なんとかデータベースラーメンカレーチャーハンぎょうざうどんそば
 

nesne

東京都 (1987年生まれ)

※近況報告4月5日より社会人となり、お仕事がスタートしました。よってこれから採点及びコメントのお返事などはかなり滞り気味になると思われます。もちろん、少しずつ時間を見つけてちょくちょく目を通すつもりですのでこれからも今までと変わらないお付き合いをさせてもらえれば…と思います。 では、これからもどうぞよしなにお願いします。==============================

平均点 68.437点
最終レビュー日 2011年4月1日
293 224 0 267
レビュー 店舗 スキ いいね
70

「ラーメン」@家系ラーメン 桂家の写真レビューサボっていましたシーズン2.
深夜の訪問。
先客は1後客0。
多分この日自分が最後の客だと思われる。

濃厚なラーメンが食べたくなりひっっさしぶりにこちらへ。
家系は嫌いではないが好んで食べようとは思わないといったも程度で、
実際ここの他だと洞くつ家、武蔵家(吉祥寺)、大山家、つばさ家、似たものだと、誠屋くらいしか経験がない。この中では洞くつ、大山が好きですすね。

食券を渡してから着丼までは混み具合を考えると長めの8分ほど。
お好みチャンはなしでデフォで頂く。

スープはやはり濃厚でガツンとくる動物系。
若干の粘度はトリやら豚骨を長時間煮込んでいるに違いない…多分。
翌日の仕込みかドでかい背骨を寸胴に入れてましたし。
この濃厚さは完全に翌日に響く。
悪い気はしないこれを求めてきましたし。
オイリーさも申し分ない。
家系の特徴でもある化調も強め。

ただ量があまり多くないため、CPを考えるとぎりぎり合格点のこの点数。
深夜の選択肢としては悪く無いですね。

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件
60

「ラーメン」@ラーメン豚塾の写真チャリでJ系の新店に訪問。
店内は特有の二郎臭が漂っています。
先客は2後客も2。
最近二郎インスパイアーが多くできている中どのような個性を発揮するかが楽しみ。

コールのタイミングはまちまちだったようだが、食券を渡す際にコールで統一されたよう。
キッチンにカネジン製麺の箱が見えるためにここと思われる。
比較的ゆで時間が長いために極太麺を想像していたが、
そこまでではなかった。

着丼までは10以上はかかったと思う。
写真に関しては食ってる途中で撮ってないやと気づき非常に中途半端な出来栄え。

コールはニンニク、ヤサイ、カラメ。

インスパイアーにしては結構豪快な盛り。
ヤサイマシだが、塔ができていた。ヤサイ比率は、キャベツ:モヤシ=1.5:8.5。
もう少しキャベツが多い方が好み。
ニンニクもかなり入っており終盤にニンニクをスープに溶かすと一気に舌がピリピリ。
このピリピリは久しぶりに味わいましたよ。

スープは割と乳化していてカネシもがっつり効いている。
スープを入れる前に背脂をだいぶ丼の中に入れているために口の中にしつこさが残る。
そしてこれに輪をかけてブタチャンが追い打ちをかけてくる。
あまり味がしみ込んでおらず、赤身と脂身のバランスが悪い(脂身が圧倒的に多い)。
これによりいつも以上に重く感じてしまう。
しかしこの重いが野猿、馬場のような濃厚ではなく、
純粋にアブラ由来の重さなので終盤はしんどかった。

麺は四角断面の太麺。
スープに負けないいかつい歯ごたえであった。
ヤサイの量が多かったために麺は意外なほど少なく感じた。

今回はそこまで満足な結果ではなかったので、時間を置いてもう一度行ってみたい。

投稿(更新) | コメント (2) | このお店へのレビュー: 1件
45

「ラブメン 小」@ラブメン 楽々の写真相当不満の残る一杯になりました。

深夜の閉店間際に訪問。
深夜にj系を食べられるのは、ここかラーメン大系列しかないので、
結構重宝しているのだが、今回はひどかった。
まず店員さんのやる気がナッシング。
かなりの無愛想さ。もともとあまり無愛想も気にならないのだが、今までのラブメンの接客が良かったためになんで?と思った。
着丼までは自分しか客が居なかったことを考えれば長めの9分。
極太麺だから仕方ない。

問題のラーメン。
コールはニンニクマシマシ、ヤサイ。
まずヤサイの量。
確実に少ない。一昨日食べた野方ホープのモヤシの量と変わらない。
キャベツが入ってないことに文句をつけるつもりはないが、この量はJ系としては致命的。
そしてニンニクも少ない気がしてならない。
仮にもマシマシですよ。
前こちらで食べた時は舌がピリピリするほどの量が入っていたのに…
そしてスープ。
これが最大の問題点。
完全にぬるい。本当にぬるかった。それにより旨さが半減。
麺やブタは好きな部類なのでまあいいがあまりにもひどい点が多すぎ。

