行列もちらほら

出来ているようだ。

これからも通うことになりそうな名店

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 4件