閉店間際だからといっても、営業時間内なのだから、開店直後でも、閉店間際でも、
ほとんど変わらないレベルのラーメンを提供するのがお店のつとめだと思うので、この点数。
いい時を知っているので、下ブレと信じたい。

投稿 | コメント (4) | このお店へのレビュー: 3件
65

「ラーメン 大盛り」@幸来の写真深夜の訪問。
定期的にお邪魔しているお店。
汁無しは非常にヘビーなためにラーメンの大盛りをチョイス。
深夜?早朝?四時に先客3の後客5やはりなかなかの繁盛。
着丼までは、五分ほど。
写真では海苔の陰で見えないが、メンマがある。
スープはジャンクさの中に背脂の甘みの感じる醤油とんこつ。
麺は細麺でかなり固めにゆでてある。
卓上の味変グッズも豊富で、汁無し用と思われる、自家製ラー油やら、ニンニクやらを後半に投入。それにより様々な角度からラーメンを楽しむことができる。
ここは汁無しみたいなイメージだが、こちらのラーメンも悪くない。

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 4件
83

「ラーメン」@千里眼の写真割と近所のJ系の高評価店を初めて訪問。
車を止めようと思っていたコインパーキングが進入禁止で、
かなり遠回りして、止めて歩く。
店内は空席2、自分が座ってから続々と後客が来て外待ちも発生。
良い時間に訪問できてラッキー。

予習の段階でマシは多そうなのでニンニクカラメと決める。

ヤサイはデフォでもまあまあの量だが、食べてみると見た目ほどの量はない気がする。
ヤサイ比率はキャベツ:モヤシ=3.5:6.5。
ベストに近い比率。
シャキシャキでいい感じ。
ブタは小さいながらホロホロ、脂身もしっかり有りなかなかうまい。
次回はブタ増しでもいいかも。
スープは乳化タイプ。
豚骨の旨みがしっかりしていてうまい。
二郎で言うと野猿のような感じだった。
だが、あちらより確実に穏やかでその意味では万人受けタイプ。
表面のアブラの層がブタ風味豊かで最高。
麺は開花楼の本領を発揮していて、このタイプのスープにも合う。
さすがと言ったところ。

ニンニク風味もプラスされて、非常においしく頂けた。
インスパイアー系ではかなり上位に位置することは明らか。
また行きたいです。

投稿(更新) | コメント (4) | このお店へのレビュー: 1件
72

「小ラーメン」@ラーメン吉利の写真二郎系インスパイアーの新店をさっそく訪問。
場所は二郎系には全く似合わない住宅街の一角。
夜10ごろに到着。
先客0後客0。まだ知名度が低いのかな?

小を買ったが、麺の量を少し調節できるみたい。
自分は増やさなかったけど、小で300gまで麺を増やせるらしい。

着丼までは7分ほど。

コールは夕飯食べた後だったので、ニンニクのみ。
スープを一口すすると、想像した通り、ライト、カネシ先行二郎系。
だがブタちゃんの旨みがないわけではなく、まあ合格点。
化調が強めですね。
そしてデフォでもアブラも強め。
麺は長方形の極太麺。
食感が面白く、食べ応え満点。いいですね。
ヤサイは、「その先にあるもの」のような感じ。(お湯でゆでているのではなく、スープでゆでている)
シャキシャキでキャベツ比も高く、好印象。
ブタは脂身の部分が多くかなり重い。
及第点。
近所なら選択肢候補ですが、若干の距離があるから通うのはしんどいですね。

投稿(更新) | コメント (2) | このお店へのレビュー: 1件
78
このレビューは移転前のものです。

「ラーメン 味玉」@江川亭の写真第三候補がヒット。
学校帰りにめじ台二郎を窓越しに見る。外待ち20人は超えてた。パス
甲州街道に出て圓を覗く、電気消えてる。パス
本来なら丸めなのだが火曜。こちらの意志に関係なくパス
じゃあ帰路の途中のここにする。
調布駅前のころはよく行っていたが、最近はめっきり。
そして久しぶりの江川亭。
味玉が好きだったので勿論トッピング。

先客2後0

着丼までは5分早めチャン。

スープが前回よりかんなり旨くなっていた。
ただカネシとスープはホープ軒と大差はないだろうが、背脂の香りが秀逸。本当に秀逸。
そしてホープ軒よりもニンニクチャンがいい働きをしていまして、ジャンクさもgood!!
麺はチョイ縮れの細麺。よくスープにからんじゃってますわい。
そして味玉。
昔(十年くらい前の調布駅前店)は確か半熟ではなかった気がした。
でもそんなの全く関係ゼロアベニュー。
味が染みていてそして味付け最高。
自分が喰った味玉ランキングでも上位に食い込むほどの出来栄えに脱帽(今日はニット)。
化調は感じたけど特にどうでもいい派なのでマイナスにはならないね。

とここまでなら80点越えなんですが、バイトの兄ちゃんの前掛けの帯が作ってる最中に、自分の丼(スープ投入後)に少し入りまして、それはいただけない。
スコーピオンアイで見逃しませんでした。
そこで減点でこの点数。
ただ十分満足出来たしまた行きたいと思いました。

投稿 | コメント (2) | このお店へのレビュー: 2件
このレビューは移転前のものです。

「小ラーメン」@ラーメン二郎 めじろ台法政大学前店の写真本当に久しぶりの第二のホーム二郎。
テスト勉強を終えて友人と並ぶ。
なんと待ち怒涛の31人。初めてですよここまでは。
学生の皆さんはどうなやテスト勉強のイライラを二郎で発散するみたい。
悪くない案です。
自分もおなじです。
外はやはり極寒着席まで、1時間10分意外に早く座れた。

着丼まではさらに10分。

コールはニンニクマシマシ。
ヤサイはいつもながらシャキシャキ感マックス。最高ですわい。
ここで若い助手さん(男性)だったらヤサイは確実に当たりの日。
モヤシ:キャベツ=6:4
スープは若干カネシ強めで旨い。
この非乳化タイプのスープ、馴れると本当に無難に旨いんですよ。
終盤にニンニクチャンをスープによく特と暴力性が増して違った味わい。
ブタチャンは脂身の多いやつで旨いこれも当たり。

麺に文句はゼロ。わしわし食える感じが好き。
少し不満は、スープの絶対量が少ない今まで訪問した中で一番少ない。
馬場や武蔵小金井なんかはヒタヒタなのにそこ以外は好き。

まあ待ったかいはありましたよ。

投稿 | コメント (4) | このお店へのレビュー: 9件

「らーめん 中盛り(固め、多め)」@武蔵家の写真元日にまさかの吉祥寺で麻雀という体たらく。
その待ち時間に、らー食を考える。
ホープ軒、中村屋、吉野家(ラーメンやさん)、大勝軒、武蔵、武蔵家などがぱっと上がる。
えん寺はやってなさそうなので初めから候補に入れない。
武蔵は外待ち8なのですぐあきらめ、ここにする。

店内は、満席。らーめん需要はいつでもあるらしい。
そして家系独特の、あの獣臭、悪くないですね。

あいにく、元日からは、炊き込みご飯が無いらしく中盛りにする。

着丼まではやはり結構早めの5分。

やはり最初に食べるのは、ノリをスープに浸して、食べる。
豚骨のうまみがそれなりに感じるが、やはり化調が強め。
麵は固めにしてはあまり固くなく少し残念。
たまに食べるとそれなりの美味しさ。
チャーシューはパサつき気味。
ちょっと硬い。
固形物を平らげごちそうさま。

余談ですがその日の麻雀は五時間でまさかの200円勝ち…
人生こんなもんですね。

投稿 | コメント (4) | このお店へのレビュー: 2件

念願の小金井二郎。

もうかれこれ二年近く狙っていて、このたびようやく初訪。

駐車場の位置が分からず仕方ないのでガラガラだったローソンの駐車場を拝借。(ちゃんとお買い物しましたよ)

前日に好きなめじろ台二郎に行ったために比較するにはもってこい。

まず待ちは昨日は、着丼まで1時間。小金井は21分比較的すいていてラッキー。

見た目のボリュームは今までの二郎ヒストリーで一番の豪快さ。昨日も今日も、コールはニンニク、カラメ。

デフォのヤサイの盛りも今まで過去最高だった野猿街道をはるかにしのぐ。

もはや、野猿以外の二郎はミニに感じるくらいのヤサイ。

こりゃ食べ応えがあります。

ヤサイ比率はモヤシ:キャベツ=7:2。これくらいが丁度いい。

ゆで加減は二割クタの八割シャキ。

スープは、比較的ライトに感じる。だからと言って、カネシ全開でもない。麺の茹で汁風味も若干感じる。これは残念。

ブタは、めじろ台と同等のレベル。これは好きです。

やはり一番の期待はずれは、麺。

ゆで加減が、軟すぎる。

ヤサイを早めに半分ほど食べて、天地返ししたのに、すでに軟め。まあ予習不足の自分が悪いと言えばそうかもしれないですが…。

期待値が高すぎた感は否めないが、次回は固めで行きたい。

投稿 | コメント (4) | このお店へのレビュー: 1件